10月7日のハマスによるイスラエル攻撃
今世紀最も成功した軍事奇襲作戦

強調オフ

パレスチナ・イスラエル戦争・国際政治

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

The October 7 Hamas Assault on Israel

www.scottritterextra.com/p/the-october-7-hamas-assault-on-israel

スコット・リッター

イスラエルに侵入するハマスのパラグライダー部隊(2023年10月7日)

今日世界が直面している多種多様な地政学的問題を評価するための様々な分析アプローチについて議論する際に、私がよく引き合いに出す真理がある。問題の本質と無関係な解決策は、文字通り、解決策にはならない。

イスラエルは、ハマスがガザ・バリア・システムの重要な一部を構成するさまざまなイスラエル軍基地や軍事施設化された入植地(キブツ)に対して行った攻撃を、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロになぞらえた大規模なテロ行為とみなしている。イスラエルは、死者数(約1,200人。死者のうち200人がパレスチナ人戦闘員であったことが判明したため、イスラエルは下方修正を発表した)を挙げ、集団レイプ、子供の斬首、非武装のイスラエル民間人のワンタン殺人など、ハマスが行ったと主張する多種多様な残虐行為を詳述することで、この特徴を支持している。

イスラエル側の主張の問題は、それが明らかに虚偽であるか、誤解を招くものであるということだ。イスラエル人犠牲者のほぼ3分の1は、軍人、警備員、警察官だった。さらに、10月7日にイスラエル人を殺したナンバーワンは、ハマスや他のパレスチナ人派閥ではなく、イスラエル軍そのものであることが判明した。最近公開されたビデオでは、イスラエルのアパッチ・ヘリコプターが、キブツ・レイム近郊の砂漠で開催された「超新星スッコト・ギャザリング」から逃げようとするイスラエル市民に無差別に発砲している。イスラエル政府がハマスの背信行為の例として示した車両の多くは、イスラエルのアパッチ・ヘリコプターによって破壊された。

同様に、イスラエル政府は、ハマスによって殺害されたと主張する民間人約112人の死者数を引き合いに出し、「レイムの大虐殺」と呼ぶものを広く公表している。しかし、生き残ったイスラエル市民や戦闘に参加した軍人の目撃証言によれば、殺害された人々の大半は、イスラエル軍兵士や戦車が、市民が隠れているかハマスの戦闘員が人質にしている建物に向けた砲撃で死亡したという。イスラエル軍がレイムを奪還するのに2日かかった。それは、戦車が民間人の住宅に発砲し、居住者の上に倒壊させ、しばしば炎上させ、中にいた人々の遺体を焼失させた後であった。イスラエル政府は、キブツで人骨を確認するために法医学考古学者のサービスを利用せざるを得なかったことを公表し、ハマスが居住者の家を燃やしたとほのめかしている。しかし実際は、イスラエルの戦車が破壊と殺戮を行ったのだ。

イスラエルのアパッチ・ヘリによるイスラエル市民への攻撃映像(2023年10月7日)

この光景は、ガザのバリアシステムに沿った他のキブツでも繰り返された。

イスラエル政府はキブツを純粋に民間人扱いしているが、いわゆる “民間人 “住民から集められた複数のキブツの武装警備チームが、ハマスの攻撃者を撃退するために時間内に動員できたことを公表している。現実には、すべてのキブツがハマスによって武装野営地として扱われ、あたかも軍事目標であるかのように攻撃されなければならなかった。

さらに、イスラエルが国防軍の数個大隊をヨルダン川西岸に移転させるまでは、各キブツには約20人の国防軍兵士が駐屯していた。ハマスがこの攻撃を1年以上前から計画していたことを考えると、ハマスとしては、この20人のイスラエル国防軍兵士がまだ各キブツに駐留していると想定し、それに従って行動しなければならなかった。

スコット・リッターがこの記事について 第114話の インスペクターに聞く.

イスラエル政府は、ハマスが40人の子どもの首をはねたという主張を撤回せざるを得なくなり、ハマスがイスラエル人女性のレイプや性的暴行に関与したという信頼できる証拠も示していない。目撃者の証言によれば、ハマスの戦闘員たちは、規律正しく、断固とした態度で、攻撃においては致命的であったが、民間人の捕虜を扱うときには礼儀正しく、穏やかであったという。

なぜイスラエル政府は、10月7日にハマスがガザのバリアシステムを攻撃したことをテロ行為と決めつけ、それを裏付けるような虚偽で誤解を招くようなシナリオをわざわざ作るのかという疑問が生じる。

なぜなら、10月7日に起きたことはテロ攻撃ではなく、軍事的襲撃だったからだ。この2つの用語の違いは、10月7日の出来事をテロ行為とレッテルを貼ることで、イスラエルは莫大な損失の責任を自国の軍事、治安、情報サービスからハマスに転嫁している。しかし、もしイスラエルが、ハマスのしたことが実際には急襲であり、軍事作戦であったと認めれば、イスラエル軍、治安当局、諜報機関の能力が問われることになるし、彼らの作戦を監督・指揮する政治指導者の責任も問われることになる。

2023年10月7日、イスラエルの監視塔をドローンで攻撃したハマスのビデオスチール。

もしあなたがイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相なら、これは一番避けたいことだろう。

ベンヤミン・ネタニヤフ首相は政治生命をかけて戦っている。彼はすでに自ら招いた危機に直面しており、イスラエルの司法をクネセトの管理下に置く形でイスラエル基本法を書き換える法案を強行し、事実上、司法を独立した、しかし対等な政府機関としての地位を消滅させた(イスラエルが「中東で最も偉大な民主主義国」であることについては、これくらいにしておこう)。この行為によってイスラエルは内戦の危機に瀕し、何十万人ものデモ隊が街頭でネタニヤフ首相を糾弾した。ネタニヤフ首相の行動がさらに卑劣なのは、イスラエルの裁判制度が、もしネタニヤフ首相が有罪になれば(その可能性は高いが)何年も刑務所に収監されるであろう、いくつかの信頼できる汚職疑惑で彼を裁くのを阻止するための、裸の権力闘争に過ぎなかったということだ。

ネタニヤフ首相は自らをイスラエルのトップ・ディフェンダーであり、イスラエルが海外で直面する脅威と、それらにどう対応するのが最善かについてのスペシャリストであると自負していた。イランの核開発をめぐっては、イランとの軍事対決を公然と主張している。ネタニヤフ首相はまた、政治的シオニズムの最も極端な応用の推進者でもあり、聖書の時代と同じ「大イスラエル」を創造する全体的な計画の一環として、パレスチナ人を家や村から強制的に追い出す戦術を用いるヨルダン川西岸でのイスラエル入植地の拡大を推進してきた。

「大イスラエル」という夢を実現するためのネタニヤフ首相の戦略のひとつは、パレスチナ人民とその政府を無用の存在にまで弱体化させ、パレスチナ独立国家の獲得という夢の実現を阻むことだ。この戦略を容易にするため、ネタニヤフ首相は過去20年間にわたり、ハマスの政治組織としての成長を促進してきた。この支援の目的は簡単で、ネタニヤフ首相はハマスの活動を促進することで、アッバス議長が率いるパレスチナ人の統治機関であるパレスチナ自治政府の弱体化を図っているのだ。

マフムード・アッバス(パレスチナ自治政府大統領

ネタニヤフ首相の計画はうまくいっていた。2020年9月、ネタニヤフ首相は、当時のドナルド・トランプ大統領の政権が仲介した一連の二国間協定であるアバラハム協定に署名した。10月7日のハマスによる攻撃の前、イスラエルはサウジアラビアとの関係を正常化しようとしていた。

イスラエルがこの点で前進した主な理由のひとつは、ハマスとパレスチナ自治政府の間に政治的分裂を生み出すことに成功したことだ。

しかし10月7日、ハマスがイスラエル国防軍に勝利したことで、この成功は水の泡となった。この勝利の正確な手段については別の機会に譲る。しかし、この勝利の基本的な要素は確立されている。

ハマスがイスラエルの誇る諜報機関を事実上無力化し、この規模と規模の攻撃の可能性を見えなくしてしまったのだ。

攻撃発生時、ハマスが正確に攻撃できたのは、攻撃に備えて自衛隊が出動するために頼りにしていた監視・通信ノードそのものだった。

鹵獲されたイスラエルのメルクハヴァ戦車(2023年10月7日)

ハマスが、バリアウォール沿いに駐留していたイスラエル軍兵士たちを、スタンドプレーで打ち負かしたのだ。ゴラニ旅団の2個大隊が敗走し、他の自慢のイスラエル国防軍の部隊も敗走した。

ハマスがガザ師団司令部、地元の情報拠点、その他の主要な指揮統制施設を残忍なまでに正確に攻撃したことで、5分で対応できるはずの時間が何時間もかかってしまった。この人質奪取は、ハマスが極めて巧みに実行し、230人以上のイスラエル軍兵士と民間人をガザに連れ帰った。

海兵隊は空襲を「情報を確保し、敵を混乱させ、あるいは敵の施設を破壊するために、敵地に迅速に侵入する作戦で、通常は小規模なもの」と定義している。与えられた任務の完了後、計画的な撤退で終了する」と定義している。

これこそ、ハマスが10月7日に行ったことだ。

この襲撃の目的は何だったのか?ハマスによれば、10月7日の襲撃の目的は3つあった。

第一に、アバラハム合意に規定されていない祖国に対するパレスチナ人の権利を再確認することである。

第二に、イスラエルによって囚われの身となっている1万人以上のパレスチナ人を解放することである。

第三に、過去何年にもわたってイスラエルの治安部隊によって何度も冒涜されてきた、イスラム教の第三の聖地であるエルサレムのアル・アクサ・モスクの神聖さを取り戻すことである。

ハマス特殊部隊

これらの目標を達成するために、10月7日の空襲は勝利に必要な条件を作り出す必要があった。すなわち、ガザの民間人に対する集団懲罰のダヒヤ・ドクトリンの実施と、事実上ハマスの待ち伏せに自衛隊を誘い込むガザへの地上攻撃を組み合わせることである。

人質を取ったのは、イスラエルが拘束している1万人の囚人を解放するための交渉力をハマスに与えるためだった。

イスラエルによるガザへの砲撃と侵攻は、目の前で繰り広げられている人道的災難に世界が反発し、イスラエルに対する国際的な反発を招いている。世界中の主要都市の通りは、パレスチナ人民とパレスチナの国家樹立のためにデモを行う怒れる抗議者で溢れている。米国は現在、アブラハム協定が阻止するために考案されたものである2国家間解決が、中東和平のための唯一の道であると表明している。

アメリカは10月6日にはこんなことは決して言わなかっただろう。

米国がこのような姿勢を示したのは、10月7日のハマス襲撃が原因だ。

サウジアラビア・イスラム諸国会議出席者

イスラエルは、ハマスの人質と、イスラエルが拘束している女性や子どもといった特定の政治犯を含む囚人交換の可能性について、米国などと交渉している。ハマスがイスラエルの子どもたちを人質に取るという決断を下したことの賢明さが、これでおわかりいただけただろう)。

10月7日のハマスの襲撃がなければ、このような可能性は決して起こらなかっただろう。

そしてサウジアラビアでは、現代史上最大のイスラム諸国が集まり、ガザ危機について協議している。最重要議題のひとつは、アル・アクサ・モスクの問題とイスラエルによる冒涜の終結である。

10月7日のハマスの急襲がなければ、このような議論は行われなかっただろう。

10月7日のハマスの空襲が、ガザの市民に爆弾、砲弾、銃弾という残忍な逆襲の嵐を巻き起こしたことは言うまでもない。1948年のナクバ(大惨事)という近代史上最大の民族浄化行為のひとつで、現在イスラエルと呼ばれる土地からパレスチナ人を暴力的に追い出したイスラエル人によって、彼らは80年近くも自分たちの祖国を否定されてきたのだ。

イスラエル軍によるガザの破壊、2023年10月

パレスチナの祖国という夢が実現する瞬間を待ち望みながら、イスラエルの占領者の手によって数え切れないほどの収奪に苦しんできた人々である。彼らは、イスラエルが大(エレツ)イスラエルという概念を受け入れる人々によって統治されている限り、パレスチナの祖国が実現することはあり得ないこと、そしてそのような人々を排除する唯一の方法は、彼らを政治的に打ち負かすことであり、彼らの政治的敗北の引き金となる唯一の方法は、彼らを軍事的に打ち負かすことであることを知っている。

ハマスがそれを成し遂げている。

しかし、その代償は重い。フランスは1944年夏、ノルマンディー解放のために2万人の民間人を失った。

これまでのところ、ガザのパレスチナ市民は、ハマスが率いるイスラエル占領軍を軍事的に打ち負かす努力によって、12,000人の市民を失った。

この価格は、今後数日、数週間で高くなるだろう。

しかし、パレスチナの祖国が実現する可能性があるならば、それは支払わなければならない代償なのだ。

パレスチナの人々の犠牲は、アラブ・イスラム世界に強いるものであった。イスラエルがパレスチナの人々に対して行った堕落行為に対して、ごく少数の例外を除いては無言であった。アブラハム合意によってパレスチナの国有化が頓挫したとき、誰が何もしなかったのだろうか。

パレスチナの人々の苦しみがあるからこそ、今日、パレスチナの国家化という大義に注意を払う人がいるのだ。

あるいは、イスラエルが拘束しているパレスチナ人囚人の福祉。

あるいは、アル・アクサ・モスクの神聖さ。

これらはすべて、ハマスが10月7日に攻撃を開始する際に述べた目的である。

そして、すべての目的は今こうしている間に達成されつつある。

ハマスの行動とパレスチナの人々の犠牲のおかげである。

つまり、10月7日のハマスによるイスラエル攻撃は、今世紀で最も成功した軍事襲撃ということになる。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、注釈や画像の挿入、代替リンク共有などの編集を行っています。
使用翻訳ソフト:DeepL,ChatGPT /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォロー
Alzhacker