3. ウクライナ危機/政治・経済アンチウォーブログ

ゼレンスキーを賞賛してはいけない理由
Why We Should Not Admire Zelensky

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

https://original.antiwar.com/edward_alvarez/2022/05/06/why-we-should-not-admire-zelensky/

by Edward Alvarez 投稿日: 2022年05月07日

ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は、世界を席巻している。地球上の誰もが彼を賞賛しているようだ。彼が伝説的な人物にふさわしいと感じるのは簡単なことだろう。彼が暴政に立ち向かい、世界を救うスーパーヒーローであることを想像するのは、ほとんど不可能だ。しかし、それは誰もが実現できる現実的な姿なのだろうか。

ウクライナの戦争は、破滅的で苦痛に満ちた、災厄がそびえ立つ混乱状態である。この災害を理解する上で、避けられないと思われる最終的な出来事から自分自身を切り離すことは非常に困難だ。私たちはこの悲劇を自分にとって意味のあるように解釈しようとし、善対悪、ダビデ対ゴリアテの古代の物語に立ち戻る。しかし、残念ながら、古代の物語や現代の例え話は、21世紀の私たちには何の役にも立たない。現実には、世界が直面している危機を理解する助けにはならない。

戦争に対する平和的解決策が軽んじられているときには、説得力のある議論を提示してくれるが。この戦争のゴールは何なのか?人命救助が目的なのか、勝利が目的なのか。何が最も重要かを知ることで、私たちはより大きく前進を理解することができる。最も重要なことは、戦争が直ちにデスカレート(縮小)することだ。

核兵器保有国との戦争には勝てないのだから、エスカレートすることは間違った方向に進むということを理解しなければならない。このことに気づかなければ、ヒーローが世界を救うというような、ありえないことが可能になる。もちろん、困難な時代にインスピレーションやモチベーションを持つことは不可欠だが、現実的であることもまた不可欠だ。

ゼレンスキーに感心してはいけない理由は、彼が戦争のエスカレーションを防ぐことにあまり熱心でないように見えるからだ。彼は、武器を増やせば必ず戦争に勝てる、と言っている。それ自体は強力な主張だ。

しかし、戦争終結のためには交渉による解決が不可欠であることを考えれば、それは不可能な約束だ。核戦争を防ぐという崇高な目的なら、もっと外交を重視すべきではないだろうか。しかし、ゼレンスキーは執拗(しつよう)に核兵器の増設を要求する。代替案が見えない以上、より多くの兵器が戦争を終結させ、平和をもたらす答えであると考えるのは非常に簡単である。

しかし、その一方で、彼は外交というものを賞賛し、また無価値であると断じ、同時に最後の一都市まで戦うと宣言している。しかし、不可能なことを約束しても、誰も得をしない。最も厄介なのは、外交に反対する議論である。この議論は、デスケーリングの必要性を考慮したことのない何百万人もの人々によって繰り返されてきた。

私たちの多くが、次のステップを理解するのに苦労しているのは、この点である。善と悪という古代の物語に照らして、私たちはロシアを打ち負かさなければならないと強く感じている。私たちの頭の中には、ロシアの絶対的な壊滅以外の可能性はないようだ。しかし、ノーム・チョムスキーはこの戦争の当初から、プーチンに出口を与えなければならない、勝利ではなく、脱出でなければ、チョムスキーが強調したように、最悪の事態が起こるかもしれない、と強調してきた。このため、戦争の平和的終結はさらに絶望的なまでに不人気となる。

これは、ロシアに罪はないと言っているのではなく、この戦争を理解し、どう終わらせるか、そのために必要なことを説明しているに過ぎない。このすべての重要な考察がなければ、私たちは果てしない神話作りにはまり込むことになる。この戦争に対する答えは、武器を増やすことではない。その答えは、すべての側から外交を推し進めることだ。米国、英国、ウクライナは、これ以上エスカレートすることなく、外交的解決に専念しなければならない。特に平和が可能な場合には、核戦争を防ぐためにあらゆることがなされなければならない。

 

エドワード・アルバレスがサンディエゴから書いている。ラルフ・E・シェイファー(カルポリポモナ大学歴史学名誉教授)が寄稿した。

「いいね」ボタンを設置しました。
良かった記事に  して頂けると嬉しいです。記事作成・構成の参考にします。
いいねランキングはこちら

備考
機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、画像は原文と異なることがあります。
翻訳ソフト:DeepL /文字起こし:Otter 
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました