2. コロナウイルスコミュニティパンデミック対策

パンデミックへの対応について、途上国が富裕国に教えられること

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

2020年10月15日 2.36pm BST

マル・モルミナ オックスフォード大学 上級研究員 兼 グローバル開発倫理アドバイザー

イファニー・エム・ソフォー ジョージ・ワシントン大学、健康の公平性にけるシニア・アトランティック・フェロー

パンデミックの発生から9ヶ月が経過したが、ヨーロッパは依然としてCOVID-19の影響を最も受けている地域の1つである。人口100万人あたりの死亡者数が最も多い20カ国のうち、10カ国がヨーロッパである。残りの10カ国はアメリカ大陸にある。この中には、確認された症例数と死亡者数が世界で最も多い米国も含まれている。

逆に、アフリカとアジアの大部分はまだ免れているようである。COVID関連の死亡者数が報告されている国のうち、100万人あたりの死亡者数が最も少ない10カ国は、これらの地域にある。しかし、英国のパンデミック対策への批判は、ミスや判断ミスが原因となっているが、発展途上国の多くの成功例は知られていない。

もちろん、発展途上国の疾病レベルが低いことを説明する要因はいくつかある。死亡記録の取り方の違い、アフリカの人口動態の若さ、屋外での活動の多さ、あるいは他の感染症から得られる保護抗体の多さなどが考えられる。

しかし、統計上の不確実性や好ましい生物学的性質だけでは、すべてを語ることはできない。発展途上国の中には、COVID-19に対してより早く、より強力に対応したことで、明らかに有利になった国もある。多くの国では、SARS、MERS、エボラ出血熱の遺産を組織的に記憶している。先進国が苦戦している中、途上国の多くはパンデミックの間、驚くべきレベルの準備と創造性を静かに示してきた。しかし、先進国はほとんど注目していない。

ジャーナリストや政治家の間では、成功した戦略として、ドイツやニュージーランドなどの先進国の経験が主に取り上げられている。発展途上国から学ぼうとしない姿勢は、「彼ら」の地域的な知識が、「我々」の先進国の問題にも同様に関連することを認識していない盲点と言える。

感染症の発生が世界中でより一般的になる可能性があるため、この状況を変える必要がある。リーダーシップ、準備態勢、イノベーションの面で、発展途上国から学ぶことはたくさんある。問題は、先進国が途上国の教訓に耳を傾けるのを妨げているものは何かということである。

優れたリーダーシップを発揮するには

感染症の管理に関しては、アフリカ諸国は経験が最良の教師であることを示している。世界保健機関(WHO)が発表した「感染症の発生とその他の緊急事態に関する週報」によると、9月末時点で、サハラ以南のアフリカ諸国では、116の進行中の感染症イベント、104の感染症発生、12の人道的緊急事態に対処している。

アフリカの国々にとって、COVID-19は単独の問題ではない。COVID-19は、ラッサ熱、黄熱病、コレラ、麻疹などと一緒に管理されている。このような専門知識があるからこそ、アフリカ諸国は警戒心を強め、希少な資源を投入して大規模化する前にアウトブレイクを食い止めることができるのである。彼らのモットーは、「断固とした態度で、共に行動し、今すぐ行動する」ということである。資源が限られているときは、封じ込めと予防が最良の戦略である。

このことは、COVID-19に対するアフリカ諸国の対応を見ても明らかで、国境を迅速に閉鎖したり、ウイルス対策に強い政治的意志を示したりしている。イギリスがパンデミックの中で寝ぼけている間に、モーリシャス(世界で10番目に人口密度の高い国)は空港の到着者を検査し、リスクの高い国からの訪問者を隔離し始めた。これは最初の感染者が出る2ヵ月前のことである。

ナイジェリアでは、2月28日に最初の感染者が発表されてから10日以内に、Muhammadu Buhari大統領がタスクフォースを立ち上げ、国の封じ込め対策を指揮し、大統領と国の両方に最新の情報を提供した。一方、イギリスでは、1月31日に最初の感染者が出た。COVID-19の行動計画が発表されたのは3月初旬であった。その間、首相のボリス・ジョンソンは、ウイルスに関する緊急会議を5回も欠席したと言われている。

アフリカの指導者たちは 2013年から 2016年にかけて発生した西アフリカでのエボラ出血熱のパンデミックを受けて、ウイルスとの戦いに協力したいという強い意志を示している。2013年から 2016年にかけて発生した西アフリカでのエボラ出血熱のパンデミックは、感染症に国境はないことを示し、アフリカ連合がアフリカ疾病予防管理センター(CDC)を設立するきっかけとなった。

アフリカCDCは、4月に「COVID-19検査促進パートナーシップ(PACT)」を立ち上げ、検査能力の向上と、アフリカ大陸全体での医療従事者の訓練・派遣に取り組んでいる。アフリカCDCは、すでにナイジェリアに検査機器や検査試薬を提供しており、アフリカ保健ボランティア隊の公衆衛生士をパンデミック対策のために大陸全土に派遣し、エボラ出血熱対策で得た知識を活用している。

また、アフリカ連合は、アフリカ大陸全体で実験・医療用品を調達するためのプラットフォーム、「アフリカ医療用品プラットフォーム(AMSP)」を設立した。このプラットフォームでは、診断キットや個人用保護具などの認定医療機器を、一括購入や物流の改善により、加盟国が費用対効果を高めて購入することができる。また、加盟国間の透明性と公平性が高まり、重要な物資をめぐる競争が緩和される。一部の先進国では、医療機器の輸送をめぐって競争する際、卑怯な手段が用いられているが、これとは対照的である。

AMSPは他にもある。欧州連合(EU)にも「共同調達協定」という同様のプラットフォームがある。しかし、スタート時には、官僚的なプロセスに時間がかかりすぎたため、将来のワクチンを確保するために、いくつかの国が並行して提携を結んでった。AMSPは、アフリカ連合がジンバブエの大富豪Strive Masiyiwa氏のリーダーシップのもと、民間企業に開発を委ねたおかげで、このような運命をたどることはなかった。ジンバブエの大富豪ストライブ・マシワ氏は、デジタルや通信分野での人脈やビジネスを活用し、機能的なプラットフォームを迅速に開発するために必要な専門知識を結集した。

これにより、AMSPはベンダーに支持され、加盟国からの需要も高まった。現在、加盟国が承認した病院や地方自治体へのアクセスを拡大し、ドナー(ビル&メリンダ・ゲイツ財団やマスターカード財団など)からの追加支援を計画している。ここでも、強力なリーダーシップの導入を中心とした断固たる決断が功を奏した。

COVID-19に対する強力なリーダーシップは、アフリカ諸国だけのものではない。ベトナム政府は、明確で魅力的な公衆衛生キャンペーンを展開し、広く賞賛されている。ベトナム政府は、明確で魅力的な公衆衛生キャンペーンを展開し、国をまとめ、ウイルス対策への取り組みに広く賛同を得たと評価されている。

また、ベトナムは、優れたリーダーシップを発揮するには、過去の教訓に基づいて行動する必要があることを示した。2003年にSARSが発生したことで、保健インフラへの投資が活発になり 2000年から 2016年の間に公衆衛生費が年平均9%増加した。これにより、ベトナムはパンデミックの初期段階で優位に立つことができた。

また、SARSの経験は、症状ではなく曝露リスクに基づいた検疫措置など、効果的な封じ込め戦略の設計にも貢献した。数年前にパンデミックへの備えが不十分であると警告を受けた英国のような悪い影響を受けた国は、腰を上げて注意すべきであろう。ベトナムはCOVID-19による死亡者数が最も少ない国の一つである。

ベトナムでは、特別に設計されたATMと、ハノイにあるこのような簡易BOXを使って、マスクが無料で配布されている。EPA-EFE

最後に、ウルグアイを見てみよう。ウルグアイは、南米で最も高齢者の割合が高く、人口の大半が都市部に住んでおり(都市部に住んでいないウルグアイ人はわずか5%)取り締まりの難しいブラジルとの国境があるため、感染のホットスポットになる可能性が高いと考えられている。しかし、ウルグアイでは、隔離することなく感染を抑えることができた。

早期に積極的な検査を行い、WHOにベスト・プラクティスの情報を求める謙虚さがあったからこそ、成功したと言えるであろう。ウルグアイはコスタリカとともに、パンデミック対策のために、高給取りの政府関係者の給与を一時的に引き下げる措置を導入した。この措置は議会で満場一致で可決され、高い社会的結束力に貢献した。

もちろん、強力なリーダーシップは「南半球」に限ったものではないし(ドイツやニュージーランドが最高の評価を得ている)南半球のすべての国が効果的なリーダーシップを発揮しているわけでもない(ブラジルがそうです)。しかし、上記の例は、優れたリーダーシップ、すなわち、今すぐ行動すること、断固として行動すること、そして共に行動することが、各国の相対的な資源不足を補うのに大いに役立つことを示している。

少ない資源でより多くのことを行う

必要はすべての発明の母であると言われている。お金が足りないときには、工夫が必要である。このことは、COVID-19が発生したときにも当てはまり、先進国が考慮すべきもうひとつの教訓となっている。

セネガルはパンデミックの初期に、10分間でできるCOVID-19検査の開発に着手した。この検査は1米ドル以下で実施でき、高度な実験装置も必要ない。同様に、ルワンダの科学者たちは巧妙なアルゴリズムを開発し、多数のサンプルをプールして同時に検査できるようにした。これにより、コストと時間が削減され、最終的にはより多くの人が検査を受けられるようになり、国内の病気の状況を把握できるようになった。

ラテンアメリカでは、政府がCOVID-19の症例をモニターし、公衆衛生情報を送信するためにテクノロジーを導入している。コロンビアでは「CoronApp」を開発し、市民が毎日政府からのメッセージを受け取り、データを使わずに国内でのウイルスの拡散状況を確認できるようにした。チリは、低コストで非特許のコロナウイルス検査を作成し、他の低資源国がこの技術の恩恵を受けられるようにした。

チュニジアでは、熱センサーを搭載したドローンで、一般市民のスクリーニングを
ドローンの実験を行っているのはガーナだけではない。このチュニジアのドローンには熱センサーが取り付けられており、人々の体温をチェックすることができる。EPA-EFE

南半球における起業家精神とイノベーションの例は、生物医学分野に限ったものではない。ガーナでは、農作物の散布を専門とする会社の元パイロットが、自分のドローンを再利用して、青空市場などの公共スペースを消毒させた。通常であれば数時間、6人がかりで行わなければならない仕事を、迅速かつ低コストで行うことができた。また、ジンバブエでは、オンライン食料品を扱う新興企業が、食品販売業者に、直接の買い物を敬遠する顧客を引き留めるための新たな機会を提供している。

これらは厳選された例であるが、これらの例は、「質素なイノベーション」と呼ばれるように、希少性の高い状況でイノベーションを起こす能力の重要性を示している。これらの例は、複雑な問題を解決するには、シンプルで安価な即席の解決策が必要であることを証明している。また、質素な解決策は、「チューインガムと針金」のような解決策である必要はない。

資源の制約がある中で複雑な問題に対処する能力は、すべての人に役立つ力である。特に、パンデミックが高所得者層の経済に多大な影響を与えていることを考えるとなおさらである。発展途上国で生まれたソリューションは、英国のような国で提唱されている、精巧で高価な「ムーンショット」ソリューションよりも、はるかに優れたコストパフォーマンスを提供するかもしれない。

これらの例を参考にしてみてはいかがであろうか。

今回のパンデミックは、もうひとつの警鐘である。エボラ出血熱やジカ熱が発生して以来、世界中の政府は「世界的な備え」を強化する必要があると考えている。パンデミックに関しては、「世界は最も弱いところほど弱い」とよく言われる。

しかし、グローバルな行動をとるためには、国の利益を超えて、他の人々のニーズを理解する必要がある。これを我々は「グローバルな連帯」と呼んでいる。言語や歴史、民族などを共有する国家間の連帯関係とは異なり、グローバルな関係では、多様なアクターの相互依存関係を認識する必要がある。グローバルな連帯は、共通性に頼るのではなく、差異を受け入れる必要があるため、実現が非常に難しいのである。

 

今回のパンデミックは、なぜ世界的な連帯が必要なのかを示している。グローバリゼーションによって、各国は経済的にだけでなく、生物学的にも相互依存関係にある。しかし、この数ヶ月間、孤立主義的な姿勢が蔓延していた。米国がWHOからの資金提供を中止したり、英国がEUの共同調達協定への参加を拒否したりと、各国は単独での戦略を進めている。このような内向きの状況では、先進国がアフリカ、アジア、ラテンアメリカからの教訓を生かすことができないのも不思議ではない。

先進国以外にも知識やノウハウがあることを認識していないのではなく、先進国と途上国の構造的な違いから、そのような知識が関係ないと思われているだけなのである。この点について、最後に例を挙げてみよう。

パキスタンのシンド州にある農村開発財団は、4月初めから6月末までの間に、独自に地域での感染拡大を80%以上減少させた。これは、情報キャンペーンや衛生対策を通じてコミュニティを巻き込むことで実現した。また、コンゴ民主共和国やシエラレオネでも、コミュニティレベルのアプローチが成功している。これらの国でエボラ出血熱が発生した際、当局はテクノロジーやアプリに頼るのではなく、地域の人々が直接連絡先を追跡できるよう訓練した。

このようなコミュニティレベルの戦略は、英国をはじめとする先進国の専門家によって提唱された。しかし、現在のニーズが明らかであるにもかかわらず、このような試行錯誤された低コストのアプローチは、高所得国ではあまり利用されていない。ハイテクを駆使した解決策が優先され、その効果は今のところ証明されていないのである。

問題は、この例が示すように、エドワード・サイードがその著書『オリエンタリズム』の中で述べたように、先進国を「先進国」として、「後進国」や「貧困国」の途上国と比較して描くというグローバルヘルスの物語が根強く残っていることである。ヨーロッパが発展途上国から学ぶことができないのは、いわゆる先進国には教えることはあっても学ぶことはないという、歴史的に染み付いた発展と低開発の物語の必然的な結果である。

しかし、COVID-19が我々に教えてくれたことがあるとすれば、今の時代は知識や専門性に対する認識を再構築する必要があるということである。「第2の波」はすでにヨーロッパの玄関口に来ている。南半球の多くの国は、まだ「第一の波」の最中にある。話題になっている世界的な準備課題では、世界的な連帯と協力を前面に押し出して、これまでとはまったく異なる対応が求められる。そのためには、先進国が「世界を相手にしている」という意識を捨て、普段は目を向けていない国と関わり、そこから学ぶという謙虚な姿勢を身につけることが重要だ。

「いいね」ボタンを設置しました。
良かった記事に  して頂けると嬉しいです。記事作成・構成の参考にします。
いいねランキングはこちら

備考
機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、画像は原文と異なることがあります。
翻訳ソフト:DeepL /文字起こし:Otter 
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました