バーニングマン10の原則  次世代のギフト文化とアウトプット社会

この記事は約11分で読めます。
Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

概要

Burning Man - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/バーニングマン

バーニングマン10の根本原則
バーニングマン10の根本原則は、2004年にバーニングマン発起人であるラリーハーベイ(Larry Harvey)によって作られた。

規範的ではなく「記述的」であるように書かれており、教義的にならないよう意図されて作られている。

この原則は、人々がどのように行動すべきかを指示したりするものではなく、バーニングマンが始まって以来、有機的に発展してきたコミュニティーの精神と文化を反映したものとして作られた。

What Burning Man's 10 Principles Can Teach You About Building Community
Whether you’re a community builder or a community member, online or in person, I believe we could all stand to learn a thing (or ten) from how the Burning Man c...
マリアン・グッデル at TEDxTokyo 2014

新しい思想の壮大な社会実験

お金のない世界で問われる自分の本質

「果たしてこの世の中にお金が存在していなくて、皆が暖かく応援してくれたら、自分は何をしたいのか?」みたいな問いを突き付けられます。

「自分は何ができるのか」

「何をギブできるのか」

バーニングマンは、そうしたことを考える機会です。

今後は「再現性が低い」ことの方が面白いし、価値が生まれると思います

“数字を追いかける作業や理屈でできることは、いつかAIに代替されるでしょう。そうなったとき、理屈ではない創作や表現活動が残っていくはずで、それを人が行っていくはずです。これからは、みんなが作る側、表現者側になっていくと思います。”

誰もが表現者となる時代に

“しかし、これからは「自分が何をしたいのか」が問われる時代だと思います。価値を共感してくれる人が集まったらいいし、もう極端な話、「集まらなくてもやる」時代と言えるかもしれません。”

“だから、「とにかくいいねがほしい」とか、「大金を稼ぎたい」という数字に捕らわれた生き方から、「自分が好きなことをやって、好きな人たちと価値を共感しあう」という本質的な生き方に、世の中がシフトしていくはずです。”

数字に囚われた時代から「自分が何をしたいのか」問われる時代に  パーティークリエイターの生存戦略③  Afro&Co.代表 アフロマンスさん(34歳)
人工知能が発達し、「クリエイティブ」や「デザイン」といった考え方が重要視されるようになった。 今回は、アイディアで非日常体験を生み出しているパーティークリエイターのアフロマンスさんにお話を伺った。アフ
バーニングマン10の原則について議論するいくつかの基本ルール
A few ground rules for talking about the 10 Principles
The 10 Principles are neither unlimited nor exclusive goods. They are meant to describe Burning Man and offer inspiration for Burners, rather than describing ev...
https://burningwiki.com/wiki/The_10_Principles

1. Radical Inclusion / どんな者をも受け入れる

誰もがバーニングマンの家族の一員であり、新しい見知らぬ人を歓迎し尊重する。

コミュニティーに参加するための前提条件はない。

見知らぬ人を見つけたら、相手の存在に注意しグループや会話に入ってもらう。

 

あなたの友人、同僚、または尊敬する人、自分が招待したい人を招待するのはどれも「簡単」なことであり、自己満足であり、それは「過激」な受け入れではない。

Radical Inclusionは、あなたが通常出会うことのない誰かに対しても開かれている。

あなたは彼らが好きではないかもしれない。好きになる必要はないが、そこから何かを学ぶだろう。そのことに反応する自分自身から何かを学ぶはずだ。

https://burningwiki.com/wiki/Radical_Inclusion

 

ラディカルインクルージョンの限界
Mourning the limits of Radical Inclusion
Paul Addis was a few years older than me, and had been around Burning Man a lot longer. I bumped into him twice off-playa, made fun of him in print once, and kn...

2. Gifting / 無条件に与える

与えることの最大の価値は無条件であること。物々交換や返品も想定していない。

一杯のお茶の哲学であり、そこにはなんの見返りもない。

与えることそのものを楽しむこと。

相互主義とは相手から何かを期待することではない。

ギフトがAとBの間で行われ続けている限り、最終的には周囲の文化価値を低下させる。

Halcyon's Tips & Tricks #6 – "GIFTING"

ただし、この原則は、参加者がギフトを贈ったり受け取ることを強制するものではない。

ギフトによる対価や返品は想定していないが、これには2つの解釈がある。

1つは見返りを期待せずに与えることの強調。

もう一つは、ものによっては期待してもいい場合とそうでない場合があると考えること。しかしこの期待は、何が返礼の価値となるか、その判断を包摂しない。

Gifting - Burning wiki
ギフトの十戒
  1. ギフト基本は「わたしはあなたと幸せに出会えて嬉しいので、これを持ってほしい」
  2. ギフトは、あなたと相手またはわれわれと彼らの間にある壁を壊す。何かを交換してしまうと関係は再びは分離される。
  3. ギフトは何でも構わない。歌、アイディア、マッサージ、ハグ、褒めること、ステッカー、大工などなど
  4. ギフトは全体としてスムーズに流れれば、富の溜め込みが排除される。
  5. ギフトは自分と所有物のつながりを弱める。
  6. ギフトは、自分に身についてしまっている商取引のゼロサム概念を壊す。
  7. ギフトは、モノを保持し維持していくために消費してしまっているエネルギーを開放する。
  8. ギフトの習慣を身につけることは、すべてのやり取りを喜ばしい機会であるとみなすことができるようになる。
  9. ギフトは義務ではない。何らかの見返りを期待することは(物々交換も)ギフトがもつ魔法の力を損ねてしまう。
  10. すべての相互作用はギフト活動であるとみなすことができる。
Tips & Tricks #6 “Gifting”
As people begin to check-off their pre-burn packing lists, many are puzzled by the same question:
A Guide to Gifting, Givers and Gratitude: A Treatise from the Philosophical Center
Publisher’s Note: This essay was written over a year ago, but due to Larry Harvey’s untimely death it was not released at the time. We are grateful to share it ...

3. Decommodification / 商業主義とは決別する

ギブのカルチャーを維持していくために、広告、スポンサー、宣伝、商業的な関係を仲介しない、搾取のない社会環境を目指す。

マーケティング、承認、ブランディングなどをゼロにすることはほとんど不可能なので、そこは好きに呼べばいい。

だが、われわれはオブジェクトではなく、アプリでも、コードでも商品でもない、「わたしとあなた」「汝と我」の関係にある。

商業主義との決別は、そのことを思い出そうとする試みだ。

これは消費に抵抗し、参加を主体とすることで、グローバリゼーションからのデトックスを果たす挑戦である。

Decommodification - Burning wiki
脱資本主義の概念実証実験

バーニングマンが世界にとって重要であると思われる理由の1つは、バーニングマンは、市場の力の外側にスペースを作り、自分自身を含め売買に関与しない文化を部分的に活性化させる概念実証実験に最も近いということである。

“Decommodification” and “Cultural Appropriation” – two great conversations that go great together
Right now many Burners are having conversations about how they can discourage people attending Burning Man events from engaging in acts of cultural appropriatio...

4. Radical Self-reliance / 根本的な自立を果たす

根本的な自立は、物質的なリソースだけではなく、自分の内的資源を発見し、それを行使し、依存することが奨励される。

これは自分自身を信頼する能力に焦点をあてている。

 

バーニングマンの生活にいおいては、各自が自分の生活に責任をもち、他人の力をあてにしない。

ほとんどの商取引を禁止しちているため、参加者は許可されている商品項目を除き、すべての備品を各自で準備して持ち込む必要がある。

Radical Self Reliance - Burning wiki

5. Radical Self-expression /本当のあなたを表現する

根本的な自己表現は、個人のユニークな贈り物から生じる。

何を表現するのか、それを決めるのはあなた自身や協力グループだけ。

この原則は、情熱、創造性、関わりに関する。

これはあなたが人として自分が誰であるかを表現しなければならない自由についてである。

われわれ全員が贈り物を届けるために最良の方法を見つけ出していく。

傍観者、沈黙、受動的な攻撃性、嘘はその目的を損なう。

Radical Self Expression - Burning wiki
本当のあなたを表現することの治癒力
The therapeutic power of Radical Self-Expression
Chip Conley, a member of Burning Man’s board, frequently likes to say:  “The more digital we get, the more ritual we need.” I thought of that when I read about ...

6. Communal Effort / 隣人と創造的な協力をする

コミュニティの価値観、創造的な協力、コラボレーションは、共通の理由で他の人と一緒に立ち、働く人々の精神をあらわす。

ソーシャルネットワーク、公共スペース、芸術作品、そしてそれらの相互作用をサポートするコミュニケーション方法を作り、促進、守っていく。

この相互作用も個人的意図によって作られたものではなく、共同で作成されている。このことはコミュニティの真の精神を表している。

Communal Effort - Burning wiki

7. Civic Responsibility / 市民としての責務を果たす

社会のルールと法律を守り、市民社会を大切にする。

自治体、地域コミュニティ、をレスペクトして良好な関係を結ぶ。

そしてこの経験をもっと伝えたいと感じるカルチャーを発展させていかなければならない。

Civic Responsibility - Burning wiki

8. Leaving No Trace / 跡は何も残さない

環境を大切にする。活動の物理的な痕跡を残さずきれいに片付ける。

来たときよりもより良い状態の場所であることを目指す。

Leave No Trace - Burning wiki
Halcyon's Burning Man Tips #7 – Leave No Trace

MOOP Matter Out of place

Leaving No Trace / 「跡は何も残さない」の重要性は、単にゴミを残さないということではない。

この重要な概念はまだフェスティバルの参加者でもよく理解されていない。

例えばパーティーなどに参加してゴミを残す人たちは、私はお金を払った、だからこれを受ける権利がある。というメンタリティーから抜け出せていない。

これは、サステナビリティ(持続可能性)の哲学と関わる。

あなたが、踊り、歌い、ハグをし、愛し、そうやって無の世界に価値を加えていくことは素晴らしいことだ。だがその素晴らしさをさらに高めていくにはどうすればよいだろうか。

そのためにはサステナビリティ(持続可能性)を学んでいかなければならない。跡に何も残さない、何も破壊した跡をとどめないことによって、それらはますます高みに達してく。

そうやって消費主義の罠を避け、与えることができるなら、愛することができるのなら、踊りながら、笑いながら、愛し合いながら、ぼくはあなたが世界を変えていくだろうとと思う。なぜならそのバイブレーションは放たれるからだ。

9. Participation / 徹底的に参加する

過激に参加することはバーニングマンの重要な倫理のひとつ。

個人であれ社会であれ精神の変容は、徹底的に参加し深く関わっていくことを通じてのみ起こる。誰もが、作業、遊ぶこと、心を開くよう準備されている。

あなたが傍観者側に立ちなんの行動もとらなければ、多くのことも起こらないだろう。

それは人生の出来事のようでもある。

畏敬の念を起こさせる体験に没頭することだ。

Participation - Burning wiki

10. Immediacy /「いま」を全力で生きる

Wow. I don’t have forever. Life is precious.

What am I doing with MY life?

「いま」この瞬間の経験は、バーニングマン文化の最も重要な試金石。

おそらくもっとも理解しにくい原則でもある。

バーニングマンコミュニティは、自分と内なる自分の認識、自分の周囲の人々の現実、社会参加、人間の力を超える自然に触れるための障壁を克服しようとしている。

社会に参加し、他の人と接触することは、あなたとあなたの内なる存在との間に何があるのかを理解する方法。

経験の質は、「いま」の経験で決定される。

この経験に代わるものはない。「いま」は文字どおりすべてである。

Immediacy - Burning wiki
タイトルとURLをコピーしました