ジョン・ミアシャイマーはなぜウクライナ危機で米国を非難するのか

ジョン・ミアシャイマーロシア・ウクライナ戦争社会問題

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Why John Mearsheimer Blames the U.S. for the Crisis in Ukraine

www.newyorker.com/news/q-and-a/why-john-mearsheimer-blames-the-us-for-the-crisis-in-ukraine

政治学者は長年、プーチンのウクライナへの侵略は欧米の介入によるものだと主張してきました。最近の出来事で、彼の考えは変わったのでしょうか。

アイザック・チョティナー著

2022年3月1日

ミアシャイマーはプーチンについて、「彼はウクライナ全土を征服するつもりはない」と言う。「それをしようとするのは、とてつもない失策であろう」

 

政治学者のジョン・ミアシャイマーは、冷戦終結後のアメリカの外交政策に対する最も有名な批評家の一人です。ミアシャイマーは、スティーブン・ウォルトと共著した「イスラエル・ロビーとアメリカの外交政策」でおそらく最もよく知られていますが、大国主義政治(国家の安全を守るために、国家は敵対者を想定して事前に行動するという、現実主義の国際関係論の学派)の支持者です。ミアシャイマーは長年にわたり、米国がNATOの東方拡大やウクライナとの友好関係を推進した結果、核武装した国家間の戦争の可能性が高まり、プーチンのウクライナに対する攻撃的な姿勢の下地ができたと主張してきました。実際、ロシアがクリミアを併合した後の2014,ミアシャイマーは “アメリカとヨーロッパの同盟国がこの危機の責任のほとんどを負っている 」と書いています。

今回のウクライナ侵攻は、米露関係をめぐるいくつかの長年の議論を再燃させた。プーチンは欧米の関与に関係なく旧ソ連邦で積極的な外交政策をとるという批判が多いが、ミアシャイマーはプーチンを刺激した米国に非があるという立場を貫いています。最近、私はミアシャイマーと電話で話しました。今回の戦争は防げたのか、ロシアを帝国と考えることに意味があるのか、プーチンのウクライナに対する最終的な計画などについて、長さとわかりやすさを重視して編集したものです。


今のロシアとウクライナの状況を見て、世界はどうしてこうなったと思いますか?

2008年4月、ブカレストでのNATOサミットで、NATOがウクライナとグルジアをNATOの一部にするという声明を出したことが、この問題の始まりだと思います。ロシアは当時、これを存亡の危機と見なし、一線を引いたことを明確にしました。それでも、時間の経過とともに何が起こったかというと、ウクライナをロシアとの国境の西側の防波堤にするために、ウクライナを西側に入れるという方向に進んでいったのです。もちろん、これにはNATOの拡大だけではありません。NATOの拡大は戦略の中心ですが、EUの拡大も含まれますし、ウクライナを親米の自由民主主義国家にすることも含まれ、ロシアから見れば、これは存亡の危機です。

あなたは、「ウクライナを親米的な自由民主主義国家にすること」とおっしゃいました。私は、アメリカがある場所を自由民主主義国家に「変える」ことに、あまり信頼や信用を置いていません。もしウクライナが、ウクライナの人々が、親米的な自由民主主義国家に住みたいと思ったらどうでしょう?

ウクライナが親米的な自由民主主義国家になり、NATOやEUの一員になれば、ロシアはそれを断固として容認しないでしょう。もしNATOの拡大やE.U.の拡大がなく、ウクライナが単に自由民主主義国家となり、米国や西欧諸国と一般的に友好的であれば、おそらくそれで済んでしまうでしょう。ここでは、3つの戦略があることを理解する必要があります。E.U.の拡大、NATOの拡大、そしてウクライナを親米的な自由民主主義国家にすることです。

NATOは誰を受け入れるかを決めることができますが 2014年には多くのウクライナ人がヨーロッパの一部と見なされることを望んでいるように見えました。自由民主主義国家になれないと言うのは、ほとんどある種の帝国主義のように思えるでしょう。

これは帝国主義ではなく、大国政治です。ウクライナのような国が、ロシアのような大国の隣に住んでいる場合、ロシア人が何を考えているのか、注意深く観察しなければなりません。西半球の国々は、米国に関してこのことを十分に理解しています。

モンロー・ドクトリンですね、本来は。

もちろんです。西半球には、遠い大国が軍隊を持ち込むことを許すような国はないのです。

しかし、西半球の国々(その多くは民主主義国家)が自分たちの外交政策を決めることをアメリカが許さないというのは、良いとも悪いとも言えますが、帝国主義ですよね?私たちは本質的に、民主主義国がどのようにビジネスを運営するかについて、ある種の発言権を持っていると言っているのです。

実際、冷戦時代には西半球で民主的に選ばれた指導者の政策に不満があったため、その指導者を倒したことがあります。これが大国のやり方なのです。

もちろんそうなのですが、私たちはそのような振る舞いをすべきなのでしょうか。外交政策を考えるとき、アメリカもロシアもそのような振る舞いをしないような世界を作ることを考えるべきなのでしょうか。

それは世界がうまくいくやり方ではありません。そのような世界を作ろうとすると、米国が一極集中の時代に追求した悲惨な政策に行き着くのです。私たちは自由民主主義を構築するために世界中を回りました。もちろん、主な対象は中東でしたが、それがどれほどうまくいったかご存じでしょう。あまりうまくはいきませんでした。

第二次世界大戦の終結から過去75年間、あるいは冷戦の終結から過去30年間のアメリカの中東政策が、中東に自由民主主義を生み出すことだったとは言いがたいでしょう。

一極集中の時のブッシュ・ドクトリンもそうだったと思います。

イラクに でも、パレスチナ自治区でも、サウジアラビアでも、エジプトでも、どこでもいいわけではないんでしょう?

いや……、サウジアラビアでもエジプトでもない。そもそもブッシュ・ドクトリンでは、イラクで自由民主主義を実現すれば、それがドミノ効果を起こして、シリアやイラン、ひいてはサウジアラビアやエジプトといった国々が民主主義に変わっていく、というのが基本的な考え方でした。それがブッシュ・ドクトリンの基本的な考え方でした。ブッシュ・ドクトリンは、イラクを民主化するためだけに作られたわけではありません。もっと壮大な構想があったのです。

ブッシュ政権の責任者たちが、どれだけ中東を民主主義国家の集まりにしたかったのか、本当にそうなると思っていたのかは、議論の余地があるでしょう。私が感じたのは、サウジアラビアを民主化しようという実際の熱意はあまりなかったということです。

サウジアラビアに焦点を当てるというのは、あなたの立場からすると、簡単なケースだと思います。サウジアラビアは石油のために私たちに対して大きな影響力を持っており、民主主義国家ではないことは確かですから。しかし、当時のブッシュ・ドクトリンは、中東を民主化できるという信念に基づいています。一朝一夕にはいかないかもしれませんが、いずれは実現するはずです。

私が言いたいのは、行動は言葉よりも雄弁であり、ブッシュの花形スピーチがどうであろうと、アメリカの最近の歴史の中で、世界中の自由民主主義を保証しようとする政策があったとは思えません。

一極集中の時代に米国がとった行動と、これまでの歴史の中で米国がとった行動には大きな違いがあります。しかし、一極集中の時期は、非常に特殊な時期でした。一極集中の時代、私たちは民主主義を広めることに深くコミットしていたと思います。

ウクライナについては 2014年まで、ロシアを封じ込めるための政策として、NATOの拡大やEUの拡大を想定していなかったことを理解することが非常に重要です。2014年2月22日以前は、誰もロシアが脅威だとは本気で思っていませんでした。NATOの拡大、E.U.の拡大、ウクライナやグルジアなどを自由民主主義国にすることは、ヨーロッパ全域に広がる、東ヨーロッパと西ヨーロッパを含む巨大な平和地帯を作るためのものでした。ロシアを封じ込めることが目的ではなかったのです。しかし、このような大きな危機が発生し、私たちは責任を負わなければならなくなりました。もちろん、自分たちを責めるつもりはなく、ロシアを責めるつもりだったのです。そこで私たちは、ロシアが東欧への侵略を企んでいるというストーリーを作り上げました。プーチンは大ロシア、あるいはソビエト連邦の再創造に関心を持っています。

その頃とクリミア併合に話を移しましょう。西側諸国の通説では、ウクライナ危機はほぼ全面的にロシアの侵略のせいだとされている」と書いている古い記事を読みました。ロシアのプーチン大統領は、ソビエト帝国を復活させたいという長年の願望からクリミアを併合し、いずれはウクライナの他の地域や東欧諸国を狙うかもしれない、というのです。そして、「しかし、この説明は間違っている 」と言うのです。ここ数週間の出来事で、あの証言が思ったより真実に近かったと思うことはありませんか?

ああ、私は正しかったと思います。2014年2月22日以前は、彼が侵略者だとは思っていなかったという証拠は明らかだと思います。これは、私たちが彼を非難するために捏造した話なのです。私の主張は、西側、特に米国がこの災害の主な原因であるということです。しかし、アメリカの政策立案者は誰も、そしてアメリカの外交政策の確立者のほとんど誰も、その論旨を認めようとはせず、ロシアに責任があると言うでしょう。

ロシアが併合と侵攻を行ったからということですか?

そうです。

私がこの記事に興味を持ったのは、プーチンが最終的にウクライナの他の地域や東欧の他の国々を狙うかもしれないという考えは間違っているとあなたが言ったからです。今、彼はウクライナの他の地域を狙っているようですが、今になってみると、当時はわからなかったとしても、その主張の方が正しいかもしれないと思いますか?

ウクライナの他の地域を狙うというのは、細かいことを言うようですが、ウクライナ全土を征服し、バルト三国に目を向け、大ロシアやソ連の再来を目指すことを意味します。それが本当だという証拠は今のところ見当たりません。現在進行中の紛争の地図を見ても、彼が何をしようとしているのか、正確に伝えることは困難です。ドンバスを占領し、ドンバスを2つの独立国か1つの大きな独立国にするつもりであることは明らかなようですが、その先どうするつもりなのかは不明です。つまり、彼が西ウクライナに手を出さないことは明らかなようです。

彼の爆弾はそれに触れていますね?

しかし、それは重要な問題ではありません。重要なのは どの領土を征服し、どの領土にしがみつくか?先日、クリミアから出てきた部隊がどうなるかについて誰かと話していたのですが、その人は、彼らは西に回ってオデッサを取ると思っている、と言っていました。最近、別の人と話したら、それはないだろうと言っていました。私は何が起こるか知っているのでしょうか?いいえ、私たちの誰も何が起こるかわかりません。

彼がキエフを狙ってるとは思ってないんでしょう?

そうです、キエフを狙ってるとは思いません。少なくともドンバス、そしてウクライナ東部の領土を確保することに興味があると思います。そして2つ目、キエフに親ロシア政府を設立したいのです。

キエフを手に入れることに興味はないと言っていたはずですが。

いや、彼は政権交代のためにキエフを取ることに興味があるのでしょうか?

何の反対ですか?

キエフを永久に征服することとは違います。

ロシアに友好的な政府を作るためです。おそらく彼は何らかの発言権を 持っているはずでしょう?

そうです、その通りです。しかしキエフを征服して保持することとは根本的に違うということを理解することが重要です。私の言っていることが理解できるでしょうか?

帝国の領地では、たとえ本国が実質的に支配していても、ある種の図式的な人物が王位に就いていることは、誰しも思い当たるのではないでしょうか?そのような場所は征服されたことになりますよね?

「帝国 」という言葉の使い方にも問題がありますね。この問題を帝国主義という観点から語る人を私は知りません。これは大国政治であり、ロシアが望んでいるのは、ロシアの利益に同調するキエフの政権です。最終的には、ロシアは中立的なウクライナと共存することを望んでおり、モスクワがキエフの政府を有意にコントロールする必要はないでしょう。親米ではなく、中立的な政権を望んでいるだけかもしれません。

これを帝国主義として語る人はいないとおっしゃいましたが、プーチンの演説では、特に「旧ロシア帝国の領土」を指しており、それを失うことを嘆いています。だから、彼が話しているように見えるのです。

それは間違いだと思います。なぜなら、西側諸国のほとんどの人がそうしているように、文章の前半を引用しているのですから。彼は、「ソ連を恋しく思わない者は、心がない 」と言っているのです。そして、「それを取り戻したいと思う者には脳がない 」と言いました。

彼はまた、ウクライナは本質的にでっち上げの国家であると言いながら、それを侵略しているように見えますが、違います?

O.K.ですが、この2つを合わせて、それが何を意味するのか教えてください。あまりよくわかりませんが、彼はこの国がでっち上げだと信じています。私は彼に、すべての国家はでっち上げであると指摘したい。ナショナリズムを勉強している人なら、誰でもそう言うでしょう。私たちは国家のアイデンティティーという概念を作り上げました。あらゆる種類の神話で満たされているのです。だから、ウクライナについては、アメリカやドイツについて正しいのと同じように、彼が正しいのです。もっと重要なのは、ウクライナを征服して、大ロシアや旧ソビエト連邦の再来に組み込むことはできないということを、彼は理解しているということです。彼にはそれができないのです。彼がウクライナで行っていることは、根本的に異なっています。彼は明らかにいくつかの領土を切り取っています。2014年にクリミアで起きたことに加え、ウクライナから領土を奪おうとしているのです。さらに、彼は間違いなく政権交代に関心を持っています。その先に何があるのかは、彼がウクライナ全土を征服するつもりがないことを除けば、はっきりとは言えません。そんなことをしたら、とんでもない失態になります。

もし彼がそれをしようとしたら、我々が目撃したことに対するあなたの分析が変わるとお考えなのでしょうね。

その通りです。私の主張は、彼はソビエト連邦の再創造や大ロシアを建設するつもりはなく、ウクライナを征服してロシアに統合することに興味はないということです。プーチンは非常に攻撃的で、このウクライナの危機の主な原因は彼にあるというストーリーを私たちが作り出したということを理解することが非常に重要です。米国や西側諸国の外交政策当局が作り出した議論は、プーチンが大ロシアや旧ソビエト連邦の再興に関心を抱いているという主張を中心に展開されています。ウクライナを征服し終えたら、バルト三国に目を向けるだろうと考えている人たちがいるのです。彼はバルト三国には行かないでしょう。まず第一に、バルト三国はNATOのメンバーであり、…

それは良いことなのでしょうか?

いいえ。

NATOに加盟しているから侵攻しないのではなく、NATOに加盟すべきではないと言っているのですね。

はい、しかし、この2つは全く異なる問題です。なぜ、それを結びつけるのか分かりません。私が加盟すべきだと思うかどうかは、加盟しているかどうかとは無関係です。加盟しています。5条を保証している、それが全てです。さらに、彼はバルト三国を征服することに関心があるという証拠を見せたことがありません。実際、ウクライナを征服することに関心があるという証拠も見せたことがありません。

もし彼が何かを取り戻したいと思っているとしたら、それはソビエト連邦以前のロシア帝国のことだと思われます。彼はソ連を非常に批判しているように見えますが?

まあ、彼が批判的かどうかは分かりませんが。

彼は昨年書いた大きなエッセイでそう言っていますし、最近の演説でも、ウクライナなどのソビエト共和国にある程度の自治を認めたことを基本的にソ連の政策のせいにしていると言っています。

しかし、彼はまた、私が前に読んだように、「ソビエト連邦を恋しく思わない者は心がない 」とも言っています。これは、今の話とやや矛盾していますね。つまり、彼は事実上、ソ連を恋しがっていると言っているわけですよね?彼はそう言っているのです。ここで言っているのは、彼の外交政策です。自問自答しなければならないのは、この国にその能力があると考えるかどうかです。この国はテキサスよりも小さな国防総省を持つ国だとわかっているはずです。

国は常に能力のないことをやろうとするものです。「アメリカがイラクの電力システムをすぐに稼働させられると誰が思うのか」と言われたかもしれません。「アメリカにはこれだけの問題があるのだから 」と。その通りです。しかし、それでも私たちはそれができると考え、実行しようとして、失敗したんです。ベトナム戦争でアメリカはやりたいことができませんでした。それは、さまざまな戦争をしない理由だとあなたは言うでしょうし、私もそう思いますが、だからといって、私たちの能力について正しかったとか合理的だったとは言えません。

私が言っているのは、ロシアの潜在的な力、つまり経済力の大きさについてです。軍事力は経済力の上に成り立っています。本当に強力な軍隊を作るには経済的な基盤が必要です。ウクライナやバルト諸国を征服し、東欧に旧ソ連や旧ソ連帝国を再創造するには、大規模な軍隊が必要であり、それには現代のロシアが持っていない経済的基盤が必要なのです。ロシアが欧州の地域覇権を握ることを恐れる理由はありません。ロシアは米国にとって深刻な脅威ではありません。しかし、我々は国際システムにおいて深刻な脅威に直面しています。私たちは、同世代の競争相手に直面しています。それは中国です。東欧の政策は、今日我々が直面している最も危険な脅威に対処する我々の能力を損なっています。

今、ウクライナでどのような政策をとるべきだとお考えですか。また、中国政策を損なうようなことをしているのではとご心配ですか。

第一に、中国にレーザーのような方法で対処するために、ヨーロッパから軸足を移すべきでしょう。そして第二に、ロシアとの友好的な関係を構築するために時間をかけて取り組むべきでしょう。ロシアは中国に対するバランス連合の一員です。中国、ロシア、米国という3つの大国が存在し、そのうちの1つである中国が同業者である世界において、米国が望むことは、ロシアを味方につけることでしょう。しかし、私たちが東欧で行った愚かな政策は、ロシアを中国に引き入れさせることになりました。これは「パワーバランス政治学101」の違反です。

2006年のLondon Review of Booksに掲載されたイスラエルのロビーについてのあなたの記事を読み返しました。あなたはパレスチナ問題について話していましたが、私が非常に同意することを言っていました。「ここには道徳的な側面もあります。アメリカのロビー活動のおかげで、占領地におけるイスラエルの占領を事実上容認することになり、パレスチナ人に対して行われた犯罪に加担することになってしまったのです」。私はこの言葉を読んで元気づけられました。というのも、あなたはご自分のことを道徳について語らないタフで堅苦しい老人だと思っているようですが、ここに道徳的な側面があることを示唆しているように思えたからです。今、ウクライナで起きていることに道徳的な側面があるとすれば、それはどうお考えなのでしょうか。

私は、国際政治におけるほとんどすべての問題には、戦略的側面と道徳的側面が関わっていると思います。道徳的な側面と戦略的な側面が一致することもあると思います。つまり、1941年から1945年までナチス・ドイツと戦っていれば、あとはおわかりでしょう。一方、戦略的に正しいことをしても道徳的に間違っているような、それらの矢印が反対方向を向いている場面もあるのです。ナチス・ドイツと戦うためにソ連と同盟を結べば、それは戦略的には賢明な政策ですが、道徳的には間違った政策だと私は思います。しかし、戦略的に仕方がないからそうするのです。言い換えれば、私があなたに言っているのは、いざとなれば、戦略的配慮が道徳的配慮を圧倒するということです。理想的な世界では、ウクライナ人が自分たちの政治体制を自由に選択し、自分たちの外交政策を選択することができれば素晴らしいことでしょう。

しかし、現実の世界では、それは不可能です。ウクライナ人は、ロシア人が自分たちに何を求めているのかに真剣に耳を傾けることが既得権益です。もし、根本的なところでロシア側を疎外するようなことがあれば、大変なリスクを負うことになります。もしロシアが、ウクライナは米国や西ヨーロッパの同盟国と協調しているため、ロシアにとって存亡の危機であると考えるなら、それはウクライナに甚大な損害を与えることになるでしょう。もちろん、今まさにそれが起こっているのです。ですから、私の主張は、ウクライナにとって戦略的に賢明な戦略は、西側諸国、特に米国との緊密な関係を断ち切り、ロシアに迎合しようとすることである、ということです。もし、NATOを東進させてウクライナを含めるという決定がなければ、クリミアやドンバスは現在ウクライナの一部であり、ウクライナでの戦争もなかったでしょう。

その忠告は、今となってはちょっとありえないような気がします。現地から見ていても、ウクライナが何とかロシアをなだめる時間はまだあるのでしょうか。

私は、ウクライナ側がロシア側とある種の共存関係を築ける可能性は十分にあると思います。なぜなら、ロシアは今、ウクライナを占領し、ウクライナの政治を動かそうとすることは、大きな問題を求めていることを発見しているからです。

つまり、ウクライナを占領するのは大変なことだということですか?

その通りです。だから私は、ロシアが長期的にウクライナを占領するとは思えないと申し上げたのです。しかし、はっきりさせておきたいのは、少なくともドンバスは占領するだろうし、できればウクライナの最東部はこれ以上占領しないだろうと言ったことです。ロシア人は頭が良いので、ウクライナの占領に関与することはないと思います。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました