エポックタイムズ未来学・シンギュラリティー・人工知能

人口学者、人口崩壊の危機を警告 | 出生率のデータは、人口過剰と環境破壊に関する国連の予測に反している
Demographers Warn of Impending Population Collapse

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.theepochtimes.com/demographers-warn-of-impending-population-collapse_4512821.html

By Kevin Stocklin

2022年6月5日

人口が爆発的に増加し、地球の資源を枯渇させ、地球を過熱させるという悲惨な予測があふれる中、最近の2つの人口統計学研究は、人口が今後数十年のうちにピークに達し、その後着実に、不可逆的に減少する段階に入るという、逆の予測を示している。

日本、ロシア、韓国、ヨーロッパのほとんどの国など、一部の地域ではすでに人口崩壊が始まっている。中国もそれに遠く及ばない。

国連は、人類は次の世紀に入っても急速な拡大を続け、現在の80億人弱から2100年には110億人を超えると予測している。このデータについてよく言われる解釈は、「人々は子供を産みすぎている」というもので、気候変動や環境悪化のモデルの多くは、このような予測に基づいている。8月には、国連が気候変動と人口過剰をめぐって「人類に赤信号」と宣言し、投資銀行モルガン・スタンレーのアナリストは、「気候変動への懸念から子供を産まないという動きが広がっている」と述べている。

しかし、ゲイツ財団が資金提供し、医学雑誌「Lancet」に掲載された人口統計学的研究は、これとはかなり異なる様相を呈している。ワシントン大学の研究者が行ったこの研究では、世界の人類は数十年以内に97億人でピークを迎え、その後減少に転じると予測している。「ひとたび人口減少が始まれば、それは恐らく容赦なく続くだろう」と著者らは書いている

Lancetの研究では、今世紀末までに、中国は6億6800万人減少し、現在の人口のほぼ半分を失い、インドも2億9000万人減少すると予測している。中国では、一人っ子政策の撤廃や子育てへのインセンティブの付与など、この流れを変えるためのあらゆる努力がなされているが、夫婦は協力的ではなく、中国は2021年に5年連続で過去最低の出生率を記録している。

このような調査結果は、Tesla/SpaceXのCEOであるイーロン・マスクが5月に、多くの人がいなくなることから「文明は崩壊する」と述べた根拠となるものだ。マスク氏は以前 2019年の講演会で、「20年後に世界が直面する最大の問題は人口崩壊だ」と宣言していた。同イベントに出席していたアリババ・グループの共同創業者、ジャック・マー氏も 「同感だ」と述べている。

2019年8月29日、上海で開催された世界人工知能会議(WAIC)の壇上で話すテスラの共同創業者兼CEOイーロン・マスク氏(右)と、デジタル協力に関する国連ハイレベルパネルの共同議長ジャック・マー氏(撮影? (Hector Retamal/AFP via Getty Images)


経済学者で『人口大逆転』の共著者であるマノジ・プラダン氏は、人口減少が経済、政治、社会に劇的な変化をもたらすと予測している。「未来は過去とは全く、全く違うものになる」と彼は言う。高いインフレ、労働力不足、高齢者や弱者を守るための経済的福祉の犠牲など、現在私たちが経験していることのいくつかは、「未来を覗く」ことを可能にしている。

現在、世界で最も人口の多い国は中国とインドで、両国の人口は約14億人、合わせて世界人口の3分の1を占めている。アメリカは3億3,000万人で、3位に甘んじている。インドネシア、パキスタン、ブラジル、ナイジェリア、バングラデシュ、ロシア、そして日本が上位10位までを占めている。

『Lancet』誌などの調査によると、ヨーロッパですでに起こっている慢性的な人口減少に追いつくように、アジアや南米でも人口減少が始まる。同時に、アフリカは人口が増え続ける数少ない地域のひとつとなるが、アフリカでも成長率は低下している。ナイジェリアは今世紀末に5億8500万人増加し、インドに次いで世界第2位の人口を持つ国となり、中国は第3位、米国は第4位に転落すると予測されている。日本、ロシア、ブラジルはまもなくトップ10から完全に脱落する。

急速な拡大を予測する人々と、減少を予測する人々の間の重要な相違点は、出生率にある。「Empty Planet」の共著者であるダレル・ブリッカー博士とジョン・イビットソン博士は、「世界人口減少の衝撃」と題して次のように述べている。Empty Planet: The Shock of Global Population Decline」の共著者であるダレル・ブリッカー博士とジョン・イビットソン博士は、世界の出生率データを調べ、アジア、アフリカ、南米、西洋の6大陸を訪問し、人々に話を聞いてきた。統計的に見ても、また逸話的に見ても、世界の出生率は国連の予測値を大幅に下回っているのだ。

ブリッカーとイビットソンは、人口崩壊を引き起こす要因として、「出生率の罠」と呼んでいる。ある国が人口を維持するためには、女性の平均出生率が2.1人でなければならない。一旦、出生率が2.1を下回ると、二度と元に戻ることはない。

2020年のアメリカの出生率は1.6で、1960年の3.7から急降下し、アメリカ史上最低の出生率になった。欧州の平均出生率は1.5。他の上位10カ国の中では、Lancet Studyによると、日本の出生率は現在1.3である。中国の出生率は1.3から1.5で、資料によって異なるが、1.15と低く見積もる人もいる。

ロシアの出生率は1.6である。現在、ロシアでは死亡数が出生数を大きく上回っており 2050年までに最大で人口の3分の1が減少すると予測されている。1月のフォーリン・ポリシー誌によると、ロシアは人口減少により、大規模な軍事衝突の際に十分な兵士を確保することが難しくなり、最近核兵器を使用すると脅している要因である可能性が高いとしている。

1960年、世界の平均的な女性は5.2人の子供を産んだ。現在、その数は2.4人にまで減少し 2050年には2.2人にまで減少すると予測されており、世界全体でやっと代替可能なレベルに達している。2100年には、都市化、女性の教育、労働参加、避妊具へのアクセスなどの現在の傾向を考慮すると、世界の出生率は1.66になるとLancetは予測している。

出生率5から2以下になることは、「人口と生活水準の両方が指数関数的に増加するか、所得が停滞し人口が消滅する空の惑星になるか」の違いであると、スタンフォード大学の経済学者チャールズ・I・ジョーンズは書いている。ジョーンズが2022年3月に発表した「人口減少の帰結」と題する報告書は、彼が「空の惑星の結果」と呼ぶ、人類の繁栄の枯渇だけでなく、文化、アイデア、イノベーションの枯渇を特徴としている。「経済成長は、知識の蓄積と生活水準が一定の値に落ち着くにつれて停滞する」とジョーンズは書いている。「一方、人口そのものは一定の割合で減少し、地球上から徐々に人がいなくなる。

人口置換率を下回る国では、移民によって一時的に人口を維持することができるが、大規模な移民を認めている国は少なく、それを効果的に管理している国はさらに少ない。しかし、世界的な出生率の低下は、移民によって人口を増やしてきたアメリカやカナダなどの国も、まもなくそのピークを迎える可能性があることを意味している。

人口が減少する未来は、環境面ではメリットがあるかもしれないが、人口動態の問題点として、人類の縮小に伴い、社会の構成が大きく変化することが挙げられる。平均寿命は1960年の51歳から現在では73歳まで伸びており、長寿は人口崩壊を遅らせる重要な要素である。『Lancet』誌は、今世紀末には65歳以上の高齢者が24億人に達すると予測しているが、20歳未満は17億人に過ぎない。世界の年齢の中央値は1960年の22歳から現在30歳まで上昇しており、2100年には41歳まで上昇すると予測されている。

2021年7月13日、北京のビジネス街でベビーカーを押す人たち。(Wang Zhao/AFP via Getty Images)


地球人口の大部分は高齢化し、出産可能年齢を超え、老後の世話をする生産的な若者のプールがますます減少していることに依存するようになる。このように、少数が多数を支えるという逆ピラミッドは、持続不可能である可能性が高い。中国のような国について研究者がよく使う言葉に、「年を取るほど豊かになる前に年を取ってしまう」というものがある。

都市化

人口統計学者によれば、出生率の低下にはいくつかの原因があるが、そのうちのひとつは都市化であるという。人々が田舎から都市に移動すると、子供を持つことの経済観念が変化する。

純粋に金銭的な観点から見ると、子供はもはや農場などの労働力源ではなく、むしろ出費となる。米国では、子供を成人まで育てるのに、大学費用を除いて平均26万7千ドルかかるという。都市化のもう一つの帰結は、女性が教育を受け、雇用され、自立し、避妊をしやすくなることだ。どの国でも、女性の反応は同じで、子供を産む数が減り、出産時期が遅くなる。

『エンプティープラネット』の著者によれば、1960年には世界の人口の3分の1以下しか都市に住んでいなかった。現在、世界人口の半分強が都市に住んでいる。2050年には、この数は3分の2以上に増えると予想されている。

アフリカの都市化率は現在の44%から2050年には59%に、アジアは52%から66%に増加すると予測されている。その他の地域の人口は、すでに80%以上が都市化している。国連の調査では、1960年に16%であった中国の都市化率は 2050年には80%になると予測されている。そして、中国の人口問題は 2016年に正式に終了したとはいえ、一人っ子政策が現在の女性不足を生んでいることが、さらに深刻な問題となっている。現在、中国の男性人口は女性より3,400万人多く、現在、男性人口の大部分が家庭を持つ見込みがないまま成人期を迎えている。

日本は私たちの未来か?

「未来を知りたければ、今の日本を見ればいい」と言う人がいる。日本は92%が都市化され、人口は毎年50万人ずつ減少している。移民をほとんど受け入れない均質な社会で、結婚率も出生率もどんどん下がり、人口の20%が65歳以上の高齢者という「超高齢国家」になってしまった。高齢化と人口減少に伴い、日本経済は停滞し、資産価値も低下している。

日本の日経平均株価は1990年代に39,000円の高値から20,000円まで暴落し、「若い急成長経済から高齢化、低成長の新常態への長い適応の始まり」だったと経済学者のマーティン・シュルツは説明する。日本株は完全に回復することはなく、30年後の現在、日経平均株価は27,000円台である。

数十年にわたって劇的に上昇してきた日本の一人当たりのGDPは、1995年に横ばいとなり、それ以来、大きな成長はない。高齢化と人口減少が進む中、日本では大人用おむつの売上が幼児用おむつの売上を上回っており、日本の空き地では等身大の人形を公共の場に置いて、空き地を感じさせないようにしているところさえある。

「日本が私たちの未来なのか」と問われたプラダンは、「悲しいかな、そうではない。日本は人口動態がマイナスに転じたが、他の国は労働力で潤っていたのだから」。日本企業は、人口が多いところに労働力をシフトし、国内の労働者は自動化を進めて生産性を高めることで、衰退の中でも繁栄することができた。その結果、日本は人口減少や高齢化がもたらすインフレや負債を回避することができた。

各国が生産量を減らし、高齢者の介護にますます多くの資源を割くようになると、「債務残高の対GDP比が、誰も想像しなかったほど上昇する」とプラダンは指摘する。これは、成長率の低下と慢性的なインフレをもたらすだろう。スタグフレーションが恒常化する可能性もある。

プラス面では、労働力不足から賃金が上昇し、生産年齢人口の平等性が高まるだろう。そして、より初歩的な仕事を代替し、人間の労働力を解放するためのテクノロジーへの需要が大きくなるであろう。

プラダンは、日本政府が介護施設に補助金を出し、高齢者介護の単純作業を行うロボットを購入した例を挙げて、次のように述べた。「日本の生産性は、私たちにとってひとつの希望だ」。また、医学の進歩によって高齢者の健康状態が改善され、人々の生産年齢が延び、退職時期を遅らせることができるようになる可能性もある。

もうひとつは、親や祖父母のために家族がしてきた他人の世話をする共感力が、今後強く求められるだろう。「機械化された社会で失われたものだと思う」とプラダンは語った。

 

ケビン・ストックリン

脚本家、映画プロデューサー、元投資銀行家。2008年に米国の住宅ローン金融システムの崩壊を描いたドキュメンタリー「We All Fall Down: The American Mortgage Crisis」の脚本・製作を担当。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました