ロシアの文書が「地殻変動兵器」研究を打ち出す(1996)

地震気候改変・ケムトレイル

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Russian documents set out ‘tectonic weapon’ research

モスクワ 旧ソ連とその後のロシア政府によって行われた「地殻変動戦争」の野心的な研究について、モスクワで初めて公式な詳細が明らかになった。

『モスクワ・ニュース』紙が入手した文書によると、2つの研究プログラム、1つ目は「マーキュリー」、2つ目は「ボルケーノ」として知られ、地下核爆発を利用して新たな震源を作り出すことを目的としていた。

地球物理学者は、差し迫った地震が地下核爆発によって引き起こされる可能性があることを認識している。しかし、欧米の地球物理学者は地殻戦争に懐疑的で、1960年代と1980年代の2度の失敗の後、研究を放棄してしまった、とリーズ大学の地球物理学講師ロジャー・クラークは言う。

クラーク氏は、ロシアが地震を発生させ、その位置を電磁気的にコントロールしようとしたことにはまったく驚いていない。「この種の科学は彼らの伝統の一部である。不可能だとは思わないし、間違っているとも思わない。」

この計画は1987年に旧ソ連の共産主義者によって秘密裏に開始され、数年前から西側の地球物理学者には非公式に知られていたが、現在は放棄されたと考えられている。ロシアが先月ジュネーブの国連で署名した包括的核実験禁止条約(CTBT)の条件に反することは間違いない。

マーキュリー計画は、旧ソ連のアゼルバイジャン共和国で開始されたが、同共和国が独立した際に中止された。ボルケーノ計画に取って代わられた。キルギスでは3回の地下核実験が行われたと考えられている。

資料によると、マーキュリー計画は、ソ連共産党中央委員会と閣僚会議の秘密命令によって開始された。その目的は、「弱い地震場を利用した震源地での遠隔操作の方法を開発し、爆発の地震エネルギーを伝達する可能性を研究する」ことであった。

文書によると、マーキュリー計画には、バクーにあるアゼルバイジャン科学アカデミー地質研究所を含む22の科学・産業機関が関与していた。その任務は、地殻変動兵器を制御する宇宙衛星に搭載する電子機器の開発にも及んだ。科学者たちには3年間の研究期間が与えられ、1990年にテストが計画された。

研究段階において、アゼルバイジャンの科学者たちはますます自信を深め、文書によれば、「核爆発の後、地中のエネルギーは震源地から遠く離れた場所に蓄積され、巨大な容量に達するかもしれない」

地下実験はキルギスのバトケンで始まり、アゼルバイジャン科学アカデミーのイクラム・ケリモフが指揮を執った。文書によれば、科学者たちは地下で核爆弾を爆発させ、「システム9690」として知られる英国製の装置を用いて、放出される地震エネルギーの方向を制御しようとした。

モザイスキー軍事工学研究所が作成した報告書は、実験は成功したと結論づけた。しかし、アゼルバイジャンがソビエト連邦から独立した後、進展はかなり鈍化した。この頃、ロシアはボルケーノ計画として知られる、より包括的な地殻変動戦争計画に着手した。ロシア科学アカデミー(RAS)の地球物理学研究所がプロジェクト本部となった。

研究は1992年に完了する予定で、翌年には地下実験が開始された。最終実験はコードネーム「S36NZ-0Kh」という場所で行われた。モスクワ・ニュースは、「NZ」の文字は1950年代にソ連の核実験が始まったノヴァヤ・ゼムリャを意味すると考えている。カール・レヴィティン

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました