核戦争はどのようなものだろうか?
What Would a Nuclear War Look Like?

ロシア・ウクライナ戦争戦争・国際政治

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

What Would a Nuclear War Look Like?

ジェフ・トーマス
グローバルリサーチ、2022年9月22日

NATOは8年間、ウクライナの傀儡支配者を支援し、ドンバスへの攻撃に資金を提供し、ミンスク条約を繰り返し破り、ルハンスク共和国とドネツク共和国でロシア語を話すことを違法とし、ウクライナの民主的反対派と自由メディアを破壊し、実質的にアメリカが所有し資金を提供してアメリカのスパイが管理する一党支配にしている。

微妙なところだ。

しかし、どういうわけか、米国は、米国やその他の西側諸国の人々に、ロシアは悪者で、手に負えず、止めなければならないと信じ込ませることに成功した。

それにもかかわらず、ロシアは冷静さを失わず、事態の収拾に努め続けた。しかし、ウクライナが核武装し、モスクワの直接の脅威となることが「レッドライン」であると断言した。それは許されることではない。

ウクライナの核武装は絶対にあってはならないという、良識ある国への冷静な警告であったことは間違いない。パンドラの箱を開けてしまったら、核戦争への最後の障壁を越えてしまうからだ。

この8年間、ロシアは西側諸国から何度も何度も煽られながら、それでも囮になることはなかった。そして2022年2月、毎年開催されるミュンヘン安全保障会議で、ウクライナ大統領がウクライナを核保有国にする意向を表明した。

その5日後、ロシアはウクライナに侵攻した。数カ月間、ウクライナが一貫して戦争に負けていたにもかかわらず、西側メディアはことあるごとに、戦争は好転している、ロシアは失速し、ウクライナの英雄たちが大熊を撃退していると主張し続けたのだ。

しかし、上記はすべて旧聞に属する。なぜ、この期に及んで、見直す必要があるのだろうか。

さて、その継続的な意義は、NATO(あるいは米国-この時点では事実上両義的である)が当初から、核衝突を想定して無謀な行動をとってきたということである。

彼らは狂っているのだろうか?それとも、核戦争で自分たちに何らかの「優位性」があると考えるほど愚かなのだろうか。それとも、どの敵がより威勢がいいかということだけが重要な関心事である、一騎打ちのゲームとして見ているのだろうか?

この難問に対する答えは、推測するしかない。しかし、それはさておき、私たちは、a) 西側諸国が実際にボタンを押すほど無鉄砲になる可能性はどの程度か、b) その結果はどのようになるのか、を問うべきだろう。

最初の質問については、西側諸国が戦争の進展を誤って伝えていたことが次第に明らかになってきていることを考慮すると、訓練されたアゾフ軍は使い果たし、経験豊富なロシア軍に対抗できるほど迅速に代わりの軍を訓練することはできない。

この時点で、彼らが出していないカードは、核兵器カードである。

彼らは、ロシアが以前から保持しているザポリジャー原発で発砲したり爆発を起こしたりしていると主張している。要するに、とっくに奪われた施設で自爆テロを起こしたと非難されている。

この時点で、この説明を買っているリスナーはあまりいない。では、彼らの道具箱には何が残っているのだろうか?

私は以前から、西側諸国が最終手段として、昔から好まれている手法である偽旗攻撃に頼るのではないかと考えている。例えば、ロシアが小型核弾頭を使ってキエフを攻撃したというシナリオとビデオを作成する。そして、核弾頭が発射され、数十万人の死者が出たと発表する。そして、事前に準備したメディアを一斉に解放し、核戦争を正当化する第5条を発動させる。

それは、同情を引くことになるかもしれない。しかし、それは二度と閉じることのできない扉を開くことにもなる。

何十年もの間、ロシアもアメリカも大量の核兵器を互いに狙っており、時間差で放出されるシステムになっている。最初のボタンが押されると、進行を中断することは困難である。

では、2つ目の質問だ「核戦争はどうなるのか」については、いろいろな研究があるが、私がよく知っているのは、プリンストン大学が作成したものである。

東ヨーロッパでランダムに1回だけ放出されるところから始まり、核弾頭の大きさや数を放出パターンと共に示している。

ミサイルの軌道を示すとともに、それぞれのミサイルの破壊度を表す直径も表示される。

小型の核兵器は、ヨーロッパ全土をカバーし、ほとんど無傷で済む。その後、大西洋を横断する大型の核兵器が登場する。最新鋭のサルマット・ミサイルである。サルマットは、対ミサイル防衛システムを回避する能力を持つ。音速の5倍で移動し、重さは200トン以上、1発ごとに複数の分離弾頭を搭載している。

欧米にはないものである。

では、その結果はどうなるのだろうか。

アメリカの各主要都市は、それを破壊するのに十分な大きさの複数のICBMで狙われることになるだろう。米国の大部分は、他のICBMで絨毯のように覆われるだろう。米国は数時間以内に破壊されるだろう。当初、推定9000万人が犠牲になる。

ゼロ地点にいる人は、蒸発してしまうだろう。爆弾の周辺にいる人は、コンクリート製のシェルターに素早く避難すれば、逃げ出すことができる。しかし、放射性降下物がなくなるまで、数週間、あるいはそれ以上、密閉しておかなければならない。いつ建物から出れば安全なのか、それは賭けである。

アメリカの北の国境は破壊され、バンクーバーやトロントといったカナダの国境都市も取り込まれる。南側のメキシコとの国境もなくなる。

次に、放射性降下物の移動だろう。

ビデオにあるように、直接の標的の中や近くに住んでいる人は希望が持てないだろうが、見てもらったように、アメリカ以外では全く狙われない場所がある。戦略的に有利でない場所は狙われない。例えば、ジャマイカに住んでいたとしても、攻撃されることはない。それと同じくらい重要なのは、カリブ海の気象システム(貿易風)が、メキシコ湾流と同じように、北方の降下物を運んでくれることだ。

さらに良いことに、世界は赤道上で2つの気象システムが混ざり合わないように隔てられている。北の大地で降った放射性物質が南へ移動することはまずないだろう。

南米にいる場合、ターゲットになりそうなものはほとんどない。例えばリオデジャネイロやブエノスアイレスが標的になるかどうかは不明だが、もしそうでなければ、西半球では南米が最適な場所かもしれない。

どちらかといえば、ヨーロッパや中東の方が北米より悪いだろう。

最後に、「核の冬」の問題がある。これが数ヶ月続くのか数年続くのか、また局所的なものなのか世界的なものなのか、誰にもわからない。

核戦争は確実ではない。しかし、西側諸国は、自分たちは無敵で、他者だけが破壊されるかのように危険なサーベルを鳴らしている。これは全くの誤りである。

核戦争が起こるかどうかはわからないが、もし起こるとすれば、それは短時間で起こるだろう。脱出計画を立てる時間はないだろう。あなたはすでに、可能な限り安全と思われる場所にいるはずだ。


編集部注:米国政府は、世界の隅々にまで干渉することで自らを拡張し過ぎている。その資金はすべて大量の紙幣印刷によって賄われている。しかし、次の金融危機が起これば、すべての見せかけはすぐに終わるだろう。

実は、私たちは今、かつて経験したことのないような世界的な経済危機に瀕している。だからこそ、ニューヨークタイムズのベストセラー作家であるダグ・ケイシーと彼のチームは、次に何が起こるか、そしてそれに対して何ができるかを説明するガイドを発表した。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました