電磁波・5G

電磁波過敏症(EHS、マイクロ波症候群) – 機序のレビュー
Electromagnetic hypersensitivity (EHS, microwave syndrome) - Review of mechanisms

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32289567/

要旨

電磁波過敏症(EHS)は、過去に「マイクロ波症候群」として知られ、環境または職業環境における電磁波への患者の急性または慢性曝露後に生じる、典型的には中枢神経系症状を含む非特異的多臓器症状の広いスペクトルの存在によって特徴づけられる臨床症候群である。

磁気(ELF)および無線(RF)周波数の極めて低い強度の電磁界(EMF)の細胞レベルでの生物学的影響が多数の研究によって示されている。多重化学物質過敏症(MCS)で説明されているメカニズムの多くが、EHSにも修正されて適用される。

反復暴露により感作が起こり、その結果、反応が増強される。過敏症の患者の多くは、過剰な酸化ストレスによって過負荷になる解毒システムの障害を抱えているようである。

EMF は、カルシウムシグナリングカスケードの変化、フリーラジカルプロセスの著しい活性化、生細胞の活性酸素種 (ROS) の過剰生産、神経・認知機能の変化、血液脳関門の破壊を誘発することがある。

燃焼による大気汚染から吸収されたマグネタイト結晶は、EMFの脳への影響に重要な役割を担っている可能性がある。EMF の自律神経系への影響は、心血管系への症状として表れる可能性もある。EMF のその他の一般的な影響としては、皮膚、微小血管系、免疫系、血液系への影響がある。

EHSの症状の根底にあるメカニズムは生物学的に妥当であり、EMF曝露後に多くの有機的な生理的反応が起こることが結論付けられた。患者は、神経損傷や神経反応の過感作の結果として、電磁波への曝露後に神経学的、神経ホルモン学的、神経精神医学的な症状を持つことがある。

EHS のより適切な診断テストが開発されるべきである。EMFの生物学的影響から保護するために、曝露限度量を引き下げるべきである。感受性の高い人々を保護するために、ローカルおよびグローバルな無線ネットワークの普及を減らし、無線ではなくより安全な有線ネットワークを使用すべきである。公共の場は、電気過敏症の人が利用しやすいようにすべきである。

セクションの抜粋

背景と導入

電磁波過敏症(EHS)は、過去に「マイクロ波症候群」として知られ、人が環境からの電磁波(EMF)に曝露された後に典型的に発生する非特異的な多臓器系を特徴とする臨床状態である。磁気(ELF)および高周波(RF)の極めて低い周波数の電磁場(EMF)が細胞レベルで生物学的影響を及ぼすことは、数多くの研究により示されている。電磁波に対する感受性は、慢性的な低強度の無線周波(RF)曝露に対する人間の全身的な反応であり、1950年代にソ連の医学研究者によって最初に報告され、「神経症状」と名付けられた(Johnson Liakouris, 1998; Silverman, 1973)。その症状は、多重化学物質過敏症(MCS)の患者が報告した症状と似ており、頭痛、疲労、ストレス、睡眠障害、「ブレインフォグ」、短期記憶障害、イライラ、情緒不安定、不安などの中枢神経系の症状がある。その他、吐き気、胸痛、動悸、息切れ、筋肉痛、性欲減退、食欲減退、皮膚反応などがある(Pollack and Healer, 1967; Dodge, 1969; Glaser, 1972; Irvine, 2005; Mild et al, 2004; Eltiti et al, 2007; McCarty et al, 2011; Baliatsas et al, 2012; Havas, 2013)。この臨床症候群は 2004年のプラハワークショップで世界保健機関により「特発性電磁界環境不耐性」と命名された。スウェーデンでは、「電磁波過敏症」またはEHSは、機能障害として公式に認められている(Johansson, 2006)。

米国政府は、1970 年代と 1980 年代に電磁波の職業的曝露に関する報告書を発行した。EMFへの曝露時間が長くなると、頭痛、睡眠障害、気分不良、抑うつ、記憶障害、過汗の増加、性欲の減退を経験した(Dwyer and Leeper, 1978)。Lerner (1980)は、1300人の労働者のコホートを追跡調査した。比較的低レベルの電磁波に曝された人々は、神経精神症状が2倍になった。より高レベルのEMFにさらされた労働者は、神経精神症状が3倍になった(Pall, 2016)。家の外に無線スマートメーターを設置した作業員は、不眠症、すず音、頭の圧迫感、集中力低下の増加を報告しており、これらは曝露量の増加とともに深刻さを増している(Conrad, 2013)。

Bergqvistら(1997)は、EHSの発症について、一過性の症状が現れては減少する第1段階、症状が持続する第2段階、症状の持続時間や強度が増加する第3段階、電磁波に低レベルでも曝露されると障害が生じる神経症状の3段階を説明している。Austrian Medical Association (2012)は、睡眠障害、筋肉や関節の問題、頭痛、集中力低下、記憶障害、耳鳴りや耳の中の圧迫感などを認めている。Hutter et al 2010)は、同側で4年以上携帯電話を使用している携帯電話ユーザーのサブグループに耳鳴りがあることを指摘している(OR 1.95; CI 1.00-3.8)。携帯電話を少なくとも 4 年間、1 日 60 分以上使用することは、耳の温かさの自覚症状や耳鳴りと関連しており、耳の損傷と関連すると考えられている(Panda er al 2010)。

EMFフォーム携帯電話に曝露した人の最も一般的な苦情は頭痛である(Yakymenko er al)。 は、1日3時間以上通話する携帯電話使用者の頭痛および耳痛の有病率(63.6%)が、1日15分未満しか携帯電話で話さない被験者の20%と比較して増加することを示した。Szyjkowska et al 2014)は、成人の携帯電話利用者の62%が携帯電話で通話中に頭痛を訴えた同様の結果を報告している。インドの医学生を対象とした調査では、1日2時間以上携帯電話で話している場合、携帯電話ユーザーの22%が頭痛を、91%が耳の痛みを訴えたと報告されている。このコホートでは、ソーシャルメディア、ゲーム、ビデオに携帯電話を使用している場合にも、頭痛と耳の痛みが発生した(Datta er al 2016)。エジプトで行われた介入研究では、携帯電話の使用を減らすと、学生の頭痛、集中力の低下、不眠の有病率が改善することが示された(Mohamed er al 2014)。中国での研究では、9~12歳の子どもが1年以上携帯電話を所有していると、頭痛と睡眠障害の有病率が2倍になることが示された(Zheng er al 2015)。

BelpommeとIrigarayは、EHSおよび/または多発性化学物質過敏症(MCS)患者の自己報告2000例以上をデータベース化した。著者らは、患者から報告された症状を列挙している。頭痛、耳鳴り、聴覚過敏、めまい、平衡感覚障害、超深部および深部感覚異常、線維筋痛症、植物性神経機能障害、認知能力の低下(即時記憶喪失、注意集中力の欠如、最終的にはテンポ-空間混同を含む)」。これらの症状は、慢性的な不眠、疲労、抑うつ傾向に加え、情緒不安定、時にはイライラを伴うものだった」。

各患者の特定の症状プロファイルは、弱い強度の電磁波源にさらされたときに、患者によって繰り返し、一貫して報告され、これらの推定される発生源から離れた後に後退または徐々に消失した。

上記の症状は、大部分が自己申告によるものであるが、成人および小児のいずれにおいても重大な不快感や潜在的な障害を引き起こしている。本総説では、電磁波に曝露された患者の症状や健康への影響を説明するために、曝露源や曝露の測定方法、客観的な測定や臨床検査について考察している。

2.暴露

EMFへの曝露は 2008年から9年にかけて、地球の自然磁場の10倍から15倍と言われている(Röösli, 2008; Nittby et al, 2009)。特に1GHzの周波数帯の周辺では、被ばく量は自然レベルのおよそ10^18倍に上昇している(Bandara and Carpenter, 2018)。2010年、世界で20億人以上が携帯電話を使用していると推定されている(Soffritti, 2010)。人々が潜在的に曝される電磁界は、環境に存在する様々な機器や、携帯電話を含む人々が使用する機器によって発生する。環境中の無線周波数(RF)範囲の人工電磁波の例としては、携帯電話、アンテナ、基地局(2G、3G、4G技術)GSM、ユニバーサル移動通信システム、ロングタームエボリューション、マイクロ波無線回線、標準デジタル通信システムなどの特定の遠距離通信システムやデバイスが含まれる。GSM、ユニバーサル移動通信システム、ロングタームエボリューション、マイクロ波無線回線、標準デジタルエンハンスドコードレス電話、コードレス電話、ラップトップ、タブレット、電子書籍端末、無線インターネットネットワーク(Wi-Fi)無線ローカルエリアネットワーク(LAN)ビデオディスプレイ装置、ラジオ、テレビ、無線ゲーム機、水道・ガス使用の無線メーターなど、特定の通信システムおよび機器。5G技術は現在開発中であり、さらに被ばくを増やす可能性がある。低周波電磁界の曝露源としては、高圧送電線、電気設備、蛍光灯、コピー機などがある(Kaszuba-Zwoińskaら 2015年、De Lucaら 2014年、Belyaevら 2016)。

3. 健康響に関する生理学的証拠

いくつかの研究では、被曝後に精神神経症状を訴えた患者における精神神経学的検査の異常が挙げられている。Reeves (2000) は、許容被曝限度を超える強度でRFに被曝した34人の米空軍兵士について報告している。この若者たちは被曝後に急性神経症状を報告し、標準化された精神神経テストでは、被験者の3分の2が反社会的人格、軽度の有機脳症候群、不安、身体化傾向と一致する所見を示した(Carpenter, 2015)。

他の研究では、ポジトロン断層法(PET)イメージングを用いて実証できる脳血流と脳糖代謝の変化が示されている(Volkow er al)。) Volkowは、健康なヒトのボランティアにおいて、50分間の携帯電話による会話は、携帯電話のアンテナに最も近い脳病巣において、曝露しない場合と比較して、脳代謝の増加と関連していることを実証することができた。いくつかの研究(Haarala et al 2003; Huber et al 2002, 2005)では、脳の PET イメージングにおける所見の変化が示されている。(Huber et al 2005)は、携帯電話を耳から離した場合、脳血流の変化が減少することを示すことができた。

(Belpomme et al 2015)は、EHSとMCSの患者727人を対象に、特定の脳の病理学的アルテレーションを探した。通常の脳MRIと頸動脈超音波検査は、調べた患者さんでは概ね正常だった。次に著者らは、患者の両大脳半球の側頭葉の脳血流を測定した。これは、エコードップラーを用いて、脳内の脈動を測定することによって行われた。その結果、健常者と比較して、MCSおよびEHS患者では、脳の脈動が減少しており、側頭葉では脈動がほとんど消失していることがわかった。これらの測定値は非特異的であるが、これらの患者における脳機能の潜在的な変化を表している。BelpommeとIrigarayは、最新の論文で 2000人以上の患者を対象としたより大規模なデータベースにおいて、超音波大脳断層撮影法と経頭蓋ドップラー超音波診断法を用いてその所見を再提示した(Belpomme and Irigaray, 2020)。彼らは、患者の多くは中大脳動脈の血行動態に欠陥があり、側頭葉の被殻-視床部に組織脈波指標の欠損が局在しているとまとめている。著者らは、この局所的な所見は、辺縁系と視床の生物学的関与の客観的証拠を示すものであると指摘している。

BelpommeとIrigarayは、EHS患者に低悪性度の炎症があることを示した。Hypersensitive C reactive protein (hs-CRP) が12-15%、ヒスタミンが30-40%、im-munoglobulin E (IgE) がアレルギーが証明されていない20-25%の患者で増加し、熱ショック蛋白27 (HSP 27) とHSP-70が12-30%の患者で増加していることが判明した。O-ミエリンに対する自己抗体は、患者の約20%で末梢血中に検出された。S100B蛋白の増加は15-20%に、ニトロソストレスに関連するニトロチロシン(NTT)の増加は8-30%に見られた。著者らは、この所見はこれらの患者における神経系の白質に対する自己免疫反応を示唆するものであると結論づけた。EHS患者の79%は、末梢血中の酸化的/ニトロソ的ストレス関連バイオマーカー(チオバルビツール酸反応性亜体(TBARS)酸化グルタチオン(GSSG)NTT酸化的ストレスバイオマーカー)の少なくとも1つが増加していた15%の患者は3つのバイオマーカーのすべてを持ち、21%は2つのバイオマーカーを持ち、さらに43%は1つのバイオマーカーのみであった。24時間尿の6-ヒドロキシメラトニン(6-OHMS、メラトニンメタボライト)/クレアチニン比は、88%の患者で正常または有意に減少し、12%の患者で有意に増加した。著者らは、低レベルはメラトニンフリーラジカルスカベンジャーとして利用されることに起因する可能性を示唆した。

電磁波曝露後の客観的な心血管系の変化については、いくつかの証拠がある。Havas(2013)とTuengler and von Klitzing(2013)は、文献をレビューし、EMFに過剰に曝露した労働者の職業研究を引用し、安静時と24時間のECG異常の頻度が高く、心室性早発が過剰であったと述べている。

4. メカニズム

多重化学物質過敏症(MCS)で説明されているメカニズムの多くは、EHSに修正を加えて適用される。反復暴露は感作をもたらし、その結果、反応が増強される(Overstreet, 2001; Latremoliere and Woolf, 2009; Molot, 2013; Sage, 2015)。過敏症の患者の多くは、過剰な酸化ストレスによって過負荷となる解毒システムに障害があるようである(Korkina, 2009; De Luca et al 2014)。患者は、神経損傷と神経反応の過感作の結果として、EMFへの曝露後に神経学的、神経ホルモン的、マグネタイト結晶神経精神的な症状を持つことができる(Dwyer and Leeper, 1978; Pall, 2016)。EMFは、カルシウムシグナリングカスケードの変化(Liboff, 1984; Blackman et al 1985; Smith et al 1987; Pall, 2013, 2015)フリーラジカル過程の著しい活性化及び生体細胞における活性酸素種(ROS)の過剰産生(Irmak et al, 2002; Zmyslony et al, 2004; Friedman et al 2007; Blank and Goodman, 2009; De Iuliis et al, 2009; Georgiou, 2010; Avci et al, 2012; Jing et al 2012; Bilgici et al 2013; Burlaka et al 2013)ならびに神経および認知機能の変化(Frey, 1961; Thomas et al 1986; Carrubba et al 2007; Nittby et al, 2009; Xu et al 2010; Molot, 2013; Yakymenko et al 2016; Pall, 2016; Kim et al 2017)血液脳関門の破壊(Salford et al 2008; Nittby et al 2009)などが報告されている。燃焼による大気汚染から吸収されたマグネタイト結晶は、電磁波の脳への影響に重要な役割を持つ可能性がある(Maherら, 2016)。

5. 結論

現代社会では、電磁波への曝露は避けられないものとなっている。電磁波への曝露の結果、健康に悪影響を及ぼす人々が多く存在する。この文献レビューでは、電磁波曝露と時間的な関係のある多数の自己報告された神経症状や神経精神症状が含まれている。さらに、電磁波曝露は、脳のPETスキャンによる異常と対応する脳血流の変化と関連している可能性があることを示唆する研究もある。研究者の中には、脳の異常が、携帯電話に最も近いと思われる側頭葉に限局している人もいる。EMF技術が広く使われているため、曝露を避けることは困難である。

明らかに、多くの人がEMFに対する感受性を持ち、それが生活の質を低下させ、しばしば障害につながる。携帯電話の安全性やインターネットへのアクセスについて、特に子供たちが長時間さらされる学校では、さらなる研究が必要である。EHSのより適切な診断テストを開発すべきである。電磁波の生物学的影響から保護するために、曝露限度量を引き下げるべきである。ローカルおよびグローバルな無線ネットワークの普及を減らし、無線ではなくより安全な有線ネットワークを使用し、影響を受けやすい一般市民を保護する必要がある。電磁波感受性の高い人が利用しやすい公共の場を整備する。

利益相反の宣言

著者は利益相反を宣言していない。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました