マーティン・アームストロング政治・思想金融危機・インフレ

債務不履行は革命につながるか?

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Would A Debt Default Lead to Revolution?
Martin Armstrong 0:08

負債についての質問が多く寄せられています。どうやら人々は、もしデフォルト(債務不履行)が起きれば、それは革命につながり、そうすればすべてが崩壊するだろうと考えているようです。これは非常に素晴らしい理論です。

しかし、単純にそうではありません。債務不履行に陥った国はたくさんあります。1931年には債務不履行がありましたし、第二次世界大戦後には債務不履行はありませんでした。つまり、それらは現代の例に過ぎないのです。

しかし、さかのぼってローマ帝国を見てみると、1000年以上もの間、国の借金はありませんでした。お金を借りなかったら、政府はどうやって機能していたのでしょうか?

とても簡単です。政府は基本的にお金を生産する独占権を持っていましたから、すべての鉱山を所有し、金や銀などを生産していました。そうして資金を調達していたのです。中央銀行はありませんでした。どうやって分配していたのでしょうか?基本的には軍隊への支払いに使われました。

そして、そのお金を使って、経済の中で循環させていたのです。いろいろなモデルがありますが、「債務不履行が起きれば革命が起きる」と主張する人がいますが、アメリカの革命は債務をめぐるものではありませんでした。アメリカの革命でも、債務問題ではなく、基本的に「代表なき無税」でした。ほとんどの革命は、債務ではなく課税をめぐるものです。

これは、非常に重要なポイントです。フランス革命でさえ、税金やチップ、国民の過重な負担などが原因でした。マリー・アントワネットは「ケーキを食べさせてあげよう」というスローガンを掲げました。ですから、私たちは理解しなければなりません。

つまり、この負債の実験は深刻な問題なのです。そのことに疑問の余地はありません。しかし、これは歴史上かなり新しいことでもあります。政府が永久的な負債を作り、それが何度も繰り返されてきたことがわかりました。15世紀には、グーテンベルクの印刷機が発明されたメイン市がありました。テクノロジーブームが起こり、誰もが物を印刷し始めました。

政治家たちは、これではいつまでたっても終わらないと考え、増税し、借金を始めました。基本的に、それは債券ではなく、年金でした。その段階でお金を借りていたのは、税収が終わらないと思っていたからです。

しかし、増税を続けた結果、金持ちは出て行き、街には税金を払えない人が増えていきました。そして、最終的にはデフォルト(債務不履行)に陥りました。彼らがデフォルトに陥ったとき、まあ、いいでしょう。そこには、基本的に借金を抱えた外国人がいました。彼らは行進してきて、最終的には街を略奪して焼き払いました。

しかし、これらは必ずしもすべての革命や危機に共通する問題ではありません。政治家の財政不振は確かにありましたし、ローマ法王も政治家が乱暴な借金をしたことを破門しています。しかし、ここで我々が直面しているのは、それとは全く異なるものです。

このような基本的な負債の深刻な危機はこれまでなかったのです。ローマはお金を借りなかった、などと言いました。ですから、しかし、歴史上、金融危機は何度もありましたし、それが記録されている地域でどのような影響を与えたかを見ることができます。ハムラビによる賃金・価格統制の導入。

つまり、バビロニア時代のことです。深刻なインフレ危機でもない限り、そんなことはしないでしょう。バビロニア時代、ギリシャ時代、ローマ時代など、さまざまな時代にこのようなことが行われてきました。このような金融危機はたくさんあります。

このような出来事に人々がどのように反応するのか、参考にすることができます。今回は、政治家たちが執拗に借金を重ねています。前にも言いましたが、税金はもう必要ありません。お金が現物のコインだった頃は税金が必要でしたが、基本的には再使用するためにある程度取り戻さなければなりませんでした。

しかし、彼らは何をしているのでしょうか?今?今の段階では、お金を作るだけです。では、なぜ税金が必要なのでしょうか?経済の多くは、税金を求めている人を追い詰めることにあり、世界経済を停止させています。

しかし、支出をまかなうためにお金を印刷しているだけなら、ともかく、私はチャートを示してきましたが、ここで説明すると、当時、国の借金の70%は累積利子だったのです。つまり、学校や孤児のためにお金を出したり、道路建設を手伝ったりするものではなかったのです。

つまり、学校や孤児のために使われたり、道路建設のために使われたりするものではなく、基本的には銀行家の裏口から出されるものだったのです。理論的には、お金を借りることで、貨幣の量的理論に戻り、貨幣の供給量を増やさず、代わりに借金をすれば、インフレにはならないだろうと考えました。

しかし、実際にはそうなっていません。さて、ここで本当に見なければならないのは、革命を起こすのは税金だということです。そして、これこそが私たちが直面している危険です。政府はどこまでも税金を追い詰めようとしていますし、デジタル通貨への移行は地下経済を殺すためです。つまり、何でもありなのです。

つまり、いいでしょう。犯罪や売春はもちろん、隣の家の女の子をベビーシッターとして雇うときに、彼女がマスターカード・ビザを持っていたらどうやって支払うのか、といったことまで。これらの人々が目にする影響は非常に大きなものです。

誰もが銀行口座を持っているわけではありません。EUでは、銀行口座を持つことは権利であるという法律が制定されました。すべては、このデジタル通貨に移行しようとしているためで、このシステムを維持できないという将来への不安があるからです。

私がずっと主張してきたのは、基本的に、最終的にはデフォルトになるだろうということです。では、デフォルトになって、年金基金をすべて使い果たし、全体主義国家になってしまうのか?それとも、一歩下がって、「わかった、わかった」と言うのか。問題を抱えている企業と同じように、実際に債務と株式のスワップを行ってみましょう。

株式を発行し、債務を交換します。非常にシンプルですが、同じようなプロセスが行われ、政府は債務を放棄し、クーポンを発行します。わかった、では借金をなくそう、二度と借金をしてはいけないと。政府支出の上限は、基本的に年間ベースでGDPの最大5%にすべきです。常にインフレになりますが、インフレにしなければなりません。「インフレは悪いことだ」と言う人たちがいます。

でも、私は家も欲しいし、給料も上げて欲しい。賃金を上げてほしい、家も高くしてほしいというのであれば、それはインフレの原因になります。インフレを望まず、緊縮財政を望むのであれば、それはそれで構いませんが、その場合、あなたは決して昇給しませんし、あなたの家の価値が永遠に変わらないことになります。

これは2つの異なるタイプのシステムですが、人々は家への投資でお金を稼ぎたいし、賃金は今年はもっと上がるべきだと思っています。でも同時に、「まあいいか」と戻ってくる。インフレは困る。両立はできないのです。これが基本的な経済モデルなのです。ですから、私たちが直面している債務危機は重大です。しかし、それが革命につながるでしょうか?そうですね、歴史的に見ても、革命のきっかけにはなりませんね。それは課税です。

そしてこれこそが、彼らが常に増税を求め、可能な限りあらゆるものに課税しようとしている間違いなのです。これが本当の危険なのです。メイン州では増税が行われているので、ニューヨークやカリフォルニアなどから劇的に逃げています。

そして、かなりの規模になってきています。あまりにも多くの人がテキサスやフロリダに移っています。そして、ニューヨーク、イリノイ、カリフォルニアの3つの州から脱出しています。私たちが本当に注目しているのは、税金であり、真の危機の原因であり、負債ではありません。本当の危機を引き起こすのは税金です。

しかし、それが人工的なインフレ、つまり金利につながり、大きなギャップが生じているのです。政府の金利は中央銀行が買っているので歴史的な低水準ですが、銀行に行って同じ金利で借りようとしても、あるいは1ポイントでも高い金利で借りようとしても、借りられないのです。

ヨーロッパでは、政府がマイナス金利を払っているわけですから、こういうことを現実的に考えなければなりません。

私たちが直面しているのは、むしろ税金の危機であり、それがすべてを崩壊させてしまうのです。これで少しは説明できたでしょうか。単に負債だけではないのです。ありがとうございました。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました