食料備蓄・保存食糧・インフラ危機

バケツ(ペール缶)で食品を保存して節約
Store Food In Buckets and Save Money

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

readysquirrel.com/store-food-in-buckets-and-save-money/

6月 3, 2022 by Scott

非常食をバケツに大量に保存する方法を学ぼう。バケツ貯蔵用の安価なサバイバル食品プライムは、安価なままとは限らないし、食糧難に陥れば入手できなくなる可能性もある。価格が上がっていることは間違いないが、これらの食品は、この先訪れる家族の緊急事態に備えるための最も安い方法であることに変わりはない。

鉄は熱いうちに打てということで、さっそく備蓄を始めよう。

10号缶の他には、バケツにアルミホイルバッグと脱酸素剤を入れて保存すると、保存期間が長くなり、一番良い方法だ。

バケツに保存できる食品の種類は?

バケツにはほとんどの食品を保存できるが、長期保存には白米、豆、小麦、ロールドオーツなど、命を守る主食に重点を置いてほしい。

長期保存の場合、つまりバケツにアルミホイルバッグを敷いて脱酸素剤を使用する場合は、水分10%以下の乾燥食品のみを保存してほしい。これは大きなポイントである。水分の多い食品は、ボツリヌス食中毒にかかる可能性があるので、この方法(無酸素)で保存しないこと。

スコット、レディ・リス

Ready Squirrelの記事、How to store Rice In 5-gallon Bucketsをチェックしてみてほしい。

バケツで保存する17の食品

確かにバケツにほとんどの食品を保存することができる。しかし、あなたは食糧不足や大災害の可能性に備えるためにここに来たのだと思うし、物事が南へ向かうときに食料品店だけに頼りたくないのだろう。そうであれば、以下に挙げる17の重たい食品を買いだめすることから始めよう。

私の備蓄食品の大部分は、白米、白小麦の実、そして豆類だ。ローマ帝国やエジプト、中国の王朝がこれらの食品で十分だったのなら、私にとっても十分だ。これらの食料と新鮮な水の安定した供給があれば、私の家族が飢えることはないだろう。私は大きなイベントのために下ごしらえをしているので、「家族が食べるものを備蓄する」という言葉にはこだわりがない。もし、あなたが冷凍庫から作り置きの食事をすることに慣れているなら、今こそそれを変える時だ。

スコット・レディ・リス

#1位 白米

米と豆は、完全なタンパク質であり、柔軟性があり、何十年ももつので、長期保存食の銀の弾丸と言える。

5ガロン(18リットル)のバケツに36ポンドの白米が入り、30年間は保存が効く。

#2 豆類(乾燥)

豆は肉類以外のタンパク質として優れている。ご飯にのせて食べたり、硬い穀物や柔らかい穀物と一緒に食べたりする。

5ガロンのバケツに33ポンドの乾燥豆が入り、30年間保存できる。

#3 小麦

小麦の実は、お粥のように丸ごと調理することもできるし、製粉して日々のサバイバルパンを作ることもできる。豆と米が確保できたら、小麦の備蓄を始めたい。

約29ポンドの小麦の実で30年間保存可能。

#4 ロールドオーツ

スコッチ・ハイランダーの好物である5ガロンのペール缶には、約20ポンドのロールド・オーツが30年間保存できる。

#5 ハードグレイン

白米や小麦など、最も長期保存が可能な穀物。

#6 ソフトグレイン(軟質穀物

柔らかい穀物は、いくつかの例外を除いて、硬い穀物ほど長くはもちません。ロールドオーツは例外で、賞味期限は30年だ。

#7 無脂肪の粉ミルク

無脂肪の粉ミルクは保存に優れており、特に非常時にお菓子作りをする予定がある場合はおすすめである。29ポンドの粉ミルクはバケツに入り、20年間保存が可能だ。

全粉乳や脂肪分の多い牛乳は、パッケージの仕方にもよるが、2年から10年保存できる。

#8 乾燥卵

乾燥卵は、タンパク質の補給やお菓子作りに適しているので、保存しておいた小麦と相性が良い。バケツに20ポンドの乾燥卵を入れれば、約10年の保存が可能だ。

#9 パルス類

豆類には、レンズ豆やグリーンピースなどが含まれる。乾燥豆より早く調理でき、栄養価も高い。

標準的なバケツには、33ポンドのレンズ豆やグリーンピースが入り、30年間は棚に置いておくことができる。

#10 乾麺のパスタ

乾燥パスタは、保存しておいた小麦で一から作るよりも簡単に作ることができる。バケツに入る量が多いので、私はマカロニを主に保存している。

30ポンドのパスタがバケツに収まる。

#11 コーンミール

コーンミールは、コーンブレッドやあらゆる種類の焼き菓子を作るのに使えるし、肉や野菜を炒めるときのパン粉としても使える。デントコーンを保存するよりも、すでに調理され、同じような保存期間があるので、こちらの方がいいかもしれない。

コーンミール33ポンドはバケツに入り、パントリーで25年から30年保存できるはずである。

#12 ポップコーン

ポップコーンは弾くだけでなく、製粉して粉にすることもできる。私はやったことがないが、一部のプレッパーはそれを誓っている。

37ポンドのポップコーンは、バケツで25年から30年保存できる。

#13 小麦粉

白色漂白小麦粉は、パンや日持ちするパンを作るのに使われる主食だ。アルミホイルと脱酸素剤を入れたバケツで保存すれば、10年から15年保存可能だ。

全粒粉は油分が多く、1年半で腐ってしまうので、無酸素保存はしない。小麦の実を挽くと全粒粉ができ、30年保存できる。

小麦の実には保護膜があり、砕くか製粉するまでは保護されている。小麦の実は、全粒粉や漂白した小麦粉よりも保存期間が長いため

37ポンドの小麦粉がバケツに収まる。

#14 白砂糖

砂糖は物々交換、食品保存、発酵に適している。バケツにそのまま入れて、蓋をすればOK。アルミホイルバッグや脱酸素剤を使う必要はない。

30ポンドの砂糖がバケツに入り、長持ちする。

#15 塩

物々交換や食品保存に最適だ。塩は酸化しない数少ない食品なので、保存にアルミホイルや脱酸素剤も不要だ。

5ガロンのバケツに50ポンドの塩が入り、しかも無限に長持ちする。(永遠に)

#16 ポテトフレーク

ポテトフレークはとろみ剤として、またご飯をもう一杯食べられないという時の口直しに最適だ。

20ポンドのポテトフレークは、5ガロンのバケツで20年間も保存できる。

#17 デントコーン

あなたはデントコーンと言う。私はフィールドコーンと言う。呼び方はともかく、デントコーンはコーンミールに挽いて穀物として利用する。

私はデントコーンは持っていないが、もし私がアイオワに住んでいたら、貯蔵することを検討するでしょうね。フィールドコーンは、コーントルティーヤ用のMASAフラワーに使われ、優れた主食となる。

5ガロンのバケツに37ポンドのトウモロコシが入り、30年間は保存できる。

Ready Squirrelの記事、「5ガロンのバケツに保存できる食品は何か?

バケツに食品を保存するには?

バケツに食品を保存するのはとても簡単で、まるで犯罪のようだ。バケツは、多くの長寿命の食品を素早く保存できるため、「自分でやる人」にとって最適な保存容器だ。この包装技術により、非常食の賞味期限が大幅に延ぶが、比較的安価なのも魅力だ。

乾燥した主食をバケツに詰め替えるのは、水分が10%以下の食品なら同じである。ただ、酸素の吸収が必要なものとそうでないものがある。

必要な道具

  • 食品用バケツ
  • バケツの蓋
  • 18インチ(45cm)x24インチ(61cm)のアルミ袋
  • 脱酸素剤
  • 油性マジック
  • 家庭用アイロン

8つのステップ

#1 食品を手に入れる

米、豆、小麦など、水分10%以下の食品を大量に袋詰めしたものを用意する。

#2 アルミホイルバッグ

5ガロンの食品用バケツに、5mil以上のアルミホイルバッグを敷く。

#3 充填

食品をアルミホイルバッグの中に、バケツの縁から2″下の位置まで入れる。

#4 脱酸素剤

脱酸素剤2000cc~2500ccをアルミホイルバッグに入れる。

#5.袋を密封する

袋を廃材やダンボール箱の上に折り畳み、最も高温のアイロンで密封する。

#6 食品にラベルを貼る

アルミホイルバッグまたはバケツの外側に、油性マジックで食品の種類と日付を記入する。

#7 安価な蓋

バケツに安物のフタをし、バケツを3段以下に積み上げる。

#8 バケツの保管

バケツは涼しく乾燥した場所に保管する。空調管理されていない空間での保管は避けよう。ガレージや屋外の物置に食品を保管することは避けてほしい。

#8 オプション-ガンマリッド

ガンマ蓋は便利だが、必須ではない。

なぜバケツで食品を保存するのか?

主食をバケツで保存するのは、食品が20年から30年以上もつこと、食品の中の虫も殺すことができること、何年も食品を回転させる必要がないこと、などが理由だ。

では、なぜバケツ、アルミホイル、脱酸素剤を一緒に使うと完璧な食品保存ができるのか、その理由を考えてみよう。

アルミホイルバッグは酸素と水分のバリアーである。アルミホイルバッグは酸素と水分のバリアーになるため、食品を密封すると、湿気や酸素がバッグの中に入ってかない。

バケツは丈夫で、食品を酸素にさらすダメージからアルミホイルを守ってくれる。バケツの素材であるプラスチックは酸素を通しやすいので、バケツの中に酸素が入り込み、食品を酸化させてしまうことがある。アルミホイルバッグと脱酸素剤を入れないと、ほとんどの食品は早く劣化してしまう。

食品用バケツは、サバイバルや緊急事態に役立つ道具なので、なるべく使うようにしよう。食品に安全で、水を運んだり、野菜や果物を発酵させたり漬けたりするのに使うことができる。アルミホイルバッグで裏打ちすれば、食品用ではない清潔なバケツでも食品を保存することができるのは事実だ。

スコット・レディ・リス

バケツで食品を保存する方法について説明する。スコットが小麦を保存しているReady Squirrelのビデオを見てほしい。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました