ダークホース/ブレット・ワインスタインピーター・マカロー

「Covid-進まない道」 DarkHorse Podcast ピーター・マカロー博士を迎えて

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Covid: The Path not Taken – DarkHorse Podcast with Peter McCullough
Bret Weinstein 0:04

皆さん、ダークホース・ポッドキャストにようこそ。今日はテキサス州ダラスでアカデミックな内科医、心臓病専門医、そして訓練を受けた疫学者であるPeter McCullough博士とご一緒させていただきます。マカロー博士、ダークホースへようこそ。お招きいただきありがとうございます。

COVIDに関するあなたの立場を考えると、あなたが異端の医師の世界で一種の有名人になったことは、何ヶ月前から知っていました。そしてその治療法。

これは明らかに、私が政治的な地雷と見なしているものがたくさんある、非常に困難な状況であり、良い医者、良い科学の邪魔をしています。私は、医学界でのあなたの立場から何が見えているのか、あなたと話したいと思っていました。

Peter McCullough 0:55

私はもうすぐ2年になりますが、ブレットさんと同じように、私たちが生きている間の医療問題に焦点を当てています。今、あなたがおっしゃったことの多くは、多くの人間の感情が集約されたものだと思います。自分が感染することへの個人的な恐怖、痛みや苦しみ、孤独や愛する人のことなどです。そして、メディアを通じて情報を得る中で、医師や医療スタッフ、補助者がパンデミックについてどのように考えているのか、その紆余曲折を見ることができました。

Bret Weinstein 1:34

そうですね、もしよろしければ、どこか別のところから始めたいと思っています。あなたのような医師を見ていると、私が医学の基本的な仕事だと思っていることをやっているのですが、それは現象を科学的に評価することです。つまり、単に高みから知恵を授けるのではなく、非公式ながらも科学的手法を用いて現象の本質を見極め、効果的な治療法を学ぶのです。

あなたのような医師は、私たちと同じようにCOVIDについて学んでいます。しかし、公衆衛生上のシナリオとは異なる結論に達した人は、他の言葉を探すのに苦労していますが、ガスライトを浴びているように見えます。

あなたが直面している病原体は、あなたが思っているようなものではないと効果的に言われているのです。あなたの視点では、それはどのように見えるのでしょうか。

Peter McCullough 2:53

あなたがおっしゃっているのは、いわゆる推論的思考で、私たちは常に一連の観察結果から推論を行っています。そして、このような新しい問題では 基本的にはほぼ毎日、あるいは毎週、毎月、新しいことを学ぶために、新しい観察結果が次々と出てきますよね。ですから、学んだことに基づいて、実際に結論を変えていくのです。いろいろな意味で。

今は医学界で最もエキサイティングな時代の一つであり、私はこれまでのキャリアを通じて、その興奮は並大抵のものではありませんでした。なぜなら、今まで考えていたことが、間違った方向に進んでいることを裏付けるものではないことがわかり、謙虚になることで、常に緊張感があるからです。

科学は常に変化しているので、私たちは変化しなければなりません。あなたの言うとおり、患者を治療する医師は、推論に基づいた科学を用いなければなりません。しかし、それだけではなく、医学の芸術を用いなければなりません。医学的な直感を持ち、それに基づいて結論を出し、治療のために最善を尽くすという考え方です。

これが、2〜5年かかる大規模な無作為化試験を待つことができなかった理由であり、その後、何年もかかるガイドラインを待つことができなかった理由でもあります。Institute of Medicineによると、何かが完全に理解され、予防や治療法などが適用されてから、完全に実施されるまでに17年かかるそうです。

私たちは、COVID-19を使って患者を治療するのに17日間も待つ必要はありませんでした。だから私は、あなたが仄めかしたように、非常に早い段階から早期治療の反応に関わってきました。この反応は、あなたの歴史に残るような米国上院での証言や、複数の州の上院での証言など、非常に多くの意向を集めました。そして昨年は、ワクチンの安全性と有効性に目を向けました。

というのも、多くの医師と同様に、多くのアメリカ人が初めてのワクチンプログラムに志願したからです。そして、その反応は決して珍しいものではありません。ポリオの大パンデミックで多くの命を救った肺活量測定器を、ポリオ患者に装着した最初の医師は、スタッフから放り出されてしまいました。歴史を振り返ると、このようなことがたくさんあります。効果面であれ、安全面であれ、ブレイクスルー技術革新や観察を行った医師は皆、基本的にあなたが言ったような目に遭ってきました。 ガスライティングが行われているということは、私たちが正しい道を歩んでいるということなのです。

Bret Weinstein 5:27

的を射た対空砲ですね。さて、短い時間ではありますが、いくつかお聞きしたいことがあります。例えば 2020年の2月までさかのぼって教えてください。COVIDはどれほど危険な病気なのでしょうか。そして、経験と必要なツールをすべて備えたあなたのような医師に、現代についても同じ質問をしてみてください。

Peter McCullough 5:59

感染症の中でも、これほどまでにリスク評価が可能な感染症は他にないのではないかと思います。同じウイルス感染症でも、八十代の人にとっては致命的で、幼稚園児にとっては風邪よりも軽いというのは、リスク層別化と呼ばれる原理ですが、実際にはおそらく人体のACE2受容体の密度によるものでしょう。受容体の数は侵入には関係ありませんが、実際に存在する受容体の数は侵入によって破壊されます。肺の大惨事は、呼吸窮迫症候群と呼ばれていましたが、その数、数の多さが防御を提供しています。また、血液凝固の能力が時間とともに上昇することもわかっています。

このウイルスの非常にユニークな点は、死因が全身や肺に発生する微小な血栓であり、致命的な血栓塞栓症を引き起こすことです。私が知っている限りでは、ほとんどすべての検死で、死亡時に肺が血栓で満たされていることがわかっています。

このように、リスク・ストラティフィケーションは非常に大きな意味を持っています。八十代の人にとっては非常に致命的な症状であっても、学校に通う子供たちにとっては全く問題のない症状であることもありますので、パンデミックに関する推論を行う際には、必ずリスク評価を行う必要があります。

Bret Weinstein 7:41

ええ、それはとても興味深いですね。ワクチンは本質的に正しい対応であるという考え方です。このワクチンは技術レベルでは信じられないほど斬新なもので、驚異ではありますが、斬新なものです。そして、このような斬新な技術を世界中の人々に提供できるのであれば、すぐにでもワクチン接種を行うべきであるという考え方は、私が無責任に無秩序な実験と呼んでいるものに人類全体を引きずり込むことになります。とんでもないことだと思います。つまり、あなたが指摘するように、非常に若くて健康な子供たちは、COVIDによるリスクは事実上ゼロです。

これは正しい表現でしょうか?

Peter McCullough 8:41

現在 2021年9月と10月に行われる小児と青年の予防接種に関するFDAとの最後の2回の会議に参加していますが、明らかに妥当な意見です。この5月までに、40%の子どもたちがすでにCOVID-19に感染しているという一般的な認識があります。

これは5月までの話で、デルタの大パンデミックの前の話です。デルタの大パンデミックはアメリカでは非常に大きなもので、ワクチン接種前のピークの3分の2を占めていました。デルタのパンデミックでは、実際に若い人が狙われていたことがわかっています。ですから、私の予想では、数字で表しています。

現在、ワクチン接種を検討している子どもたちの80%は、すでにCOVIDに感染しています。先週、CDCは、COVIDから回復した人が誰かに2回目の感染をしたというケースは1つもないと認めました。これで基本的には終わりですが、CDCの推計によると、米国では一般に 5月までに1億4,800万人のアメリカ人が、実際にCOVID-19に感染したことがあり、120以上の研究で裏付けられていない自然免疫を持っているとしています。

ところで、ブラウンストーン研究所のウェブサイトには、自然免疫を支持する120の研究が蓄積されています。これは1回で終わってしまう現象です。

COVID-19に対する自然に獲得した免疫を証明する81の調査研究(文書化、リンク、引用されているもの)

唯一混乱しているのは、2回目の陽性反応が偽陽性反応として起こる可能性があることと、最初のCDCのエッセイではインフルエンザとCOVID-19を区別できないという初期の混乱があることです。しかし、科学的な現実としては、SARSのように免疫力が強固で完全かつ持続的なものになって初めてCOVID-19に感染します。

あなたの言うとおり、公衆衛生上の対応は、他のワクチンのようにリスクを階層化したものではありません。髄膜炎菌ワクチンは、全人口を対象にした絨毯爆撃ではありません。大学に通い、寮に住んでいる子供たちに髄膜炎菌ワクチンを接種しても、アメリカ人は問題にしません。なぜなら、安全で効果的であり、適切に再層化されているからです。

肺炎球菌ワクチンでも同じことが言えます。肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による肺炎のリスクがある高齢者に接種します。子どもにはリスクがないので、接種しません。他のワクチンと同じリスク層別化の原則を、COVID-19ワクチンにも常に適用すべきでした。

Bret Weinstein 11:03

もちろん、私は科学者であり、医学者ではありません。しかし、私には、通常の医学的基準や慣習が投げ捨てられているように見えます。つまり、事実上、ケアの基準は、あなたが想像するような科学的な熟考に基づいておらず、インフォームド・コンセントの権利はどこにも証拠がなく、事実上、私たちはそれに従っているのです。

これが医学的な問題ではなく、科学的な問題であったならば、私は何かが結論から始めて逆算したと言うでしょう。そしてこの場合、人間の健康と幸福を危険にさらすという恐怖が加わっています。私が今言ったことは、議論の余地のないことのように思えます。

実際、私たちがやっていることの単純な事実だけで、この病気から安全な子供たちにワクチンを接種しようと考える人がいるとは思えません。ワクチンについては、たとえ害があるという証拠がなかったとしても、これらのワクチンについてはそうではありません。

リスクがなく、人生が長く、多くの人がすでにしっかりとした免疫を持つ病気にかかっている人たちにワクチンを接種するという考えは、非常に新しいワクチンで少しでもリスクを負わせようとする考えは、とんでもないことだと思います。

しかし、なぜそのようなことをするのかという説明を見てみると、漠然とした、ほとんど子供じみた言葉で書かれていますよね。ワクチンは良いもので、大人のリスクベネフィット分析のようなものもなく、子供にワクチンを接種することで、子供のために何かをしているという考えなのです。

このように、一般市民と医療の接点は、科学や医学というよりも、広報やカスタマーサービスのようになってしまったのではないでしょうか。

Peter McCullough 13:25

今おっしゃったことの最も悪質な例のひとつは、最近、CNNの医療担当記者サンジェイ・グプタがセサミストリートに出演し、他のCNN特派員と一緒に、医療製品の潜在的なベネフィットとリスクの公正なバランスを提示することなく、子供たちにCOVID-19ワクチンの摂取を効果的にそそのかしたことです。

私たちは、アメリカ人がベネフィットとリスクの公正なバランスを得られるよう、法律を制定し、製薬会社を設立しました。そして、あなたの言う通り、それは放棄されました。今回のケースでは、医療倫理や医薬品のファーマコビジランス、規制の原則などが大きく覆されています。これは非常に危険なことです。このことについては、歴史家たちが何年も後に書くことになるでしょう。

アメリカはどのようにして道を踏み外してしまったのでしょうか?先日、スコット・アトラスと食事をしました。あるシンポジウムで一緒に講演したのですが、そのときにスコットが何度もこの言葉を使っていました。スコットは何度も何度もこの言葉を使って、物事がレールから外れている、一般的なルールに従っていないと言っていました。

では、何が間違っていたのでしょうか?それがあなたの質問でしましたが、何が違っていたのでしょうか?何が違っていたのかというと、医師のチームです。資格を持った医師のチームが原則に沿って働くべきだったのです。私はこれをアメリカで発表しました。

2020年の11月にアメリカの上院で証言したときのことです。いいですか、私たちは病気の広がりを抑えることに完全に焦点を当てたチームを持つべきでした。早期治療に焦点を当てた別のチーム、病院での治療に焦点を当てた別のチーム、そしてワクチン接種に焦点を当てた最後のチーム、これらのチームを集め、バーチャルでミーティングを行い、少なくとも週1回または月1回、エビデンスレビューや科学的な最新情報を報告するべきでした。パンデミック対応の4つの柱と呼ばれるこの3つの重要な分野では、正式なエビデンスレビューや科学的な最新情報の提供が行われていないのです。

私は最終的にそれを発表しました。ワクチンについては、データ安全性モニタリング委員会、クリティカルイベント委員会、人間倫理委員会を設置すべきだったと考えています。1月22日のワクチンでは、182人の死亡者が出て、死亡シグナルが出たと思います。目測では、巨大なワクチンプログラムで合計150人が死亡したと考えられます。

これは米国内のすべてのワクチンを合わせた数であることがわかっています。2億7800万回の注射です。1月22日にはすでに死亡率のシグナルが出ています。私はNIHや大手製薬会社の体外診断用医薬品の安全性モニタリング委員会の委員長を務めたことがあります。

私はNIHや大手製薬会社の体外診断薬の安全性モニタリング委員会の委員長を務めたことがあります。自分が何を言っているのか分かっています。私は委員会で大企業のプログラム、つまり巨大な製薬会社のプログラムを停止させてきました。1976年の豚インフルエンザのワクチンとよく似た死亡率のために、私たちのワクチンプログラムは2月に停止されていました。

ローザ・マクラフーリンの分析によると、ワクチンで死亡した高齢者のうち、50%が48時間以内に、80%が1週間以内に死亡していることがわかっています。発熱、悪寒、吐き気、嘔吐、血圧低下などの重篤な反応が見られ、1~2日以内に死に至ります。基本的にはスパイクタンパクが過剰に生成されたことによる心肺虚脱であったり、数週間後の血栓塞栓死や出血死であったりしますが、生物学的には明らかにワクチンと関係があります。ワシントン州の若い女性の死亡記事には、ワクチン誘発性血小板減少性紫斑病で死亡したと書かれていますが、実際に新しいワクチンによる死亡例が出ています。

このように、若い人たちが亡くなっているのです。そして今、彼らの死亡記事や症例報告は、基本的にワクチンによって引き起こされた致命的な病気について記述しています。ところで、私たちの許容範囲は、生物学的製剤や医薬品の新製品で死亡例があった場合、約5件でブラックBOX警告が出され、50件で市場から消えてしまいます。

因果関係があろうがなかろうが、市場から撤退し、その後、安全性の観点から深く掘り下げ、何が悪かったのか、因果関係を仮定することはありません。CDCはこれまでに3度、死亡事例を再調査し、ワクチンが原因ではないとあっさり切り捨てたことをウェブサイトで公表しています。私の周りの科学者に聞いても、そんなことは全く信じられません。

Bret Weinstein 18:21

あなたが説明しているのは、そのようなことから私たちを守るはずの何重ものフェイルセーフが終末論的に失敗したということですね。しかし、私はストーリーを追っていたので、これは恐ろしさの手始めにもならないことを知っています。なぜなら、通常の状況下で問題を警告するのに必要な量よりもはるかに大きな安全信号があったにもかかわらず、この製品を市場から取り除くことができなかったからです。

しかし、私たちは文明の利器を逆さまにして、義務化という考えで遊び、自分や家族をこの製品から守ろうとする人を本質的にいじめようとしているのです。あなたが言うように、この製品はそもそも市場に出回るべきではありません。

この製品から身を守りたいと思う人は、汚名を着せられ、罰せられ、受け入れさせるために市民的自由を剥奪されることになるでしょう。このように、これは医学の壁を破り、私たちの社会的合意の最も基本的な要素を覆そうとしている失敗なのです。

これは私が持っているすべての警鐘を鳴らしていると言わざるを得ません。また、医学の内部から見ると、この状況はさらに厳しいものです。例えば、心筋炎とは何かをほとんどの人は知らないし、「若い人に心筋炎が起こることはあるが、回復することが多い」と言われても、それをどう評価していいのかわからない。それほど深刻な問題ではありません。

このような主張を聞いたとき、医師としてどのようにお考えですか?

Peter McCullough 20:15

ワクチン接種後の死亡が問題視されていますが、アメリカ人や世界中の人々は、「COVID-19は悪い病気だ」と言うと思います。みんなが病気を克服するためには、どんなことでも我慢しますし、みんなが病気を克服するためには、ワクチンを受けることも厭いません。しかし、人々はこのために自分の命を犠牲にしようとはしません。そして、それが彼らに求められていることなのです。「いいか、ワクチンを打て」と言われているのです。

めったにないことですが、命を失うかもしれないんです。そして、人々は「稀なことはどれくらい稀なのか」と言っています。専門家の分析によれば、この死亡率は受け入れがたいほど高いのです。CDCのユーザーVAERSシステムには18,000人が登録されていますが、そのうち約半数は国内のアメリカ人で、ワクチンで死亡しています。CMSのデータを使って行われた非常に優れた研究によると、この件に関する過少報告係数は約5であることが示唆されています。9000×5とすると、現在は4万5000〜5万人というところでしょうか。これは保守的な数字であり、もっと多いかもしれません。

ところで、これはCMSの予測による過少報告で、誰かが亡くなったことはわかっています。しかし、死亡時に騒動があった人の報告が少ないことは想像できるでしょう。私の周りでもそうでした。誰かがワクチンカードを持ってきて、自分のシステムに座って入力しない限り、あるいはCMSの役割を果たす人がいない限り、実際には記録されないかもしれません。それが現状です。このような状況があります。

誰が義務化の決定をしているのか、という疑問があります。従業員の間で死亡者が出るかどうかを気にしているのでしょうか?学生の間で死亡者が出るかどうかを気にしているのでしょうか?そして、ワクチン接種義務化を決定する人々の間には、そのような気遣いや懸念が見られません。それがイライラさせる原因だと思います。大学生には髄膜炎菌ワクチンの接種が義務づけられています。髄膜炎菌ワクチンについて大学側の抗議や訴訟を見たことはありません。

私は医者ですが、B型肝炎ワクチンとインフルエンザワクチンを毎年接種しています。外でこれらのワクチンに抗議する姿は見られません。しかし、大規模な抗議活動を目にすることがあります。人々はワクチンで死ぬ可能性があることを知っているので、ジョーズから立ち去っています。

ワクチンを打つと死ぬ可能性があるという情報が広まると 実際に、大量の死者が出ていました。それが4月中旬になると、ブレット、ご存知の通り、アメリカでのワクチン接種率が急落しました。噂が広まってしまったのです。ツイッターや大手メディアで何が話題になっているかは関係なく、人々はお互いに話し合っていましたし、誰もが知っていました。

その結果、非常に歪んだインセンティブが発生しました。ワクチンは研究が不十分で、医師はそれを宣伝することができません。医師はワクチンについて完全に中立であるべきだとは言えませんし、病院や権威ある立場の人も、ワクチンは研究段階のものだからとは言えません。

もし私がワクチンを推進していたら、生命倫理の原則であるニュルンベルク綱領に違反することになります。私は研究者であることを伝えます。しかし、もし私が患者に「聞いてくれ、君は私の糖尿病研究に参加しなければならない」と言ったとしたら。そして、私の圧力や強制的な戦術を使って、彼らを強制的に研究に参加させたのです。

あるいは、私の病院が私の2人の患者さんにそんなことをして、例えば糖尿病の研究に強制的に参加させたとしたら、私たちは制裁を受けることになるでしょうね。だから、優秀な医師はワクチンを宣伝することはありませんでした。ただ、公平でバランスのとれた情報を提供しようとしていただけです。それが、善良な医師、善良な医療システム、善良な医療専門家にできる唯一のことなのです。

現在、FDAはワクチンが心筋炎を引き起こす可能性があることを認めていますが、あなたが言及した心筋炎のような致命的ではない症候群があります。

6月には、600件の事例、200件の事例を調査し、幼い子供に発症し、90%が入院を必要とする重篤な症状であることを明らかにしました。

実際に、胸痛、心不全の兆候や症状、心筋トロポニンの顕著な上昇などの症状が見られ、心筋梗塞で見られるトロポニンの最小値よりもはるかに高い値を示し、COVID患者はICUで上昇しました。FDAのレビューでは、これらの子どもたちのうち約4分の1は、すでに初期の心不全があったため、観察が必要でした。心エコー図に異常があり、左心室機能障害が推測されたため、心不全の発症を予防するための薬剤や、心不全の積極的な治療が必要でした。

今年の夏、New England Journal of Medicine誌で死亡例が報告されましたが、今度は韓国で死亡例が報告されました。また、6月にFDAとCDCが合意した200件の症例が、VAERSでは11,000件に達したこともあります。他にも認定されているものがありますが、私は逆に医師として心筋炎の症例を実際に報告したことがあります。

CDCから電話があり、CDCの担当者が来て、すべての報告書を見て、すべての検査結果を確認します。カリフォルニア大学デービス校のトレイシー・ホーグ氏の報告によると、12歳から17歳までの間に、VAERSと安全を使って心筋炎を起こしたケースが何千件もあり、男子の方が女子よりはるかに多いそうです。

心筋炎の実際の発生率は、CDCが予測した値よりも少なくとも50%以上高いとトレーシーは推定していますが、それでも86%が入院を必要としました。そして、この分析で最も衝撃的だったのは、12歳から17歳の子供が心筋炎で入院する確率は、COVIDでチャンスを掴むよりも高く、COVIDで入院することはないということでした。

また、ホーガンの分析と、並行して行われたロン・コスタの分析では、死亡について調べていますが、これはさらに重要なことで、どの年齢層でもワクチン接種後の死亡は、実際にCOVID-19で機会を掴んでCOVIDで死亡するよりも可能性が高いというものです。

これがなぜ重要かというと、決定論と呼ばれるものがあるからです。ワクチンを接種した場合、100%の確率で致死的な曝露や危険な曝露を受けることになりますが、COVID-19を接種した場合、100%ではなく、COVID-19を回避した多くの患者にも影響を及ぼす可能性がありますが、多くの患者はすでに罹患しています。つまり、彼らは自然に免疫を持っていて、つながっていて、呼吸器系の病気になっても、また傷つくことはないのです。

このように、この賭けがいかに偏っているかがわかると思います。これらの分析結果は、9月と10月に開催された思春期・小児期の会議で、外部審査員がFDAに提出し、異論はありませんでした。つまり、これは本当に驚くべきことなのです。

これらの分析結果は現在、誰も早めることはしていませんが、ワクチンの投与を延期し、COVIDを管理する方が良い提案です。もしそれが出てきたら。

Bret Weinstein 27:18

その方が良い提案だと思います。ブラインドで行う場合、年齢で層別することの重要性を説明しましたが、他のリスク要因で層別することも必要です。健康な子供の場合は、ほとんどリスクがないということです。COVIDに感染しないというわけではありません。COVIDに感染しないわけではありませんが、恒久的な障害となる可能性は事実上ゼロです。

つまり、層別化することで、大規模なグループ、つまり私たちが最も深く保護しなければならない人たちを、単純に実験から排除することができるのに、私たちはそれをしていないのです。ghastlyの同義語を探しているのですが、なかなか見つかりません。

しかし、私はあなたにこう聞きたいのです。私は何年も前に、テロメアと体内の様々な組織の力学について研究したことがあり、心臓の損傷などについて少し知っています。若い人たちが心臓に深刻なダメージを受けたが、そこから回復したと言われたら、私はまず、回復したのではないかと考えます。

私が最初に思ったのは、短期的には回復するかもしれませんが、寿命を奪われたわけではないということです。この発言は正しいですか?医師として?心筋炎にかかって退院した若い患者さんは、統計的にグループとして扱うと、普通の寿命を持つことになると思いますか?それとも、年を重ねるごとに他の現象に弱くなっていくのでしょうか?

Peter McCullough 29:02

さて、これを見てみましょう。私は最近、心筋炎についての講演を依頼されました。私は循環器専門医で、内科と循環器科の両方を診療しています。そこで、フィンランドのRola氏らの論文を引用したいと思います。

これはCOVIDが導入される前の数年前の論文ですが、先ほどおっしゃった小児期から思春期までのグループを対象としています。フィンランドでは、全員が心筋炎を患っており、その割合は年間100万人あたり4人となっています。

米国では、人口の約半分が50歳未満です。つまり、50歳以下の人口が1億6,000万人いるということです。米国では、Roseと私が行った分析では、以前の放送でも紹介されていましたが、ワクチン接種後の心筋炎は歪んだ分布をしていますが、テールは50歳までずっと続いています。

これが当てはまるのです。アメリカでは、100万人あたり4人の心筋炎患者がいるとされていますが、実際には160人います。160人の4倍ですから、年間640人の心筋炎患者が発生することになります。それがバックグラウンドの割合です。ここまでお話してきましたが、私たちのVAERSシステムでは11,000件です。つまり、バックグラウンド・レートをはるかに超えているのです。

私たちが知っているのは、VOLIO社(名前がとても似ている)による分析で、スパイクタンパク自体が、心臓の毛細血管や心筋細胞の周りにある、ワームと呼ばれる心筋炎に実際に関与しているように見える細胞タイプにおいて、ワクチンの有害要素であるということです。

COVID以前の心筋炎について 2019年のCirculation Research誌に掲載されたtshowby氏らの論文によると、パルボウイルスや様々な形のアデノウイルスなどを介して起こる一般的な心筋炎には、長期的なリスクがあるとされています。このグループの人たちでは、永久的なダメージを受けたり、時間が経つにつれて悪くなったりする率は、約13%です。

この数字は高いですが、私が言えるのは、13%がワクチンによる心筋炎であれば、そして私はそうなると予想していますが、心臓に永久的なダメージを受ける若い人の数は尋常ではないと思いますし、心不全の発症や心不全治療薬の必要性についても話しています。

心不全の発症、心不全治療薬の必要性、心臓死のリスク、植え込み式除細動器などの対処法、中には心臓移植まで行う子供もいますが、心筋炎の過剰症例は1件もあってはならず、1万1千件もあってはならないのです。そして今、子供たちに学校でのワクチン接種が義務付けられたことで、その数は急上昇することになるでしょう。

Bret Weinstein 32:11

1万1,000人というのは非常に高い数字ですが、これまでに行われたすべての分析によると、静脈瘤は劇的に過少報告されており、非常に保守的なシステムになっています。これまでの分析では、静脈瘤は劇的に過小評価されていることがわかっています。

これまでのところ、私の考えは正しいでしょうか?

Peter McCullough 32:31

この話はしていませんでしましたが、6月にFDAとCDCが心筋炎について検討した際、私は全国ネットのテレビに出演し、公衆衛生の観点から完全に間違っていると思われる2つのことを言いました。私は公衆衛生の訓練を受けています。

この時点で、私のキャリアの中で、国立医学図書館のPubMedに掲載された論文は650を超えています。私は、主要な心臓病学雑誌の編集者であり、別の雑誌の元編集者であり、自分の教科書の主な編集者でもあり、現在は学術医療に携わっています。そして、あなたがCOVID-19に話をしている人は誰でも、私はおそらく今、学術的にはトップレベルにいると想像しています。

この2つの発言は、私の後輩である公衆衛生局の職員が、その学問や業績について語ったものです。その2つの発言は、どちらも非難されるべきものだと思います。

彼らは、無茶苦茶なことを言いました。彼らは、心筋炎は軽度であり、まれであると言いました。では、軽度ではなかったのかというと、90%の子供が入院しているのです。規制基準ではね。入院の原因となるものは、ご存じのように重篤な有害事象であり、軽度に分類されることはありません。さらに、200件の事例を、ワクチンを接種した人の数で割って、稀だとしています。

しかし、安全性については、全員を評価したわけではないので、そのようなことはできません。そのため、稀なケースかどうかはわかりません。安全性に関するファーマコビジランスでは、「氷山の一角」という言葉を使っていますが、このようなシグナルを目にしたとき、私たちは「氷山の一角」と表現します。

私は全国放送のテレビで、子供たちが入院したのだから軽度ではないと言いました。また、私たちにとっては珍しいことでもありません。これは氷山の一角なのです。そして、私は正しかったのです。現在、VAERSでは11,000件の症例があります。そして、あなたの言うとおり、十分に報告されていません。

興味深いのは、誰がそれを報告するかです。アメリカの小児科学会で発表された論文によると 2016年にウイルスを報告したのは誰か、そしてVAERSに報告したのは誰か、という質問があります。その答えは、約14%でした。86%の確率で、患者や患者の家族がVAERSに報告しているのですが、実際には製品を心配している別の団体なのです。

このケースでは、ワクチンが問題を引き起こしたのです。つまり、医師、看護師、ワクチンを投与された人、それを受け取った製薬会社などが、自分たちの製品を心配しているということです。ですから、このVAERSのデータは本物だと言わざるを得ません。

そして、私が様々なシートに記入したように、誰でも様々なことを報告することができると言う人もいました。すべてのページに「警告」と書かれています。

これは偽装窒息であり、禁固刑または連邦政府による罰金が科せられます。このシステムでは11,000件が報告されていますが、これは大変なことです。もしこのような報告不足の関係が存在するならば、その数はほぼ確実にもっと多くなるでしょう。実際、死亡率の5倍という数字は、心筋炎の方が大きいかもしれません。

というのも、登録試験を見てみると、えば、フランク氏らが行った試験では、思春期にワクチンを接種した子供の40%が40度の高熱を出し、筋肉痛や体の痛みがあり、1回目と2回目の接種後に非常に気分が悪くなるというものでした。心筋炎の発生率は天文学的な数字になると思われます。

Bret Weinstein 35:58

さて、あなたは今、壊滅的な状況を説明しましたが、それ自体は別の氷山の一角に過ぎません。なぜなら、人々が本当に注意深く考える必要があるのは、COVIDによるリスクが基本的にない子どもたちへの義務化、あるいは義務化を検討していることです。しかし、それだけではありません。COVIDに感染した子どもには、ほとんど害がありません。

私たちが知る限り、健康な子どもは、ワクチンが達成できるとしたら奇跡的だと思われるような、今後の病気に対する完全な免疫を手に入れています。私たちは、子供たちが病気にかかるのを防ぐためにワクチンを接種します。そうすれば、子供たちが大きくなって病気がより危険になるまで、COVIDに対する強固で幅広い免疫を獲得することができません。

そうすれば、私たちはこんなことをしていないでしょう。「脅威にならない病気のために、なぜ子どもにワクチンを接種するのか」と問いかけると、返ってくる答えは「ひどい」ものです。と聞くと、返ってくる答えは最悪です。その答えは、事実上、パンデミックをコントロールするためだというものです。

さて、子供たちがCOVIDに感染しても、症状が非常に軽く、永久的な免疫を持って立ち去るよりも、実際にパンデミックをコントロールできるかどうかについては、一日中議論することができます。しかし、議論の余地がないのは、この理論が事実上、若者から健康を奪って老人や病人を保護しているということです。

先ほど、ニュルンベルク・綱領の話が出ましたが、これはどうでしょうか?残念ながら、私たちはこのような観点から何が起こっているのかを考える必要があると思います。

健全な社会では、お年寄りや体の弱い人を守るために、若い人から健康を奪うことは倫理的に許されないことです。つまり、お互いに約束していた医療倫理の考え方が、技術的には素晴らしくても、不幸な特徴を持ち、設計上の失敗が多いことが分かっている単一の治療法に焦点を当てた、無謀なトップダウンキャンペーンに従属してしまったということです。

スパイクタンパク質の話が出ましたが、スパイクタンパク質自体が危険なので、COVIDの化学的性質を免疫系に知らせるためのタンパクとしては、非常に悪い選択でした。

今、私は「Dark Horse」でそのような発言をしたことで、事実確認のためのトラブルに巻き込まれています。しかし、もちろん、これはスパイクプロテインが実際に体にダメージを与えているという話ですよね。そのダメージは、自己修復能力が非常に低い心臓組織に及ぶこともあります。子供たちに何のメリットもないのに、このようなことをするというのは、単純に考えても納得がいきません。

Peter McCullough 39:15

私はファクトチェッカーによる事実確認を受けましたが、彼らは実際に、なぜブレットを止めたかというと、私が文献を引用したからです。私はファクトチェッカーに、その論文をレビューして、その論文をインターネット上でさらに目立つようにしてほしいと頼みました。

すると彼らは明らかに、私が引用に関して全く正しいことを知っているので、私を芋づる式に落としたのです。だから私は、彼らが実際に一冊の本を出してくれることを願っています。彼らが完成した論文を手にして、「これならできるはずだ」と戻ってくることを期待しています。そして、私たちは集中します。

2つだけ言わせてください。医療倫理という言葉が出てきましたね。ニュルンベルク綱領では、いかなる状況においても、体に何かを注入されることに対して、圧力、強制、報復の脅しを受けてはならないとしていますが、これを研究の場であるワクチンに適用すると、ナチスドイツの研究プログラムで実際に起こったことになります。

そして2つ目は、ヘルシンキ宣言です。生命倫理の礎となるものは6つあり、ワシントンの人間研究保護局が実際に保持しています。2つ目はヘルシンキ宣言で、誰もがインフォームド・コンセントを受けるべきであることを示しています。最近、私はルイジアナ州バトンルージュのダイアン・アンドリューの番組に出演しましたが、彼女はジョージア州メーコン郡のタスキギープログラムのことを思い出していました。すみません、アラバマ州です。

そこで行われたのは、およそ600人のアフリカ系アメリカ人男性を梅毒の研究に勧誘するというものでした。彼らは、この研究が梅毒を予防するためのものだと聞かされていました。ベースラインで梅毒を持っているかどうかは知らされず、効果的なプラシーボを与えられました。

このプログラムは、1932年から 1972年まで行われました。1940年代半ばにペニシリンが登場しました。このプログラムの研究者たちは、梅毒を持っている人にはペニシリンを与えませんでした。男性が妻に、そして子供に飲ませたのです。

ブレット、このプログラムは誰が運営していたのでしょうか?CDCが運営していました。CDCの中の公衆衛生局が運営していました。上院の公聴会があったことを知っていますか?謝罪はありませんでした。

最終的には、1990年代初頭にクリントン元大統領が、タスキギー実験に参加した人たちの配偶者に正式に謝罪し、この件について謝罪し、賠償金を支払うことになりました。申し訳ないと言うことに興味を持っている人は見当たらない、これは取られると思う。

これはタスキギーと同じで、何度も何度も、ナチスの医師の犯罪と非常によく似ていると思います。同じ手法が使われています。プロパガンダ、権力者による虚偽の情報提供、そして権力者による不正行為(実際には不正行為ですが)です。

このような兆候や症状が見られます。FDAの職員が何人か、我慢できなくなって辞職しています。実際、バイオ・アンド・テック社との生物学的ライセンス契約に署名したグルーバー博士は、署名した7日後に辞任しました。

彼女は生物学的ライセンス契約書に署名した7日後に辞任しましたが、その例に漏れず、彼女の同僚の一人も辞任しました。フランシス・コリンズ、国立衛生研究所の所長ですが、彼は引退します。今、言っておきたいのは、これは医療のスーパーボウルだということです。NIH、FDA、CDCでは、辞任者はゼロのはずです。

これらの人々は、公衆衛生プログラムの勝利に絶対的な自信を持っているはずですが、彼らは出口に向かっています。これは、私たちが今どこに向かっているのかを物語っていると思います。あなたの言うとおりです。生命倫理の原則は壁を越えています。世界保健機関(WHO)は最近、1セントで子供が学校に来て同意することは、実際にCOVID-19ワクチン接種に同意したことになる、と発表しました。

Bret Weinstein 43:10

私の子供は確かにそうではありません。それは間違いありません。私自身、ナチスとの比較やタスキギーとの比較と格闘してきましたが、多くの人がそうであるように、絶対的に正当化される場合を除いては、このようなものを持ち出してはならないという絶対的な義務を感じています。

しかし、問題は、完全なパラレルではありませんが、最も近いものであることは間違いありません。確かに、偽って子供たちにワクチンを接種することはタスキギーのようなもので、今回は人種は問題になっていません。

それにもかかわらず、この点について曖昧さがあるとは思えないのですが。私が理解できないのは、この病気に脅かされていない子供たちにワクチンを接種することに問題があることを理解するのに、そこまでの知識や賢さが必要だとは思えないのです。

それほど複雑ではありません。それがわかれば、私たちの目的も達成できます。そうすれば、私たちがやっていることが間違っていることに気づくはずです。例えば、ワクチンプログラムは、「代替手段がない」という主張に基づいています。COVIDを立ち上げた当初は、何をしていいのかわからない状態でした。

しかし、もうそんなことはありません。どのように治療すべきか、どのように治療すべきでないかについて、非常に多くのことを学びました。ワクチンが使えず、あらゆる手段を駆使できる環境にあったとします。検査で陽性反応が出たものの、まだそれほど重症ではない弱い立場の患者さんを治療するのに、医師としてどれほどの権限が与えられていると思いますか?

Peter McCullough 45:05

すべての医師は、肺炎球菌による肺炎やインフルエンザによる肺炎と同じように、この病気を治療することができると感じるべきです。そうです。私たちは、内科医として、家庭医として、専門医として、これを行っています。

私は最初からそうしてきました。私は宣誓に基づいて証言しましたが、ハイリスクの患者にCOVID-19の早期治療を拒否したことは一度もありません。私たちは中国が最初から、この病気が一部の人には致命的になる可能性があると言っていたからです。そんなことは絶対にしません。それは治療の失敗であり、医療過誤と呼ばれるものです。そして

Bret Weinstein 45:50

そこで私はあなたを止めたいと思います。なぜなら、あなたが何を言っているのか、人々は必ずしも理解できないと思うからです。あなたの言っていることは、「標準的な治療」とは、基本的に、医療の助けを必要とするほどの病気でなければ家に帰すことであり、私たちは陽性反応が出たばかりの人を治療しない、ということです。

Peter McCullough 46:17

これは、この病気が致命的になるまでに2~4週間かかることがわかっている状況です。今、私たちはそれを知っています。2020年の2月には知らなかったかもしれません。しかし、今はそれがわかっています。

また、どのような感染症であっても、早期に治療を開始すれば、劇症化する前に感染症を食い止めることができる可能性が高いこともわかっています。そして、最終的には致命的になります。

細菌感染症では、患者が来院してから最初の抗菌薬が投与されるまでの時間を、実際に品質評価指標としていましたが、COVID-19でも同様のことが言えるはずです。COVID-19の興味深い点は、すべての人が治療を必要としているわけではないということです。

COVID-19による治療を必要としている人は、人口の約25%と推定されています。motori氏らによる3万人以上のCOVID-19患者を対象としたイランでの研究では、ヒドロキシクロロキンをベースとしたプログラムが大きな成功を収めており、リスクの高い患者に比較的短期間のヒドロキシクロロキンと他の薬剤を併用することができます。

現在、リスク層別化は非常に洗練されており、クリーブランド・クリニックのウェブサイトにアクセスして、年齢や医療問題を入力すると、COVID-19による入院や死亡のリスクを実際に計算することができます。当時は、このように簡単にリスク層別化ができることを肯定的にとらえていました。

私は 2020年にAmerican Journal of Medicineに発表した最初の論文で、常にこう述べてきました。そして 2020年12月のCardiovascular Medicineにフォローアップとレビューが掲載されています。

これらは、COVID-19の治療の中で、最も頻繁にされ、利用されている論文です。これらの論文は、アメリカ人が世界中の人々に向けた最初の治療プロトコルの基礎となったものです。これを支えたのは、アメリカの各州で設立されている医師団体、Association of American Physicians and Surgeonsでした。私たちは、他のどの団体よりも先に、多剤併用療法と呼ばれる一連の治療法をアメリカ人に提供してきましたが、これは医師を介して、あるいは紹介された医師を介して、あるいは遠隔医療サービスを介して行われました。

さて、話をCOVID 19に罹患した患者さんに戻します。まず最初に行うのは、リスクの層別化です。明らかに50歳以上で、医学的な問題を抱えている人がいれば、入院や死亡のリスクは1%以上になります。これが、何かを始めるための閾値です。例えば65歳以上で、心臓病、肺病、糖尿病、肥満などの一般的な疾患を抱えている人を対象とすると、20~40%のリスクが発生する可能性があります。入院となると、14日目ではなく、初日に何かをする必要があるのは明らかです。

そこで私は、11月に米国上院で証言を行いました。その際、あなたがおっしゃったように、NIHの最初のガイドラインについてコメントしました。リスナーの皆さんにも知っておいていただきたいのです。NIHはガイドラインを作成する機関ではありません。NIHはガイドラインを作る組織ではなく、治療法を推奨する組織でもありませんが、彼らは試みました。

それ以前にも、アメリカ感染症学会は3~4種類のガイドラインを作成していました。NIHもIDSAも入院患者に焦点を当てていました。入院患者に焦点を当てていることは明らかで、外来患者に対するアプローチはありませんでした。NIHが言ったことは特に印象的で、歴史家はこのことについて書くでしょう。

彼らは特に、ハイリスクの患者がCOVID-19に感染した場合、家に帰って何もしないと言ったのです。文字通り、自分が耐えられなくなり、息ができなくなるまで待つのです。病院に行っても何もせず、酸素吸入が必要な状態になるまで何もせず、その時点でレムデシビルを1ミリグラム投与することができるのです。

私は、COVID-19で多くの患者を治療してきた上級医師として、このような状況を伝えることができます。私は、このガイドラインを受け取って、「これは国民に害を与えることになります。また、他のガイドラインを使わず、APSを用いてリスク層別化を行い、患者の治療を開始し、入院や死亡を防ぐ方が良いと思います。

私はいつもこう言っていますが、悪い結果は入院と死亡の2つだけです。COVID-19に感染しても、自宅でやり過ごすことができると知れば、自宅療養が必ず勝利することは明らかだと思います。このような原則から、私たちは感染期間を14日から4日、14日から4日に短縮しています。また、症状の強さや期間を短縮するためには、薬は完璧ではありませんが、4~6種類の薬を組み合わせて使う必要があります。HIVや肝炎、その他のウイルス感染症と同じように、4~6種類の薬を組み合わせて使う必要があります。

もし、家の中で2週間もウイルスを繁殖させてしまったら、クリニックや病院へのパニックが起きてしまいます。他のケアワーカーや家族などにも感染させてしまいます。アメリカではすべての入院が、実はスーパースプレッダーのイベントになっているんですね。

最近では、アーロン・ロジャースがCOVID-19を発症して批判されました。アーロン・ロジャースは正しいことをしたのだ、彼は私とまったく同じことをしたのだ、私はCOVID-19に感染したのだ、と。私は何をしたか?私は何をしたかというと、自宅で多剤併用療法に取り組みました。

私は研究をしていました。私は毎日綿棒を使っていましたが、アーロンはそうではなかったでしょう。感染力を4日に縮めて証明したすべての接触者を追跡したんだ 私の妻もそうしました。誰にも感染させずに終わった。裏を返せば、自然に免疫ができたということです。アーロン・ロジャースはパッカーズに復帰し、二度とCOVID-19に感染することはなく、二度と拡散することもありませんが、それはワクチンを打つこととは全く違います。

ワクチンを接種していれば、何らかの方法で感染する可能性があったのは明らかです。ワクチンを接種した人が他の人に感染させる可能性は明らかにありますし、CDC長官はすべてのデータが実際にそうであることを示唆していると述べています。

Bret Weinstein 52:09

さて、私にとって重要なことは、自分が見ているものを理解しようとしてきたこと、そして、確かに悪い病気だが管理可能な病気に対するこのひどい公衆衛生上の対応を理解しようとしてきたことです。そして、次のような考えから逃れることができませんでした。その場で、あなたはガイドラインがない方が良かったと言いました。

今はね。私の感覚では、適切な良い対応ができるかもしれません。無能な対応をすることもできるし、それ以外のこともできる。問題は、私たちの対応が無能であるだけでなく、責任ある行動とは逆のことをしていることが多いことです。例えば、COVID病の進行がかなり遅れるまで治療を行わないということがあります。

これは、あなたが提供する治療が最も効果的でないことを確実にする方法ですよね?これはひどい推奨です。正しいことの逆バージョンなのです。ワクチンがこの病気をコントロールする方法であるという考えは、繰り返しになりますが、これらのワクチンには能力がなく、せいぜい弱く、時間の経過とともに効果は非常に急速に減少し、それ自体が病気を引き起こすものです。

これらは適切なツールではありません。私たちには他の手段があり、それらの使用を推奨しているわけではありません。あなたは、効果のある様々な薬について言及しました。ここで役に立つと思われるものをいくつか挙げてみてください。

Peter McCullough 53:39

さて、公衆衛生の対応についてのあなたの解釈についてコメントさせてください。スコット・アトラスの本が出版され、彼はテレビにも出演しています。私は個人的に彼と食事をしたことがあります。その時に話しました。彼は内部にいましたからね。彼は実際に公衆衛生関係者と会っていました。

彼はその会議に出席していましたが、私はその内容にショックを受けました。彼が言うには、テレビで見かける公衆衛生局員は、パンデミックの期間中、科学的なデータを持たずに会議に出席していたというのです。査読論文を読んでいません。準備ができていなかったのです。スコットは、自分だけが新しい研究を持ってきて、何が起こっているかを解釈していたと言っていました。

私はびっくりしました。私は、スコットに、これは本当なのか、アメリカが苦しんでいるのは、公衆衛生当局の無能さが原因なのではないか、と言いました。すると彼は、「そうだよ、これは本当に無能だと思うよ」と答えました。

Bret Weinstein 54:29

私は、どちらも間違っていると言わざるを得ません。これは無能では説明できないことだと思います。無能であれば、ランダムな勧告のセットのようなものができますよね?完全な無能であれば、ランダムなセットが得られるでしょう。

そうではなく、私たちが得ているのは、正しい推奨の逆数に近いものです。ビタミンDの補給を推奨していないことは明らかです。ビタミンDでコントロールされたCOVIDを防ぐことができる量は多く、ビタミンDの安全性は明らかです。また、仮に効果がなかったとしても、仮に私たちが間違っていたとしても、特に冬場にビタミンDを補給することで得られる副次的な効果は、それだけで十分に明らかです。ですから、私たちはそのようなことはしません。

現在、無作為化比較試験が行われていますが、これは奇妙なことに、受け入れられる唯一の種類の証拠だと言われています。フルボキサミンがCOVIDに有効であるという証拠があります。しかし、それを標準治療に加えようとする迅速な動きは見られません。

まるで、医学的、疫学的な理由ではなく、何かが一つの解決策に焦点を当てているかのようです。そして、見つけた証拠を何でも書き換えようとし、その1つの処方された治療法に代わるものをすべて退け、合理化しようとしているのです。だから、私はあなたに反論するつもりはありませんが、あなたは証拠が裏付けるよりも慎重になっていると思います。ここでは、無能を超えた何かを見ているのです。

Peter McCullough 56:03

そうですね、私もそうでした。スコット・アトラスに公平を期すためにも、基本的には彼の解釈を伝えていました。私はコロンバスのシンポジウムに参加したのですが、誰かが彼にまさにその質問をしました。

彼らは、本当に無能なのでしょうか?それとも、その逆なのでしょうか?それよりももっと悪いものなのでしょうか?彼の答えは、「公衆衛生の分野で権力を持っている人たちは、この危機を終わらせたいと思っている」というものでした。

ある意味では、彼らは善意で行動しているのです。彼は、特に私が会場にいたときにそう言っていました。私はそれを聞いていました。彼の本にも同じことが書かれていると思います。しかし、彼は、無能な場合や単にデータに従わない場合については、非常に明確に述べています。

しかし、その逆に、ブレットが本当に目指しているのは、「極悪」という形容詞に非常に近いもので、「人々は実際に意図的に害を与えようとしているのか」という意味です。『我々は獲物である』(ピーター・ブレギン著)です。

この本は、今、多くの医学書ランキングで1位になっていると思います。1000の証拠を引用しており、事実に基づいた本で、基本的にはノンフィクションです。ブラジンによれば、ほぼ確実に悪意があり、事態を悪化させようとする意図があると書かれています。

今年の初め、私はタッカー・カールソンに自分の解釈を述べました。「タッカー、聞いてくれ、私はこれを見ているただの医者だ。しかし、私は、早期治療を意図的に抑制していると思います。ワクチンを大々的に宣伝するために、隔離、隔離、恐怖、苦しみ、入院、死を覆い隠すことが意図的に行われていると思います。それが何ヶ月も前の私の解釈であり、私はテレビでアメリカ人にその解釈を伝えています。だから、私はあなたに賛同しています。単なる無能ではありません。何か意図があることは間違いありません。ワクチンに関する意図があり、それが実行されているのです。

Bret Weinstein 58:04

ここで紹介したいのは、私は何が起こっているのかわからないということです。そして、その背後にある意図についても不可知論的です。しかし、その不可知論に合致する中間的な説明のようなものがあると思います。それは、本当に患者さんを助け、パンデミックを終わらせようとした場合に推奨される政策の逆バージョンのようなものがあるということです。

これは無能では説明できず、更新されない救済策を中心に構築された公衆衛生の対応で説明できます。言い換えれば、ワクチンの弱さや設計上の欠陥を知らないうちにワクチンに熱中してしまい、これが今でも最良の治療法であるかどうかを確認しなかった場合、正直なところ、利益追求の一環として行われている単一の治療法に絶対的に容認できない、弁解の余地のないコミットメントをした結果、効果のある代替手段の認知を妨げてしまうことになりかねません。だからこそ、事態を悪化させる意図を持たずに行うことができるのです。

私は、事態を悪化させる意図がないとは言いません。また、COVIDという病気やパンデミックは実際に起こっている現象であり、私たちが考えなければならない別のことを指摘していると思います。そして、政治機構の問題と、それをどのように利用するかという問題があります。マスク着用の効果については曖昧な証拠がありますが、マスク着用はどこにでもあるという考え方です。もし検疫を利用するのであれば、別の戦略を利用することができるはずです。

医学的に極悪なのではなく、医療政策を装った政治的に極悪なのです。繰り返しになりますが、私はここで何が起こっているのかを知っているとは思っていませんが、私が言いたいのは、証拠がある以上、慎重に分析する必要があるということです。

しかし、少なくとも、自分の利益や私たちの集団の利益を伝えているものが、人々を欺いていることに気づく必要があります。ビタミンDがほぼ確実に不足している人々にビタミンDを推奨していないことを見れば、それは明らかです。

また、医療上のメリットがなく、明らかに逆の効果をもたらす子供たちにワクチン接種を勧めることにも表れています。また、病気になってからでは遅いので、効果的な治療ができなくなるまで家に帰すという方針にも表れています。

これらのことは、権威ある声があったとしても、それはもう捕らえられたか破壊されたかのどちらかであり、私たちは現場で経験を積んだあなたのような人々の声に耳を傾けなければならないことを示しています。これは患者に見られることです。そして、そのような権威に耳を傾けてはいけないのです。

Peter McCullough 1:01:31

COVID-19の治療を経験したことのあるアカデミックな医師が、しっかりとした出版実績とCOVID-19を持っていることは驚くべきことではありませんよね。提言という点では、公衆衛生局員よりも彼らの方が優位な立場にあるのは当然のことでしょう。ただ、それだけのことなのです。つまり、公衆衛生局員はCOVID-19で患者を治療しているわけではないのです。

彼らは最先端の科学の先陣を切っているわけではありません。私は、あなたがインタビューした多くの人と同じように、数え切れないほどのシンポジウムに参加し、今、世界中で情報交換に携わっています。

アメリカの公衆衛生担当者は、外の世界に開かれた窓を見たことがないので、そのことを知らないのです。公衆衛生の対応は国によって大きく異なるので、何らかの政治的意図があるはずですよね。医学的な問題だけであれば、ある程度統一された基準を設けることができるでしょう。

しかし、もともとオープンなスウェーデンでは、キプロスからメッセージが届きました。キプロス島では、24時間365日、屋内外を完全に封鎖しており、厳しい罰則が科せられ、外出する際にはテキストメッセージで承認を得なければなりません。

つまり、アジェンダにはワクチンが完全に含まれており、ワクチンはCOVIDよりも多くの死亡者を出すことになるのです。そして、ワクチンは完全な形で実行され、最終的にはCOVIDよりもワクチンの方が問題になるでしょう。

このことは、低有病率の国ではすでに見られますし、世界で最もワクチンを接種していない地域では、非常に興味深い傾向が見られます。COVIDの脅威が最も少ないのは、例えば中央アフリカで、ワクチン接種率は6%です。

このような地域では、COVIDの脅威はほとんどありません。一方、ジブラルタル、イギリス、アイスランドなどでは、アメリカやカナダが台頭してきていますよね。どこの国でも、より強力にワクチンを接種しています。COVIDの問題はもっと大きいのです。アメリカの人口の6分の1がCOVIDに感染しているという事実に、アメリカ人としてはショックを受けています。

アメリカではいまだに世界のどの国よりもCOVID-19の感染者数と死亡者数が多いのです。5600の病院、20,200の急性期医療センター、300の医学部がありますが、主要な医療機関で独自の研究プロトコルを持っているところは一つもないことをご存知でしょうか。

これが始まって2年が経ちました。COVID-19に対するハーバード大学の治療プロトコルがないというのは衝撃的です。メイヨークリニックやデューク大学の治療法もありません。彼らは独自のプロトコルを持っていて、太陽の下のあらゆる医学的問題に対する研究と革新を実際に披露しています。COVID-19で突然、我々の学術的な知性がCOVID-19でゼロになってしまったのは、衝撃的なことだと思います。

私やエリックのような人たち、そしてほんの数人の独立したリーダーたちが、COVID-19の治療法を世界に広めるために突破口を開いたのに、主要な医学部が平然としているのは、本当にショックだと思います。

Bret Weinstein 1:05:04

そうですね。つまり、一流の医学部からプロトコルが出てくるはずの通常のプロセスが、どこにも見当たらないのです。また、奇妙なことに、製薬会社による規制強化の問題があると広く理解されているにもかかわらず、ほとんどの人が、COVIDに関する製薬会社の汚職は平均的なレベルですらなく、実際には腐敗のレベルはゼロであると想定しているようなのです。

少なくとも、私たちが見ているいくつかの無意味なものや、受け入れるように言われているいくつかのパラドックスが、他の年にも存在することがわかっている汚職の結果であるという可能性を残しておくのではなく、自分が見ているものが純粋な公衆衛生上の対応であると考える人がいることが理解できません。

Peter McCullough 1:05:52

私はただ、それは組織的なものかもしれないと答えただけです。この問題を解決するためには、連邦政府から医療センターや医療機関に入ってくる連邦政府の支払いを調べる必要があると思います。

これは、ある意味でCOVID救済資金であり、FAQや資金の使用方法について監査が可能です。つまり、医学部では、革新的なプロトコルを試すことは望んでいないかもしれませんが、そうすると連邦政府の資金が脅かされるかもしれないので、実際には、NIHのガイドラインやレムデシビルやデキサメタゾンなどの薬剤を使用して、軌道に乗るべきだと考えたのかもしれません。

これらの機関には優秀な人材がたくさんいます。抗アンドロゲン剤やフルボキサミンを試したいと思う医師がいないとは思えませんし、助成金を獲得したい、有名になりたいと思う若い人たちがたくさんいます。現代の最大の公衆衛生問題を治療するのに、有名になることに興味がないなんてありえませんよね。

Bret Weinstein 1:07:11

現代の最大の公衆衛生問題であり、ほとんどすべての医学が自己破壊的であるため、目立つのは簡単でしょう。しかし、社会的なプレッシャーや、そうしてはいけないという政治的なプレッシャーがあったからこそ、最終的には歴史家がこの問題を解決してくれるだろうという希望的観測を示したのだと思います。

正直に言うと、この事件の罪は、歴史家が何が起こったのかを解明できないようにするために莫大な投資がなされるほど重大なものではないかと危惧しています。この物語の結末が、その挑戦にふさわしいものであることを願っています。

あなたの時間を尊重して、もう終わらなければならないでしょう。ジェシカ・ローズとの論文「Another oddity of the COVID pandemic in our academic, scientific, and medical response to it」について最後にお聞きします。あの論文で何が起こったのか、あなたの経験ではどれほど珍しいことなのかを教えてください。

Peter McCullough 1:08:13

その論文は、様々なシステムを使った記述的な分析で、アメリカ国内のケースだけを対象としています。一流のウイルス疫学者であるJessica Rose氏と私です。私は心臓病の専門家です。この2つのスキルセットでデータを分析しました。

そして、EHRの症例を説明しているだけです。主に年齢と性別の分布を示しています。議論の余地はありません。何の比較もしていません。そして、ジェシカは、この論文を「カレント・プロブレム・イン・カーディオロジー」に投稿することを決定しました。

この雑誌では、論文が投稿されると、ある意味、その論文が編集者の興味を引くものかどうかの編集対話が行われます。彼女はその対話の中で、興味があることを示しています。ジャーナルに歓迎されているようなものです。そして、その論文は査読プロセスを経るのです。

私も査読プロセスを経てアクセプトされました。その際には、出版料、支払い済みの出版物、契約書の著作権料、カラー図版料などが支払われました。そこで私はジェシカに、論文の財務は私が管理すると伝えました。すべてに署名、捺印して契約し、National Library of Medicineに引用されるのです。

これで一件落着ですね。この論文は医学史の一部です。今や記録簿に載っているのです。そして、数週間後には、最初の会議である5歳から11歳までのワクチン接種に関する小児科会議で大いに活用されることになります。この論文は、その会議を研究している人たちにとって、本当に重要な意味を持つことになるでしょう。

ところが、出版社のエルゼビア社が何の連絡もなく、この論文をPubMedから削除したことを知り、ショックを受けました。引用文献は残っているのですが、一時的に取り下げられたと書かれていました。その後、Elsevier社から通知が届きました。 彼らは、そもそもこの論文を招待していなかったと考えているので、取り下げたと言っています。

そこで私は契約書を見直しました。本当にそんなことができるのかと。その論文が招待されたことは明らかで、編集のバグもありました。もし彼らが論文を必要としていなかったら ブレット、彼らは我々が興味を持っていないと言っていたでしょう。他の場所に行けと言うでしょう?彼らは明らかにそれをしませんでした。

Bret Weinstein 1:10:23

彼らはそんなことはしません。彼らはピアには送らなかったでしょう。その通りです。ええ、説明します。それ

Peter McCullough 1:10:27

それは通らないでしょう。しかし、私はこの契約の側面に目を通しましたが、彼らはそれを撤回することができました。もし科学的な無効性が認められれば。後になって何かを発見したとしても、彼らにはその権利があります。

ヒドロキシクロロキンに関するランセット論文を覚えているでしょうか。あれは不正な論文で、後になって発見され、撤回されました。詐欺的な論文だとか、正しいデータを持っていないとか、そういったことを言っていれば、このようなことはできたはずです。しかし、それは言い訳にはなりませんでした。

そこで私たちはエルゼビアに、「本当にこれでいいのか」と尋ねました。なぜなら、それは明らかだからです。そこにはたくさんの影響があります。エルゼビアは世界最大の出版社です。エルゼビアは世界最大の出版社ですが、彼らは「ああ、やりたいと思っている」と言いました。そうすると、エルゼビアに対して訴訟を起こすことになり、エルゼビアにとっては非常に大きな負担になります。

Bret Weinstein 1:11:20

エルゼビアは、ガリレオの出版社の知的な子孫であることを誇らしげに宣伝していますが、このケースではそれが魅力的に感じられます。

Peter McCullough 1:11:31

さて、私もエルゼビアはこの件で絶対に叩かれると思います。私はそれを約束します。契約違反というだけでなく、科学的な情報を発信することをビジネスとする学術医学のビジネスに対する拷問的な妨害ですからね。だから、これは最高レベルに持っていかれるでしょう。

我々とオランダの訴訟担当者は、この論文にもっと注目を集めるだろうし、それから、そこにいた利害関係者が何であれ、明らかに、FDAの小児科会議の前にこの情報が公になることを望んでいない利害関係者がいた。その利害関係者が誰なのかは、ブレットの発見によって明らかになるでしょう。

Bret Weinstein 1:12:13

そうですね、あなたと一緒に見つけ出すのを楽しみにしています。お聞きしたいのですが。あなたは600以上の出版物をお持ちだとおっしゃいましたが、それはどのようなものですか?

Peter McCullough 1:12:21

ええ、ありますよ。私をPubMedで検索すると、約660件の査読付き論文があり、その中には私が筆頭著者か上級著者になっているものもかなりあります。また、私は医学分野で幅広く出版しており、自分自身が編集者でもあるので、自分が何を言っているのか分かっています。

Bret Weinstein 1:12:49

このようなものをどれだけ見てきたでしょうか。

Peter McCullough 1:12:52

こんなことはありません。これは事実上、学術的な不正行為であり、エルゼビアによる不正行為です。エルゼビアは、世界にとって非常に重要なトピックに関する検閲を行っており、それが露見してしまったのです。

Bret Weinstein 1:13:10

では、そろそろ失礼します。とても楽しかったです。これからも私たちのために善戦してください。そして、次の機会にお話しできることを楽しみにしています。インタビューをありがとうございました。それでは、お元気で

タイトルとURLをコピーしました