ロバート・マローン変異株・ウイルスの進化

One and Done – Not with Omicron! 南アフリカからのプレプリントデータによると、自然免疫は以前の亜種ほど保護されない可能性がある。

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

One and Done – Not with Omicron!

ロバート・W・マローン MD, MS

MedRxivに2021年12月1日に投稿されたプレプリント論文は、SARS-CoV-2の再感染に焦点を当てた南アフリカの定期的なサーベイランスデータを迅速に分析したものである。まだ査読はされていないが、この論文は、異なるウイルス株(デルタやオミクロンを含む)が以前に感染した患者に再感染する能力に関する最新のデータであり、自然獲得免疫に関する中心的な疑問である 「以前に感染したことがあれば、新たな感染から守られるのか?」という問題に直接対応している。 分析結果によると、ベータ型やデルタ型とは対照的に、SARS-CoV-2のオミクロン型は、以前の感染による免疫を回避して、かなりの割合で患者に再感染することが示唆された。著者らは、オミクロンの「選択上の優位性は、少なくとも部分的には、以前に感染した人への感染能力の向上によってもたらされている」と結論づける一方で、「オミクロンがワクチン由来の免疫を回避できるかどうかは、世界の公衆衛生にとって重要な意味を持つ」と認めている。

南アフリカにおけるOmicron変異株の出現に伴うSARS-CoV-2再感染のリスクの増加

medRxiv preprint doi: doi.org/10.1101/2021.11.11.21266068; published 12/01/21 (1)

このデータは、南アフリカの公式な全国通知医療条件サーベイランスシステムを用いて 2020年03月04日から 2021年11月27日の間に収集された2,796,982件の症例から抽出された。再感染は、90日以上離れてSARS-CoV-2検査が連続して陽性になったと報告された個人と定義した。 著者らは、2つの異なる疫学モデルを用いてデータを解釈し、どちらの解析においても、主要な結果として、再感染が疑われる患者の発生率を経時的に測定している。

分析結果には、少なくとも2つの大きなギャップがある。残念ながら、この疫学的サーベイランスデータのレトロスペクティブ・スタディでは、オミクロンに対するワクチンによる免疫の頑健性についての知見は得られていない。この結果を評価するのに十分なデータがなく、著者がこの問題を避けたのか、あるいは南アフリカでは一般的にワクチン接種率が低いため、統計的分析を行うのに十分なワクチン接種者の症例が得られなかったのかは不明である。 また、本研究では、感染症の重症度に関するデータも報告されていない。

他の多くの報告では、オミクロンは以前の変異型に比べて一般的に軽症であることが示されているが、著者らは重症度に関するデータを収集・分析していない。もしオミクロンが自然免疫を逃れることができるのであれば、ワクチンによる免疫に対しても相当な逃避能力を持っていると推測される。ボツワナからの旅行者による最初の4人のインデックスケースは全員が完全にワクチンを接種していたという事実や、ノルウェーのクリスマスパーティーで完全にワクチンを接種した120人の出席者のうち少なくとも半数が南アフリカから帰国したばかりのインデックスケースから感染した可能性があるというオミクロンの「スーパースプレッダー」イベントが最近報告されていることから、オミクロンは感染力が強く、ワクチンによる免疫からも容易に逃れることができると考えられる(2)。

つまり、オミクロン・変異株では、過去の感染による免疫とワクチンによる免疫のどちらが感染力を低下させ、重症化や死亡をある程度防ぐことができるのか、という疑問が残るのである。

残念ながら、高度に変異した伝染性の高いオミクロン変異株の出現により、スパイク遺伝子ワクチンの接種や、以前の変異株への感染や回復による自然免疫によって集団免疫を獲得できるという見通しは、急激に弱められなければならない。 さらに、私を含む多くの有能なウイルス学者やワクチンの専門家による、進化したワクチンエスケープ変異ウイルスの出現の予測は、残念ながら現実のものとなっているようである。

幸いなことに、マレック病とは異なり、現在進行中のウイルスのパンデミックにワクチンを接種しても、病気を悪化させるような株はまだ生まれていないようである(3)。しかし、WHOや各国の保健当局が、明らかに現在流通しているSARS-CoV-2株の感染や拡散を防ぐことができない不適合なリーキーワクチンの配備を主張し続けるならば、その危険性は残る。 このような欠陥のあるツールを使ったワクチン義務化の論理は明らかに破綻している。現行のワクチンと積極的なマスク使用政策では、感染力の高いオミクロン・変異株の拡散を阻止することはできない。

さらに、香港のデータでは、ファイザー社とバイオエヌテック社のコミルナティの2回目の接種を受けた男子生徒の2700人に1人が臨床的心筋炎を発症したことが示され(4)、ベトナムの報告では、同じワクチンを接種した120人以上の学生が入院したことが示されている(5)。これらの効果のないワクチンの接種を子どもたちに義務付けることは、文字通り医療過誤であり、人道に対する罪として法的基準を満たす可能性があることは明らかである。

参考文献

  1. Increased Risk of SARS-CoV-2 Reinfection Associated with Emergence of the Omicron Variant in South Africa (medRxiv preprint doi: doi.org/10.1101/2021.11.11.21266068; published 12/01/21)
  2. Omicron outbreak at Norway Christmas party is biggest outside S. Africa, authorities say. CNBC, Dec 4, 221
  3. Tshwane District Omicron Variant Patient Profile – Early Features, SAMRC, Dec 2021.
  4. Epidemiology of Acute Myocarditis/Pericarditis in Hong Kong Adolescents Following Comirnaty Vaccination, Clinical Infectious Diseases, Nov 28, 2021
  5. 120 children hospitalized, province suspends Pfizer vaccine batch. VNE Express International, Dec 2, 2021

論文からの結論

我々の分析では、第3波終了時までに観察された累積再感染数は、再感染リスクが経時的に変化しないというヌルモデルと一致することが示唆された。さらに、再感染と一次感染の相対的なハザードは 2021年9月までの感染者数が増えるごとに減少していることが示唆された。これは、一次感染のリスクが増加しても再感染のリスクが増加しない場合に予想されることである。これらの分析結果に基づき、ベータまたはデルタの出現に関連した免疫逃避の集団レベルの証拠はなかったと結論付けた。

南アフリカでオミクロン変異株が出現した時期と時間的に一致する、再感染リスクの大幅かつ継続的な増加の証拠が見つかり、オミクロン変異株の選択上の優位性は、少なくとも部分的には既感染者への感染能力の増加によるものであることが示唆された。

一方、Betaやデルタの出現によって再感染のリスクが高まったという証拠は見当たらず、これらの変異株の拡散を可能にした選択的優位性は、免疫逃避ではなく、主に伝達性の向上に由来することが示唆された。

先行感染からの免疫逃避は、オミクロンがワクチン由来の免疫を逃避できるかどうかにかかわらず、世界の公衆衛生にとって重要な意味を持つ。自然免疫とワクチン由来免疫の両方に対するオミクロンの免疫逃避の程度を定量化し、他の変異株と比較してその伝達性や病気の重症度への影響を明らかにすることは、施設の準備計画やその他の公衆衛生活動に反映させるための緊急の優先課題である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました