プロパガンダ・欺瞞

マティアス・デスメット

プロパガンダ、真摯な言葉、そして武士の直感 マティアス・デスメット

Propaganda, Sincere Speech, and the Intuition of the Samurai マティアス・デスメット 2024年5月14日 私たちは何を信じることができるのか?私たちの社会では、オープンマインドな会話や型にはまらない意見を受け入れるスペ
LLM - LaMDA, ChatGPT, Claude3

生成AI(Claude 3):「故意の盲目」に支配された社会での変革へのアプローチ

はじめに 一般的に、信念の重要性や自分の信じることの大切さが強調されることがあります。しかし、権力者も自分の信念を正当化の根拠として利用できてしまうため、信念の重要性を第一原理に掲げてしまうと、それは権力闘争のようなものに帰着する可能性が高いかもしれません。メタレベルにおいては、
陰謀論

ラウトレッジ:『平和と戦争産業』 1973、アイアンマウンテン報告

Peace and the War Industry アイアンマウンテン報告 1963年8月、レナード・C・ルーウィンの言葉を信じるなら、政府の後援のもと、メロドラマのように秘密裏に特別研究グループが設置された。 1. 恒久的な平和が実現した場合、米国がどのような問題に直面するか
EBM・RCT

査読論文:誰が「反科学」なのか?

Who is “anti-science”? オンライン公開 2024年3月29日 エリザベス・ポールa,⁎ギャレット・W・ブラウンbヴァレリー・リドcヨアヒム・P・シュトゥルムベルク d 要旨 目的 「反科学的」という非難は、医学や公衆衛生の世界ではよくあることで、時には反対意
弱者の武器

書籍:『力なき者たちの力』
The Power of the Powerless

The Power of the Powerless 本について ヴァーツラフ・ハヴェル(Václav Havel)による、無関心の専制に関する驚くべきエッセイ。 共産党支配下の生活に怯える八百屋が、店の窓にプラカードを掲げている: 世界の労働者よ、団結せよ!それは八百屋の確かな
情報戦・心理戦・第5世代戦争・神経兵器

書籍:戦争の33の戦略
The 33 Strategies of War

The 33 Strategies of War ロバート・グリーン ナポレオン、孫子、女神アテナ、そして愛猫ブルータスに捧ぐ。 目次 まえがき 第1部 自らの意志で戦う 1 敵に宣戦布告する。極性戦略 人生は終わりなき戦いと対立であり、敵を見極めなければ効果的に戦うことはできな
マルサス主義、人口管理

COVID-19の教訓:ファシズム、グローバリズム、そして “医産複合体”
生命、自由、主権のために戦う

Lessons from COVID-19: Fascism, Globalism, and the “Medical-Industrial Complex" ファシズムは、国家権力と企業権力の合併であるため、コーポラティズム(企業主義)と呼ぶ方が適切である。 -ベニート・ムッソ
EBM・RCT

エビデンスに基づく政策の何が問題で、どうすれば改善できるのか?

What is wrong with evidence based policy, and how can it be improved? 2017年8月 AI 解説 現在、科学的な根拠に基づいた政策決定(エビデンスに基づく政策)が広く行われているが、この手法には問題点がある。主
LGBTQ、ジェンダー、リベラリズム

トランスヒューマニズムを地上にもたらす、その1 – 超越の偽りの約束にまみれた軍事諜報活動

Bringing Transhumanism Down to Earth, Part 1 - Military Intelligence Operations Cloaked in the False Promise of Transcendence リサ・ジョンソン、ダニエル・
パンデミック 総括・批評

書籍:『恐怖の国家:コヴィッド19の大流行時、英国政府はいかに恐怖を武器にしたか』2021

A State of Fear: How the UK government weaponised fear during the Covid-19 pandemic A State of Fear(恐怖の国家)』は暗く、説得力があり、それでいてこの恐ろしい日々を乗り越えようとす
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

歴史史料:『低強度作戦: 戦争のリーズ理論 ザ・キャンペイナー』1974
本当のCIA-ロックフェラー家のファシスト組織

Low intensity operations: The Reesian theory of war. The Campaigner, 第7巻第6号 1974年4月 本物のCIA-ロックフェラー家のファシスト組織 L・マーカス著 低強度作戦リージアンの戦争理論 by M. Mi
ワクチン倫理・義務化・犯罪・責任問題

中西部の医師:ネット上の異論を封じ込める巨大な製薬会社の陰謀
何百万ドルもの資金が、私たち全員を敵に回して大衆を兵器化するために費やされた

The Vast Pharmaceutical Conspiracy to Silence Online Dissent 中西部の医師 2024年4月26日 一目でわかるストーリー COVID-19の対応に反対する発言をした人を攻撃し、中傷するためのキャンペーンが組織的に行われて
カウンタープロパガンダ

警察官のイメージを向上させる手段としてのカウンタープロパガンダ

キリル・オルロフ(ロシア内務省ウラル法研究所国家・法制理論史学科講師) ロシア内務省ウラル法研究所、法科学専攻候補生 本稿は、カウンター・プロパガンダを、現代の情報交換プロセスで使用される技術のひとつであり、市民の意識に的を絞った影響を与えることができる技術として特徴づける。また
心理学

『インフルエンス – 影響力』新訂増補: 説得の心理学
Influence, New and Expanded: The Psychology of Persuasion

Influence, New and Expanded: The Psychology of Persuasion 献身 会うたびに驚かされるヘイリーのために。 ドーソンに捧げる。 彼はきっと偉大なことを成し遂げるに違いない。 会うたびに、より幸せな男になっていくレイアのために。
アンリミテッド・ハングアウト

現実の兵器化 神経戦争の夜明け
スタヴルーラ・パブストは、ブレイン・コンピューター・インターフェイス(BCI)のような新たなニューロテクノロジーを、戦争と平和の両方の時代に適用しようとする競争について探求している

Weaponizing Reality: The Dawn of Neurowarfare スタブルーラ・パブスト(Stavroula Pabst) 2024年3月21日 億万長者イーロン・マスクのブレイン・コンピューター・インターフェイス(BCI)企業であるニューラルリンク社は
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

シュプリンガー:「Covid-19」心理作戦、そしてテクノクラシーのための戦争 第1巻
“Covid-19,” Psychological Operations, and the War for Technocracy Volume 1

“Covid-19,” Psychological Operations, and the War for Technocracy 「Covid-19」、心理作戦、そしてテクノクラシーのための戦争 デイヴィッド・A・ヒューズ(David A. Hughes) 英国リンカーン大学社
ジェームズ・コルベット

これがグローバリストが本当に恐れていること

This Is What The Globalists REALLY Fear コーベット・レポート 2024年4月21日 グローバリストが本当に恐れているものを見たいだろうか? よし、写真だ: 「何?抗議?プッ。世界的陰謀の支配者たちは、ちょっとした抗議など気にしないんだよ、ジ
COVID 思想・哲学

社会正義の実践 倫理学と政治哲学における問題
応用哲学、認識論、合理的倫理学の研究

Social Justice in Practice ユハ・ライッカ トゥルク大学トゥルク校哲学科 フィンランド ヨーナ、ハルダ、レイノへ 謝辞 本書は、私が近年取り組んできた問題のいくつかをまとめたものである。原著論文の草稿やその出版版についてコメントをくださったすべての方々に
COVIDワクチンの有害事象

書籍:『ワクチン接種の本』(2021)
COVID-19ワクチン接種のリスクと副作用について

Das Impfbuch レイモンド・アンガー 本書には、Scorpio Verlagが影響力を持たない外部の第三者のウェブサイトへのリンクが含まれている。したがって、この第三者のコンテンツについて、弊社は一切の責任を負わない。リンクされたページの内容については、各ページの提供者
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました