COVID-19 ワクチンのリスクは無視できないと真剣な科学者グループが宣言

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

ワクチンの安全性
Serious Group of Scientists Declare COVID-19 Vaccine Risks Too High to Ignore
Serious Group of Scientists Declare COVID-19 Vaccine Risks Too High to Ignore
In what will most likely be ignored by the mainstream is a potential bombshell of a peer-reviewed, published paper warning the world to slow down on the

トライアルサイトスタッフ

2021年9月23日

COVID-19ワクチンの大量接種を遅らせるよう世界に警告する、査読付きの論文が発表されたが、主流派からは無視される可能性が高い。欧州と米国の多様な多分野のグループが最近、子供へのCOVID-19ワクチン接種について疑問を呈した。ジョンズ・ホプキンス大学によると、アメリカで記録されたCOVID-19の症例数は約4250万件で、世界で最も多い約681,222人の死亡者を出している。今回、学術誌「Toxicology Reports」に掲載された研究成果により、研究者らはまず、COVID-19に起因する一人当たりの公式死亡者数の大部分は、高い合併症を持つ高齢者で発生しており、小児におけるCOVID-19に起因する一人当たりの死亡者数はごくわずかであることを明らかにした。この論文の著者は、「接種後に正規化された」死亡の大部分は、合併症の多い高齢者で発生しており、一方、子供の「接種後に正規化された」死亡は少ないが無視できないと書いている。現時点での社会の支配的なシナリオを考えると挑発的な作品であるが、著者らがデータを精査した結果、COVID-19ワクチンの接種により、最も脆弱な年齢層(65歳以上)の死亡が5倍に増加するという、学術的な医学界の多くが否定する主張に間違いなくたどり着く。したがって、子供たちへの大量のワクチン接種プログラムのリスク・ベネフィット比を徹底的に検証する必要がある。これらの研究結果には異論があるかもしれないが、もしそれが正しかったら…、あるいは部分的にでも正しかったらどうであろうか?

まじめなグループ

トライアルサイトが強調しているのは、この問題作の著者たちが、かなりのパンチ力を持っていることだ。アメリカ、ロシア、ギリシャ、ルーマニアから集まったこのグループは、非常に相性の良いスキルと専門知識を持って調査に臨んでいるようである。

プリンストン大学で航空宇宙・機械科学の博士号を感染したRonald N. Kostoff氏は、生物学を学んだ多くの科学者と協力して、何十もの医学関連の研究論文を作成してきた。この博士は、論文の執筆を主導した。

Kostoffは、データ分析と原稿のオーサリングを担当したルーマニア・クレイオバ医学薬学大学教授のDaniela Calina, MD, Ph.D., PharmD.を含む、信頼性の高い著者グループに参加している。また、バーリ大学の医学・医療科学教授であるDarja Kanducも、原稿を書く際に数字の計算を手伝ってくれた。

もう一人の著者であるMichael B. Briggsは、ミシガン大学で原子力工学のBSおよびMS、放射線衛生工学のMEを取得している。米国海兵隊予備力の中佐であるBriggsは、過去にKostoffと共同で論文を発表しており、データ解析、結果の検証、グラフィックに貢献した。

また、ギリシャの権威ある国立カポディストリア大学アテネ医科大学の医学・免疫学教授であるPanayiotis Vlachoyiannopoulosが原稿執筆に協力し、I.M. Sechenov第一モスクワ国立医科大学(Sechenov University)所属の薬理学者であるAndrey A. Svistunovが編集者としてレビューを行った。また、ギリシャのクレタ大学に所属する法医学・毒性学の専門家であるAristidis Tsatsakisが編集部のレビューを担当している。

主な前提条件

論争の的となっている著者の結論を読み解く前に、重要な前提条件を簡単に確認しておこう。今回の研究の裏付けとなるデータは、パンデミックが発生してから 2021年5月までの期間をカバーしている。その時点で、米国疾病予防管理センター(CDC)のワクチン有害事象報告システム(VAERS)には、合計4,863件の死亡報告が入力されていたと著者は共有している。著者らは、VAERSが受動的に管理されていることを踏まえ、共著者のKostoff氏が作成に携わった過去の研究の結論に基づいて、「歴史的に見て、VAERSは実際のワクチン/予防接種の有害事象の約1%を報告することが示されている」と主張している。

COVID-19の大量接種プログラムに関連して予想される死亡についての著者の主要な仮定は、「65歳以上の人口層における予想死亡数 vs COVID-19接種による死亡数 」というタイトルの付録Aに記載されている。著者らは、VAERSで報告された死亡数に基づいて、ワクチンに関連する実際の死亡数を推定している。

著者らはVAERSの問題点として、「有害事象の大幅な過少報告」を挙げており、これは「CDCの大きな利益相反」と関連していると指摘している。彼らは、CDCが様々な予防接種プログラムに数十億ドルを提供することで大量の予防接種を行っていることを理由にしている。

Kostoffらが主張するCDCの利益相反の根拠は 2021年コロナウイルス対策及び救済のための追加歳出法(P.L. 116-260)であり、CDCは87.5億ドルを受け取り、「コロナウイルスワクチンの計画、準備、宣伝、配布、管理、モニタリング、追跡を行い、広範な配布、アクセス、ワクチン接種を確保する」としている。ワクチン接種プログラムを継続するためにCDCが莫大な資金を得ているということは、CDCはワクチンを広く配布し、米国政府内の資金提供者やワクチンメーカーとの良好な関係を維持することに重点を置いていると考えられる。

しかし、CDCはCOVID-19ワクチンの安全性をモニタリングする責任も負っている。しかし、彼らはこれを徹底的に、体系的に、そして客観的に行っているのであろうか?著者らは、そうではないことを宣言し、責任放棄をしている上に、ワクチン接種を促進するための重大な利益を持っているCDCは、信頼できる機関ではないと述べている。

中心的な立場

大規模なワクチン接種プログラムの立案者は、特に子供のような脆弱なコホートの場合や、新しいワクチン技術を使用する場合には、リスク・ベネフィット分析を採用すべきである。重度のCOVID-19や死亡の可能性を徹底的に調査し、理解し、ワクチン接種のリスクとベネフィットを比較検討しなければならない。保護者は、子供のためにこのような選択をするために、誠実で信頼できる、宣伝されていない情報を得る権利がある。

データによると、COVIDに感染した子どもたちが重症化したり死亡したりする可能性は低いことがわかっている。つまり、この集団に新しいワクチンを投与することのハードルは高いはずである。ワクチンは健康な子供たちに投与されるため、ウイルスによる重症化や死亡の確率が非常に低いことと比較して、安全性プロファイルとワクチンの有効性が著しく高いことが必要である。

今回の研究チームは、COVID-19ワクチン接種に伴うリスクプレミアムを高める問題を取り上げた。それらは以下の通りである。

  • COVID-19ワクチンの臨床試験が非常に短期間であること
  • 子供のサンプル数が少なく、全人口を代表していない
  • 思春期/小児の試験集団の規模が小さいため、予測力が低い
  • 重篤な疾患のリスクの早期警告指標となりうるバイオマーカーに焦点が当てられていない。
  • 長期的な影響に全く焦点が当てられていない(子どもたちは1年間モニターされるが、研究はわずか数ヶ月しか行われていない;深刻な長期的影響は短期的な利益のために支払うべき高い代償となる

COVID-19 ワクチンのリスク

著者はCOVID-19ワクチンに関連するリスクを提示しているが、これは産業界や政府が拒否する可能性がある。この論文は査読されているが、トライアルサイトは、複数の視点が含まれるような建設的な対話が行われることを望んでいる。著者らは、以下のようなリスク要因を挙げている。

  • mRNAワクチンは、身体にスパイクタンパクの生成を指示するが、これは、いくつかの未解明の研究によると、血管や 「その他の形態の損傷」につながる可能性がある。
  • スパイクタンパク質は、「自然免疫系の最前線の防御を迂回」して、血流に入る可能性がある。著者は、注射によってスパイクタンパクとその周辺のLNPが、持続的にダメージを与える毒素であることが「確実」であるとしている(産業界とNIHはともにこの主張に反論している)。
  • 前述の注射された物質がいつどこで体内に到達するかは、最終的には生体内分布が決定するが、著者は日本で提出されたファイザー社の生体内分布に関する文書を引用している。この文書では、注入されたmRNA物質が 「全身の無数の重要な器官 」に到達する可能性があることを明らかにしている。ファイザー社は、これらの生体分布報告は、ヒトではなくげっ歯類のはるかに高い線量に関連するものであり、ヒトに関する結論を出すのには関係ないと反論している。
  • この研究は1回の注射に焦点を当てているが、2回の注射とブースターは 「累積的な効果 」をもたらす可能性がある

調査結果

予想死亡率のシミュレーションを用いて、非常に保守的に「費用便益分析」を行ったところ、最もリスクの高い65歳以上のコホートにおいて、COVID-19の接種に関連する死亡数とCOVID-19に起因する死亡数が5倍になるという斬新な「ベストケースシナリオ」が報告されている。著者らは、「COVID-19による死亡リスクは、年齢が下がるにつれて急激に低下する」ことを考えると、若年層コホートにおけるCOVID-19ワクチンに関連する未知の長期的影響は、リスク・ベネフィット比を高めることにしかならないと主張している。

COVID-19に関連する死亡の94%は、厳密にはコロナウイルスによるものではなく、年齢、肥満、その他の併存疾患などの基礎的な要因が複合的に含まれている。著者らは、COVID-19のみに起因する実際の死亡者数は、すべての年齢層で35,000人にのぼると示唆している。研究チームは、この数字は、A)PCR検査の偽陽性が多いこと、B)医療従事者が実際よりも多くの死亡例をCOVID-19に起因すると考える傾向があることから、膨らんでいる可能性があると主張している。

著者らは、Virginia Stoner氏とJessica Rose氏の2つの独立した研究に同意し、VAERSに記録された死亡例は実際に「接種との強い関連性」があり、政府のスポークスマンやメディアのお気に入り、そして多くの学術関係者が主張するような「偶然」ではないとしている。しかし、誰が正しいのだろうか?

著者らの大前提が正しく、VAERSは歴史的に有害事象を「2桁」過少に報告していると仮定すると、著者らは「COVID-19の接種による短期的な死亡者数は、米国では数十万人に達する可能性がある」と示唆している。

COVID-19を根絶するための大規模なワクチン接種戦略が、米国大統領によるワクチン接種の義務化や、政府がOSHAを使って1億人近い人々にワクチン接種を受けさせないと職を失うリスクを負わせることで強化されていることを考えると、有害事象に関するタイムラグによって、多くの人々が重大なリスクにさらされる可能性があると著者は警告している。

子供たちの話に戻るが、著者の仮定が正しいかどうかにかかわらず、リスクとベネフィットの合理的かつ厳密な検証は、非常に公開された方法で行われなければならない。つまり、産業界と規制当局の両方から完全な透明性を確保し、反対意見を埋没させるのではなく、聞くことができるようにしなければならないのである。国民はこれに値する。

 

  • 翻訳記事では翻訳ソフトDeepLを使っています。 https://www.deepl.com/
  • 誤訳、文章省略、非リンク化の可能性があります。原文、引用先を参照してください。
  • 下線、太字強調は、管理人によるものです。(例外あり)
Alzhacker