COVID-19とイベルメクチンの疫学的解析

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

イベルメクチン疫学・観察研究-IVM
Epidemiologic Analyses on COVID-19 and Ivermectin

Juan・Chamieによる分析

Juan Chamie氏は 2020年5月初旬からイベルメクチンを精力的に調査し、広めてきたシニアデータアナリストである。世界の他の国々と同様に、Chamie氏はCOVID-19の蔓延を綿密に追跡しており、ドミニカ共和国の医師がこの病気の治療に成功した際にイベルメクチンへの興味を掻き立てられた。

その後すぐに、ペルーのイキトス州で大規模な感染症が発生し、地元の保健当局がイベルメクチンを使用して病気を抑制したことをきっかけに、Juan氏は数ヶ月に及ぶイベルメクチンの普及した有効性についての調査を開始した。データを羅針盤として用い、その結果を見事なデータの可視化で紹介し、その結果を用いて、世界中の保健当局者や指導者に簡単にアクセスでき非常に手ごろな価格で手に入るこの薬のポジティブな結果を納得してもらうことを試みている。

Juan氏は現在、彼の範囲を拡大し、世界中のイベルメクチン介入のデータを分析している。

Juan Chamie氏は、マサチューセッツ州ケンブリッジで妻と暮らしている。


FLCCCアライアンスは、Chamie氏のデータ分析を、彼の同意を得て、彼のReview of the Emerging Evidence Demonstrating the Efficacy of Ivermectin in the Prophylaxis and Treatment of COVID-19および2020年12月4日にヒューストンで開催されるFLCCCアライアンス・ニュースカンファレンスの中でのプレゼンテーションで使用した。

COVID-19の予防と治療におけるイベルメクチンの有効性を証明し、彼のデータ分析を我々の出版物で使用することに同意してくれたJuan氏の徹底した重要な仕事に感謝する。

ペルー

イベルメクチンの前後、60歳以上の人口における死亡、症例死亡率、症例発生率

青色の州はイベルメクチンの分布をピークレベルで開始した。赤色のリマはその後に開始された。

これらの地域でイベルメクチンが広く配布されるようになってから、COVID-19の高齢患者の症例死亡率が劇的に減少したことに注目してほしい。

ペルーの事例。イベルメクチンとCOVID-19感染致死率の因果関係

Juan Chamie著(PDFとして、ResearchGateに掲載 2020年10月)


2021年1月10日更新 – Juan氏・Chamieの最新グラフィック/分析、ペルーからの調査結果

“Mega operación Tayta”

2020年8月、ペルーはCOVID-19に対するマルチモーダル予防キャンペーンを開始し、「Mega operación Tayta」と名付けた。この対策は、高齢者や社会的に最もリスクの高い人々を対象としたものであった。イベルメクチンは予防プロトコルに含まれており、その後大量に配布された。次の図は、いくつかの州がこれらの対策を実施したことによるこの作戦の真の効果を示している。それに伴い、1日の死亡者数も減少している。

メキシコ

症例数の減少 チアパスは(緑色)イベルメクチンを配布している唯一の州

チアパス対メキシコの他のすべての州(チアパスはイベルメクチンを配布している唯一の州)

 

症例数と死亡者数が大幅に減少

 

インド

ウッタル・プラデーシュ州は9月のピーク時に約2億人にイベルメクチンを配布した。感染率と死亡率は、インドの他の地域よりも早く、低いレベルにまで低下した。

パラグアイ

アルトパラナ州(青線)の政府は9月初旬にイベルメクチンの配布キャンペーンを開始した。このキャンペーンは公式には「除虫」プログラムと表現されていたが、パラグアイでのCOVID-19の治療にイベルメクチンを使用することを推奨していた国家保健省との衝突や叱責を避けるために、州知事が装ったものと解釈されていた。プログラムはイベルメクチンの3万箱の配布から始まり、10月15日までには州内に残された症例は非常に少なくなってた。

アルゼンチン

いくつかの州では現在、COVID-19治療の一環としてイベルメクチンを導入している。これまでのところ、死亡曲線はすぐに平坦化し、最終的には死亡率が劇的に減少している。

ブラジル

ブラジルのポルト・フェリゼ市の市長(医師)は、COVID-19の疑いのあるすべての症例を送る単一の「センチネル・ユニット」を設置した。評価と検査の後、すべての患者はイベルメクチンを含む多剤治療プロトコルを受けた。ポルト・フェリーズは、ブラジルの類似都市の中で死亡率が最も低い都市の一つである。

さらに、市長は予防としてイベルメクチンを4,500人の患者に配布し、COVID-19に感染した患者はいなかったと報告した。また、医療従事者にはイベルメクチンを含む予防薬が配布され、市内の医療チームの間でCOVID-19の感染が報告されたのは2例のみであった。最後に、市長はイベルメクチンを市外の近隣地域で一軒一軒配布し始めた。

ベレン市とフォルタレザ市では、6月初旬にSARS-CoV-2陽性症例の治療をイベルメクチンで開始した。症例数(青)は一定期間安定していたが、死亡者数(赤)は激減した。

ブラジル南部の2つの中規模都市

ポンタ・グロッサ(人口35万) vs パラナグア(人口16万)

タイトルとURLをコピーしました