The Epoch Times ウィキペディア共同創設者ラリー・サンガー ウィキペディアはなぜ失敗したのか、どうすればいいのか

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

医療の誤報・偽情報・検閲プロパガンダ・全体主義
Wikipedia Co-founder Larry Sanger: Why Wikipedia Has Failed and What to Do About It

Wikipedia Co-founder Larry Sanger: Why Wikipedia Has Failed and What to Do About It
“Wikipedia made a real effort at neutrality for, I would say, its first five years or so. And ...

「ウィキペディアは、最初の5年ほどは、中立性を保つために努力していました。その後、ウィキペディアは、左派のプロパガンダと呼ばれるような、長くゆっくりとしたスライドを始めました」と、ウィキペディアの共同設立者であるラリー・サンガーは言います。

 

ウィキペディアの当初のビジョンはどのようなものだったのでしょうか。そして、なぜその中立性のポリシーが崩れてしまったのでしょうか。

サンガー氏は現在、新しい分散型ネットワーク、”すべての百科事典のスーパーセット “の作成に取り組んでいるという。

「テクノロジーの世界に民主的な革命が必要だ」と彼は言う。

Jan Jekielek: ラリー・サンガーさん、アメリカン・ソート・リーダーズに出演していただき、とても光栄です。

ラリー・サンガーです。そうですか、お招きいただきありがとうございます。

Mr. Jekielek

ラリーさん、あなたはウィキペディアの共同創設者でありながら、時々、自分のことを「元創設者」と呼んでいますね。このような言い方をするのは、会話を始めるのにふさわしいとは言えないのではないでしょうか。なぜそのようにおっしゃるのですか?

Mr. Sanger

それにはいくつか理由があります。1つは、長年にわたってジミー・ウェールズが私にその名誉をもつことを拒否してきたので、彼に敬意を表して、彼を唯一の創設者とし、私はかつての創設者ということで元創設者としました。もう1つの理由は、Wikipediaからますます距離を置きたいと思っているからです。ウィキペディアには多くの問題がありますが、これは私が自分の赤ちゃんと縁を切る方法なのだと思います。

Mr. Jekielek

ウィキペディアに何か問題があると気づいたのはいつなのか、教えたいと思います。私はEpoch Times社と15年以上仕事をしてきました。そして、かなり前からエポックタイムスに関するウィキペディアのページがありました。そこでは、トークページでの様々な編集者の戦いを見ることができました。トークページについては、多くの人が知らないことなので、少し教えてもらおうと思います。

Mr. Sanger

もちろんです。

Mr. Jekielek

そうですね。私がいつも真実だと思っていたことを、さまざまな編集者が追求していたんですよ。でも、あなたは別のことを教えてくれました。でも、最終的にはうまくいったと思います。

エントリーはある程度公平だと感じていましたが 2015,2016年頃までは、そこに大混乱が起きていたように思います。それは、ある非常に支配的で、率直に言って、信じられないほど誤った情報に基づいた見解が支配的だったからです。

そして、他のページを見始めたところ、同じようなことがわかりました。おそらく多くの人と同じように、私もウィキペディアを見て、「ここは良い、正直な情報、良い、合理的な、バランスの取れた見解などを得ることができる場所だ」と思ったでしょう。しかし、確かにすべてについてではありません。

Mr. Sanger

そうですね。というのも、ここ数年、多くのインタビュアーが私へのインタビューをこのように始めているからです。誰もが自分自身についての記事に不満を持っているようです。以前はそうではありませんでした。

しかし今では、基本的に右派の人、あるいは逆張りの人であっても、ウィキペディアの記事を見ると、自分の業績を大きく誤って伝えていたり、重要な部分を省いていたり、動機を誤って伝えていたり、本人やその友人、そして彼らをよく知る人たちが決してそのように表現しないのに、陰謀論者や極右などと決めつけていたりします。

ええ、その通りです。私は何年も前から、この種の問題について謝罪してきました。ただ、あなたがおっしゃるように、基本的にはここ5年ほどでかなり悪化しています。

Mr. Jekielek

ここには大きな領域がありますよね。私たちは、当初のビジョンについて話したいと思います。中立性と客観的真実の追求の間には、とても魅力的なものがあります。なぜなら、私はそうではないからです。その区別は、もしかしたら、私はその区別を理解するのに時間がかかったのかもしれません。これが1つの要素ですが、もう1つの要素は、どのようにしてあなたが説明しているようなポイントに到達したのかということです。

Mr. Sanger

そうですね。では、どこから始めますか?

Mr. Jekielek

まずはビジョンから始めて、次にどこが悪かったのかを話してください。

Mr. Sanger

そうですね。まず、私に与えられた任務についてお話します。私はジミー・ウェールズが経営するBomisという会社に雇われました。彼はCEOでした。Nupediaの編集長として雇われた私には、次のような課題が与えられました。新しい百科事典を立ち上げたい。基本的には、あなたにそれを始めてもらいたい。それは無料です。誰でも投稿できますが、立派なものにしたいと思います。そして最後に、オープンソースの原則に基づいて構築したいと考えています。

つまり、基本的には誰でも自分のコピーを共有することができ、フォークすることも可能です。フォークとは、コピーを作成してから別の方向に開発を始めることを意味します。Linuxをはじめ、さまざまなオープンソースソフトウェアがそうです。しかし、オープンコンテンツと呼ばれるのは、ソフトウェアの話ではなく、今はコンテンツの話をしているからです。それが最初の課題だったのです。

何百万人もの人々が自由に貢献でき、最終的には貢献したいと思うような巨大な百科事典を作るというのが、基本的なビジョンでした。最初は、1つのトピックに複数の記事を掲載するか、1つのトピックに1つの記事を掲載するかを検討しました。1つのトピックに1つの記事としましたが、それはそもそも作業をする人が少なかったからですよね。

今となっては、1つのテーマに複数の記事があってはいけないということはないと思います。しかし、とにかくそれが当初のビジョンだったのです。当初の構想の大部分は、特に共同作業を前提としたものでしましたが、1年後にNupediaからWikipediaに移行したときには、特にそうでした。共同作業をしている人たちが一緒にうまくやっていけるように、共同作業をすることになっていたのです。

もちろん、すべての意見に同意することはできませんから、意見の相違に同意し、同じ記事の中で多くの異なる対立する立場を代表する必要があります。また、それだけではなく、中立性という考え方もあります。

中立性の背後にある考え方は、人々が自分自身の考えを決められるようにすることです。そしてそれは、信頼できる有用なレファレンスブックとはどのようなものであるべきかという私の概念の大きな部分を占めています。だから、それについてはもう少し話してもいいんですが、それが基本なんです。

他にもいろいろありました。つまり、私たちはこの作品をとても肉厚で大きなものにしたかったのです。良い百科事典についての説明は、実際にはもっと長いリストがありますが、皆さんはそれらを推測することができます。

Mr. Jekielek

ユーザー主導型の百科事典というのは、メディアにとって非常にブレイクスルーアイデアでした。どうしてこの仕事をすることになったのですか?

Mr. Sanger

ジミー・ウェールズは知っていました。友人というほどではありませんでしましたが、知り合いでした。私が始めようとしていた、あるいは始めようと思っていたウェブサイトについて、彼に意見を求めたんです。すると彼は、「そんなものには手を出すな。君にやってほしいことがあるんだ。私のところに来て、この新しいウェブサイト「Nupedia」の編集長になってくれないか」と言われました。

「Nupedia」は非常にトップヘビーで、コンテンツの量的にも多くの問題を抱えていました。そこで私たちは、コンテンツの流れを補完して、より多くのコンテンツをシステムに取り込むためのさまざまな方法を模索しました。私が提案したアイデアはすべて、新しいプログラマーを必要とするものでした。ジミー・ウェールズは典型的な堅物のCEOで、そのようなことにこれ以上お金を使いたくありませんでした。

最後に、サンディエゴのレストランで別の友人とメキシコ料理を食べながら、Wikiの存在を知りました。友人が話してくれたのは、ウェブサイトにアクセスして編集ボタンを押すと、読んでいるウェブページのテキストを変更することができる、というものでした。「保存」ボタンを押すと、ページが変更されます。

これは奇妙なアイデアだと思いました。そんなことができるのか?なぜなら、ページを壊したいと思う人よりも、ページを良い状態に保ちたいと思う人のほうが多いからです。だから、ページがどんどん良くなっていくのは、実際には簡単なことなのです。

私は、この点に関しては彼を十分に信頼して、試してみようと思いました。私はすぐに、「Nupedia」を補完するコンテンツとして、wikiによる百科事典を作るべきだと思いつきました。これを「Nupedia Wiki」と名付けようとしました。しかし、ヌペディアの編集者たちは、ウィキと呼ばれるものとは関わりたくないと言いました。誰でも編集できるというのも、明らかに無理がありました。

なぜなら、彼らは知的信頼性の高い作品をどのように制作するかについて非常に具体的な考えを持つ、比較的真っ当な学者たちだからです。そこで私たちは先に進み、私が選んだドメインで別のウェブサイトを作り、より知的に優れた作品に専念しました。私はここで軽率なことを言っています。

ところで、ジミー・ウェールズを含め、多くの人が驚いたのですが、これは実際にうまくいったのです。当初、彼はこのアイデアにあまり賛成していませんでした。特に、このアイデアは多くの編集者を遠ざけているように思えたからです。

しかしIIは、「これはぜひやってみるべきだ。うまくいくと思うよ」と言っていました。そして、実際にNupediaへのコンテンツの流れを作ることができました。しかし、実際には尻尾が犬に追いつき始めたのです。Wikipediaはあっという間にNupediaよりも大きくなり、Nupediaは残念ながら枯れてしまいました。

私にはNupediaに取り組む十分な時間がありませんでしましたが、Wikipediaは私が与えられるすべての時間を必要としていました。それで、ウィキペディアの最初の年に、フルタイムの仕事になったんです。

Mr. Jekielek

中立性についてお話しましょう。先ほどお話したように、私はウィキペディアに来れば真実を知ることができると思っていたのです。これは、人々がメディアから得られるものをある程度期待していることと同じです。私が間違っているのかもしれませんが。

半年ほど前、あなたの作品を見たときに読んだのですが、実は、ビジョンは客観的な真実ではありませんでした。ビジョンはニュートラルです。それとは何かが違う。それを説明してください。

Mr. Sanger

中立と客観的な真実の違いは、客観的な真実は一般的に人々が同意しないものであるということです。私自身は、明確に定義された問題については、客観的な真実があると思っています。そして、すべての客観的な真実だけを収録した参考書があったら、絶対に素晴らしいと思います。それは素晴らしいことです。問題は、そのような著作物が何を含むべきかについて、二人の人間が同意することはないということです。

一方、中立性とは、あるテーマについてのすべての異なる見解を、証拠や引用に十分な配慮をしながら、十分に詳細に説明しようとする試みであり、論争のある問題について人が自分の考えを決めるために必要なものです。

つまり、あなたがウィキペディアの編集者で、記事がめちゃくちゃになっているのを見ていると想像してみてください。あなたは、自分が客観的な真実だと思うことを反映するように、記事を修正することができます。基本的にはカタログですが、秩序だった見解のカタログです。

最初の考え方で行くと、もしあなたが非常に幅広いコミュニティを持っているなら、コミュニティの多くの人を怒らせることになるでしょう?なぜなら、あなたは彼らのために事実を決定することを前提としているからです。

さて、これが問題なのです。一つの視点を宣伝する記事を書けば書くほど、特にその視点を持たない人にとっては、プロパガンダのようになってしまうのです。

プロパガンダの機能とは、いわば、人々の頭を殴って、自分が信じさせたいように信じ込ませることです。他の視点を考慮していなければ、最終的に何かを信じるための本当に良い理由を持つことはできません。

つまり、プロパガンダは人々をより愚かにし、客観性を失わせる傾向があるのです。ですから、客観的な視点からアプローチしたいのであれば、ニュートラルな文章が必要なのです。

Mr. Jekielek

なるほど、それは魅力的ですね。これは素晴らしい説明で、私も実際に使ってみようと思います。現在、ウィキペディアには体制側の視点が含まれているとおっしゃいました。具体的にはどのような意味でしょうか?

Mr. Sanger

「ニューヨーク・タイムズ」や『ワシントン・ポスト』を読んだり、放送されているニュースを見たり、『ニューヨーク・レビュー・オブ・ブックス』で紹介されている本を読んだりするとわかりますが、力のある人たち、多くの場合、高学歴の人たちが、マイノリティであると信じさせようとしていること、あるいはその人たちが信じさせようとしているのは、人々が反対するマイノリティであるということです。それがエスタブリッシュメント・ビューなのです。それは権力者が喧伝する見解です。

Mr. Jekielek

大きな疑問は、なぜそうなったのかということですね。私の知る限り、この中立性ポリシーはまだ有効ですからね。

Mr. Sanger

そうですね。中立性ポリシーは、ウィキペディアが構想される前に導入し、その後、ウィキペディアはNupediaから継承しました。ウィキペディアは、最初の5年ほどは中立性に努めていました。その後、左翼的なプロパガンダと呼ばれるような、長いゆっくりとしたスライドを始めました。ウィキペディアには厳しい表現ですが、少なくとも政治的な記事の多くは、今ではそのように読まれています。

しかし、それは彼らがニュースメディアに従っているからで、少なくともここ10年ほど、あるいは10~15年の間にそうなっています。徐々にブログを排除していき、最近では記事のソースとして保守系のニュースソースをほとんど排除しています。つまり、ニュースメディアが変化し、エスタブリッシュメントがより左にシフトするにつれて、ウィキペディアのコンテンツもそれに追随してきたのです。

10年前でさえ、このようなことが起こること、そしてそれがこれほどまでに顕著であることを受け入れるのは難しかったでしょう。つまり 2010年にはすでにこのような衰退と中道左派の視点への移行があったのです。

Mr. Jekielek

もうひとつ、以前お話ししたときにおっしゃっていたのですが、ウィキペディアには暴徒のようなものが存在するということです。おそらくそれは意図したものではないと思います。

Mr. Sanger

ええ、これは難しいことです。そもそも共同作業なのですから。ウィキは以前からありましたが、まず第一に、ウィキは最初のものではありません。ウィキのソフトウェアは1995年頃に発明されました。ウィキには、人々が一緒にページを作成し、ギブ・アンド・テイクを繰り返し、お互いに公平で合理的な意見を出し合い、基本的に合意に達するという文化がありました。

ウィキペディアはその考え方を受け継いだのです。しかし、最終的にはうまくいきませんでした。ウィキペディアが非常に大きな力を持つようになり、十分な数の目玉を集めるようになった途端、イデオロギーを持つ人たちが入ってきて、戦いになったのです。イデオロギー的に敵対している人たちの間でコンセンサスを得ることはできません。よほど強力な中立政策でもない限り、最終的にはどちらかが勝つことになります。

最終的には、その中立政策の実施が実質的に崩壊してしまったのです。そして、一方の側が勝利したのです。人々がお互いに合意しようとしていても、編集上の違いを解決する決まった方法がない場合、ただ話し合うだけではないでしょうか?そこには事実上の権力の空白があります。

確立された編集機構やヒエラルキー、意思決定プロセスのようなものがない中で、何が起こったのでしょうか。何が起こったかというと、特定の人々がより大きな影響力を持つようになったのです。コミュニティの中でより多くの友人を持ち、舞台裏のゲームのようなものが発展していったのです。

特定の人が他の人よりもゲームに長けていて、友達が多く、正しいことを言って、より多くの人を味方につけることができたのです。これは、暴徒的な支配や権力の空白が生じたときに起こることを表現しています。

基本的にはそれが起こったのだと思います。しかし、その後、さらに権威主義に陥りました。もうフリーフォーオールではありません。以前はそうだったでしょう?2003,2005,そして2009年になっても、一部のページでは、ある種の自由放任主義が見られました。ページにアクセスして自分の意見を述べれば、みんなが何日も議論してくれることもありました。今はもうそんなことはないでしょう。

完全にロックされていない人気のある記事に、ちょっとした編集をしただけで、思い切ってプロジェクトから完全に追い出されてしまうこともあります。そして、そのような事態になったことを私に訴えてきた人もいます。歓迎されるような場所ではありません。それは権威主義と言えるのではないでしょうか。

このシステムには管理者権限を持つ人が何人かいて、基本的にはそれを使って、適切な種類の人だけが記事に投稿できるようにしています。彼らに賛同し、彼らを支持し、正しいことを言い、基本的に党派に従う必要があるのです。時には、文字通り民主党の党是に従うこともありますが、これは他の言語や他の政党でも同じように当てはまると聞いています。

Mr. Jekielek

このような現実について、人々は実際にあなたに話しかけているのですね。

Mr. Sanger

ああ、いつもそうなんです。毎週のように、いやそれ以上の頻度で、何年も何年もかけて、ウィキペディアに対する人々の不満を聞いています。

Mr. Jekielek

ウィキペディアにとって、メディアソースがいかに重要であるかを説明しましたね。基本的に、どんな事実や発言も、何らかのソースによって裏付けられなければならず、それがウィキペディアでは認められています。

Mr. Sanger

明らかでなければ、出典がなくても発言できるものもありますが、そうです。

Mr. Jekielek

そして、それらの情報源は長年にわたってかなり削られてきたと。

Mr. Sanger

はい、イデオロギー上の理由から、ソースの数はかなり絞られているようです。

Mr. Jekielek

基本的には、ウィキペディアは体制側の視点に立った素晴らしい情報源ですが、それが嫌ならどこか他の場所に行かなければならない、という主張ですね。そういうことなのでしょうか?

Mr. Sanger

そう言っているんですよ。

Mr. Jekielek

そうですか。

Mr. Sanger

昔はそうでもなかったんですが、そうですね。

Mr. Jekielek

たとえば、Facebookでは、ホットリンクなどを入力すると、その人物やトピックに関連するページがない場合、Wikipediaのページが出てくることがよくあります。そして、Googleでも同じように、Wikipediaのページは驚くほど上位に表示されます。世界のトップ10に入るウェブサイトですから、当然といえば当然かもしれません。しかし、Googleではより権威があるかのような特別な扱いを受けています。

Mr. Sanger

そうですね。

Mr. Jekielek

そうですね。これは、巨大なソーシャルメディアであるWikipediaや、世界中で多くの人が利用している検索エンジンをはるかに超えるものです。

Mr. Sanger

例えばAppleは、ある種の質問をするとWikipediaの記事を表示します。ウィキペディアは、今もそうかどうかはわかりませんが、YouTubeの動画の背景記事として使われてきましたよね。

そうですね、明らかにGoogleに押されていますね。それがどこまで企業のポリシーなのか、単にアルゴリズムの働きを反映したものなのかはわかりませんが、おそらくあまり重要ではないでしょうね。

Mr. Jekielek

そうですね。つまり、私が言いたいのは、ウィキペディアの視点は非常に強力で広範囲な視点であるということなのです。

Mr. Sanger

そうですね。

Mr. Jekielek

それは、私たちが身の回りの真実をどう理解するか、つまり知識やその他すべてのものをどう理解するかに、大きな影響を与えると思います

Mr. Sanger

ウィキペディアは長い間、独自の現実を構築してきたわけですね。今日では確立された現実を共有していますが、昔はそうではありませんでした。2006年にスティーブン・コルベアが「Wikiality」という言葉を作ったのは有名な話ですよね。彼は当時、ウィキペディアにそれほど満足していなかったと思います。彼はウィキペディアを馬鹿にしていました。

多くの人がWikipediaを馬鹿にしていましたが、それはWikipediaが新しいものだったからであり、誰でも編集できる百科事典というものがあることを誰もが奇妙に思っていました。当時はそうでしましたが、今はそうではありません。

スティーブン・コルベアは、当時のウィキペディアに掲載されていたいくつかの視点を好んでいたとは思えません。しかし、今のスティーブン・コルベアはWikialityを気に入っているような気がします。彼に聞いてみたいと思います。

Mr. Jekielek

つまり、基本的には、オープンソースやオープンコンテンツの百科事典を成功させようという試みは失敗したようだ、というのがここでの主張です。あなたはそのように主張しています。

Mr. Sanger

私は、すべての百科事典が失敗する運命にあると言っているわけではありません。

Mr. Jekielek

そうですか、必ずしもすべてではないのですね。

Mr. Sanger

その通りです。

Mr. Jekielek

そうですか。

Mr. Sanger

なぜそう思うのか?私たちが学んだことは、ウィキペディアは今も昔も中央集権的であるということです。少なくとも、このようなリソースがすべての視点を公平に表現することは、常に難しいことでした。

本来あるべき姿は、同じトピックの記事をさまざまなソースから集めて、同じように利用できるようにする、新しいタイプのネットワークです。しかし、それは分散型のネットワークである必要があります。

つまり、どこかのグループに支配されてしまうような、新しいプロジェクトや新しいプラットフォームの話ではありません。真の意味での分散型、リーダー不在、中心のないネットワーク、つまりブログのようなものを言いたいのです。

それらが一体となって、ブロゴスフィアと呼ばれるものを作っているわけですね。ブロゴスフィアにジミー・ウェールズもマーク・ザッカーバーグもジャック・ドーシーもいない理由のひとつは、標準規格を使っているからです。これは、ブログを持っている人なら誰でも、自分のブログデータをどこか別のプラットフォームなどに移すことができる技術的な規格です。

Mr. Jekielek

ここではRSSのことを言っているのですね。

Mr. Sanger

それは何ですか?

Mr. Jekielek

ここではRSSのことを言っているのか?

Mr. Sanger

そのとおりです。アダム、それは技術的な標準の存在に不可欠なものであり、ブロゴスフィアが今のように分散していることに不可欠なものです。私は、基本的には百科事典の標準があるべきだと思います。おそらく、他のカテゴリーのコンテンツにも標準があるべきですよね。そして、その基準に沿って、百科事典のコンテンツを簡単に配布できるようにしましょう。

そうすれば、さまざまなアプリがさまざまなソースからコンテンツを集約し、複数の異なる百科事典記事のコレクションを持つことができるようになります。ですから、オープンソースやオープンコンテンツの百科事典が失敗する理由は何もありません。

ただ、このアイデアの特殊な支配的な例に過ぎません。20年後には、ウィキペディアは、相互にリンクされ、共通の基準に基づいて利用可能な、影響力のある数多くの百科事典のひとつになっているかもしれませんね。

Mr. Jekielek

ここが問題なんですよね。ここで私たちは、よくわからないのですが、誰もが行き詰まってしまうのではないでしょうか?例えば、ファクト・チェッカーが急増していますが、これには一連の大きな問題があります。例えば 2020年初頭に制作したドキュメンタリーでは、コロナウイルス(エポック・タイムズではCCPウイルスと呼んでいます)がラット実験室で作られた可能性があるという内容でした。これはフェイスブックで事実確認されましたが、事実確認をした人は実際に武漢の研究所に関係していることがわかりました。

しかし、人々が知りたいのは、情報の信憑性、あるいは少なくとも情報の視点について、特定の情報源にどれだけの価値を置くことができるのかということです。それが課題ですよね。ウィキペディアの編集者のように、ここにあるすべてのものは、私たちが尊重しない視点だから、私たちはそれに耳を傾けない、と言う人もいます。

これは、私たちが尊敬するソースだからこそ、これらのソースを受け入れるのです。そうすると、他の人はまったく違う視点を持っているかもしれません。このような非常にゆるやかな集合体において、誰かが単純に、ほとんどの人がこれらすべての事柄のニュアンスにまで踏み込む必要はないでしょう。

Mr. Sanger

そうですね。

Mr. Jekielek

人々は、このトピックに関する合理的な評価、合理的な視点、あるいは一連の視点を得たいと思っています。今日、それを本当に信頼することができますか?

Mr. Sanger

この問題を解決するには、さまざまな方法があります。百科事典の基準を作るというこのプロジェクトに取り組むために、私が昨年立ち上げた組織は、評価基準も必要だというある種のコンセプトを持って活動しています。つまり、誰もがさまざまな記事に対する独自の評価を公表できるようにするのです。

想像するに、例えば米国医師会が会員全員を特定し、会員がさまざまな記事につけた評価を基本的に加重平均して、オンライン上の医学的トピックに関する最良の記事のセレクションを作成するようなものです。いわば、分散型のピアレビューですね。

もちろん、似たようなシステムは、アメリカ医師会だけでなく、誰もが利用できるようにすることができます。これはあくまで一例です。

誠実さを保つためには、ホワイトリストのようなものが必要になると思います。この種のシステムでは、人々にゲームをさせたくはありません。私が言うように、おそらく、尊敬できる人たちが承認するホワイトリストが必要でしょう。しかし、さまざまな人が基本的に独自のホワイトリストを作成し、そのリストを共有します。

記事の評価だけではなく、評価者のメタ評価も行われるでしょう。そうですね。これは単なるアイデアです。このアイデアには、他にもさまざまな方法があります。ひとつ存在しておきたいのは、Knowledge Standards Foundationが百科事典用のリーダーを開発しようとしていることです、いわゆる百科事典圏のために。

これはウェブ上のあらゆる場所から記事を集めるものです。

ところで、私たちは自分たちのリーダーを出版したいわけではありません。ソフトウェアを作って、他の人たちが自分たちのリーダーを作れるようにしたいだけです。実際にビジネスをするつもりはなく、ツールを提供したいだけです。

様々なソースから記事を収集するリーダーを想像してみてください。そして、特定のリーダーが選んだ記事を、人々が利用できるリソースとして公開することができます。ナショナルジオグラフィックは、承認された記事のリストを公開していますが、それらはすべてブリタニカやナショナルジオグラフィック自身、あるいはウィキペディアのものではなく、実際にはあらゆる種類の異なるソースからのものです。

これを可能にするのは、先ほど言ったように、すべての記事が共通のフォーマットを持っているということですね。これはちょっとしたことなんですよね。技術的なことですが、これによって、このような知識の表現が、全世界、あらゆる視点、あらゆる国籍にまたがる共通のプール、共通の知識リポジトリから引き出せるようになるのです。

Mr. Jekielek

率直に言って、これは非常に魅力的です。というのも、あなたの説明を聞いていて、あなたがそれに言及するまでは、これはウィキペディアと同じような特徴を持っているように思えるからです。これはいわばメタバースのようなもので、さまざまな評価構造などがあり、それが突然意味を持ち始めるのです。

Mr. Sanger

そうですね。しかも、すぐにです。例えば、ノーベル賞受賞者が論文を書いて、たまたま自分のブログに載せたとしても、わざわざ学術的な百科事典などに掲載されようとはしないでしょう。しかし、もしそれがネット上で書かれた最高のものであれば、Googleの検索結果に埋もれてしまうべきではありません。そのテーマについて信頼できる意見を持った人たちが、その記事がふさわしいと判断すれば、すぐに上位に表示されるべきなのです。

つまり、真実とは何か、あるテーマに関する最高の記事とは何かについて、全く異なる概念を持つ人々のグループが存在する可能性があるのです。アメリカの保守的な視点から選ばれた最良の記事と、中国の共産主義的な視点から選ばれた最良の記事とは、全く異なるものであることは容易に想像できるでしょう。

それらを並べて比較し、どのように違うのかを見るのはとても興味深いことでしょう。だから、世界中の百科事典、世界中の百科事典の記事を、共通のプールの一部として考えられるようなシステムを作りたいと思っているんです。ウィキペディアにも挑戦したいと思います。「なぜ、実際には1つのトピックに複数の記事を書くことを認めていないのか?その必要性はないのか?今、その必要性がないと本当に思っているのか?」真面目な話、バカバカしいですよね。

Mr. Jekielek

では、あなたが提案しているこのモデルでは、どの記事に行けばいいのか、どうやってわかるのでしょうか?

Mr. Sanger

そうですね、わかりました。先ほどのご質問ですね。人々はそうすると思います。それは今のインターネットのようなものです。同じような問題ですね。膨大な量の情報が押し寄せてきて、その問題を解決する方法はたくさんありますよね。特定のブランドを信頼することもできる。編集者を信用して記事を選んでもらうこともできます。

しかし、その問題に対するさまざまな解決策をサポートするシステムを作りたいと思っています。Googleには決めてもらいたくないですけどね。

Mr. Jekielek

そうですね。ラリー・サンガーがどう考えているかは、「アメリカン・ソート・リーダーズ」を見ればわかりますよ。あなたは解決策を持っています。あなたの解決策で興味深いのは、それが完全に焼き付けられていないということです。これは、あなたが実際に取り組んでいることであり、基準を開発していることです。

これはとても興味深いことだと思いました。なぜなら、この種の問題を解決するには、時間と洞察力、議論、論争が必要で、面倒なことだからです。民主主義というのは、ある意味で民主的なものであり、その意味では厄介なものだと思います。

Mr. Sanger

そう言っていただけると嬉しいです。これはとても重要なことです。私は、ウィキペディアを立ち上げるときに、あることをしなかったことを後悔しています。私はウィキペディアを機会損失と見ています。ウィキペディアのいくつかの問題は、私の責任です。例えば、もっと民主的な意思決定プロセスを強く求めることができたはずなのに、そうしなかった。プロジェクトの最初の年にその問題を解決しようとしなかったのです。

他にもいろいろあります。Knowledge Standards Foundationのような組織があって、さまざまな専門家と一緒にフォーラムを開き、自分たちが何をしたいのかを具体的に考えることは、とても重要なことだと思います。私たちは、百科事典の出版社と一般の人々が同じ考えを持つように努めます。基本的な考え方は、おそらくあまり変わらないと思います。

分散型のネットワークにしたいというのは、その通りです。これは不変のコア・アイデアの一部です。また、偏見を押し付ける中央の編集機構が存在しないことも確かです。しかし、さまざまな変数を考慮する必要があります。率直に言って、もしこれが素晴らしいアイデアであったとしても、様々な形で体制側に取り込まれてしまうのではないかと非常に心配しています。

来年、再来年に向けての課題のひとつは、そうならないようにするにはどうしたらいいか、ということです。どうやって分散化を図るのでしょうか。最初から分権的にするのではなく、どうやって憲法上の分権的な状態を維持するのか?

Mr. Jekielek

これは興味深い質問ですね。ウィキペディア、グーグル、フェイスブック、これらはインターネット全体を支配しているウェブサイトです。世界中の多くの人々にとって、ほぼすべての情報の入口となっています。そして、これらのサイトは特定のイデオロギーに基づいて運営されています。莫大な資金と視聴者を前にして、このような小さな取り組みが、どうやってこの状況を打破することができるのでしょうか?

Mr. Sanger

そうですね。それはいい質問ですね。難しいですね。最終的には、より新しく、より優れたアイデアが勝つことは可能だと思います。インターネットはそうやって作られたんですよね。ウィキペディアそのものについても、そう言われています。ブリタニカを倒せるわけがない。どうやって真っ向勝負するんだ?特に、私たちが立ち上げたとき、ブリタニカはコンテンツを無料にしていました。それが後になってロックされたり、有料化されたりしたのですから。

ええ、それは大変なことですが、私が思うに、私たちが提案していることを見てください。世界中のすべての百科事典的なコンテンツを1つのネットワークに入れるということです。これは非常に魅力的なビジョンです。実行するのは簡単です。技術的な問題を解決するのは難しいことではなく、ただ作業をするだけです。どのように機能するかを理解しているという意味では簡単です。一晩でできるという意味では、簡単ではありません。

しかし、オープンコンテンツの百科事典は、望むと望まざるとにかかわらず、すべてこのシステムに含まれます。しかし、私たちは彼らと協力していくつもりです。私は実際に5つの百科事典とミーティングを行いました。その様子はYouTubeで見ることができますが、先週の月曜日に行いました。非常に示唆に富み、楽しいものでした。

彼らのコンテンツやリソースを組み合わせて、全体よりも大きなもの、そしてすべての百科事典のスーパーセットのようなものを作るのです。特にウィキペディアが同じネットワークの一部である場合には、ウィキペディアがこれに対抗できるとは思えません。ウィキペディアのコンテンツを同じフォーマットにして、アプリライターが独自の百科事典アプリを簡単に作れるようにするのです。

Mr. Jekielek

今日のインタビューの準備をしていたら、1年ほど前でしょうか、エッセイ集を出版されましたね。この本で何をしようとしているのか、簡単に教えてください。1年前と同じように、今にも通じる内容だと思います。

Mr. Sanger

そうですね、「Essays on Free Knowledge」という本です。私は、オンラインでの出版や共同作業が可能になったことを、人類がこれまでに資源を開発してきた中で、最も革命的なアイデアと機会のひとつだと考えています。今でもその通りだと思います。しかし、それを適切に実現するための政策については、多くの難しい問題があります。

私は、ウィキペディアから学んだ教訓について話しています。また、ウィキペディアの歴史についても触れています。中立性についてのエッセイもいくつかありますが、これは自由な共同作業による百科事典、あるいは他の百科事典にとって非常に重要な部分だからです。また、本書の別のセクションでは、知識の理想に忠実であり続けることの重要性についても述べていますが、知識が簡単になり、情報が非常に簡単になったときには、知識の理想に忠実であり続ける必要があります。

私たちはインフォライトの時代に生きていますが、これはインターネットが始まったときからずっと続いていることです。これは永遠の問題であり、今後も問題になるでしょう。この問題は、百科事典をどのように構築するか、そこにどのようなポリシーを採用するかだけでなく、子供たちをどのように教育するかにも影響を与えます。白人男性が書いた埃まみれの古い本は 2021年には無用の長物になっているのでしょうか?いや、実はそうではありません。リベラルアーツ教育に対する昔からの主張は、すべて完全に有効です。この点についても触れています。

そして最後のセクションでは、これらのトピックを最新のものにしています。その中で、ビッグテックが言論の自由、自律性、プライバシーの権利を本質的に侵害していることを述べています。彼らに対抗するためには、分散型コンテンツネットワークの方向に進む必要があるのです。

分散型のソーシャルメディア、私はそこでエンサイクロスフィアのアイデアを紹介しました。だから、それについては読むべきものがあります。そして最後に、今日のような情報災害を引き起こした問題は何だったのか、回顧的な分析をしています。私たちは甘かったと思います。

マーク・ザッカーバーグのような人物に個人情報を渡してしまったのは、信じられないほど甘かったのです。私たちは十分に考えていなかったのです。知る人ぞ知る。彼らの意見に耳を傾けるべきだったのです。彼らはもっと大きなプラットフォームを与えられるべきでした。もっと大きな問題にすべきだったのです。

その代わり、これらの中央集権的な企業は、私たちを支配できる立場になることができました。これは、今日のひどい問題です。そこで私は、この問題を解決するには何が必要かを繰り返し話しています。しかし、分散化とは、基本的には「権力を人々に」という概念の技術的な説明に過ぎません。

つまり、情報が分散化されているということは、独立して運営されている多くの団体、個人、組織の手に情報が分散しているということです。それがパワー・トゥ・ザ・ピープルであり、テクニカル・パワー・トゥ・ザ・ピープルなのです。これが解決策です。技術分野における民主的な革命が必要なのです。

Mr. Jekielek

最後に何かご意見はありますか?

ええ、もしあなたが最新の情報に興味があるのなら、「Encyclosphere」にアクセスしてください。名前の通り、encyclosphere.orgです。そこには登録フォームがあり、Encyclosphereプロジェクトに関する一般的な情報や、より深く掘り下げたセミナーの情報を得ることができます。ビデオシリーズや、重要な政策課題についての考察などを予定しています。私は人々をその方向にプッシュしています。

Knowledge Standards Foundation
Building a Universal Network of Encyclopedias

また、ソーシャルメディアでも同じことをしようと思っています。これまで話してこなかったことですが、私たちはWordPressのプラグインを持っていて、ソーシャルメディアのフィードをWordPressで公開することができます。このプラグインを使えば、ソーシャルメディアのフィードをWordPressで公開することができます。自分の投稿は自分で管理できます。そして、それをTwitterやその他のソースにプッシュすることができます。

次のバージョンでは、あなたがフォローしている多くの人からのフィードを取り込むためのフィード機能を搭載する予定です。WordPressで同じような設定をしている人をフォローしたり、TwitterやInstagramのフィードを購読したりすることができるようになるでしょう。

しかし、ブログは自分が所有するソーシャルメディア・プラットフォームへと変化します。つまり、ソーシャルメディアの分散化を図ることができるのです。私たちがやらなければ、誰かがやらなければなりません。なぜなら、それはもう一つの大きな問題だからです。私が思うに、分散化が答えです。

Mr. Jekielek

さて、ラリー・サンガーさん、あなたをお招きできて光栄です。

Mr. Sanger

ありがとうございました。

ナレーション。ウィキメディア財団は、私たちのコメントの要求にすぐには答えませんでした。

このインタビューは、わかりやすく簡潔になるように編集されています。

アメリカン・ソート・リーダーズのニュースレターを購読すると、エピソードを見逃すことはありません。

ソーシャルメディアでEpochTVをフォローしてください。

フェイスブック: https://www.facebook.com/EpochTVus
ツイッター: https://twitter.com/EpochTVus
ランブル: https://rumble.com/c/EpochTV
Gettr: https://gettr.com/user/epochtv
ガブ: https://gab.com/EpochTV
テレグラム: https://t.me/EpochTV
Parler: https://parler.com/#/user/EpochTV

コメント コメント欄を設置しました!

タイトルとURLをコピーしました