ウクライナ戦争!?何にとっての利益なのか?その歴史的背景(前編)
Ukraine War! What Is It Good For? The Historical Background (Part 1)

ロシア・ウクライナ戦争社会問題

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

iaindavis.com/ukraine-war-part-1/

投稿者:イアン・デイビス 2022年3月7日

ロシアはウクライナ国内で軍事作戦を開始した。これは、西側の主流メディア(MSM)、大西洋横断同盟に忠実な政治家、そしてEUとNATOによって侵略と呼ばれてきた。

現在、東ウクライナの北のハリコフ、南のオデッサあたりで衝突が起きているようである。しかし、西側MSMが報道しているほど大規模な戦闘が行われているわけでもない。

ロシアは確かに空軍基地や軍事インフラをターゲットに空爆を行っている。現段階では、ロシアの意図はそれなりにはっきりしているように見える。ロシアは、ウクライナを占領する計画はないと繰り返している。

2月24日、プーチン大統領は、いわゆる「特別軍事作戦」の目的を次のように説明した。

[NATOの東方拡大により、ロシアを取り巻く状況は年々悪化し、より危険になっている。[北大西洋同盟のインフラのさらなる拡大や、ウクライナ領土の軍事的足場を得るための進行中の努力は、私たちにとって容認できるものではない。[NATOの主要国は、ウクライナの極右の民族主義者やネオナチを支援している。彼らは、ロシアとの統一を自由に選択したクリミアとセヴァストポリの人々を決して許さないだろう。彼らはドンバスでやったように、間違いなくクリミアに戦争を持ち込もうとするだろう。[この作戦の目的は、8年前からキエフ政権による屈辱と大量虐殺に直面している人々を守ることである。この目的のために、私たちはウクライナの非軍事化と非azifyを目指すとともに、ロシア連邦の市民を含む民間人に対する数々の流血犯罪を犯した者たちを裁判にかけるつもりである。ウクライナの領土を占領するのは私たちの計画ではない。私たちは、力によって誰かに何かを押し付けるつもりはない。

ロシア国内からの報道が著しく少ない西側諸国の情報では、3月4日現在、ロシア軍はDPR、LPRおよびクリミア北部の領域で作戦を展開しているようである。北部のハリコフやキエフの包囲に迫り、オデッサから北西に移動してオデッサ州とモルドバとの国境沿いの領域を確保したという。

ロシアの侵攻を主張 04-03-2022

今回のロシアの軍事行動は、地政学的、経済的、グローバリズム的なより大きな絵の一部である。この背景については、第2回〜第4回で詳しく紹介する。

紛争は急速に進展しており、何が起こるか正確に予測することはできない。リスクはこれ以上ないほど高い。あなたがこれを読むころには、現地の状況は激変しているかもしれない。

NATOがウクライナの飛行禁止区域の設定を拒否したことで、紛争がウクライナの国境を越え、短期的に拡大することへの懸念が和らいだのだろう。ウラジーミル・プーチンは、ロシアはこれを戦争行為と見なすと発言している。NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長は、次のように述べている。

私たちはこの紛争の一部ではなく、紛争がエスカレートしてウクライナを越えて広がらないようにする責任がある。なぜなら、そうなればさらに壊滅的で危険なことになり、さらに多くの人々が苦しむことになるからだ。NATOは、ロシアとの戦争を望んでいるわけではない。

この4部構成のシリーズでは、まず、ロシアの攻撃に至るウクライナの近代史的な影響のいくつかを考察する。第2回から第4回にかけては、国際ルールベース秩序(IRBO)の地政学的・グローバリスト的変容という文脈の中で、より広い意味合いを考察していくことにする。

その証拠を探るのは、私たちに委ねられている。西側のMSMは西側政府のパートナーであり、彼らのプロパガンダマシンとしてしか機能しない。東側のMSMの目的もほぼ同じだが、少なくともロシアではより多様な意見が許されている。しかし、西側から見ると、東側のMSMは公式の代替シナリオを売っている。

現実を見極めるためには、西側と東側のMSMの両方にある程度頼らざるを得ない。どちらも信頼できるものではなく、批判的思考を念頭に置いて読むべきであることを理解する限り、両者の事象の描写を対比させることは有用であろう。

ウクライナ近現代史

ウクライナは豊かな歴史を持つ古い土地である。しかし、私たちが今日認識している国民国家の境界線は、ウクライナ人民共和国(1917-1920)で初めて出現したものである。西ウクライナ人民共和国(東ガリシア)との内戦により、一時期、東ウクライナ南部が離反した時期があった。

アナーキストの自由領域マフノフシチナ(マフノビア1918-1921)が設立された。ネストル・マフノの黒軍によって守られた彼は、1918年、国民に向けた公文を書き、発表した。

私たちは、私たち自身と私たちの同志を新体制の道へと導くために、共に奴隷制度を破壊していく。その内容は、全人口が、他人の労働力を搾取することなく、自分たちの共同体で、国家やその役人から完全に自由に、独立して、社会生活や社会生活のすべてを構築することを可能にするものである。

黒人軍団による解放は、本当の意味での解放であった。町や都市を獲得すると、こんな掲示をするのだ。

この軍隊は、いかなる政党にも、いかなる権力にも、いかなる独裁政権にも仕えはしない。[それは、あらゆる搾取と支配に対抗して、労働者の行動の自由と自由な生活を守るために努力する。したがって、Makhnovist軍は、いかなる権威をも代表しない。また、誰に対しても、いかなる義務を負わせることもない。その役割は、労働者の自由を守ることに限定される。農民と労働者の自由は、彼ら自身に属するものであり、いかなる制限も受けるべきでない。

マフノビアの人々は、政府を持たずとも完全に機能し、比較的平和に暮らし、忙しいカタルシスを享受していた。しかし、地域勢力はその存在に全く反対し、1921年にボルシェビキ赤軍がこれを粉砕した。しかし、1921年にボルシェビキ赤軍がこれを鎮圧し、再び政府が誕生した。

ウクライナ・ソビエト社会主義共和国(UkrSSR)は、1922年に成立した。1931年から1934年にかけてのソビエトの農業政策(集団主義)により、ソビエト社会主義共和国連邦(USSR、ソ連)では550万人以上が餓死している。特にウクライナでは、ホロドモールの期間中に400万人が死亡したと推定される。

1941年6月、ドイツ軍はバルバロッサ作戦によって、第二次世界大戦の東部戦線を切り開いた。ソ連への侵攻は、想像を絶する規模の苦しみをもたらした。このような大規模な損失は数値化することは難しいが、ドイツは約550万人の兵士と200万人近くの民間人を失った。ポーランドの民間人の損失も似たようなものだった。

第二次世界大戦中、ソ連は全人口の14%にあたる2,500万〜3,500万人の兵士と民間人を失った。そのうちの400万人がウクライナにいたと推定される。毎年5月9日、ロシアでは大祖国戦争終結を記念する行事が行われる。ロシア人にとって第二次世界大戦とは、東部戦線での悲惨な戦いが、ナチスに対する深い反感をロシア人の意識に焼き付けたものである。国家社会主義に対する彼らの反抗は、ロシアのナショナル・アイデンティティの中核をなすものである。

1945年、ウクライナは国際連合の創設国のひとつとなった。1954年、当時のフルシチョフ大統領からクリミア半島を譲り受け、領土が拡大した。

ネスター・マッハノ

クリミアは1783年にロシア領となった。オスマン帝国が1774年のコズルジャの戦いでロシアのツァーリ軍に決定的な敗北を喫し、半島を帝政ロシア(1721-1917)に奪われたからだ。1944年、タルタル人、アルメニア人、ブルガリア人、ギリシャ人がスターリンによってクリミアから強制的に追放され、さらにロシア人の入植が奨励された。

1945年までクリミアはロシアソビエト連邦社会主義共和国(RSFSR)の独立した共和国であった。タルタル民族の強制移住に伴い、クリミアはロシア連邦の州(地域)となった。1954年までに、当時110万人いたクリミア人の約75%がロシア人、25%がウクライナ人であった。

1991年1月、ウクライナの独立を問う住民投票を前に、クリミアの有権者の約93%がクリミア独立の維持を選択した。投票率は80%で、これは有権者の74%に相当する。その後、ウクライナ議会は1991年2月12日にクリミアをウクライナの国境内にある独立した共和国として設立する法律を可決し、これを承認した。

1991年12月、国民投票によりウクライナの主権が宣言された。ウクライナの州の中で最も投票率が低かったのはクリミアであった。クリミアの有権者の65%が投票したが、そのうち54%だけがウクライナの独立を選択した。つまり、投票権を持つクリミア人のうち、ロシア連邦からの独立を支持したのはわずか35%であった。

1994年3月、キエフとシンフェロポリ(クリミアの首都)両政府間の政治的混乱がますます激しくなる中、クリミアの人々は再び住民投票を行い、キエフからの独立とロシアとの関係強化を圧倒的多数で選択したのである。キエフとシンフェロポリの緊張関係は、20世紀の終わりから21世紀の最初の20年間に渡って続いた。

クリミアの民族構成は、ここ数十年で変化している。ソ連邦の崩壊後、多くのタルタル人が戻ってきた。現在、約68%がロシア人、16%がウクライナ人、13%がクリミア・タタール人である。残りの3%はベラルーシ人、アルメニア人、ユダヤ人である。人口は約240万人と推定されている。

1654年から2013年までのウクライナ地図

ウクライナのネオナチ

2010年、当時のウクライナ大統領ヴィクトル・ユシチェンコは、第二次世界大戦中のウクライナ民族主義者組織(OUN)の指導者の一人、ステファン・バンデラに死後国家勲章を授与した。ユシチェンコはバンデラを「ウクライナの英雄」と宣言した。

1922年、現代のウクライナであるリヴィウ、ザカルパチア、イルヴァノ=フランキフスト、チェルニヴツィの各州は、第二次ポーランド共和国の一部となった。その結果、1920年代から30年代にかけて、ポーランド東部でウクライナ人民族主義運動が勃発した。そのメンバーはウクライナ軍事機構(UVO)を結成し、この地域でテロ活動を行った。

1929年から1934年にかけて、UVOは徐々に移行し、 ウクライナ民族主義者組織(OUN)の基礎となった。第二次世界大戦の勃発後、OUNはアンドリー・メルニク率いるOUN-Mとステパン・バンデラ率いるOUN-Bに分裂した。

OUN

ステパン・バンデラは、ナチスの協力者であり、超国家主義者であり、狂信的な反ユダヤ主義者であった。1941年、バンデラはナチスの死の部隊(アインザッツグルッペン)と協力して、リヴォフ市を皮切りに一連のポグロムの調整に乗り出し、数日間で4000人のユダヤ人が虐殺されるという恐ろしい事態を引き起こした。虐殺に先立ちバンデラが作成した脅迫状には、「私たちはお前たちの首をヒトラーの足元に置く」と書かれていた。

バンデラのOUN-Bは、民族的に純粋なウクライナを作ることを望んでいた。ポーランド人、ユダヤ人、そしてロシア人が彼らの絶滅の対象であった。

ウクライナの北部、特に西部の州は、ナチスをソビエト支配からの解放者として歓迎した。多くのウクライナ民族がドイツの「解放者」に加わった。第14SS義勇軍師団(ガリシア)、ナハティガル・ローランド大隊などの軍隊は、大部分がOUNとUPAの信奉者から形成されていた。(これらについては、後ほど詳しく説明する)

ホロコーストの数年間で、推定100万人のユダヤ系ウクライナ人、ウクライナ系ロシア人、ポーランド人が組織的に殺害された。1941年9月のわずか2日間、キエフのバビ・ヤール渓谷で、約3万4千人のユダヤ人男性、女性、子供が処刑された。

1941年7月、ウクライナの国家化を宣言し、第4帝国への支持を誓ったバンデラはドイツ軍に逮捕されたが、バンデラ派の信奉者たちを鼓舞しつづけた。OUN-Bはウクライナ反乱軍(UPA)を結成した。1941年から1945年にかけて、UPAは現在のウクライナ西部の州において、推定10万人のポーランド人を組織的に拷問し、虐殺した。

2007年に公開されたCIAの文書では、戦後バンデラが英国諜報機関と協力し、ウクライナ国内に諜報員を配置していたことが明らかにされている。西側勢力とウクライナの極右勢力との関係は、その後も続いている。

UPA

CIAはバンデラに直接働きかけることはせず、OUNやその分派組織の他のメンバーと協力した。最終的には、KGB(ソ連の対外情報機関)が深く浸透していた西ドイツ情報局(BND)と協力しながら、バンデラは1959年にソ連に暗殺された。

1944年にソ連がウクライナに勝利した後も、OUNは抵抗を続け、特に現在のウクライナの東ガリシア州において抵抗を続けた。OUNは1950年代半ばまでゲリラ戦を繰り広げた。皮肉なことに、バンデラはOUNの指導者の中で最も著名でもなく、最も強力でもなかった。しかし、彼は暗殺され、ウクライナの民族主義者の殉教者となり、彼らのネオナチ思想の象徴となった。

1991年、Oleh Tyahnybokはウクライナ社会民族党(SNPU)Svobodaの創設メンバーのひとりとなった。彼はウクライナのウルトラナショナリスト(ultras)に、国からユダヤ人とロシア人を排除するように促した。1998年、国民の十分な支持を得てウクライナ議会(ヴェルホブナ・ラダ)に選出され、ウクライナ人民運動派の一員として活躍した。2002年の再選を経て 2004年にスヴォボダ党首に就任した。

スヴォボドのマイナーな政治的成功は、1994年にトライズブ(トライデント)を共同設立し 2005年にリーダーになったドミトリー・ヤロシュなど他のネオナチを刺激した。2013年、ヤロシュはラダ野党の副リーダー、ヴァレンティン・ナリヴァイチェンコのアシスタント・コンサルタントになった。これは、ヤロシュがTryzubを中核とする超ネオナチ右派の指導者に昇格したことと重なる。

ナリヴァイチェンコは 2001年から2005年までワシントンで、最初は領事顧問、その後ウクライナ大使館の領事部部長として勤務した経験がある。2006年から2010年までウクライナ治安局(SBU)長官を務め、2014年に再び同職に任命された。

Oleh Tyahnybok

SNPUのもう一人の創設者はアンドリー・パルビイである。SNPUは2004年にスヴォボダとなり、1998年から2004年までパトリオット・オブ・ウクライナという準軍事組織のリーダーだったパルビイは、過激派から政治へと公然と転身を遂げた。

パルビィは、2014年にウクライナ国家安全保障・防衛評議会の長官に就任し、2016年にはラーダ議長(スピーカー)に選出されるなど、政治家としてのキャリアを積んでいる。

ユシチェンコ大統領がバンデラを英雄として公式に認めた時、多くのEU加盟国は憤慨した。そこで、パルビィはユシチェンコの決断を支持するよう訴えた。

おそらく、バンデラにその名誉を与えることで、ユシチェンコは将来の政治的な可能性を計算していたのだろう。ネオナチはウクライナの政治において、マイナーでありながら不釣り合いなほど強力な力を持っていた。そのことは、バンデラの名前の由来であり、祖父の神格化の知らせを聞いた孫のコメントからもうかがい知ることができる

大統領は賢く行動し、もっと早く実行することもできたはずだが、それでは票を獲得するための試みと受け取られてしまうだろう。

これは決して、ウクライナ人の大多数や政府がファシストであることを示唆するものではない。選挙での限定的な成功にもかかわらず、ウクライナの極右はウクライナ政治の端っこに留まっている。

ウクライナの選挙の歴史を見ると、伝統的な社会主義(国家社会主義よりも民主的社会主義)が支配的な政治イデオロギーであることがわかる。とはいえ、ウクライナの超国家主義が、特に西側の州において顕著な大衆的支持を得ていないふりをするのは不誠実であろう。

ウクライナにおけるネオナチの政治的影響力は、NATOと連携する西側覇権から大きな支持を受けているだけに、選挙での影響力を上回っているのだ。現在のウクライナは、ソビエト連邦の解体後、1991年に初めて真に独立した主権国家となった。民族的、言語的、政治的、文化的に2つに分かれた国である。

ロシア語を話す住民が多い南部と東部の州では、一貫して社会主義者や共産主義者の候補者に投票し、ロシアとの緊密な関係の維持を断固として主張してきた。地政学という壮大なチェス盤の上で、ウクライナの東西両側は外国の大国によって利用されてきたのである。

現在のロシアのウクライナにおける軍事行動は、そうした国際政治闘争の中から生まれたものである。間違ってはいけない。西側MSMとその政治家層は、この危機を促進することに完全に加担している。

第4回では、このテーマを深く掘り下げていく。しかし、まず、2013年から2014年にかけてのユーロマイドンのクーデターによる内乱、クリミア併合疑惑、その後のドンバス戦争の舞台に至るまでの経緯とその周辺に目を向ける必要がある。

右派・自由党の旗

ユーロメイデンのクーデター

2004年のウクライナ大統領選挙は、西側が支持するヴィクトル・ユシチェンコと、ロシアが支持するヴィクトル・ヤヌコーヴィチの一騎打ちとなった。この選挙は、ウクライナ社会の深い溝を物語るような大接戦となった。当初はヤヌコーヴィチが僅差で当選と発表された。

しかし、不正選挙疑惑が広まる中、ユシチェンコ支持者はその結果を受け入れなかった。2004年11月22日、彼らはキエフの中心地マイダン広場に集結し、オレンジ色の旗を振って選挙の再実施を要求し始めた(これが「オレンジ革命」の名の由来である)。

平和的な抗議する人々は1カ月間警戒を続け、選挙改革が行われ、再選挙でユシチェンコが正式に選ばれた。しかし、彼は約束された経済改革を行うことができなかった。その結果、ウクライナ人は2010年にヤヌコーヴィチを選出した。対立候補のユリア・ティモシェンコが最高行政裁判所に抗議したにもかかわらず、ヤヌコビッチは大統領に就任した。

2010年の大統領選挙は、国際監視団によって自由で公正であると判断された。2012年の議会選挙では、ヤヌコーヴィチ率いる「地域政党」が議席数を185に伸ばし、その政治的権威を確固たるものにした。また、ウクライナ社会の分裂を示すように、2012年の選挙では、スヴォボダ(チヤニボック政権)が37議席に増え、第4党となった。

2010年選挙結果

2013/14年のユーロマイドンのクーデターに先立つこの政変の時期、ヤヌコーヴィチはウクライナの民主的に選ばれた指導者であった。このことは、今回のロシアの軍事行動につながった一端であるその後の出来事を論じる上で、極めて重要な事実として記憶しておく必要がある。

2012年の選挙後、ヤヌコビッチ政権は「EU・ウクライナ連合協定」の草案を承認した。これに対してロシアは、1997年に締結された協定に違反すると警告し、ウクライナ政府に圧力をかけた。ロシアはウクライナにとって最大の債権者であり貿易相手国であることから、ヤヌコビッチはEU協定の貿易要素に署名することを迷った。この協定は「包括的自由貿易圏(DCFTA)」と呼ばれるものである。

ウクライナ側には、EUが提案したDCFTAを疑問視する理由があった。ウクライナの主要貿易相手国は独立国家共同体(CIS)であり、この貿易の損失に対してEUがどのように補償するのかが明確でなかった。産業生産性の大幅な低下を懸念したボイコ副首相は、EUとの間でこの問題が明確になるまで交渉を停止することを発表した。

EUとロシアの経済力、金融力に挟まれ、国内でも不安が高まる中、ヤヌコビッチは債務再編のパッケージを交渉しようとした。ロシアの承認を得て、EU、ウクライナ、ロシアの3者間協定を提案した。EUはこの協定を拒否し、IMFはウクライナの債務再編を拒否した。

ヤノコーヴィチやボイカを含む地域党代表の数多くの声明は、協定は死んでおらず、交渉は進行中で、協定に署名するつもりだと主張した。しかし、ロイターをはじめとする多くの西側メディアは、EUとIMFの強硬姿勢を完全に無視し、代わりにヤヌコビッチを悪役に仕立て上げ、彼がEUの協定を守るための試みに「拒否権」を発動したと主張した。実際には、後にMSMが認めたように、ドアを閉めたのはEUであった。

2013年11月、キエフの独立(マイダン)広場で親EU派のデモが起こり始めた。当初、デモは2004年のオレンジ革命と呼ばれるカラー革命の時と同様、平和的に行われた。

その後、西側MSMは抗議デモに肩入れし、マイダンに関する報道では、新しく作られたウクライナのメディア集団も参加した。11月21日から24日にかけて、Espreso.tv、Spilno.tv、hromadske.tvの3つが電波に乗り、ウクライナの視聴者の間でたちまちオンライン現象になった。

平和的なEU反対運動

連日、民主的に選ばれたウクライナ政府、特にヤヌコーヴィチに対する怨念を煽るような報道が続いた。例えば、クーデターではなく「国家の誕生」を世界が目撃している、と。

その結果、デモは数を増やし、力をつけていった。ヤヌコーヴィチに対する敵意は高まっていたが、デモは圧倒的に平和的であった。

11月30日、西側のMSMとウクライナの親EUメディアによって、特別機動隊(Berkut)が抗議に参加した人々を攻撃したと非難され、平和は打ち砕かれた。親EU/NATOのMSMは、この出来事を撮影し報道するために、早朝(3時)に大挙してやってきた。このような非社会的な時間にこれだけの人数が到着するのは極めて異例であった。

しかし、当然のことながら、そのどれもが起こったことを正確に伝えてはいない。その代わりに、彼らはヤヌコビッチとウクライナ政府を暴力で責めるという、一つのまとまった、そして誤った物語を作り上げた。西側諸国、特にNATO主導の情報同盟「ファイブ・アイズ」やEUに加盟している政府は、このような事件の説明が嘘であることを知っていながら、当時はそれに味方し、今日までそのプロパガンダを続けている。

ウクライナ政府内の諸要素がスヴォボダや右翼セクターと共謀して暴力を引き起こしたことは事実だが、ヤヌコーヴィチと地域党の指導者は彼らをコントロールしていたわけではない。むしろ、これらの極右勢力は、西側諸国政府、特に米国のネオコン系タカ派やその他のグローバリスト(第3部参照)の支援を受けながら、自律的に行動していたのである。

ビデオ映像によると、警棒と投擲物で武装した右翼セクターとその他のウルトラは、ベルクートが到着したとき、すでに所定の位置にいたことがわかる。彼らは機動隊を攻撃し、機動隊はすべての抗議に参加した人々を殴って応戦した。このことは、ウクライナ国民議会-ウクライナ人民自衛軍(UNA-UNSO)の戦闘司令官Ihor Mazurも認めており、右派が退却する前に対立を開始したと述べている。

この暴力的なエピソード以来、プーチンのウクライナ「非ナチ化」発言は、西側MSMに嘲笑されてきた。西側の政治体制もそれに輪をかけている。米国のテレビでマイケル・マクフォール元駐ロシア大使は、「ウクライナにナチスはいない」と感情的に発言している。

後にウクライナ首相(2014-2016)となったアルセニー・ヤツェニュクは、マイダンの指導者の中で、ベルクートによる抗議者たちの散開計画を事前に知っていた一人である。目撃者の証言によれば、アンドリー・パルビイは、ベルクートの行動が起こる前に、そのことについて耳打ちされていた。しかし、彼も、ヤツェニュクも、オレグ・タヤニボックを含む他のマイダンの指導者も、抗議者たちに警告を発しなかった。彼らは、虚偽の報道を訂正することなく、続く暴力を見守ることに満足したのである。

その後、抗議者たちは、ベルクートが流血を始めたと誤解して、ますます多く集まり、暴力はエスカレートしていった。12月1日、彼らは政府ビルへのアクセスを遮断するためにバリケードを築き、キエフ市庁舎を占拠し、幾度となくベルクートと衝突した。ビデオ分析によると、右派の扇動者たちが再び暴力行為に加担したことが明らかになった。

右翼セクターの活動家が暴力をリードしているのがよくわかる映像の静止画

12月2日、オレ・タイフニーボクは、公然と革命を呼びかけた。

私たちの大義のために、思想のために、自分たちのために、そして子どもたちのために戦っているすべての人たちに祝福を送ります。私たちは最初の勝利を収めたが、それはまさに私たちがウクライナ全土でこの抗議行動を開始したからだ。これは、あらゆる境界線を越えてしまった犯罪的な政権に対する真の圧力であり、消え去らねばならない! [……] ここにいる私たち全員は、ウクライナ人である。[私たちは、ここにいるすべての軍人、将軍、兵士、法執行者に訴えたい:私たちの側を選び、犯罪者の命令に従わず、ウクライナ革命に参加しなさい。

右派セクターは明らかに重大な暴力のために準備を進めていた。2014年1月、右派のコーディネーターであるアンドレイ・タラセンコは、ベルクートについて言及し、次のように述べたという。

もし彼らが攻撃して流血の弾圧を行おうとしたら、大虐殺が起こると思う。[ウクライナでゲリラ戦が始まるだろう。

散発的な暴力は1月中、そして2月に入っても続いた。そして2月16日、逮捕されたすべての抗議に参加した人々の釈放と他のすべての抗議に参加した人々に対する訴追免除を政府が保証する代わりに、抗議に参加した人々はキエフ市庁舎の占拠を断念した。

2月19日、ヤヌコビッチ政権と抗議する人々は停戦を宣言した。警察と抗議する人々の死者はすでに26人に達しており、ヤヌコビッチ政権とスヴォボダを含むすべての野党は休戦を支持したように見えた。ヤヌコビッチは再びアルセニー・ヤツェニュクに暫定首相の座を提示した。

米政権の対応は非難轟々だった。バラック・オバマ大統領はこう言った。

私たちは注意深く見守っていくつもりである。[私たちは、ウクライナ政府に第一義的な責任を負っている。

停戦は数時間後に恐ろしい暴力の爆発が起こった。マイダン広場周辺に配置された狙撃兵によって、警察と抗議に参加した人々の両方、約60人が虐殺された。BBCは、他のほぼすべての西側MSMの放送局とともに、それを裏付ける調査もないまま発表した。

キエフでは、少なくとも21人の抗議に参加した人々が治安部隊によって殺害された。[ホワイトハウスは、「ウクライナの治安部隊が自国民に自動小銃を発砲している映像に憤慨している」と発表した。

ホワイトハウスの報道を正確に引用した以外、この事件に関するメディアの報道はすべて偽情報であった。ウクライナの治安機関が抗議する人々に発砲したという主張には何の根拠もなかった。BBCは、読者や視聴者を意図的にミスリードする西側メディアの統一戦線の一翼を担っていたのである。事件から5年経った今でも、MSMは現実よりもむしろ神話を売り込んでいる。

2014年2月21日の虐殺事件を受け、EUとロシアはウクライナの政治危機を解決するための合意を取り交わした。それは、年内の新たな大統領選挙を待って、今後10日以内に国民統一政府を樹立し、できるだけ早く銃殺事件の完全な調査を開始するというものであった。また、憲法改正や大統領府と議会の権力分担の見直しも合意された。

右派セクターのリーダーであるDmytro Yaroshは、この取引を拒否し、国会と大統領官邸を武力で占拠すると脅した。Yaroshはこう言った。

私たちは、犯罪政権がまだその悪事の重大さに気づいていなかったという明白な事実を述べなければならない[…]。

付け加えた

右翼セクターが政権警備隊を和平に追い込むための行動を発表。

ドミトリー・ヤロシュ

この発言の二枚舌はすぐに明らかになった。ヤロシュは、このままでは極右勢力がウクライナ政治の片隅に舞い戻ってしまうことを懸念していたのだろう。2月上旬の世論調査では、ウクライナ人の過半数がマイダンデモに反対していることが示唆されている。

翌日、治安部隊がマイダン広場から撤退すると、パルビィやヤロシらに率いられた抗議する人々がヴェルホヴナ議会と大統領府を占拠した。ヤヌコビッチは東部のハリコフに逃げ、そこからテレビ演説で大統領の座にしがみつくことを誓った。

すぐにアルセニー・ヤツェニュク氏が暫定首相に就任した。地域政党がヤニコーヴィチと距離を置き、逮捕状が出されると、ヤニコーヴィチはロシアの支援を受けて国境を越えてロシアに逃亡した。

2013年11月から2014年2月にかけて起こった出来事は、間違いなくクーデターを構成するものであった。これは、抗議行動に関して本質的に非民主的なものがあったことを示唆するものではない。しかし、欧米が支援するウクライナの極右の行動によって、その抗議行動の性質がねじ曲げられたのである。

皮肉なことに、欧米では平和的に抗議する法的権利が急速に損なわれつつある。カナダで起きた最近の出来事は、西側諸国の政府が民主主義に対して何のコミットメントも持っていないことを示している。彼らが公的に崇拝する民主主義は、単に便宜上の旗印に過ぎないのだ。西側世界の至る所で、民主主義社会を支える権利は単に脇に追いやられ、その代わりに独裁政権が設置されているのだ。

ウクライナ憲法第108条(この点では1996年版と2004年版に違いはない)は、大統領の罷免方法について明確に定めている。第111条は弾劾の手続きを概説している。

ウクライナ憲法では、現職の大統領は反逆罪などの犯罪を犯した場合にのみ罷免されることになっている。しかし、マイダン派はヤヌコーヴィチを解任する際、その理由を「ヤヌコーヴィチが職務を遂行できないからだ」と言った。これは憲法違反のナンセンスな行為である。

しかし、与えられた理由に関係なく、弾劾には450人のラーダ代議員のうち338人が必要である。マイダン派は328票しか獲得できず、憲法上の必要票数に10票足りなかった。こうしてマイダン新政権は、ウクライナ憲法を無視した統治を開始したのである。

ヤヌコビッチは民主的に選ばれた大統領であった。彼は力によって権力から追放されたのである。抗議に参加した人々はウクライナの全住民の意見を代表していたわけではなかった。南部と東部の州におけるクーデターへの反対は大きかった。

とはいえ、マイダンの抗議に参加した人々の大半は極右の凶悪犯ではなく、EU加盟によって生活水準や生活機会が向上すると信じていた普通の人たちだった。抗議に参加した人々の政府への反発は本物だった。一部の人が指摘するようなファシストによるクーデターではなかった

しかし、同じように、抗議運動の中にはネオナチの要素もあった。彼らは、自分たちの本質的な人種差別的、政治的、軍事的野心のために、この状況を利用したのである。第3部では、当時彼らを支援し、今日まで支援し続けている国際的なネットワークについて考えてみたい。

ウクライナにナチスはいないらしい

ユーロマイドンのクーデターにおける極右の役割

オタワ大学のケーススタディは、この事件の報告書とビデオ映像を分析したものである。その結果、西側が支援するソフボダと右翼セクターの活動家たちが、暴力を煽り、銃撃を行ったことが明らかになった。また、ウクライナ治安当局の一部、マイダン政権、司法当局がかなりの共謀をしていたことが強く示唆された。

分析によれば、ウクライナの主要な極右組織はすべてユーロマイダンに参加していた。彼らの共通の目標は、多かれ少なかれ、親ロシアのヤヌコビッチ政権を打倒し、ウクライナ国家を形成するための国家革命であった。[抗議行動の映像やライブストリームは、多くの抗議行動でスヴォボダの旗がかなりの割合を占めていることをしばしば示していた。[ユーロマイドン期間中の暴力的な攻撃やその他の政治的暴力の事例における極右の役割は、抗議者のなかの彼らの数的存在感よりもはるかに重要であった[ … ]。

スヴォボダは政治運動として暴力から距離を置いていたが、その旗の下にいる活動家がしばしば扇動者であったことを、映像の証拠が明確に示している。BBCは、スヴォボダ傘下のネオナチ青年運動「C14」のメンバーにインタビューした。2014年3月に実施されたもので、メンバーのイデオロギーが明らかになった。C14の若い活動家はこう語っている。

国家社会主義のテーマは、一部の人に人気がある。一つの国家という考えである。[… …] 私は、一つの国家、一つの国民、一つの国であってほしいのである。ヒトラーの時代とは違う、きれいな国、でも私たちなりの、ちょっとだけそんな感じの国。ロシアが好きな人は、ロシアに移住すればいい。ウクライナはウクライナ人のためだけのものになる。

C14のメンバーは、自分たちとナチスとの区別を公に維持することに熱心だが、リーダーのイエベン・カラスは、世界のほとんどが嫌悪するファシストのレトリックをはっきりと信奉している。ロシアだけでなくEUにも言及し、この運動の目的は「我が国と過去の帝国を結ぶ鎖を完全に破壊することだ」と述べた。自分がナチスであることを否定し、ウクライナの民族主義者であることを述べたカラスは、こう付け加えた。

ある民族は、多くのビジネス構造、ある経済、ある政治勢力を支配している。[ロシア人、ユダヤ人、ポーランド人。]

どれがYevhen Karasかわかるか?

右派セクターとスヴォボダは、ウクライナのより広い抗議運動を激怒させるために、偽旗殺人を行った。最初に殺された3人のマイダンの抗議者は1月22日に殺害された。彼らの死はBerkutのせいにされたが、裁判書類によると、最初の地元の調査では、彼らはUNA-UNSOのメンバーによって殺されたことが示唆された。

より大規模な政府の公式調査は、Berkutの責任に関する疑惑を維持するために行われることになる。しかし、2014年2月24日、スヴォボダのメンバーであるオレフ・マフニツキーが検事総長に任命され、マイダン広場の暴力事件に関する最初の「捜査」を指揮したのは彼であった。

虐殺の日、抗議する人々とベルクート、その他のウクライナ治安部隊は路上で向かい合っていた。したがって、西側MSMが鸚鵡返しにしている公式のストーリーは、抗議者とベルクートの警官が交戦中に水平軌道で撃たれたと主張している。

この結論を裏付ける3Dモデリングをウクライナの裁判所に提供したのは、ニューヨークを拠点に建築解析に基づく調査を行うSITU社である。同社はこう語る。

私たちの活動は、NGO、大学、シンクタンク、個人との共同作業を目的としている。

SITUは、非課税の慈善財団とEUから資金提供を受けている。これらの財団や政府機関は、NGOや外国政府内の重要人物と並んで、ユーロメイダンのクーデターとそれに続くドンバス戦争の両方に極めて大きな影響力を持っている。SITUは、明らかに架空の3Dモデルを提供し、その目的は偽の公式シナリオを宣伝することだった。

その後の裁判で提出された法医学的証拠と目撃者の証言によると、殺害されたのはマイダンの保有する領域で横からか高い位置から撃たれたことが判明した。弾痕から、ホテル・ウクライナはベルクートと内務省保安局のオメガ部隊から激しい銃撃を受けたことが判明した。

彼らは、ホテルや他の高い位置に向かって、抗議に参加した人々の頭上から撃っていた。これは法医学的分析と一致し、ホテル・ウクライナ、アルカダ銀行、音楽院ビル、その他マイダン手にある場所が、虐殺を実行したスナイパーに射撃位置を提供したことを示している。

欺瞞的な西側MSMは、大量殺人犯を事実上隠蔽していたのである。たとえば、BBCのニュースナイトの報道では、救急隊員が「スナイパーに撃たれた死者が6人いる」と言ったことが引用された。実際には、その救急隊員はバンク・アルカダの方を指差して、屋根の上に狙撃兵がいることを警告していた。

マイダン裁判の裁判官と主要な捜査官は、真実を見つけることにほとんど興味がなかったと言うのが正しいだろう。オタワ大学の報告書は、彼らが下した明らかに理解しがたい判断のいくつかを紹介している。

2015年1月、検察の要請で行われた法医学的弾道検査では、殺害された抗議に参加した人々から抽出した弾丸は、当時ベルクト特別警察隊員が装備していたどのカラシニコフ突撃銃の弾丸サンプルとも一致しないとの結論が出された。このコンピューターによる弾道検査の結果と他の40の弾道検査の結果は、捜査の最後のほうに手作業で行われた2,3の弾道検査で逆転してしまったのである。負傷した抗議に参加した人々の証言や法医学的検査の結果など他の証拠と矛盾するこのような不可解な逆転現象は、新しい弾丸検査の結果が信頼できず、改ざんされた可能性が高いことを示唆するものであった。

この証拠の改ざんは、右派セクターとその関連グループが、意図的に大混乱を引き起こし、政敵を非難するために偽旗作戦を行ったという事実を覆い隠すために行われた。彼らは、その余波で不釣り合いな政治的・軍事的権力を握るために、自分たちの仲間を含む抗議に参加した人々とベルクート将校の両方を殺害した。彼らの指導者は、その後、自分たちを尊厳ある革命の英雄に仕立て上げることになる。

アンドレイ・パルビィ氏(左)とジャスティン・トルドー(右)。

マイダン自衛隊中隊の総指揮官アンドリー・パルビイと、右派中隊の指揮官ドミトロ・ヤロシュは、マイダン指導者の中で、平和的でない抗議者たちの動きを殺害地帯に誘導した人物であった。マイダン自衛官中隊の指揮官は、2014年2月18日の「平和行進」の際に、パルビイが「流血」を始めるよう命じたと証言している。パルビィとヤロシュは、キエフで最悪の殺戮があった翌日の2月21日にマイダン自衛軍と右派の軍事評議会を設立している。

イワン・ブベンチクは、2014年と2016年の2回の別々のTVインタビューで、温室からベルクトの警官を撃ったことを認めた。これらの発言から、彼はヴォロディミル・パラシウクの指揮下にあるマイダン特別中隊に所属しており、そのメンバーは建物内に陣取っていたことが判明した。

狙撃位置の主な場所について、オタワの調査は次のように記している。

スヴォボダは、その活動家が2014年1月25日にホテル・ウクライナを彼らの支配下と警備下に置いたと述べている。[… …] 数多くのビデオは、ホテル内部が抗議者たちの支配下に置かれたままであることを示した。[これは、ホテルのCCTVの記録や、警察がホテルに入ったことはないとするマイダン自衛隊の部隊長やホテルのスタッフの発言と一致している。ビデオはまた、スヴォボダの副官とマイダンの抗議者たちが、このホテルから抗議者たちを殺害する秘密の狙撃手のグループの前、間、後にホテルウクライナを警備していたことを示している。

証拠は、スヴォボダ、右派セクターとその関連組織の支配下にある狙撃兵が虐殺に責任があったことを明確に示している。この証拠の多くは裁判で明らかになったが、請求と反訴の残念な混乱の中で頓挫し、結論に至ることはなかった。結局、ロシアとの捕虜交換で5人の元ベルクート将校が交換されたとされる。

これは、ロシアに支援された反乱軍が抗議する人々を射殺するという「第3の勢力」説に拍車をかけるものだった。この説は、ヤロシュの側近でSBUのトップを2度務めたヴァレンティン・ナリヴァイチェンコが繰り返し主張していたものである。

この説を裏付ける証拠はほとんどなく、極右の犯行を指摘する豊富な証拠とは全く対照的である。ヤヌコビッチ政権の崩壊によって利益を得られなかったロシアの立場からすれば、このような作戦はほとんど意味をなさないだろう。

最も可能性の高い説明は、カナダの研究論文にまとめられている。

[… …] 様々な証拠から、極右とつながったマイダン「スナイパー」の隠蔽とマイダン虐殺の公式調査の改竄が指摘されている。[捜査の欠如は、ウクライナ政府上層部によるマイダン虐殺の捜査の隠蔽と改ざんのパターンに合致する【 … 】。[極右組織の活動家たちは、ユーロマイドン以前はウクライナの各国政府や法執行機関で重要な地位に就いていなかった[ … ]。ユーロマイダン後、彼らのうち数人が政府の上級職を占めるようになった。これは、寡頭政治政党の要素と連携してヤヌコビッチ政権の暴力的転覆に極右組織が関与したことのもう一つの間接的証拠である。スヴォボダはヤヌコビッチ政権後の最初の政権から4人の大臣を輩出し、スヴォボダのメンバーが検事総長に任命され、彼の事務所がマイダンの虐殺を調査した。

クリミア半島の併合

キエフでの抗議行動はウクライナの北部と西部の州から一定の支持を得ていたが、再び政治的、言語的、民族的な線引きで国家が分裂した。南部と東部の州はユーロマイダンに全面的に反対したわけではなかったが、大部分は反対した。

ユーロマイダンのクーデター後、ドンバス地方(ドネツク州、ルハンスク州)のロシア語を話す住民、オデッサ州のロシア語を話す住民、そしてロシア民族が多く住むクリミア共和国は、反マイダンデモを活発化させた。彼らの最大の関心事は、ウクライナ政府・軍内の極右勢力が自分たちを攻撃するのを防ぐことだった。彼らには、ネオナチを恐れる明確な歴史的理由があった。

ウクライナのオブラート

ロシアはこれらの州で戦略的利益を得ていたのであるしかし、2014年2月下旬、シンフェロポリのクリミア議会の外で、親ロシア派と親キエフ派の抗議する人々が衝突し、次第に激しくなってきた。親ロシア派は公然とロシアの軍事介入を要求していた。同時に、ロシアは南西部の国境に軍隊を動員した。

マイダン抗議運動が極右のメンバーによって浸透され、諜報員や偽旗テロリストとして利用されたように、反マイダン抗議者たちは、状況を扇動するために連れてこられたロシアの諜報員によって浸透され、支援されたことはほぼ間違いないだろう。例えば、セヴァストポリのロシア海軍基地には、連邦保安局(FSB)がかなりの規模で併設されていたことが分かっている。

2009年、ロシア外務省のアンドレイ・ネステレンコ報道官は、SBUのトップであったヴァレンティン・ナリヴァイチェンコが、すべてのロシア人諜報員にクリミアから去るよう要求したことに対し、次のように述べた。

黒海艦隊のすべての部門とサービスはウクライナに滞在している

ユーロマイドンのデモでネオナチが使われたからといって、抗議に参加した人々の大半がファシストや外国勢力のエージェントであることを意味するものではない。また、反メーダン運動におけるロシアの諜報員の紛れもない存在は、彼らの抗議活動が非合法であったとか、大衆の支持を得ていなかったということを意味するものでもない。

病的なMSMが押し付ける善玉と悪玉という単純な物語を受け入れるだけでは、現在のウクライナでの軍事行動を引き起こしたグローバルな力を理解することはできないだろう。また、その広い意味合いを理解することもできないだろう。

2014年1月以降、セルゲイ・アクショノフ率いるロシア統一党の青年部からクリミア自衛軍(SDF)を名乗る民兵集団が出現し始めた。2月27日には、明らかにロシアの支援を受けた、徽章のない無地の緑色の制服を着た男たちが、クリミア議会を占拠した。同日、クリミアの新首相に任命されたセルゲイ・アカシノフは、ロシアの支援を求める声明を発表した。

私は、市民の生命と安全に対する責任を理解し、クリミア自治共和国領の平和と平穏を保証するために、ロシアのプーチン大統領に支援を要請する。

ヴァレンティン・ナリヴァイチェンコ

現地の親ロシア派民兵と行動を共にするロシア軍について、身元が全く分からないため、西側メディアは相当混乱した。しかし、彼らがロシア人であることは明らかだった。彼らはロシアの標準的な軍事装備と武器を携え、ロシア登録の車両でセヴァストポリから飛び出してきたのだ。

クリミアへの侵攻はなかった。2010年のウクライナとロシアのハリコフ協定では、2042年までセヴァストポリ海軍基地を許可しており、ロシアは半島に2万5000人の軍隊を維持することができた。作戦開始時には、1万6,000人が配備されていたに過ぎない。

しかし、基地から離れることで、事実上の合意違反となった。プーチンは2014年4月、ようやくロシア軍の関与を認めた。作戦中、彼らは誰も撃つことなく、空港や国境越えなどの重要な目標を押さえた。

併合”疑惑の間に計6人の死者が出た。親ロシア派の抗議者2名と親ウクライナ派の抗議者1名が団体間の激しい衝突で死亡し、ロシア兵2名と自衛隊員1名がウクライナ軍に殺害されたとされ、テロ組織の容疑者を排除するための別の作戦で殺害された。

ロシア軍の軍事的任務は、クリミアの多数派に歓迎されたことで容易になった。聖ジョージ・聖ミカエル騎士団の任命された騎士団長らは、住民投票が銃口を突きつけられて行われたと主張している。

クリミアの人々は、ロシアとの統一とまではいかなくても、より緊密な関係を維持しようと何度も一貫して努力してきたのに、なぜロシアがこのようなことをする必要があると考えたのか、全くもって謎である。一部の人と西側MSMのおとぎ話を信じる人たちだけが理解できる。

西側政治体制全体とそのMSMは、ロシアがクリミアを「併合」したと、延々と主張している。彼らは、ロシアがそうすることで国際法に違反したと主張している。これは国際法の重大な虚偽表示であり、意図的な欺瞞である。一言で言えば、偽情報である。

国際法上、「併合」とは次のように表現することができる。

ある国が他の国の領土に対して法的な主権を獲得することで、通常は占領または征服によって行われる。併合は、正当な武力行使(自衛など)の結果であっても、国際法上、一般に違法とされる。しかし、その後、他の国によって承認されることによって合法となる場合がある。

クリミアは、独自の政府を持つ独立した共和国であり、その指導者たちは、これから見るように、間違いなく住民に危険をもたらすネオナチの脅威に直面し、ロシアの保護を求めたのである。ロシアが主権を獲得したのは、クリミアの人々の合法的、民主的な意思以外の何ものでもない。

3月10日、クリミア議会は欧州安全保障協力機構(OSCE)に対し、投票の監視のための招待状を送付した。スイスのディディエ・ブルクハルター外相は「OSCEは断り、住民投票は違憲と主張した」と述べた。

国連もまた、西側の国際ルール秩序の延長線上にあるに過ぎないが、国民投票は違憲であると主張した。しかし、ユーロマイドンのクーデターは、暴力的で、主に欧米の支援を受けたネオナチによって組織され、純粋に違憲であったが、国連の目には、明らかに民主主義の輝かしい例と映っているのだ。国連の立場は、党派的であり不合理である。

3月16日、クリミアをファシストの攻撃から守ってから2週間余り、再び住民投票が行われた。またしても国民はロシアとの再統一に投票した。投票率83%、投票率97%ということは、ウクライナ人の80%以上、つまり多くのウクライナ人とタルタル人がロシア連邦への再加盟を選択したことになる。

23カ国から135人の国際監視団が参加し、その中には欧州議会の議員も数えられており、国民投票は自由で公正であったと評価された。国連の保護意見には拘束力がない。この国際的な承認により、クリミアはロシア連邦の合法的な共和国となった。少なくとも、国際法が「力こそ正義」以上の意味を持つのであれば、そうなるはずだ。

3月21日、ロシア連邦議会はクリミア共和国との統一条約を批准し、事実上、ロシア連邦の共和国となった。その後、アフガニスタン、ボリビア、北朝鮮、キューバ、キルギス、ニカラグア、シリア、スーダン、ジンバブエが同共和国を承認している。ロシアによる不法な併合はなかった。

ロシア軍か、そうでないか?そうかもしれないし、そうでないかもしれない。誰が知っている?

恐れるべき理由

クリミア以外では、ウクライナにおけるロシアの保護は手薄だった。右派がオデッサのホテルで親ロシア派の大統領候補を攻撃しようとしたとき、ロシアの特殊部隊が彼を安全な場所まで護送してくれた。しかし、極右勢力に襲撃された他の親ロシア派は、不幸なことに、それほど幸運ではなかった。これは、キエフのマイダンの政治家たち、中でもアンドリー・パルビがドンバスとオデッサで高まる反マイダンの抗議行動を抑えようとしたときに起こった、このような攻撃の一つに過ぎないのである。

2014年5月2日、キエフのマイダン政府は、地方の州議会に対し、反マイダンの抗議する人々に占拠された政府の建物を奪還するよう命じた。これに対し、各州議会は、他の州から派遣された200人までの民兵に報酬を支払うことを許可された。これらの民兵は右翼セクターが中心であったが、混乱を利用しようとする地元の犯罪組織も含まれていた。

オデッサ市では、反マイダンの抗議者たちが、労働組合ビルの近くのクリコボ野原に司令部の野営地を建設していた。キエフの国家安全保障・防衛評議会は、パルビィの指揮の下、サッカーの試合に出席するという名目で、右派活動家を地元のマイダン民兵に配備することを組織した。

ニコライ・ヴォルコフ氏に機材を配るアンドリー・パルビィ氏

2014年5月2日、オデッサの街角では、反マイドン派と親マイダン派の活動家と民兵の間で激しい戦闘が繰り広げられた。暴力はエスカレートし、治安部隊はせいぜい対処するのが精一杯であった。中には、右派セクターと協力しているように見える者もいた。圧倒された反メイドンの抗議に参加した人々の多くは、労働組合ビルに避難した。

ビデオ映像の分析によると、この大虐殺は再びパルビィの右翼セクターが主導したものであることが明確に示されている。推定40人が生きたまま焼かれ、煙を吸い込み、あるいはビルから飛び降り自殺をした。右派は、反マイドン活動家が建物の中に閉じ込められていることを知りながら、建物に放火した(01:15:46へ)。

Volkov – オデッサ – 02/05/2014

目撃者の証言によると、この建物とその周辺で他にも殺人が行われたことが記録されている。地獄からの急降下で一時的に生き残った人々の撲殺は、「コロラド・ビートル」という叫び声とともに行われた。この蔑称は、右派セクターが犠牲者を人間以下の存在として、足で押しつぶすべきであるとするために使ったものである。

その数日後、マリウポリでも、ほとんど同じような虐殺が行われた。このニュースは、キエフでほくほく顔で迎えられた。

パルビイはオデッサを訪れ、地元の民兵の検問所と会い、右派のニコライ・ヴォルコフとの会談を収めたフィルムを含む装備を配った。パルビは防弾チョッキを配ることで知られていた。ヴォルコフは後にその防弾チョッキを着て労働組合ビルを銃撃するところを撮影された。彼は明らかにこの攻撃のリーダーの一人だった。彼の役割は、ビデオ映像と目撃者の証言の両方によって確認されている。

アンドリー・パルビイは、マイダン、オデッサ、マリウポリの大虐殺の共通項である。パルビィのマイダン自衛艦隊は、すぐにウクライナ国家警備隊のアソフ大隊(連隊)や他の「専門」ウクライナ軍部隊に編入された。彼らは、8年にわたるドンバス戦争で大きな役割を果たすことになる。

クリミアの人々は、ナチスの残虐行為に彩られた辛い歴史があっただけでなく、ネオナチ「右派」が彼らの生活にとって明白な危険であることを恐れる理由もあった。欧米では、「ファシスト」や「ナチス」という言葉は頻繁に使われ、その意味を失っている。ウクライナやクリミアの市民にとってもそうであればいいのだが。

右翼セクターと準軍事組織スヴォボダは、単なる保守派や西側のリベラルな知識人が反対する人たちではない。彼らは、憎しみと揺るぎない至上主義的なイデオロギーによって信念を貫く本格的なネオナチなのである。彼らは、NATO加盟国の政府から揺るぎない支持を受けており、今もその支持を受け続けている。そして、これらの政府は官民協力のグローバリストのネットワークに奉仕している。

第2部では、このような広い地政学的な背景を探っていく。この分析なくして、ウクライナにおけるロシアの「特別軍事作戦」につながった諸力を理解することはできない。ひとつだけ確かなことは、西側と東側のMSMのどちらかを疑うことなく信じていたら、大局を把握することはできないということだ。

************************************

マクノフ主義反乱軍は、すべての政党と組織に、その思想を広める完全な自由を認め、労働者大衆に政治的権威を準備、組織、押し付けるいかなる試みも、革命的反乱軍によって許されないこと、そのような行為は思想の自由と何の共通性もないことを、すべての政党に知らせたい

[マクノーヴィスト反乱黒軍革命軍事会議 – 1919年11月]

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました