ジャック・マトロックロシア・ウクライナ戦争

米国がウクライナで停戦を迫らなければならない理由
キエフ防衛のキーパーソンとして、また対ロシア制裁のリーダーとして、ワシントンは出口を見つける手助けをする義務がある。

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ


ウクライナ、キエフ – 2022年10月12日 ウクライナの外人部隊の3人の兵士が、戦死した兵士の一人に敬意を表している。中央広場には、亡くなった兵士の名前が書かれた小さな旗が植えられている。(Jose Hernandez Camera 51/Shutterstock)

responsiblestatecraft.org/2022/10/17/on-ukraine-the-us-is-on-the-hook-to-find-a-way-out/

2022年10月17日

執筆者 ジャック・F・マトロック・ジュニア

最近起こった4つの出来事によって、ウクライナ戦争は明らかに危険な方向へと向かっている。

  • ロシアがウクライナの4つの州を追加編入したことで、以前は実現可能だった妥協的な解決策が阻まれている。
  • ノルドストリームの両パイプラインが不能になったことで、ウクライナ戦争が奇跡的に終結したとしても、ロシアをドイツの主要なエネルギー供給国に戻すことは当面不可能になった。
  • ウクライナによるクリミアへの橋の攻撃は、ロシアにウクライナの民間人への攻撃をエスカレートさせる口実を与えた。
  • ロシアの民間人への報復攻撃は、ウクライナがロシアにできることよりも、ウクライナに与えるダメージが大きいことは間違いない。

ロシアとウクライナの両首脳は、不可能な目標を掲げている。実際、ウクライナでの戦争に参加した者の中で、この地域の平和を回復できるような目標を掲げた者は一人もいない。ロシアが最近行ったウクライナの4州のロシア連邦への編入は、ロシアの近隣諸国やほとんどのヨーロッパの大国には受け入れられないだろう。

戦争とその残虐行為によって喚起された情熱を考えると、ウクライナはNATOの支援を受けても、1991年に受け継いだすべての国境内に安定し機能する国家を作ることはできない。もしウクライナがこれらの領土を力づくで取り戻そうとし、そのために米国やNATOから奨励され、力を与えられたら、ロシア(プーチン大統領だけでなく)は報復としてウクライナを解体する可能性が非常に高くなる。両者が対立するときはいつも、現実が幻想に優先する。

そして、もし戦争がウクライナの破壊(かつてグロズヌイがそうであったように、キエフとリヴィウが破壊される)で終わるなら、エスカレーションが核兵器の使用を伴わないことが前提になるだろう。もしロシアの指導者が、米国と「西側」の目標は自分を排除することだと確信するなら、彼が行く先々で他の人々を排除するのを防ぐ手立てはあるのだろうか。

何が問題だったのか

そうなる必要はなかったのだ。冷戦が(勝利ではなく交渉によって)終結し、ソ連が(外からではなく内部からの圧力によって)15カ国に分裂したとき、ヨーロッパは突然、冷戦時代の米国とNATOの政策の目標である全体と自由を手に入れた。ヨーロッパの安定と繁栄を将来にわたって確保するためには、ヨーロッパ諸国をカバーする安全保障システムを構築することが主要な課題であった。

しかし、クリントンからトランプまでの歴代アメリカ大統領は、代わりにNATOを拡大し、冷戦を終わらせた軍備管理条約を破棄し、ロシアを排除した軍事同盟に旧ソ連邦を参加させることを選択した。ベンジャミン・アベローは、洞察に満ちた『西側はいかにしてウクライナに戦争を持ち込んだか』で、この前兆となる出来事をまとめている。

ウクライナがミンスク合意を遵守し、ドンバスをウクライナ国内の自治体として認め、NATOの軍事顧問を回避し、NATOに加盟しないことを確約していれば、戦争は防げたかもしれない–おそらく防げただろう–。とはいえ、2022年1月の時点でも可能だったことが、今では不可能になるかもしれない。ロシアが領土を追加で編入したことで、利害関係が高まっている。しかし、戦争が長引けば長引くほど、ウクライナの完全な破壊を回避することは難しくなる。

アメリカの安全保障

私たちアメリカ人は、ロシアの侵略に対してウクライナ人が行った勇敢な抵抗に感嘆し、彼らの防衛を支援できたことを誇りに思うべきである。ウクライナが独立国家として存続するために、可能な限りのことがなされるべきである。しかし、それはウクライナが1991年に受け継いだ領土をすべて回復することを意味しない。実際、戦争とそれに先立つもの(多くのロシア人が米国が組織したクーデターとみなした2014年の激しい政権交代)によって喚起されたあらゆる情熱を考えると、一部の地域の住民はキエフの支配に戻ることに抵抗する可能性がある。

米国は、ウクライナの指導者が何を要求しようと、それを支持する道徳的義務があると主張する人もいるだろう。いや、アメリカ国民の安全保障上の利益を一番よく知っているのは彼らではない。それはどのアメリカ政府にとっても最大の関心事であるはずだ。また、戦争のストレスの中で、彼らは自分たちの究極の安全保障上の利益を判断するのに最適な人物ではないかもしれない。

1990年、リトアニアがソ連からの独立を宣言したとき、私は駐ソ大使を務めていた。アメリカは、ソ連によるリトアニア、ラトビア、エストニアの併合を認めていなかったので、リトアニア側は、アメリカによる独立の即時承認を求めたのだ。私は、リトアニアの希望に全面的に共感したが、リトアニアが実際に自由になるまで、それを承認するのは間違いであると説明しなければならなかった。なぜか?1990年当時、米国が独立を承認すれば、ほぼ間違いなくソ連の弾圧を招き、米国は核戦争の危険を冒さなくては対抗できないからだ。

リトアニア人は、バルト三国の隣人たちとともに、独立の要求を平和的に貫いた。アメリカはソ連政府に武力行使をしないよう内々に圧力をかけ続け、ソ連国務院は1991年9月にリトアニアとその周辺2カ国の独立を認め、他のソ連邦が崩壊する前に合法的に解放した。

ウクライナとロシアの問題は、もちろん独立を認めることではなく、ソ連解体時に得た全領土の支配権を回復するというウクライナの目標を米国が支持すべきかどうかである。その目標を追求することでウクライナの破壊が進行するのであれば、それは明らかにウクライナの利益にならない。

世界への影響

ウクライナでの戦闘が続き、激化する一方で、世界はコビッド19の大流行と闘い、突然変異や新しい病原体に対して脆弱なままであり、地球温暖化はこれまで以上に破壊的な影響を生み出している。一方、飢饉、洪水、戦争、悪政による移住は、最も豊かな国々でさえも、被災者を吸収する能力を超えている。さらに、ハルマゲドンと呼ばれる核兵器による大虐殺の脅威が加わり、合理的な指導者はこのようなリスクを冒すことはないだろう。しかし、今日の国内政治も国際政治も合理性を前提にすることはできない。

ロシアとの貿易、特にエネルギー貿易の大幅な縮小により、欧州の立場は今度の冬に大きく試されることになる。特に自国通貨のドル安が進むと、欧州の人々はインフレや景気後退をもたらす政策について米国を非難する傾向が強まるだろう。米国の対ロ制裁は、西ヨーロッパを支配するための利己的な試みであると多くの人が考えるだろう。

米国が自己主張の強い中国と対峙し、「封じ込め」るためのさらなる方策を発表しているにもかかわらず、今度は西側の政策によって、ロシアに新たな鉄のカーテンが敷かれようとしている。その結果、ロシアと中国の協力関係が深まることは必至である。また、政治的な目的のために経済制裁を強化することは、ドル以外の通貨で行われる国際貿易の拡大という反動に直面することになる。

欧州が弱体化し、米国の制裁に苦しむ国が増えれば、米国の支配に抵抗するための連合が盛んになる。地政学的な競争は、共通の問題に対処するための行動よりも優先され、たとえ国際的な紛争がその問題を激化させるとしても、そのようなことはないだろう。

ウクライナ紛争の当事者たちが忘れてしまったのは、人類の未来は国境線の引き方によって決まるのではないということだ。人類の未来は、国家がその相違を平和的に解決することを学ぶかどうかによって決まるのだ。

戦争を止める方法はあるのか?

紛争によって引き起こされた感情からすると、そうではないかもしれない。ウクライナもロシアも十分な血を流しているため、相手側の望むものを少しでも与えようとすると、国民が反対する可能性が高い。両国の大統領は互いに憎み合っており、譲歩することは個人的な敗北とみなしている。しかし、戦争が続けば続くほど、ウクライナ人の命が奪われ、財産が破壊され、紛争が拡大する可能性が高くなる。

実際の戦闘を止める唯一の現実的な方法は、停戦に合意することであろう。ウクライナ側は占領地の一部を解放しているため、これは難しい。しかし、戦争が続けば、ロシアはウクライナにダメージを与えることができ、ウクライナはより大きな戦争のリスクを冒すことなくロシアにダメージを与えられるという現実がある。

ウクライナへの主要な武器供給国として、米国はウクライナ人に停戦に同意するよう奨励すべきである。ロシアに対する最も厳しい制裁措置の実施国として、米国はその影響力を行使し、ロシアに停戦時の真の交渉に応じるよう誘導すべきである。

交渉は非公開で行わなければ成功せず、そのためには米露外交の復活が必要である。この数年、一触即発の追放劇で、両国とも外交官僚は骨抜きにされている。しかし、話し合おう、交渉しようという意志があれば、道は開ける。しかし、今のところ、その意志が欠けているように思われる。

現在、ウクライナの紛争当事者は、いずれも戦闘を止め、ウクライナに平和をもたらすための真の交渉に入る気がないようである。この状況が変わり、戦闘が止まり、真剣な交渉が始まるまでは、世界は私たち全員が敗者となる結果に向かっている。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました