パンデミック2.0と新パンデミック条約 ホールド・ザ・ライン
Pandemic 2.0 and the New Pandemic Treaty. Hold the Line!

強調オフ

ジェームズ・コルベットパンデミックⅡ・疾病X世界保健機関(WHO)

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

www.globalresearch.ca/pandemic-2-0-and-the-new-pandemic-treaty-hold-the-line/5841934

グローバルリサーチ、2023年12月03日

「彼らは他の何かを求めているのではなく、ただ命の贈り物を求めているのです。もしそれが可能なら、どうか与えてください。死にたくないんです、神様助けてください”

– 2023年5月17日、オタワのNCIにて彼女はCOVID-19ワクチンを接種しないという選択を理由に臓器移植を許されなかった。彼女は3カ月後に死亡した。[1]

番組を聴く

Pandemic 2.0 and the New Pandemic Treaty. Hold the Line!

クリックして音声をダウンロード(MP3形式)

中国で何らかの厄介な病気が発生する兆しが見え始めたのは、今からおよそ4年前のことである。[2]

当時は大きなニュースではなかった。WHO(世界保健機関)当局が、封鎖、社会的距離、さらには組織の権利の差し止め、積極的なワクチン接種を含む抜本的な対策を講じなければならないほど、この病気が中国を越えて本格的な「パンデミック」にまで拡大するとは、当時の一般市民は思いもよらなかった。

WHO事務局長は、COVID-19はもはや国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態を構成するものではないと述べた。

しかし、このような惑星危機の変化が始まった記念すべき年に、2つの出来事があった。

ひとつは、今週初めに完成した「全国市民調査」の最終報告書:COVID-19に対するカナダの対応」である。委員たちは、カナダ全土の8つの都市で300人以上の証人から宣誓証言を聴取し、質疑を行った後、報告書の全文を提出した。カナダにおけるCOVID-19対応の適切性と有効性に関する調査」は、1年以上にわたる作業の成果であり、市民による報告書の集大成として作成された。著者によれば、この公聴会を実現するために、文字通り何千人ものボランティアが活躍したという。[3]

もうひとつのタイムリーな兆候は、世界中の病気に関する主流メディアの報道の増加であり、新たなパンデミックの脅威である。もしこれが歴史の再現だとすれば、私たちはマスク着用や規制の「倍返し」、そして大規模な新たな脅威を予期しているように思える。ワクチン接種プログラムやデジタルIDなどが「手段を選ばず」実施される一方で、「子供たちを守ろう」と必死になる人々の間で、分裂した国民がすぐに内戦状態に陥る可能性があるからだ。

今回のGlobal Research News Hourは、「パンデミックの過去」、「パンデミックの現在」、そして「パンデミックがまだ来ていない」という3つのディケンズの亡霊に焦点を当てる。

最初の30分では、NCIの最近の最終報告書にスポットを当て、その内容と今後の見通しについてケネス・ドライスデールNCI委員にインタビューする。

後半の30分では、ジェームス・コルベットが再び登場し、パンデミックの恐怖について語る。また、10月に提出されたパンデミック協定の草案と、WHOによるこの協定の署名が、公衆衛生の将来とカナダおよび世界の民主主義にとって何を意味するかについても語る。

ケネス・ドライスデール(FECおよびP.Eng)は、プロフェッショナル・エンジニアとして40年以上の経験を持つエグゼクティブ・エンジニアであり、そのうち29年間は国内および地域のエンジニアリング事業の開発と経営に携わった。現在、コンサルティング・エンジニアとしてのフルタイムの業務からは引退しているが、フォレンジック・エンジニアリング、調査、専門家報告書の作成、裁判、仲裁、調停における専門家証言の分野で活動を続けている。マニトバ州およびオンタリオ州での裁判で専門家証人として証言。紛争の仲裁人や調停人も務める。

ジェームズ・コルベットは、政治、社会、歴史、経済について独自の批判的分析を行うウェブサイト「コルベットレポート」を2007年に立ち上げた。受賞歴のある調査報道ジャーナリストであり、フローニンゲン大学のStudium Generaleで地政学について講義し、フランス・コンピュータサイエンス・オートメーション研究所のfOSSaカンファレンスTedXGroningen、京都の立命館大学でオープンソースジャーナリズムに関する講演を行っている。

(グローバル・リサーチ・ニュース・アワー第411話)

番組を聴く

クリックして音声をダウンロード(MP3形式)

2023年11月27日、ジェームズ・コーベット氏の講演録

グローバルリサーチ:報道で目にするように、新しいパンデミックが間違いなくやってくると言及する記事が、主要紙で相次いで発表されています。 そして今、私たちは中国からの動揺したニュースを見ています。繰り返しますが、新型ウイルスによる呼吸器疾患ではなく、重複する一般的なウイルスのクラスターによる呼吸器疾患のようです。そして、これは4年前の再来になる可能性があります。しかし、今回、医療執行者は、WHOの標準的なアドバイスに反対する少数の人々のために準備するでしょう。しかし、パンデミックに関する新条約は2024年5月に締結される予定です。ジェームス、あなたはこのことについてどうお考えですか?これはWHOの権力掌握計画の次のステップなのでしょうか?予想していたことなのでしょうか?それとも、季節性インフルエンザが誇張されているだけなのでしょうか?

ジェームズ・コルベット:実際、 両方の可能性があります。 実際、このミックスに付け加えると、私たちが今記録しているように、最新のヘッドラインは「英国、豚インフルエンザの最初のヒト感染例を検出」となっています。どうやら、私たちが今話している間にも、この火種はさらに増えているようです。 過去数年間に起こったことをどう考えるかは別として、少なくとも国民の心理や意識の中では、将来のパンデミックの脅威に対して大規模な対応が行われることを理解し、それを期待する素地が築かれています。

ここ数年の狂乱ぶりや、マスクやロックダウンを人々が非難するのと同じくらい、もし本当に、いや、何でもないウイルス、とは言いませんが、少なくとも死亡率という点ではとてもとても小さな出来事が起きたらどうなるかを推測するのは興味深いです。もし本当に人口の4分の1が死亡するようなペストレベルの病気が蔓延したら、人々はそれまでの数年間に抗議していたような規則や規制を求めるようになるでしょう。

そして、そのような恐怖から金銭的にも権力奪取を通じてもあらゆる意味で利益を得ようとする権力や権威のある立場の人々がいたとしたら、少なくとも、そのようなひずみを積極的に作り出そうとしないまでも、それに乗じているであろうことは、少なくとも想像しなければなりません。しかしともかく、そこまでする必要はありません。

私は過去16年間、偽旗テロについて注意深く研究してきたので、このトピック全体を理解する方法として、対テロ戦争と、例えば国連が最新の総会後に話していたパンデミックへの備えを視野に入れた新たなバイオセキュリティー国家との間に類似点を見出すことができます。世界保健機関(WHO)から、パンデミックに備えるために何らかの新しい協定を結ばなければならないという政治的要請がありました。そして驚いたことに、世界保健機関(WHO)はそのような協定に取り組んでいるのですが、おそらく来年の2024年5月にジュネーブで開催される世界保健総会で可決されるまでは、私たちにその姿を見せることはないでしょう。このことを理解するには、たとえば1990年代を通じて、オサマ・ビン・ラディンが一夜にして突然現れたわけではなかったということです。エスカレートするサイクルの中で、徐々に出来事が積み重なっていったのです。 アメリカ国内の反応を見てみると、例えばワコー事件、そしてOKC爆破事件が、心理的に衝撃を与えるような非常に大規模なテロ事件に対する準備を国民にさせていたことがわかります。

国際的な規模では、アフリカ大使館爆破テロやコール駆逐艦が、ある種の、つまり一般大衆にその考えを紹介しました。例えば、OKC爆破事件の後、ジョー・バイデンが「自分が愛国者法を書いたようなものである」と自慢したがるような犯罪一括法案が提出されました。こうしたインフラはすべて、事前に整備されていたのです。

そして興味深いことに、国土安全保障国家全体と愛国者法の実際の制度の引き金を引いたのは、単に9.11のせいでもありません。炭疽菌テロ事件です。炭疽菌テロは、文字通り、愛国者法を審議していたまさにその時、議会を直接標的にしたものであり、そこにどんな条項が盛り込まれるかもしれません。そして炭疽菌テロが起こり、大パニックが起こり、議会は閉鎖されました。議会はパニックに陥り、緊急事態となりました。

そして今、新しい国の法律ができ、まったく新しいガバナンスのパラダイムが生まれました。私たちは同じような軌跡をたどる可能性があります。2009年の豚インフルエンザ、ジカ熱、2014年のエボラ出血熱騒動などなど。2010年代を通じてエスカレートし、ここ数年のコービッド騒動へと発展しました。そして今、私たちは、世界保健機関(WHO)が新たなパンデミック協定で窮地を救うために急襲するというアイデアに、実際の政治的な推進力、さらには一般市民までもが賛同する可能性のある、新たな恐怖の渦中にいます。

GR: そうですね。 気候変動がこのような事態を引き起こす、あるいは動物からヒトへのウイルスの移行を増加させるというようなことが計画されていたのです。そして今、COP28が開催されています。

JC: その通り。 その通りです。というのも、密室で進められている新たなパンデミック協定には、「ワン・ヘルス」というコンセプトが盛り込まれているからです。

世界保健機関(WHO)が人類全体を管理し、その評価に私たちの健康を委ねようということではありません。人間の健康だけでなく、動物の健康、気候/環境の健康など、すべてが関連しているのです。したがって、基本的に世界全体とその資源はすべて、世界保健機関の管轄下にあります。しかし、それは非常に重要なことです。

そのひとつが、動物種から人間種への人獣共通感染症です。これは、私たちが保護区を侵食していることや、気候変動などによって起こっています。例えば、ローマクラブが1991年に発表した『第一次世界革命』では、「人類そのものが敵である」というコンセプトのもとに人類を団結させる方法を探していると述べています。そしてそれこそが、私たちが直面している問題なのです。

GR: そうですね。 WHOが計画している変化について、最新の情報を教えてください。つまり、将来のパンデミックの予防、準備、対応を目的とした文書の作成です。10月に最新の草案が提出されましたが、誰も見ることのできない非公開の場ですべて話し合われたとおっしゃいましたね。 国際保健規則の変更と相まって、国家の主権と個人の健康が今以上に脅かされることになるかもしれません。

JC: 確かに、このような変化によって利益を得ようとしている大手製薬会社による権力掌握、金銭掌握という側面はあります。

また、国際的に懸念されているパンデミック病原体だけでなく、潜在的な病原体問題についてもゲノムデータの移転が設定されています。この条約によって、各国が何らかの形で(少なくともこの条約を通じて)、少なくとも私たちがこれまでに目にした草案ではあまり説明されていない方法で、さまざまな遺伝子データの共有を開始する法的義務を負う可能性があるというパンドラの箱が、本質的に開かれることになります。彼らはまた、法的文書で初めて「インフォデミック」という概念を提起しました。しかし、基本的には、将来パンデミックや緊急事態が発生し、人々がインターネット上で虚偽の情報を流した場合にどうするか、ということが問題になっています。

というのも、私自身、14年かけて築き上げた60万人近いチャンネル登録者を持つYouTubeチャンネルを、スイッチひとつで削除されてしまったからです。彼らは今、世界保健機関(WHO)が本当に入ってきて人々を検閲できるように、実際に歯止めをかけることを検討しているのでしょう。

他にも気になる点はたくさんあるが、私にとって最も気になるのは、彼らがこの文書を「合意書」や「文書」、あるいはその他の法的組織と呼ばなくなったことです。

彼らはこれを特に「パンデミック協定」と呼んでいますが、10月31日に発表した草案の第21条 (ブー、ハロウィン)には、特に「締約国会議」の創設について言及している。 生物学的条約や戦争条約などでも使われています。これらのさまざまな国連の支部や協定にはすべてC-O-P、つまり締約国会議があり、基本的には一種の政府のように設置されています。2024年5月に調印するどのような協定であれ、それを発展させ、さらに歯ごたえのあるものにするために、毎年毎年、運営され、会合が開かれ続けます。

つまり、2024年5月に締結されるであろうパンデミック協定が、政治的に実現不可能なものでない限り、間違いなくゴム印を押されることになります。

そして何だと思います?このプロセスには、政治的説明責任も見識もまったくありません。たとえば、カナダ人が気候変動枠組条約の締約国会議に対してまったく発言権がないのとまったく同じように、カナダ政府がそこに派遣すると決めた代表を選ぶこともできません。カナダ政府がどのような代表を送り込もうとも、カナダ政府はそれを選ぶことはできません。しかし、その合意は、カナダにおける法律のルール、つまり国の法律となるのです。

なぜそうなったのでしょうか?それは、本質的に、これは私たちの目の前で起こっている偉大な主権の乗っ取りであり、彼らは世界保健機関(WHO)でもまったく同じことをしようとしているからです。

GR: そうですね、州の中にミニ国家みたいなものがあって、基本的に『あなたたちが決めたことは何でも、これがルールになるんだ』と言っているように聞こえます。少なくとも健康面ではですね。WIONの記事によると、2020年5月から12月にかけて英国のワクチン対策委員会(Disease X)の委員長を務めるケイト・ビンガム氏は、疾病XはCOVID-19よりもかなり危険なものになる可能性があると述べたそうですね。あなたはまた、前回のインタビューでビル・ゲイツが、COVID-19はパンデミックIであり、私たちは第二次世界大戦のようなパンデミックIIに直面していると言いましたね。第二次世界大戦のようなパンデミックIIに直面しているのです。このような状況下で、保健当局はワクチン接種を取り締まるのでしょうか?

JC:ここ数年で明らかになったのは、私たちが『科学』と言われるものを疑うことなく聞くべきでないという事実です。一方、医学の専門家たちは、学位も資格もあり、医療分野でキャリアを積んできた人々も含めて、一度も疑問を持たれたことがないのに、ここ数年の発表にあえて疑問を呈したために、今では有害な存在となり、主要メディアでインタビューも言及もできなくなっています。 そして、ええ、彼らは正しかったのです。

ワクチンと見せかけて、実はmRNAワクチンなどというものには、深刻な健康上の懸念があります。多くの人々がその現実に目覚めています。

彼らがこのアジェンダを推し進め続ける唯一の方法は、二の足を踏むことだと思います。そして、本当に二の足を踏ませる唯一の方法は、危機が再燃するだけでなく、実際に危機がエスカレートしているという感覚を作り出したり、生み出したり、ごまかしたりすることです。これはコビッドの件よりも悪くなりそうです。あれがひどいと思いましたか?『これを見るまで待ってくれ』。そして残念なことに、私たちが話しているのは、前回のデビッド・ケリーとの会話で話したような、生物兵器のドロドロした世界で働いてきた人たちのことです。

このことを知らない聴衆のために言っておくと、戦争ゲームや計画については何年も前から語られてきました。様々な組織や財団などによって、クレードXやその他のものを想定した疾病演習が行われてきました。これは、ある種の呼吸器系ウイルスやそれに類するものが世界中に蔓延するという、想像上の将来のパンデミックです。彼らは何年も前から、この状況を想定した戦争ゲームを行ってきました。

ハンマーがあれば、すべてが釘に見えます。少なくともこの状況では、自然現象であれ、人為的なものであれ、意図的に放出されたものであれ、たまたまクラス5の生物学的封じ込め施設から漏れたものであれ、何であれ、彼らはその問題を釘とみなして打ち落とそうとします。その金づちとは、バイオセキュリティ国家のために今まさに整備されようとしている基盤のすべてであり、そこにはほぼ必然的に、ある種の強制的な予防接種(「ワクチン接種」)が含まれることになります。モデルナ社や他の企業もそう呼んでいるように、生命のコード、「生命のソフトウェア」で遊ぶのです。

その先頭に立っているのは誰でしょう?もちろん、それはビル・ゲイツです。30年前にコンピューター界のソフトウェアを掌握し、いまや人生そのもののソフトウェアを変革しようとしている男です。

GR:そうですね、それで最後の質問になります。パンデミックIIとWHOの法案にどう備えるかということです。

JC: 残念ながら、これは中途半端な解決策がない問題のひとつです。 その場しのぎの政治的措置はいくつかあるでしょう。しかし、これまで見てきたように、人々が自分たちの基本的権利を守ってくれていると思っているカナダの権利と自由憲章のような法的文書や紙切れをどのような種類のものであっても、それらはすべて、現実であれ想像であれ、危機が認識されればすべて破棄される可能性があります。

そして、本当に本当に起こるべきことは、政治システムそのものではなく、私たち個人の人間主権、医療の自由に対する理解の根本的な変革なのです。私たちには、自分の身体のことを自分で決める権利があります。そして、その決断はそうかもしれない:本当のリスクがあると認識し、マスク着用をする、mRNAを接種する、それがどのような立場であれ、その決断を下すのは各個人であり、また各個人に課せられた責務です。そして、推定された、自称健康の権威には、誰に対してもそれを強制する権利はありません。人間の意識の根本的な変革が起こらない限り、私たちを取り巻く政治システムの中から何らかの解決策が生まれるとは思えません。

というのも、今申し上げたように、例えば、国連気候変動枠組条約(UNFCC)のプロセスでは、あなた方の意見はまったく反映されませんし、現在進行中の世界保健機関(WHO)のプロセスでも、あなた方の意見はまったく反映されないからです。 ですから、世論にこのような意識を植え付けるために私たちができる政治的なことの第一段階は、カナダをはじめとするすべての国を世界保健機関(WHO)から脱退させることから始めることです。

手始めに、「ノー」と言っておきたいです。国家としての健康主権は、世界保健機関(WHO)が何を言おうとも、それに依存するものではありません。その組織は存在し、勧告を出し、私たちはその勧告に従うかもしれないし、従わないかもしれません。しかし、私たちは自国の主権をこの組織に譲り渡し、彼らの言いなりになるつもりはありません。それが第一歩です。

第二段階は、もちろん、国連をはじめとする、国家主権を侵害する世界政府の新興組織すべてから脱退することです。そうすれば、「こんな国際政府は必要ない」と言って、例えば、州レベルまで引き下げることができます。そして州レベルから、最終的には実際の個人主権を手に入れることができるでしょう。しかし、世界的に権力が強化され、個人の権力が強化されるという流れとは正反対の方向に進み始めるまでは、その勢いは止まらないでしょう。その勢いが変わらない限り、真の解決策は見いだせないと思います。

GR:素晴らしい。ジェームス・コルベット、あなたの知識と理解をリスナーと分かち合ってくれてありがとうございます。本当に感謝しています。

JC: お招きいただきありがとうございます。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、注釈や画像の挿入、代替リンク共有などの編集を行っています。
使用翻訳ソフト:DeepL,ChatGPT /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォロー
Alzhacker