スティーブ・キルシュワクチンワクチン後遺症

ワクチン接種を受けたアメリカ人の最新調査で心筋炎の発生率が3.7%。
A 3.7% rate of myocarditis in our latest survey of vaccinated Americans

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

stevekirsch.substack.com/p/a-37-rate-of-myocarditis-in-our-latest

これは健康上の災難だ。この率はCDCが主張する値の500倍以上である。医師は「安全で効果的」というシナリオに異議を唱えることが許されないため、この件に関しては沈黙を守るだろう。

Steve Kirsch

要旨

CDCは常に、ワクチンを接種することによって心筋炎のリスクがわずかに上昇するだけであると我々に伝えてきた。彼らはVAERSシステムからの低い報告率を示すデータを引用している。しかし、彼らはいつも都合よくVAERSが過少報告であることを「忘れて」おり、VAERSの過少報告率を推定していない。つまり、彼らの推定値は100倍以上もずれている可能性がある。

今、私たちは、CDCが人々を欺いていること、そして彼らの数字が実際には、少なくとも100倍も低すぎることを複数の情報源から確認している。

  1. 専門的な世論調査会社によって行われたアメリカ人に対する直接のユーザー調査(誤差は公称4%)では、調査に回答したワクチン接種者の心筋炎罹患率は3.7%であることが示されている。この数字は、以前に行われた別の回答者による調査とも一致している。これは、CDCの数値の500倍も高いものである。
  2. Nature誌に掲載された論文によると、ワクチン接種後の心筋炎の割合は、通常の140倍にもなる。これは「わずかに上昇したリスク」とは言えない。
  3. 米軍のフライトサージャンによる推定では、ワクチン接種を受けた軍用パイロットの心筋炎率は4%であり、我々の調査と非常に一致している。
  4. 私の近くの地元の学校では、保護者が明らかにした心筋炎の発生率は少なくとも1%であった。

また、この最新の調査では、以前の調査での死亡推定値(最低60万人)が確認された。この場合、8.12/12.79はQ19/Q23で、これはワクチンによる死亡者数とCOVIDによる死亡者数の比率である。つまり、100万人がCOVIDで死亡したとすると、60万人以上がワクチンで死亡したことになる。

はじめに

CDCによると、心筋炎の発生率が最も高いのは12〜17歳の男性で、2回目の接種100万人あたり最大69人の症例があるそうである。

しかし、心筋炎の発生率はそれよりもずっと高いことがはっきりわかる調査結果が返ってきた。ワクチン接種者100人あたり3.7人だ。これは若い男の子だけでなく、予防接種を受けたすべてのアメリカ人に対する統計だ。質問5である。予防接種を受けた371人のうち、14.03人が「はい」と答えている。14.03/371= 3.7%.

これは、CDCが発表した最高値の536倍にもなる率だ。彼らは、ワクチンによる心筋炎のリスクは「わずかに上昇する」だけだと断言した。

しかし、予防接種を受けた人の3.7%に重篤な障害が発生していることは伝えていない。この新しい数字は、病院で心筋炎の症例がこれほど多く見られる理由を説明している。

陸軍の飛行外科医は、個人的な専門的観察に基づいて、軍のパイロットの心筋炎の発生率を4%と推定していた。その試算は大きく外れてはいなかったようだ。

また、カリフォルニア州ワトソンビルのモンテ・ビスタ・クリスチャン・スクールでは、現在5人の心筋炎患者が確認されているが、男子は400人で、全員がワクチンを接種しているわけではない。これはまた調査の裏付けとなるわけである。なお、学校長は何も話していない。どうやらキリスト教的価値観からすると、他の親に危険性を知らせず、その結果自分の子供にワクチンを接種する可能性を高めるために、子供たちの怪我について黙っていることを管理者に強要しているようだ。ということは、この学校の保護者の一人から聞いた5例は、1%よりもはるかに高い確率である可能性がある。

最新の調査について

最近の調査を分析したこの記事を見てほしい。この記事には3回の調査が掲載されており、ソースデータも掲載されている。この記事には、調査がどのように行われたかを説明する方法論のセクションもある(詳細については以前の記事を参照してほしい)。

基本的には、全米から500人が無作為に選ばれる。最初の質問に答えたら、500人にカウントされる。最初の質問で調査の性質がわかるわけではないので、選択バイアスがかかることはない。数字は、回答した人の人口統計に基づいて、アメリカ全体の人口統計と一致するように調整されている。

計算には、生の数字を使っても、調整後の数字を使ってもかまいない。どちらにしても、アメリカ政府にとっては破滅的な結果となる。

CDCや主流メディアがこのような調査を行わないのはこのためである。彼らは真実を知りたくないし、もっと重要なのは、あなたに真実を知ってもらいたくないのである。

査読済みの科学文献からの確認

Nature誌に掲載された論文(COVID-19メッセンジャーRNAワクチン接種後の心筋炎および心膜炎の年齢および性特異的リスク)の内容をそのまま紹介する。男性の投与量2(左下のグラフ)において、男性のエラーバーはすべて点線の「正常」ラインを超えていることに注意してほしい。

 

性・年齢階級別のサブグループ推定

心筋炎のリスクは,男女ともにワクチン接種後1週間以内に大幅に増加した(図1,表S2).mRNA-1273ワクチンの2回目の接種に関連するオッズ比は一貫して最も高く、18歳から24歳の男性と女性ではそれぞれ44(95%CI、22-88)および41(95%CI、12-140)までの値があったが、それ以上の年齢層では高いままであった。BNT162b2ワクチンの2回目の接種のオッズ比は年齢とともに減少する傾向があり,12~17歳の男女ではそれぞれ18(95%CI,9~35)および7.1(95%CI,1.5~33)から,40~51歳の男女ではそれぞれ3.0(95%CI,1.5~5.9)および1.9(95%CI,0.39~9.3)へと低下している.

つまり、私たちの調査を信じないとしても、この論文によれば、男性では通常の88倍、女性では140倍ものリスクがある。

まとめ

CDCは、ワクチンによる心筋炎のリスクは「わずかに上昇する」だけで、全く心配することはないと言っている。

我々の最新の調査とNature誌のこの新しい記事は、CDCの言うことと一致しない。

私たちの調査は、リスクプロファイルが利益を正当化しないため、ワクチンを完全に避けるべきであると示唆している。特に、早期に治療すれば小さな悩みの種となるウイルスについては、そうである。これは、ピーター・ドーシらによる最近の論文の勧告と一致している。

医師は、医師免許を失うことを恐れずに、このようなことをあなたに言うことはできないだろう。だから、医学界は、この研究を簡単に再現できるにもかかわらず、この結果を無視するだろう。

それが最近の医学のやり方なのだ。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました