偽情報のプレイブック(作戦帳) ビジネスの利害関係者が、公衆衛生と安全を犠牲にして、どのように欺き、誤った情報を伝え、影響力を買うか

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

医療の誤報・偽情報・検閲社会問題
The Disinformation Playbook : How Business Interests Deceive, Misinform, and Buy Influence at the Expense of Public Health and Safety

公開日:2017年10月10日 更新日:2018年5月18日

Stopping the Disinformation Playbook
Too often, companies use the Disinformation Playbook to make public policy work for them, instead of for all of us. But the Playbook is not unstoppable—and it's...

はじめに

科学は私たちの安全と健康の維持に役立っている。私たちの飲み水を清潔に保ち、子どもたちのおもちゃを安全に保つ公共の安全装置は、独立した科学と透明な政策決定プロセスに依存している。そして私たちは皆、科学的な情報をもとに、何を食べるか、家族のためにどの消費財を購入するかなど、あらゆることについて十分な情報を得た上で選択している。

偽情報を止めるためのプレイブック

あまりにも多くの場合、企業は公共政策を私たち全員のためではなく、自分たちのために働かせるために「Disinformation Playbook」(偽情報作戦帳)を利用している。しかし、『偽情報』を阻止することは不可能ではない。

しかし、独立した科学の結果は、必ずしも企業の製品や活動に好意的な光を当てるものではない。そのため、一部の企業は科学や科学者を操り、自社製品の危険性についての真実を歪曲して伝えようとする。私たちはこれらの手口を「情報操作プレイブック」と呼んでいる。

はっきりさせておきたいのは、ほとんどの企業は偽情報に関与していないということだ。「偽情報プレイブック」を構成する偽情報行為は、ごく少数の企業でしか行われていないが、化石燃料からプロスポーツまで、幅広い業界で見られることがわかる。

ここでは、最も広く使われている5つの「作戦」と、規制を阻止したり企業の責任を最小限にしたりするためにそれらが使われてきた多くのケースを紹介する。

1 The Fake 偽情報

偽の科学を行い、正当な研究であるかのように装うこと。

事例

ジョージアパシフィック社がアスベストの安全性に関するニセ科学を故意に発表した事例
ジョージア太平洋は、訴訟費用を削減するために、アスベストの危険性を疑うようなニセ科学を作成して発表する秘密のキャンペーンを展開した。

企業は多くの科学研究を支援し、社会はそれによって恩恵を受けている。しかし、本物の科学研究には、非科学的な目的を達成するためではなく、証拠に基づいて結果が得られるような高度な科学的誠実さが求められる。特に、研究結果が企業の製品の安全性や有効性に関わる場合、研究結果に金銭的な利害関係を持つ人は、利害関係を完全かつ明確に開示することなく科学雑誌に発表すべきではない。

こうした基準から逃れるために、一部の企業は偽造科学を製造することを選択する。すなわち、ゴーストライターによる論文を正規の科学雑誌に掲載したり、肯定的な結果を選択的に発表する一方で否定的な結果を過小評価したり、あらかじめ決められた結果に偏った欠陥のある方法論で科学研究を委託したりする。このような手法は、科学的なプロセスを損なうものであり、事例が示すように、公衆の健康と安全に深刻な影響を与える可能性がある。

事例 業界団体がクロムの規制を回避するために誤った科学的根拠を用いていた

業界団体「The Chrome Coalition」は、有害な重金属である六価クロムから労働者を守るための規制を弱める目的で、粗雑な方法で研究に資金を提供した。

事例 メルク社によるバイオックスの科学的根拠の捏造

大手製薬会社メルクの科学者たちは、関節炎薬バイオックスの臨床試験結果を歪め、心臓発作のリスクを高めるという証拠を隠した。

事例 化石燃料会社がベンゼンの危険性に関する科学的根拠を歪曲

規制を回避し、訴訟から身を守るため、化石燃料会社は石油化学製品であるベンゼンと癌の関連性を軽視する研究に約4千万ドルの資金を提供した。

事例 デュポンと3MはPFASの危険性を隠していた

化学メーカーは何十年もの間、PFASと総称される物質が人の健康に害を及ぼすことを知ってた。そして、その事実を一般市民や連邦規制当局に隠していたのである。

2. The Blitz 嫌がらせ

産業界に不都合な結果や見解を述べる科学者への嫌がらせ

事例 NFLはプロフットボールと脳外傷の関係を研究する科学者を脅迫しようとした

ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)は、急増する脳震盪の問題に誠実に対処するのではなく、プロフットボールと慢性外傷性脳症と呼ばれる変性脳疾患との関連性を最初に指摘した医師の評判を追いかけた。
企業や業界団体は、自分たちの利益を脅かすような研究をしている科学者に嫌がらせや脅迫をして、科学的な情報を隠そうとすることがある。企業が科学者に対して、研究費の支払いを要求したり、昇進や在職を妨害したり、他のポジションに異動させたり、評判を落としたりすると脅した事例を紹介しているが、このような強要はいくつかの異なる形で行われる。

また、企業の中には、研究契約や雇用契約に箝口令を敷いたり、訴訟や公開記録請求によって科学者の時間やリソースを拘束し、大学が政策に関連する重要な研究を支援しにくくすることで、科学者の口を塞ごうとするものもある。

これらの戦術はいずれも、科学者を黙らせ、独立した科学を阻害するという同じ目的を持っている。このような行為は、科学的探求の精神に反するものである。科学的探求とは、すべてのアイデアや知見に開かれたものであり、私たちの世界についてより深く知ろうとする仲間の専門家を含むものである。科学者に脅威を感じさせたり、論文を発表するのをやめさせたり、研究を続けるのをやめさせようとする行為は、わが国の科学事業に対する直接的な攻撃であり、国民に効果的に貢献する能力を損なうものである。

事例 除草剤アトラジンのリスクを明らかにしたシンジェンタ社の研究者への嫌がらせ

アトラジンの危険性を指摘したタイロン・ヘイズ博士は、アグリビジネス大手のシンジェンタの標的となった。

事例 化石燃料産業による気候科学者マイケル・マンへの嫌がらせ

コーク社が出資するシンクタンクは、著名な気候科学者であるマイケル・マン氏に嫌がらせをし、彼の信用を失墜させようと、彼の個人的な通信手段へのアクセスを求めて訴訟を起こした。マンはこの訴えを退けたが、その結果、若い気候科学者の意欲を削ぐことになると懸念している。

事例 医薬品「アバンディア」の危険性を指摘した科学者を黙らせようとしたGlaxoSmithKline社

糖尿病治療薬に心臓病のリスクを高める副作用があることを発見したジョン・ビュース博士に対し、グラクソ・スミスクライン社は彼の人格とキャリアを脅かした。

3. The Diversion 陽動作戦

科学的根拠がほとんどないのに、不確実性を作り出す

事例 化石燃料産業のロビイストが「アストロターフ」と呼ばれるフロントグループを使って一般市民を混乱させた事例

アメリカ西部の化石燃料産業のトップロビイストが、気候変動やクリーンテクノロジーに関する前向きな政策を阻害するために、10以上のフロントグループを秘密裏に運営していた。

製品の有害な影響に関する証拠が出てくると、企業は時折、科学的根拠を損なうために、有害性に関する疑念を偽って広め、一般市民を欺き、一般市民を保護しようとする規制機関の努力を損ねようとする。1969年にタバコ会社の幹部が作成した有名なメモは、この戦略をよく表している。”疑念は我々の商品である。なぜなら、一般大衆の心の中に存在する「事実の体」に対抗するための最良の手段だからである。

私たちの事例では、企業がどのようにして無害な名前の業界団体やフロントグループを展開し、科学を弱体化させ、世論に影響を与え、独立性を保ったまま政策立案者に接近してきたかを示している。

これは、独立した科学が知識を発展させ、人々の健康と幸福への脅威について情報を提供するための方法を、露骨に悪用している。

事例 トウモロコシ精製業者協会が砂糖と健康に関する偽情報を流すためにフロントグループを利用した。

砂糖業界は、広報会社やフロントグループに資金を提供し、砂糖の健康への影響について誤った情報を流していた。

事例 屋内日焼け協会が誤解を招くような広告キャンペーンを行い、皮膚がんの科学を歪めていた

日焼けサロンを経営する業界団体は、広告やマーケティングで誤解を招くような表現を繰り返し、日焼けベッドでの日焼けとメラノーマの関連性の証拠を軽視した。

事例 米国化学工業協会がホルムアルデヒドのリスクを不確かなものにした経緯

アメリカン・ケミストリー・カウンシルは、ホルムアルデヒドのリスクを軽視し、EPAが提案する基準を遅らせたり妨害したりするために数十年にわたって活動していた。

4. Screen 信用創造

学界や専門家団体との提携による信用の獲得

事例 砂糖と健康に関する科学への影響力をコカ・コーラ社はどのように偽装していたか

コカ・コーラ社は、コロラド大学の研究機関に密かに資金を提供し、減量対策として摂取カロリーではなく運動量を重視するように説得した。

多くの企業は、公共の知識を深めるという正当な目的のために、大学の研究部門と強い経済的つながりを持っている。企業は、学会の会長職を後援したり、学生を支援したり、研究費を提供したりすることがある。このような取り決めは、権威ある学術機関や専門学会と提携することで、企業のイメージアップにつながる。

このような関係では、透明性と科学的独立性が重要だ。全体として、企業が資金提供した研究は、企業にとって有利な結果をもたらす可能性が高い。このことは、企業が科学研究に資金を提供することが、必ずしも偏った結果をもたらすということを意味するものではないが、科学文献の客観性を適切に評価するためには、完全な情報開示が必要であることを強調している。

事例にあるように、企業は学術的な提携関係を利用して研究に影響を与えたり、企業の利益のために科学を弱体化させるような誤った情報を広めたりすることがある。

事例 偽情報のプレイブック パデュー・ファーマ

パデュー・ファーマは、科学的根拠を患者や医師から遠ざけ、研究機関の信頼性に隠れて、現在進行中の公衆衛生上の大きな危機を助長した。

事例 化石燃料産業がフラッキング研究に資金を提供しているという事実を隠していた

化石燃料の業界団体であるMarcellus Shale Coalitionは、大学とその科学者の評判と信頼性を利用して、天然ガスの推進を図っていた。

事例 フィリップモリスは大学の研究に資金を提供しているが、それには裏がある

フィリップ・モリスは、タバコのイメージダウンを防ぐための広報・マーケティング戦略の一環として、大学の研究プログラムに資金を提供し、時には大学の倫理規定に違反する契約を結んでった。

事例 エクソンモービルと米国地球物理学連合の事例

エクソンモービルは、化石燃料採掘による気候変動のリスクを何十年にもわたって隠蔽してきたにもかかわらず、米国で最も著名な科学団体のひとつである米国地球物理学連合の年次総会のスポンサーを長年にわたって務めていた。

5. The Fix 政策操作

政府関係者やプロセスを操作して、政策に不適切な影響を与える。

事例 ダウ・ケミカル社がEPAに影響を与え、クロルピリホスの科学的証拠を無視させた事例

殺虫剤クロルピリホスの製造元であるダウ・ケミカル社と面会して話を聞いた後、EPAは、子どもの神経発達問題に関連するこの化学物質を禁止するという決定を撤回すると発表した。

 

公益団体と同様に、多くの企業や業界団体は、自社に有利な法律を制定するために政府にロビー活動を行っている。しかし、一部の企業は、連邦政府機関が科学を利用して政策を策定する方法を阻害したり、政府機関が科学に基づいた使命を果たすことが困難になるような変更を推し進めたり、政治的なコネを利用して政府機関のトップレベルの役員に接触したりすることもある。このような行為は、国民を保護する政府の能力を損なうものである。

残念なことに、産業界と政府の間の「回転ドア」は、産業界とのつながりがあり、金銭的な利益相反が明らかな人物が、意思決定の重要なポジションに就く大きなチャンスとなっている。このような役人は、以前の雇用主や将来の雇用主に利益をもたらす政策の策定に貢献することができ、その政策は彼らが去った後もずっと続く可能性がある。

産業界が政策決定にステークホルダーとして参加することは確かに合理的であるが、企業がその潤沢な資金と強力なネットワークを利用して、科学的根拠を損ない、国民の健康と安全を脅かすような政策を推進しないようにするためには、透明性と国民のモニタリングが必要である。

  • 翻訳記事では翻訳ソフトDeepLを使っています。 https://www.deepl.com/
  • 誤訳、文章省略、非リンク化の可能性があります。原文、引用先を参照してください。
  • 下線、太字強調は、管理人によるものです。(例外あり)
Alzhacker