7. 危機(経済・環境・国際)SDGs/地球環境

持続可能な開発という矛盾
The Oxymoron of Sustainable Development

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

academic.oup.com/bioscience/article/65/10/1027/1996049

1960年代後半から1970年代初頭にかけて、『人口爆弾』や『成長の限界』の著者は、人類が地球の有限な資源を利用して、持続不可能な人口増加をしていると警告した。1975年以降、世界人口は30億人から現在の73億人に増加し、2050年には90億〜100億人に達すると予測されている。現在の世界人口、資源利用、経済のトレンドが数十年以上継続することは不可能であることを示す説得力のある科学的根拠がある。唯一の問題は、緩やかに管理された人口減少が起こるのか、それとも破滅的な崩壊が起こるのか、ということである。それにもかかわらず、自称専門家は、必要な技術的専門知識、政治的意思、民衆の支持を集めさえすれば、「持続可能な開発」は達成できると主張している。

Amazon.com掲載されている地球規模の持続可能性に関する20数冊の本の中で、ジェフリー・サックス著『The Age of Sustainable Development』は特に影響力があると思われる。サックスは世界的に有名な経済学教授であり、持続可能な開発のリーダー、国連上級顧問、ベストセラー作家、シンジケート・コラムニストである」と出版社が誇らしげに宣言しているように、サックスは、地球研究所の所長、ケテレ教授を務めている。地球研究所の所長、持続可能な開発のケテレ教授、コロンビア大学の保健政策・管理学の教授を務めている。国連ミレニアム開発目標に関する潘基文事務総長の特別顧問、…国連持続可能な開発ソリューションネットワークのディレクターを務めている。”

この本は、大胆な主張から始まる。「私たちは新しい時代に突入した。持続可能な開発の時代」である。第1章では、サックスの考える持続可能な開発とは、「経済的進歩が広く行き渡り、極度の貧困が解消され、社会的信頼が促進され、…そして人為的劣化から環境が保護された世界」であると明言されている。その後の章では、国連と世界のリーダーたちに向けた「持続可能な開発目標(SDGs)」と呼ばれる野心的なアジェンダを提示している。SDGsは、人新世(人間が生物圏を支配し、劣化させてきた時代)の悲惨な状態を逆転させ、極度の貧困、保健・教育の不備、社会的・政治的不平等、効果のない政策と統治、持続不可能な人口増加と資源利用、気候変動、生物多様性の減少といった大きな難題を解決しようとするものである。

graphic

これは悪書である。潘基文、エドワード・O・ウィルソン、ジャレド・ダイアモンド、その他の著名人が推薦しているにもかかわらず、科学的観点からは深い欠陥があり、政策的観点からは危険なほど誤解を招くものである。サックスは社会科学者であるが、この本には社会科学も自然科学もあまり出てこない。科学とは、世界に関する基本的な真理を学ぶための、客観的で証拠に基づいた方法である。Sachsは、過去の傾向、現状、将来の予測を説明するために、たくさんのグラフ、表、地図を提示しているが、これらのデータを使ってSDGsの実現可能性を評価することはできていない。

社会・経済の章に続き、「惑星の境界」では、サックスは、「地球そのものが有限であるなら、世界経済と人口はどのようにして成長を続けることができるのか」「経済成長と環境の持続可能性は両立できるのか」という重要な問いを投げかけている。彼は、「現実の、そして増大する環境の脅威に細心の注意を払い、科学的根拠に基づいて対処することで、私たちは確かに成長-時間をかけた物質的向上という意味で-と環境の持続可能性を調和させる方法を見つけることができる」と答えている。

残念ながら、自然科学者、社会科学者、環境科学者の多くが提唱する「持続可能な発展」は矛盾している。有限な地球で人口を増やし続け、経済発展を続けることは、生物物理学的に不可能である。物理学、特に熱力学の法則と生物学の基本原則に反しているのだ。人口を増やすには、食料、水、その他人間の生活に不可欠なものの消費量を増やす必要がある。経済発展には、商品、サービス、情報技術を提供するために、エネルギーと物質資源の利用を拡大することが必要である。

これらの資源の既存の利用は、すでに人口と経済の持続不可能なバブルを作り出している。現在の傾向を覆すことができない限り、破滅的なクラッシュは避けられない(Ehrlich and Ehrlich 2013)。世界の人間の人口は現在、年1.1%の割合で増加しており、2015年には8000万人が加わると言われている。人類は、現在の産業技術経済の動力源である有限な埋蔵量の化石燃料を急速に枯渇させている(Hall and Klitgaard 2011)。資源不足は、石油、天然ガス、金属鉱石、リン酸塩(必須肥料)、淡水、耕地、海洋漁業の一人当たりの消費量が1980年代以降減少していることからも明らかである(Brown et al.2013)。生活の質を測る真の進歩指標(国民総生産に代わる指標)も1980年代以降減少していることは偶然ではないだろう(Kubiszewski et al. 2013)。人新世の人間は、気候を変化させ、生物多様性を衰退させ、生物圏の生産性を低下させている。

これらの傾向を覆すことはできるのだろうか?残念ながら、その答えは客観的な科学的分析にかかっているのだが、本書にはそれが欠けている。問題を認識し、楽観的な解決策を提案するだけでは十分ではない。厳密な科学的評価が必要なのである。関連するデータを集め、エネルギー、物質、社会経済的コストを計算し、論理的な結論を導き出すのだ。「何をすべきか」を主張するだけでは不十分で、「何をすべきか」を定量的に示し、「どのようにすれば大惨事を回避できるのか」を現実的かつ政治的に示さなければならない。なぜなら、私たちの複雑で相互に結びついた世界では、あるSDGsに対応するための行動が、他のSDGsをより悪化させることになるからだ。私たちは、化石燃料の燃焼を止めれば、人為的な気候変動を逆転させることができることを知っている。しかし、そのようなエネルギーの枯渇は、サックスのすべての社会的目標に壊滅的な影響を与えるだろう。政治家や経済学者は、経済成長という聖杯を捨て、世界の人口と生活水準の急速かつ大幅な減少に備えなければならなくなるだろう。

サックス氏のSDGs10項目を個別に取り上げるのではなく、3つのカテゴリーに分けて考えてみたいと思う。最初のカテゴリーは、実際に達成できるかもしれないものである。病気や貧困の削減、医療サービスや教育の向上などである。これらの目標に向けた最近の進展は、世界経済が持ちこたえている限り、継続されるかもしれない。しかし、その理由を考えてみてほしい。これらのSDGsは、ほとんどの人に大きな犠牲を求めず、途上国にモノやサービス、情報を売っている先進国の個人や企業が利益を得ている。

2つ目のカテゴリのSDGsは、自然法則に反するため、生物物理学的に不可能である。これらは、「惑星の境界内で経済発展を実現する」「人為的な気候変動を抑制し、持続可能なエネルギーを確保する」「生態系サービスと生物多様性を確保する」などである。エネルギーと物質資源の有限なストックは、潜在的な経済成長を制限する。サックスのグラフ6.10によれば、米国レベルの経済発展と生活水準を達成するためには、エネルギー消費が中国で、3倍以上、最貧困層の途上国で、10倍以上増加する必要がある。これは、当面の間、明らかに不可能である。中国は現在、世界のエネルギー生産の20%以上を使用している。今後数十年の間に、再生可能エネルギーの貢献度は高まるだろうが、それはわずかなものに過ぎない。世界経済は、化石燃料の枯渇と、それに伴う二酸化炭素の排出、気候変動の悪化によって、今後も燃料を供給し続けるだろう。農作物の栽培、魚や木材の収穫、鉱物の採取、汚染物質の拡散などの影響により、生態系が破壊され、生物多様性が損なわれる。

3つ目のカテゴリーは、人間の行動の現実を無視しているため、非現実的なSDGsである。それらは、「すべての人のためのジェンダー平等、社会的包摂、人権の実現」や「持続可能な開発のためのガバナンスの変革」などである。これらの崇高な理想は、これまでの歴史の中で一度も達成されたことがない。人間は体質的に必要な犠牲を払うことができない。そうすることは、マルサス-ダーウィンの力学、すなわち、すべての生物が他のすべての生物よりも自分自身と家族、社会集団、国民国家を優先させるという生物学的要請に反することになる(Nekola et al.)2013)。

人類と生物圏の現状と将来の軌跡に関する別の視点として、『Overdevelopment,Overpopulation,Overshoot』(Butler)2015)を薦める。これはほとんど絵本であるが、163枚の写真が、サックスの誤解を招く楽観主義とは対照的な厳しい現実を映し出している。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました