WW3・核戦争戦争予測

周期的な戦争
Cyclical Warfare

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

netwar.wordpress.com/2007/08/26/cyclical-warfare/

2007年8月26日

投稿者: Mike under Military Science

世界には、一定期間ごとに激しい戦争が繰り返されるという経験的なパターンがある。大国間の戦争の平均的な間隔は34年である。激しい戦争の頻度は、べき乗則にしたがって分布している。激しい戦争の間には、より頻繁な小規模の戦争がある。

戦争のサイクルは、経済のサイクルと強い相関関係がある。

この研究は、この実証的データを無視するいわゆる「平和研究」と対立するものであり、議論を呼ぶ。

まず、サイクルを示す実証結果を紹介する。1820年から1990年までのCorrelates of Warというデータセットがある。ジャック・レヴィは、1492年から1980年までの大国とその間の紛争をリストアップしたデータセットを作成した。Doran and Parsonsの研究(1980)もある。多くのものがあるが、このパターンの原因を説明できる人はいない。

レヴィの研究によると、大国間戦争の平均間隔は34年、最大間隔は99年であった。

最も激しく、変容的な戦争は、およそ50年ごとに起こる。それぞれの大きな戦争は、次の変革のサイクルまで、大国間の平和の期間を確立し、そこで戦争は頻度と激しさを増し、再び大きな変革の戦争に到達する。

Joshua Goldsteinは同じ現象を研究し、Long Cyclesの中でLevyのデータセットに大きく依存した。Long Cycles:Prosperity and War in the Modern Age(現代における繁栄と戦争)』(ゴールドスタイン著)で、レヴィのデータセットを大いに利用している。
ゴールドスタイン

「大国間戦争の深刻さの時系列(図 11.1) は、50 年周期であることを強く示唆している。グラフの中央の1600~1800 年頃には、4つの戦争のピークが定期的に繰り返されている(「WP」と表示)。いずれも持続的で高死亡率の戦争であり、深刻さを増す一連の戦争に終止符を打つものである。これらのピークは約50年の間隔をおいて配置され、さらに2つのピーク(1870年前後と1915年前後)が続くが、これも約50年の間隔をおいて配置され、期間は短く、一連のエスカレートする戦争に先行されることはない。最後のピークである第二次世界大戦だけは、第一次世界大戦の後に続いており、このパターンに当てはまらない。1600年以前までさかのぼると、さらに3つのピークが見られるが、最初の2つのケースはより弱く、間隔は若干短いものの、同様である。

さらに、グラフ上で繰り返される戦争のピークと、図上の小さな矢印で示された長波のピークの間には、劇的な一対一の対応関係があることがわかる。1918年までの9回の長波放射のピークが、上昇期の終わり近くで起こっている。このことから、私は1495年以降の10回の戦争サイクルを年代測定した(表11 .3)」。

では、この戦いのパターンにはどのような相関があるのだろうか。

大国が台頭し、相対的なパワーがピークに達し、競争相手が台頭してくると衰退する理由を説明しようとする構造主義理論がある。これはどのようにして起こるのだろうか。

戦争は、政治的、経済的な権力の移行によって始まる。古い国際構造と国際法は、もはや存在しない「現状」を支持しているので、権力を握った国家は政権を転覆させなければならない。革命の後、新政権が力の均衡を保つようになる点で、均衡が保たれる。

私はこれを「政治的ブームとバストのサイクル」と呼んでいる。このサイクルは、政治の進化の過程を表している。長征は産業革命が引き金となり、君主制から自由民主制への移行を引き起こした。

しかし、これではまだ漠然としており、単なる説明的なものに過ぎない。また、戦争の頻度がべき乗則であることも、わずかに説明できるに過ぎない。

国際関係論の中には、政治的変化や戦争の原因として、長期的な経済発展の重要性を考慮するものが増えてきている。戦争は政治経済に関わるものであり、戦争資金は金で賄われる。キケロが言ったように、「軍資金は無限の金である」。

ジョシュア・ゴールドスタインは、戦争が景気の上昇をもたらすことを指摘している。特にゴールドスタインは、戦争の周期がコンドラチエフ波(50年の経済サイクル)とほぼ正確に対応していることに気づいた。50 年間の大国間闘争は、50 年間のK 波のピークで発生する。

K波とは、経済の長期的な構造変化を表すものである。これは、シュンペーターの創造的破壊理論の一部を構成している。

最近の5つのサイクルは

  • 産業革命 – 1771年
  • 蒸気・鉄道の時代 – 1829年
  • 鉄鋼、電気、重工業の時代 – 1875年
  • 石油、自動車、大量生産の時代 – 1908年
  • 情報・通信の時代 – 1971年

ジョシュア・ゴールドスタインは、K-Waveと戦争がどのような位置づけにあるのかをイメージして作成した。

K-Waveの考え方については、こちらで詳しく解説している。

このIR理論の限界の一つは、経済学理論の限界である。K波仮説は広く受け入れられているわけではなく、ましてや証明されているわけではない。IR研究者は、経済の変化が政治に与える影響を理解するために、より良いデータを待ち望んでいる。例えば、経済の循環や変化があることは分かっているが、それが構造的なものかランダムなものかは分かっていない。

私たちはいくつかのことを理解している。貨幣は減衰効果を生む。インフレや通貨不足は、戦争の激しさや長さを弱める。経済不況下では、国家に税収がないため、戦争が起こる頻度が低くなる。このことは、恐慌が終わった後、つまり経済が上向きになっているときに戦争が起こるという、繰り返し見られる発見を説明するのに役立つ。第一次世界大戦のようないくつかの戦争は、戦争の政治的原因を解決する前に、国家が事実上破産したため、短期間で終結した(このことが、将来の戦争の必要性を高める)。

K-Waveのような経済の急激な再編成は、国際システムに問題を生じさせるだろう。国際法は、勢力図と協力の現状を維持するために作られたものである。経済力が別の国家に有利になるように再調整され、新しい技術が国際法や慣行を陳腐化させたらどうなるのだろうか。新しい国家が台頭し、現状に不満を持ち、古い体制に挑戦することになる。

経済学は権力移譲の唯一の原因ではないだろうが、重要な原因のひとつには違いない。

これは、他の知見ともリンクしている。特に、戦争の強度のべき乗分布と戦争内のべき乗則である。戦争は自己組織化された臨界の産物である可能性がある。簡単に言えば、人々は複雑な適応システムの中で行動している。人々は新しいシグナルや資源に反応する。緊張が蓄積され、戦争のような大きな出来事に発展する。

印象的なのは、エージェントベースモデリングが、ほんの一握りの機能によって暴力のサイクルを再現していることである。

Epsteinの有名なCivil Violence Modelsも同じパターンを示している。

エージェントは政府への不満を募らせ、警察が彼らを捕らえるよりも早く政府に反旗を翻す。これが市民の暴力につながる。エプスタインは驚くべき結果を発見した。平均60サイクルの頻度で市民暴力が突発的に発生する。これらの短い暴力の間には、断続的な均衡が存在する。

そして、Frequency(頻度)のグラフは、まさに圧巻だった。

私は、単純化された市民暴力モデルが戦争を理解する鍵を握っていると言っているのでは決してない。ただ、紛争のパターンのいくつかを再現していることに驚いている。

経済サイクルや複雑適応システムに関する新しい研究が、国際舞台における暴力的な政治権力の移行をより深く理解することにつながると信じている。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました