酸化グラフェンは事実と虚構について何を教えてくれるのか?
嘘だらけの世界で不確実性を乗りこなすためのヒント

マルサス主義、人口管理ワクチン中西部の医師酸化グラフェン・ナノ粒子陰謀論

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

What Can Graphene Oxide Teach Us About Facts and Fictions?

amidwesterndoctor.substack.com/p/what-can-graphene-oxide-teach-us

中西部の医師

2023/05/07

幼い頃から情報を欲していた私は、あらゆる手段を駆使して陰謀論や代替科学の世界に足を踏み入れた。その中で、私は比較的広い範囲の信念とその相対的な確率(例えば、ある陰謀論が真実である確率は20%、別の陰謀論が真実である確率は90%)を格子状に組み立てていった。そして、より多くの情報を得るにつれて、その確率を徐々に修正し、更新していった。

私はこの陰謀の領域に多くの時間を費やしたことで、私がこの領域で知った最も大きなものの1つは、企業が利益を生む製品を市場に出し続けるために、アメリカ国民に対して犯罪を犯すことがいかに多いかということだった。そして、人々がその犯罪を暴こうとすると、企業は偽の科学や偏った報道を行い、その犯罪が起きているのは陰謀であると主張し、結果として陰謀の領域がその犯罪について知ることができる唯一の場所となる。このようなことが頻繁に起こるので、本当に困った。

結局、その分野からは遠ざかっていったのだが、その理由は、ほとんどのことが繰り返され、知識を得るための効率的な方法とは思えなかったからだ。時間が経つにつれて、私は、陰謀の文献に関する私の経験が、2つの重要な理由により、他のほとんどすべての人と大きく異なっていることに気づいた:

  • 私は、矛盾する信念や理論を心に抱くことに安らぎを感じていた。私は、そのどれもが具体的な現実とは考えず、より大きな確率場の一部を構成する相対的な確率であると考えた。そして、その矛盾に対処するための洞察をいずれ得られると考え、矛盾の存在を気にしなかった。
  • 私は、できるだけ多くのことを学びたいと考えていたので、特定のアイデアや概念に特に執着することはなかった。それよりも、より深い真理を発見したときの喜びや、現実が広がったときの心の広がりに惹かれた。

希少価値の高いものを欲しがらないこと

サブスタックにいると、中国の古典の一節を思い出すことがよくある:

才能ある人を讃えないで

人々が争い合わないように

希少なものを欲しがらないで

人々が盗人にならないように

望ましいものを誇示しないで

人々の心が狂わないように

私の理解では、このカ所の本質的な意味は、「人々」とは、「見栄を張る」「宝にする」「見せびらかす」ことをする個人を指すと言うことである。つまり、このカ所は、このような行動をとることによって、自分自身にどのようなことが起こるかを、他の人にどのようなことが起こるかを示すことによって、教えている。

私がこのカ所を特に考えたのは、多くの人が欲しがり、大切にしている希少なものは、単なる情報やアイデアの断片であることに気づいたからだ。言い換えれば、多くの人に見られる根本的な動機は、私たちが生きている世界を理解したいという欲求ではなく、誰も知らない真実を知りたいという欲求であり、他の人が物理的な宝物や自分が集めた珍しい物のコレクションを隠すのと同じように、それをため込む(私も同様に、これは決して魂の最善の利益にはならないと思う)。

陰謀の分野では、希少なものを欲しがるこの傾向は、誰も知らないことを所有することで優越感に浸れる特定の陰謀に、人々が引っかかることで現れる。このような行動が問題になるのは、一旦そのアイデアを欲しがると、それを他人に押し付けようとし(自分のアイデアの価値を肯定するため)、自分が欲しがっているアイデアの価値に異議を唱える人に暴言を吐くようになるためだ。

これは、知的な知性を賛美する歴史的にユニークな社会の決定が反映されたものだと思う(ただし、これは知性の一種に過ぎず、「賢い」人が他の重要な知性を欠いているために苦しみ、悲惨な人生を送るのを私は定期的に見ている)。このように強調されているため、人々が社会から操られる最も一般的な方法の1つは、「賢く」なるためには、「賢い」専門家の考えをオウム返しするようなことをする必要があると社会が言うことだ(悲しいことに、これは現在の左翼の多くに当てはまるものである)。このことは、このような操作方法がいかに効果的だろうかを常に驚かされるからだ。

記事では前回の、「力を与える信念体系と力を与えない信念体系」について述べた。これは、人々が無意識のうちに、力を奪うような信念体系(その多くはメディアから与えられる)を選択することが、生涯を通じて経験するさまざまな問題(例えば、不幸や人生の成功の欠如)の最も一般的な原因の1つであるため、そうした。

陰謀論者であることの本質を考えるにつれて、私がますます感じる大きな課題は、真実を追求することを非常に重視しているにもかかわらず、陰謀論者であるために持たなければならない多くの信念体系が根本的に自己を弱めるものということだ。例えば、どれだけ悪い状況かについて悲観的になることは、それによって自分以外の誰もがどれだけ悪い状況かを認識していないという事実に優越感を感じることはあっても、自分を力づけるものではない。

COVIDの思考実験

私はよく、自分の周りで起こっていることの説明やモデルを見つけようと、数多くのアイデアや潜在的な理論(中には非常に暗いものもある)を頭の中で考えている。この点で、私の経験は、私が出会った他の誰とも大きく異なっていることに気づくのに時間がかかった。

2019年に中国でCOVID-19が始まると、パンデミックが世界的な大惨事に発展する可能性があることは明らかだった(私が生きている間の過去のどの時期にも感じたことのないことだった)。さらに重要なのは、その扱い方が非常に異例だったことである( 例えば、全体がメディア問題の存在を否定し、問題があると信じる人をガス抜きするようなものだった)。このため、私は、この問題が世界的な大惨事になることを許すという決定がなされたのだと考えた。

そこで、実際に何が起こっているのかを考え、思考実験を通じて、3年後に起こることを予測するいくつかの理論にたどり着いた。

次の思考実験は、私がパンデミックを観察したときの最大の疑問に答えようとするものだった。なぜ、武漢やロンバルディア、ニューヨークなど特定の地域では大流行したのに、他の多くの地域では比較的軽微だったのか、そしてなぜ、大流行した地域に突然現れたのか。この点については、確信に満ちた答えを見つけることができなかったので、今でも悩んでいる。それどころか、私が見つけた、何が起こったかを説明できる可能性のあるもの(例えば、それらの都市の兵器化された5Gシステムによって意図的に引き起こされたとか、有害なウイルスの亜種が意図的にその地域に播かれたとか)は、すべて私が同時に反証する証拠を提供できる、非常に憶測に基づく説明に頼っていたのだった。

注:私はある種のEMFを危険だと考えている(それに関する既存の文献をすべて見直せば、非常に明確である)。私は、EMFに非常に敏感な(EMFがあると機能しないほどで、指摘されるまでEMFが健康問題の原因だと気づかないこともある)無数の人々に会っていたし、私も多少敏感になっている。そのため、私はWifiのある家には住まず、EMFの少ない電話機(見つけるのが非常に難しい)だけを使い、通話時にはエアギャップのあるヘッドホンを使い、近くに携帯電話の電波塔がない田舎にしか住まないようにしている。

5Gについては、その背後にある科学を研究し、それが非常に危険な可能性を持つ多くの理由を知っている。しかし、この技術に対する私の理論的な懸念を裏付けるものにまだ出会っていないため、それが危険なのかどうかはわからない。

次の思考実験では、なぜワクチンがこれほどまでに積極的に国民に押し付けられたのか、その理由を考えてみた。なぜなら、ワクチンがいかに危険だろうかということを考えると、行われていることの多くが意味をなさないからだ。私が考えた説明の候補は以下の通りである。:

  • 製薬会社(とビル・ゲイツのような人々)はまさに貪欲で、政府は今とても腐敗しているので、こうした捕食者に道を譲った。
  • mRNA治療薬市場の開放が必要だったのは、製薬業界が市場に出せる新薬を開発するという重要なニーズを持っていたからで、mRNA技術はそれを可能にするものだった
  • ワクチンの害とされるものは、5Gの配備によって生じる実際の害の隠れ蓑として使われ、5Gが地球全体に引き起こす病気の程度について、国民がいずれ日常化するようにするためだった。
  • 大衆形成それは、誰もが巻き込まれた広告を利用した過ぎず、それ以上のものではなかった
  • 責任者たちは、自分たちがとんでもない間違いを犯したことに気づいたので、国民のほとんどにワクチンを接種させる必要があった。つまり、実際のワクチンが危険を示すであり、したがって、ワクチンを義務付けた人たちが犯した犯罪を示すものであることから、(犯罪の証拠隠滅として)ワクチン未接種の大規模な対照群が存在しないようにしようとした。
  • 誰か、あるいは影響力のあるものが、人類という種のDNAを変えようとした。この説には非常に多くのバージョンがあり、そのすべてを列挙することはできない。ブライアン・アーディスが『ウォッチ・ザ・ウォーター』で提唱した説は、サタンがヘビのDNAを人間のゲノムに組み込むことを望んでおり、それは神と私たち一人ひとりの中にある神の神殿に対する直接的な損傷であると主張したもので、人々に最もよく知られている説の1つである
  • 影響力のある誰かが、ナノテクノロジーで種を改変するトランスヒューマン的なことをやりたがっていた
  • 義務化されたワクチンは、種を追跡してコントロールするための方法とみなされ、その目標をサポートするために推進された
  • 人口を減らすことが急務であり、そのために現役世代とその子どもたちの生殖能力を低下させるという目的で作られたのがワクチンである

問題は、私がこれらの主張の多くを支持する証拠を発見した一方で、その多くを疑う証拠も発見したことである。

例えば、支配階級のエリートたちの間では、人類の人口が急激に増加しないようにする義務があると長年信じられていた。私が最初に書いた記事 ここで、(1年以上前)には、倫理に反する数々の人口抑制キャンペーンが行われたことが証明されている(そのうちのひとつは、実際にビルゲイツによって行われた)。同様に、私はこの目標を達成するためには、被爆者を不妊化できるワクチンが最も実現可能な方法であると結論づけた。そこで、私が次に発表した記事は、不妊化ワクチンを開発しようとしたすべての試みと、不本意な被験者に不妊化ワクチンを強制的に投与した既知の事例を記録したものだった。

私がこれらの記事を書いた主な動機の1つは、COVID-19ワクチンが生殖能力を損なうことを示唆する多くの初期兆候であり、その後、世界中で前例のない規模で行われていることがわかったからだ。

しかし、今述べたようなことがあっても、COVID-19ワクチンが人口を不妊化するように設計されたことを証明するものだとは思わない。また、このような事態は、市場投入を急いだワクチンの設計が不十分であった結果である可能性も十分にある(そのためには、ワクチンに関するあらゆる潜在的な問題を隠蔽する必要がある)。別の言い方をすれば、私は、ワクチンを市場に押し出した人々は、ワクチンによる不妊の影響に対して刑事責任を負っていると考えているが、その行為が意図的であったかどうかはわからないし、既存の証拠に基づいてそれを証明することは不可能だと考えている。

なぜなら、私がこの2つの論文の草稿に使った情報のかなりの部分を知っている他の人たちは皆、その知識を欲しがり、人口減少効果が意図的であったと確信し、そうではないと主張する人たちを攻撃することがよくあるからだ。

私がすべてを検討した結果、たどり着いた第一の結論は、ワクチンによる多数の死亡は、ワクチン配備の理由にはならないということだった。むしろ、住民にワクチンを押し付ける動機が何であれ、その目的を達成するためには、ワクチンの死はすべて許容できる巻き添えとみなされるほど「重要」であることを示していたことである。

この時点では、その目標が何であったのか、私にはまだわからない。このため、私は常に、私が提唱した説明の可能性を高める、あるいは低下させるようなことがないかを注視している。同様に、このセクションで紹介したどの説も、私はまだ支持することができない。なぜなら、証明できない推測的なアイデアを提示することは、それを真実だろうかのように扱う人がいるため、非常に無責任であると思うからだ。

上に挙げたようなアイデアが多くの人に受け入れられた最大の理由のひとつは、COVID-19ワクチンで見たことが前例がなく、非常に混乱し、なぜそれが私たちに行われたのかを説明する首尾一貫した説明がなかったからだ。そのため、人々は自然と、何が起きているのかを説明するために、多くの極めて突飛な理論を真剣に考えるようになった。

ワクチンの内容

もう一つの中心的な疑問は、なぜワクチンがこれほど致命的なのか、なぜ他の人よりも多くの人に影響を与えるように見えるのか、ということだった。限られたデータから、私は、最も可能性の高い説明は、(例えば、重傷者の集団に加えて)ホットワクチン・ロット(致死性のワクチンロット)が存在することだと結論づけた。また、同僚と私は、患者が生理食塩水のプラセボを受けたと思われる多くのケースを観察した。時間が経つにつれて、このようなホットロットの証拠が増え、私にはその存在が明らかになった。

すると、新たな疑問が湧いてきた。なぜホットロットは存在したのか?

私が思いついた説は、以下のようなものだった:

  • ナノテクはワクチンで試されていて、それが存在すると、ワクチンが「ホット」(危険)になるのである。
  • このワクチンの配備は、mRNAの投与量がどの程度であれば、意図した効果が得られるか、しかし、許容できない毒性を引き起こさない程度に低いかを調べる大規模な試験の一環として行われた。様々な用量をテストする必要があったため、高用量を受けた人は事実上「ホット」ロットを受けたことになる。
  • ホットロットを特定の地域に意図的に放出し、その地域の個人を排除できるようにしていた(例:保守的な地域)。
  • ワクチンの製造に大きな問題があり、その結果、あるロットは他のロットよりはるかにホット(危険)になった

前節の項目と同様に、私はそれぞれに説得力のある証拠を見た(その証拠のいくつかについて記事を書いたほどだ)。同様に、予想されるように、説明の1つに出会った人々は、それを欲しがり、それが真実であると主張することに非常に興味を持つようになった。

注:現時点では、顕微鏡下およびワクチン接種者の血液中のワクチンに関する非常に珍しい観察の多くは、スパイクプロテインが身体の生理的なゼータ電位を損なうのに非常に効果的で、ミスフォールドタンパク質を形成させる結果であると私は考えている。

形式論理学から学んだ大切なことのひとつに、「It’s possible, but is it probable? 」(それは可能だ、しかし、それは有り得そうなことなのか」という言葉がある。

私は、上記の説明のうち、どれが最も可能性が高いか、何ヶ月も考え続けた。時間が経過し、より多くの証拠が入手できるようになると、ワクチンの製造に大きな問題があったというのが、最も可能性の高い説明であることがますます明らかになった。この説明を裏付けるデータの大部分は、クレイグ・パルデコッパーの チームとライアン・コールの研究によるものだった。

詳しく説明すると:

  • 新しい医薬品、特に生物学的製剤を大量に生産することは困難であり、生産の規模を拡大することは、しばしば数年にわたるプロセスであり、医薬品を市場に投入する上で最も困難な部分の1つであることが多い。医薬品の製造工程に詳しい人なら誰でも、現在の技術では、mRNAワクチンを展開時に必要な量だけ製造することが不可能であることを知っていた。
  • このギャップを埋めるために、ワクチンの製造を早めるために無数の品質管理ステップが省略された(FDAとヨーロッパのFDAであるEMAはすべて見て見ぬふりをした)。この品質管理の欠如のために、金属片や危険なバクテリアのDNAなど、多くの汚染物質が最終的なワクチン製品に混入してしまった。

注:EMAのリークは これを確認した。同様に、FDAの内部告発者は、アメリカのワクチンを製造する工場におけるFDAの品質管理の実施に重大な問題があったと述べている。

  • 最終的なワクチン製品に含まれるmRNAの量には、非常に大きなばらつきがあった。これは、製造工程に一貫性がなく、注文に応じるだけのmRNAがなかったため、多くのバイアルに生理食塩水が充填されていたためだ。これは以前から疑われていたことで、ハイワイヤーのライアン・コールによってついに証明された。
  • mRNAは急速に分解されるため、製造工場に近い場所でワクチンを接種した人ほど、有害事象が発生しやすかった。同様に、時間が経つにつれて、ワクチンの致死率は低下していった。さらに、ワクチン製品の保管にばらつきがあったことはほぼ確実で、そのため、一部の人々は活性の低いmRNAを含むワクチンを受け取ることになった。

私が提唱した他の理論も「可能」だと思っているが、それを裏付ける新しい証拠が出現しない限り、どれも「あり得そう」なものではない。現時点では、私が「可能」と考える説得力のある革命的なアイデアを何千も挙げることができるが、そのほとんどを挙げるのは無責任だと感じている。あるアイデアが可能であるとするために満たす必要がある閾値は非常に低いからだ(物事を正しく整理すれば、文字通り何でも主張できる-これは私が陰謀論領域でしばしば観察した問題のもう1つだった)。

私はこのテーマについて公平であろうとし、ありえない考えに対して提示された証拠を考慮するが(一方、ほとんどの人はその種の証拠を見ることさえ拒否するだろう)、人々があなたの言うことに耳を傾けるなら、それ以上に進むことは倫理に反すると同時に考える(例えば、証明できない理論に対して公に支持することである)。

注:ホットロットの影響もあると思うが、ワクチンに対する反応に個人差があるのは、ワクチンのスパイクプロテインを中和するのに十分な抗体を形成できない人がいるからだと考えている(最近、試験で ワクチン心筋炎の被験者を評価したこのことが判明した)。

というのも、100年以上前、免疫学の知識を持たない多くの医師が、確かな根拠に基づいて、天然痘ワクチン (史上最悪のワクチンの1つで、天然痘を根絶することはできなかったと言われている)について全く同じことを結論付けたからだ。彼らは、天然痘ワクチンは、牛痘(ワクチン)または天然痘に対してすでに免疫反応を起こしている人にのみ「効いた」のであって、ワクチンが効いたというのは、ワクチンが効いたのではなく、接種した人が免疫システムを機能させていたことを示すだけだと主張した。逆に、ワクチンに強い反応を示した人は、その反応が得られず、当時の医師の多くは、その人にもっとワクチンを接種する必要があると解釈した(これはしばしば悲惨な結果を招く)。

酸化グラフェン

私たちの運動において、より分裂しやすい問題の1つは、酸化グラフェンが意図的にワクチンに添加され、人体内でナノテクを応用できるようになったかどうかということである。この問題は、多くの人々がこの稀有な真実(ワクチンは秘密のナノテク実験である)を知っているという知識を切望しているために、非常に分裂している。なので、個人が切望された知識を否定することによってこの希少な対象を脅かすと、それを切望する人たちから攻撃される。

私がナノテク仮説に興味を持ったことは、十分に認める。それは、私がワクチンについて抱いていた2つの大きな疑問に答えてくれる可能性があったからだ。

まず、なぜこれほどまでにワクチンを国民に押し付けようとするのか、その理由を説明した。

第二に、ワクチンを使って多くの人を殺すことができる手段を提供したことである(ワクチンを国民に押し付けるもう一つの潜在的理由)。従来の方法では不可能だった理由は、ワクチンで多くの人が死亡した場合(悲劇的ではあるが、人口を大幅に減らすのに必要な死亡者数には到底及ばない)、最初に接種した人があまりにも多く死亡し、それを隠蔽できないため、ほとんどの国民がワクチンを接種しないことであった。酸化グラフェンは、遠隔操作で作動させることができ、全員が注射された後に致死量となるため、この問題を回避する方法を提供した。

この説に興味があったため、可能な限り研究することを超えて、ワクチン接種後に磁気を帯びたとされる人に会うために、長距離を車で移動した。さらに、友人からこれを見たという話を聞いてから、多くの人にBluetoothのコードを発して検出されるかどうかをテストした(この効果を覆い隠すようなBluetooth機器が存在しないはずの地域も含めて、そのような人を見つけることはできなかった)。

同時に、ナノテク仮説を支持する実質的な証拠を見つけることができなかったので、この件には一切触れなかった。さらに言えば、あまりにも非科学的な仮説であったため、それを口にすることは、私の信用を著しく損なうことになりかねなかったからだ。

同時に、酸化グラフェンの仮説が妥当かどうか疑うようなこともたくさんあった。その中には、次のようなものがあった:

  • 顕微鏡で見たものを誤解することはよくあることで、普通の顕微鏡の所見を誤解して動揺している人をよく見かけた
  • 多くの人が顕微鏡で酸化グラフェンを見ていると確信していたにもかかわらず、酸化グラフェンは 光学顕微鏡で見るには小さすぎる。私自身、酸化グラフェンの存在を確認するために電子顕微鏡を手に入れようと真剣に考えた時期もあったが、電子顕微鏡は高価であるし、使いこなす自信がなかったので、結局、購入しなかった
  • 酸化グラフェンをすべてのワクチンに配合できるほど生産できるわけがないと思っていた
  • 酸化グラフェンに起因するとされるナノテク応用(例えば、私たちを追跡したり、あなたの心をコントロールしたりする)を行う技術は存在しない。仮に、何らかの理由で実際にできたとしても、すべてのワクチンに必要な規模で生産できるわけがない
  • もしワクチンに添加されていたのであれば、工場で働く人がそれに気づいて漏らさなかったはずがない(特に、工場で働く人が漏らした観察結果ははるかに少ないから)
  • 酸化グラフェン仮説を提唱した著名人の一人が、これを明らかにした直後に警察の手入れで殺害されたとされている。これは説得力のある話なので、そのクリップはバイラルになり、この話を知りたがる読者から繰り返しシェアされている。問題は、この映像が公開された当初に私が調べたところ、問題の警察による殺害はなかったことになり、まったく関係のない出来事が映像につなぎ合わされていたことである

そのため、ライアン・コールが、酸化グラフェンがワクチンに含まれていないことを証明する決定的な検査(質量分析)を行い、疑問を解決してくれたときは、とても安心した。その後、ライアン・コールがこの件で何度も殺害予告を受けていることを知り(私が絶対的に信頼している情報源から)、私は、このテーマに関する私の(やや非科学的な)思考過程をすべて話すことで、自分を悪者にする必要があったとしても、このテーマについて記事を書く必要があると思った。

注:完全な情報開示として、私はCOVID-19ワクチンで奇妙な副作用を起こした2人の患者を経験したことを認めなければならない(これはインターネットの片隅で他の人が報告しているのを見たこともある)。しかし、このような症例がいかに稀だろうかを考えると、もし本当にそうであるならば、ごく少数のワクチンにしか当てはまらないだろう。

フラクチャリング ムーブメント(運動の分裂)

私は生涯を通じて、重要なメッセージを掲げていた運動が分裂し、そのメッセージが無名のまま消えていくのを数え切れないほど見ていた。ある時は、運動の目標よりも自分たちの意図を重視するグループのメンバーから自然に出てきたものが原因で、またある時は、運動を分裂させる人間の自然な傾向に乗じて運動を分裂させるために配置された悪い役者が原因で、この現象は起こる。

このため、多くの人々が私の言うことに耳を傾けるので、ここでの私の主な目標の1つは、私たちの運動(私はこの時点で人類にとって最も重要なことの1つであると信じている)においてその分断が起こるのを防ぐためにできる限りのことをすることだった。

だからこそ、私はいつも、この惨状を修復するために前向きに貢献している人たちを褒めている。さらに重要なのは、たとえ人々が私を追い込もうと最善を尽くしているとしても、私は、私たちが陥っている混乱を解決するのに貢献しようとしていることを知っている人を決して攻撃しないし、コメントで読者に攻撃しないように促すことにも最善を尽くしている。

私がよく目にする問題のひとつは、私たちの運動にひどい光を当てるような「希少な」知識の断片を欲しがる人たちである。しかし、そのような人たちは、そのようなものを欲しがるがゆえに、それを推進することは私たちの運動にとって良くないと指摘する人を攻撃する。例えば、私が「COVID-19は誇張されているケースも多いが、存在すると確信している」「一部のケースでは、このウイルスは非常に致命的である」と強く主張してきたため、多くの人が私の医学的訓練によって洗脳されている、ファイザーのために働いている、あるいはディープステートの工作員であると非難した。

これは、誰かを攻撃するのではなく、この稀有な真実を手に入れたい人たちがよく口にすることなので、私は外交的に解決しようと努力し(ここここ)、ほとんどの場合、それはうまくいった。

このように時間をかけたのは、反対意見があっても気にしなかったからではなく、むしろ、このメッセージを支持することで、ワクチンに反対する人たちが一般の人たちからどう見られるかを本当に心配したからだ。なぜなら、COVID-19の存在を信じないことは、多くの人の目には地球が平らだと信じることと同じであり、したがって、私たちの言うことはすべて否定されるべきであり、真剣に受け止めるべきではないことを意味したからだ。

注:イゴール・チュドフは後に、COVID-19が存在しないという考えは、私たちの運動を分裂させるために意図的に注入された精神操作(No-Virus Psyop)であることを発見した。

これは、酸化グラフェンの問題でも同じ状況である。パンデミックの間中、私たちが提出した正当な反論に耳を傾けるどころか、ワクチンに反対する人々は、ビル・ゲイツがワクチンを使って世界をマイクロチップ化しようとしていると考える(技術的に実現不可能な)こんなやり取り狂人として見られることが多かった。例えば、WhatsAppメッセージの流出でイングランドの保健長官 (イングランドのワクチン政策の多くを決定した)、マット・ハンコックとの、が明らかになったことがある:

Hancockが彼と話したことを確認すると、Pooleはこう言った:「約束はできないが、ビル・ゲイツにこのプラットフォームを推薦してもらおうと考えている」

これに対し、厚生労働大臣は冗談を言った:「私が彼のチップを注射している人数を考えれば、彼は私に借りがあると言ってくれ!」

なぜなら、私たちはすでにコロナワクチンに対する非常に強い主張を持っており、それを裏付ける科学を提供し、一般の人々(そして権威ある立場の人々)が把握し同意できるような形で構成することができるからだ。同様に、この運動の多くの著名人(例えばライアン・コール)はこのことを十分に認識しており、私たちの論点を科学的に証明できる強力な議論に向けるためにできる限りのことをしようとしているのだが、そのために運動内の多くの人から攻撃されていることも知っている。

私たちがすでに持っているケースがいかに強力だろうかということで、それは前進し続け、より多くの人々に聞かれるようになっている(例えば、最近、私たちの運動の著名人の多くがヨーロッパの議会で演説 し、私たちがこの3年間、暴露するために取り組んできたメッセージの多くを共有した)。しかし、私たちの運動が分裂し、一般大衆がばかばかしいとしか思わないような数々の信念と結びついてきたために、これは必要以上に時間がかかり、その結果、多くの人が苦しんでいる。

結論

私は生涯を通じて、言論の自由を非常に強く感じており、ここでは検閲を避けるためにできる限りのことをするようにしている。例えば、最近、私の家族が経験したホロコーストの苦しみを話した。ナチスがユダヤ人を殺す方法のひとつに、すべての医療行為を禁止することがあり、そのこととCOVID-19で 医療システムがワクチン未接種者を、どう扱ったかは、不気味な類似点がたくさんあった。

本来、その記事に対していただいたコメントのいくつかを紹介する:

「この問題に対するあなたの無知に驚いている。ホロコーストはなかったことにされたデマであり、ユダヤ人がされたことは自業自得だと知るべきだ」というものだ。私は、あの悪夢を経験した血縁者と話をしたことがあるので、このコメントは、私がここで受け取った数少ないコメントのうちの1つであることを率直に認める。それでも、言論の自由を守るため、削除せずに言いたいことを言わせておいて、もっと良い人間になるようにと優しく励ました。

私は若い頃、常に人を助けようとしていた(時には、してはいけない状況に自分を過剰に投資することもあった)。また、私は自分の考えを話すことに非常に寛容で、人々が聞く必要があると思うことを話していた。なぜなら、私が人に聞かせたい(あるいは聞かせる必要がある)と思っていたことは、人の心の傷を開くことになり、その傷に対して人が反応することで、最終的に人を傷つけてしまうからだ。

医師になってからは、患者に言うことにもっと気をつけなければいけないと思うようになった。患者は、私が言った無害なことを心に留めて、それを何年も持ち続けることがよくある。私は、最初は比較的穏やかな状態だと思っていたことが、長期的にどのような影響を及ぼすのかについて、真剣に考えなければならなかった。人にオープンで率直でありたいという私の願望を考えると、これは非常に難しいことで、今でも、当時は患者に聞いてもらえると思ったことを話したことを深く後悔している。

というのも、このサイトで多くの人が耳を傾ける声を突然得ることは、私が患者と直面したのと同じ状況だが、より難しく、より高いリスクを伴うからだ。例えば、前回の記事で スタチンの世界的な使用量を大幅に過大評価した情報源を引用してしまった自分には、かなり腹が立っている。また、私がここで発信したメッセージがどのように波及し、それを読んだ人に影響を与えるかを考えることにも多くの時間を費やしている(これは本当に難しいことだ)。なぜなら、今、私たちが直面しているワクチンの惨事は非常に大きく、間違ったことを言うと本当に影響が出るからだ。

このムーブメントをリードする人たちの多くは、まさに私のような立場にあると確信している。彼らは、このムーブメントをサポートするためにできることは何でもしたいし、他人を検閲しない責任があると感じている。このコミュニティの一部が支持する(あるいは商業的に投資する)アイデアを支持しなかったために、(ライアン・コールの経験を考慮すれば)嫌な申し立てや脅迫が彼らに投げかけられるのを何度見たか数え切れないほどだ。その点、私は匿名でありながら耳を傾けてもらえるという、やや特殊な立場にあるため、彼らがやろうとしていることを私が行うことができ、正しいことをするために受ける反撃にさらされる必要がないのは不公平だと感じている。

私が言いたいのは、突拍子もないアイデアを持っていても構わない。しかし、大切なのは、そのアイデアを他人と共有することでどのような効果があるのか、また、共有したいという気持ちが、良いことを広めたいという気持ちから来るのか、それとも、自分が持っている珍しいアイデアを欲しがっているのか、よく考えてみることだ。もし後者であれば、その欲求に目がくらみ、何が本当に皆にとって最大の利益なのかを見極める明晰さを失わないようにするのは大変なことである。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました