コミュニティ

都市についてバーニングマンが教えてくれたこと
プラザとしてのプラヤ 一時的な砂漠のユートピアは、都市についてどう考えるかを教えてくれる

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

medium.com/beyond-burning-man/things-i-learned-about-cities-at-burning-man-6da6424be1e1

2014年9月11日

by @stevepepple

先週、6万8,000人の人々がネヴァダの砂漠に行き、都市を建設した。数週間のうちに、その都市の跡形もなくなってしまう。すべての建造物、テント、自転車、蛍光灯、そしてゴミが消えてしまうのだ。

初めて訪れた私は、バーニングマンが社会実験の「シムシティ」のようなものだと感じた。誰もがプレイヤーであり、ルールはほとんどなく、自分が作ったものを破壊するために嵐がやってくる可能性が常にあるのだ。しかし、1週間滞在してみると、都市生活のシミュレーションというだけでなく、「リアル」な都市であることがわかった。

バーニングマンは、反政府、反資本主義のコミュニティ、一時的な自治区、「国家統制と市場論理から一時的に地域を解放する反逆者の祭りの蜂起」(コジネッツ)として始まった。とはいえ、過去20年の間に、バーニングマンはネバダ州ブラックロックシティという実在の都市となり、実在の統治組織と実在の都市の問題や機会が存在するようになったのである。ブラック・ロック・シティを「都市」として分類することを私が躊躇する唯一の理由は、その無常さ☨にある。それでも、バーニングマンでの場所とコミュニティの感覚は否定できない。リノやラスベガスの多くの地域よりもオーセンティシティがあると主張したい。

一部の学者やジャーナリストは、ブラック・ロック・シティがニュー・アーバニズムと親和性があると書いている。また、他の多くの場所やイデオロギーと比較している人もいる。

「理想的な都市」

ルネッサンス期の都市の中心部や全体的な都市レイアウトの計画は、初期のBurning Manのインスピレーションの一部だった。ちなみに、フィレンツェの星形の境界線は、ブラックロック・シティを囲む五角形の柵とよく似ている。

  • 失われたユートピア都市-国家(Bowditch)
  • カーニバルとディズニー・テーマパーク(コジネッツ)
  • ルネサンス期の「理想都市」。
  • タブラ・ラサと都市的・牧歌的西洋(ヴォスギアン)
  • 後期資本主義とポストモダンのアメリカ(パイク)

ブラック・ロック・シティは、芸術的反逆者たちに対する営利目的の政府、贈与経済における高学歴と富裕層の「遊び」、ラッダイトを装うテクノロジストなど、激しい矛盾の接合点であると批判する人もいる☨。ただ、愉快な悪戯者、前衛芸術家、アナーキストから生まれた街なので、一つの哲学や現象に過剰に結びつけるのは誤りだと思う。しかも、バーナーたちは自己批判的で矛盾に気づかないし、気まぐれで現状を許さない。BRCは、このフェスティバルが逆説的な都市になっていることに気づき 2010年の開催前の数ヶ月間、フィードバックを求めた。その年のテーマは「メトロポリス」で、「都市生活の日常と文明と呼ばれるものの将来的な展望を点検する」という明確な目標があった。

大都市は有機的で、自然発生的な異質さを持ち、整然としていない。バーニングマンのように、社会的相互作用の磁気的な中心地なのだ。- 2010年、バーニングマンブログ

ブラックロック・シティは、すべての都市について、共有したいいくつかのことを私に教えてくれた。ブラック・ロック・シティとその中で起こる体験を過度に知的化するのは間違いだろう。この街のマジックの多くは、社会的な交流の中で起こるものであり、それは街の建築物とはかけ離れた、幽玄なものだ。文化が都市のデザインを形成してきたのであって、その逆ではない。Black Rock Cityのデザインの素晴らしさは、Burning Manのコミュニティと指針に奉仕しているところにある。

ランドマークの重要性

「All Roads Lead to the Man」(すべての道は男に続く)

ザ・マン 写真:Burning Blog、blog.burningman.com

The ManはBlack Rock Cityのエッフェル塔であり、数少ない静的で信頼できるランドマークである☨。The Manはコミュニティのメンバーそれぞれにとって異なる意味を持つが、この1つの中心的なランドマークは、街に共通の基準点を与えている。

街には他にもランドマークがあるが、週が進むにつれて徐々に焼き払われ、街の羅針盤はこの建造物だけになってしまう。しかし、「バーニングマン」も燃やさなければならない。バーニングマンは、ビッグベンとは異なり、場所であると同時に時間の目印であり、その週のイベントの集大成なのだ☨。このランドマークが灰になった後の街を観察すると、驚きと悲しみに包まれる。Selçuk Balamirは、その余波をこう語っている。

ブラックロック・シティは、自分たちのランドマークがなければ、自分たちが混乱していることに気づく。儀式であり、デザインでもある 「マン」は、文字通りコミュニティと都市を結びつけている。

現代の都市では、ほとんどの人がGPSや携帯端末、インターネットを使って移動している。The Manは、市民が都市のメンタルモデルを構築し、テクノロジーが機能しなくなったときにナビゲートするのに役立つ、共通のランドマークの重要性を示している。

ブラックロックCITYの地図

神話と都市の構造

ブラック・ロック・シティの住民にとって、「マン」は無限大の意味を持つ。ちょうど、アクロポリスと太陽のピラミッドがアテネとテオティワカンの最高点と中間点であるように、「マン」は都市の中心的な中継点なのだ。スピリチュアルなシンボルの多くがそうであるように、「マン」の制作者が何を意図してこれを象徴しているのかについては議論がある。バーニングマンの創始者であるラリー・ハーヴェイは、日常生活に神聖なものを取り戻すことに関心を抱いていたが、バーニングマンへの巡礼者に正確な意味の「薬」を与えようとは思っていないようだ。

この明白なランドマークの下には、同心円状に配置されたストリートやキャンプに、他の多くのシンボルが存在している。これらの円や交差点は、交通や商業のためではなく、社会的な交流のために意図的にデザインされたものである。A地点からB地点に移動するとき、見知らぬ人と何度もセレンディピティな時間を過ごすことは不可能である。冷たい飲み物、笑顔、ハグ、あるいは雄たけびをあげての皮肉な褒め言葉。Fuseprojectの創設者であり、デザイン学の教授であるイヴ・ベハールは次のように言っている。

アート、音楽、ダンスのスペクタクルを中心に構築された円形の仮設都市計画。すべての都市が、人間の相互作用、コミュニティ、参加を中心に構築されることで、このようなユートピアの精神を持っていればと思う。

1997年から使われているこの都市計画は、ロッド・ギャレットによって作られたものだ。ギャレットは、地域の規制と人口増加に対応するために、都市の再設計を任された。

エベニーザー・ハワードが設計した「明日の庭園都市」(1902)。

ギャレットの「既成概念にとらわれない世界」でのキャリアが、ランドスケープデザイナーであったことは、偶然ではないと思う。彼が最初に設計したブラック・ロック・シティは、20世紀初頭にエベニーザー・ハワードが計画したガーデン・シティと類似している。

レイチェル・ボウディッチも、ギャレットのデザインが他のユートピア都市計画、特にトマス・モアの『アブラクサ島』と類似していることを指摘している。「2001年のブラックロック・シティの設計図と実質的に交換可能である 」と述べている。バーニングマンの中央広場やエスプラネードは 2012年に他界したギャレットが 「世界最大の広場 」と呼んだものだ。

トーマス・モアのユートピア的な中央広場とブラック・ロック・シティの中央広場、センター・キャンプを比較したもの。

シビックオーナーシップ

バーニングマンの基本理念のひとつに「参加」がある。表面的には、参加とは、来場者が覗き見をするのではなく、むしろ交流し、新しいことに挑戦することを意味する。「見るものではない、やるものだ」(The Burning Sensation, 2009)。より深いレベルでは、基本的なインフラや緊急サービスを扱う限定的な政府とは別に、市民が都市の創造者であり維持者であること、つまりシビック・エンゲージメントを意味する。ハーヴェイも言っているように、「市民が都市づくりに参加する」のである。実際、私たちの「コントロール」の半分は、彼らの行動を観察し、彼らのニーズを満たすことに基づいている。そして、それが都市発展の歴史のすべてなのだ」。

アメリカのフロントポーチ文化はバーニングマンで生きており、その埃っぽい通りのレイアウトの中で栄えている。多くの人々が自分のキャンプの前に折りたたみ椅子を置き、通行人に手を振っている。その隣人的で誠実な振る舞いの数々は、夏になると人々が休暇を過ごす中西部の小さな湖畔の町を思い起こさせた。繰り返しになるが、建築の目標は交流と共同体だ。だからといって、対立や社会的緊張がなくなるわけではない。それどころか、本当にうるさいキャンプや、わざと不愉快にさせるキャンプもある。私の隣人のひとりは、創造的破壊を信奉していた。つまり、彼は、自分のネガティブさが人々のポジティブさを引き出すと信じて、非常にゲスなやり方で人々に接していたのだ。私はそうは思わなかったが、バーニングマンが掲げる「ラディカル・インクルージョン」の原則から、彼がそこにいて、嫌な奴でいる権利があることも理解した。

私は、「既定の世界」、つまりバーニングマン以外の人生における市民としての責任感をもって、バーニングマンを後にした。しかし、市民生活が非常に機能不全に陥っているアメリカの実際の都市で、このような市民参加を再現する方法について、私にはほとんど処方箋がない。しかし、たとえ想像力に富んだ、あるいは非現実的な方法であっても、人々が参加できる方法を提供することが、良い第一歩であることは確かだ。

迷子になることの重要性

砂漠の中の人里離れた場所では、昼と夜が厳しく管理されていると思うだろう。これは多くの点で真実だ。日の出は息を呑むほど美しく、太陽が周囲の山々の下に沈むと、キャンパーたちは吠え立てる。しかし、この街の住人の大半にとって、一日はまだ始まったばかりだからだ。

夜、街は明るく燃え上がる。炎とLED、音楽と音響が街の人口密集地を覆い尽くす。その結果、万華鏡のような刺激の不協和音が観察者を取り囲む。

人間以外の道しるべをたどっても、街のどこか、あるいは砂漠の北東の端、「深い」プレイヤに迷い込んでしまうだろう。「ディープ」プラヤは、アートプロジェクトがまばらに集まっている以外、何もない約2マイルのエリアだ。この地点からでは、「マン」を見つけるのは難しい。家に帰るには、旅人はドンドンと光の群れのほうに歩いて戻らなければならない。街の外で迷子になることで、コミュニティが築き上げたものをより深く理解することができるのだ。夜の街のスケールの大きさには驚かされる。

人々は、街の境界をさまよいがちだ。何人かの作家は、ブラックロック・シティにおいて、ヴァルター・ベンヤミンのフラヌールという概念を考察している。フラヌールは、目的もなく街を歩き回り、くつろいでいる。フラヌールは正確な目標や目的地を持たず、むしろ街に導かれるまま、興味のあるものを追いかけていく。ブラック・ロック・シティの建築は、ボウディッチが書いているように、この行動を後押ししている。

ブラック・ロック・シティの全体的なデザインは、身体を社会的、空間的に組織化し、空間における身体の複雑な振り付けを作り出し、ランダムな動きの流れを促している。

歩行者と自転車

歩行者、自転車、その他自動車以外の創造的な交通手段☨のために都市が設計されているので、蛇行すること、そして最終的には迷子になることが可能である。ブラックロック・シティは自動車がないわけではないが、明らかに歩行者と自転車が優先されている。自動車には5MPHという厳しい速度制限があり、BRC DMV(ミュータント・ビークル局)は、芸術や音楽のためにゆっくりと移動するオブジェクトとして規制している。

Light Foot Bicycles(www.lightfootcycles.com)は、あらゆるタイプの人にあらゆるタイプの自転車を提供する。

ポートランドには内緒だが、ブラックロックシティは「アメリカで最も自転車に優しい街」だと、DPWサイトマネージャーのトニー・”コヨーテ”・ペレスが言う。確かにこの街では自転車が主要な交通手段となっている。カスタムメイドの自転車を販売したり、レンタルしたりする会社がいくつもできるほど、表現力豊かな自転車への需要があるのだ。個人的には、バーニングマンは、人力による交通手段のあり方の想像力を大きく広げてくれるものだと感じた。

特に夜間や、予期せぬ砂嵐で視界が数メートルまで狭くなっているときなどは、安全とは言い難い。しかし、交差点には秩序あるカオスがあり、事件事故は思ったよりはるかに少ない。交差点では、人々は様々な方向へ、様々な速度で、様々な精神状態で移動している。しかし、アイコンタクト、照明、身振り手振り、そして言葉によるコミュニケーションによって、ほとんどの衝突事故は減少する。トム・ヴァンダービルトの著書『Traffic』で報告されているように、人々は危険だと感じた交差点では、よりゆっくりと進み、他の旅行者に良い合図を送る傾向がある。これは直感に反することだが、私はブラックロック・シティでこのことを確認した。さらに、都市の道路は単なる道路ではなく、人々が互いに気を配り合う傾向のある交差点であり、都市と一体化したものである。

郊外化という問題

ブラックロック・シティは、デザイン上、スプロール化した場所である。5万人から10万人の市民を収容するためには、郊外化が必要だが、その弊害として、街のはずれの住民を疎外することになる。街の端やウォークイン・キャンプ場の静けさを好む人もいるが、確立された「部族」やキャンプに属さない他の訪問者は、街の広場や芸術、お祭り騒ぎから比較的離れた街の端でキャンプ場を探さなければならない。

これらはまだ近隣地域である。しかし、街の縁側を歩くと、活気や参加感に欠ける。もっと重大な問題は、これらの市民が都市生活に溶け込み、参加するのに時間がかかることだ。この問題は、短い時間軸のイベントによって、さらに複雑になっている。

私は、ブラックロック市公共事業局(DPW)のクルーリーダーから、毎年バーニングマンの人口規模を拡大することの難しさについて話を聞く機会があった。しかし、ブラックロック・シティの構造を、インクルージョン、共同作業、リーブ・ノー・トレース(痕跡を残さない)という環境保護主義の原則に合致させ続けるには、組織がじっくりと考えなければならない、と語ったのだ。

変化は避けられない

2014年の開催前と開催中に、バーニングマンが “douchey “になりすぎていないか、という質問があった。バーニングマンはジェントリファイしていると言えるが、そうなると、自分もジェントリファイした一人だと認めざるを得ない。バーニングマン創始者のハーレイ・デュボアは、バーニングマンでのインタビューで、街が変化したことに同意しながらも、街の「変化は必然」であり、それがあるべき姿だと語っている。街の大きさと人気の高さから、すべての人に手を差し伸べるのは難しいとのこと。

このHome Away from Homeには、実はもう少し「既定の世界」があるのかもしれない。この街はここ数年で急速に成長・変化し 2010年から約3万人増えた。人口の増加により、多様性は向上したが、ラディカル・インクルージョンとは対照的な傾向も見られる。特に、ニューヨークタイムズ紙の報道により、不潔な金持ちの訪問者が増え、街中にゲーテッドコミュニティーや使用人がいることが報道された。ラディカル・インクルージョンとは、金持ちも招待するが、その手段を使って自分たちをラディカルに排除してはいけないということだ。実は、これは現実の世界で1パーセントをどう考えるべきかを示す、とても良いルールだ。

1995年以降のバーニングマン人口

しかし、このような課題を克服できる場所があるとすれば、ブラックロック・シティはそのような場所であると私は思う。この街の精神は、芸術とアナーキーから生まれ、過剰な規制や統治を抑制するのに役立っている。限られた政府と都市計画によって、街の安全が保たれている。成長とインフラストラクチャーは、より多くの創造性、参加、そして訪問者を可能にし、彼らはブラックロック・シティの精神を「デフォルト」の世界に持ち帰る。何より、この環境の厳しさが、集団的な生存を多くの住民の結束力にしているのだ。グローヴァー・ノーキストが2014年の初体験について書いたように、「バーニングマンでの自立の要求が、みんなをたくましくする。愚か者はほとんどいないし、悪意ある者もいない。」

来年も行くことを楽しみに、さらに良い街になるように頑張る。

ツイッターでフォローしてほしい。アーバニズムとモビリティのためのデザインについて投稿している。https://twitter.com/stevepepple。

ブラックロック・シティに関するその他の事実

  • バーニングマンは、1997年からブラックロック・シティで開催されている。
  • バーニングマンは、世界最大のLeave-No-Traceイベントである。
  • Black Rock City LLCはサンフランシスコに本拠地を置き、年間の運営予算は1,000万ドルと推定されている
  • 2001年の時点で、参加者はイベントのための旅行や準備に約1000万ドルを費やすと同団体は推定している。
  • ブラックロック駅のゲルラックには年間を通して数人が住んでおり、8月に400人以上のチームが28日間かけて何もないところから街を作り上げる。
  • 市の面積は約5.7平方マイル、道路の直径は約1.8マイル、中心から約0.5マイルのところに「マン」がいる。
  • 空港、郵便局、陸運局、寺院、公式ラジオ局(その他)リサイクルセンター、都市情報・挨拶所、カフェ、新聞社などがある。
  • センターキャンプは風速100MPH以上の風にも耐えられるように作られている
  • 1990年の「The Man at Baker Beach」の高さは40フィートだったが、過去10年間では80〜90フィートになっている
  • 中核となるインフラや大規模なアートプロジェクトのほか、街全体は、人口がピークに達する土曜日の1週間足らず前に住民によって建設されている。
  • 2014年、ブラックロック・シティには1,400個のポータブルトイレが整備されていた(嘘だ)。これらのトイレは、人々がイベントから離れ、交通渋滞の中で待つ間に再配布される。
この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました