イベルメクチン生命倫理・医療倫理

Areo もし我々が間違っていたら?
What If We’re Wrong?

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

areomagazine.com/2021/05/19/what-if-were-wrong/

もし、地球がすべての中心ではないとしたら?もしも人類の祖先が猿のような姿をしていたり、単細胞生物だったりしたら?大陸が動いているとしたら?

これらの疑問は、かつては門外不出のものであった。礼儀正しい社会では議論されるべきではなく、オーバートンの窓の枠の外にあった。しかし、そのことが真実でないことや、重要でないことを意味するものではない。

現在、我々が真実であると理解しているすべてのアイデアは、他の誰にも知られていない人間の心によって初めて実現されたものである。その瞬間まで、我々の種族は誰もその考えを持っていなかったのである。知識がないために制限されていたのである。しかし、どの人間もその考えを持つ前に、それは真実であった。ある人が最初にその考えを思いつき、しばらく考え、磨き、形にし、そして共有した。もしかしたら、最初に共有した人は「すごいアイデアだ」と思ったかもしれない。もっとも、その人たちは発案者が間違っていると思ったかもしれないし、おかしな話をしていると思ったかもしれない。しばらくの間、そのアイデアは、軽蔑と軽蔑に値する危険なものと考えられていたかもしれない。そして、その後の長い間、そのアイデアは、後から振り返ってみると基本的なものであると理解されているが、少なくとも許容され、受け入れられる思想の範囲外であると考えられてた。それは異端であった。

ガリレオもこのことについては何か言っていたかもしれない。

正統派と異端派は、一見すると正反対のものが、通り抜けられないような溝の向こう側から互いに引っ張り合っているように見えるが、実はお互いに依存し合い、繁栄している。オーソドックスなものは、停滞しているとき、これから起こることが過去のものとよく似ているとき、そして、我々が真実だと信じていることが実際に真実であるときに有効である。しかし、正統性を追求しすぎると陳腐化し、停滞してしまう。異端児は、システムに新しいアイデアを注入するもので、世界が変化し、未来が過去と同じようになる可能性が低い場合には必要である。しかし、異端児が多すぎると、我々は熱狂し、混沌としてしまう。

今、世界で何が一番必要とされているのか、正統派が必要なのか、異端派が必要なのかは別にして、常に議論の場が必要である。正統派も異端派も、常に公の場で議論される必要がある。そうでなければ、検閲が始まった時点で、つまり人々が自分の考えや会話を隠し始めた時点で、最も大きな力を持っている者が、さらに大きな力を得ることになるだろう。権力者は、支配する正統派を形成し、その中心となる考えが昨日までは異端であったとしても、常に正統派であり続け、異論を唱える人々をより厳しく取り締まることになるだろう。

もちろん、反対意見のすべてが必要であり、価値があり、合理的であるというわけではない。歴史上、反対意見から怒りや欺瞞に満ちた危険な言葉や行動、体制が生まれたことは数え切れないほどある。しかし、反対意見はそれ自体、まったく必要なものなのだ。思慮の浅い反対意見の例は、反対意見自体が危険であることの証拠として持ち出されることが多いが、これは論理的には不十分であり、他の動機が見えなくなってしまうことが多い。

瞬間的な制約の中で生きている我々が、未来を明確に見通すことができ、どのような発言が許され、どのような発言が許されないのかを決定する人々が、実際に何が真実なのかを知るのに適した立場にいると考えるのは、ナイーブなことだ。ガリレオの対談相手の多くは、何が真実であるかを知らなかったが、自分は知っていると信じていた。ガリレオの対談相手の中には、反対意見を封じ込めようとする多くの人々のように、信念ではなく、単に自分の権力を強化したいという願望に駆られている者もいたと思われる。あまりにも多くの人が、真実の唯一の所有者であると主張しながら、特定の概念や会話の判断者、陪審員、執行者になろうとしている。彼らは壮大なナルシシズムに陥っている。それは、自分が神であると宣言しているようなものだ。

もしもSARS-CoV2が研究室から流出したら?もしもmRNAワクチンに長期的な影響があるとしたら?もしもイベルメクチンがCOVID-19に対する安全で効果的な予防法や治療法であるとしたら?

このエッセイを書き始めたときの質問とは異なり、これらの質問に対する答えはまだ解決していない。しかし、これらの質問を投げかけること自体が、再び境界線を越え、礼儀正しい会社では受け入れられない、オーバートンの窓(多くの人に尊重すべきのものとして受け入れられる政治的な考え方の範囲)の外にあるものと考えられている。この質問をした我々は 2020年から 2021年にかけて、陰謀論者と呼ばれ、さらに悪い意味で呼ばれた。我々の意図を疑われた。静かにしていろと言われた。ある者は自主検閲を行い、またある者はビッグテックに屈服させられた。例えば、Googleの権力者は、2021年5月の時点で、次のような公式ポリシーを掲げていた。

”YouTubeでは、COVID-19に関する地元の保健当局や世界保健機関(WHO)の医療情報と矛盾する医療の誤報を拡散するコンテンツを許可しない。”

このポリシーは、科学を根本的に誤解している。地域の保健当局やWHOが間違っていることは、我々全員がそうであるように、あり得ることである。間違っていることは犯罪ではない(ただし、命がかかっているときに自分のアジェンダを進めるために言いごまかすことは犯罪に相当する)。あなたの結論に疑問を呈する人々の声を封じ込めることは、犯罪ではないものの、科学に反する行為である。

2020年の閏日に、米国の外科医総監は、COVID-19の蔓延を防ぐためにマスクが有用なツールであると考える人々を批判し、何ヶ月も残っていたが、現在は削除されているツイートで、こう言った。「真面目な話、人々はマスクを買うのをやめなさい。マスクは一般の人がコロナウイルスに感染するのを防ぐのに有効ではない」。米国外科医総監はその後、方針を転換したが 2020年のうるう日の時点でのその方針は、科学ではなく政治に基づいていたことがわかっている。空気感染とエアロゾル感染の微妙な違いを理解したことで、近い将来、マスクの方針を再検討することになるかもしれない ー 新しいデータが入ってくれば、理解したことを再検討するのは当然のことだ。

考える人はどうすればいいのであろうか?

さらに 2020年春以降、Covidの屋外感染は非常に稀であるという明確な証拠が出ていたが、2021年春になってようやく公共政策がこの現実に追いつき始めた。一方で、公共の場の屋内では誰よりも長くマスクを着用し、屋外ではマスクをしてこなかった人々は、無責任だと睨まれ、時には怒鳴られていた。科学に従っていないと非難されるが、実際には科学が示唆する通りのことをしているのである。

科学的思考や科学文献の慎重な分析により、権威者の宣言とは異なる結論が導き出されたとき、「#followthescience」はどのような道を提案するのだろうか。科学は権威によって動くものではないが、「#followthescience」は人々を黙らせて遵守させるための殴り書きのように使われている。科学が機能するためには、表現の自由が必要である。沈黙に従事している人々は、科学にも人類にも良い影響を与えていない。

YouTubeの公式「COVID-19 医療誤報ポリシー」では、イベルメクチンがCOVID-19の有効な治療法であるという主張を禁止している。これは、イベルメクチンがCOVID-19の治療に有効であることを示す豊富な証拠があるだけでなく、他の変異株に対してすでに予防的に広く使用されていた国のケースも含めてである。

もし、多くの査読付き科学論文で示唆されているCOVID-19に対するイベルメクチンの有効性が証明されれば、YouTubeは非常に危険なゲームをしていたことが明らかになるだろう。さらにこの祭壇で、個人や経済の健康がどれだけ世界的に犠牲になるだろうか。これは科学の皮をかぶった検閲だ。よく見ると、これは科学とはほとんど関係がないことがわかる。白衣を着た検閲官は検閲官であることに変わりはなく、検閲は科学とは根本的に相容れない。

さらに、COVID-19に対してイベルメクチンがほとんど役に立たないことがわかったとしても、表現の自由に反対する人たちが行っているゲームは危険だ。YouTubeのように、議論を封じ込め、討論を封じ込める政策は、科学を擁護するように見せかけて、その逆を行っている。これは、またしても新しい正統派が異端派を駆逐するのである。

表現の自由が必要なのは、現在我々が真実だと信じていること、正当だと信じていること、道徳的だと信じていることが変わるかもしれないからである。我々は間違っているかもしれない。歴史を鑑みれば、そうでないと想像することは思い上がりの極みだ。

かつてはこのことを社会レベルで知っていた。実際に、我々は子供たちにこのことを教えてた。

私が子供の頃に持っていて、自分の子供が小さい時に読み聞かせていた本を思い出した。それは「価値観物語」と呼ばれるシリーズで、著名人が持つ特定の価値観を説明するための物語であった。ヘレン・ケラーの「決断の価値」、サカガウィアの「冒険の価値」などがあったが、今回の話に関連するのは、ルイ・パスツールの「自分を信じることの価値」である。

1975年に出版されたこの児童書では、まだ有名になる前のルイ・パスツールが、「見えない敵……狂犬病菌」を殺す方法を見つけるために、公園を歩きながら考えていたことが語られている。

しかし、パスツールのアイデアは同時代の人々には説得力がなかった。子供たちに指をさされて馬鹿にされたり、大人たちに「そんなことは不可能だ」と怒鳴られたりしていた。しかし、パスツールは頑張り続け、我々はその恩恵を受けている。

この本の大部分は、パスツールが狂犬病のワクチンを開発し、人類の運命を変えたことを紹介している。130年以上の時を経た今、我々は彼が成功したことを知っている。この本の最後には、パスツールがやろうとしていることを信じていた唯一の人間だったのに、彼を馬鹿にしていた子供たちに戻される。子供特有の自覚のなさで、パスツールの成功を称賛しているのだ。パスツールは、成功しなかった日も、成功しなかったアイデアも、自分を信じることができたからこそ続けられたのだと諭す。かつては蔑視したり無視したりしていた立場が目に見える形で実現可能となった今、大人たちが見せる自己認識の欠如は、それに匹敵するものであることは間違いない。

パスツール一人につき、何千人もの人が、うまくいかなかったアイデアを持っているはずだし、良いアイデアなのに支持されなかった人も無数にいるはずだ。科学は、新しいアイデアを持っている人の粘り強さにかかっている。そして、科学が粘り強さを持つ個人に依存するならば、社会はあらゆる会話が可能であることに依存する。狂犬病ワクチンの開発に成功したパスツールを馬鹿にした大人たちは、心が狭いと同時に傲慢でもあった。当時の医師の多くは、パスツールには資格がないといって、パスツールとその研究を軽蔑した。パスツールと同時代の人々は、現在のコンセンサスがすべてであると考えていた。

しかし、もし彼らがそうでなかったように、我々が正しいとは限らない。科学的プロセスも、我々の世界をより正確に、より洗練された形で理解することも、観察された現象が間違っているとわかったときに、それに対する説明を提示できるかどうかにかかっている。現代では、大勢の人がただ騒いでいるだけでなく、匿名であるために何の影響も受けないので、多くの大人が学校のいじめっ子のように、正統性に少しでも反する考えを持つ人を嘲笑うことができる。

科学が最もうまく機能するのは、すべての仮説がテーブルの上にあるときである。あるものは簡単に却下され、あるものは、たとえそれが真実ではないと最終的に理解することができたとしても、反証に対して不屈の精神を発揮するであろう。しかし、科学に何よりも必要なのは、可能性を議論する自由だ。それがなければ、新しい発見はない。太陽系の天動説、自然淘汰による進化、プレートテクトニクスなどは、現在では何に相当するのだろうか。誰にも確かなことは言えない。そして、このような問題について確信を持っていると主張する人は、誰が発言するか、発言するときに何を言うかをコントロールすることはできないはずである。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました