7. 危機(経済・環境・国際)WW3・核戦争

「核戦争で生き残るための技術」はじめに

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Nuclear War Survival Skills

目次

  • 序文:ドン・マン
  • EDWARD TELLER博士による序文。
  • 著者について ユージン・P・ウィグナー博士
  • 謝辞
  • 序文:クレッソン・H.KEARNY
  • 第1章 核兵器がもたらす危険性 神話と事実
  • 第2章 心理的な準備
  • 第3章 警告と通信
  • 第4章 避難
  • 第5章 シェルター、最も必要なもの
  • 第6章 避難所の換気と冷却
  • 第7章 火災と一酸化炭素からの保護
  • 第8章-水
  • 第9章 食料
  • 第10章 降下物放射能測定器
  • 1999年版ホームメードKFMの主な材料について
  • 第11章 光
  • 第12章 シェルターの衛生管理と予防医学
  • 第13章 医者なしで生き残るために
  • 第14章 避難所での便利な備品
  • 第15章- 即席の衣服と保護用品
  • 第16章 危機前の最低限の準備
  • 第17章 二重使用のための恒久的な家族用放射性降下物シェルター
  • 第18章-太平洋横断降下物
  • 付録
  • A – 6つの簡易型放射性降下物シェルターに関する説明書
  • A.1 – ドア付きトレンチシェルター
  • A.2 – ポールに覆われたトレンチシェルター
  • A.3 – 小型ポールシェルター
  • A.4 – 地上型、扉付きシェルター
  • A.5 – 地上型リッジポールシェルター
  • A.6 – 地上型、クリブウォールシェルター
  • B – 自家製シェルター換気ポンプ(KAP)の作り方・使い方
  • C – 自作降下物計の説明書
  • D – 簡便な防風シェルター
  • E – 自家製ベニヤ板の作り方・使い方
  • 複動ピストンポンプとフィルター
  • F – 換気と採光をよくするための方法
  • 非常口付きシェルター
  • 選択された参考文献
  • 1999年ホルミシスに関する補遺

はじめに

1990 年代、SEAL Team SIX の核・生物・化学(NBC)プログラムマネージャーとして、核攻撃への備えと防衛のための計画、訓練プログラム、装備を提供することが私の責務であった。冷戦の終結で最悪の事態は脱したかに見えたが、米国政府も米軍も、この種の仕事に十分な優先順位をつけていなかったように思う。

今、核攻撃の可能性はかつてないほど高まっている。北朝鮮は核弾頭を持ち、最近その東部沿岸でミサイル発射実験を行い、イランは核施設を建設中である。米国による制裁にもかかわらず、これらの国々は核技術の開発を続けている。この2つの国の行動は、世界中に恐怖の環境を作り出している。

アメリカ人として、我々は核攻撃に対して非常に脆弱である。世界の大半はイランと北朝鮮の核の意図に注目し、非常に懸念しているが、すでに存在する1万7000発以上の核弾頭にももっと注意を払う必要があり、これまでで最も深刻な核の脅威となる可能性があるのだ。

今日の世界では、核攻撃や偶発的な発射の脅威をなくす可能性は極めて低い。我々には、最悪のシナリオに備えるという選択肢しかないのである。

ヨーロッパ各地の核シェルターを見学した後、私は、これらの国々の多くが、核戦争に対して、米国よりもはるかに優れた備えをしていることを実感した。ヨーロッパには数多くの核シェルターがあり、そのすべてが戦略的に配置されている。中には山肌を削って作られたシェルターもあり、水力発電施設、保育園、アイススケート場、図書館など、二重の役割を担っている。核警報やサイレンが鳴れば、多くの人はどの避難所に行けばいいのかがわかる。避難所に到着すると、医療品、食料、水、毛布、簡易ベッドなどを手に入れることができる。彼らは、攻撃から守られて、比較的長い時間生き延びることができるのである。

アメリカでは、おそらく一部の「プレッパー」を除いて、核攻撃のための訓練も装備も準備もされていない。米国では、核攻撃の際の訓練、装備、防護を提供することは優先事項ではない。米国政府は、効果的な核防衛能力を持ち合わせていないのである。したがって、この脅威に対して自分自身、家族、同僚を教育し、準備することは、個人の責任となる。

クレソン・カーニー著『核戦争生存術』は、この種の本としては初めて、核攻撃から生き残るための重要な問題を扱った包括的な生存マニュアルである。この本を書いた唯一の目的は、核攻撃から生き残る可能性を高めようとするアメリカ人を守ることであった。核兵器の影響に関する基本的な事実と、自分や家族、小集団が自らを守るために何ができるかを知ることである」とカーニーは書いている。

「核戦争サバイバルスキル」は、基本的なサバイバルスキルだけでなく、核攻撃から生き残るために持つべきサバイバルマインドもカバーしている。核戦争がもたらす多くの重大な危険について、また核攻撃に伴う恐怖、恐れ、その他の心理的側面をどのように管理するかについて包括的な説明を提供している。

化学兵器、生物兵器、核兵器の使用に対して推奨される防護策を詳細に解説している。低価格のサバイバル食品を備蓄するための推奨事項や、食料と水を保存するための手段についても書かれている。どのような種類の食品なら食べても安全か、致命的な水系伝染病から水を消毒する方法、限られた物資で調理する方法などが説明されている。

カーニーは、攻撃の際に非常に役立つ具体的な衣類、道具、消耗品、防護用品を徹底的にリストアップしている。また、予防医学、傷の手当て、放射線病、治療法についても触れている。また、換気、冷却、照明を備えた便利な放射性降下物シェルターの建設と探し方についても、詳細かつ分かりやすく概説している。

「核戦争サバイバル・スキル」は、すべてを網羅したマニュアルである。それは、重要な、核の生存の実践について我々を教育するために、まっすぐなアプローチを提供する。この本は命を救うだろう。すべての家庭にあるべき本である。

序文

民間防衛については、正反対の2つの見解がある。ロシアの公式見解は、核戦争が起こっても民間防衛は可能であるというものである。アメリカの公式政策、あるいはその政策の実行は、民間防衛は役に立たないという前提に立っている。

ロシアは、第二次世界大戦で苦い教訓を得たので、どんな状況でも国民を守るためにあらゆる努力を傾けている。この活動には年間数十億ドルを費やしている。核攻撃を受ける前に、都市から避難するための効果的な計画を持っている。都市に留まらなければならない人々のために、強力なシェルターも用意している。重要な時期を乗り切るために、保護された食糧を蓄えている。

これらのことは、われわれが回避あるいは抑止しなければならない核兵器の応酬において、ロシアの死者が1千万人を超えることはないだろうということを意味しているのかもしれない。このような悲劇的な数字であっても、ロシア民族は生き残るだろう。もし米国を排除することに成功すれば、世界の他の地域から食糧、機械、労働力を徴発することができる。急速に回復することができる。そして、世界征服という目標を達成するのである。

アメリカの考えでは、ロシアの計画は実現不可能である。このように主張する人たちは、核兵器の大きな力を指摘する。この点では、彼らは正しい。彼らの主張は、心理的効果において特に印象的である。

しかし、この主張は、ロシア住民の分散と避難の計画、およびロシア側が取った、あるいは取るつもりのその他の措置を考慮した慎重な定量的分析によって裏付けられたことはない。

ロシア人が避難しているのを見れば、自国民の避難が極めて有効であることは、単純な常識である。アメリカの自動車を使えば、ロシアで可能なよりも早く、効果的に避難させることができる。それを実行するために、鉄のカーテン諸国のような全体主義的な手法に頼る必要はない。国民に警告を発し、どこへ行けばよいか、どのように身を守ればよいかを助言すれば十分である。連邦緊急事態管理庁は、そのような政策を構築するための出発点となるものである。

本書は、そのような最小限の、しかし非常に有用な政府の指針が得られるという前提に立ってはいないし、実際そうすることもできない。その代わりに、個人あるいは集団が生存の可能性を高めるために学び、適用することができるスキルを概説している。

本書は市民防衛を説明するものではない。必要であれば、政府が支出することなく、個人が自分で実行できる「その場しのぎの」民間防衛の手引きである。本書は、現在の非効率的な民間防衛と、数年後に我々が持ちうる、そして持つべき極めて効果的なサバイバル準備の間のギャップを埋めるものである。しかし、この本に基づいてできること以上のことをしなければ、アメリカは大規模な核戦争に生き残ることはできない。

しかし、本書は現実的で客観的に正しいということのほかに、二つの極めて重要な目的をもっている。一つは、人命救助に役立つことだ。二つ目の目的は、比較的安価な政府の指導と物資があれば、教育を受けた米国民は確かに自らを守ることができることを示すことだ。我々は核戦争を生き延び、国家として存続することができるのである。

これは極めて重要な目標である。その最も現実的な側面は、クレムリンの男たちが慎重であるという事実にある。もし、我々を滅ぼすことができないのであれば、我々に対して核兵器を発射することはないだろう。民間防衛は、最も平和的であると同時に、核戦争に対する最も効果的な抑止力である。

ロシアは何度も避難を繰り返し、我々に同じような行動を取らせることで、我々を疲弊させることができる、と言う人もいるかもしれない。しかし、現実には、ロシアはわれわれを十分に怒らせ、われわれは本格的に再軍備をすることになると思う。それはロシアが望んでいることではない。

他の人は、ロシアは事前に避難することなく攻撃することができると言うかもしれない。この場合、ロシア側は大きな損失を被る可能性があるが、私はそのようなリスクは犯さないことを望む。

ここで述べたような市民防衛は、核戦争の危険をなくすものではない。しかし、その可能性を大幅に減少させることはできるだろう。

この本は、アメリカ国民を教育する上で、長い間遅れていた一歩を踏み出したものである。本書は、生き残ることが簡単だと言っているのではない。また、国家存続が可能であることを証明するものでもない。しかし、人命を救うことができ、自由を守り、戦争を回避するという我々の2つの主要な目的にとって極めて重要な思考と行動を刺激することになるであろう。

エドワード・テラー

著者について

1964年に米国原子力委員会からオークリッジ国立研究所で民間防衛プロジェクトを開始する権限を与えられたとき、私が採用した最初の研究者の一人がクレソン・H・カーニーであった。彼の人生のほとんどは、核兵器の影響についてよく知らない人々が核攻撃から生き残る可能性を高めるためのこのガイドを書くための、無計画な、そして計画的な準備であった。過去15年間、彼は変化する民間防衛のドクトリンに常に準拠することなく、基本的な生存問題に関して比類ない量の実践的なフィールドワークを行ってきた。

私が1966年にプリンストン大学の専門職に戻った後、オークリッジ国立研究所の民間防衛の取り組みは、最初はジェームス C. ブレシーが、現在はコンラッド V. チェスターが率いている。チェスター氏は、本書で紹介されているいくつかのサバイバルグッズの共同開発者であるだけでなく、それらをテストする実験の計画にも参加している。

カーニーが核戦争の危険に関心を持ったのは、プリンストン大学で土木工学の学位取得を目指していた頃で、1937年に優秀な成績で卒業した。プリンストン大学で学んだ彼は、当時は理論上の可能性しかなかった核エネルギーが解放される爆発の大きさをすでに知っていた。ローズ奨学金を得て、オックスフォード大学で地質学の学位を2つ取得した。第二次世界大戦が始まる前、彼は空襲の影響を減らすためにイギリスで行われた効果的な準備を観察していた。右翼、左翼を問わず独裁政治を嫌い、ミュンヘン危機の際には、チェコスロバキアから反ナチスを脱出させるための地下組織の伝書使を務めていた。

オックスフォード大学を卒業後、ペルーのアンデス山脈やベネズエラのジャングルで地質学的な探査を行った。また、メキシコ、中国、フィリピンなどにも足を伸ばした。

真珠湾攻撃の1年前、米国はまもなく戦争に突入し、ジャングル部隊は少なくとも探査地質学者と同様の個人装備、食料、個人医療品を持つべきだと考えた彼は、ベネズエラのスタンダード石油会社での仕事をやめ、米国に戻り、歩兵予備中尉として現役に就いた。すぐにパナマ機動部隊のジャングル実験官としてパナマに赴任した。彼は、第二次世界大戦でジャングル歩兵が使用した特殊な装備や食糧の多くを改良・発明し、ジャングルで徹底的にテストすることができたのである。この功績により、彼は少佐に昇進し、レジオン・オブ・メリットを授与された。

1944年、著者は戦闘に参加するチャンスを得るため、戦略サービス局に志願した。日本軍の侵攻を阻止するための解体作業の専門家として、中国南部の冬山に入り、大量の飢えと死を目の当たりにした。このような経験から、攻撃を受けている人々の身体的、精神的な問題を理解するようになった。

1961年、核戦争の危険性とアメリカの民間防衛力の欠如を懸念した著者は、核戦略の第一人者であるハーマン・カーンに相談する。当時、非営利の戦争研究機関であるハドソン研究所を設立していたカーンは、彼に研究アナリストとしての仕事を依頼した。この「シンクタンク」での2年間の民間防衛研究は、著者を生存問題への造詣を深めた。

1964年、オークリッジの民間防衛プロジェクトに参加し、以来、ベトナム戦争の最盛期の2年間を除いて、オークリッジがカーニー氏の活動拠点となった。ベトナムでの戦闘装備の研究、さらに核戦争時の生存率向上のための準備への貢献が認められ、1972年に陸軍のDecoration for Distinguished Civilian Serviceを授与された。

本書は、カーニー自身がシェルターなど生存に必要なものを現地でテストした結果得られた民間防衛の問題点や、スイス、スウェーデン、ソ連、中国など諸外国の本格的な民間防衛準備を集中的に調査した結果得られた知見が、幅広く生かされている。彼は、ソ連の民間防衛ハンドブックと中国のマニュアルのオークリッジ国立研究所での翻訳を開始し、編集し、これらの新しい情報源からさらに知識を得ました。イギリス、ヨーロッパ、イスラエルへの旅行も生存対策に関する情報を増やし、「核戦争生存術」に貢献した。しかし、この本では、主として実地試験で実用的であることが証明されたDIYの方法を提唱している。

ユージン・P・ウィグナー、物理学者、ノーベル賞受賞者、そして

核の時代の唯一の生みの親。

1979年5月

謝辞

この機会に、著者は以下の方々の特別な貢献に感謝する。

L. L. Joe Deal、James L. Liverman、W. W. Schroebelは、最初は米国原子力委員会から、次にエネルギー研究開発局、そしてエネルギー省から、長年にわたって不可欠な支援を受け、本書の執筆を可能にした。この支援は、1964年から1979年の間に開発され、本書で紹介されているサバイバル指示書のほとんどを生み出した実験室での作業と実地試験の基礎となったものである。また、Schroebel氏は初期および最終ドラフトをレビューし、多くの改良を加えてくれた。

オークリッジ国立研究所(ORNL)の産業安全・応用保健物理学部長を長年務めた保健物理学者ジョン・A・オーシエ博士には、原稿の確認、特に放射線の人への影響に関する記述のチェックをお願いした。

化学技術者、民間防衛研究者、異種兵器や非従来型攻撃に対する改良型防御の開発者、核戦略家、現在はORNL緊急時計画グループのグループリーダー。

ウィリアム・K・チップマン(LLD)、連邦緊急事態管理庁市民準備室-1979年、ORNL版の最終稿を審査していただいた。

ジョージ・A・クリスティ(M.S.) 長年ORNLで化学技術者および民間防衛研究者として活躍し、原版の企画と初期草稿の編集に貢献した。

ブリガム・ヤング大学食品科学・栄養学部准教授で栄養士のケイ・B・フランツ博士-「食品」の章で多く使われている情報や助言をいただきた。

特に、核兵器の影響に関する簡略化された説明について、全体的な検討と建設的な助言をいただきた。

カーステン・M・ハーランド(物理学者、ORNL民間防衛研究者):複雑な核現象に関する科学的助言と数学的計算を提供。

Robert H. Kupperman:物理学者。1979年には国務省軍備管理軍縮局の主任科学者。

ネルソン博士(電気技師、数学者):長年にわたりORNLで民間防衛と熱核エネルギーの研究者を務め、電磁パルス(EMP)問題の権威である。

長年にわたり米国国立標準局放射線研究センター放射線物理学部門の物理学者であったルイス・V・スペンサー博士:初期の核放射線による過剰な被曝から居住者を守るために必要なブラストシェルターの設計に関する計算と助言

核物理学者であり、攻撃・防衛兵器の主要な発明者であり、オークリッジ国立研究所および世界中で民間防衛の強力な支援者であるエドワード・テラー博士:1980年版のために書かれた序文と、著者がこの1987年版に取り組む動機となった彼の働きかけに対し、寄稿していただきた。

ユージン・P・ウィグナー博士(物理学者、数学者、ノーベル賞受賞者、プリンストン大学理論物理学名誉教授、核時代の主唱者、市民防衛運動の著名な指導者):本書のオリジナル版の執筆を奨励し、著者についてを執筆し、特に便利な防空壕に関する付録の原稿を改良してくれたこと。

エドウィン・N・ヨーク(核物理学者、ボーイング航空宇宙会社上級研究員、爆風防護構造の設計者):全体的な検討と提言、特に核実験と通常爆風実験への幅広い参加に基づく提言、および原版と本版の両方の改良に貢献した。

ワシントン州および数州の民間防衛関係者:公式な民間防衛準備の長所と短所に関する情報を提供してくれた。

ヘレンC. ジャーニガン:1979年の原稿を編集し、特に専門家でない読者のために技術的な詳細を明確にしてくれた。

メイ・E・カーニー:編集に継続的に協力し、索引を改良してくれた。

Ruby N. Thurmer:原版の編集に助言と援助をいただきた。

Marjorie E. Fish:写真と図面の作成。

Janet Sprouse:1987年版の追加部分の入力と組版を担当。

はじめに

自助努力による市民防衛

核兵器の影響に関する基本的な事実を知り、自分自身や家族、小さなグループが自らを守るために何ができるかを知ることだ。我々の政府は、戦争に関連する生存の準備を格下げし続け、起こりうる戦争の危険からアメリカ人一人一人を守るために、年間わずか数セントを費やしているにすぎない。戦略的防衛構想(スターウォーズ)兵器が発明、開発、配備されるまでの10年以上の間、自助努力による市民防衛が、核攻撃を受けた場合に生き残るための主な希望であり続けるだろう。

ほとんどのアメリカ人は、スターウォーズによって、飛行中の攻撃ミサイルや核弾頭を破壊できる新兵器が配備されることを期待している。しかし、どんな防衛システムも漏れがないようにすることはできない。現在、研究プロジェクトに過ぎないスターウォーズが防衛システムの配備につながるならば、自助努力による市民防衛は、侵略を防ぎ、抑止が失敗した場合の損失を軽減するために、我々が望む真の防衛システムの重要な一部となるであろう。

本書の目的および範囲

本書は、核戦争で生き残る可能性を高めたいと願う大多数のアメリカ人のために書かれたものである。訓練を受けていないアメリカ人でも、便利な放射性降下物シェルター、シェルターを換気・冷却する空気ポンプ、降下物測定器、その他の便利な生命維持装置を作ることができるようになった、現場でテストされた手順をまとめたものである。(民間防衛活動で使われる「便利な」とは、訓練を受けていない市民が、現場でテストされた書面による指示だけを頼りに、広く入手可能な材料と道具だけを用いて、48時間以内に作ることができる機器を指す)。また、水に溶けた放射性ヨウ素を取り除く方法や、主な食糧である全粒穀物や大豆を加工して調理する方法についても書かれている。これらの説明書は、危機的状況を想定した家族での使用に成功し、オークリッジ国立研究所の民間防衛研究者らによって14年以上にわたって繰り返し改良されてきたものである。これらの改良された指示は、1979年に最初に出版されたオークリッジ国立研究所のオリジナルのサバイバル本のこの更新された1987年版の中心である。

平均的なアメリカ人は、自分や家族、そして国が核攻撃を生き延びるのに役立つ情報をあまりに持たず、核戦争に関する信念の多くが間違っていて危険である。原爆が広島に投下され、人類を核時代へと駆り立てて以来、ほとんどのアメリカ人は、核戦争の脅威が認識された危機の時にのみ、核攻撃から生き残る可能性を高めることに真剣に関心を寄せてきた。1962年のキューバ危機の時も、その後も、何百万人ものアメリカ人が放射性降下物シェルターを作り、生存のための情報を得ようとした。当時、入手可能な生存情報のほとんどは不十分であり、ある点では危険なほど誤ったものであった-1987年現在でもそうである。このような民間防衛の欠点が広く認識されたために、ほとんどのアメリカ人は二つの誤った信念のうちの一つ、あるいは両方を受け入れてしまったのである。

その一つは、核戦争は想像を絶するほどの大惨事であり、ありえないという誤った考えである。もしこれが本当なら、核戦争について心配したり、核攻撃から生き残るための準備をしたりする論理的な理由は何もないはずだ。

第二の誤った信念は、もし核戦争が勃発したら人類は滅亡するというものである。もしこれが本当なら、合理的な人間は、生存不可能な事態から生き延びる可能性を高めようとはしないであろう。

本書は、このような信念が誤りであることを示す事実を示している。歴史は、一度発明された兵器は、いくつかの国の兵器庫に使用可能な状態で残っており、やがて使用されることを示している。核兵器の影響について多くの時間と労力を費やしてきた研究者たちは、全面的な核戦争が人類や文明の終焉をもたらすわけではないことを知っている。たとえ、わが国が準備不足のまま全面的な核攻撃にさらされたとしても、何百万人ものアメリカ人が生き残り、攻撃後の困難な時期を生き抜くことができるだろう。

なぜあなたとあなたの家族、そして他のほとんどすべてのアメリカ人は、ソビエト連邦の無防備な人質として取り残されているのか

ほとんどのアメリカ人に知られていないが、わが国の政府は、相互確証破壊(MAD)と呼ばれるアメリカ独自の戦略政策への依存をやめるための防衛力を欠いている。MADとは、米国とロシアがともに国民や基幹産業を十分に保護しない、あるいは保護できない場合、どちらも相手を攻撃しないというものである。

しかし、「国民と基幹産業を守れば、軍拡競争が加速され、戦争の危険性が高まる」と考える人は、今でも少数派であり、「国民と基幹産業を守れば、軍拡競争が加速され、戦争の危険性が高まる」と考える人は、今でも少数派である。レーガン大統領が提唱する戦略防衛構想(スターウォーズと揶揄される)が、我々や同盟国に対して発射された兵器を破壊するための新兵器開発の研究でも平和が脅かされると考える人々から、熱烈な反対を受けているのは不思議ではない。抑止が失敗した場合に人命を救うための民間防衛のための資金を少し増やすという提案でさえ、人を殺すための兵器のためのはるかに大きな支出よりも、MAD支持者から強い反対を受けるのは不思議ではない。

ロシア、スイス、アメリカの民間防衛

アメリカ以外の国は、国民を敵の人質としてわざと無防備にしておくという戦略を提唱したり採用したりしたことはない。ソ連の支配者たちは、MAD戦略を採用することはなく、あらゆる種類の戦争と戦い、生き残り、勝利するための準備をロシア人にさせ続けている。ほとんどすべてのロシア人は、核兵器やその他の大量破壊兵器の影響と、生き残る可能性を高めるために何ができるかを教えるために、義務教育を受けている。都市部のロシア人を地方に危機的に避難させるための包括的な準備がなされており、そこで彼らや地方のロシア人は高い防護係数を持つ便宜的な放射性降下物シェルターを作ることになる。何百万人もの人々を守るための防空壕が、都市部や工場の近くに建設され、重要な労働者が危機の間も生産を続けられるようになっている。戦争生存者のための小麦やその他の食料は、目標地域の外に保管されている。約10万人の民間防衛隊が、統制、救助、攻撃後の復旧の任務に当たっている。ロシアの民間防衛準備にかかる国民一人当たりの年間費用は、米国と同等の費用で行われた場合、8ドルから20ドルの間と様々に見積もられている。

スイスは最も優れた民間防衛システムを持っており、すでに全市民の85%以上が防空壕を備えている。スイスは、この最も効果的な戦争保険への投資を数十年にわたり着実に続けている。スイスの民間防衛の副局長であるフリッツ・セーガー博士によると、1984年には国民一人当たり12.60ドルに相当する費用がかかったという。

これに対し、核攻撃への備えを含む連邦緊急事態管理庁の1987年度の予算は約1億2600万ドルにすぎない。これはアメリカ人1人当たり約55セントに相当する。そして、このわずかな額のうち、核攻撃への備えのために利用できるのはほんの一部だけである。FEMAが戦争関連の民間防衛のための資金を大幅に増やさない限り、アメリカ人が核戦争から生き残る可能性を高めるためにできることは、よりよい自助努力による生存指示を出すことくらいであろう。

危機の中で生存の準備をすることの実用性

本書では、危機が悪化した最後の数日間に行える生存の準備に重点を置いている。しかし、このような危機の中で実施される対策は、前もって計画を立て、いくつかの準備を済ませておくと、非常に効果的である。本書を読まれた方は、少なくとも第16章「危機前の最低限の準備」に記載されている準備をする気になることが望まれる。

よく知った人は、ソ連による核攻撃は、警告なしに行われるパールハーバー型の攻撃である可能性が低いことを理解している。戦略家は、核戦争は数日から数カ月にわたる危機的状況の悪化の後に始まる可能性が最も高いという点で一致している。核戦争を生き残るためのロシアの広範な計画と準備のうち最も現実的なものは、危機が深刻化している間に少なくとも数日をかけて、ほとんどの都市居住者を都市やその他の危険性の高い地域から避難させ、ソ連全土でシェルターを建設または改善し、重要な機械などを保護することに基づいている。ロシア人は、核戦争が始まる前に避難とシェルター計画を完了させることができれば、自国民の死者数は、そうでなければ死ぬであろう人々の数分の一になることを知っているのである。我々の衛星やその他の情報源は、そのような大規模な動きを1日以内に明らかにするだろう。したがって、最も可能性の高い状況下では、アメリカ人は命を守る準備をするために数日間を過ごすことができる。

ロシア人は、自分たちが生き延びた悲惨な戦争から、人こそが救われるべき最も重要な資産であることを学んだ。ロシアの民間防衛に関する出版物は、レーニンの有名な発言を強調している。「全人類の第一の生産要素は、労働者である。もし彼が生き延びれば、我々はすべてを救い、すべてを回復することができる……しかし、彼を救うことができなければ、我々は滅びるだろう。」というレーニンの有名な言葉を強調している。戦略家たちは、ソ連の権力者たちは、国民のほとんどを保護するまでは、核攻撃をする可能性は非常に低いと結論付けている。

しかし、少なくとも2、3日の攻撃前警告があれば、その安心感は薄れつつある。ソ連のブラストシェルターと、われわれの無防備な報復兵器を破壊できる先制攻撃兵器の数が増えているため、ロシア人の命を救う手段としての攻撃前の都市避難の重要性が低下している。これらの進行中の開発により、アメリカ人がソ連の攻撃前に数日間の警告を受ける可能性は低くなる。したがって、真に防御的なスターウォーズ兵器の配備と、都会のアメリカ人を保護するブラストシェルターの建設の両方を、政府は動機付ける必要がある。

米国を攻撃しうる核兵器は、数とともに精度も向上し続けている。最新の核弾頭は通常、正確な標的から数百フィート以内に命中させることができる。ソ連はすでに、軍事的に重要な固定的目標をすべて狙えるだけの核弾頭を保有している。これには、固定兵器、指揮統制センター、軍事施設、石油精製所や戦争必需品を生産する他の工業プラント、長い滑走路、主要な発電所などが含まれる。これらの多くは、都市内または都市近郊にある。ほとんどのアメリカ人は戦略的に重要な目標を含む都市に住んでいるので、都市部のアメリカ人が重い核攻撃から生き残る最善の方法は、危機が悪化している間に都市から脱出し、可能性の高い目標から離れた降下物シェルターへ入ることだ。

米国の市民防衛論者の多くは、政府が恒久的な爆風シェルターを建設して備蓄することが望ましいと考えている。しかし、そのような恒久的なシェルターは何百億ドルもかかるため、国家的な目標として取り組むことはできないだろう。したがって、都市部の避難民と農村部のアメリカ人の両方が、危機の際に便利なシェルターと生命維持装置を建設できるようにするために、実地試験済みの指示と計画が必要である。

米国への小規模核攻撃

多くの戦略家は、ソ連の全面的な猛攻よりも、比較的小規模な核攻撃の方が米国を苦しめる可能性が高いと見ている。このような小規模の核攻撃の可能性には、次のようなものがある。

  • ソ連の支配者が、部分的に武装解除された先制攻撃によって、米国の固定施設と報復兵器の大部分が破壊され、都市の大部分は助かった場合、米国大統領は報復するよりも降伏する可能性が高いと判断した場合に生じるかもしれない限定的な攻撃である。そうなれば、ミサイル格納庫や戦略空軍基地から離れた場所に住む何千万人もの人々は、放射性降下物の防護だけで済むようになる。大都市圏に住み、核危機の際にうまく避難できるかどうか疑っているアメリカ人でさえ、そのような限定的な攻撃の際には、核戦争でのサバイバル技術が非常に必要になることを理解すべきである。
  • 偶発的または無許可で発射された1発または数発の核兵器がアメリカ国内で爆発すること。複雑なコンピューター化された兵器システムおよび/またはその人間のオペレーターは、致命的な誤りを犯す可能性がある。
  • 小型核兵器と原始的な運搬システムを保有する不安定な国の狂信的支配者による米国への小規模な攻撃。
  • 不安定な国で核兵器が使用可能になれば、より可能性が高くなるであろうテロ攻撃。放射性降下物の危険は、アメリカ全土に広がる可能性がある。例えば、西海岸の都市で小型核兵器が1発爆発すれば、爆風と火災で破壊された都市の一部から風下数マイルにわたって、避難していない人々に致命的な降下物の危険をもたらすだろう。また、風下の数百マイル離れた地域にも放射性降下物が降り注ぎ、その線量は通常のバックグラウンドの数百倍にもなる。降下物は特に雨の降った地域で多くなり、その地域の妊婦や小さな子供は、平時の放射線防護基準に従って、数週間にわたり避難する必要があるかもしれない。さらに、全米のあちこちで、牛乳が放射性ヨウ素で汚染されることも予想される。

今後、核サバイバルのノウハウは、慎重な人たちの教育の一環として、ますます重要になるに違いない。

なぜこの1987年版なのか?

この更新され増強された版は、あなたに与えるために必要である。

  • 1979年以降、ソ連の核兵器がどのように変化したか、特にロシアの核弾頭の大きさが大幅に縮小され、その精度と数が増加したことが、我々全員が直面する危険を減少させ、増加させたかについての情報である。危機が悪化したときに避難すべきか、自宅やその近くにシェルターを作るべきか、即席で作るべきかなど、生存計画の要点について論理的に判断するために、この情報が必要である。
  • 1979年以降に再発見、発明、改良された自助努力によるサバイバルアイテムの作り方や使い方を説明する。これらのDIYアイテムは以下の通りである。(1)大きな開口部からシェルターを換気する最も簡単な方法であるディレクショナル・ファニング、(2)パイプを通してシェルターを換気する合板製ダブルアクション・ピストンポンプ、(3)最高の自家製降下物計である改良版KFM。
  • 1979年以降に考え出され、宣伝されてきた2つの戦意喪失を招く反防衛神話、すなわち、攻撃後の紫外線が眩しいという神話と、生存不可能な「核の冬」という神話を否定する事実。
  • 最も必要とされているいくつかのサバイバル用品の長所と短所、価格、入手先に関する最新情報。
  • 低コストのサバイバル食品と、全粒穀物、大豆、その他の過剰生産された基本的な食品を処理し調理するための便利な手段に関する最新情報。政府は戦争予備軍として食糧を貯蔵しておらず、民間防衛職員にさえ、生存者がアメリカの無計画で分配の悪い、大量の未加工食糧を有効に利用するために必要な指示を与えていない。
  • 戦争放射性降下物から甲状腺を守るための予防的ヨウ化カリウムの入手方法と使用方法、および米国が生命を脅かす放射線を放出する初の商用原子炉事故に見舞われた場合の平時の放射性降下物についての最新情報。
  • 新しい章では、二重使用のための経済的で恒久的な家庭用放射性降下物シェルターの作り方、家具、備蓄について説明している。
  • 米国が交戦国でない海外の核戦争で発生した放射性降下物が太平洋を越えて米国に降り注いだ場合、病気にならないためにできることについての情報 – 新しい章に掲載されている。

エキゾチック・ウェポン(EXOTIC WEAPONS)

化学・生物兵器や中性子弾頭は「エキゾチック・ウェポン」と呼ばれる。なぜなら、本書の目的は、アメリカに対する攻撃のうち、圧倒的に可能性の高いタイプである、戦争関連の戦略目標に向けられた核攻撃から生き残るチャンスを、アメリカ人が改善するのを助けることだからである。

化学兵器は、典型的な核弾頭や爆弾に比べると非効率的な殺傷剤である。仮に、特定の広い地域の無防備な住民を絶滅させることが敵の目的だとしても、そのためには、大型核兵器を使用した場合の何百倍もの重量の致死的化学兵器を運搬する必要がある。

生物兵器は化学兵器より効果的だが、信頼性は低い。有利な気象条件に左右されやすく、報復兵器も戦争支援施設も破壊することができない。また、報復兵器に従事するよく守られた軍人を殺したり、無力化したりすることもできない。また、生物学的攻撃は米国の核報復攻撃を防ぐことはできないが、それを誘うことになる。

中性子弾頭は小さいが、非常に高価である。1キロトンの中性子弾頭は1メガトンの通常弾頭とほぼ同じ値段だが、通常弾頭は1000倍の爆発力を持つだけでなく、表面爆発させて非常に広い範囲を死の灰で覆うことができる。

報酬

「核戦争サバイバルの技術」を執筆した私の最大の報酬は、1979年以来販売された何十万部ものオリジナル版が、すでに何千人もの人々の命を救うかもしれないサバイバル情報を提供していることを実感したことだ。特に、読者、特に小さな子供を持つ母親たちから、核戦争で生き残る希望を与えてくれたと感謝されたことは大きな収穫であった。現実的な希望が再燃したことで、読者の中には自分や家族が生き残る可能性を高めるために、危機が悪化する可能性が高い地域から避難する準備をしたり、恒久的なシェルターを建設して備蓄したりする人もいる。

私はオークリッジ国立研究所で働きながら、アメリカの税金で『Nuclear War Survival Skills』の原著を書いたので、1979年の政府版や私的に印刷された複製版には何の所有権も持っていない。私は、1979年から1987年の間に私的に印刷され販売された40万部以上の売り上げから、満足感だけを得ているのである。また、核攻撃から生き残る可能性を高めたいと願う人々に、より良い生存の指示を与えるという私の努力から、将来、金銭的報酬を得ることはないだろう。

入手可能性

オークリッジ国立研究所の著作権のない1979年版のオリジナルに掲載された資料は、どれも正規の著作権で保護されることはなく、許可を得ずに誰でも複製することができる。1979年にオークリッジ国立研究所を退職して以来、私が書いた多くの新しい資料が追加され、別の活字で印刷されている。この新しい資料も、誰からも許可を得たりお金を払ったりすることなく、低コストで広く一般に入手できるようにするため、私はこの1987年版の著作権表示で指定されている変わった方法で新しい資料の著作権を取得した。

推奨される行動

大統領、下院議員、上院議員、その他の指導者に、戦争関連の民間防衛のための資金を増やすことから始めて、核戦争生存準備の改善を支援するよう説得すること。飛行中の核弾頭の一部を破壊できることがすでに実験で証明されている、真に防御的な兵器の早期配備を承認し、資金を提供するよう要請すること。(完璧な防御を開発しようとする試みは、改良された防御の達成を先延ばしにしたり、妨げたりする)。

危機が起こるずっと前に、入手可能な最良のサバイバル指南書を入手し、研究すること。さらに、あなたとあなたの家族が生き残る可能性を高めるために、本書で説明されているような準備をすることだ。

核攻撃の危機が迫っているとき、信頼できる生存情報の流通に関する現在の不確実性は続くと思われる。徹底的な実地テストを経たサバイバル指南書は、ほとんどのアメリカ人が入手できるものではないだろう。さらに、高度に知的な市民でさえ、危機の最中に優れた指示を与えられても、核の危険に関する基本的な事実とさまざまな生存準備の理由を学ぶ時間はないだろう。この理解なしには、誰もどのような生存の指示にもベストを尽くすことはできないのである。

本書の指示に従うことで、あなたとあなたの家族は生存に有利な確率を高めることができる。もし、このような指示が公式のものから広く入手でき、政府が少なくとも数日間続く悪化した危機の間、すべてのアメリカ人にその指示に従うように促したならば、さらに何百万人もの人々が攻撃を生き延びることができるだろう。そして、敵国が、我々がこのようにして防衛力を大幅に向上させたことを知れば、攻撃の危険、さらには攻撃の脅威さえも減少させることができるだろう。

第1章 核兵器がもたらす危険性 神話と事実

ロシアとアメリカの全面的な核戦争は、史上最悪の大惨事であり、その悲劇はあまりにも巨大で、理解することは困難である。しかし、それでも地球上の人類が滅亡することはないだろう。核兵器の危険性は、さまざまな理由で歪曲され、誇張されてきた。これらの誇張は、戦意を喪失させる神話となり、何百万人ものアメリカ人に信じられている。

私は、何百人ものアメリカ人とともに、便利なシェルターや生命維持装置を作る仕事をする中で、多くの人が最初は生存技術の詳細を話しても意味がないと思っていることに気づいた。核兵器の危険性について誇張された信念を持っている人たちは、まず、核戦争が必然的に自分や価値のあるものすべての終わりをもたらすわけではないことを納得させなければならない。このような神話の真偽を疑い始めて初めて、通常の平時の条件下で、核戦争生存技術の習得に関心を持つようになるのである。そこで、サバイバル用具の作り方と使い方を詳しく説明する前に、核戦争の危険性に関する神話のうち最も有害なものを、いくつかの厳しい事実とともに検証してみることにする。

図1.1.表面バースト。地表または地表近くのバーストでは、火球が地面に触れ、クレーターを吹き飛ばす。

神話

核戦争による放射性降下物は、空気と環境のあらゆる部分を汚染する。それはすべての人を殺すだろう。(これは、『オン・ザ・ビーチ』や多くの似非科学的な本や記事のやる気を失わせるメッセージである)。

事実

核兵器が地面の近くで爆発し、その火球が地面に触れるとき、クレーターが形成される。(図1.1参照)大爆発の火口から何千トンもの土が何兆もの粒子に粉砕される。この粒子は、核爆発で発生した放射性原子で汚染されている。何千トンもの粒子がキノコ型の雲となって、地球上空何マイルもの上空に運ばれる。この放射性粒子は、キノコ雲から、あるいは風で飛ばされた粒子の雲から落下し、放射性降下物となる。

汚染された粒子は、きのこ雲の中にいるとき、降下しているとき、そして地上に降りた後も、小さなX線装置のような目に見えない放射線を出し続けている。降下した放射性粒子は、厚さ数キロの砂嵐の砂や塵のように風に運ばれるが、通常は低い速度で飛ばされ、多くの地域では粒子が離れているため雲は見えない。最も大きく重い放射性降下物の粒子は、爆発地点に近い場所で最初に地上に到達する。多くの小さな粒子は、風に運ばれて何十マイルから何千マイルも移動した後、地上に落下する。1つの爆発による放射性降下物が、シェルターの使用を必要とするほど高濃度で地上に沈着している場所では、数時間で沈着が完了する。

放射性降下物の最小の粒子(人の肺に吸い込まれるほど小さな粒子)は、肉眼では見ることができない。この粒子は、現在配備されているソ連の核弾頭によって噴射される4マイル以上の高さからゆっくりと落下するので、ほとんどは地上に到達するまでに数週間から数年間空中にとどまるだろう。それまでは、非常に広範囲に拡散し、放射性物質が崩壊するため、危険性ははるかに低くなる。このような微小粒子が、散在する「ホットスポット」で降雨や降雪によって速やかに地上にもたらされ、その後乾燥し、風によって吹き飛ばされる場合のみ、これらの目に見えない粒子は、攻撃後の長期にわたる比較的小さな危険となるのである。

適切に設計された放射性降下物シェルターの空気は、たとえエアフィルターがないものであっても、放射性粒子はなく、後で説明するように、ごくまれな環境を除いて呼吸しても安全である。

図1.2. 放射性降下物からの放射線の線量率の減少(降下物の沈着時ではなく、爆発時から

すべての生物にとって幸いなことに、放射性降下物による危険は時間とともに軽減される。この減少を放射性崩壊と呼ぶが、最初は急激で、その後どんどん遅くなっていく。それに伴い、線量率(1時間あたりに受ける放射線の量)も減少する。図1.2は、放射性降下物を発生させた核爆発後、最初の2日間における放射性降下物の減衰の速さを示している。Rはレントゲンの略で、ガンマ線やX線の被曝量を測定するのによく使われる測定単位である。線量計と呼ばれる放射性降下物測定器は、Rの数を記録することで受けた線量を測定する。サーベイメータ、または線量率計と呼ばれる放射性降下物測定器は、測定時に1時間あたりに受けているRの数を記録することで線量率を測定する。なお、1時間に1000レントゲン(1000R/hr)から10R/hr(48時間)までの線量率の減衰は、1000R/hrから100R/hr(7時間)の約7倍の時間がかかると言われている。(爆発後1時間の線量率が毎時1000レントゲンと高くなるのは、高放射能地域のみである)。

爆発後1時間の線量率が1000R/hrであれば、放射性物質の崩壊のみで1R/hrになるには2週間程度かかることになる。風化作用により、線量率はさらに低下する。例えば、雨は植物や家屋からの降下物粒子を地上の低い位置または地上に近い位置に押し流すことができる。例えば、雨は植物や家屋からの放射性降下物粒子を地表の低い位置に押し流す。

図1.2は、ある量の降下物が爆発後1時間以上経過してから堆積した典型的な場所では、その場所で受ける最高線量率および総線量が、同じ量の降下物が爆発後1時間経過してから堆積した場所より低いという事実も示している。放射性降下物の粒子が地上に到達するまでの空中の時間が長いほど、その放射線の危険度は低くなる。

攻撃後2週間以内に、ほとんどのシェルターの居住者は、安全にシェルターの使用を中止するか、毎日何時間でもシェルターの外で働くことができるようになる。例外は、多くの兵器で攻撃された重要な目標、特にミサイル基地や非常に大きな都市の風下に発生するような極めて大量の放射性降下物がある地域であろう。安全に外出するタイミングを知るには、居住者は変化する放射線の危険性を測定する信頼できる降下物測定器が必要であるか、近くで信頼できる測定器を使って測定した情報に基づく情報を受け取らなければならない。

人が死亡する放射線量は、人によってかなり異なる。全身に降下物放射線を浴びて450Rの線量を受けた場合、約半数の人が死亡すると言われているが、ほとんどの研究では、これよりやや少ない線量であることが示されている1(注:文末の数字は、付録Dに続く参考文献に掲載されている文献を指している)。核攻撃後、緊急避難所に閉じ込められたほとんどすべての人は、ストレス下にあり、清潔な環境も感染症に対抗するための抗生物質もないだろう。また、多くの人は十分な水と食料を得られないだろう。このような前例のない状況下では、数日以内に350Rの全身被曝を受けた人の半数は死ぬだろう2。

幸いなことに、1日の被曝線量がそれほど大きくなければ、人体はほとんどの放射線障害を修復することができる。付録Bで説明するように、健康で過去2週間に100R以上の総線量に被曝していない人は、少なくとも2ヵ月間、毎日6Rの線量を受け取っても機能不全に陥ることはない。

広島・長崎の市民のうち、放射線量に耐えた人はごくわずかであり、そのうちの何人かはほとんど致命的であったが、深刻な遅発性影響を受けている。読者は、大規模な核攻撃後に本質的な仕事をするためには、多くの被爆者が通常許容されるよりもはるかに大きな放射線量を受けることを覚悟しなければならないことを理解する必要がある。そうでなければ、多くの作業員がシェルターの中にいる時間が長くなり、国家の復興に不可欠な仕事ができなくなる。例えば、トラック運転手の大半が、被曝を恐れて食料の輸送を拒否すれば、餓死者だけでも数百万人に上るだろう。

神話

放射性降下物の放射能はあらゆるものを貫通し、その致命的な影響から逃れることはできない。

事実

放射性降下物からのガンマ線は、優れたシェルターの遮蔽材を突き抜けて、その居住者に到達することがある。しかし、優れたシェルターの居住者がシェルター内で受ける放射線量は、平均的なアメリカ人が生涯に受けるX線やその他の放射線被曝の量より少なくすることができる。このようなシェルターの設計上の特徴は、十分な厚さの土や重い遮蔽材を使用することだ。ガンマ線はX線に似ているが、より透過力が強い。図1.3は、ガンマ線が何層もの土で覆われることによって、その数が急速に減少する(透過力は減少しない)様子を示している。半減期とは、ある物質を通過する放射線の量を半分に減らすことができる厚さのことだ。

実際のガンマ線の通過経路は、図1.3のような直線的な経路よりも、散乱などによりはるかに複雑である。しかし、平均化すると、どのような材料でも厚さ1/2の有効性はおおよそ図のようになる。物質が密であればあるほど、遮蔽材として優れている。したがって、コンクリートは1/2の厚さでも6.1cm程度にしかならない。

図1.3. 放射性降下物に対する遮蔽の図解

土の厚さが1/2になるごとに、減衰(低減)係数が大きく改善されていることに注目

図1.3の5つの厚さに、さらに半分の厚さの目土が追加されると、防護係数(PF)は32→64→128→256→512→1024と順次大きくなっていくことがわかる。

神話

核兵器による激しい攻撃は、ほとんどすべてを燃やし尽くし、都市では「火の海」となって空気中の酸素を枯渇させる。シェルターの住人は全員、猛烈な熱で死んでしまうだろう。

事実

晴れた日、エアバーストからの熱パルス(光速で伝わる熱放射)は、爆風によるダメージとほぼ同じ面積の着火しやすい物質(窓のカーテン、布張り、乾いた新聞紙、乾いた草など)に火をつけることができる。1メガトン(1MT)の爆発から10マイルも離れた被爆者にも第2度の皮膚火傷を負わせることがある。(図1.4参照) (A1-MT核爆発とは、100万トンのTNTと同量のエネルギーを発生させるもの)。晴天で乾燥している場合、火災の危険範囲はかなり広くなる可能性がある。しかし、曇りやスモッグの日では、空気中の粒子が熱放射の多くを吸収して散乱させるので、火球からの熱放射による危険な領域は、深刻な爆風被害の領域よりも小さくなるであろう。

図1.4. エアバーストの様子

火球は地面に接触していない。クレーターもない。エアバーストで発生する放射性粒子は非常に小さいので、雨や雪で地上に降り注がない限り、数日から数年間は空中に浮遊している。地表爆発と空中爆発の両方からの放射性降下物の湿性沈着は、ゼロ地点、その近く、あるいは遠くで「ホットスポット」を生じさせる可能性がある。しかし、空中爆発によるそのような「ホットスポット」は、同じ兵器の地表または地表近くの爆発によって生じる放射性降下物よりもはるかに危険度が低い。

エアバーストによる主な危険は、爆風による影響、強烈な光と熱放射の熱パルス、そして火球からの非常に透過性の高い初期核放射線である。

「ファイアーストーム」は、可燃性構造物の密集度が非常に高い場合にのみ発生する可能性がある。地方や郊外の建物密度では、地球で覆われたフォールアウト・シェルターにいるほとんどの人は、火災によって命を脅かされることはないだろう。

神話

広島と長崎の最悪の被害を受けた地域では、すべての建物が取り壊され、全員が爆風、放射線、火災で死亡した。

事実

長崎では、通常の空襲のために作られたトンネルシェルターで、爆心地から3分の1マイル(約1.5km)離れたところにいた人たちは、無傷で済んだ。このトンネルシェルターには防空扉がなく、全壊区域の奥深くにあったにもかかわらずである。(長くて大きな開放型のシェルターの中にいる人は、小さくて開放型のシェルターの中にいる人よりもよく守られるのである)。

図1.5. 壊れていない土壁の家族用シェルター(長崎)

爆風と火災ですべての建物が焼失した地域でも、多くの土で覆われた家族用シェルターは、基本的に無被害であった。図1.5は、典型的な木造の土葺きファミリーシェルターである。このシェルターは、長崎の爆心地から100ヤードも離れていないにもかかわらず、基本的に無被害であった4。計算上の最大過圧(通常の気圧を上回る圧力)は1平方インチ当たり約65ポンド(65psi)であった。ブラストドアのない狭いシェルター内にいた人は、爆発からこの距離では爆風圧で死んでいただろう。しかし、最近の爆発試験5では、防爆扉を備えた土で覆われた簡易小型ポールシェルターは、53psiで損傷しなかった。内部の圧力上昇はわずかで、乗員の鼓膜を損傷するほどではなかった。ポールさえあれば、多くの家庭が数日でこのようなシェルターを建設できることが、実地試験で示されている。

爆風シェルターが人命を救う可能性が高いことは、戦争で証明され、爆風試験や計算で確認されている。例えば、1メガトン級の兵器が破裂した場合、50psiのブラストドア付きシェルターが破壊される範囲は約2.7平方マイルであるという。このほぼ円形の範囲内で、大破したシェルターの居住者は、爆風、火災による一酸化炭素、放射線によって、実質的に全員が死亡することになる。同じ爆風で、5 psiの防護が可能な地下室を使用していたほとんどの人が、約58平方マイルにわたって死亡することになる6。

神話

現代の水爆のいくつかは、広島の大部分を破壊した原爆の1000倍以上の威力があるので、これらの水爆は1000倍の殺傷力があり破壊的である。

事実

広島の原爆の1000倍の威力の核兵器が、同等の条件で爆発した場合、1000倍ではなく、約130倍までの面積の木造家屋に同等の深刻な爆風被害を与える。例えば、ほとんどの建物を破壊するのに最適な高さで20キロトンの兵器を空爆すると、爆心地から約1.42マイルまでの家屋が破壊または重大な被害を受ける6。少なくとも重大な爆風被害を受ける円形領域は約6.33平方マイルとなる。(20キロトンの兵器の爆発は、2万トンのTNTと同じエネルギーを放出する)。20キロトン級の兵器が1000発、爆心地が重ならないようにうまく分離して空爆されると、合計約6330平方マイルの地域で家屋が倒壊するか大きな被害を受けることになる。これに対し、20メガトン級兵器(爆発力はTNT2000万トンに相当)1発を同様に空爆した場合、爆心地から16マイル(約16キロ)以内の大部分の家屋が破壊または重大な被害を受けるだろう6。

今日、ロシアの巨大大陸間弾道ミサイル(ICBM)のうち、20メガトン級の弾頭を搭載しているものはほとんどない。現在、ロシアの巨大なICBMであるSS-18は、通常10個の弾頭を搭載し、それぞれが500キロトンの収量を持ち、別々の標的を攻撃するようにプログラムされている。ジェーンズ・ウェポン・システムズ、1987-88年を参照。

神話:

ロシアが米国を核攻撃すれば、米国のすべての都市が完全に破壊される。

事実

ソ連の指導者が理性的である限り、彼らはロシアに損害を与え、ロシア人を殺すことができる我々の兵器やその他の軍事資産を打ち壊すことを最優先し続けるだろう。アメリカの都市を完全に破壊するのに十分な大きさの核兵器を爆発させることは、弾頭の非合理的な浪費となる。ソ連は、アメリカの都市を完全に破壊するのに必要な弾頭のほとんどをもっと有効に活用できる。それらの弾頭の大半は、おそらくすでにほとんどの都市や人口密集地から遠く離れた堅固なサイロで表面燃焼または表面燃焼に近い形で、我々の報復ミサイルを破壊するよう照準を合わせているのだろう。

残念ながら、港に停泊中の海軍艦艇や港湾施設、地上の爆撃機や戦闘機、爆撃機が使用できる空軍基地や空港施設、陸軍施設、主要な防衛工場など、軍事的に重要な目標の多くは、アメリカの都市内またはその近くにある。ソ連が全面的に攻撃してきた場合、これらの「ソフト」ターゲットのほとんどはエアバーストによって破壊されることになる。ある兵器のエアバースト(図1.4参照)は、同じ兵器のサーフェスバースト(図1.1参照)に比べて、「ソフト」ターゲットを破壊するのに十分な爆風効果を約2倍の面積で受けることになる。幸いなことに、爆風・火災地域の外に住むアメリカ人にとっては、エアバーストは非常に小さな粒子を発生させるだけである。これらの極めて小さな放射性粒子のほとんどは、長い間空中に留まり、地表に到達する前に放射性崩壊して広く拡散するため、地表や地表近くのバーストから直ちに降下する大きな放射性粒子に比べて生命への危険性ははるかに低くなる。しかし、もしあなたがサバイバル志向のアメリカ人なら、どこにいても大量の放射性降下物を生き延びられるように準備しておく必要がある。予測不可能な風が予想外の方向から降下物を運んでくるかもしれない。あるいは、あなたの住んでいる地域は、遠くで起こった爆発による小さな粒子や微小な粒子の雨や雪によって引き起こされる、生命を脅かす放射性降下物の「ホットスポット」であるかもしれない。あるいは、敵があなたの地域の地表または地表近くの爆発を利用して、長い滑走路をクレーター状にしたり、大量の局地的降下物を発生させて米国の報復行動を混乱させたりするかもしれない。

現在、ロシア最大の大陸間弾道ミサイル(ICBM)のうち、20メガトン級の弾頭を搭載しているものは、ほとんどない。ロシアの巨大ICBMであるSS-18は、通常、それぞれ500キロトンの弾頭を10個搭載し、それぞれが別々の標的を攻撃するようプログラムされている。Jane’s Weapon Systems, 1987-1988を参照。しかし、1990年3月、CIA長官ウィリアム・ウェブスターは、米上院軍事委員会において、「…ソ連の戦略的近代化プログラムは衰えを知らない」と述べ、SS-18 Mod 5は14~20個の核弾頭を搭載できるとしている。この核弾頭は、一般に旧型のSS-18よりも小型であるとされている。

神話

放射性降下物によって多くの食物や水が汚染され、十分な食物や水がある降下地域でも、人々は飢えて死ぬだろう。

事実

放射性降下物の粒子が食べ物の一部と混ざらなければ、害はない。塵埃のない容器に入った食物や水は、フォールアウト放射能に汚染されない。果物や野菜の皮をむくと、基本的にすべての放射性降下物が除去される。また、放射性降下物の粒子が付着した貯蔵穀物の最上部数インチを取り除くと、放射性降下物は除去される。深い井戸や蓋のある貯水池、タンク、容器など、多くの水源からの水は汚染されないだろう。溶存する放射性元素や化合物を含む水でも、本書で後述するように、土で濾過するだけで、飲用に適した安全な水にすることができる。

神話

核爆発で被曝した人々の生まれてくる子供や孫のほとんどは、遺伝的に損傷を受け、奇形となり、核戦争の犠牲者として遅れるだろう。

事実

米国科学アカデミーによる権威ある研究「広島・長崎の被爆者に関する30年間の研究」が1977年に発表された。それによると、広島・長崎で被曝した両親が後に妊娠した子供の異常発生率は、被曝していない両親から生まれた日本人の子供の異常発生率と比較して高くはない、と結論づけている。

これは、遺伝的損傷がないわけではなく、大量の放射線を浴びた胎児に損傷がないわけでもない。しかし、この圧倒的な証拠は、将来世代に対する放射線障害の誇張された恐怖が、科学的知見によって裏付けられていないことを示しているのである。

神話

米国とソ連の核兵器がすべて使用された場合、過剰殺戮(さつりく)が起こる。つまり、二つの超大国は互いの国民をすべて殺すのに十分すぎるほどの兵器を持っているだけでなく、人類を絶滅させるだけの兵器を持っているということだ。

事実

米国とソ連が世界の人口を数倍も殺せる力をもっているという発言は、誤解を招くような計算に基づいている。そのような計算の一つは、広島や長崎で爆発したキロトン当たりの死者数に、両国の兵器庫にあるキロトン数の見積もりを掛けることだ。(キロトンの爆発は、1000トンのTNTと同じエネルギーを発生させるものである)。この仮定は、世界中の人口を、広島や長崎の市街地と同じ人口密度で、直径数マイルの円形の群衆に集め、その群衆の中心で小型(広島サイズ)の兵器を爆発させることができるというもので、明示されていない。その他の誤解を招くような計算は、長く続く放射線による危険や核戦争によるその他の有害な影響を誇張したものである。

神話

核爆発によって成層圏のオゾンが破壊され、地表に届く紫外線の量が多くなるため、失明やガンの激増が核戦争生存者の運命になる。鳥や昆虫も目が見えなくなる。また、日焼けを防ぐために防護服を着用しなければならなくなる。植物もダメージを受け、食糧生産が大幅に減少する。

事実

大規模な核爆発は、成層圏に大量の窒素酸化物(オゾンを破壊するガス)を放出する。しかし、ある量の窒素酸化物が成層圏のオゾンを破壊する割合は、ほとんどすべての理論計算とモデルにおいて、大幅に過大評価されている。例えば、1952年から1962年にかけて行われたソ連と米国の大型兵器の大気圏内核実験爆発は、FoleyとRudermanによって、全オゾンの10パーセント以上の減少をもたらすと計算されている。(M. H. Foley and M. A. Ruderman, “Stratospheric NO from Past Nuclear Explosions”, Journal of Geophysics, Res. 78, 4441-4450 参照)。しかし、彼らが引用した観測では、オゾンは減少していない。紫外線の増加もない。他の理論家はオゾンの総量の減少を計算したが、観測データは減少していないか、あるいは彼らの計算よりはるかに少ない減少を示すと解釈した。

大規模な核戦争でアメリカ人の生存者が受ける紫外線の危険性を現実的に単純化すると、サンフランシスコから赤道の海面まで移動することに相当する。海面では皮膚癌の発生率が最も高く(死亡することはほとんどない)、サンフランシスコでの発生率の約10倍である。アメリカでは、さらに何千人もの生存者が皮膚癌にかかるかもしれないが、もし攻撃後の世界で意図的な日焼けや帽子なしの外出が流行したとしても、皮膚癌はほとんど増えないだろう。さらに、今日のほとんどすべての核弾頭は、前述の大型兵器実験で爆発したものより小さい。ほとんどの場合、オゾンを破壊するガスの量ははるかに少なく、あるいはガスを放出しないので、オゾン欠乏が何年も続く成層圏に注入されるかもしれない。また、500キロトン以下の核兵器は、対流圏上層部のオゾンを(スモッグ反応により)増加させる。ローレンス・リバモア国立研究所のJulius S. ChangとDonald J. Wuebblesは、核戦争が起きれば、対流圏上層部のオゾンの減少をこの増加で部分的に補うことができると説明している。

神話

核戦争が起これば、克服できない「核の冬」が必ずやってくる。100メガトン(全核兵器の1%以下)でも都市を発火させれば、世界は凍結する。火災による煙と地表の爆発による塵が世界を包み込み、ほとんどすべての太陽光と太陽熱が地表に到達するのを妨げる。数週間にわたり、世界中が暗闇に包まれる。夏でも氷点下!?南米のジャングルでも農作物が凍ってしまう。世界的な飢饉 動植物の全種類が絶滅した。人類の存続が危ぶまれる

事実

克服できない「核の冬」とは、1982年に提唱されて以来、核戦争を生き延びようとすることは努力と資源の無駄であり、ほとんどすべての核兵器を世界から排除することによってのみ生き延びる可能性があると、さらに多くの人々に信じ込ませるために使われてきた、信用できない理論である。

宣伝活動を行わない科学者たちは最近、全面的な核戦争が起こった場合でも、気候やその他の環境への影響は、人気天文学者のカール・セーガンや彼の仲間の活動家科学者たち、そして関係するすべてのソ連の科学者たちが繰り返し発表した破滅的な影響よりもはるかに小さいだろうと計算している。これらの最近の現実的な計算から得られた結論は、外交問題評議会の権威ある季刊誌「フォーリン・アフェアーズ」の1986年夏号に掲載された記事「核の冬の再評価」に要約されている。著者のスターリー・L・トンプソンとスティーブン・H・シュナイダーは、国立大気研究センターの大気科学者である。彼らは「…科学的根拠から見て、最初の核の冬仮説の世界的な終末論的結論は、今や可能性が限りなく低いレベルに追いやられている」ことを明らかにした。彼らのモデルによると、7月(最も気温が下がる時期)にアメリカの平均気温は華氏約70度(摂氏21度)から約50度(摂氏10度)まで数日間下がる(対照的に、同じ条件でカール・セーガンや彼の仲間、そしてロシアの科学者は、結果として華氏零下約10度の平均気温が数週間続くと予測していた!)。

攻撃後の気候への影響についてもっと知りたい人は、『フォーリン・アフェアーズ』誌1986年秋号も読んでほしい。この号には、トンプソンとシュナイダーからの長い手紙が掲載されており、破滅的な「核の冬」説をさらに否定している。継続的な研究は、トンプソンとシュナイダーが計算したものよりさらに小さな気温の低下があることを示している。

ソ連の宣伝担当者は、核兵器や戦争に対する恐怖心を高め、敵の士気を低下させるために、克服できない「核の冬」に対する信念を早速利用した。成層圏に大量の煙を放出するためには、猛烈な都市火災が必要であり、その結果、ある不信任な理論によれば、ほとんどすべての太陽熱が地上に到達するのを防ぐことになる。

図1.6は、「核の冬」が発明される以前に、ロシアの科学者と民間防衛当局者が、核兵器で攻撃された都市の燃え方を現実的に説明したものである。爆心地から何マイルも離れた地域の建物は散乱した瓦礫となり、そのほとんどはコンクリート、鉄、その他の不燃性材料でできていて、燃え盛る火災で燃えることはないだろう。このように、オークリッジ国立研究所の翻訳(ORNL-TR-2793)『民間防衛』第2版(50万部)、モスクワ、1970年、エゴロフ、シュリャホフ、アラビン著には、こう書かれている。「0.5 kg/cm2 [~ 7 psi]を超える過圧を特徴とする完全な破壊地帯では火災は発生しない…瓦礫が散乱して燃焼中の構造物を覆うからである。その結果、瓦礫はくすぶるだけで、火災は発生しない。”

翻訳すると [放射能)汚染は爆発の領域で起こり、また放射線の軌道を形成する雲の軌跡に沿って起こる。

図1.6. ロシア民間防衛訓練用フィルム片のキャプション付き図面

地表爆発で燃え盛る炎は、数マイルに及ぶ「完全破壊地帯」の外側の、爆風にあおられた「瓦礫がくすぶるだけ」の立木の中に描かれている。

ハンブルグ、ドレスデン、東京の中心地は暴風雨で破壊された。これらの都市の古風な建物は、大量の可燃物を含み、何千個もの小さな発火装置によって発火し、空気が十分に供給された立方体の構造物としてすぐに燃えたのである。成層圏に煙を噴出させた暴風雨はなく、その煙雲の下でかなりの冷却を引き起こしたこともない。

都市や森林の焼失による煙や核爆発の塵が世界的な氷点下を引き起こすという理論は、1982年にドイツの大気化学者で環境学者のポール・クルーツェンによって考案され、現在も世界的な宣伝活動によって推進されている。このキャンペーンは、1983年にケンブリッジとワシントンで行われた、アメリカとロシアの科学者を招いての科学・政治会議のテレビ放映から始まった。その後、新聞や雑誌に次々と記事が掲載され、何百万人もの読者がいる日曜日のタブロイド紙『パレード』の1983年10月30日号には、カール・セーガンによる恐怖を煽る記事が掲載された。最も影響力があったのは、「サイエンス」(米国科学振興協会の週刊誌)1983年12月23日号に掲載された記事であった。R. P. ターコ、O. B. トゥーン、T. P. アッカーマン、J. B. ポラック、C. セーガンの5人の科学者による「核の冬、複数の核爆発による地球規模の影響」であった。重要なのは、これらの活動家が自分たちの名前をTTAPSと綴り、「消灯」または軍隊の葬儀の終わりを告げるラッパの音である「タップス」と発音していたことだ。

1985年まで、宣伝活動をしない科学者たちは、TTAPSや関連する「核の冬」仮説の数々の誤り、非現実的な仮定、コンピューターモデリングの弱点に効果的に反論し始めることはなかった。その主な理由は、政府機関や民間企業、そしてほとんどの科学者が、政治的論争に巻き込まれたり、反核活動家が核戦争の危険を最小限に抑えていると非難するような発言をしたりすることを一般に避け、平和への希望を損なっているからである。スティーブン・シュナイダー氏は、1986年7月6日付のロッキー・マウンテン・ニュース紙によると、「核の冬の再評価」を書いたことで、一部の軍縮支持者からファシストと呼ばれている。その3日後、最近まで生存不可能な「核の冬」の記述を特集していたこの新聞は、「核の冬の研究において、科学者は科学者であれ」という主要社説で、カール・セーガンを批判し、トンプソンとシュナイダーを擁護しているのである。自由な国では、真実は明らかになるものである。しかし、時には、急速に広まるプロパガンダに効果的に対抗するには遅すぎることもある。

「核の冬」に対する効果的な反論も、政治家や、世界的な破滅を予測するTTAPSを支持する政治的に動機づけられた科学者や科学団体の威信によって遅れてしまったのである。さらに、TTAPS仮説の弱点は、相互に関連し、理解が不十分な気象現象のコンピュータ・モデリングの改善など、長期にわたる高価な研究の費用を賄うために十分な政府予算が確保されるまで、効果的に調査することができなかった。

米ソの核戦争による深刻な気候への影響を完全に否定することはできない。しかし、不確実な気候の影響によって起こりうる死は、米ソ核戦争によって確実に起こる近代農業の必需品の悲惨な不足と、ほとんどの国際食料輸送の停止によって、多くの国で計り知れない数の餓死者が出る可能性に比べれば、小さな危険でしかない。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました