ロバート・マローン

イタリアの新(次期)首相ジョルジア・メローニ氏への中傷に反論 ロバート・マローン
英語版、世界家庭会議2019スピーチ

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

rwmalonemd.substack.com/p/defamation-of-giorgia-meloni-refuted

上の動画は、2019年の世界家族会議でイタリアの新(次期)首相ジョルジア・メローニが行った素晴らしいスピーチの様子である。この動画では、(もちろん)彼女がイタリア語で発表しているので、私(ロバート・マローン)がナレーションを担当している。

私の考えでは、このスピーチの重要性は、メローニと彼女のブラザーズ・オブ・イタリア (Fratelli d”Italia)がファシストであるという主流メディアのストーリーに、本当に嘘をついたということだ。ビデオの中で私が話している言葉は、彼女の言葉を英訳したものである。私は彼女のプラットフォームの多くの側面を支持しているが、提示されている見解は必ずしも私のものではない。特に、個人的な責任や家族・子供の重要性については、同意できる部分も多いが、そうでない部分もある。

今回もまた、他の多くの状況で見られたように、企業メディアはメローニとブラザーズ・オブ・イタリーに関して、かなりねじれた、彼らの政治的立場の実際の現実を表さない反応的な物語を押し出している。このアトランティックの最近の過呼吸は 典型的なもので、「イタリアにおけるファシズムの復活」と題されている。

メローニは、このスピーチで、イタリアのベテラン政治家としての弁舌をふるっている(これは間違いない)。その裏には、イタリアがブリュッセルにあるEUの支配者の属国となったという現実から逸脱 できないという、非常に制約の多い政治的発言の「オヴァートンの窓」の中で、彼女は活動しているという事実がある。

多くの点で、彼女の立場は、現在のローマ法王に賛同しない多くのカトリック信者と非常に一致している。多くの人が指摘しているように、彼女自身と彼女の政党を他のイタリアの政党と区別するための唯一の政治的自由は、彼女が取る文化的立場を含んでいる。イタリアは現在、財政的に完全にブリュッセルに依存しており、これは国民国家が自国通貨のコントロールを失うことの結果を大きく示している。

ジョルジア・メローニとイタリアの兄弟が活動している政治的現実について、より現実的でニュアンスのある、ステレオタイプではない分析が、英国に拠点を置くオンラインジャーナル「UnHerd」に掲載されたThomas Faziの記事、Giorgia Meloni is no radical: Italian voters know she won’t change anythingにある。結論 もしここでファシズムが起こっているとすれば、それはブリュッセルのEU指導部であり、ローマのメローニとイタリアの兄弟たちではない。

メローニ氏の経済政策に対する姿勢は、単に想像力が欠如しているというだけではありません。そ れは、イタリアが単一通貨に 加盟したことで主権国家ではなくなってしまったこと、そのために政権を維持するためにはEUの権威の支持が必要であることを彼女が十分 認識しているからです。彼女は事実上、2018年の「ポピュリスト」五つ星レガ政権の教訓を学んでおり、その際、欧州当局は現状から逸脱しようとする試みをつぶすために、金融的・政治的圧力を含むさまざまな手段に訴えたのです。

先日、 プリンストン大学で行われた講演で、EU委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン委員長は、このコンセプトを具体的に説明しました。 イタリアの次期選挙を懸念しているかという質問に対して、彼女はこう答えました。もし、事態が『難しい方向』に進んだとしても、私たちには(事態に対処します)手段があります」。つまり、EUの支配的エリートが加盟国を主権国家ではなく、保護国として見ていることを明らかにしたのです。

メローニもそれを理解しています。しかし、かなりの数のイタリア人もこのことを理解しており、金融市場の評価も共有しています。イタリアの民主主義は、もはや誰が選挙に勝とうが関係ないほど、窮屈になってしまったのですです。今回の選挙で最も目立ったのは、騒々しい見出しとはかけ離れた、投票率の低さです。つまり、3分の1のイタリア人が選挙を見送り、民主主義をあきらめたということです。この数字は、EUがイタリアの民主主義を空洞化させていることを示す壊滅的な告発であり、今後ますます増加することが予想されます。

この不幸なイタリアの現実の中には、中央銀行デジタル通貨 (CBDC)への移行がもたらす結果に関する、私たち全員への強い警告が込められて いる。イタリアがリレをユーロに交換した結果、EUとブリュッセルに政治的自律性と運用の柔軟性を奪われたように、国際決済銀行 (BIS)が管理するCBDCシステム案を購入するいかなる自治国家も、BISとBISが代表する個人、利益、議題、組織に主権を譲渡することになる。もしあなたが自由と主権に関心があるなら、CBDCにノーと言うだけでいい。イタリア人が陥っている箱から学ぼう。

しかし、(グローバルな企業メディアとは異なり)この状況を本当に理解している人の中で、これが実際にファシスト組織であると主張する人を聞いたことがない。私は、この呼称は、企業メディアが政治的アジェンダを支持するために言葉の意味を再定義した、もう一つの事例を表していると思う。もう一度、ベニート・ムッソリーニが言った「ファシズムは 国家権力と企業権力の合併であるから、コーポラティズムと 呼ぶ方が適切 である」という定義を思い出してみることにする。

スティーブ・バノンは ジョルジア・メローニと5年以上一緒に仕事をしており、彼女に対する彼の視点はこのようなものである。

「父親に捨てられた彼女は、イタリアの残酷な政治的ジャングルを切り抜け、今では初の女性首相として国をリードしている」

メローニの本拠地であるローマに住み、現在のイタリア政治に精通している私の親しい友人は、『UnHerd』のトーマス・ファジのレポートとは異なる、より偏った見方をしています。

「メローニは長い間、政治的なゲームに参加してきた。彼女はすべての委任事項に投票し、グリーンパスと委任事項にも投票しましたが、選挙が近づくと、彼女はすべてのツイート/投稿を消し、「自由な選択」を推進し始めました。 彼女はASPEN INSTITUTEの一員だったのです」


上記で提供した動画とボイスオーバーは 2019年3月29日から31日までヴェローナで開催されたThe 13th World Congress of Families (Congresso Mondiale delle Famiglie) に メローニが提供したスピーチのものである。この会議は、保守的なキリスト教の家族の価値観を推進するものです。このイベントはイタリアで非常に大きな議論を呼び、2万人のデモ隊が集まった。 抗議者たちは、この議会は同性愛嫌悪であり、女性の自由を制限し、女性が家でアイロンがけをするようにし、イタリアを中世に戻したいと考えていると述べた。 これらの批判は、メローニが演説の中で長々と述べた。

以下は CassiusDXから提供された翻訳原稿 である

「ようこそ 」です。こちらこそ、よろしくお願いします。ありがとうございます。ありがとうございます今来たばかりだアイロン掛けをしてたんですそれから10分見つけて あなたと政治の話をしに来たんです

(当時、彼女やカンファレンスを攻撃するために展開されていました、企業のプレスや抗議活動を狙ったジョークだ)。

本当に、いろいろな論争があったにもかかわらず、この素晴らしい出席者は、この会議に抗議している人たちに対して、最高の対応をしてくれたと思います。皆さん、お疲れ様でした。ブライアン・ブラウン、ヤコポ・コゲ、トニー・ブランディ、マッシモ・ガンドルフィーニ、ありがとうございました。このイベントの開催を許可したすべての人に感謝します。屈しなかったことに感謝します。勇気をくれてありがとうございます。今日だけでなく、長年にわたる決意をありがとうございます。

あなた方の活動は、他の多くの協会の活動とともに、政治から排除される運命にあったある種の問題を維持するのに役立ってきました。あなた方は、これらの問題を生かし、活動させ、存在させ続けてきたのです。

この議会について、いろいろなことを言われました。私たちは過去に戻りたいのだ、と。私たちは敗者だと。恥ずべきことだと無教養だと。

結婚を前提とした自然な家族を守ること、出生率を上げたいこと、人間の生命に正しい価値を置きたいこと、自由と教育を支持すること、ジェンダー・イデオロギーにノーと言うことはスキャンダラスなことだと。私はこれらの告発をそれぞれ発信者に送り返すことにします。

過去に戻りたいのは、このようなイベントが行われるのを止めようとして検閲を復活させようとしている人たちだと思います。普段はどんな古いものでも、おしっこの入ったビーカーに浸かった十字架が登場する展覧会でも喜んで後援する国家(あるいは国民国家)が、このようなイベントを後援することを恥じるのは、不見識だと思うんです。

敗者とは、私たちがイタリア人家族のために何ができるかを話しているときに、ここに来て私たちを侮辱する以外にすることがない人たちのことを言います。しかし、何よりも恥ずかしいのは、私たちではありません。恥ずかしいのは、「貸し子宮」、9ヶ月での中絶、11歳での薬物による子供の発育阻害といった行為を支持する人たちです。これこそ恥ずべきことです。

この議会についていろいろと言われました。女性の自由を制限したい、とか家でアイロン掛けをさせろと。私が家でアイロンがけをしている姿を見ることができますか?イタリアで唯一の女性党書記で、妊娠中にローマ市長選に立候補し、批判を浴びた私が、女性を鎖で縛ることを望んでいるとお思いでしょうか?正反対です。

私たちは、今日存在しない権利を保証したいのです。女性が母親となり、その結果、働くことを諦めなくてもよいという権利です。母親でありながら、働かないことを選択し、その結果、餓死することのない権利。中絶を余儀なくされた女性が、その代替案がないために中絶をする権利。女性の選択の自由が保障されているかというと、そうではないからです。もし女性が中絶するという選択肢しかないのであれば、それは選ぶ自由ではありません。選択の自由とは、選択肢があることです。私たちはそれを保証したいのです。

私たちは女性を守るため、家族を守るため、国会に持ち込んだもの、例えば『乳児の所得』など 市民の所得以上に私たちが信じているものを求めるためにここに いるのです 私は心からそう言っています。子どもを持つ人への資金援助、それは社会全体が恩恵を受けるからです。私たちは、働くお母さんに別の選択肢を与えるために、保育園の無料化、お店が閉まるまでの開園、土曜開園を提案してきました。 また、 養子縁組の場合も含め、妊娠を希望する女性への経済的支援を行うため、先ほど述べた理由から194条全面的に 適用するよう要請しています。

私たちは、国連でモラトリアムを呼びかけ、「子宮の貸し借り」を普遍的な犯罪と宣言しました。なぜなら、それは本当に女性の品位を落とし、虐待するものだからです。私たちはこの問題をヨーロッパに持ち込みたいと考えています。EUの資金調達の優先順位の1つが出生率でないのはスキャンダラスです。出生率の低さは、ヨーロッパが直面している最大の問題です。これに取り組まなければ、他のすべてのことは無意味です。EUには  学生の移動のための エラスムス計画が あり、 科学のための ホライズン計画があるとして、 家族のための計画がないのでしょうか  出生率を上げるために、出生率に資源を投下するのです。しかし、私たちが提案することはすべてクレイジーだと思われています。権利を奪おうとしていると考えているのです。彼らは中世の話をします。 中世は、 大聖堂や修道院、 コムーニの 設立 、大学、議会、ダンテ、ペトラッシュ、ボッカッチョ、聖フランチェスコ、聖ベネディクトの 時代でもあるんですよ。マテーラがどこにあるか 知らない人は、 歴史の本を読んだことがないのでしょう。

個人的なレベルで攻撃されたこともあります。私も攻撃されたことがあります。”恥を知れ “です。結婚を前提に家族について語るべきなのに、婚外子を産んだのだから」。そう、私も大家族について語るが、子どもは一人しかいない。皮肉なことに、こういうことを言われると、かえって自分の立場が強くなってしまうのです。私が求めていることが、私個人の利益にならないことを示すだけなのです。私は、イタリア社会のためになると思うことを訴えているのです。

私は、国家は結婚に基づく自然な家族を奨励するべきだと考えています。もし私が結婚していないなら、国家が私に結婚しているカップルと同じような特権を与えるとは思いません。そこがポイントです。注目してください。

重要なのは、すべての選択には結果が伴い、それに対して責任を負う社会を私は信じているということです。私はあらゆる欲望が権利となり 気まぐれが権利となり 責任がなく権利だけがあるような社会を否定します 私はそれを拒否します。それは間違っています。

私は宗教的なアプローチをとっていないので、このことがよくわかります。私は神を信じますが、宗教的なアプローチは取りません。なぜそうする必要があるのでしょう?私は世俗的な常識に基づいてこれらの戦いに挑んでいるのです。私は、不快で深い質問を自分に投げかける人間です。そして、その質問に対して、信頼できる答えが欲しいのです。しかし、あまりにも多くの場合、単一思考の大祭司は、納得のいく答えを出すことができません。そして、私にはこのような疑問が何十個もあるのです。

人間の生命を奨励するよりも、手っ取り早く簡単に排除する方法を見つけようとすることにエネルギーと資源を費やす社会は正しいのでしょうか?それは正常なことなのでしょうか?それは文明的なことなのでしょうか?生まれたばかりの子犬を母親の懐から引き離すことはできないが、自暴自棄になった母親が二人の金持ちの男に売った赤ん坊ならできるというのは正しいことなのでしょうか?なぜイタリアの裁判所は、結婚している二人の親から法的な親権を取り上げるのでしょうか?52歳と54歳の赤ん坊を育てるには年を取りすぎていると言って、実の娘を取り上げる実の親。しかし、50歳以上の男性2人が海外に行って子供を買えば、それでいいのです。なんで?どうして?どうして?

なぜかと いうと、エルアナ・エングラロの父親は、 彼女の命を守ってきました。プラグを自由に外すことができるはずだからです。親以上に、自分の子供にとって何がベストな のかを知っている者はいないからです。チャーリー・ガードやアルフィー・エヴァンスの両親には、 なぜ同じ ことが適用されなかったのでしょうか 

なぜ勝者はいつもプラグを抜こうとするのですか?なぜ勝者はいつも死なのでしょうか。アルフィー・エヴァンスのような病気の子どもの命が無意味だと定義 されるなら、障害者や高齢者、あるいは完璧な消費者の考えに対応しない人たちの命も無意味だと定義されるのはいつになるのでしょうか。 いつまで?なぜ私たちはあらゆる種類の差別と戦うことに時間を費やすのに、現在進行中の最大の迫害、世界のキリスト教徒の大虐殺は見て見ぬふりをするのでしょうか?なぜでしょうか?これらの質問に答えてください。

今日、ここでやっていることについての話です。なぜ家族は敵なのですか?なぜ家族は恐ろしいのですか?これらすべての質問に対する答えは一つです。それは、それが私たちを定義しているからです。それが私たちのアイデンティティだからです。 なぜなら、私たちを定義するものすべてが、私たちにもはやアイデンティティを持たせず、単に完璧な消費者奴隷であることを望む人々にとって、今や敵であるからです。 ですから、彼らは国家のアイデンティティを攻撃し、宗教のアイデンティティを攻撃し、ジェンダーのアイデンティティを攻撃し、家族のアイデンティティを攻撃するのです。

イタリア人、クリスチャン、女性、母親と定義することはできません。市民X、性別X、親1、親2でなければなりません。私は数字でなければなりません。 なぜなら、私が単なる数字になり、アイデンティティやルーツを持たなくなったとき、私は金融投機家の言いなりになる完璧な奴隷になるからです。完璧な消費者。 ということなのです。

だからこそ、私たちは多くの恐怖を呼び起こすのです。だからこそ このイベントは多くの恐怖を呼び起こすのですなぜなら、私たちは数字になりたくないからです。私たちは、人間の価値を守るのです。一人一人の人間の価値を守ります。なぜなら、私たち一人ひとりが、再現不可能なユニークな遺伝子コードを持っているからです。そして、好むと好まざるとにかかわらず、それは神聖なものなのです。私たちはそれを守るのです。神、国、そして家族を守るのです。人々をうんざりさせるそれらのものを。 私たちは自由を守るためにそうします。 なぜなら、私たちは決して金融投機家の言いなりの奴隷や単なる消費者にはならないからです。 それが私たちの使命です。だから私は今日ここに来たのです。 チェスタートンは、一世紀以上前に、 こう書いています。探してみましょう。 2と2が4を作ることを証明するために火は燃やされます。葉が夏に緑であることを証明するために剣が引かれるでしょう」。 時は来ました。私たちは準備万端です。

ありがとうございます。

無限の感謝

コメント

タイトルとURLをコピーしました