コミュニティ未来学・シンギュラリティー・人工知能

ユヴァル・ノア・ハラリ教授とジョナサン・ハイト教授によるCJBSの主要な洞察

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

CJBS Leading Insights with Professor Yuval Noah Harari and Professor Jonathan Haidt

 Mauro Guillen 0:19

皆さん、こんにちは。私の名前はMauro Guillenです。私はケンブリッジ・ジャッジ・ビジネススクールの学長を務めています。

今日は素晴らしいイベントになると思いますので、皆さんをお迎えしたいと思います。学生主導のビデオシリーズ「リーディング・インサイト」の一環として、世界中のどこからでも参加していただけることに感謝します。ケンブリッジ・ジャッジ・ビジネススクールの学長として、学生が企画したイベントの活動を知ることができて、いつも嬉しく思っています。

私たちの代表的なインサイトは、学校の学生と、世界中のあらゆる業界や経歴を持つグローバルリーダーたちを結びつけることを目的としたものです。そして、今日は特に、NBA 2020コホートが運営する実に素晴らしい一連のイベントの最終日であるこの対談を紹介できることに興奮しています。このシリーズの主催者に感謝するとともに、今後、新しいコホートの学生たちの手によって、このシリーズがどのように成長していくのか楽しみでなりません。それでは早速ですが、ここでセレモニーマスターのGilad Weilを序論します。

Gilad Weil 1:53

マーク教授、暖かい序論をありがとうございました。2021年と2022年のMBAコホートの皆さん、こんばんは。本日は、私が序論したいと思っていたイベントにご参加いただきありがとうございます。

今日は2人の著名なゲスト、Jonathan Haidt 教授とユヴァル・ノア・ハラレ教授をお招きしています。Jonathan Haidt は、新しいニューヨーク大学スターンビジネススクールの社会心理学者です。1992年にペンシルバニア大学で博士号を感染した後、バージニア大学の心理学部で16年間教鞭をとってきました。

ジョナサンの研究は、道徳の直観的な基盤と、進歩的な保守派や自由主義者の文化を含む文化間で道徳がどのように異なるかを調べるものです。ジョナサンの目標は、人々がお互いを理解し、近くで生活し、仕事をし、さらにはお互いから学ぶことができるようにすることです。道徳的な違いはあっても。ジョナサンは起業家でもあり、open mind platform.orgのような道徳的・社会的心理学を応用した組織の共同設立者でもあり、『幸福仮説 古代の知恵に現代の真実を見出す』の著者でもあります。

ユヴァル・ノア・ハラレは、歴史家、哲学者であり、ベストセラーとなった『Sapiens, a brief history of humankind』、『homo Deus, A Brief History of tomorrow 21st century 21 lessons of the 21st century』、『Sapiens a graphic history』の著者でもあります。

彼の著書は65の言語で3,500万部以上を売り上げており、現在世界で最も影響力のある公共知識人の一人と考えられています。2002年にオックスフォード大学で博士号を取得し、現在はエルサレム・ヘブライ大学の歴史学部で講師を務めており、私も彼の教え子の一人として参加する機会を得ました。ヴァルさん、ジョナサンさん、本日はありがとうございました。

それでは、考察の内容を序論いたします。この1年を振り返ってみましょう。2021年のMBAクラスは、非常に珍しい方法でビジネスを経験しました。私たちは、授業やエッセイ、グループプロジェクトで、ビジネスの規律の主要な部分は、不確実性の下で働くことに慣れていくことだと学びました。実際、私たちは、2500年近く前に「変化以外に永久なものはない」と言った偉大な哲学者ヘラクレイトスの言葉を、ずっと後になってから評価するようになりました。そしてもちろん、ここケンブリッジ大学では、チャールズ・ダーウィンが、生き残った種は変化に最も適応した種であるという結論に達し、変化の概念を発展させました。

今日は、ユバールとジョナサンをお招きして、私たちの時代、そしてあなたの時代の変化についてお話を伺いたいと思います。

Jonathan Haidt 4:22

さて、本当にありがとうございます、ギラードさん。まず最初に、私たちをここに集めてくださったことを嬉しく思います。あなたはいつも長い間仕事をしていて、尊敬していました。これにより、私は彼に会う機会を得て、より深く読むために参加することができました。

私たちが変化について考えている時に。私はそのことにちょっとした不安を感じていて、彼に未来を見てもらい、私を説得してもらうことを楽しみにしています。皆さんは何について話すのを楽しみにしていますか?

Yuval Noah Harari 4:49

歴史家としてよく聞かれるのが、「なぜ未来の話をするのか」ということです。過去のことを話すべきだ」と聞かれます。と聞かれることがあるのですが、私は「歴史とは過去の研究ではない」と答えます。

私は、歴史とは変化の研究であり、物事がどのように変化していくのか、それが主題であると考えています。そして今、変化は加速しており、かつてないほどの変化の速さを目の当たりにしています。何が新しくて、何が古いのかを知ることも難しくなっています。

つまり、フェイクニュースのように、非常に新しいと思われるものもありますが、実際には、もともと中世の人間である私が言うのもなんですが、中世ではフェイクニュースは現在よりもはるかにひどい問題でした。一方で、他のものは本当に全く新しいものです。例えば、歴史上初めて、すべての人を常に追跡することがほぼ可能になりました。これはもちろん、古代から 20世紀までの専制君主や独裁者の夢でしましたが、決して不可能ではありませんでした。今、それが可能になり、完全なゲームチェンジャーとなったのです。

このように、歴史は私たちが自分の人生について理解するのに役立つのです。

Jonathan Haidt 6:01

さて、それでは。私はビジネススクールで教鞭をとっていますが、最近、ブランディングを一新しました。”変化 “をテーマにしていて、”利用する””征服する “など、すべてが “変化 “をテーマにしています。そして、学生たちには「変化をつかむ」ことを教えるつもりです。これは、ビジネススクールの学生が、学生を惹きつけ、興奮させ、インスピレーションを与えるために使う言葉です。

私は人生の大半を未来に対して楽観的に過ごしてきましたし、テクノロジーが大好きです。しかし、ここ2,3年は、社会心理学者として、何か深いところで変化があって、私たちは新しい道を歩むことになったのではないかとはっきり感じています。私たちは、理解できない全く新しいパラメータを持つ、複雑な動的システムの中にいるのです。

私がやりたいことは、この本当に怖いものを皆さんにお見せして、皆さんに「いやいや、これはもう古いよ。これは昔からあったことなんです。あるいは、「そうだね、君の言う通りだ、火星にでも引っ越すべきだよ」と言ってほしい。とにかく、こういうことなんです。

変化、変化、スピードアップについて言えば、サピエンスの皆さんがはっきりと分かるように、変化はずっと前からスピードアップしています。社会心理学者として、私は2009年に起こった特定の変化に興味があります。それは、Facebookが「いいね!」ボタンを導入し、Twitterが「リツイート」ボタンを導入したことです。フェイスブックはその後、すべてをアルゴリズムで行うようになり、ツイッターは2016年にアルゴリズムを変更しました。

その結果、単に人と人をつなぐだけではなく、より多くのつながりが必要になったのです。サピエンス』は、数千年にわたる人類の再統合の物語のようなものです。

私が執筆している新刊では、バベルの塔は大昔に破壊され、人類は散り散りになってしまいました。そして、徐々に元に戻っていく。2011年はテクノオプティミズムのピークの年で、おそらくアラブの春のように独裁者が倒れ、テクノロジーがすべてを変えて民主主義になるだろうと言われていました。

しかし、事態は本当に奇妙なものになりました。大学キャンパスでは 2014年から 2015年にかけて、この新しい文化であるコールアウト文化、スピーチ、暴力、より多くの恐怖が突然発生したのです。そして、少なくともアメリカから来て、今では多くの機関に広がっています。ジャーナリズム、アートメディア、多くの機関が大学と同じようになっています。人々は何かを言うことを恐れ、怒らせることを恐れています。大学では、挑発的になることを恐れています。

私が心配しているのは、フェイスブックやツイッターが脅迫やハラスメントを民主化し、いつでも匿名で誰にでもダメージを与えることができるようになったことです。私が心配しているのは、これによって私たちは、自分たちが何をしているのかわからない新しい世界にいるということです。制度は崩壊しつつあります。もしかしたら、これは他の地域よりもはるかに多くの人が経験していることかもしれません。

私が言っていることを理解しているのか、他の場所で見ているのか、それとも私が完全に気が狂っているのか、教えてください。

Yuval Noah Harari 9:07

あなたが説明してくれた現象には、古いものと新しいものがあるように思います。古いものとは、新しい情報技術が登場するたびに、議論のルールが変わってしまうことです。誰が何を話していいのか、会話をするための礼節を守るための古い制度が損なわれ、混沌とした時期が続くのです。

これは必ずしも悪いことではありません。通常は、より多くの人やグループが会話に加わることができます。しかし、私たちはまだそのルールを知りません。つまり、10人の人間がテーブルを囲み、市民的な議論をしていたのに、50年代のように、もっと多くの人やグループが参加できるようになったということです。そして、女性や黒人、LGBTなどの参加を認めたのです。

誰もがブログを書くことができ、自分の意見を述べることができるようになりました。そして突然、何が起こったかというと、非常に多くの新しい意見が現れ、非常に多くの新しい関心事が生まれ、恐ろしくなり、混沌とし、古いルールはもはや適用されなくなりました。そして、新しいルールが何なのかわからないのです。

私たちはこのようなサイクルを何度か経験してきましたが、それらは多くの場合、新しい技術に基づいています。歴史的な例としては、印刷の発明や印刷の登場が挙げられます。中世末期から近世にかけてのことです。多くの人は、活字は科学革命につながる素晴らしいものだと思っています。しかし、当時印刷された本のほとんどは、魔女やユダヤ人などの陰謀論でした。また、新聞や学術出版社のような信頼できる新しい機関を構築するには時間がかかりました。

これは昔からあることで、古いサイクルなのです。しかし、新しいことは、地球上にある種のエイリアンの存在です。異星人の知性は、遠い惑星からではなく、人工知能の研究所から私たちの生活に侵入してきました。そして、これは何か新しいことであり、ゲームチェンジャーです。なぜなら、これまでの情報や技術とは異なり、自分自身で判断することができるからです。

私たちを分析し、ハッキングすることができます。印刷機にはできなかったし、ラジオにもできなかったことです。しかし、新しいテクノロジーはそれができる。そして歴史上初めて、人間をハッキングすることが可能になり、その結果、かつてない規模で人間を操ることができるようになったのです。そして、私たちはそれにどう対処したらいいのか、本当に伝統がないのです。

Jonathan Haidt 12:13

情報の流れ方や人間関係のあり方を変えるような新しい技術が登場するたびに、調整の期間が設けられ、その過程で多くの損害が発生することがよくあります、ヨーロッパでの宗教戦争がそうです。

私が特に懸念しているのは、ジョナサン・ルーシュの「知識の憲法」という素晴らしい本を読んだことです。

私たちのような開かれた社会は、特定の機関、とりわけ大学や研究、ジャーナリズム、そして裁判所や研究を行う様々な政府機関に依存しています。これらの機関は、真実を発見するための柱となるものです。これらはすべてハッキングされていますが、裁判所はまだそれほどでもありません。しかし、ジャーナリズム系の大学は大きな影響を受け、使い物にならなくなってしまいました。これらの新しい技術や新しいトレンドとはおさらばです。

あなたが示したイメージは、人間がこれに適応しているというものでした。しかし、あなたがおっしゃるように、まず第一に、それがはるかに速く起こっています。例えば、印刷機が50年でヨーロッパにもたらした変化の量は、私たちがこの5年間で経験したことと同じかもしれませんし、数字はわかりません。そして、あなたが言うように、単に追いつかなければならないのではなく、追いついたものが今ではスマートになっているのです。

私たちが追いついているものは、ある意味ではそれ自体がアイデアを持っていて、それを営利企業に結びつけるのです。ウラジーミル・プーチンやロシアの諜報機関などにも接続されています。イメージとしては、超音速のジェット機が音速の壁に近づいていくようなものでしょうか。近づいてもまだ音は前に出ています。

しかし、いったん音速に達すると、音よりも速いため、何も前に出てこなくなります。つまり、接触したところですべてが爆発するのです。そして、私が今感じているのは、すべてが爆発だということです。そして、これからもずっとそうなのです。どうか私が間違っていると言ってください。また、ここ1,2年で未来について楽観的になったり、悲観的になったりしましたか?

Yuval Noah Harari 14:15

この比喩はとても気に入っていますし、本当に同意します。ここ数年、私はより悲観的になっています。私たちは完全に未知の領域に踏み込んでいるような感覚があります。そして、ここから先は歴史上初めて悪くなる一方なのです。10年先、20年先の世界について、最も基本的なことを予測する能力がありません。

さて、当然のことながら、人々は未来を予測することはできませんでした。例えば、政治的な出来事についてはどうでしょう。もしあなたが中世に住んでいたら、10年後に内戦が起こるかもしれません。ヴァイキングが侵略してくるかもしれないし、モンゴル人が侵略してくるかもしれません。しかし、私たちが常に考えていることは、もしあなたが中世に住んでいたら、20年後の雇用市場がどうなっているか完璧にわかっているはずです。

私たちはまだ農業をやっています。もしあなたが子供たちに職業を教えたいなら、小麦の収穫の仕方、馬の乗り方、数え方、椅子の作り方などを教えます。同じように、家族構成や性別といったことを考えても、これは今後20年で変わることはありません。確かに、20年後の中世では、人間の体は変わっていないでしょう。

今はもう、そうではありません。20年後の政治状況がどうなっているのか、もちろん誰にもわかりませんが、雇用市場がどうなっているのかもわからないのです。世界経済がどうなっているかもわからない。男女関係や家族構成がどうなっているのかもわからない。また、政治の世界では、何千年もの間、伝統を守ろうとする保守的な陣営との間で綱引きが行われてきましたが、このことも意味しています。伝統を守ろう、もし変更しなければならないとしたら、それは小さくて漸進的なものにしましょう。そして、より速い変化を求める進歩的な陣営。

現在、保守派の底が抜けてきているように思えます。世界中の本当に保守的な政党が、基本的に自殺をしています。重要な洞察力や価値観を捨てて、例えば、保守をやめ、保守的な制度をやめ、代わりに制度を攻撃し始めています。

私が思うに、何が起こっているかというと、保守派を持つためには、保守するための伝統が必要だということです。そして、基本的な洞察は、私たちは世界をよく理解していないということです。ですから、何もないところから社会全体を作り始める前に、機能している構造を維持し、ゆっくりと変化させていきましょう。しかし、AIやソーシャルメディアのようなものには、伝統がありません。繰り返しになりますが、変化のペースが速くなっているので、現状のままにしておくことは確実にうまくいかないと考えています。

Jonathan Haidt 17:16

ええ、それはとても理にかなっています。アメリカでは、かつて保守党と呼ばれていた共和党が、ジョージ・W・ブッシュやミット・ロムニーまでは保守的な考えを持っていましたが、今ではその考えも変わってきています。今日の保守的な共和党を、ドナルド・トランプやエドマンド・バーク、あるいは偉大な保守思想家たちと結びつけることはできません。

彼らは、あなたが言うように、「ゆっくりと、すべてを焼き尽くさないように」と言っていました。そして今、そう、完全に混乱しているのです。世界中のポピュリストの動きを見ていると、左翼よりも右翼が多いようですが、おそらく左翼もあるでしょう。

さて、私たちの聴衆、ほとんどがビジネスマンである学生たちを、世界の状況について適切に不安にさせてしまったのではないでしょうか?5年後、10年後のことは誰にもわかりませんが、少しだけ先を見通すことはできます。そして、どうやって自分を鍛えるのでしょうか?どうやってこの世界に備えるのでしょうか?あなたは、私よりもCEOや技術者と話す時間が多いようですね。

彼らから何を聞いていますか?それとも何?私が言いたいのは、これからビジネスの世界に入っていく若い人たちのために、全体像から考えてみようということです。彼らの多くはテクノロジーや金融など、急速に変化している分野に進んでいると思います。

彼らに何かアドバイスはありますか?また、ビジネスを運営している人たちからはどのような声が聞かれますか?

Yuval Noah Harari 18:51

トップに立つ人たちからは、恐怖と混乱の声が多く聞かれますが、これは良いことです。彼らは、早く動いて何かを壊そうという古い考えに気づいています。彼らは多くのものを壊し、物事が壊れ、変化していく様子に不安を感じています。

彼らは何をしたらいいのかよくわかりません。彼らのビジネスモデルは、正しい方向に向かっていません。この点については後ほど詳しく説明します。しかし、若い人たちに話を聞いてみると、重要なのは「彼らは誰で、どこに住んでいるのか」ということだと思います。

私は、人類全体、あるいは若い世代全体の未来はひとつではないと考えています。あなたが起業家であれば 世界のある部分では、コードを学ぶべきです。もしあなたが起業家なら。世界の別の場所では、カラシニコフの撃ち方を学ぶべきだ。これがあなたに必要なものです。

今、世界で起きていることの恐怖の1つは、何十年にもわたって社会の格差がある程度解消されてきたのに、その格差が再び開き、これまで以上に大きくなる危険性があるということだと思います。政治的にも経済的にも新しい革命、特にAIやソーシャルメディアによる自動化では、勝者と敗者が生まれ、ある国はかつてないほどの力と影響力を持ち、他の国は完全に崩壊する可能性があります。

それはビジネスでも同じで、力の性質が変化しているからこそ、より多くの力が必要になるのです。もともと1000年前の力が土地だったとしたら、すべての土地を一か所に詰め込むことは物理的に不可能です。そして、パワーの主な源は産業機械と労働者でした。狭い地域に多くのものを詰め込むことはできますが、それでも限界がありました。

現在のパワーは、データとデータの流れをコントロールすることにあり、すべてのデータを一箇所に集中させることができます。つまり少数の国と少数の企業がすべてのパワーを追い詰めることができるのです。

Jonathan Haidt 21:02

なるほど、でもそれでいいんです。ただ、「単一の未来は存在しない」という主張について、もう少し正確に説明していただきたいのです。確かに、もしあなたが中国の田舎に住んでいたり、サハラ以南のアフリカのほとんどの地域に住んでいたりしたら、すべてではありませんが、もしあなたがこのような、何と呼んだらいいのかわからないようなものから切り離されていたら。しかし、この電話に出ている人の中には、ブラジルにいる人もいれば、ヨーロッパにいる人もいますし、私は北米にいますが、韓国やシンガポール、ブラジリアなど、どこにいても、ほとんどの会社で働くことができます。

つまり、未来はひとつではありませんが、オープンソサエティの中心となるハブのようなものがあるのではないかと思うのです。オープンソサエティとは、優れたインターネットがあり、エリート教育を受けた層がいて、接続されている社会のことを指します。

私はテルアビブにもエストニアの首都にも行ったことがありません。しかし、アメリカのほとんどの地域よりも、そちらの方が居心地がいいかもしれません。オープンソサエティには、ある種のグローバルエリートが出現しています。そして、彼らにとっては、実際には単一の未来があり、私たちは皆、ほとんど同じであると言ってもいいかもしれません。

さて、今はまだ、人類の半分か60か70%が除外されています。しかし、それは狭い範囲のことではありません。教育を受けたアメリカ人やイギリス人だけではなく、今や世界の教育を受けたエリートのようなものです。これにはあなたも同意されますか?

Yuval Noah Harari 22:32

ええ、その通りです。国境は必ずしも国や大陸の間にあるわけではなく、多くの場合、近隣地域の間にあります。ある地域に住んでいて、ある未来を持っていても、500ヤード先には全く別の世界があり、全く別の未来を持っています。しかし、そのような勝者のためのものであっても、勝者がどんどん減っていくと、再び勝者総取りのような状況になる危険性があります。

例えば、コンピュータを専門に扱う会社があると思っていたら、全く別の業界があり、そこでは自動車を扱っています。また、繊維産業もあります。つまり、誰かが自動車の大酋長のような存在になれば、繊維産業は安泰だということです。

しかし、もはやそうではありません。情報がすべての産業の鍵となり、繊維産業でさえも、今では最も重要なものは繊維ではなく、シャツを作る機械でもありません。機械で働く人でもなく、顧客が何を求めているか、次に来るファッションは何が好きかなどの情報なのですつまり、世界の情報経済の中心にいるということは、繊維産業から競合他社をすべて追い出すことができるということです。

このように、かつては見られなかったような集中が起きているのです。また、鉄鋼、地理的、国家的なレベルに話を戻すと、19世紀以前に新しい種類のデータコロニーやデータ帝国が登場したように、新しい種類の帝国主義や植民地主義が再登場するかもしれません。つまり、ブラジルがゴムを提供し、デトロイトが自動車を製造していたのです。

情報やAI、データが鍵となります。データの植民地主義のようなものが出現しています。データは世界中からごく少数の企業に流れ、その企業が重要な技術を生産して送り返しています。世界の大手ハイテク企業を見てみると、今ではすべて2つの場所から生まれています。アメリカか中国のどちらかです。

Jonathan Haidt 25:16

そうですね。アメリカでは、1960年代にダスティン・ホフマンが出演した「The graduate」という有名な映画がありますが、その中でとても有名なシーンがあります。

彼は両親のパーティーに参加していて、郊外の裕福な場所にいます。そして、このビジネスマンは、彼を自分の下に引き入れ、一言だけ君にアドバイスを言ってやろうと言いいます。「プラスチック」です。おかしな話ですが、当時はそういうアドバイスがとても貴重だったのです。後になって、あなたはコンピュータや銀行などと言ったかもしれません。

しかし、今、あなたがおっしゃったことは、もはやそのような言葉はないのではないかということを示唆しています。それは産業そのものではなく、何か別のものなのです。

もしあなたが、大学を卒業しようとしている若者や、裁判官学校でMBAを取得しようとしている若者を連れて行って、あなたの腕の中に入れて、サム、一言だけ、あなた一言だけ、よく聞いてください。その言葉とは?

Yuval Noah Harari 26:19

「柔軟性」かな?2040年や2050年の雇用市場がどうなっているのか、私にはわかりません。主な産業だけでなく、主なスキルは何になるのでしょうか?確かに、大手ハイテク企業がすべてを支配するかもしれませんが、彼らはもうコーダーを必要としないでしょう。なぜならAIがコーディングできるからです。彼らに本当に必要なのは哲学者です。

Jonathan Haidt 26:40

彼らが本当に必要としているのはアーティストです。しかし、2040年は忘れてください。なぜなら、今は物事がとても速く進むからです。人々は、1つのキャリアを1つのスキルと経験でまっとうすることはできません。

あなたが教授なら別ですが、これまでのところ、私たちはビジネスにロックをかけていますし、分野やその他のことにもロックをかけていると思います。しかし 2021,2022年にMBAを取得して卒業する人は、2027年や2030年はどうなっているのかを知りたがっています。

あなたはすでに、データとは何か、データを使いこなす必要がある、データを理解する必要がある、単なる数学ではなく、データの意味を理解する必要があると言いました。それに加えて、あなたは何をしたいですか?

Yuval Noah Harari 27:19

もう1つは、人間ですね。つまり、自動運転車について考えてみると、一番の問題は、来年には自動運転車が走っているだろうという予言や期待があったのですが、それはまだ実現していませんでした。車のせいでもなく、コンピュータのせいでもなく、人間のせいなのです。

Jonathan Haidt 27:41

複雑なものを見せられて。

Yuval Noah Harari 27:45

その通りです。キーとなるのは人です。

Jonathan Haidt 27:47

わかりました、いいですね。あなたがおっしゃったことを補足しておきます。私は社会心理学者であり、行動科学者であり、最近講演で言っていることは、21世紀はAIやロボット、ゲノミクスの世紀になるのではなく、社会科学の世紀になるということです、なぜなら私たちの問題はすべて最終的には社会科学の問題だからです、そしてあなた方は失敗するでしょう、なぜなら社会科学は実際には私たちができないことについて話すことができないからです。

私たちの研究は、10年前、15年前と比べても優れているとは言えません。私たちは卵の殻の上を歩いているようなもので、ある種のことについてはお互いに挑戦し合っています。そのため、最も重要なテーマについては、実際にはきちんと仕事をすることができないのです。

これは、繰り返しになりますが、私たちの組織の衰退に関わる問題です。そこで、私たち2人が学生の皆さんにアドバイスできることは、「データ+心理学」、「データ+人間」、「データ+社会科学」という2つの言葉です。それは、ロボット工学が物理的なものと認知的なものに分かれてきていることと似ています。

そして、それは柔軟性です。1つの業界ではありませんが、データの仕組みを理解する必要があります。アメリカを中心としたエリート選抜システムでは、このようなテストや知識の習得が重視され、データへの優れた理解力を持つ人材が数多く輩出されていますが、人間への優れた理解力は評価されない傾向にあります。

マーク・ザッカーバーグのような人がいますが、彼は明らかに素晴らしく、あなたも私も彼と話したことがあります。2年前にも彼と話したことがありますが、本当に面白い洞察がたくさんありました。しかし、世界のシステムを設計している多くの人々は、数学的なデータ情報システムを理解していますが、人間がどのように働くかについてはほとんど理解していません。

このような人たちが、今、私たちが生きている世界を設計し、物事が本当にうまくいかなくなる可能性のあるすべての方法を準備しているのです。私たちは、様々な感情を引き起こすような会話を始めるのに十分な内容をカバーしたと思います。

私たち二人は、ある種のオープンマインドな悲観主義とユーモアのセンスを兼ね備えていると思います。他にどうやって未来に立ち向かえばいいのかわかりません。というわけで、スケジュールを見てみると、そろそろマルロー教授をお招きしてお話を伺い、その後、学生たちと質問や交流をしたいと思っています。

Mauro Guillen 30:11

お二人とも、本当にありがとうございました。そしてジョナサン、このような刺激的な会話をしてくれてありがとう。短い時間ではありましたが、もっとお話を聞きたかったですね。これからの3,4分で、これまでの重要なメッセージをいくつか紹介させてください。その後、質疑応答に入りましょう。

恐怖とフラストレーションが世界を支配しているという指摘がとても気に入っています。実際、私はこの会話の中で、フィードバック・メカニズムとは何かを考えていました。このダイナミックさ、つまり自己増殖するダイナミックさとは何なのか、私たちはそこから離れることができないようです。

そして、テクノロジーかもしれませんが、実際には恐怖やフラストレーションだと思います。そしてもちろん、会話の中で出てこなかった言葉に「不平等」がありますよね。同じ地域にいても、人によって体験していることが全く違うという「二分化」の話がありましたよね。

起こっていることすべてから恩恵を受けている人がいる一方で、取り残されている人がいることは間違いありません。そして、私たちのほとんどは、こうした大規模な変革の恩恵を受けている人たちの中にいるのではないでしょうか。だからこそ、強調しておきたいことがあるのだと思います。また、政党についても、少なくとも私たちが政治に適用する通常のレンズによれば、政党はもはや認識できないという部分が気に入っています。

私が強調したいのは、政党という組織もまた、このような全体的な動きによって損なわれているということです。つまり、より保守的な各派閥があり、ジョナサンが言ったように、左派であれ右派であれ、制度や伝統を守ることに大きな関心を持っています。また、政党にはもうひとつの派閥があり、それは本質的に私が言いたいのは、おそらく「象徴主義」という言葉がぴったりだということです。

これは、中世やそれ以前の砂の墓やその他のあらゆるものとのつながりを作るのに役立つと思います。では、あなたもその話に入りたいと思います。後で機会があれば。SME 「悪」は、質問が出始めたときに、私の視点からもう2つほど強調しておきたいことがあります。つまり、産業とは技術のことであり、今、世界で起こっていることは、その境界線を損なっているということです。つまり、衣料品や繊維製品の業界は、もはや以前のようなものではないということです。そして、その仕事やビジネスで成功するためのレシピは、明らかに変わってきているのです。

私自身、社会学者ですが、産業というものは、最初は便宜的に作られたカテゴリーでした。そして、それらは政府によるデータ収集によって再定義されたのだと思います。政府は繊維産業についてのデータを集め始めました。このようにして、私たちは経済をさまざまな種類の産業の集合体として考えるようになったのです。

もちろん、それらの産業を分ける境界線は完全に曖昧です。その最たるものが自動車だと思います。つまり、自動車がコンピュータになったのです。電気自動車ではなく、内燃機関を搭載した従来型の自動車でさえもです。1台あたり120個以上のマイクロプロセッサーが搭載されていますからね。

19世紀に考え出された多くのカテゴリーは、まったく時代遅れになってしまったと思います。だからこそ、これは新しい世界なのです。最後に、データ情報について。人や企業が情報やストーリー、データを持っていても、権力や経済の中心はリポジトリだとは思いません。むしろ、今の権力の中心は、情報を検索する能力にあると思います。

Mauro Guillen 34:42

今のパワーは、情報を取得し、それを流通させる能力にあると思います。もちろん、それを正しく分析したり、分析して流通させたりすることも、力になりますよね。ですから、あなたは情報を保管している会社や組織、あるいは個人ではないかもしれません。

しかし、情報を取り出したり、流通させたり、分析したりする能力があれば、自由に使うことができます。それが大きな力の源になると思います。しかし、私はこれらの正義を脚注として提供しています。それが今の私の役割です。それでは主催者に戻って、質疑応答の時間にしてください。

繰り返しになりますが、これは本当に素晴らしいことでした。英国でのこの夜のことは、私の研究生活の中で最も刺激的なもののひとつとして記憶に残ると思います。お二人ともありがとうございました。

Jonathan Haidt 35:33

ご親切にありがとうございます。

Mauro Guillen 35:34

私は真剣です。絶対に真面目ですよ。これはとても刺激的でした。

Gilad Weil 35:38

あなたのように、私たち全員が、ドリームタウンからの非常に刺激的な質問に参加しています。

Unknown Speaker 35:47

この度は、ハラレ先生、ヒデ先生の思慮深い、適切で刺激的なご意見をありがとうございました。私はビジネススクールで瞑想をしているドリームと申します。私もハラレ教授の大ファンで、ヴィパッサナーにも取り組んでいますが、マインドフル・プレゼンスのためのあなたの洞察をお聞きしたいと思います。

意識的な生活を送るためには、ブレイン・コンピュータ・インターフェースのようなテクノロジーのサポートを受けることに抵抗する必要があります。個人的には、テクノロジーにコントロールされることに警戒しているからです。しかし、ブレイン・コンピュータ・インターフェイスは、中国ではすでに集中力を高めるために小学校で使用されています。素晴らしい洞察力をお持ちの方のお話を伺いたいと思います。

Yuval Noah Harari 36:32

テクノロジーに反対しているわけではありません。テクノロジーは多くの良いことをしてくれますが、重要なのは、テクノロジーを私たちの目的のために使い、テクノロジーに目的のために使われないようにすることだと思います。瞑想やスピリチュアリティなどに関しては、自分の心を理解していないということを理解した上で始めるべきではないでしょうか。ですから、この分野でテクノロジーに頼りすぎるのは注意が必要ですね。

例えば、瞑想をするとき、ある人は非常に強い集中状態を得ようと努力します。そして、もしブレイン・コンピュータ・インターフェースがあれば、集中力を高めることができると考えるのです。しかし、瞑想とは自分の心を知ることであって、コントロールすることではないのです。

心について知る上で最も重要なことの一つは、心はとても慌ただしく、コントロールできないものだということです。混乱しているのです。ですから、もしあなたが1時間瞑想に座って、心があちこちにあるとしたら、これは悪い意味ではありません。これは良い瞑想なのです。こうやって自分の心を知ることができるのです。前にしたいことは?

Jonathan Haidt 37:50

私には何もない、何も付け加えることがない、私は瞑想の失敗作だ、と思いたいですか?それはたぶん間違った言い方です。しかし、知っていますか?

Gilad Weil 38:00

次の質問は私からですが、たぶんもっとあなたに向けたものだと思いますが、それだけではありません。つい最近、私たちは世界で最も影響力のあるソーシャルメディアの停止を経験しました。数年前までは、ちょっとしたニュースになるかもしれないと考えていましたが、7時間後にはどこもかしこも世界的なニュースになっていました。

今、私たちは何を経験していると思いますか?これは、世界的なソーシャルメディアへの依存症なのでしょうか?それとも、ソーシャルメディアは徐々に私たちの自然の一部になりつつあり、栄養やメンタルヘルスのように、本質的に必要なことなのでしょうか?

Jonathan Haidt 38:44

私は2015年からこの問題を研究しています。Z世代、つまり1996年以降に生まれた若者たちのメンタルヘルスがひどく、不安や抑うつの割合が非常に高いことが明らかになったのです。アメリカとイギリスでは 2013年に突然、うつ病、不安症、自傷行為、さらには自殺という、一種のホッケースティックパターンが見られるようになりました。そこで私は、何がこの災害を引き起こしたのかを考えてみました。

2つの答えは、子供を過剰に保護することであり、子供たちに危険な経験をさせるような普通の子供時代を与えなくなったことだと思います。もう1つは、子供たちがソーシャルメディア、特にInstagramに移行したことです。2009年から10年の間に急速に広まり 2012年にはほとんどがInstagramに移行しました。2012年にはほとんどがインスタグラムに移行しています。

私は、このようなプラットフォームにソーシャル化していく過程で起こる弊害に非常に興味があります。皆さんと同じように、テクノロジーは一般的に素晴らしいものだと思いますし、テクノロジーが私たちの会話を助けるのであれば、それは素晴らしいことです。弊害はありません。友達と話すのに役立つのであれば、それは素晴らしいことです。

違いは、あなたの誓いの言葉を使えば、もはや私たちの目的を果たすためのものではなく、私たちを神の目的のために奉仕させるためのものであるような方法で、接触するということです。そして、子供たちにとって最も有害なことは、基本的に、巨大なデータドリルを頭に突き刺して、ジェームズ・ウィリアムズが言うように、注意力を吸い取るだけでなく、脳に報酬チップを挿入したことだと思います。

動物にちょっとしたショックやご褒美を与えて調教するように、今では多くの見知らぬ人たちによって分散的に行われているのです。1996年以降に生まれた人たちは、深刻な問題を抱えています。なぜなら、脳の発達がプラットフォームによって妨害されたからです。

しかし、お互いに話し合えるようにすれば、そんなことにはならないでしょう。これが第一の問題であり、その他の一連の問題でもあります。ここでは、民主主義や開かれた社会一般に対して、プラットフォームが何をもたらしているのかについて、皆さんがもっと多くのことを語ってくれると思います。

私が考えているのは 2011年の時点では、フェイスブックはオープンソサエティへの最大の贈り物であり、フェイスブックやツイッターなどのソーシャルメディア・プラットフォームに耐えられる独裁者はいないだろうと考えていましたが、まだそれを証明することはできません。しかし、私は信じています。フェイスブックの暴露や内部告発は、この問題に多くの光を当てていると思います。

今、開かれた社会と閉ざされた社会との間で争われていますが、現在の傾向からすると、私は閉ざされた社会に賭けると思います。つまり、中国が私たちよりも成功することに賭けるのです。その理由は、Facebook、つまりソーシャルメディアは、長い目で見れば、閉鎖社会にとって最高の贈り物だからです。なぜなら、Facebookは私たちを弱体化させ、お互いに対立させ、真実を見つけるための機関にダメージを与えるからです。

基本的に、熟議ができなくなったら熟議民主主義は成り立ちません。これが私の挑発的なテーゼで、21世紀に向けて奮闘する中国にとって、フェイスブックは本当に助けになると思います、どうぞよろしくお願いします。

Yuval Noah Harari 41:57

ジョナサン、ありがとうございました。あなたの分析に同意します。ただ、楽観的な意見を付け加えますと、問題はソーシャルメディアではないということに、あなたも同意してくれると思います。Facebookや他のハイテク企業が採用しているビジネスモデルが問題なのです。それは、私たちの注意を奪い、コントロールし、できるだけ長くプラットフォームに留まらせることに基づいています。

彼らは実験しました 人類史上最大の社会科学実験のようなものです 人間を自分のスクリーンやプラットフォームに 釘付けにするにはどうすればいいかを発見しました。 人間の心の中にある特定のボタンを押す必要があります。 最も簡単な方法は 憎しみのボタン、怒りのボタン、恐怖のボタンを押すことです

2つの見出しを見ると 1つはありふれた出来事について比較的穏やかです。もう1つは、この政党のこの政治家が勝てば、国を滅ぼすだろうと予測しているものです。特に、その政治家をすでに憎んでいる場合は、憎しみのボタンを押して、今度は何をしたのかを確認したいという抗いがたい衝動に駆られます。

フェイスブックだけでなく、軍拡競争である理由は、希少な商品は私たちの注意です。そのためには、恐怖や憎しみ、怒りのボタンを押すことです。その結果、ジョナサンが話していたようなことが起こるのです。そして、私たちはビジネスモデルを変える必要があるのです。適切に行われる限り、テクノロジーが人々を結びつけることは悪いことではありません。

Jonathan Haidt 43:33

ですから、あなたに完全に同意します。唯一の問題は、ビジネスモデルを変える必要があるという意味でのjustという言葉です。だから、アメリカではそれができないと思います。

私は、EUやイギリス、その他の国がビジネスモデルを変えることを神に期待していますが、実際には長い議論になるでしょう。やり方はあると思います。しかし、私たちは多くの痛み、訴訟、強力な規制、少なくともその脅威を経験しなければなりません。なぜなら、世界で最も利益を上げている企業に利益の大半を放棄させるだけでビジネスが変わるのであれば、それは素晴らしいことだからです。

Yuval Noah Harari 44:04

その点については、私はもっと楽観的です。なぜなら、これは政治的な問題だからです。問題は、それがまだ政治的な問題ではないということです。

Jonathan Haidt 44:13

政党はそれを作らなければなりません。

Yuval Noah Harari 44:15

のことを話しています。つまり、民主党と共和党の間で、これらのテクノロジーに対する態度の違いは何なのでしょうか?私は知りません。彼らはそれについて話しません。だから、彼らは

Jonathan Haidt 44:26

私はその違いが何であるかを知ることができます。左派はソーシャルメディア企業を嫌っています。右派のヘイトスピーチを許しているからです。

私たちはもっとコンテンツの節度を持たなければなりません。節度のあるコンテンツを規制しなければなりません。そして右派は、彼らが私たちをシャットダウンし続けるので、私たちは彼らを憎んでいると言います。だから、もっと言論の自由が必要なのです。

つまり、彼らは今、テクノロジーを憎むことで一致していますが、その理由はそれぞれ異なります。だから、他の国の人たちには、これを政治的な問題にしてほしいのです。フェイスブックに痛みを与えなければなりません。ツイッターもですが、ツイッターは運営がひどすぎます。自分たちが何をしているのかもわからず、人々を踏みにじりながらループしているようなものです。

Gilad Weil 45:09

この話はCianiに大きくスライドします。彼女は国や紛争について質問しています。ジュリア、あなたは悪口を言われているのですか?

Unknown Speaker 45:17

ありがとうございます。私が質問したいのは、あなたがおっしゃったように、ソーシャル・メディアの台頭により、権威を持っていた機関が大衆の目に触れなくなってきているということです。また、ネット上では各国間で強力なナラティブの乖離が見られ、さらには、あなたが言うように、社会的な格差が拡大していることも事実です。

だからこそ、多くの対立や敵、部族が生まれ、個人として何かできることはないかと考えるのです。あるいは、あなたや、異なる信念を持った人たちと話をするときに、何かできることはないでしょうか?そのギャップを解消して、簡単に一つになれるような方法はありますか?

Jonathan Haidt 45:59

最初にこれをやりたいと思います。これは私がずっと考えてきたことで、あなたの質問はとても気に入っています。私たちには何ができるのでしょうか?私が見つけたのは、ストイックや仏教徒を読めば、この世界でどうやって生きていけばいいのか、どうすれば効果的なのか、他の人よりもずっと先を行くことができるということです。私はこのことについてとても真剣に考えています。

私の最初の本は「幸福仮説」と呼ばれていますが、私は見つけられる限りの古代の著作をすべて読み、あらゆる心理学的な主張を取り上げて、それが真実かどうかを述べました。そして、最も深い知恵の源は、仏陀の書物とその伝統、無意識とストア派の書物であると述べました。特にマルコスは、不公平や誤解が多いこの狂った世界にどう対処するかについての壮大な論考ですが、二人とも多くの点でほぼ同じことを言っています。

それは、落ち着け、人をありのままに受け入れることを判断するな、自分の反応をコントロールしろ、そして世界が混沌としていても前進しろ、ということです。これこそが、特にビジネスを学ぶ学生にとってのスーパーパワーだと私は信じています。また、私はさまざまな分野のリーダーたちと話をしました。

彼らに、「若い社員との関係はどうですか」と尋ねると、プライベートであれば、「ああ、大変だ、争いが絶えない」と言うのです。誰かが何かを言いました。誰かが何かを言って、誰かが怒ったから、1週間はみんなで大騒ぎです。多くの若い社員は、基本的に会社から価値を奪っています。

彼らは雇い方が悪かったのです。その原因のひとつは、「自分のすべてを仕事にぶつけよう」という愚かな考えにあります。いや、自分を丸ごと仕事に出してはいけません。なぜなら、もしあなたの全人格が、他の人の全人格と一緒に働くことに耐えられなければ、あなたは働くことができないからです。

だから、仕事場に自分の全体像を持ってきてはいけません。代わりに、ブッダ・マイクロサービス、ニパ・タイタスを仕事場に持ってきてください。そうすれば、あなたは雇用主にとって金になり、繁栄し、他の人のために価値を生み出すことができるでしょう。そして、長い目で見れば自分自身のためにもなるのです。あなたは進化する、と言いたいのでしょうか?

Yuval Noah Harari 47:57

とてもいいアドバイスだと思います。そしてもうひとつ、世界のさまざまな分野で私たちが成し遂げてきた改善に感謝することも大切だと思います。これを、世界に存在する不正や苦しみを認めないというような見方をする人がいるのは知っていますが、そうではありません。つまり、以前より良くなったと言うことと、まだ悪いままだと言うことは違うのです。そして、この2つが一緒になった場合、私は物事はまだ悪いままだと思います。

しかし、多くの点で以前よりも良くなっています。そして、過去の世代の功績を認め、尊重することは非常に重要であり、それによって私たちはより責任感を持つべきだと思うのです。もしあなたが世界中で、物事が以前よりも悪くなっている、あるいは以前と同じくらい悪くなっていると感じているとしたら。私にとっては、それはおそらく絶望的だという意味合いです。ブッダやマルクス・アウレリウスの時代から何千年も前に、世界を良くしようとした人々が失敗したとしたら。あなたは何様のつもりで、成功すると思っているのでしょうか?それはおそらく不可能です。

もしかしたら、自然の法則があって、不正のレベルは歴史上ずっと同じで、あなたには何もできないのかもしれません。そうではなくて、ジェンダーに目を向ければ、改善されていることもあります。しかし、100年前に比べれば改善されているのですから、独りよがりになってはいけません。私たちに責任を持たせるべきなのです。

これは、状況が自然の法則ではなく、私たちの決断に依存していることを示しており、私たちはより一層努力すべきだということです。

Jonathan Haidt 49:39

その通りです。私たちに起こったことの一部は、トレンドが信じられないほどポジティブなものである一方で、社会正義に関心があるのであれば、ほぼすべてのトレンドが驚くほどポジティブなものであるということだと思っています。しかし、ソーシャル・メディアは、恐ろしい罪を犯した人たちのビデオでいっぱいの強烈な世界に私たちを浸しています。そして、世界が良くなっているように見せかけて、目に飛び込んでくるものは、そうではないことを教えてくれ、私たちは間違っているのです。

Gilad Weil 50:01

次はTimさんからの質問です。

Unknown Speaker 50:04

はい。どうもありがとうございました。本当に嬉しいです。お二人とも話していますね。基本的には、この2年、2年の間、私たちを忙しくさせているトピックについて質問があります。COVIDは、私たちの生活様式を変えました。UVAの方が面白いかもしれませんが、データ・プライバシーや市民の管理にまで手を広げ、強い役割を果たしています。

ある意味では。2つの質問があります。まず、Jonathan Hydeに質問します。心理学的な観点から、人が新しい状況に適応するためにはどのくらいの時間が必要でしょうか?また、どのくらいの時間が経ったら、人は習慣に疑問を持つのをやめて、完全に順応してしまうのでしょうか?そして、UVAさんへの質問の第二弾は、歴史上のCOVID-19の危機が、今後数十年の国家の役割に対する理解を深めるためのターニングポイント、あるいは転機となり得るのでしょうか?

Jonathan Haidt 51:12

確かに、では1つ目を簡単に説明します。人は驚くほど適応力があり、生活環境の変化に合わせて素早く変化することができます。親になると生活が激変しますが、人はそれに素早く適応します。ですから、みんなが一緒に変化を経験していれば、私たちはすぐに適応するでしょう。一方、一人で無理やり変化させられたら、それはもっと大変なことです。だから私は、これはとても素晴らしいことだと思います。

私たちは最初にグローバルな経験をしましたが、アジアの津波やあちこちでいくつかの出来事がありました。しかし、それは短いものでした。地球全体が一緒に何かを経験したのは、今回が初めてです。その結果、かなりの善意がもたらされると思います。しかし、ソーシャル・メディアがもたらした悪の巨大な貨物船には、完全に押し流されてしまうと思います。しかし、私たちはすでにその領域をカバーしています。

Yuval Noah Harari 52:14

国家については、やはり私たちの決断次第でどうにでもなると思います。私が期待しているのは、国家の役割や、ナショナリズム、愛国心についての異なる理解です。近年、ナショナリズムの醜い姿が目につきます。ナショナリズムとは、主に外国人を嫌ったり、少数民族を嫌ったりすることだと考えている人がいます。これは間違った理解です。

私は、ナショナリズムの本質は、同胞を大切にすること、同胞を愛することだと考えています。そして多くの場合、同胞を本当に大切にするためには、外国人と協力する必要があるのです。なぜなら、パンデミックを克服する方法はないからです。他の国でウイルスが蔓延し続ける限り、ウイルスは変異し、もしかしたら、さらに悪い新種のウイルスが自国に戻ってくるかもしれません。ですから、私は、人々がナショナリズムをよりよく理解するようになることを願っています。それは、世界的なグローバリズムに対抗するものとしてではなく、また、主に憎しみを目的とするものとしてでもありません。しかし、ナショナリズムは主に愛についてのものであり、それゆえ、場合によってはグローバルな協力関係と完全に両立することができるのです。

Jonathan Haidt 53:52

左派では、進歩的な人々は普遍主義者である傾向があり、「私は世界の市民です」と言います。そして、偏狭な考え方や国民性は悪いものだと考えます。そして、強力な福祉国家を求めますが、両方を手に入れることはできません。つまり、強力な福祉国家は、社会契約の境界線の感覚があって初めて可能になるのですそして、転んだ人は拾ってもらえる。北欧の社会が成功したのはこのためです。

もし、境界線を取り払って、境界線はなく、すべての人類だと言ったら、人々は突然、地球の裏側にいる人々を支援するために税金を払いたくなくなります。左派がナショナリズムを誤解しているというのは、まさにその通りだと思います。

もちろん、有害な形態もありますが、国への愛は、再分配経済を成功させるための不可欠な要素です。少なくとも、私たちは不平等の問題に触れましたが、解決策を得るためには、非常に難しいパラドックスを織り交ぜる必要があると思います。

Yuval Noah Harari 54:52

あなたは非常に重要なことを指摘していると思います。それは税金とナショナリズムです。ナショナリズムとは何か、ナショナリズムとは税金を拡大することだ、ということを人々に伝えれば、それはとてもシンプルなことです。それは簡単なことです。

つまり、愛国心とは、軍隊に入隊して自分の命を犠牲にすることだと考える傾向があるのです。確かに、そのような場合もあります。しかし、良い愛国者の典型的な行動は、正直に税金を払い、自分の国の誰かが良い医療や教育を受けられるようにすることではないでしょうか。

もし、右派と左派の人々がこの点に同意することができれば、それは大きな前進となるでしょう。それは大きな前進となるでしょう。

Jonathan Haidt 55:34

一歩前進です。私の国では実現しませんが、イスラエルでは実現できるかもしれませんね。そのヒントは

Gilad Weil 55:41

時間も押してきましたので、最後にもう一つだけ質問をさせてください。元David loneさん、もしよろしければ

Mauro Guillen 55:46

フォローしてください。

Unknown Speaker 55:48

どうもありがとうございます。そして、ハラレさん教授。教授です。

Gilad Weil 55:50

こんにちは。

Unknown Speaker 55:51

お二人とも、今日は本当にありがとうございました。私が質問したいのは、進歩的なビジネスコミュニティの多くで、資本主義モデルへの信頼に少し危機感を抱いているということです。ハラレ教授は先ほどこのことに少し触れられたと思います。基本的には、短期的な利益の最大化、つまり株主モデルが、現代の長期的な社会問題や環境問題と相容れないという懸念があるのでしょう。

しかし、資本主義をグローバルで長期的な社会的・持続可能な価値に導かれるモデルに改革する方法を考えるのは、とてつもなく困難な作業です。そこでお二人にお聞きしたいのは、どこから始めればいいのかということです。そして、その努力を成功させるにはどうすればよいのでしょうか?

Jonathan Haidt 56:48

まずは皆さんの声を聞きたいですね。ああ。

Yuval Noah Harari 56:52

長期的には、別のシステム、別の価値観を再構築しようとすべきです。少なくとも、伝統的な資本主義はこれまで私たちをもたらしてきました。しかし、私たちには時間がありません。文明の核となる考え方や価値観をすぐに変えるのはあまりにも困難です。特に生態系の危機について考えると、資本主義で対処しなければなりません。他の方法を試すには遅すぎます。

ですから私たちは、獣に対抗しようとするのではなく、獣とともに働く方法を正確に把握する必要があります。少なくとも多くの専門家によれば、環境に優しい新技術の開発や環境に優しいインフラの構築に、世界のGDPの2%を投資することができれば、これで十分だと思います。

もし20%だったら、絶対に実現しないでしょう。しかし、2% 世界のGDPの中では年間で大きな数字です。しかし、これは資本主義システムや、また、政治はシフトするのが得意で、政治家は2%の資源をAからBにシフトする方法を知っていますから、それに焦点を当てるべきです。

Jonathan Haidt 氏 58:19

さて、まず最初に言いたいのは、資本主義が悪いとか、別のシステムを見つけようとかいう考えは、あり得ない夢で、実際には悪夢でしょう。誰もが食べていけるような莫大な量の価値を生み出すには、人々が欲しがるものを生産することで企業が報われる自由市場システムしかありません。資本主義に代わるものはなく、異なるより良い形の資本主義があるだけです。

私はスターン大学のビジネス&ソサエティプログラムに所属しています。私たちは、先ほどDavidさんが質問されたようなことを専門としています。ほとんどのビジネススクールでは、左寄りの学部ですね。

私たちは、株主至上主義は良くない。ステークホルダー・キャピタリズムを導入しましょう。一般的には、私もそれに同意します。しかし、私たちが目にしているのは、すべてが崩壊しつつある中で、少なくとも米国では、すべてが混沌とし、物語上の戦争になっています。

私たちが目にしているのは、企業が「もう株主優先主義はやめよう」とコミットし 2019年には「私たちは今、ステークホルダー・キャピタリズムに徹している」ということです。それはまさに、ツイッターキャンペーンによる大規模な圧力にさらされたときでした。そして、あなたがやっていることは、軍閥の従業員に振り回されたシグナル伝達のようなものだということがわかりました。これでは企業経営はできませんし、社会問題を解決することもできません。

というのも、今の時代、リーダーシップがどのようにステークホルダーからの要求を管理するか、知的なプロセスがあればそれは素晴らしいことですが、知的なプロセスはありません。しかし、そこには知的なプロセスはなく、ひどく狂ったプロセスです。これが第一のポイントです。第二に、古いミルトン・フリードマンの指摘によると、ビジネスの社会的責任とは、株主のためにお金を増やすことだそうです。

私や他の多くの人たちは、長い間そのことを批判してきました。しかし 2015年以前の教授たちは挑発的であることが求められていたので、私は挑発的であることを肯定的に表現したいのです。そして、今でも時々やっています。実際には、この2つをすべて持っています。「健全な資本主義経済とは、他の人々をより良くすることでしか勝てないゲームだ」という哲学者の言葉を聞いたことがあります。そして、私がやればやるほど、人々が私にお金を払いたいと思えば思うほど、GDPが上昇し、生活水準が上がるというグラフを見たことがあるでしょう。

現在、明らかに市場の失敗があります。石油会社が物を捨てることでより多くの利益を得られるという事実は、私たちに課せられた外部性であり、これを止めなければなりません。ですから、左右を問わず、誰もが同意できることは、4つの大きな市場の失敗があるということだと思います。情報の非対称性、公共の失望公共財、外部性です。4つ目は何でしょう?忘れました、すみません。壁の前に置いてあるはずなんだけど。とにかく重要なのは、私たちが増えれば増えるほど…...Facebookが問題なのは、巨大な情報の非対称性を私たちに押し付けているからです。

私たちの一般的な注意を含む公共財を乗っ取り、多くの人々、多くの民主主義にダメージを与えているのに、その代償を払わないのです。ですから、市場の失敗を最小限に抑える賢い規制とインセンティブがあれば、資本主義はずっと良くなるということに、私たちは皆同意することができます。

Gilad Weil 1:01:35

刺激的なお話をありがとうございました。それでは 2021年のミーティングの洞察シリーズをアーロン・ドゥーザに引き継ぐ前に、今月発売されるエボラ・フェラーリの新刊について触れておきたいと思います。この本は、『Sapiens a graphic history the pillars of civilization』の第2巻で、エボラ・ハラレ、デビッド・バンダーミューレン、ダニエル・カサノバというカラフルなキャラクターを使って、私たち人類という種のエキサイティングな旅を読者に提供します。この本は2週間後にイギリスで発売されます。ありがとうございました。それでは、最後にアーロン・ドゥーザさんにご挨拶をお願いします。

Unknown Speaker 1:02:20

ジェラードさん、ありがとうございました。さて、今回のリーディング・インサイト・シリーズを締めくくるにふさわしい内容ですね。

あなたが質問に答えている間に考えていたのですが、昨年の11月にケンブリッジのクイーンズカレッジの人、ムハマド・マリア博士からこのシリーズを始めて、起業家精神、ソーシャルイノベーション、テクノロジー製造への旅に出ました。ティモ・ボルトのような講演者もいれば、グストやVBヴァシュ・ゼネカのような多くのパングロスもいます。

私にとってこの考察は、このシリーズの中でも最も示唆に富み、考えさせられるものでした。このシリーズの中でも最も示唆に富み、考えさせられるものでした。お二人のおかげで、このシリーズの最後を飾ることができ、身長先生とハリ先生に感謝しています。ケンブリッジ・フィルム・ワークスのチームであるロビーのチーム、ジェットコにも感謝したいと思います。Le Sparrow Jane camp さて、舞台裏での皆さんの頑張りがなければ、本当に実現できませんでした。そして、私たちを支えてくれたのは、もちろん、新しいケンブリッジ、ジャッジ・ビジネススクールの学部長、モロー・グレン、ここにいる私の友人やMBAの同僚、グラッドウェルとRVです。

あなた方がいなければ、ロッテは決して実現しなかったでしょう。だからこそ、本当にありがとうございます。そしてもちろん、このシリーズにエネルギーと熱意を注いでくれたテンプレートのおかげで、このシリーズは実現しました。そして、最後に本当に大きな感謝をしたいのは、観客の皆さんです。視聴者の皆さんがいなければ、このシリーズに参加してくれて、良い評価をしてくれて、「これが欲しかった」と言ってくれる人たちがいなければ、このようなことはできませんでした。皆さん、本当にありがとうございました。すべてのセッションに参加していただき、本当にありがとうございました。楽しんでいただけましたでしょうか。

今後、また何かやるかもしれません。何が起こるかわからないからね。しかし、今はまだ。本当にありがとうございました。素敵な夜をお過ごしください。そしてもう一度、このような素晴らしい議論をしてくださったハイツ教授、ハリ教授に感謝します。ありがとうございました。

Jonathan Haidt 1:04:16

ありがとうございました。ありがとうございました。

「いいね」ボタンを設置しました。
良かった記事に  して頂けると嬉しいです。記事作成・構成の参考にします。
いいねランキングはこちら

備考
機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、画像は原文と異なることがあります。
翻訳ソフト:DeepL /文字起こし:Otter 
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました