戦争と政治的暗殺の瀬戸際に追い込まれた無法世界。”終末崩壊の兆し”

アメリカ同時多発テロ事件(911)グローバルリサーチパレスチナ問題・中近東暗殺

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

www.globalresearch.ca/author/hagopian

ヨアヒム・ハゴピアン

グローバル・リサーチ、2024年5月22日

国連の国際刑事裁判所(ICC)検察官が5月20日(月)、イスラエルのネタニヤフ首相ヨアヴ・ギャラント国防相、そしてハマスの指導者3人に対し、戦争犯罪の容疑で逮捕状を発行し、ジョー・バイデン大統領は再び「起きていることは大量虐殺ではない。我々はそれを拒否する」と繰り返し、シオニスト・イスラエルはパレスチナ人に対する大量虐殺を行なっていないと依然として主張している。EUの国家指導者が暗殺未遂に遭い、イランの大統領と外相が急死したわずか数日後に、このような事態が発生した。

事実、私たちは毎日、終末的な崩壊や、核保有国同士の差し迫った世界戦争、政治的暗殺、そして偏向し、制御不能になったかのように見える世界など、危険な予兆に目を覚ましている。このように絶え間なく起こる事件は、世界の不安定化がエスカレートしていることを意味し、グローバリストが意図的に制御された解体によって、私たちの地球が狂っていることを示している。どれも偶然の産物ではない。極悪非道な計画によって、私たちが知っているすべての生命が組織的に崩壊していることを反映しているだけなのだ。加速する激変と潜在的な大量死の破壊的な前兆は、今や毎日のように現れ、衝撃的な大量発生となっている。

スロバキアのロベルト・フィツォ首相が先週水曜日(5月15日)、危うく殺害されるところだった。彼は、ウクライナへの軍事援助に反対するロシアに友好的なEUの2人の国家指導者のうちの1人であり、ファイザーとコビッド殺傷ホロコーストの背後にある権力者たちの共犯者を調査し、公に刑事責任を追及することを決意している、この世に生きている唯一の国家指導者である。

アフリカの3人の指導者と最後に選ばれたハイチの指導者は全員、生物兵器ビッグファーマのワクチン以外の毒物で人類を大量虐殺しようとするグローバリストのアジェンダに反対する大胆な立場をとったために、数年前に殺害された。もちろん、グローバリストに支配された最大のニュースメディアのひとつであるAP通信が、ロベルト・フィツォ銃撃事件の数時間後に「スロバキア当局は、彼(暗殺に失敗した人物)は政治的動機による攻撃で単独で行動したと言っている」と主張したことは偶然ではない。時計仕掛けのように、エスタブリッシュメントに組み込まれた欺瞞者たちが「単独犯」と主張するたびに、瞬時にお決まりの犯罪隠蔽の結論に達する。しかし、CIAとモサドは多くの暗殺や政治的クーデターで悪名高く有罪であるため、事実はしばしばそうでないことを証明する。JFK、RFK、マーティン・ルーサー・キング牧師がすぐに思い浮かぶ。

ほんの1カ月半ほど前、作家のサイモン・ティスダルが『ガーディアン』紙に寄稿した「かつては冷戦の遺物だった政治的暗殺者が、殺しのライセンスを持って戻ってきた」と題する記事の冒頭はこうだった:

今日の無法地帯の世界では、政治的暗殺が新たな成長産業となっている。ロシア、イスラエル、イラン、インドを筆頭に、政府公認の殺害が急増している。

ティスドールが言及していたのは、イスラエルがエイプリルフールにシリアのダマスカスにあるイラン領事館でイランの高官を暗殺したことで、これは明らかに国際法違反である。その結果、イランは4月13日に抑制された「仕返し」として、世界最大の無人機とミサイルによる攻撃を開始した。テヘランが初めてイスラエル国内の正確な軍事目標を直接攻撃したのである。

先週の4日間で、世界はロシアと友好的なEUの国家指導者の暗殺未遂を目撃した。5月20日(月)、イランのエブラヒム・ライシ大統領(63歳)、ホセイン・アミール・アブドラヒアン外相(60歳)、その他6人のイラン高官が、前日の5月19日(日)、イラン北西部の東アゼルバイジャン州ヴァルザカン市近郊でヘリコプター墜落事故により死亡した。他に死亡したのは、東アゼルバイジャン州のマレック・ラフマティ州知事と東アゼルバイジャン州のモハマド・アリ・アレハシェム最高指導者代表である。

今日のGPS技術は、ブラックボックスの記録で特定の場所をピンポイントで特定できるにもかかわらず、報告された濃霧は、40人の救助チームにとって墜落現場の特定を困難にしており、それ自体が疑わしい。AP通信は、墜落事故はイランとアゼルバイジャンの国境から南へ12マイル離れた「険しい山の中腹」で発生したと伝えている。

イスラエルは即座にいかなる関与も否定した。もちろん、事故当時のいわゆる過酷な飛行状況は、イスラエルの悪名高い自動的な「もっともらしい否認」を可能にした。ロイター

匿名を要求したイスラエル政府関係者は、ロイター通信に対し、墜落には関与していないと語った。

イスラエルの真実を語る信頼性についての実績は、特に最近、繰り返し非道なものとなっている。イスラエルを信用する国や人はほとんどいない。なぜなら、この国は、ホワイトハウスを不法占拠しているNo.1の嘘つき泥棒とその反逆的なワシントンDC政権とは違って、絶え間ない欺瞞で最悪の評判を得ているからだ。

大量虐殺を行うイスラエル政府は、イラン指導者の死に対する公式な反応を明らかにしていない。しかし、イスラエルのアミチェイ・エリヤフ現国土相は、ライシ氏の死に反応し、ワイングラスの画像をXに投稿し、その下に「乾杯」というキャプションを添えた。元国防相で野党右派イズラエル・ベイテイヌ党首のアビグドール・リーバーマンはYnetニュースに対し、イスラエルは「イラン大統領の死に涙を流すことはない」と語った。

x.com/Eliyahu_a/status/1792411988347490615

悪天候が疑われたにもかかわらず、テヘランのそれほど重要でない高官を乗せたと思われる他の2機のイランのヘリコプターは、アゼルバイジャンのイリハム・アリエフ大統領との共同ダムプロジェクトの開通式典に出席した後、いずれも無事に目的地に帰還した。しかし、このヘリコプター墜落は本当に事故なのか、それともシオニスト・イスラエルの宿敵イランのトップリーダーを狙ったイスラエルのテロ攻撃なのか?

イランの最高指導者ハメネイ師は1989年以来、5日間の喪に服すと宣言し、50日以内に選挙が実施されるまで、イラン共和国のライシ副大統領のモハンマド・モクバー副大統領を大統領代行とした。

イランの指導者エブラヒム・ライシに対する暗殺は、イスラエルとその同盟国による最初の致命的な政治的打撃とはならないだろう。要するに、この半世紀だけでも、イスラエルとその同盟国は、イランの政治、軍事の両トップリーダーに対する数多くの標的型暗殺に直接関与してきたということだ。

画像:カセム・ソレイマニ将軍

イスラエル第一主義者のドナルド・トランプ大統領のもとで、イスラエル第一主義の金で買収され、金で雇われた彼の当時の国務長官であり、私の10年後輩のウェストポイント(陸軍士官学校)出身で元CIA長官のマイク・ポンペオが2020年1月3日、イラン軍最高幹部のカセム・ソレイマニ将軍をCIAの無人機で空爆した。マイク・ポンペオはソレイマニを処刑した翌日にも大胆な嘘つきであり、CNNで羽振りのいいことを口走り、イランの将軍は中東のテロリストと協力していると自惚れたが、実際にはソレイマニは中東のテロリストを排除し、シリアとイラクの両方でISISのような米国が支援するテロリストの代理グループを効果的に撃退していた。

サダム・フセインの大量破壊兵器は存在しないという、これまた大胆なアメリカの嘘に基づいたアメリカの対イラク戦争は、またしてもアメリカ帝国の膨張主義的帝国戦争であった。ソレイマニ将軍は、最終的にイラクの占領者である米軍を排除するためにイラクを支援し、2011年にまたもや屈辱的なアメリカの敗戦をもたらした。

長年にわたり、アメリカはイラク、シリア、アフガニスタンの国家主権の権利を明白に侵害し、カブールは言うに及ばず、バグダッドとダマスカスの両政府の意思と権利に反して、米軍の占領軍を現地に配備してきた。これらの国々は、アメリカの不要なプレゼンスを正当化するために今日まで使われてきた、いわゆるイスラム国のテロリストの残党をこの地域から排除するというアメリカの言い訳が絶対的な嘘であることを知っている。なぜなら、中東全域で数十年にわたり活動している、アメリカが製造した対テロ戦争における代理同盟国のテロリストの主要な創造者であり、長年の支援者であったのは、アメリカとイスラエルの両方だからだ。ISISに先立ち、アメリカとイスラエルは湾岸諸国の君主国と手を組み、アルカイダとブッシュの盟友ビンラディン・ファミリーを作り上げ、アメリカとイスラエルの内輪もめである9.11を成功させた。5年間で7カ国を崩壊させるという彼らの事前計画「新たな真珠湾攻撃」を開始するために、意図的に反逆を犯して3000人のアメリカ人を殺害したのだ。今ではすべて既知の歴史だ。

ソレイマニ将軍は、イランで最も人気のある将軍であり、2020年に暗殺された時点では最高指導者アリ・カメネイに次いで2番目に強力な国家指導者であった。ソレイマニ将軍は、タリバンの弱体化に成功しただけでなく、アメリカが創設し、資金を提供し、訓練した世界最大のテロ組織「イスラム国」や、シリアやイラクで活動するアメリカが支援する他のジハード主義過激派グループを事実上根絶やしにした最大の責任者であった。

2021年12月下旬、当時退役したばかりのイスラエル軍情報機関のトップ、タミール・ヘイマン空軍大将が、イスラエルがソレイマニ将軍の暗殺でアメリカを援助したことを認め、ほくそ笑んだ:

ソレイマニの暗殺は、私の目にはイランが主敵と映るからだ。私の任期中には、2つの重要な暗殺があった。

ヘイマンが自慢したもう1人の暗殺は、イスラエルが歴史的に、ガザのハマスとヨルダン川西岸のパレスチナ自治政府(PA)というパレスチナ人グループの両方を支配するために、いかに分割統治戦略を用いているかを物語っている。ハマスとパレスチナ自治政府を対立させるために、ネタニヤフ首相はハマスに秘密裏に資金を提供し、パレスチナ人グループが互いに争い、弱体化し、より容易に統制される限り、2国家解決を禁じるネタニヤフ首相の長年の政策を可能にした。今回、ハマス側はパレスチナ自治政府の情報工作員が、2019年11月にもイスラエルによる空爆で暗殺されたパレスチナ・イスラム聖戦司令官バハ・アブ・アル・アタの具体的なガザの居場所を国防軍に知らせたと非難した。さらに1年後の2020年11月27日、イスラエルがイランに与えたもう1つの卑劣な大打撃は、イランを代表する核科学者モフセン・ファフリザデ=マハヴァディの暗殺だった。

そして2023年のクリスマスの日、ダマスカス郊外で、シリアとイランの軍事同盟を調整したとされるイラン革命防衛隊(IRGC)の上級顧問、サイイェド・ラジ・ムサビ将軍を標的にした、ユダヤ国家による別の致命的な空爆が行われた。それから1週間あまり後の2024年1月3日、アメリカとイスラエルは、中東の代理人であるISISと連携して、イランの民間人84人をまたもや冷酷に虐殺した。このテロ行為は、中東の緊張を意図的に高めるために行われたものであり、イランを犠牲者として再び残忍に標的にした。

イスラエルのイランに対する侵略は、正当化される以上に、テヘランの報復殺戮によって対抗されたことはない。 先月のイスラム教の祝日イード・アル・フィトルに、イスラエルはハマスの政治指導者イスマイル・ハニェの3人の息子と4人の孫をさらに標的として殺害した。ハニェは、イスラエルが意図的にシャティ難民キャンプにいる家族を標的にしたと説明した。標的を絞った暗殺は、ユダヤ国家の「選ばれし者」だけに許されたような、守られた生き方である。これほど頻繁に計画的で凶悪な暴力犯罪を繰り返す国家は他にない。

憶測が飛び交うのに時間はかからず、イスラエルが最も可能性の高い容疑者とされた。月20日月曜日に発表されたDCMグローバルのビデオによると、テヘラン政府内の匿名の情報筋は、イラン国境に近いアゼルバイジャンのイリハム・アリエフ・アゼリ大統領とのイベントにライシと彼のスタッフを輸送したヘリコプターのパイロットは、偶発的な「ハードランディング」のために彼らをイランに輸送したパイロットではなかったと主張している。ビデオはさらに、2人目のパイロットはモサドのエージェントだったと主張している。捜索救助隊が墜落現場とされる場所に到着したときには、ヘリコプターは完全に燃えていた。

イラン大統領、外相、その他の高官の突然の死をめぐる憶測に拍車をかけているのは、米空軍のC-130戦闘機が、ライシ大統領のヘリコプターが出発した時間近くに、不審にもアゼルバイジャンに到着したという報告である。推測の中心は、大統領専用機を誤作動させ、最終的に墜落させるために電子戦が使われた可能性である。イランは2000年代初頭にベル212ヘリコプターを購入したとしている。米国はそのアビオニクスを熟知しており、アゼルバイジャンでのライシ氏のヘリを機能不全に陥らせる可能性がある。このベル212型ヘリコプターは、近年のボーイング機とは異なり、何十年もの間、優れた安全記録を維持してきた。従って、このヘリコプターが事故に巻き込まれることは極めて異例であり、ましてや地域の大国の大統領が事故に巻き込まれることはあり得ない。

この運命的な事件のタイミングは、第三次世界大戦争前の紛争が激化している今日、これ以上ないほど激しく不安定な瞬間であった。年老いた85歳の最高指導者ハメネイが引退を間近に控えており、このタイミングはまた非常に怪しく、厄介なものに見える。 ライシは、1981年から89年まで、老齢の前任者である最高指導者ルホッラー・ホメイニの下で大統領を務めたように、ハメネイの後を継ぐ最有力候補と考えられていた。

イスラエルは、イランの政治、軍事、科学の指導者たちを殺害する上で重要な役割を担っており、イスラエルによる組織的な標的殺害は、4分の3世紀もの間、結果なしに野放しにされてきた。もしイスラエルがライシを殺害したという強力な決定的証拠が出てきた場合、この最新の最も悪質な犯罪も罰せられないのだろうか。歴史が繰り返されるなら、そうなるだろう。しかし、今日、私たちは前例のない特別な手段を必要とする特別な時代を生きている。そして急激な変化が起きている。イラン、イスラム世界、そして全世界が、グローバリストの旧世界秩序からNWOへの反乱の瀬戸際にある。人道に対する露骨な、覆い隠されていない犯罪がこれほどまでに世間に暴露される中で高まる反対運動は、もはや戻れないところまで来ている。

イランとアゼルバイジャンが近年、緊張した関係を維持していることはたびたび報じられてきた。アゼルバイジャンとイランはともにイスラム教シーア派の隣国であるにもかかわらず、カスピ海の石油資源に恵まれたアゼルバイジャンの独裁者イリハム・アリエフとイスラエルとの関係はますます友好的で居心地の良いものになっている。結局のところ、アゼルバイジャンが2020年後半に45日間続いた最後のナゴルノ・カラバフ戦争の防衛戦において、初めて戦場でアルメニア人を戦術的に打ち負かすことを可能にした戦略的無人機を供給したのは、アシュケナジム系ユダヤ人国家だった。この行動によって、昨年、ナゴルノ・カラバフにおけるバクーの「電光石火の一撃」が準備され、戦争難民として彼らの正当な古代の故郷からアルメニア共和国に安全を求めて逃れてきた12万人のアルメニア人が、事実上すべて追い出された。

この「奇妙な仲間」イスラエルとアゼルバイジャンの共生関係によって、アリエフは今日、ハマスに対するイスラエルの戦争を公に支持している。

このように、イランの指導者が、イランの宿敵シオニスト・イスラエルと仲の良い、信用できないことが証明されている専制君主とともに、アゼルバイジャン国内の政治行事に出席したことは、致命的な運命的ミスであったかもしれない。イランのアミール=アブドラヒアン外相がアルメニア系である可能性が高いことから、この不運な旅は自動的に、よりいっそう背信的なものとなった。アリエフはアルメニア人を地球上から消し去ることを公言していない。ちょうど彼の神聖でないハザリアンマフィアの仲間であるベンヤミン・ネタニヤフがパレスチナ人を地球上から消し去ったように。この2人の戦犯独裁者ビビとイリハムは、同じ腐ったさやから出た2つの腐った豆なのだ。


ヨアヒム・ハゴピアンはウェストポイント卒の元陸軍将校であり、『Don’t Let the Bastards Getcha Down』の著者である。年功序列に基づく欠陥だらけの米軍リーダーシップ・システムを暴露し、優秀な人材は必ず淘汰され、凡庸で秩序に従順な将兵が政治家・官僚としてトップに上り詰め、エリートたちの思惑によって現代の米国のあらゆる戦争に敗北するよう指定されている。退役後、ヨアヒムは臨床心理学の修士号を取得し、四半世紀以上にわたって被虐待児や青少年を対象とする精神保健分野の公認セラピストとして働いた。ロサンゼルスでは、アメリカの徹底的に破壊され腐敗した児童福祉制度の中で、全米最大の郡児童保護サービスと戦うことになった。

軍と児童福祉制度の両方での経験から、彼は研究者として、また独立ジャーナリストとして、ビッグファーマの悪を暴き、ロックフェラーに支配された医療と精神医学のシステムが、いかに善よりも害を与えるかを明らかにした。過去10年間、独立ジャーナリストとして、ヨアヒムはGlobal Researchlewrockwell.com、そして現在はhttps//jameshfetzer.orgInteldrop.orgthegovernmentrag.com含む多くのニュースサイトに何百もの記事を書いてきた小児性愛と帝国」と題された5巻からなるシリーズの著者サタン、ソドミー、ディープ・ステート(悪魔、ソドミー、ディープ・ステート)』と題された5冊のシリーズを出版しているヨアヒムの著書や章は、児童擁護と人権のカテゴリーでアマゾンのベストセラーとなっている。彼のA-Zソースブック・シリーズは、世界的な小児性愛の惨劇を完全に記録し、暴露しており、pedoempire.org/content s/から無料で入手できる。ヨアヒムはまた、毎週金曜日の午前7時(米国東部標準時)にレボリューション・ラジオの放送「Cabal Empire Exposed」(ID:revradio、パスワード:rocks!

画像は著者による

この記事の原文はGlobal Research

著作権 ©Joachim Hagopian, Global Research, 2024

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました