3. 社会問題/ウクライナ-ロシア戦争WW3・核戦争マーティン・アームストロング

ゼレンスキーと第三次世界大戦 Martin Armstrong
Zelensky & World War III

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.armstrongeconomics.com/world-news/war/zelensky-world-war-iii/

投稿日: 5月 6, 2022  Martin Armstrong

私たちのコンピュータは2013年に、ウクライナは第三次世界大戦が始まる場所になるだろうと警告した。それを防ぐオンリーワンの方法は、言語に基づいてウクライナを分割することであると警告したのだ。キエフは自由と民主主義のために戦っているというプロパガンダがある一方で、彼らはドンバスの投票と独立を認めるのを拒否している。西側のロシア語圏の東側に対する憎悪はよく知られている。それは、共産主義が機能しているように見せかけるために、スターリンが700万人のウクライナ人を飢えさせた時代に由来している。スターリンがロシア人ではなく、グルジア人であったことは、歴史の中で失われてしまった。

ドニプロ川は旧ロシア帝国とウクライナの国境であった。その川の東側は、ウクライナの領土ではなかった。ソ連時代に行政目的でキエフに割り当てられた。クリミアはもともとロシア領で、1954年にソ連邦のもとでキエフに譲渡されたに過ぎない。それにもかかわらず、こんなくだらないことで全世界を戦争に巻き込もうとしているのは、ロシアと中国の両政府を転覆させなければこのグレートリセットを成し遂げられないネオコンと世界経済フォーラムの目的に適っているからにほかならない。申し訳ないが、我々のコンピューターが地政学的な予測で間違ったことは一度もなく、結局、西側は中国に負けるだろう。ゼレンスキーのオフショア口座を埋めるために人々が死ぬ一方で、私は当初から、彼は第三次世界大戦を引き起こすエージェントだと警告してきた。彼は、歴史的に不当なこの領土奪取のために全世界を巻き込むために、これが第三次世界大戦だと説いてきたのである。

ナチス・ウクライナ軍はマリウポリの製鉄所の支配にしがみついている。情報筋によると、ロシア軍は防衛線を突破し、内部で白兵戦さえ行っているとのことだ。彼らはキエフに支援を要請したが、今のところ来ていない。ここは最後の砦だ この激しい攻撃はクレムリンにナチスに対する 勝利をもたらすものだ 月曜日のロシア軍の主要な祝日を 控えている。

製鉄所はマリウポリでまだウクライナの支配下にある最後の地域であり、その陥落はキエフにとって打撃となる。プーチンは再びマクロンに電話をかけたが、彼は和平合意に関心があるように見える唯一の指導者だからだ。プーチンは、西側諸国がロシアとの戦争を必要としていることを見誤っており、彼らはプーチンが核兵器を使用しないという信念に期待している。

現実には、ロシアができる最も賢明なことは、アメリカから教訓を得ることだと主張する人たちがいる。その主張は、小型の戦術核を使用してキエフを破壊し、米国とNATOのハッタリに対抗することを求めている。西側諸国が報復して核武装し、その結果、ヨーロッパとアメリカが直接の標的となるだろうか。それはないだろう。しかし、アメリカが日本に2つの原爆を落とした時点で、戦争は終わったのだ。ペロシの代表団は、平和はなく、ロシアを倒して完全勝利することだけが許されると言っているので、これはまた終わりのない戦争になるだろう。

重要なことは、広島の原爆1発は,0.01434034416826メガトンのTNTに相当することだ。今日、ロシアは誰よりも多くの核兵器を持っているが、たった1つで100メガトンになる。1つでイギリス全島を破壊できる。プーチンの背後にいる人々は、第二次世界大戦の教訓に従って、西側が報復して世界全体を破壊しないことに賭けて、キエフを核攻撃するだろう。我々は確かにサイコロを振っているのだが、頭の悪い世界の指導者たちは、そのリスクも戦略も理解していないようだ。

ゼレンスキーは全世界を二極化している。自分の子供がキリスト教の洗礼を受けたのに、突然、実践的なユダヤ人のふりをしたことで、中東に再び戦争の危機が訪れたのだ。イスラエルの周辺諸国は、ロシアと足並みを揃えている。クネセットのイタマール・ベン・グヴィール議員でさえ、イスラエルの74回目の独立記念日に神殿の山に入り、こう宣言した。”神殿の山にユダヤ教のシナゴーグを建てる時が来た 」と。その主張は、ユダヤ人はまさに神殿山の岩のドームの場所に神殿を再建することを余儀なくされているというものである。その支持者はこう指摘する。「私が彼らの間に住めるように、彼らに私を聖域とさせなさい」(出エジプト記25:8)。明らかに、ゼレンスキーは人々が思っている以上に世界を不安定にさせている。

間違いなく、このことは、古典的な映画「オーメン」の詩について書く人たちを思い起こさせるだろう。確かに、ゼレンスキーに対する見方が大きく変わりそうだ。ただひとつ確かなことは、彼はこの世界のリーダーを演じ、ボールを転がすという役割をしっかりと果たしたということだ。果たしてゼレンスキーは、地球全体を第三次世界大戦に導く「満州候補」なのだろうか?ブラジルのルーラ大統領は、ウクライナ戦争についてゼレンスキーは「プーチンと同じくらい責任がある」と発言するなど、声が高まっている。

ネオコンのビル・クリストルは、民主主義を導入すれば最終的にイスラエルの安全保障につながるという理論で、中東の様々な指導者の転覆を提唱していた。プーチンやロシア人を排除すれば、両手を広げて応援してくれるという、これと同じ理論だ。それは中東で失敗したし、ロシアでも中国でも失敗するだろう。アメリカやヨーロッパにこの戦争を売り込むために、ロシアや中国の人々に憎しみを抱かせるプロパガンダは、第二次世界大戦中の日本の収容所と同じように、内戦的な結果をもたらす。ネオコンがプーチンや習近平に対して作り出したこの憎悪は、彼らの指導者だけに限定されるものではない。ビル・クリストルは、90年代初頭のWECで講演している。いつものように、私はシュワブ氏と握手するまでに、この世界宗派のゲームのすべてのプレーヤーと出会ってきたようだ。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました