ケビン・マッカーナン、コロナワクチンのDNA汚染、サル・ウイルスSV40プロモーター、そしてワクチンの中身について語る|Epoch Times
Kevin McKernan Talks COVID Vaccine DNA Contamination, the Monkey Virus SV40 Promoter, and What’s Actually in the Vaccines

エポックタイムズケビン・マッカーナン、SV40、DNA混入ターボ癌酸化グラフェン・ナノ粒子

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Kevin McKernan Talks COVID Vaccine DNA Contamination, the Monkey Virus SV40 Promoter, and What’s Actually in the Vaccines

…www.theepochtimes.com/epochtv/kevin-mckernan-talks-covid-vaccine-dna-contamination-the-monkey-virus-

エポック・タイムズアメリカの思想家

8月29日-2023年

「中国のHe博士が2人の子供にゲノム編集を施し、2人の赤ちゃんを作りました。彼はCRISPRで2人の赤ちゃんを作りました。その男は刑務所に入りました。突然、今日に至って、私たちは何十億人もの人々にそのリスクを負わせようとしているのです」

ケビン・マッカーナンはマサチューセッツ工科大学のヒトゲノム・プロジェクトで研究開発マネージャーとして勤務。現在、彼はメディシナル・ゲノミクスの最高科学責任者兼創設者であり、COVID-19遺伝子ワクチンのDNA汚染について研究しています。

「DNAの統合が懸念されるため、ワクチンに含まれるDNAの量には制限があります」マッカーナン氏は言う、「我々が知っているのは、どちらのワクチンにもDNAが残存しており、このDNAは規制限界のすぐ上か、10倍以上であるということです」

異なるmRNAワクチン成分は身体にどのような影響を与えるのでしょうか?SV40サル・ウイルス・プロモーターが含まれていることで、本当は何が起こっているのでしょうか?脂質ナノ粒子とDNAオープンリーディングフレームについて心配しなければならない理由は?また、合成mRNAと天然に存在するmRNAは根本的にどう違うのでしょうか?

「オーストラリアには遺伝子治療に関する異なるガイドラインがあります。そして、そのDNAの一部が遺伝子治療の道具として使用され、記録されていることが分かっています」

全記録

ヤン・ヤキレック

ケビン・マッカーナンさん、American Thought Leadersにご登場いただきありがとうございます。

ケビン・マッカーナン

ありがとうございます。とても重要なテーマなので、取り上げていただけてうれしいです。

ヤキレック

あなたは、コビッド遺伝子ワクチンの中身について、実に素晴らしい研究をされていますね。最近ではSV40、つまりシミアンウイルスのプロモーターのことが話題になっています。なぜ私たちはそこに飛び込まないのですか?これはとても重要なことで、AP(Associated Press)のファクトチェックが必要でした。APの評価では、ワクチンにシミアン・ウイルスのSV40が含まれているというのは誤りだということです。

公衆衛生当局者とソーシャルメディアの投稿の多くに引用されている研究の主任研究者は、政府の規制当局によって承認された予防接種にはサル・ウイルスのDNAは含まれていないと述べています。COVID-19ワクチンの中には、シミアンウイルス40に由来するDNA分子を利用しているものもあるが、それはウイルスそのものとは違いますし、その分子は癌を引き起こすものではない。あなたはどうお答えしますか?

マッカーナン

私たちはこの件についてプレプリントを出しましたが、ワクチンにウイルス全体が含まれているとは言っていません。私たちは、プロモーターとエンハンサーとオリジンがポリAシグナルとともに含まれていると述べました。まるで、AP通信が藁人形論法で、言ったこともないことを論破しようとしているかのようです。それが私の最初のコメントです。

私の2つ目のコメントは、彼らはこれががんを引き起こすものではないと主張しようとしているということです。FDAのキース・ペデンによって書かれたガイドラインがあり、ワクチンに含まれるDNAの量を規定しています。FDAの答えは、キース・ペデンの研究結果を見ることです。DNAの統合に対する懸念から、ワクチンに含めることができるDNAの量に制限があるのです。

AP通信がここでおそらく調べるべきは、キース・ペデンがこれらのワクチンにどれだけのDNAを含めることができるかを評価した時期であることを付け加えておきます。DNAが脂質ナノ粒子に入っている可能性を考慮していません。また、DNAが細胞核に到達するのを助けるような特定の配列を持っているかどうかも考慮されていません。

つまり、ワクチンに含まれるDNAは、当時の情報よりも核に到達してゲノムに統合される可能性が高いということです。この規制が制定された当時は、ワクチン中のDNAは宿主細胞のDNAであると想定されていました。

その結果、どのような宿主細胞株を使うにせよ、背景となるサルのDNA、あるいは背景となるヒトのDNAが存在することになります。しかし、ここでは全く異なることが起こっています遺伝子治療で使われる有名なプロモーターが、LNPを通して注入されるワクチンの中にあるのです。そして、DNAを核に送り込むシグナルがあります。

キース・ペデンが10ナノグラムというDNAの限界値を提唱したときには、このようなことは予想されていなかったと思います。しかし、FDAのガイドラインの基準値よりリスクが高いことは確かです。

ヤキレック

あなたがおっしゃったことを単純化したいと思います。どうしてそのようなものが癌の原因になるのですか?そもそも細胞の中に入り込んでしまうからです。そのプロセスを説明してください。何が癌の原因になるのでしょうか?遺伝子ワクチンを接種した人に、いわゆるターボがんや希少がんの発生率が高いことが分かっています。人々が疑問に思っているシグナルがそこにあるのです。

マッカーナン

ボブ・ワインバーグはこの分野で多くの仕事をしています。彼は、がんの原因となるゲノムへのウイルス組み込みに関する本を書いています。腫瘍の塩基配列を調べると、多くの腫瘍でSV40ウイルスや他のウイルス由来のSV40DNAの塩基配列が見つかります。ウイルスはしばしばゲノムの中に組み込まれ、ゲノムを破壊することが知られています。

懸念されるのは、このDNAがゲノムに組み込まれた場合、SSV40の塩基配列の一部がSV40プロモーターとなり、非常に強力なプロモーターとなることです。これがたまたまがん原遺伝子の前に位置し、既知の遺伝子を大量に発現させることになれば、もしその遺伝子が過剰に発現し、細胞をがん化させるのであれば、DNAが実際にそのようなことを行っているのではないかという懸念があります。

懸念は2つあります。このワクチンにはSV40からのプロモーターと、デビッド・ディーンがDNAを核内に移動させる非常に強力なツールであることを示した72ACE対エンハンサーがあり、これらは互いに隣接しています。このDNAが核内に移動し、プロモーターを引きずって遺伝子の前で統合すれば、遺伝子の制御が乱れ、発がんにつながる可能性があります。

とはいえ、現在人々が目にしているターボ癌の影響は、これだけが原因ではないかもしれません。今、ガンが増えているのは確かです。人々はこれをがん検診の減少のせいにしようとしています。しかし、今、私たちが頻繁に目にしているがんは、従来から検診を受けているがんではありません。

それが答えだとは思いませんが、潜在的なDNA統合のリスクはあります。また、ファイザー社の試験で見られたように、リンパ球減少や好中球減少を引き起こすリスクもあります。これは白血球のことです。ワクチン接種後、患者さんは白血球が減少します。白血球は、がん細胞のような悪さをする細胞を排除するために必要なのです。

3つ目は、スパイクプロテイン自体が核に到達し、p53やBRCA1の制御を乱す可能性を示すいくつかの論文があることです。BRCA1は乳がん遺伝子として知られていますが、p53もまたゲノムの守護神です。

これらの遺伝子は、壊れたり統合されたりしたゲノムを掃除する遺伝子です。壊れた塩基系列をきれいにするものです。白血球の減少とスパイク・プロテインが、この種の問題を一掃する遺伝子を阻害することで、これら3つの統合リスクが高まる可能性があるとすれば、これらの組み合わせが、現在私たちが目にしている癌の増加に関係していることは間違いないでしょう。

ヤキレック

脂質ナノ粒子について簡単にお話ししましょう。脂質ナノ粒子は体内の障壁を通り抜けるのに非常に優れていますが、毒性もあります。脂質ナノ粒子の役割はあるのでしょうか?

マッカーナン

その可能性もあります。マーク・ギドは、上皮へのトランスフェクションが何をもたらすかについて、非常に興味深い研究を行っています。このプロセスに過度の負担をかけると、多くのリーキー膜が形成され、多くの副作用を説明することができます。両試験に欠けているのは、ビヒクルコントロールを実施しなかったことです。その場合、人々に何が起こるのでしょうか?

その答えはまだわかりません。というのも、今から1年後には、スパイクプロテインは悪いアイデアだったという科学的なコンセンサスが得られているでしょうし、別のタンパク質に切り替えたり、このプラットフォームを使ってRSV(呼吸器合胞体ウイルス)やインフルエンザを攻撃すべきかもしれません。

LNPだけでは毒性がわからないのであれば、それは危険なアプローチかもしれません。このトランスフェクションが呼吸器系ウイルスを撃退する良い方法なのかどうか、本当に理解する必要があります。多くの人が、これは呼吸器ウイルスを阻止する恐ろしい方法だと主張しています。本当に必要なのは鼻粘膜の免疫であり、注射で鼻粘膜の免疫を効果的に獲得することはできません。LNPを全身に投与することになり、注射のリスクが生じます。

バイヤーの分布調査から、LNPの一部が卵巣に到達していることがわかっています。LNPの1%が卵巣に到達するとすると、1回の注射で400億個が卵巣に到達することになり、4億個が卵巣に到達することになります。これで本当に心配になってきましたね。各女性に30万個の卵母細胞しかなく、そこに4億個のLNPがあるとしたら、この数字は心配です。将来の世代の生殖細胞系に何をしようとしているのでしょうか?

ヤキレック

明らかに、これは現時点では非常に未知のものです。基本的に、このような影響はあり得ないと言われていますし、そうでなければこのようなワクチンは開発されないでしょう。そう読み取れますか?

マッカーナン

不可能だと言われていたことが、実はそうではなかったということがたくさんありました。生物学的分布試験をもっとやってほしいですね。生物学的分布の研究は、注入されたmRNAで行われたわけではありません。ルシフェラーゼmRNAと呼ばれる模擬mRNAを用いたのですが、このmRNAは必ずしも長期間にわたってこれを検出するのに最適なシグナルを与えるとは限りません。

また、これらの生物学的分布研究は、非常に短い期間にわたって行われました。もちろん、現在では28日後の血漿中にもmRNAが検出されていますし、母乳中にも検出されています。4カ月後には単球にスパイクプロテインが検出されています。生物学的分布の研究では、このタンパク質がどこに、どれくらいの期間作用するのか、十分な期間追跡していませんでした。

また、どの程度排泄されるのかも調べていません。例えば、半分が尿や糞便から排泄され、残りが組織を通って移動したとします。彼らはそれをしませんでした。彼らは短期間に見つけられたものを調べただけなのです。すべての分子がどこに移動したのか、完全な説明はできていません。

ヤキレック

具体的に分かっていることをお話ししましょう。そもそもなぜSV40プロモーターとエンハンサーが存在するのか、説明してください。

マッカーナン

SV40プロモーターとエンハンサーは、ある遺伝子を非常に積極的に発現させるために、バイオテクノロジー業界でよく使われるツールです。この場合、ファイザー社はネオマイシン耐性遺伝子の前にこのプロモーターを置いています。このプラスミドを大腸菌で増殖させるためです。大腸菌は30分ごとに2倍に増えるので、大腸菌を一晩培養すれば大量のDNAが得られます。その後、大腸菌からDNAを精製してRNAを作ります。

大腸菌からDNAを精製しきれないと、エンドトキシンやリポ多糖類(通常はLPSと略される)と呼ばれるものが残ってしまう危険性があります。これはファイザーが引き受けた追加リスクです。モデルナはSV40を使っていませんが、よく似たことをしています。彼らはプラスミドDNAを増幅するために大腸菌を使っており、このようなリスクもあります。

わかっているのは、どちらの注射にもDNAが残存しており、このDNAは規制値のすぐ上か、10倍以上であるということです。私たちのデータでは、FDAの基準の10倍以上です。EMAは、比率測定基準という別の基準を持っています。RNAとDNAの比率を見ると、さらに悪い。実際の結果は、私たちが知る限り、規制で求められているものから17倍から80倍の開きがあるようです。

私はファイザーの文書しか見たことがありませんが、彼らがこれを測定して規制当局にデータを提出する際、RNAとDNAを測定するために2つの異なるツールを使っています。これは彼らが帳簿をごまかすための仕組みです。

そのようなことはすべきではありません。DNAとRNAの両方を測定できるqPCRのようなツールがあるのに、その代わりにRNAを量子ビットや蛍光光度計のような蛍光で測定し、DNAをqPCRで測定しているのです。そうすることでRNAの量を増やし、DNAの量を減らして、何が起こっているのか誰にも理解されることなく、規制要件をクリアすることができるのです。

DNAがあることは分かっています。SV40の成分があることは分かっていますが、ウイルス全体ではありません。それは規制レベルかそれ以上です。ファイザーはEMA(欧州医薬品庁)にSV40の情報を開示しませんでした。SV40サイトを除いたすべての特徴をラベル付けしたプラスミドマップを渡したのです。

SV40部位がワクチン分野で非常に議論の的になっていることを知っていたからです。ポリオワクチンは、これらの小さな構成要素だけでなく、完全なウイルスで汚染されていました。完全なウイルスには5,000以上の塩基があります。私たちが持っている成分はウイルスの466塩基程度ですが、ウイルスのゲノムの中で複製や遺伝子発現に最も機能的な部分であることは間違いありません。

これがEMAにあることを隠していたことが懸念されます。デビッド・ディーンの研究から、遺伝子治療ツールとして使用されていることが分かっています。ですから、多くの管轄区域で定められている遺伝子治療規制のもとでは、ワクチン中の残存DNAは明らかに分類されるでしょう。

ヤキレック

ワクチンがどのように作られるのか、そのプロセスについて議論する良い機会だと思います。私たちが注目しているのは、体内に注入する合成RNAを作る過程で残留するDNAです。実際にそこにあるはずのものではありませんが、それを作るプロセスの一部なのです。それを説明していただけますか?

マッカーナン

このトピックについては、本当に良い論文があります。たった2ページですが、ぜひ皆さんに読んでいただきたいと思います。Retsef LeviとJosh [inaudible]によるもので、BMJ誌に掲載されました。彼らは、このシステムがどのようにスケールアップされるかを説明しました。両社とも、まずプロセス1製造と呼ばれるものから始めました。PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)を使って、RNAにしたいDNA断片を増幅するのです。

DNAの断片ができたら、RNAポリメラーゼのような酵素を使ってDNAをRNAに変えることができます。そうやって臨床試験用のRNAをすべて作っていたのです。しかし、それでは規模が大きくなりません。大腸菌が複製してくれる環状DNAであるプラスミドにDNAを入れれば、毎週PCRを繰り返してパイプラインをDNAで満たす必要がなくなります。大腸菌を培養するだけです。

しかし、大腸菌にPCR反応を行わせるためには、抗生物質耐性遺伝子を入れ、抗生物質の存在下で大腸菌を増殖させ、増幅したいDNAを持つ大腸菌だけが複製されるようにしなければなりません。これは、プラスミド中の抗生物質耐性遺伝子を用いて選択を行うプロセスとして知られています。

その結果、DNAの断片はPCR工程で4,000塩基だったものが、今では2倍の大きさに成長しています。正確には7,800塩基です。

前にも述べたようにSV40の構成要素のDNAがあり、抗生物質耐性遺伝子があります。T7プロモーターもありますし、他にもポリAシグナルがいくつかあります。しかし、その材料で臨床試験を行うことはありませんでした。臨床試験はこのPCRプロセスで行われ、臨床試験後に新しいプロセスに切り替えたのです。

大きなおとり商法が行われているのです。このことをユーザーが理解することは本当に重要です。大腸菌がDNAを増幅する過程では、大腸菌からDNAを取り出さなければならないため、本質的にリスクが高くなります。なぜなら、DNAを大腸菌から取り出さなければならないからです。また、大腸菌の内毒素を持ち込む可能性もあります。

内毒素は注射をするとアナフィラキシーを引き起こすものです。このようなものを注射された後、カメラに映った多くの人が倒れていました。これはどの規制当局にとっても赤信号です。試験にはなかったエンドトキシンが導入され、注射を受けた人々がテレビで失神しているのです。VAERS(Vaccine Adverse Event Reporting System:ワクチン有害事象報告システム)のシステムには、製造変更中に起こった事象がはっきりと記録されています。

VAERSは252人の患者を対象に、製造工程1と製造工程2について調査しました。数学が少しわかる人なら、4万4千人の患者数に比べれば、252人というのは大した数ではありません。このような小規模な研究で、252人に1人以下の割合で発生する有害事象を見つけることはできないでしょう。このプロセス1とプロセス2は、人々に理解してもらうために本当に重要です。なぜなら、規制当局が将来的にこのようなことを許すわけにはいかないからです。

そういうものなのです。DNAが大腸菌の外に出れば、うまくいけば内毒素はすべて取り除かれるでしょう。そしてそのDNAにRNAポリメラーゼをかけ、ワクチンの材料を作るのでしょう。RNAができたとしても、DNAのバックグラウンドは取り除かなければなりません。

通常、DNAバックグラウンドを取り除くには、ヌクレアーゼやDNAセと呼ばれるDNAを噛み砕く酵素を入れます。しかしEMAは、ファイザー社がこのプロセスの結果を報告した際、DNAをどれだけ効果的に破壊しているかに815倍のばらつきがあることを指摘しました。

これを数千のバイアルに拡大し、多くの異なるロットにすれば、ばらつきはそれよりも大きくなる可能性があります。ファイザーはロットの一つにアスタリスクを付け、異なるDNAストックを使用したため、1ミリグラムあたり815ナノグラムになったと述べています。しかし、その1つのアスタリスクの先では、他のロットの間で211倍のばらつきがあったのです。

DNAseを除去するこのステップにばらつきがあることは知られています。EMAは実際にそのことを指摘し、明らかに問題があるため、このプロトコルをより明確にする必要があると述べています。EMAにデータを提出するために使用している測定方法は、帳簿をごまかしているのではないでしょうか。RNAの測定には、DNAの測定とは異なるアッセイ法を使っているのです。

RNAの値を上げ、DNAの値を下げることで、EMAがあたかもすべてが正常であるかのような情報を受け取ることができるようにするためです。DNAシーケンシング、オックスフォード・ナノポア、イルミナ、qPCR、RT qPCR、Qubits、UVスペックなどです。アジャイル・テープ・ステーションも使いました。実際、この蛍光光度計の方法を除いて、すべての方法で限界を超えています。

この蛍光光度計の方法は、何よりも素材を誇張しています。RNAを誇張するために使っているのです。qPCR測定は何よりも低い答えを与えてくれます。彼らは帳簿をごまかすために使用する道具を選び、おそらく関係するすべての方法を知らない規制当局に提出しようとしているのです。彼らはただ数字に合わせ、規制の言うとおりにしているだけなのです。しかし、どのように製造され、どのように測定されているかを知ることは重要です。どのように作っているかについては、両側から批判があります。どのように測定しているのかは、もっと精査されるべきことです。

ヤキレック

このようなアッセイや測定方法を実際に試してみて、このような結果が出たということですか?というのも、基本的には、さまざまなものを試してみて、たまたま最も良い結果が出たものを使っているということですよね。それは当初からの計画だったのですか?

マッカーナン

いいえ、それは私の計画ではありませんでした。それよりも、このトピックは放射能に汚染されているため、手をこまねいているわけにはいかなかったのです。しかし、最初にある方法からデータが戻ってきたとき、それは本当に本当に低いものでした。イルミナシーケンスを行った際、その数は非常に少なかったのですが、私たちが使ったのはRNAシーケンスを行うツールで、DNAシーケンスはあまり好ましくないため、偏った見方をしてしまったのです。私たちには長いサブスタックがあり、そこでは継続的な査読が行われているため、実に生産的です。多くの人が批評をして、「UVスペックやゲルのような他のものを使うべきだ」と言いました。私たちはそれを実行し、その後、数値はチャートから外れて本当に高くなりました。私たちは、「ちょっと待ってくれ。もっといろいろなツールを使わないと。これはあまりにもバラバラすぎる」と。そして、他のすべてのことをやり始めました。

その過程でわかったのは、ファイザーも他のすべてのことをやっているということです。EMAのデータを見ると、彼らはイルミナシーケンスとRNAシーケンスを持っていますが、規制当局にはそれを渡していません。私たちがEMAに提出した文書から抜粋した文言には、プラスミドの塩基配列をイルミナのRNA塩基配列で検証したというものもあります。

つまり、ワクチンのRNAをシーケンスしようとしたところプラスミドが現れ、RNAシーケンスからプラスミドのシーケンスを確認できたということです。つまり、彼らはこのコンタミネーションを確認できたのですが、そのデータをEMAに提出しなかったのです。彼らはRNA配列決定を行ったと述べただけでした。RNAの量を測定しようとしたとき、私たちはこの別の方法を使うことにしました。おそらく、EMAはこれらの方法をすべて隠蔽しており、規制当局が必要とする答えが得られるものを選んでいるのでしょう。

ヤキレック

このRNAを作り出す醸造酒に含まれるエンドトキシンは、どうやって取り除くのですか?

マッカーナン

というのも、RNAやDNAを分離しようとすると、エンドトキシンが混入しやすいからです。DNAやRNAを分離しようとすると、この物質が混入しやすいからです。これを取り除くのは実は簡単なことではありません。ジェフリー・ペインがツイッターでさまざまな方法を紹介しています。どのように精製し、どのように測定しているかを知ることは重要です。

現在行われている測定方法は、最も正確な測定方法ではありません。従来はカブトガニの血液検査で測定していました。LAL法と呼ばれるものです。このエンドトキシンの存在下で実際に凝固しやすくなる成分をカブトガニの血液から採取します。

エンドトキシンが存在するときのカブトガニの血液の凝集度を測定することで、その量を推定することができるのです。質量分析法を使ったもっと良い方法が発表されています。その方がより適切な測定方法でしょう。ジェフ・ペインがよく持ち出す2つ目の問題があります。それは、スパイクプロテインには、エンドトキシンに起因する炎症を誇張するという文献が発表されているということです。

スパイクプロテインを注射していない人に対する規制は、おそらく正しかったのでしょう。私たちは、注射剤にどれくらいの量が実際に許容されるのかを再検討しなければなりません。彼の研究を見ることをお勧めします。彼は素晴らしいサブスタックを持っていて、誰よりもエンドトキシンの問題を掘り下げています。

しかし、血漿をずっと扱ってきた研究者としては、血漿DNAを含む注射剤が発売されたときに一番心配なのは、血漿DNAのことではありません。

エンドトキシンは急性反応を引き起こすという点で、より直接的な脅威であり、15分以内に起こるアナフィラキシー反応を引き起こすものです。アナフィラキシー反応は15分以内に起こります。それが起これば、もしかしたらガンになるかもしれません。ごくまれに、あるいは長期間にわたって起こるものですが、15分以内にそのような大規模な反応が起こるようなものではありません。

DNAを注射するとインターフェロン反応が起こるという証拠がいくつかあります。血栓促進作用を示す論文もありますが、このワクチンを接種している最中にカメラの前に倒れ込むようなものではありません。エンドトキシンはその条件に適合し、プラスミド製剤を汚染することが多いのです。

ヤキレック

このエンドトキシンの量は、製造工程が急ピッチであるため、バッチによって異なることが想像できます。そのため、信じられないほど高温になるバッチもあれば、まったくならないバッチもあるのです。

マッカーナン

ええ、私たちのデータの限界を知ってもらうことは重要ですから。私たちが調べたバイアルは、1,2カ月前に発表された論文でシュメリングらが説明した、この種のロット格差を示したバイアルではありません。私たちが調査したバイアルは、有害事象が特に多いというわけではありません。

そのようなロットを調査し始めると、エンドトキシンやDNAの混入が多くなったり、LNPのサイズが異なったりする可能性があります。何が起こっているのかを理解するためには、ここで測定しなければならないことがたくさんあります。しかし、現在までのところ、私たちは主に「私のロットはどのくらい悪いのか」というウェブサイト上で低い値を示しているロットのシーケンスを行っています。

ヤキレック

あなたが発表したものの中にはプラスミドDNAに関するものもありました。あなたは、完全なプラスミドもあるかもしれないが、あなたが見たのはプラスミドの断片であると言いました。断片と完全なプラスミドの違いは何ですか?もし完全なプラスミドDNAがあったとしたら、それは何を意味するのでしょうか?

マッカーナン

それは重要なポイントです。今日私たちが目にしているものは、実はほとんどが断片化されたものです。実は昨日、私たちが行ったオックスフォード・ナノポア・シーケンスをライブで公開しました。プラスミドのサイズは約7800塩基で、通常は環状です。もしDNAが環状のままであれば、さらにいろいろなことが考えられます。その場合、抗生物質耐性遺伝子をバクテリアに導入することになり、別の混乱が起こる可能性があります。

つまり、細胞が分裂するたびに、そのDNA断片を染色体とみなしてコピーし、それ以降、すべての細胞株にプラスミドを再導入するのです。

断片化されていると、そのようなことが起こりにくくなります。すべての遺伝子のオープンリーディングフレームが完全に揃っているわけではありません。断片化されると、別のリスクがあります。統合されやすくなりますが、完全なスパイクプロテインや完全な抗生物質耐性遺伝子をコードしているとは限りません。その一部しかコードしていないかもしれません。

とはいえ、オープンリーディングフレームというものがあります。オープンリーディングフレームとは、開始コドンと終止コドンを持ち、完全な遺伝子をコードしているDNAの一部です。ファイザー社のワクチンは、非常に大きなオープンリーディングフレームが2つあり、1つはスパイクプロテインをコードしているという点で非常にユニークです。スパイクプロテインを逆から読むと、1,252アミノ酸のオープンリーディングフレームがあります。

DNAが統合されれば、たとえ断片化されていても、オープンリーディングフレームが作られる可能性は非常に高くなります。実際、統合されれば奇妙なペプチドを作ることができます。しかし、多くの場合、組み込まれること自体が問題なのです。特定の遺伝子に組み込まれると、その遺伝子が壊れたり、その遺伝子に問題が生じたりします。私たちはBRCA1でこのことを経験しています。BRCA1はイントロンのひとつにAluエレメントが組み込まれています。

これはウイルス由来の繰り返し要素で、私たちのゲノム全体に複製されます。BRCA1の遺伝子が癌においてどのように作用し、どのように変化するかについては、様々な文献があります。統合のリスクは深刻な懸念です。しかし、その頻度や、実際に起こっているかどうかの証拠はありません。

これが欠けている点です。DNAがLNPにあることは分かっています。核局在シグナルがあることはわかっていますが、それが統合しているのかしていないのかを証明するデータはありません。おそらくPCR法でスクリーニングされ、実際にDNA断片が浮遊していることが確認された患者さんについて、さらにシークエンシングを行う必要があります。もしそのような患者が見つかったら、そのDNAがゲノムに組み込まれているかどうかを調べるために、その患者の組織の塩基配列をもっと詳しく調べる必要があります。

ヤキレック

ここで、非常に高い視点から見てみたいと思います。スパイクプロテインはオープンリーディングフレームで、その逆のタンパク質(反対の鎖)もオープンリーディングフレームです。これが何らかの形で統合されると、何をするのか誰も知らない、ただシステムを混乱させるだけの、とんでもなく長いタンパク質ができることになります。そういうことですか?

マッカーナン

ええ、懸念されるのは、DNAの一部がヒトゲノムに組み込まれた場合、遺伝子に組み込まれ、ヒト遺伝子を壊す可能性があるということです。しかし、ジャンクDNAに組み込んだとしましょう。それは問題なのでしょうか?重要なのは、実際にプロモーターとオープンリーディングフレームがあり、そこにゲノムがジャンプしてタンパク質を作る場合だけです。そうすれば、それは外来タンパク質となり、あらゆる種類の自己免疫を作り出すことができます。私たちはワクチン内にオープンリーディングフレームを余らせたくないのです。

ワープ・スピード・プログラムで行われたコドンの最適化では、これが見落とされていたのです。スパイクプロテイン配列のコドン最適化を成功させ、逆方向もオープンリーディングフレームであったというのは、実に驚くべきことです。これは非常に難しいことです。コドン最適化でやりたいことは、後者のことが起こらないようにすることです。コドンを変更するのであれば、反対側の鎖に新しいオープンリーディングフレームを導入しないようにスキャンしたいのです。

ヤキレック

逆向きのタンパク質が実際に何をしているのか、調べた人はいますか?

マッカーナン

いいえ。ブラストしてみました。NCBI(National Center for Biotechnology Information:米国生物工学情報センター)で調べても、このタンパク質がいったい何なのかという情報はあまり見つかりません。私の知る限りではコザック・コンセンサス配列はありません。コザック・コンセンサス配列とは、翻訳を開始するリボソーム結合部位のことです。しかし、もしこれが何らかの理由でゲノムのリボソーム結合部位の隣に統合されれば、それは満たされたことになります。

そうなると、オープンリーディングフレームを気にしなければなりません。同様に、遺伝子の途中に組み込まれた場合は、新しいオープンリーディングフレームが別のエクソンとして導入されることになります。この場合、必ずしも遺伝子の5プライムや3プライムのすべてが必要なわけではありません。統合の際に問題が生じるのは、完全な遺伝子である必要はないのです。

これが何をするのかはわかりません。なぜそこにあるのかもわかりません。とても奇妙です。まず第一に、私はコドンの最適化を行っていません。ウイルスは宿主の中でどのように複製し、宿主を殺さないようにするかの適切なバランスを見つけ出したのです。

コドンを変化させ始めると、生化学のすべてが変化し、患者の体内でより多くのタンパク質を作ることができるようになります。このようなものを注射された人の体内では、より多くの有毒なスパイクプロテインを作ることができるのです。ウイルスは正しいコドンを見つけ出したのです。しかし、人間は自分たちの方が賢いと思い込み、これらを最適化することにしたのです。ワープスピードのプログラムでこのようなことをすると、このようなアーティファクトが発生するのです。

ヤキレック

オープンフレームを両方向に存在させるのは難しいというのが私の正しい理解でしょうか?それは偶然だと思いますか?

マッカーナン

この方法で成功したのなら、それはまれな偶然であることでしょう。しかし自然界では、このように重なり合ったオープンリーディングフレームを見ると、通常はせいぜい100アミノ酸に制限されています。これは逆に1,252アミノ酸。ご存じない方のために補足しておくと、スパイクプロテインは1,273個です。

片方の鎖には1,273個のアミノ酸がコードされています。一方の鎖には1,252個のアミノ酸があり、終止コドンはありません。スパイクプロテインはプラスミドに含まれるベクターの約半分なので、統合されるDNAはその約半分です。その半分のDNAには終止コドンがないので、組み込まれるとオープン・リーディング・フレームを作りやすいのです。

ヤキレック

他のタンパク質が作られていることは知りませんでした。

マッカーナン

はい、この件に関しては、誰かが論文を発表していますので、そちらをご参照ください。最初の著者の名前を忘れてしまったのですが、ジェームズ・ライオンズ=ワイラー(James Lyons-Weiler)のSubstackに載っているかもしれません。彼が最初に指摘してくれたんです。ワクチンの塩基配列が戻ってきてから、私はそれを検証しました。ORF(オープンリーディングフレーム)を見つけるシンプルなツールを使えば、ワクチンの上に2つの異なるORFを描くことができます。私のツイッターとSubstackにその写真があります。

そうです。多くの人が「一本鎖RNAを作るのなら気にする必要はない。一本鎖RNAができれば、もう一方の鎖は存在しないんだから」しかし現在では、二本鎖DNAが存在することがわかっています。最新のオックスフォード・ナノポア・シーケンスはDNAの断片を示しています。平均的な大きさは214塩基ですが、ワクチンの中には3,500塩基の断片があります。

私たちは小さな物質を優先的に配列するツールを使っています。私たちが使っているツールでは、大きなものはあまりサンプリングしていません。3,500塩基より大きな断片が含まれている可能性があります。十分に深く配列し、より多くのバイアルを配列すれば、全長のプラスミドがあるかもしれません。

ここで、バイアル瓶の不均質性についての先ほどのご指摘に戻ります。つまり、この材料を大腸菌に入れて、大腸菌内で自己複製させることができるのです。一度試してみたことがあるのですが、コロニーができたものの、シークエンスの検証はできませんでした。それを繰り返しましたが、コロニーは見られませんでした。バックハウス博士も試しました。彼はコロニーを得られませんでした。大腸菌で複製されるようなプラスマは、私たちが調べた数本のバイアル瓶からは見られませんでした。

バイアル瓶のプラスミドのほぼ半分の長さのDNA分子が確認されており、全長のプラスミドを持つバイアル瓶が存在する可能性があります。まだ見つかっていないだけです。このオープンリーディングフレームというのは、よく考えなければならない問題です。私たちは今、二本鎖DNAがそこにあることを知っています。初期にそれが否定されたのは、誰もが「そんなことは関係ない。一本鎖のRNAを注入しているのだから。「もう一方の鎖は存在しない」と。しかし、今では(そうではないことを)私たちは知っています。

ヤキレック

大きな問題は、DNAが持続するということです。しかし、ここでRNAについて話しているとき、もうひとつ見落とされがちなのは、これらの遺伝子ワクチンに含まれるものは実際にはRNAではないということです。シュードウリジンを含む合成産物なのです。このことは、RNAを刹那的なものではなく、より長持ちさせ、何度でも使えるものにすることが目的なのですから。

マッカーナン

シュードウリジンとN1メチルシュードウリジンはわずかに異なりますが、人々は時々、これらを省略形として同じように使用します。しかし、これらは自然に存在しますが、RNA内での頻度は非常に低いです。ほとんどの哺乳動物のRNAでは1%未満で、主にsnoRNAやtRNAに存在します。今私たちが持っているのは、基盤の100%が変更されたmRNAです。1%のようなものではなく、すべてです。

ファイザーのワクチンには、約800のシュードウリジンが含まれています。これにより、RNAが速やかに分解されることが防がれます。RNAを注入した際に免疫系がそれを瞬時に破壊し、RNAが効果を持たなくなるのを防ぐのが難しかったため、この方法を採用しました。RNAが通常分解・破壊する酵素を回避するようにRNAを変更することで、多量のスパイクプロテインが生産されるようにしました。

それにもかかわらず、彼らはこれらの変更を行ってRNAが速やかに分解されないように保証したにも関わらず、それが24時間で消失すると言いました。ここには二重の基準が存在し、それは説得力を持ちません。現在、28日後にも人々の血漿からこの物質をシーケンスできると示すデータを持っています。母乳の研究も、それが母乳を介して体内に入ることを示しています。

私たちは細胞内における多くの生化学的なプロセスについて十分に理解していません。特に細胞内の経路に関してです。通常のウラシルをシュードウリジンに変換し、さらにN1メチルシュードウリジンに変換する酵素が存在します。これは3段階の経路のようなもので、ウラシルをシュードウリジンに変えるシュードウリジン合成酵素という酵素があります。そして、誰かが発見したもう一つの酵素がシュードウリジンをメチル化してN1メチルシュードウリジンに変えます。

このプロセスを逆転させる酵素を見つけるうまい仕事をしてきたわけではありません。もしあなたが細胞にこれらのmRNAを1,000個注入すると、LNP内で起こっていることのおおよその状態になり、最終的には800,000のN1メチルシュードウリジンがリサイクルされる必要があります。これらをリサイクルする経路を完全に研究していないし、特定の最終生成物をこれだけ多量に細胞に供給すると、シュードウリジン合成酵素経路に何が起こるかもわかりません。

私たちがマウスで見るシュードウリジン合成酵素のノックアウトを探ると、これらの遺伝子を取り除くとあらゆる種類の混乱が起こります。このような大量の修飾ウラシルを操作することは、それが何をもたらすのか未知の領域です。

このことが引き起こす2つ目の問題は、これらのmRNAの塩基を変えると、リボソームがそれらを少し異なる方法で読むようになることです。なぜなら、今あなたは音節を使用しているからです。

というのも、塩基が変わることで、リボソームが読み取るコドンが変わってしまうからです。同じものをコードする同義コドンでも、塩基が違うものを使うのです。リボソームがN1メチルシュードウリジンを読み取ろうとする際に、このようなコドンに躓き、翻訳エラーが増えることがあるのです。特にフェルナンデスらの論文では、終止コドンを通り抜ける傾向があることを示しています。これは終止コドン・アブレーション(除去)と呼ばれています。

遺伝子を作るのを止めるはずの終止コドンにたまたまN1メチルシュードウリジンがあると、それを飛び越えてフレームシフトし、さらにタンパク質を作り続けるのです。これが私の常に抱いていた懸念点で、ファイザーが示しているウェスタンブロット(タンパク質のブロット)では、そのmRNAがどのようなものを合成するのかを示すために、それらのゲル上のバンドは正しいサイズではありません。それらは本来あるべきものよりも長い、つまり何かが大きいです。それはグリコシル化されているか、それに更に多くのアミノ酸が付加されているかですが、彼らは規制当局にそのmRNAから得られるアミノ酸の製品が何であるかを示したことがありません。

彼らは単にコドン表を示し、「これを修正し、これをコドン最適化し、このコドン表を見て、おそらくこのタンパク質を合成しているだろうと信じるべきだ」と言っているのです。彼らは実際にタンパク質の配列決定を行い、実際の組織内で彼らのmRNAを発現させるときに何が起こるかを証明すべきでした。

今日公になっているすべてのデータからそれは欠けています。これらの修正されたmRNAの翻訳の忠実度を我々は知らないし、変異ペプチドを作っているのかどうかもわからない。しかし、Bruce Pattersonの研究室からのいくつかの証拠では、彼がワクチン接種を受けた人々の中で変異したスパイクプロテインを検出していますが、長期的なコロナの患者では検出していません。私はBruceがこれらの修正されたヌクレオチドを使用して翻訳の忠実度に問題があるという証拠を発見したと感じています。

ヤキレック

良い情報がないだけで、問題があることは分かっているところがたくさんあります。

マッカーナン

ええ、そうですね、立証責任が逆転しているように思えます。何らかの懸念があることを示唆する証拠を持ち込んでも、「まだ臨床試験を経ていないじゃないか」と一蹴されてしまうのです。ここにはいくつかの非対称性があります。

ヤキレック

そもそも、なぜスパイクを選んだと思いますか?

マッカーナン

なぜ彼ら全員が同じ配列に焦点を当てたのかという疑問は、少し不可解です。モデルナとファイザーの間で、スタートコドンから終止コドンまでのアミノ酸配列はほとんど同一です。私はこれには常に驚いていました。現在、実際のタンパク質配列をコード化するための異なるDNA配列を使用していますが、実際のタンパク質配列は同じです。両方ともこれらの2つのプロリンの変化を持っており、長さも同じです。

振り返ってみると、彼らを批判するのは簡単で、「見て、スパイクはこれらの問題を抱えているように見えるので、大きな間違いを犯した」と言うことです。しかし、彼らの努力に対する有効な批判は、彼らがどれだけ必要かを本当に知らなかったということでした。彼らの用量の研究は3つの用量を見ていました。なぜ私たちはこれらのものを4兆もの人々に注射しているのでしょうか?

なぜ免疫システムは免疫反応を構築するためにこれほど巨大なペイロードを必要とするのでしょうか?免疫システムや予防接種の全体的な目的は、非常に非常に少量の何かを与えることです。免疫システムはそれを見て、それを認識し、その病原体の少量に対する反応を増幅する準備をします。しかし、私たちはこの物質をとんでもない量で注入しています。

私たちはそれを何度も何度も何度も繰り返して行っていますが、うまくいっていません。これらはすべて、何かがひどくおかしい兆候です。あなたの体には30兆もの細胞があり、あなたの体の各細胞には1つ以上のRNA分子があります。なぜこれだけの量が必要なのでしょうか?

2つ目のこととして、ここで取り扱っている呼吸器ウイルスの死亡率は誇張されています。これは、オミクロンのような呼吸器病原体のために私たちが検討すべきものでしょうか?パンデミック全体での過剰死亡を見ると、多くのものは人為的なものであるという強力な議論があります。治療プロトコルをキャップリスに変更し、人々を人工呼吸器につなげ、抗生物質を取り去り、レムデシビルを使用する。これは、パンデミックのパニックフェーズ中に集中していた死亡の大部分を占める可能性のある医原性の死でした。その後、オミクロンが現れ、我々は普通の風邪のように見えるものを持っています。

私たちは今、長期的な影響をすべて理解しているわけでもないのに、ワクチンについて多大なリスクを負っているのです。ジョン・ヨアニディスいわく、インフルエンザのようなものを扱っているのです。私たちは、インフルエンザのためにこのようなことを考えたことはないでしょう。

最後に付け加えると、何年も前に中国のHe博士が2人の赤ちゃんにゲノム編集を施した事例があります。彼は2人のCRISPR(クラスター規則的反復配列ショートパリンドローム)の赤ちゃんを作りました。彼は刑務所に入りました。しかし今日、私たちは何十億人もの人々にそのようなリスクを負わせることを厭いません。も

ちろん、CRISPRはより効果的であり、生殖細胞でそれを行えば、その子の体内のすべての細胞に影響を及ぼすことは明らかです。このようなワクチンを注射しても、おそらく子供の体内のすべての細胞に影響を与えることはないでしょう。

しかし、もしワクチンで幹細胞や生殖系列細胞を攻撃し、統合現象が起きれば、事実上、あの男がやったようなことになり、刑務所に入れられることになります。この5年間に生物医学界で起こった倫理的崩壊には、本当に驚かされます。このようなことが起きたのは、ワクチン製造に莫大な資金が投入されたからにほかなりません。

ヤキレック

生殖細胞系に入り込んでいるという証拠はどれくらいあるのですか?もちろん、それは大きな疑問です。

マッカーナン

現在、そのような証拠はありません。生物学的分布研究は、これが生殖細胞内に入り込む可能性があることを証明しました。おそらく、これを調べるためにシークエンシングを行う必要があるのでしょう。病理医には、私たちがウェブサイトで公開したプライマーを見ていただきたいと思います。プライマーはIET(Institution of Engineering and Technology)や他のプロバイダーに注文することができます。もしキットが必要であれば、キットの入手をお手伝いすることもできます。

長期にわたるワクチン患者の組織を調べることもできますし、血液バンクを調べることもできます。精液バンクや不妊治療クリニックを調べることもできます。単球や唾液など、ワクチン長期投与患者のあらゆる組織を調べることができます。そのDNAが本当にウイルス由来のものなのか、それともワクチン由来のものなのかを見分ける必要があるのであれば、私たちは今、そのためのツールを手に入れたのです。

配列決定された遺伝子を用いて、これらのものを実際に分別することができるのです。従来はそれが問題でした。というのも、スパイクプロテインを調べるアッセイがありますが、スパイクプロテインは2つのプロリンしか違わないからです。残念なことに、コビッドかワクチンかを分けるアッセイがない限り、Long-COVIDかLong-ワクチンかを見分けることはできないのです。

現在、一部の研究者はヌクレオカプシドの存在を利用して、ワクチンではなくウイルスによるものである可能性が高いことを示しています。しかし、そこにはいくつかの課題があります。ヌクレオカプシドは何らかの理由ですべての組織に存在するわけではないようです。実際にDNAレベルで分離できれば、ウイルスとワクチンの両方が存在するかどうかがわかるので、はるかに簡単です。

DNAを調べれば、どちらのワクチンが存在するかもわかります。どれも異なる成分を持っています。ファイザーのものはSV40の成分を持っています。モデルナとファイザーの両方には、私たちが標的とする複製起点があります。ヤンセンのものはスパイクだけです。

ヤンセン、ファイザー、モデルナのいずれであるかは、定量的PCRアッセイで見分けることができます。病理学者がこれを突き止めるのに役立つかもしれません。ワクチンで苦しんでいるのか、Long-COVIDで苦しんでいるのか。それを分析する良いツールがまだないのです。その結果、おそらく長いワクチンであるにもかかわらず、誰もがLong-COVIDとレッテルを貼っているのです。

ヤキレック

今、同じ技術を使って、生殖細胞系列にコビッド菌が入り込んでいるかどうかを調べることができるということですか?

マッカーナン

はい。生殖細胞系列を調べるのは卵子では少し難しいのですが、精子であれば、もっと簡単に調べることができます。それを検査することは可能です。数人の研究者が、精子の存在を確認するためのスクリーニングが可能だと言って、私たちに連絡してきました。幹細胞もまた、人々が注目する分野です。

幹細胞の採取や探し方、血液から取り出す方法については、幹細胞を扱う他の専門家に任せるしかありません。しかし、そのような分野は、人々が最初に注目する分野でしょう。もう一つは、ワクチン接種を受けた血液を輸血しないことに関心が高まっていることです。血液バンクはこれを探す必要があるかもしれません。不妊治療クリニックでは、妊娠を望んでいる多くの人々が、ワクチン接種を受けたドナーの血液をもらうことを恐れています。

ヤキレック

未知の部分が多すぎます。このようなものを製造している製薬会社が帳簿を公開してくれれば助かるのですが。

マッカーナン

ええ、ワープ・スピードは、アメリカ国民が医療制度に抱いていた信頼を大きく損ないました。ワープ・スピードのおかげで、製薬会社は義務化された医療を急ピッチで進めることができましたが、振り返ってみると、それが正当化されたとは思えません。私たちはこのパンデミックによってモラルハザードを引き起こしました。

緊急事態の下では、すべての製造ガイドラインを回避できるという前例を作ってしまったのです。製薬会社にとってこのことが意味するのは、医薬品を製造するよりも緊急事態を製造する方がすぐに安くなるということです。

私たちは、何が起きたのかを把握し、規制当局の監督を見直すことが非常に重要です。私たちは、規制当局がゴム印を押していることの意味を理解することができません。以前のワクチンと比較して、このワクチンの有害事象発生率は昼夜を分かたぬほど高いのです。このような免責措置では、この問題を解決することはできません。

ヤキレック

ジョン・ヨアニディスはインフルエンザのためにこのようなことをすることはないと言っていましたね。私の理解では、私たちは今、実際にインフルエンザのためにこれを行う準備をしています。どう思われますか?

マッカーナン

私たちがパンデミック(世界的大流行)のときに作った前例があります。今、製薬会社はシグナルを見ています。そのシグナルとは、呼吸器系のパンデミックに対する国民の恐怖心を増幅させ、政治家を味方につけて、子どもや学校、雇用に予防薬を義務づけることができれば、1000億ドルを手にすることができるというものです。政治家たちは皆、RSVとインフルエンザを次のパンデミック(大流行病)であるかのように注目し、1000億ドルもの予算を捻出しようとしているのです。

明らかに、インフルエンザについては以前はこのようなことはしていませんでしたが、今では突然、mRNAプラットフォームのターゲットの1つとして考えられています。もはや医師と患者の関係ではなく、医師と政治家の関係になっているのです。

ヤキレック

この3年間の人的コストは計り知れないと思います。実際、計算可能で、人々はそれを測定しようとしていますが、その範囲はまだ不明です。

マッカーナン

そうですね。私たちが知っている以上に、第三世界はこの問題に押しつぶされているとしか思えません。貧困層には誰も目を向けていませんし、貧困層はおそらく監禁によってボロボロになってしまったのでしょう。飢餓は、第三世界で何が起こっているかを監督する多くの慈善団体によって報告されました。ラップトップ階級の忘却が起こっているのです。

経済を封鎖すれば、スターバックスをオンラインで注文し、DoorDashで配達してもらえると考えている人たちがいます。ワクチンを義務化したことで、おそらく膨大な数の人々が労働力から引き離され、二度と復帰できないかもしれないということを認識していないのです。

こうした閉鎖の過程で、私たちはあらゆる種類のサプライチェーンの問題を抱え、第三世界の国々を飢餓に陥れました。悲しいことに、ロックダウンは何の影響も及ぼさないと考えるような、特権的な風潮が蔓延しています。何十年もその代償を知ることはないでしょう。

『バリントン宣言』の共著者であるジェイ・バタチャリヤは、この点に関して非常に深い考えを持っています。彼はこのようなことを先見の明をもって見ています。彼は、公衆衛生の文献にこのようなパンデミック対策が掲載されたことがない理由を知っています。これらはすべて、やることがクレイジーだと思われていたことですが、パンデミックの際にはなぜか流行したのです。

ヤキレック

関連規制機関は、あなたの調査結果やあなたが行った研究に対してどのような反応を示しましたか?

マッカーナン

全く無関心でした。前回のVRBPAC(Vaccines and Related Biological Products:ワクチンと関連生物学的製剤)の会議では、FDAにこのことを説明し、4分ほどの枠をもらいました。彼らはすぐに、ウイルスが変異する頃には時代遅れになっている別のワクチンで、次の変異型を追うべきという議論に移りました。彼らはXBに執着しています。XB1.5は、彼らが別のワクチンを作ろうとしている次の亜種で、効き目がなく、おそらく人々の免疫システムを破壊し、パーティに遅れるでしょう。

この件に関して、カナダ保健省とは少しやり取りがありました。カナダ保健省は、ワクチンにDNAが含まれていることを認めました。しかし、実際に自分たちで検査したのか、それともファイザー社の発表を鵜呑みにしているのかは不明です。

これは多くの規制当局が見落としている重要な点です。規制当局はメーカーが作成したデータを与えられ、それが真実であると思い込んでいるだけで、実際に自分でテストしていないのです。というのも、FDAではほとんどの職員が在宅勤務をしており、在宅では正確にはテストができないからです。

FDAは、多くのメーカーが真実の情報を提供していると信じていたのです。このような企業に罰金を科した歴史的な前例がないのですから。

課題はあります。オーストラリアではTGA(Therapeutic Goods Administration:医薬品安全庁)と現在進行中の訴訟があります。というのも、オーストラリアでは遺伝子治療の定義に関するガイドラインが異なるからです。DNAの一部が遺伝子治療の道具として使われ、記録されていることが分かっています。この先どうなるかはわかりませんが、オーストラリアで何らかの進展があるといいですね。

ヤキレック

最後になりますが、学術界や研究界では、これらの製品がどのようなもので、私たちがそれらについて本当に知っていることは何なのかということについての認識に変化は見られますか?

マッカーナン

いい質問ですね。私たちが最初にデータを発表したとき、プレプリントサーバーに掲載したのですが、査読を十分に受けずにワクチンについてこのような恐ろしい資料を発表するのは無責任だと、たくさんの石を投げつけられました。しかし、私たちは皆、パンデミックの過程で査読がどうなったかを見てきました。すべてが「科学の教会」のようになってしまったのです。査読を通過するのは、シナリオに沿ったものだけ。それに反するものはすべて却下されたのです。

そのようなプロセスで、私たちの論文が好意的に扱われるとはとても思えません。さらに重要なのは、その論文自体が再現性を持っているかということです。査読を受けた論文の半分は、それ自体が再現されません。私たちがプレプリントを出してから起こったことは、他の2つの研究室がこの研究を検証したということです。ミルフォード・モレキュラー・ダイアグノスティックスのシン・リー博士が検証してくれました。

彼はサンガー・シーケンスで検証しました。サンガー・シーケンスはご存じでしょう。それはゴールドスタンダードであり、素晴らしい仕事です。私たちはサンガー配列決定を行っていなかったので、私たちが提出したデータセットを補完する良い方法でした。彼はまた、その中から363塩基対のアンプリコンを見つけ、その塩基配列を決定しました。これは、ワクチンとなりうるDNAの量に関するガイドラインに関連しています。

その中には200塩基より大きいというものもあります。私は必ずしもそのカットオフに同意しているわけではありませんが、いくつかの規則ではそうなっています。しかし、彼はより大きなものを見つけたのです。その後、オックスフォード・ナノポア・シーケンスも行いましたが、平均するとこのサイズよりも大きいことがわかりました。3000塩基対のものもあります。

もう一人、サウスカロライナ大学のフィリップ・バックハウス博士は、このことについて多くの研究を行っています。彼は自分のバイアル瓶でrPCRを再現しました。彼のバイアル瓶はこの方程式にとって重要でした。というのも、私たちは匿名で送られてきたバイアル瓶を受け取っており、その保管経路を保証することができなかったからです。というのも、匿名のバイアルが送られてきたため、私たちは保管の連鎖を保証することができなかったからです。

彼はコールドチェーンで直接つながっている薬局から直接入手しました。そのバイアルから直接塩基配列を決定したのです。その後、彼は定量的PCRを実施し、まさにその線上にある数値を得ました。彼はバイアル瓶で約10ナノグラムの数値を得ました。異なるロットです。また、オックスフォード・ナノポアのシークエンシングも行い、断片の長さについてもある程度理解しています。彼は私たちが公開したワクチンを完全にカバーしています。

私たちがプレプリントで公開した研究が、他の研究室でも再現されたことを示す証拠がたくさん出てきています。キース・ロビソン氏は20年にわたり「Omics!Omics!」を運営しています。

彼はGinkgo Bioworks社に勤務しており、これらの企業のmRNAを製造しています。モデルナと契約してmRNAを製造しているかもしれません。彼らはmRNAを作るために政府から多額の助成金を得ています。とにかく、彼は非常に鋭いバイオインフォマティクスの人です。その彼が私たちのデータを見て、「これは偽物じゃない。我々はこれを真剣に受け止めるべきだ」と。

キースと私は、パンデミックに対する立場が異なっていましたが、おそらくこのテーブルの反対側にいる人が私たちのデータを見て、「そうだ、これは本物だ」と言ってくれたことは、非常に健全な談話でした。彼は実際にそう言い出した最初の人物の一人で、私は感銘を受けました。それ以来、他の人たちも実際にピペットを手に取っています。私たちが目にし始めたのは、他の多くのがん研究者たちが、「そうだ、これは私たちが調べなければならないことだ」統合頻度を理解するために、患者さんの何人かのシークエンスを行う必要があります。

他のがん研究者のリンクをいくつか紹介しましょう。ブラウン大学のWafik El-Deiryがこの件について発言しています。彼は癌の分野で尊敬を集めており、おそらく90,000回もの引用を受けています。彼はそれを否定しているのではありません。彼はこう言っています。「測定するツールはあるのに、なぜやらないのか?」それは非常に健全で合理的なアプローチです。

ヤキレック

少なくとも2つの別々の研究室で再現された研究を見ることは、その研究の妥当性を示す非常に強力な指標となります。

マッカーナン

プレプリントは、私たちがSubstackに掲載したものよりも明らかに洗練されています。プレプリントは4月に出されました。その後、私たちの研究室や他の研究室から、まだキュレーションのレベルに達していないデータがたくさん出てきました。

ヤキレック

研究を攻撃しようとする人たちは、しばしば藁人形を作り、サルウイルスのプロモーター配列ではなく、サルウイルスだと言って攻撃します。彼らは「サル・ウイルスは存在しない。彼らは全体的なポイントを見落としている」と。最後に、その点について簡単にお話しください。

マッカーナン

おそらく製薬業界による巧妙な戦術ですね。そうです、私たちが発表した研究の場合、すぐに人々はワクチンにSV40ウイルスは含まれていないと言い始めました。私たちは、SV40プロモーターといくつかの成分があると言いました。私たちはそのことを明確に述べていたのですが、すぐに「この人たちはそこにないものがあると主張している」と結びつけられてしまったのです。

そして、SV40の構成要素の中には、実際には非常に機能的なものがあり、私たちはそれを懸念しなければならないという点を、誰もが見落としてしまったのです。デビッド・ディーンや他の研究者たちによって遺伝子治療の道具として研究されてきたからです。ポリオワクチンに含まれるSV40は、おそらく、過去にガンを引き起こしたと言われるほど恐ろしいものではありません。その分野ではまだ論争が続いていますが、私たちが知るべきことはまだあります。

私はそれが何度も起こるのを見てきました。最初の定量的PCRキットの一部を批評する作業を行ったとき、Corman-Drostenのものには内部コントロールがなく、必要なCTスコアを本当に理解していませんでした。彼らは使用するすべてのアンプリコンを配列で検証していませんでした。これは、パンデミックを定義するためのテストを市場に急ぎ出す前に見たいと思うようなことです。彼らはピアレビューを約24時間で急いで通過させました。

私たちはそれらの情報をすべてまとめて、「ちょっと待って、PCRはこれよりもっと良くできるはずです。私たちはPCR反対派ではありません。私は毎日PCRを行っています。テストのCTスコアを知らずに大流行を定義しようとするなら、大流行を過剰に報告して、実際には存在しない「偽の大流行」を作り出す可能性がある」と言いました。実際、それが起こってしまったのです。

彼らはすぐに私たちを、ウイルスの存在を否定する一団と結びつけてしまい、さらに変な報道で情報を氾濫させようとしました。

私たちが昨年の4月にこの最初の論文を発表したとき、酸化グラフェンに関するニュースの大きな増加がありました。私たちが「ワクチンにはいくつかの不純物が含まれている」と言ったとたん、Twitterには酸化グラフェンの情報が溢れかえり、私たちが懸念しているのはDNAであるという事実から人々の注意をそらそうとしてきました。

実際に私は、酸化グラフェンドの理論を支持しているわけではありませんし、まだ十分に確定されているとは思っていません。私が見てきたことを基に、それがいつか確定されるかどうかもわかりません。彼らが藁人形を建てたり、代替情報で情報を氾濫させる傾向があるように見えます。そのため、普通の人は何を信じればいいのか混乱するだけで、メディアを通じて伝えられる情報の混在が、真の情報をかき消そうとしているのです。

ヤキレック

ケヴィン、このようなノイズを断ち切るために私と一緒に働いてくれて本当に感謝しています。ご出演いただき、本当にありがとうございます。

マッカーナン

こちらこそ、ありがとうございました。

ヤキレック

ケビン・マッカーナンと私の「American Thought Leaders」のエピソードにお付き合いいただき、ありがとうございます。ホストのヤン・ヤキレックです。


このインタビューはわかりやすく簡潔にするために編集されています。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました