N-アセチル-システイン/NAC(認知症・アルツハイマー)

N-アセチル-システイン(NAC)

利用規約・免責事項 をお読みください。

概要

最強の抗酸化物質と言われるグルタチオンの前駆体。

グルタチオンはグルタミン酸、グリシン、システインの三つのアミノ酸で交際されており、システインの細胞内濃度が一番低い。(グルタチオン合成の律速段階)

※グルタチオン自体はサプリメント等で直接摂取しても多くが腸管で加水分解される。

NACが、BBBを通過するかどうは議論が別れており、おそらく用量と用い方に依存する。

NAC単体投与によるアルツハイマー病患者認知機能改善の証拠は弱い。

効能

ミネラルへのキレート効果、鉛等(鉛はグルタチオンを不活性化させる)

グルタミン酸受容体への刺激を緩和

MMP9活性を60%阻害

ミトコンドリア機能障害回復による神経保護効果

摂取方法

効果を最大化させるためには、空腹時に摂取

デトックスに用いる際、活性炭とは併用しない。(結合して不活性化するおそれ)

低濃度のNACは細胞増殖を促進するが、高用量ではアポトーシスを引きおこす可能性。

酸化ストレスが無い場合に摂取すると、プロオキシダント効果により有害となるかもしれない。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3967529/

Jarrow Formulas, N-A-C Sustain®(N-A-C サステイン)、N-アセチル-L-システイン、600 mg, 100 錠

サプリメント

通常タイプの半減期は数時間、徐放剤とノーマルの使い分けがおすすめ

ジャロー N-アセチル-システイン 600mg 100錠 徐放剤

ジャロー N-アセチルシステイン 500mg 100カプセル ノーマル

昼、晩 一錠ずつ。夕方から夜を中心に。炎症反応が高い場合は朝も加える。

Nアセチルシステインの炎症抑制効果により、摂取してから運動やLLLT治療などの炎症応答を利用した健康法を行っても、それぞれの利益を失うかもしれない。

Translate »