イベルメクチン

「Ivermectin for the World」 よくある質問 & あとがき

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Frequently Asked Questions & AFTERWORD

よくある質問

公共の安全を装って個人の自由を奪うことを正当化することはできない。

-トーマス・ジェファーソン

Q. イベルメクチンは試験管の中ではコロナウイルスに効果があるが、人間が同じような濃度になるために必要な投与量は毒性があるというFDAや他の反対派の主張を聞いたことがあります。それは本当ですか?

A. この主張は、ある細胞培養実験に基づいている。この理論は、世界中の何千人もの患者の死を減らすというイベルメクチンの臨床効果を示した何十もの無作為化比較試験で反証されている。これらの数千人の患者で得られた組織レベルではウイルスを殺すのに十分であり毒性はなかった。

Q. 馬や犬の駆虫薬を飲むのは危険ですか?

A. 誰も動物用医薬品の服用を勧めているわけではない。しかし抗生物質、鎮痛剤、抗ウイルス剤、イベルメクチンのような抗寄生虫剤など、多くの処方薬は人間と動物に共通している。動物にはアンピシリンとケトコナゾール、そしてイベルメクチンが処方されている。人間も同様である。イベルメクチンは、医師の処方に従うことが安全で効果的である。動物の薬は絶対に飲まないでほしい。

Q. FDA、欧州医薬品庁、米国感染症学会のいずれもが、COVID-19のイベルメクチンを服用しないように勧告している。これらの機関がすべて反対を唱えているのに、イベルメクチンが純粋に効果的なのでしょうか?

A. FDA、EMA、IDSAが反対を唱えているからといって、イベルメクチンが効かないわけではない。ハービー・リッシュ博士は、科学はコンセンサスに基づくものではないと述べている。そうなのは政党だけだ。これらの団体は、NIHから直接または間接的に資金提供を受けている。NIHは年間300億ドルの資金を提供しているが、NIHの党派性に反する発言をすると資金の一部または全部を失うリスクがある。

Q. インターネットやテレビで見聞きする限りイベルメクチンはCOVID-19には効果がないと言われています。もし本当に効くのであれば、なぜ否定的な記事が多いのでしょうか?

A. 一般的にメディアは広告主からお金をもらっている。最大かつ最も裕福な広告主は、もはやビールやタバコの会社ではないことにあなたは気がつくかもしれない。最近では、最新の処方薬を宣伝する製薬会社が増えている。これらの広告主は、競合する再利用医薬品の評判を落とすことに関して、彼らの意向に従うようメディアに影響を与えることができるし実際にそうしている。

Q. まるで陰謀論者のような言い方ですね?

A. そうではない。科学者として私は陰謀論を支持するものではない。しかし科学者として私はデータに基づいて行動する。イベルメクチンには強力な抗ウイルス・抗炎症作用があり、COVID-19では一貫して大幅に死亡数を減少させることが科学的に明らかになっている。

Q. あなたは反ワクチン派のようですね?

A. 私はハイリスクの患者さんにはワクチン接種を勧めているので、反ワクチン派ではない。とはいえ完全にワクチンを接種したからといって、(すべての変異株に対して)完全に保護されるわけではない。完全にワクチンを接種した患者さんでも、変異株に感染した場合にはイベルメクチンが必要になることがある。

Q. イベルメクチンに関する正確でオープンな情報を誰もが入手できるようになれば、世界も日本もすぐに開放されるということでしょうか。

A. そうだ。絶対にそうなる。

Q. イベルメクチンによる予防と治療が直ちに普及すれば、インドでのCOVID-19の危機は終わると言うのですか?

A. そうだ、絶対にそうだ。イベルメクチンが広く使われるようになってから数週間以内に、それが実現すると思う。チェコの事例を見てみよう。急激に減少している。その次はメキシコだ。イベルメクチンを導入してから数週間で彼らの症例は消滅した。

チェコスロバキアでイベルメクチンが追加された。COVIDの症例が減少

メキシコでイベルメクチンを追加。症例の減少

ペルーでイベルメクチンを開始した後:症例が減少

今度は逆である。2020年の秋にペルーという国を見てみよう。ピラール・マゼッティ保健相が2020年の8月にイベルメクチンの普及を開始したところ、COVIDによる死亡者数が石が転がるように減少した。

マゼッティの新しいイベルメクチン政策から数週間のうちに、ペルーにおけるCOVIDのパンデミックは利用された。そして、半年と1億回のワクチン接種は必要なかった。

イベルメクチン開始後、患者数が減少

イベルメクチン反対派が当選し、ペルーの感染者が再び急増

ペルーでは、イベルメクチンを禁止する大統領が誕生したことで、患者数が急増した。

2020年の11月にフランシスコ・サガスティ大統領が誕生したが、サガスティ大統領はイギリス、アメリカ、EUから強く支持されていた。当然のことながら、サガスティ大統領は、ワクチンだけで解決するという政治的見解を共有し、COVID-19の治療にイベルメクチンは関係ないとした。彼はイベルメクチンの使用を禁止した。

COVID-19の症例は再び急速に戻ってきて、イベルメクチンが使われなくなった今、再び急増している。

データを評価する際には常に常識的に考えてほしい。庭の道に導かれた子羊のように聞いたり読んだりしたことをすべて信じてはいけない。批判的に考えてほしい。そして、ビッグ・タバコのような強力な経済的利益団体は、十分なお金があれば、何年も、何十年も人々に嘘をつくことができることを覚えておくこと。

彼らは十分なお金のために真実を捻じ曲げてくれる科学者を、いつでも見つけることができる。現在アメリカでは全人口に対して毎年ワクチン接種を義務付けるという話がある。さらに3回目のブースターショットについても話題になっている。

処方箋薬を販売する企業にとって、地球上の人口と同じ数の顧客が、生きている限り毎年製品を購入することを要求されるというのは、これ以上ないチャンスだ。その機会を守るために、企業はどのような手段を講じるだろうか。

インドの事例が話題に

イベルメクチンがすぐに追加されたらどうなるか想像してみてほしい。あなたとあなたの教会がこれを実現することができる。声をあげてください。声をあげよう。何かをしよう。私たちは、インドで死んでいく人々に義務がある。偉大なジョン・ルイスの言葉を思い出してほしい。

ジョン・ルイス下院議員による

1940-2020

1963年ワシントン大行進の共同主催者

1965年のセルマ行進の共同指導者

大統領自由勲章受賞

ロバート・F・ケネディ書籍賞

ジョン・F・ケネディ 勇気ある行動賞

「正しくないこと、公平でないこと、公正でないことを目の当たりにしたとき、あなたには何かを言い、何かをする道徳的な義務がある」

あとがき

本書が完成した数日後、テス・ローリー博士は、第1回国際イベルメクチン・フォー・コヴィッド会議で感動的なスピーチを行った。彼女は揺るぎない勇気をもって、WHO、大手製薬会社、大手規制当局などの腐敗した組織を非難し、臨床試験の実施方法の見直しを要求したのである。

テス・ローリー博士のBIRD🕊会議での閉会挨拶

ローリー博士は、このパンデミックで再利用可能な医薬品の使用を抑制する企業の強欲さのために、「何百万もの命が失われた」と学術界に公表した。さらに、この巨大な利権が医師たちを人質にしていることも指摘した。

腐敗、汚染された研究、そして大企業、予防接種、再利用医薬品の使用禁止、パンデミックによる死亡の関連性について、もはや疑いの余地はなかった。もはや陰謀論で済ませることはできない。

テス・ローリー博士、ピエール・コーリー博士、そしてBIRD研究委員会は、今や名前を挙げていた。

カリフォルニアのインペリアル・バレーから来た2人の医師だけではない。また、『The Desert Review』誌に編集者への手紙として記事を掲載していた、単なる作家でもない。フランスの風変わりなウイルス学者や、ニューヨークの正統派ユダヤ人医師でもない。今では、WHOのコンサルタントがWHOに呼びかけているのである。今や主流の知識となった。

そして世界がそれを知ることになる。そして、インドがイベルメクチンを手に入れるかもしれない。これで、この本の読者は正しい行動をとることに疑いの余地はない。アメリカのためにできなかったことが、インドのためにできるようになる。

アメリカと世界の偉大な良心である読者の皆さんは、インドのためだけでなく、あなたの祖父、祖母、両親、あなた自身、そして子供たちのためにもイベルメクチンを要求する力と権利を持っている。

議題、腐敗、欲に根ざした命令に従わざるを得ないと感じることは、もはや非国民ではない。だからこそ、この言葉を広め、この人類に対する犯罪がまた一つの命を奪う前に、みんなでそれを正していこう。みんなにイベルメクチンのことを知ってもらおう。

 

ジャスタス・R・ホープ医学博士

カリフォルニア州レディング

2021年5月1日

テス・ロリー博士 医学の良心

原文は2021年5月1日発行

テス・ロリー博士が道を照らす

歴史には、人類の旅路の中で輝きを放った瞬間、文明を変えたエピソードなど、ターニングポイントが数多く存在する。その分岐点は、戦争、飢饉、疫病、革命などの大きな悲劇の中で起こることが多い。なぜなら、人間の最悪の堕落が明らかになったまさにその時に、私たちは優しさと知恵をもって反対勢力に立ち向かった、偉大な人道主義者たちの出現を目撃したからだ。

鉄が溶鉱炉で鍛えられるように、人類の最良のものは、その最も残酷な章からしか生まれない。ナチスのオスカー・シンドラーは、自分の全財産を投じて、弱い立場にあるユダヤ人をガス室から遠ざけた。これは人間の基本的な原則ではないだろうか。

モハンダス・ガンジーは、南アフリカで弁護士として成功し、家族を養ってたが、大量虐殺を止めるためにインドに戻ることを選んだ。彼は、快適な生活を断食、非暴力の抗議活動、そして個人的なリスクと交換した。1948年、暗殺者の銃弾によって彼の命は奪われたが、それは彼が78年間を地球上で過ごし、地球を永遠に変えてしまう前のことであった。彼は多くの人々から「インドの父」と呼ばれている。彼の非暴力による抗議活動は、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア、ロバート・ケネディ、ネルソン・マンデラなど、多くの人々に刺激を与え社会変革を促した。

ネルソン・マンデラは、ベッドも配管もない独房に27年間ロックダウンられ、苦難の代償を払った。日中は石を割って過ごし、自由時間には執筆活動を行っていた。彼の原稿は吟味され、制限され、検閲され、破棄された。それでも1976年には500ページの自叙伝を密かに出版し監獄の権利を求める抗議運動を展開した。

それが南アフリカの反アパルトヘイト運動へと発展していったのである。マンデラ氏の大きな苦しみの中から南アフリカの人種平等の理念が生まれ、最終的には初代大統領に選出された。マンデラ氏は「マディバ」という愛称で親しまれ、「国の父」として広く知られている。1993年には、非暴力の抗議活動によりアパルトヘイト体制を終結させたことが評価され、ノーベル平和賞を受賞した。

テス・ローリー博士は、世界的な研究者であり、世界保健機関のコンサルタントでもある。彼女の最大のクライアントは、再利用可能な医薬品の抑圧に関わる人々である。彼女は、現在の医療体制に抗議するために、かなりの個人的リスクを負って発言することを決めた。

イベルメクチンの透明で正確な科学的研究を目的とした国際的な専門家グループであるBIRDパネルを共同設立した。2021年4月24日、COVID-19の予防と治療のためのイベルメクチンに焦点を当てた世界初のシンポジウム「International Ivermectin for COVID Conference」を開催。

この会議の中で、彼女は医学史に残る記念すべき閉会の辞を述べた。

「試験をデザインしデータをコントロールする者が結果をもコントロールします。したがって、このような業界主導の試験制度は終わりにしなければなりません。現在進行中のCOVID治療法の臨床試験や今後の臨床試験のデータは、独立して管理・分析されなければなりません。完全な透明性がなければ信用はできません」。

ローリー博士は、科学的証拠を分析するための方法の改革を求めた。

ローリー博士は、「イベルメクチンの物語は、私たちが医学の歴史の中で注目すべき時期にいることを強調しています。私たちが治療のために使用しているツールや、患者とのつながりが、企業の強欲さからくる容赦ない偽情報によって、組織的に損なわれています。イベルメクチンの話は、私たち一般市民が当局への信頼を見誤り、金と権力が腐敗する度合いを過小評価していたことを示しています。もし 2020年に世界中の医療関係者がイベルメクチンの有効性を当局に知らせた時に採用されていれば、何百万人もの命が救われ、それに伴う苦しみや損失を伴うパンデミックを迅速かつタイムリーに終結させることができたでしょう」と述べた。

ローリー博士は、大手製薬会社やその他の利害関係者による現代医学の腐敗を訴えた。
それ以来、何億人もの人々が、人類史上最大の医療実験に参加しているのである。集団予防接種は証明されていない新しい治療法であった。何千億もの利益がビッグファーマによってもたらされ、その費用は国民によって支払われる。政治家や医療関係者ではない人たちが病気の人に何を処方してよいかを指示しているため、私たち医師はヒポクラテスの誓いを守ることができない立場に置かれている。

この運命的な岐路において私たちは選択しなければならない。腐敗した組織、医療当局、大手製薬会社、億万長者の社会不適合者によって身代金を要求され続けるのか、それとも私たちのケアを受けている人々に害を与えず、常に最善を尽くすという道徳的・職業的義務を果たすのか。後者には世界中の同僚に緊急に連絡を取り、我々が試した安全な旧来の医薬品のうち、どの薬がCOVIDに使用できるかを議論することが含まれる。

最後にローリー博士は、企業や億万長者ではなく、人々の利益を代表する人々を中心とした新しい世界保健機関を医師たちが結成することを提案した。

「医師としての我々の役割がこれほど重要になったことはない。なぜなら、これほど多くの害をもたらすことに加担したことはないからだ。」

アルバート・シュバイツァー博士も誇りに思うであろう。1952年のノーベル賞受賞者であるシュバイツァー博士がノーベル賞を受賞したのは、有名な医療宣教師としての仕事ではなく、「利他主義、生命への畏敬の念、そして人間と国家の間の兄弟愛という考えを生きたものにするのに貢献した不断の人道的活動に対して 」である。

マンデラやキングが人権の平等を求めて戦ったのに対し、シュバイツァー博士は 「生命に対する畏敬の念 」という倫理の原則を掲げたことで最も記憶されている。

「倫理とは、生命への畏敬の念にほかならない。生命への畏敬の念は、私の道徳の基本原則、すなわち、善とは生命を維持し、助け、高めることであり、生命を破壊したり、傷つけたり、妨げたりすることは悪である、ということを私に与えてくれる」。

テス・ローリー博士は、科学的にイベルメクチンが命を救うことを知っている。しかし、さらに彼女は、腐敗によってイベルメクチンが何百万人もの命を救うことができず、数え切れないほどの苦しみと恐怖をもたらし、想像を絶する規模の人的経済的犠牲を強いられていることを疑いなく知っている。

このパンデミックの中で真の治療者、つまり命を救うためにキャリアを危険にさらして永遠に尊敬される医師たちが現れた。彼らは黙っていても船を動かさずにパンデミックが進行するのを待つこともできたのに、行動することを選んだのである。

ジョージ・ファリード博士、ハーベイ・リッシュ博士、ピーター・マッカロー博士の3人は 2020年11月19日に米国連邦議会上院で演説を行い、FDAとNIHに早期の外来治療を実施するよう訴えた。彼らは、これから起こるであろう死亡者の急増を警告した。答えはない。

しかし、今、インドで起きている致命的な第二波の最中に、4月22日、インド医学研究評議会がイベルメクチンとブデソニドを早期外来治療に採用したばかりである。

では、なぜアメリカも同じように、ファリード氏や他の人々のアドバイスに耳を傾け、11月に一筆書きでイベルメクチンの緊急使用許可を出すことができなかったのであろうか?そうすれば30万人の命が救えたはずである。

アンソニー・ファウチ博士に立ち向かったジョージ・ファリード博士、インペリアル・バレーを救うために25万ドルの個人ローンを借りたブライアン・タイソン博士、エール大学の教授職を危険にさらしてまで発言したハーベイ・リッシュ博士、これらの医師こそがパンデミック・ヒューマニタリアンなのである。

早期外来治療に関する最初の研究を行ったテキサス州のピーター・マッカロー博士。キャリアを賭けたピエール・コーリー博士。医師であり、人道主義者であり、改革者でもあるテス・ローリー博士は、パンデミックに勝利する道を切り開き、人権と医学の良心の希望の光となっている。

 

著者の著作 プレスワークス インターナショナル, LLC

www.HopePressworks.org

慢性的な痛み
  • 「腰痛の悪夢を終わらせる方法」第1版
  • 「背中の痛みの悪夢を終わらせる方法」25周年記念版
オピオイドの蔓延
  • The Physician Primer, Prescribe Like a Lawyer(弁護士のような処方を)
  • The Physician Primer 2.0, The Safe Opioid Protocol(医師のためのオピオイドプロトコル2.0)
肥満の蔓延
  • ザ・コーヒー・キュア・ダイエット
  • 癌、COVID-19,そして病気からの生還 「再利用医薬品革命」
人間の権利
  • イベルメクチンを世界へ

著者について

ジャスタス・ロバート・ホープ博士(仮名)は、Wabash Collegeを首席で卒業し、Lilly Scholar(リリー奨学生)に選ばれた。その後、ベイラー医科大学に入学し、医学博士号を取得。カリフォルニア大学アーバイン校のメディカルセンターで理学療法とリハビリテーションのレジデントを修了。

また、カリフォルニア大学デービス校メディカルセンターの家庭医部門と理学療法・リハビリテーション部門で教鞭をとっている。35年以上にわたり医療に携わり、北カリフォルニアで個人開業している。6冊の本を執筆している。

良かった記事に「いいね」  していただけると嬉しいです。
今後の記事作成・構成の参考にします。
いいねランキングは こちら

備考
機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、掲載画像、添付リンクは原文と異なることがあります。
翻訳ソフト:DeepL /文字起こし:Otter 
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました