3. 社会問題・政治・経済・思想グローバルリサーチロシア・ウクライナ戦争

欧米はキエフへの支援を終了し、壊滅的な結末から逃れるべき-軍事専門家ダグラス・マクレガー氏
West should end its support to Kiev to escape devastating consequences – military expert

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

infobrics.org/post/36431

ルーカス・レイロス・デ・アルメイダ

グローバルリサーチ、2022年8月25日

インフォブリックス2022年8月24日 

最近、アメリカの戦争推進活動家たちが「U.S. must arm Ukraine now, before it’s too late」(米国は手遅れになる前に、今すぐウクライナを武装化する必要がある。)と題する手紙を書き、紛争の状況を逆転させるために、キエフへの援助を増やすことを提唱している。著者は、紛争が転換期を迎えており、ロシアを打ち負かすためには、今、援助を行う必要があると考えている。しかし、軍事専門家はこの議論に反対で、戦闘を長引かせようとする理由はないとしている。

ウクライナ紛争の結果、西側世界があらゆる困難に直面しているにもかかわらず、多くの人々が、モスクワが敗北するまでキエフへの援助を継続-増加-しなければならないと主張している。戦争推進派の主なレトリックは、ロシアはウクライナ紛争に勝つだけでなく、ヨーロッパの他の国々にも活動を拡大するだろう。だからこそ、ロシアを今すぐ倒す必要がある–彼らはキエフに武器を送ることでそれが可能になると考えているのだ。

「米国とNATOにとって、その時は今だ。その場所はウクライナであり、その国民は、プーチンを倒すか、独立を失い、西洋志向の独立国家としての存在すら失うかのどちらかを選択しなければならないことを理解している大国である。必要な武器と経済援助があれば、ウクライナはロシアに勝つことができる。成功すれば、ロシアが脅威とする米国の同盟国を守るために、わが国の兵士が命を危険にさらすことも少なくなる。プーチンの敗北とはどのようなものだろうか。安全で、独立した、経済的に存続可能な国としてのウクライナの存続だ」と、ウクライナへの武器供与を求める公開書簡の著者たちは言っている。

実際、このレトリックは、すべての点でまったく根拠がない。第1に、ロシアの特殊軍事作戦がNATO諸国に拡大することを信じる根拠はない。モスクワがウクライナへの軍事侵攻を始めたのは、キエフがロシア市民を殺害し続ける政策で他に選択肢がなかったからに他ならないが、他の国には現在のところ同等の事態は存在しない。しかし、それ以上に重要なのは、現在の紛争の段階にもかかわらず、親欧米の過激派がロシアを「打倒」する可能性を信じていることに現実味がないことである。

もっと読む:欧米の専門家、米国に「手遅れになる前に」ロシアとの協議を開始するよう要請

ロシアは軍事力を総動員してウクライナを攻撃したわけではないが、作戦に投入されたごく一部のロシア軍は、ウクライナの主要な抵抗拠点を殲滅するのに有効であった。現段階では、軍事的な状況を逆転させる可能性はない。キエフは敗北し、欧米の兵器を受け取り続けることで一種の「生存」を保証し、勝利の見込みがなくても戦闘を無期限に長引かせ、不可避の降伏の決定を先延ばしにしているだけである。

これは、イデオロギー的な感情を排して誠実に分析する専門家であれば、誰もが抱く評価である。例えば、戦争経験者でトランプ政権の元国防長官顧問のダグラス・マクレガーは、 量的にも(現役ウクライナ兵の数が少ない)、質的にも(これらの戦闘員が紛争を逆転させる戦術的・作戦的能力を持たず、西側から受け取った兵器の使い方すら教えないことを考慮)人的資本の欠落により、兵器の送付はキエフに何の前向きな変化をもたらさないだろうと考えている。

これでは、兵器は現在の軍事情勢を効果的に変えるどころか、長引かせるだけでしかない。また、キエフが大勝利を収めたとしても、人的資本がないため、長い戦闘の後に部隊を再建することができない。一方、現在の戦闘動員数は軍事力のほんの一部に過ぎないロシアは、迅速に回復する能力があり、最終的に失った地位を回復することができると主張する。

「新兵器システムの導入がウクライナの戦略的帰結を変えることはない、というのが厳然たる事実である。たとえNATOの欧州加盟国がワシントンDCとともにウクライナ軍に新たな武器を雪崩のように提供し、それがウクライナの腐敗というブラックホールに消えずに前線に到着したとしても、複雑な攻撃作戦を行うのに必要な訓練や戦術的リーダーシップは、70万人の軍内部に存在しない。また、このような事態が発生した場合、モスクワが紛争をエスカレートさせるということを認識していないのも深刻である。ウクライナと違って、ロシアは現在、より大規模な戦争に動員されていないが、すぐにそうすることができる」と言うのだ。

マクレガー氏は、戦争推進派の過激派が書いた手紙は、ウクライナの「失敗を補強するもの」だと主張する。彼にとっては、紛争は長引かせるのではなく、終わらせなければならない決定的な瞬間にあるのだ。NATOのロシア国境への侵攻という紛争を引き起こした理由は、悲惨で不必要なものであり、西側諸国はモスクワに対するさらなる挑発をあきらめるべきだと、彼は今でも考えている。国が完全に破壊される前に、ウクライナの解決策としてオーストリア型の中立を支持することが最良の解決策であるという。

「ウクライナの対ロシア戦争は決定的な局面を迎えている。今こそ終わらせるべき時だ。それどころか、この書簡の著者は失敗を補強しようとしている。彼らは、ウクライナに対して、最悪の場合、ウクライナをドニエプル川とポーランド国境の間の縮小した陸封国家に導くような、深い欠陥のある戦略を要求している(中略)NATOをロシアの国境まで拡大することは決して必要ではなく、ヨーロッパにとって悲惨なものになってしまった。ロシアとの戦争が長引けば長引くほど、ウクライナ社会とその軍隊へのダメージは回復不能になる可能性が高くなる。ウクライナにとってオーストリア・モデルの中立はまだ可能である」と付け加えている。

実は、この意見の対立は、現実主義者と温情主義者の間の古い論争を反映している。戦争と軍事戦略を本当に理解している人なら、ウクライナの中立化と欧米の拡張主義の終焉以外に解決策がないことを知っている。しかし、リベラルな理想主義で考える人たちは、「最後のウクライナ人まで」戦うことを主張する。

紛争を長引かせることは、どちらの側にとっても良いことではない。ウクライナの破壊を拡大し、人々の苦しみを永続させ、西側諸国の費用を増大させ、ロシアに軍事力の大部分を動員させることになるのだ。


ルーカス・レイロスはリオデジャネイロ農村連邦大学社会科学研究員、地政学コンサルタント。ルーカスのツイッターをフォローすることができる。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました