MATH+ & I-MASK/FLCCCイベルメクチン

イベルメクチンをめぐる世界的な戦いの年表-その1
イベルメクチンをコビッドに効かない馬の駆虫薬とするために展開された情報操作の年表である。主に、私が学会で行う進化し続ける基調講演から引用している

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

目 次 

pierrekory.substack.com/p/the-timeline-of-major-battles-in-c8e

A Timeline of Major Battles In the Global War on Ivermectin – Part 1

 

ピエール・コリー医学博士、MPA

最初のお知らせ。

この3回シリーズが、イベルメクチンに直接関係する最後の記事であり、私の本のために書かなければならない最後の記事だと思っている。私がどれだけこのことに興奮しているか、あなたにはわからないだろう。今日、私の本が完成した。しかし、私の共同執筆者であるNYTベストセラー作家のMike Capuzzoと彼の妻Theresa(マスターエディター)はまだ多くの仕事を抱えているが、私たちは皆、2月のリリースに向けてまだ目標に近づいていると願っている。Woohoo!

私は今、現代医学の機能不全の他の領域について探求し、書くことを楽しみにしている(もちろん、それらを改善することを期待して)。特に、多くの疾患モデルにおいてビタミンCの静脈内投与が組織的に十分に行われていないこと、PANS/PANDAS(小児急性発症精神神経疾患およびその変異株である溶連菌感染症に関連した小児急性精神神経疾患)の子供たちの認知度が低く治療が十分に行われていないことがあげられるだろう。

この3部構成で、イベルメクチンの有効性を示す証拠の出現と、ビッグファーマやビル&メリンダ・ゲイツ財団(BMGF)から金をもらっている偽情報屋が展開した対抗策、無力化、破壊戦術に関する最も重要な出来事を、ほぼ時系列で紹介しようと思う。これらの出来事の多くは、私の長年の購読者にとってはニュースではないだろうが、新しいものもあり、時系列で、やや早口のフォーマットで提示すると、読み(ヒット)方も違ってくる。さあ、行こう。


まずは、この事態がどこに向かっているのか、伏線を張っておこう。今日、2022年12月5日現在、c19early.comグループのたゆまぬ努力により、コビッドにおけるイベルメクチンのエビデンスベースは以下の通りである。

93件の対照試験。そのうち73件は査読付き試験。そのうち43件は無作為化比較試験である。コビッドにおけるヒドロキシクロロキンのエビデンスベース(こちらの方が大きい)を除けば、歴史上のどの疾患モデルにおいても、これほど大きなエビデンスベースを持ちながら、世界中の先進医療経済国の医療システムから「未証明」あるいは「効果がない」とされている医薬品を私は他に知らない。

同様に、これほど大規模で肯定的なエビデンスがあるにもかかわらず、同じ医療システムが、比類ない安全性プロファイルにもかかわらず、この薬を使用する医師を組織的に迫害し、処罰するというのも前代未聞のことである。このようなディストピア的な悪夢は、どのようにしてもたらされたのだろうか。容赦ないプロパガンダと真実の検閲を駆使して、ゆっくり、じっくりと。イベルメクチンに関するDsinformation Warの記憶を辿ってみよう。

2020年4月SARS-COV2に対するイベルメクチンの生体内試験で良好な結果が医学雑誌に掲載される。

イベルメクチンは、オーストラリアのモナシュ大学のLeon Caly、Kylie Wagstaffらが、SARS-CoV2をイベルメクチンに暴露すると48時間以内に細胞培養から実質的に消滅するという生体内研究を発表してから、コビッド治療薬の候補として爆発的に注目されるようになった

この研究に対する真に歴史的な対応として、ペルーの状況の重大性に基づき、イベルメクチンは体外試験のみに基づいてペルーの国家プロトコルに組み込まれた。コビッドメディアの闇の中で、メディア界の明るい光(Trial Site News)がまとめたこの力強いドキュメンタリーでこのことが説明されている。ぜひ見てほしい。

その後、イベルメクチンの使用を検討する医師の意思に関して、多くの国で何度も繰り返されるであろうパターンがペルーで起こり始めていることに私は気づいた。都会の医者と田舎の医者。赤対青の医師。「システムで雇用されている医師と個人経営の医師。豊かな国々と貧しい国々。大都市の学者やセンターは皆、この薬には「十分な証拠がない」として、この薬を否定し、嘲笑した。

偽情報対応

ペルーのようにイベルメクチンを熱心に、あるいは広く採用したわけではないが、米国では、その直後の2020年4月10日にPFDA(タイプミスではない)が出した警告によると、この動物用医薬品が一時的に出回ることがあったそうだ。

“PFDAは、動物用のイベルメクチン製品を摂取することで、人間用のイベルメクチンの代用になると考えて自己治療する可能性のある消費者の健康を懸念している…COVID-19を予防または治療する製品を持っていると主張する人をFDAに警告し、これらの製品のいずれかを報告して人間と動物の健康を守るために私たちを助けてほしい”と述べた。

そして2020年6月、最初の製薬会社の殺し屋(クレイグ・レイナー)が、著名な医学雑誌の編集者に手紙を書き始め、試験管内試験のモナシュ研究に基づいてヒトでの有効性を推論するような人物に疑いを注入し始めたのである。

レイナー(後に悪名高いTOGETHER試験の担当者)は、TOGETHER試験が始まる何ヶ月も前に、モナシュの研究の影響に対抗するために「疑いを植え付ける」ようBMGFから直ちに命じられたと私は考えている。レイナーについてc19early.comから。

上級研究員の一人は、Certara社のIntegrated Drug Development社長であるCraig Rayner博士で、これもMMSホールディングスと同様のミッション(製薬会社の認可取得を支援し、認可取得に役立つ科学研究を立案する)を持つ会社である。彼らはホームページで次のように述べている。「2014年以降、私たちの顧客はFDAによる新薬と生物学的製剤の承認の90%以上を獲得している」 彼らの顧客の1つはファイザー[certara.com]である。

この手紙は、「標準的な投与では、モナシュ大学の研究で到達した有効濃度を達成することはできない」という、文字通り最初のアンチ・イレメクチンの「物語」を作ったことに留意してほしい。「まったくナンセンスだ。しかし、これはメディアや雑誌で、疑惑のないところに疑惑を植え付けるために使われた、多くの連続した物語(プロパガンダ)の最初のものだったその時点では、疑惑はまったく妥当なものだったが、この物語は後に出てくる臨床データや体外データの山に直面しても、根強く残ったということは明確にしておきたい

私は、「有効濃度に達しない」という物語が医学文献の中にいかに根強く残っているかを強調しすぎることはない。この物語が依拠する誤った前提は次の通りである。

  1. サルの腎臓細胞モデルで使われる濃度は、生きた人間に有効であるために必要な濃度と同じである、というものだ。この間違った主張は、サイエンス・ライターのジョウミがここで見事に論破している。
  2. 標準的な投与で実際にヒトの組織でウイルス抑制濃度が達成されることを裏付けるデータはないこと。

というのも、2021年1月6日のNIHでの発表に先立ち、上記の研究の著者たちが、ポールと私との間で、ヒトの肺と脂肪組織を使った追跡調査の結果を教えてくれたからだ。彼らは、標準的な投与で実際に阻害濃度に達していることを発見したのである。

問題:CalyとWagstaffが共有したデータから上のスライドが生まれ、私たちはそれをNIHに提出した。私の知る限りでは、彼らの新しいデータはまだ未発表である。なぜなのか、考えてみよう。ポールと私はCalyとWagstaffと電子メールでやりとりしたことがあるが、私は彼らを個人的には知らない。しかし、基礎研究の科学者として、彼らのキャリアはすべて助成金に依存していることは確かである。「不都合な科学」を発表すれば、助成金は枯渇し、キャリアは終わりかねない。以上である。


2020年4月ノーベル賞受賞のイベルメクチン発見者がメルク社にイベルメクチンのCOVIDにおける有効性研究の支援を要請

イベルメクチンの共同発見者である大村智教授は、2015年のノーベル賞受賞スピーチで、ヒトにおける抗寄生虫薬としての驚異的な安全性だけでなく、抗ウイルス作用や抗腫瘍作用など幅広い特性を持つことから「不思議な薬」と呼んでいる。イベルメクチンが10種類以上のRNAウイルスの複製を阻止することを示す研究は2012年から発表され始め、私の総説の頃には、デング、ウエストナイル、インフルエンザ、ジカ、そしてもちろん上記のSARS-CoV2に対しても体外での陽性試験が行われていた。では、2020年4月、大村教授はどうしたのか。彼は丁寧にメルク社にCovidの臨床効果を研究するための資金を手紙で依頼した。

偽情報対応

その論文から。

だから、メルク社は最初からイベルメクチンの研究を拒否したのだ。これは、これから起こることを予言するものであった。覚えておいてほしいのは、製薬会社は治療薬ではなく、儲かる客を作るということだ。覚えておいてほしい。彼らは、かつてパートナーであったノーベル賞受賞者を支援することを拒否した。そのノーベル賞受賞者は、パンデミックの最初の世界的な大流行で、何十万人もの人々が死に、有効な初期治療薬が(HCQ以外に)まだ見つかっていない状況で、イベルメクチンの有効性を研究することに関心を持っていたのである。

もう一つ面白いのは、1年後(2021年3月)に発表された大村教授らのイベルメクチンのレビュー論文で、当時入手できた42の有効性を示す対照試験結果から、この総合判断が間違いである確率は42兆分の1と書いていることだ。「ノーベル賞受賞者は、自分の言っていることが分かっていたようだ。

彼の論文には、Poynterのサイトに掲載されたこの例のような、とんでもない反イベルメクチン論が対抗している(他にもある)。彼らはノーベル医学賞受賞者の専門的な勧告に言及していることに留意してほしい。

「科学的価値の低さ」私はまだ激怒する能力を持っています上記を読むと誰かに叫びたくなります著者のエスタドア・ベリフィカ(待てよファクトチェッカーの本名は「ベリフィカ」だ)それは冗談か?

私たちはノーベル賞受賞者ではないので、私やFLCCCに対する攻撃はそれほど悪いことだとは思っていない。イベルメクチンに関する専門知識とFLCCCの会員であることから、私はTwitterで徐々に人気を集め、現在では26万8000人のフォロワーを持つに至っている。ツイッターを始めてから、最も人気のあるツイートは何かというと、YouTubeの動画が削除されたことをつぶやいたことである。ノーベル賞受賞者の大村智さんのイベルメクチン使用に関するインタビューがYouTubeで削除されたことをツイートしたのである。イーロン・マスクという名前ではない人物のリツイート数をチェックしてみてほしい。

COVIDを通じた私やFLCCCの旅における絶対的なハイライトは、大村教授と北里研究所から以下の応援の手紙と贈り物を受け取ったときだ(そう多くはないが)。彼の温かな手紙と一緒に、机に向かって仕事をしている私の頭上には、この2つがぶら下がっている。これからもずっとだ。

コロタイプの写真と説明文が素晴らしい。

手紙にはこう書かれている。

さらに最近の個人的な楽しみは、同じ北里研究所の福島教授が、コビッドmRNA「ワクチン」の前例のない毒性と致死性を明らかにするデータの恐るべき無視と抑圧に対して、ついに怒りをあらわにしたことである。尊敬する学者がついに怒る姿を見ることができ、とても感動した。公衆の面前で。変幻自在である。是非見てほしい。

2020年6月WHO、BMGF、ユナイテッドエイドが、コビッドで利用可能な再利用薬の研究のために研究者チームを雇用

ユニットエイドのActCelleratorプログラム(BMGFがスタッフとして運営)は、コビッドに有効な再製剤を特定するための研究チームを率いるために、アンドリュー・ヒル博士を雇った。最初に断っておくが、この投稿が終わる頃には、このチームは有効なジェネリック医薬品の証拠を見つけて広めるために配置されたのではなく、むしろ資金提供者にその証拠を報告し、彼らがそれを破壊するための偽情報を展開できるようにするためだった、という私の主張を裏付ける十分な証拠を提供するつもりである。

アンドリュー・ヒル博士がその研究チームのリーダーであったことを知ってみよう。アンディ・ヒルは、入社時にこのチームの最終目的であることを知らなかったと、私は心から信じている。彼の研究がビッグファーマの他の製品やワクチンに損害を与え始めてから、彼らは彼を「捕らえ」、彼が専門的に編集した証拠基盤を積極的に「破壊」させたのである。歴史上、最も悲しく、最も人間にダメージを与える物語の一つである。


2020年6月ドミニカ共和国のグループがイベルメクチンの有効性に関する初の大規模臨床試験を投稿

2020年の春先にドミニカ共和国でコビッドが急増した際、ある大きな私立診療所の医師は、入院後数時間で低酸素症が進行して悪化した太り気味の糖尿病の旅行者にイベルメクチンを投与した。イベルメクチン投与後12時間以内に、彼の酸素化状態は急速に、そして確実に改善された。なお、イベルメクチン治療後に低酸素症が急速に回復した生理学的メカニズムと臨床例の両方を詳述した論文が、最近、私の親しい同僚によって発表された。ブラボーと言いたい。

この論文は、ラルフ・ロリゴ弁護士のクライアントが、イベルメクチン投与の裁判を勝ち取った後、しばしば急速に人工呼吸器を外し、自宅に退院するという成果を得たことを説明する、メカニズム的および臨床的証拠を示している。また、イベルメクチンを投与された父親の命を救うために医師と闘った息子の感動的な証言ビデオの根拠にもなっている。まだご覧になられていない方は、ぜひ見てほしい。

とにかく、レドンドたちは(当時はメカニズムが分からなくても)、急速にプロトコルを確立し、2020年6月には、論文の初期ドラフトがプレプリントサーバーに掲載されたのである。

コビッド症状で救急外来を受診した2,706名の患者にイベルメクチンを投与し、帰宅させた。そのうち16人だけが入院を必要とする再来院となった。そのうち2人だけが死亡した。したがって、武漢の第一波では、イベルメクチン治療を受けた有症状患者の99.3%が入院や死亡を回避したことになる。

偽情報対応

この報告書が無視されたのは、ケースシリーズだったからだ。


2020年10月12日-入院患者を対象としたイベルメクチンに関する初の大規模臨床試験について、Dr.jean-jaques rajterらにより発表される。フロリダ州マイアミにて

前向き無作為化比較試験ではないが、2020年春の第1回武漢変法波でイベルメクチンを投与された患者を遡及的に調べた大規模な研究であった。彼らは、洗練された広く受け入れられている手法を使って、ほぼ同一の比較群を作った。彼らが発見したことは以下の通りである。

  • イベルメクチン投与群全体では死亡率が低い(15.0%対25.2%、p=0.03)。
  • イベルメクチンによる治療を受けた重症患者の死亡率は低かった(38.8%vs 80.7%;p=0.001)。

死亡率の大幅な低下。私の専門分野のトップジャーナルに掲載された。学会やメディアからは無視されている。これから起こることを予感させる。また、面白いことに、マイアミはストロンギロイデス虫の温床とは考えられていない(イベルメクチンは寄生虫が蔓延している国でしか効かないという、後に非常に一般的に語られることになる説に関連している)。


2020年10月ポール・マリクがイベルメクチンをパンデミックに対する世界的な解決策の候補として挙げる

ポール・マリクをはじめとするFLCCCのメンバーは、潜在的な治療薬や疾患の病態生理学的メカニズムに関するあらゆる新しいデータを監視し、分析していた。2020年9月には、さまざまな薬剤の最初の臨床試験結果の多くが掲載・発表され始めた。ほぼすべてが有効性を示すことができなかった少なくとも私たちは当初、HCQが失敗していると考えていた。当時はまだ、インパクトのある医学雑誌とNIHが資金を提供する臨床試験に対して暗黙の信仰と信頼を持っていたので、それらがHCQの有効性の証拠を破壊する意図を持ってビッグファーマのために働く研究者によって完全に操作されているという事実にはまだ甘かったのである。David Boulware博士は、彼自身の試験の設計上の悪ふざけと虚偽の説明によって、HCQに対する戦争の重要な共犯者となった。彼の行動は、この論文に詳述されているように、優秀なDavid Wisemanの目を逃れることはできなかった。

私がBoulwareとミネソタ大学を持ち出したのは、彼らが再利用薬の有効性の証拠を歪めることに関与したのが、2020年のHCQに関する最初の戦争と2021年のイベルメクチンに関する2つの製薬会社の戦争に及んだからだ。Boulwareは、両方の戦争で失敗するように設計され、実施された数多くの試験の著者/治験責任者であった。上記の丸で囲った戦術(およびその他多数)は、彼が関与した試験で何度も何度も繰り返されることになる。

ともあれ、2020年10月上旬、回復期血漿、HCQ、トシリズマブなどの治験結果はすべて陰性であった。ポールが構築した下のチャートは2020年10月のものである。治療薬の評価のいくつかは、エビデンスの進化に伴って変わっていくが、いつも参考になるガイドだと思う。ivermectinはまだ載っていないことに注意してほしい。

そして、2021年10月16日頃のFCCCチームミーティングで、ポールはイベルメクチンのデータがいかに素晴らしいものになっているかを率先して話した。当時、彼がまとめた臨床試験は10件にも満たなかったと思うが、予防と治療の両方で、感染症だけでなく入院や死亡も減らすという点で、大きな規模と一貫した効果を示していたのである。コビッドでは見たことのないようなデータ信号だった。

ポールは、パンデミックをなくすと結論づけた講演をYouTubeにアップした。

歴史的なことだと思う。イベルメクチンを世界に紹介した最初のスライドは以下の通りである。

偽情報対応

残念ながら、そして予想通り、このビデオは後にYouTubeから削除され、なぜか米国の学術医療システムは私たちの発見や勧告を完全に無視し、代わりにNIH-Pharma複合体が資金提供する大規模RCT(タイプミスではない)を待つことを好んだのである。

2020年10月-トライアルサイトのニュース、ペルーにおけるイベルメクチン配布プログラムを分析したJuan Chamieのプレプリントペーパーを発見する。

トライアルサイトニュースで発見した記事やChamieさんの論文の分析がなければ、イベルメクチンを世界的に周知させるための私たちの猛威や緊急性は、もっと冷静、穏やか、慎重などだったと本当に思っている。しかし、2020年3月からトライアルサイトニュースに掲載された南米諸国でのイベルメクチン成功の数々の報告を発見し、さらに2020年10月初旬に掲載されたChamieの論文を読んで、私は一変した。

Juan Chamieらによるペルーのタイタ作戦に関する論文は、イベルメクチンの広範囲な配布の影響を示す、最も早くかつ最も説得力のある証拠だと私は考えている。もし彼の論文が世界中の公衆衛生機関に認められ、適用されていたら、パンデミックはすぐに終わっていただろう。イベルメクチンの配布が開始されたさまざまな地域の平均11日後に、死亡者数と症例死亡率が急減するというグラフは、非常に説得力のあるものだった。

残念ながら、テイタ作戦を承認したビスカラ大統領は、その後11月の選挙で落選してしまう。サガスティ新大統領は、この作戦を中止する。FLCCCのアナリストJuan Chamieの報告によると、その後、患者数と死亡者数が急増した。

フアンの分析は、臨床試験のデータから分かっていたことを、現実の世界で力強く実証してくれた。イベルメクチンが予防と治療の両方に広く使われるようになれば、パンデミックの様相を一変させる可能性がある。そこで私は、有効性に関するさまざまな証拠資料をすべてまとめ、世界に向けて発表しようと、猛然と論文執筆に取りかかった。

こうして、私のキャリアにおいて他に類を見ない、4週間にわたる熱狂的な仕事が始まった(私のキャリアを知っている人なら、私は医者になる前から「仕事中毒」に悩まされていたので、よく分かると思う)。当時、私はミルウォーキーの主要な医療センターでフルタイムのシフト勤務をしながら、ほとんど毎日のように出てくる研究を探し、読み、分析していた。その約1カ月後の2021年11月13日、私は、予防と治療の両試験の邪悪なまでに肯定的なメタ解析と、Chamieの疫学的解析を含む包括的なナラティブレビュー論文の最初のドラフトをアップロードした。それは現在もプレプリントサーバーに置かれている。

FLCCCのイベルメクチンの旅が始まったのである。


2020年12月4日、イベルメクチンを世界に紹介するFLCCCのヒューストン記者会見

ポールのYouTube講演の数週間後、私が論文に取り組んでいる間に、私たちの最初の初期治療プロトコルが作成された。私たちはイベルメクチンについて学んだばかりで、複数日投与は新しかったので、最初の投与は非常に慎重だった(その後の変種の重症度とウイルス量に応じて、投与量や回数や期間をすばやく何度も継続的に増加した(「高品質」ビッグファーマ/NH試験のすべてがその逆だった)。これは初期のバージョンの一つである(このプロトコルには多くの変更があったので、(今は)使用しないでほしい私たちの最新版はこちら)。

FLCCCのプロトコルは確かに注目されていたが、「システム」に十分浸透していなかったのである。検閲はまだ完全には行われていなかったが(時間が経てばもっとひどくなるだろう)、私たちはまだ大衆に十分な情報を伝えることができなかったのだ。

そこで、FCCCの共同設立者の一人で、コミュニケーション・ディレクターのジョイス・ケーメンが、このプロトコルを発表するために記者会見を開き、一般の人々に知らせようと提案した。これは、少し似た名前の別の組織(America’s Front Line Doctors-AFLDS)が5カ月前にワシントンDCで行ったもので、HCQの有効性に関するニュースを世界に広める試みだった(ただし、彼らのものはすぐに「事実確認」されて、YouTube、Facebook、Twitterから検閲され、メディアや学会からこの映像のように徹底的に嘲笑・攻撃されたが……)。

しかし、どんなに攻撃されようとも、真実を伝えることができたのである。そこで、私たちも同じことをやってみた。FLCCCの共同設立者であるジョー・ヴァロンは、Covidの専門家として超人気者だったため、ヒューストンのメディアやテレビに多くのコネクションを持っていたのである。彼は、1日に13本ものテレビやラジオのインタビューを受け、自らを「コビッド・ハンター」とユーモラスに呼びながら、一時は715日間連続でICUを運営していた(娘の結婚式でカンクンに行くことになり、連勝はストップした)。

というわけで、私たちはヒューストンに出かけた。ここに、記者会見の電子プレスキットと、私たちが制作した「イベルメクチンとは」という初期の短編ドキュメンタリー(11分)へのリンクがある。このドキュメンタリーは、イベルメクチンの歴史的な発見、開発、そして最初のヒトへの応用をレビューしている。イベルメクチンは、河川盲目症や象皮病のような醜い病気から人々を解放し、大陸に住む何百万人もの人々の健康状態を一変させ、歴史上最も重要な公衆衛生の進歩の1つにつながったことを、私たちは本質的に示しているのだ。

また、上に書いたように、記者会見の間、私とポールはマスクをつけていた…外で。これを見ると胸が痛くなるが、皆さんはわかってくれると信じている。そうしなければ、私たちは報道陣に「殺されて」いただろう。これがその記者会見の様子である。とてもパワフルなものだった。

偽情報対応

Disinformationの反応は無反応だったと言えるだろう。ジャーナリストのアイボリー・ヘッカーは、当初、フォックス・ニュース局を放送中に辞職したことで有名であるが、それ以来、強調しようとしてきたこと、つまり、ニュース局で起きている検閲のことを指摘したのである。全国レベルで検閲されたにもかかわらず、特に地元ヒューストンと中南米のスペイン語メディア局で大きな波紋を呼んだと言えるだろう。しかし、私たちは努力した。


2020年11月19日Ron Johnson上院議員による、早期治療の重要性に関する初の国土安全保障公聴会

ジョンソン上院議員が初めて私に接触してきたのは、2020年4月、私たちが、MATH+と名付けた積極的な複合療法の病院治療プロトコルを紹介するFLCCCのウェブサイトを見たときだった。上院議員が私と話をしたいと言ってくれたことに感動したが(彼が私に接触してきたのは、当時私がウィスコンシン大学の外傷・生命維持センターの医療部長と重症患者サービスのチーフであり、ウィスコンシン大学は全米トップレベルの研究機関の1つであったからだ。ウィスコンシン大学は全米でも有数の研究機関であり、彼の地元ということもあって、私(ラッキー・ピエール)に声がかかったのである。問題は、当時、私はリベラルなニューヨーカーだったことだ。当時、NYタイムズの愛読者だった私は、ジョンソン上院議員を憎むように教育されていたが、この問題は非常に重要だったので、電話を受けた。

最初の会話から、彼は米国の対応がおかしいことを知り、それを何とかしたいと思ったことは明らかだった。米国では、「支持療法のみ」(つまり、「製薬会社のRCTが何を使うべきか教えてくれるまで何も試さない」)というアプローチが主流で、輸液、タイレノール、酸素、人工呼吸器などに頼るばかりで、ICUは疲弊し、患者は何週間も人工呼吸器で待機したまま死んでしまうのだ。私は、数分後には、この人と彼のことを好きにならずにはいられなかった。その最初の会話で彼が言った、「医者には手袋を脱いでもらいたい」という言葉が忘れられない。その通りだ。

彼は国のやり方を変える手助けをしたいと考え、2020年5月に私を招き、私たちの病院の治療プロトコルについて証言させた。私は、国際的にも国内のあらゆる医療学会が副腎皮質ホルモンの使用を推奨していた時期に、命を救うために副腎皮質ホルモンが重要だと世界に発信したのである。少なくともこれは、オックスフォード大学のRECOVERY試験でFLCCが言っていたことが証明され、数ヵ月後に病院での標準治療となるまではそうだった。

私の証言がきっかけで医師が副腎皮質ホルモンを試すようになり、その結果、多くの回復例が報告されるようになったという話を、その後数カ月にわたって医師から聞かされたからだ。そのことをとても誇りに思っている。また、深い思いやりを持ち、献身的な男性、そして上院議員として、ロンに対する私の賞賛の念が高まり続けていることも知っている。3年前のことを考えるとショックであるが、ポールと私のキャリアのハイライトは、最近の選挙の夜のパーティに招待され、彼と彼の素晴らしい家族と多くの時間を過ごしたことである。

とにかく、最初の公聴会では、ピーター・マッカラ、ハーベイ・リッシュ、ジョージ・ファリードが、HCQが機関や学会の誤りであったことを世間に訴えようと、気勢を上げたのだ。

HCQの裏付けとなるデータを集めて発表したことは専門的で博識であったが、メディアは彼らとジョンソン上院議員を攻撃し、ブラウン大学のアシシュ・ディジャという無知で不愉快で卑しい学者を賞賛することは予想通りであった。

Djaは、支持する証拠を「質が低い」「不十分」「矛盾する」と宣言することで、偽科学を扱う典型的な傲慢な学者、証拠に基づく医学の専門家を演じたのである。そして、予想通り、インパクトのある雑誌に掲載された不正な臨床試験を「質が高い」、「厳密である」と引用して、これに続いたのである。その後2年間、イベルメクチンを飲み込むことになったのと同じ物語である。また、「コビッド患者を治療したことがあるか」という質問には、公聴会全体のハイライトとなった。という質問に対して、「ない」と答えた。

その答えを決して忘れないでほしい。HCQやイベルメクチンを否定する人は、臨床で一度も使用したことがないのに、Covidでこれらの治療法に対して激しい否定的な意見を形成しているという定義になる。アンディ・ヒルの一団」、つまりギデオン・メイロウィッツ・カッツ、ニック・ブラウン、カイル・シェドリックらのような人々の話になると、このことを思い出すだろう。彼らのほとんどは臨床医ではないので、これらの薬剤がどれほど有効だったかを知ることはできなかったのである。

なお、Djaは後にこの偽情報の努力の甲斐あって、ホワイトハウスのコロナウイルス対応コーディネーターに任命された。また一人、ピエロがピエロの世界に加わってしまった。ウィット:ワクチン接種率を高めるための彼の最新のホワイトハウスの演壇での試みには、次のような愚かな発言が含まれている:「私は本当に、神が私たちに2本の腕を与えた理由を信じている。このようなことは、本当に作り話ではない。

偽情報対応

基本的には、ジョンソン上院議員や私の仲間の専門家パネルメンバーに対する最初の広範囲なネガティブPRキャンペーンに相当する。Ron Johnson上院議員に対するこの攻撃は、おそらく最もよく例証されるものだろう。

ろくでなしめ。この見出しはジャーナリストによって書かれたものではない。HCQの偽情報キャンペーンを指揮するPRのプロ(宣伝屋)が書いたものだ。彼らは私たちの多くにその「蛇の油」のフレーズを使っているので、それが効果的であったことを認めざるを得ない。効果的だ。しかし、私たち「反体制派」の多くが、パンデミックに関連する多くの科学的トピックについて、初期の正確な主張が正しかったことが、新たなデータによって明らかになるにつれ、そうでなくなっていくことを期待している。


DEC.2020年8日ジョンソン上院議員早期治療に関する第2回公聴会

その2週間後、私は他の早期治療の専門家や研究者、疫学者とともに証言するよう招待された。この公聴会が、製薬会社にとってどれほど大きな脅威となるかは、ジョンソン上院議員も含め私たちも知らなかった。なぜなら、この公聴会は、もうすぐ発売されるワクチンの巨大市場や、パクスロビドやモルヌピラビルといった価値のない抗ウイルス剤の事前認可を脅かすからだ。

ジョンソン上院議員は、私たちをアカデミック・ケアラーを失うことになる戦場に送り出してくれたのである。当時は誰もそんなことは知らなかったが、たとえ今知っていることであっても(特に)、また同じことをすると断言できる。私の「イベルメクチン証言」ビデオをすでにご覧になった方も多いと思うが、証言に関連して今見つけたものは、非常に興味深いものだった。上院の記録に登録された私の事前提出の書面を見つけたのである。

その文書のことをすっかり忘れていたので、2年ぶりに読み直したところである。非論理的で有害な検閲、機関の不可解な不作為、科学から切り離された政策などをすでに訴えていることに驚いた。自分で言うのもなんだが、今思えばかなり力強い読み物である。今読むと、この本が問題点を的確にとらえていて、とても不思議な感じがします。しかし、当時は、何が、誰が、これらの問題の根底にあり、推進しているのか、ほとんど理解していなかったのである。私は、医療制度が深く、ほぼ完全に腐敗した支配を受けていることを発見する旅を始めたばかりだったのである。あの文書は、私が意味もわからずに見ていたものを、初めて説明したものだと思う。2年後の今、私はそのすべてをはっきりと見ている。

とにかく、文書による証言はこちらビデオによる証言はこちら。資料の中で私が一番好きなセリフ。

数多くの研究により、本疾患のすべての段階において大きな効果があることが一貫して報告されているが、公衆衛生上の影響が最も大きいのは、感染の予防である。この説得力のある証拠に基づき、私たちは、すべての高リスク患者における予防と、疾患の初期および後期におけるイベルメクチンの投与を推奨している。もしこれが全国的、世界的に起こった場合、上に示した多くの地域と同様に、パンデミックは終わり、経済は再開し、社会的交流と活動が再開し、生活は正常化すると予測される。予想される影響により、我が国は成長し、社会が直面する他の多くの緊急問題に集中することができるようになる。

うわぁそんなことはないんだ。

私の証言では、ジョンソン議員から与えられた長い時間でも、その一部をカバーするのが精一杯だった。

面白いことに、私が表現したエネルギー、フラストレーション、そして怒りは、当時の委員会議長であったゲーリー・ピータース上院議員によって「引き起こされた」のでなければ、決して生まれることはなかっただろう。彼と委員会の他の民主党議員は、Ron Johnson委員長と私たち専門家証人を非科学的な政治家として損傷する声明を発表して公聴会を開いた。そして、彼らは立ち去ったのである。私は激怒し、考えることさえできなかった。

幸いなことに、私はあと1時間ほど証言することはなかったが、自分の番が来たとき、まだ気合が入っていた。だから、私はそれをぶちまけた。民主党の損傷と退席だけでなく、その1時間の間に、同僚や専門家、医療制度が非常識なほど愚かなことをするのを見たり、多くの治療不足と多くの死を長い間見なければならなかったり、ICUの運営だけでなくFLCCCを建設したりCOVIDを研究したりして、多くの時間を費やしたりして、過去数年間の日々の恐怖について考えていたのである。自分の番が来た時、私は相当な状態だった。もう限界だった。でも、その時ばかりは、私の「正当な怒り」が「良いこと」につながったような気がする。このビデオは、イベルメクチンとFCCCの両方を、世界地図のようなもっと大きな地図に載せて、流行したのだ。ラッキーなピエールの再来だ。


2020年12月、ポールと私はイベルメクチンに関する講演を世界各地で開始

このビデオが拡散された結果、FCCCとそのプロトコルは一夜にして国際的に知られるようになった。ポールと私は、数日、数週間、数ヶ月の間に、多くの国のコビッド治療擁護団体や健康自由団体から講演の招待を受けるようになった。

その後数週間から数ヶ月の間に、ポールはウクライナやインド、その他ハーバード大学など多くの大規模な聴衆を前に講演を行い、私はフィリピン、マレーシア、オランダ、インドネシア、フランス、ブラジル、ハンガリー、イタリア、プエルトリコ、モンゴル、南アフリカ、スリランカ、米国環境医学協会、国際ライム病協会)ジンベエで講演を行った。アマゾン先住民、カナダ議会保守党、ナイジェリア、イタリア、国連特派員協会、下院自由法曹団、第3世紀グループ、黒人司教協会、ローマやウィーン、バースでの国際Covidサミットなど多数のCovidサミット、全米でのサミットや会議など、多くのCovidサミットに参加している。また、ローマ、ウィーン、バースで開催された国際コービッドサミットや、全米各地で開催された数十のサミットや会議にも参加している。

私たちの講演の中で最も直接的でインパクトがあったのは、ポールの母国である南アフリカでのことである。私たちは本質的に、イベルメクチンの問題をめぐって医療内戦を起こし、南アフリカのイベルメクチン戦争は、文字通りそれ自体が1冊の本になり得るほどだった。私たちがイベルメクチンについて話すと、南アフリカ政府がすぐにイベルメクチンの輸入を禁止したため、動物用医薬品の在庫が大幅に減少したのである。あまりに多くのことが起こるので、ここでは触れないが、CHDのThe Defenderに掲載されたイベルメクチンに関するMeryl Nassの記事で、彼女は次のように簡潔にまとめている。

南アフリカが試金石となった。2020年のクリスマスイブに、南アフリカ当局はイベルメクチンの輸入を禁止した。しかし、現地の複数の団体が法的措置を取り、勝利を収めた。数カ月後には、イベルメクチンが店頭に並ぶようになった。

偽情報対応

彼らは、私やFLCCCを個人的にも組織的にもメディアで「電撃」報道し始めたのだ。

私の上記の「電撃」と呼ばれる偽情報戦術に関する投稿は、これらの攻撃の多くを詳述しており、その最初のものは、証言を「論破」するためにAP記者を派遣したことである。お粗末なものだったが、これが彼らのスタート地点だった。イベルメクチンの有効性に関する議論は、多くのソーシャルメディア企業の不合理な「コミュニティ・ガイドライン」に基づいて、ますます積極的に禁止されるようになったのである。Fox Newsは、主要なメディアの中で唯一、私の証言ビデオをウェブサイトに掲載していたが、2カ月後、総再生回数が900万回に近づいた頃、突然、一夜にして「消滅」してしまったのである。パッと消えたのだ。


2021年1月6日、ポール・マリク、アンドリュー・ヒル、そして私は、Nih’s COVID-19治療ガイドライン委員会でイベルメクチンの有効性に関するデータを発表した。

NIH治療ガイドライン委員会での私たちのプレゼンテーションを記録した。今まで一度も公開したことはなかったが、この度、Rumbleにアップロードした。今、Rumbleにアップロードしたところである。NIHを訴えろ

1つは会議全体の映像で、もう1つは各自の発表後の短い質疑応答である。一番の見どころは、委員会に直接質問できる最後の部分である。一見の価値ありだ。

偽情報対応

少なくとも委員会から日本全体への弱い勧告を支持するのに十分すぎるほどの証拠を提示したにもかかわらず……彼らはそうしなかった。委員会には数多くの勧告のレベルが用意されていることをご存じだろうか。私たちが提示した証拠は、その多くをはるかに超えている。

彼らは製薬会社のために働いているが、同時に彼らの予算を監督する議会のために働いていることを忘れてはならない。そして、後者こそ、私たちが彼らに謁見した唯一の理由なのである。実際、この会談を実現させたのは、優秀な元テキサス州保健委員で、ネブラスカ州議会議員ジェフ・フォーテンベリー(HHSの下院監督委員会の委員)のチーフスタッフであるレイン・アーチャーだった(ファウチが単独で私たちに接触することはありえない)。私たちは会議を開き、説得力のある証拠を提示したが、NIHはイベルメクチンに対して弱い勧告さえ出すことができないことを承知していた。もしそうしていたら、イベルメクチンは一夜にして標準治療になっていただろうし、そんなことは絶対にありえない。しかし、彼らは何かをしなければならなかった。

そこで、「臨床試験以外では使用しない」という従来の勧告を、「イベルメクチンを推奨する、あるいは推奨しないには十分な証拠がない」というものに変更したのだ。それで、私たちは何かを達成したが、どういうわけか、この新しい狂った、狂った世界では、イベルメクチンに対して特別な勧告をしなくなったとしても、医師が処方の免許を失うことはまだ防げない。また、質疑応答中の2:08からのNIHのポーズと呼ばれるものをチェックしてみてほしい。

NIHの「休止」は、私が「他の治療法はすべて中立なのに、なぜイベルメクチンだけが使用に対して否定的な勧告を受けているのか」という質問をした後に起こった。この質問には、長い沈黙があり、結局、その質問には答えられなかった。

薬剤師のアリス・ポー(会議のコーディネーター)が最初にしたいい加減な答えの試みは除外して、私がその試みを却下した後の数秒間を加えると、12〜14秒の「間」があったことになる。デル・ビッグツリーは後に私に、彼とボビー・ケネディがNIHで行った同様の会議で、彼らが委員会に、これまでプラセボ対照RCTで試験された小児用ワクチンはあるかと尋ねたところ、同じように間を置かれたと語ってくれた(ちなみにどれもなかった)。彼等の委員会の回答の間合いは12秒だったという。ファウチは結局、「無作為化比較試験を行うのは倫理的に問題がある」と答えたらしい。ああ。


2021年1月7日、Dr.Tess Lawrie、イベルメクチンの英国での使用を承認するようボリス・ジョンソンに懇願

NIHでの発表の際、私たちは知らなかったのであるが、世界的に著名で、長年にわたりWHOとNHSのコンサルタントとして、医学的治療法の科学的証拠の評価を専門としているTess Lawrieが私の証言ビデオを見せられた。彼女はすぐに「この医者は何を言っているのか」と興味を持ち、世界的な専門家である彼女ならではの体系的で洗練された方法で、私の「主張」を評価することにしたのである。

NIHとは異なり、テスは私たちの解釈と結論に同意してくれたのである。彼女はイベルメクチンが世界にとって極めて重要であることを知っていたので、すぐにボリス・ジョンソンに手紙を書いて証拠を示し、その使用を承認し推奨するよう懇願した。その手紙に返信がない中、彼女は「彼の注意を引く」ために、この3分間のビデオでその朗読を録音し、投稿したのである。歴史的な映像で、今でも見ていて寒気がす。私のお気に入りは、彼女が最後に「お願いです、今すぐ命を救うことを始めませんか」と厳粛に問いかけるところである。

数日のうちにテスと私は連絡を取り合い、すぐに友人となり、同僚となり、コビッドにおけるイベルメクチンの有効性を示す証拠を最大限に普及させるために、お互いの組織が協力して真剣に取り組み始めた。

偽情報対応

このビデオは、かなり早い時期にYouTubeから削除された。英国政府はテスの手紙とビデオを無視した。


2021年1月7日-ニューヨーク州バッファローの弁護士ラルフ・ロリゴは、イベルメクチンによる家族の治療を阻止された家族が病院を訴えるという初めてのケースを受任する。

ラルフ・ロリゴは、私の中では、イベルメクチンとの戦いにおける知られざる英雄の一人である。2021年1月に始まり、その後1年以上にわたって、彼は連邦機関が義務付けた、非常識なほど少量の副腎皮質ホルモンと、効果がなく毒性のある(しかし高価な)レムデシビルを使ったプロトコルを取り込んだ厳格な治療下で死亡した患者に代わって、病院を訴えたのである。

最初のケースでは、長年のクライアントがジョージアから駆けつけてくれた。ICUで人工呼吸器をつけていた母親が、息子がICUの医師を説得してイベルメクチンを投与したところ、2日で人工呼吸器をはずすことができたからだ。問題は、COVIDユニットに移された後、そこの医師がイベルメクチンの追加投与を拒否し、彼女がますます悪化したことだった。彼は訴え、IVMを投与するよう裁判官に命じた。病院側は抵抗したが、ラルフは再び裁判官の命令を勝ち取ったのである。母親はイベルメクチンを投与され、6日後に退院した。

今回も、最近発表された論文から、なぜ多くの患者(全員ではない)がこのように急激で強固な回復を見せるのかを紹介する。

その後1年間で、ラルフは40の州で200以上のケースに取り組み、最初の数ヶ月でそのほとんどに勝利した。イベルメクチンで治療された患者の大半は急速に回復し、人工呼吸器を外して退院することさえできたのである。彼の努力の最も悲しい側面の一つは、最初の数ヶ月の後、病院が賢くなり、自分たちの権限を患者とその深く研究した家族に譲り渡す前例ができることを恐れて、これまでにないほどの闘いを始めたことだ。

人工呼吸器で患者が死んでいるのに判決を不服とし、イベルメクチンを投与せよという裁判官の命令に従わず、スタッフの中に投与に同意する医師はいないと述べ、さらにイベルメクチン(史上最も安全な薬とは言えないが)を投与しようとする病院以外の医師への臨時特権の付与を遅らせたり拒否したりして、病院はあらゆる卑劣な法的手口を使い始めたのである。そのため、処方した医師は実際に病院に来て、人工呼吸器をつけている患者には経鼻胃管を使って投与せざるを得なくなった。シカゴのアラン・ベイン博士は、看護師がイベルメクチンを投与することを拒否したため、多くの病院を回って直接投与せざるを得なかったと記憶している。しかし、ほとんどの場合、何日も治療が行われないのは病院側の原因である。そして、時間が経つにつれて、裁判で成功するようになると、病院内で多くの死者を出すようになった。

ランダム化比較試験としてはいかがなものだろう。ラルフは患者の代理としてロチェスター総合病院に対して6件の訴訟を起こした。最初の3件は勝訴し、すべての患者が退院まで生存した。次の3件は敗訴し、全員が死亡した。私がコビッドで目の当たりにしてきた腹立たしい不正の数々をもってしても、これは私を激怒させるに十分な能力を持っている。

しかし、ラルフは最近、48年間の弁護士生活の中で、2021年が最も満足できる仕事だったと話してくれた。それまで法廷で直接人命を救うことはなかったのに、ほぼ1年間、週7日勤務で多くの人命を救ったのだそうだ。彼の最後のケースは2022年の1月で、その後オミクロンが引き継ぎ、病院の症例は激減し、イベルメクチンはその後ハイインパクトジャーナルの不正によって効果がないことが「証明」された。ラルフの物語は、ドキュメンタリーとして作られなければならない。お願いしたい。


2021年1月15日テスはイベルメクチン研究主任のアンディ・ヒルと対決した彼は自分の研究が操作されるのを許した後

ビッグファーマとBMGFは、ユニットエイドという組織を通じて、アンドリュー・ヒルに対抗する動きを見せている。アンディの論文を操作した人々は、WHOのイベルメクチンガイドラインも操作している。

反論

アンドリュー・ヒルは、ユニットエイドのアクトセレクター・プログラムに勤務していた。このプログラムは、新共和国の調査記者アレクサンダー・ザイチクが書いたように、BMGFによって完全に運営されていたのである。私たちは、アンディとの関係の中で起こったことを、「アンドリュー・ヒルへの手紙」という短編ドキュメンタリーで詳しく紹介している。


2020年1月19日、Dr.アンドリュー・ヒルが南アフリカの団体で講演

アンディ・ヒルは南アフリカで歴史的な講演を行い、イベルメクチンの有効性に関する驚くべき証拠を詳しく説明した。これは、彼がBMGFとユニットエイドに自分の論文を操作させたことを認めた後でもあった。そのため、彼は講演の冒頭で「これは私の意見であり、私の雇い主の意見ではない」というようなことを言ったのだろう。

約2年前の2021年1月29日にイベルメクチンの主任研究者(RCTの方だけだが)が言ったことを、世の中の人に絶対に忘れてほしくないので、講演録からいくつか引用しておきますね。

現在、12月に11試験、1452名の患者のデータがあり、84%の生存率ベネフィットを示している。1月は18の試験で2294人の患者が75%の生存率を示している。2月には23試験、4100人の患者のデータがあり、4月には1万人の患者のデータが出る。

偶然の発見がある確率は、5000分の1である。つまり、かなり低い確率なのである。リスクとベネフィットの観点からは、今、医薬品を発注することのリスクは、コストがかかることと、その医薬品が国内で使用されない可能性があることである。一方、ベネフィットは、規制当局の決定後すぐに配備できる確実な供給ができることである。

Elgazzar試験の方法論的な問題?そこで、生存率の感度分析を行ったところ、生存率75%の改善を示した6つの試験があったので、それぞれの試験を除外してみた。Elgazzar試験を除外しても、生存率に有意な効果が見られたので、解析に影響を与えているわけではない。

私は、当初からリパーポーズド・ドラッグに取り組んできた。このようなデータは見たことがない。これほど幅広い国々の間で、少しずつ異なる方法でデータを見ながら、非常に一貫した結論に達しているのだ。

予防や軽度の感染症であれば、まだ臨床試験の可能性はあると思うが、入院に関しては、倫理的に非常に難しい状況だと思う。終了間際の研究を継続するのは倫理的に問題ないと思うが、新たに試験を開始するのは疑問が残る。

その後、ユニットエイドに口止めされる前に、以下のようなことも言っている。

偽情報対応

ユニットエイドとBMGFは、アンディにもう公の場で話すことを許さないと言っている。講演から数日のうちにNYタイムズの記者がアンディにインタビューしたいと連絡していた。アンディは、2021年4月にユニティード(BMGF)との契約が終了するまで、もう公の場で話すことは許されないと言った。また、その会話の中で、これまで行ってきたようなイベルメクチンの臨床試験データを私やポールと共有することができなくなったことも告げられた。ショックだ。

メルク社が2021年2月4日に自社サイトに図々しい嘘を掲載したことから、2021年8月にイベルメクチンに対する馬用駆除剤のPRキャンペーンを開始するまで(その2)はこちら

追伸:私は、急性COVIDの予防と治療だけでなく、長距離輸送とワクチン接種後の傷害症候群の研究と治療に特化したケアを提供する遠隔健康クリニックを開設した。私たちの助けを必要とする人がいれば、遠慮なく私たちのウェブサイト(www.drpierrekory.com)を訪れてほしい。

追伸:製薬会社によるイベルメクチンに関する歴史的な偽情報戦の間に私が個人的に目撃し、学んだことについて本を書いている。予約はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました