ビタミンD・紫外線・日光浴(総合)ロバート・マローン

ウェルビーイング | ビタミンDに関する偽情報攻撃
ファクトチェッキング ワシントンポスト ビッグファーマのプロパガンダ

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

rwmalonemd.substack.com/p/well-being-disinformation-assault

中国でのWEF会議に関するエッセイを寄稿したジェレミー・ハリガンによるゲストリサーチとオピニオン。

もし、多くの人々が目覚めれば、コビッドワクチンの代替品としてのビタミンDの幕引きは、コビッドワクチンやブースターショットをさらに支持する「安全かつ有効な」緊急使用承認 (EUA)のシナリオに大きな打撃を与えることになるだろう。COVID-19の大流行が始まってから3年が経とうとしているが、もし医療機関/大政府/大製薬会社の思い通りになり続ければ、時間が経つにつれてアメリカの家庭に流れ込むビタミンDサプリメントは少なくなっていくだろう。そして、人々が低レベルのビタミンDを摂取すれば十分であると考えるようになれば、製薬会社に取り込まれたHHSは、(できることならビタミンDを禁止することなく)それでよいと考えている。

以前、この2022年05月07日のエッセイ「予防可能な死とD3」で、呼吸器系ウイルスに関連する病気の予防にビタミンDを用いることを支持する医学史と文献を簡単に紹介した。「ビタミンD3の醜い歴史とファウチのプロワクチン・バイアス」

製薬会社、生物防衛会社、医学界の複合体は、企業メディアと協力して、独自のプロパガンダと誤情報キャンペーンによって、ビタミンDに悪印象を与えることに成功した。一般大衆は依然として暗闇の中に取り残されたままである。これらの勢力は、SARS-CoV-2の感染とその回復から生じる自然免疫を、記憶から消し去り、信用を失墜させるために懸命に働いている。そして、最終的には、中程度のリスクをもたらす病原体に対する実験的なEUA認可の遺伝子ワクチンの注射を受けるために、薬局やワクチンクリニックに急いで並ぶようにプロパガンダと強制力を行使する前に、おそらくビタミンDの大量摂取を最初に考慮すべきだったろうとは決して考えない。

最近、ワシントンポストで「医者に聞け」という記事を偶然見つけた。「ビタミンDはどのくらい必要か?サプリメントを飲むべきか」?というタイトルの記事を見つけた。彼女はブリガム・アンド・ウィメンズ病院の予防医学部長で、ハーバード・メディカル・スクールの医学部教授である。マスコミの宣伝もあって、マンソン博士をビタミンDの第一人者と思っている人が多いが、それは間違いだ。

以下、記事の全文から主要な部分を抜粋して紹介する。

「大多数のアメリカ人は、すでに必要なビタミンDを自由に食事と太陽から摂取している」

これは、ビタミンDに関する最近の研究や、早期治療プロトコルやワクチンに代わる治療法を用いた他の医師の臨床経験を無視した、無茶苦茶な主張である。

「2009年、私と同僚は、サプリメントが心臓病、脳卒中、癌を予防できるかどうか、より明確な答えを探すために研究を開始した。VITAL Studyと呼ばれる全国規模の無作為化試験では、約26,000人の成人を対象に、5年間の追跡調査が行われた。参加者は、プラセボまたは1日2,000国際単位 (IU)のビタミンDを摂取することに同意し、どちらを摂取しているかは分からないようにした」

ここがポイント:彼女が省いているのは、2,000IU/日、そして70歳までの成人には600IU、それ以上の年齢には800IUという低いビタミンDでも、国立アカデミーからのものなので支持しているが、COVIDを防ぐために50から60ng/mlの血液濃度にするには確実に不十分だということである。実際には、多くの人が1日に4,000から5,000IUを必要としている。

シンプルにするために、1つの研究だけを引用する。

2021年の無作為化 臨床試験 で判明した。「年齢、性別、ベースラインのBMI、Dダイマーを調整しても、5000IU群は1000IU群より咳の解消までの時間(日数)が有意に短く、(6.2 ± 0.8 対 9.1 ± 0.8; p = 0.039)、加齢臭(味の喪失)(11.4 ± 1.0 対 16.9 ± 1.7; p = 0.035 )。結論1日5000IUのビタミンD3経口補給を2週間行うと、ビタミンD状態が最適でない、軽度から中等度のCOVID-19症状を持つ患者の咳や味覚の感覚低下の回復までの時間が短縮される。ビタミンD状態が最適でないCOVID-19患者に対する補助療法として、短期間であっても5000IUのビタミンD3を使用することが推奨される」とある。後者は、ほとんどの人がそうだろう。

つまり、多くの研究が、十分なビタミンDの血中濃度(一般的には血中50ナノグラム/ml以上)が、SARS-CoV-2、インフルエンザAおよびBウイルスによる疾病から実質的に保護することを実証している。しかし、人によって代謝、吸収率、肥満度(痩せ型か太り型か)が異なるため、ビタミンDの生体内分布とバイオアベイラビリティに影響を与える。また、ビタミンDの濃度は、1年のうちで日光を浴びる量が多かったり少なかったりするため、変化する。であるから、ビタミンDの濃度をチェックすることは、定期的なメディカルチェックの検査項目のひとつに加えるべきだろう。

ビタミンDを大量に摂取することのデメリット、リスクは何か? これは、ワシントンポスト紙の「専門家」マンソン博士が提示した論理である。

非常に多くの量を摂取すること、つまり「メガドージング」(毎日6,000IU以上摂取するなど)は、長期的な研究が行われておらず、血中のカルシウム濃度が高くなり、腎臓結石やその他の健康問題のリスクを高める可能性がある。

これは、知識のない医師がいつも口にする曖昧な議論だ。腎臓結石、では、実際にピアレビューされたデータではどうなのだろうか?

ここでは、誰でもいつでもできる関連情報の検索を大公開する。

自分で調べて、自分の頭で考えて。

例えば、COVID-19の急性腎障害と電解質異常というタイトルの興味深い 論文がある。

低カルシウム血症はCOVID-19で最も多い電解質異常であり、ビタミンDの欠乏と副甲状腺のアンバランスが原因で起こるようだ。また、入院期間やICU滞在期間の延長との関連も高い。

また、非常に高い値は腎臓病と関連していることは事実である。そのため、あなた(またはあなたの子供!)は、ビタミンDの血中濃度をチェックする必要がある。

高用量ビタミンDを投与された小児における腎石灰化症

結果 合計44名(男性:29名,年齢:7~62カ月)の患者を対象とした。年齢≦16.5カ月,体重≦10.25 kg,身長≦78.5 cm,体表面積 (BSA)≦0.475 m2,25-ヒドロキシビタミンD3≧143 ng/mL,Calcium≧10.65 mg/dL は感度および特異度>60%の腎石灰化症の発生予測因子であった。単変量解析では、BSAが最も有意な体格的予後因子であった(オッズ比:12.09,95%信頼区間:2.61-55.72、P = 0.001)。

結論 BSAが小さい小児は、ビタミンD3高用量関連腎石灰化症に対してより脆弱であった。医師と親は、小児におけるビタミンD過剰摂取の潜在的な有害作用に注意すべきである。

しかし、ビタミンDが少なすぎると、腎臓結石と関連することもある。

イラン人腎臓結石症患者におけるビタミンD欠乏の有病率、その予備軍および24時間尿中代謝物との関連について

結果 1005人の患者(男性66.4%、女性33.6%)において、ビタミンD欠乏症の有病率は44.8%であった。ビタミンD欠乏症は、50歳未満の患者 (P < .001)および副甲状腺機能亢進症の患者 (P < .05)でより多くみられた。副甲状腺機能亢進症の有病率は、25-ヒドロキシビタミン Dが40~49.9 ng/mLの範囲でもっとも低く、次いで 30~39.9 ng/mL,20~29.9 ng/mLの範囲であった。ビタミンD欠乏症の患者は、血清クレアチニンが低く (P < 0.02)、24時間尿カルシウムが低く (P < 0.01)、24時間尿シュウ酸塩が低かった (P < 0.05)。

結論 イランの腎臓結石形成者は、比較的高いビタミンD欠乏症の有病率を持っている。私たちの集団は、ビタミンD欠乏症の素因が異なるようである、すなわち、若い患者で有病率が高く、肥満および性別とビタミンD状態との関連はない。副甲状腺ホルモンによると、私たちの腎臓結石患者の好ましい血清25-Hydroxyvitamin D値は20〜49.9 ng/mLであった。

要するに、他のホルモンや薬と同様に、ビタミンDも適切な投与が必要なのだ。そして、マンソン博士がワシントンポスト紙を通じて宣伝しているような、1つのサイズですべてをカバーするような一般論は、非医学的なプロパガンダに過ぎない。医学は常にもっと微妙なものである。そのために、医療専門家にお金を払って、治療の指針を得るのである。

ワシントンポストが選んだ「専門家」マンソン博士の発言で、印象に残ったことがある。

「そうでなければ、気分が良くて健康であれば、ビタミンDの検査はお金の無駄である可能性が高い」

おいおい、そうなのか?どうしてそんなことがわかるのか、どうしてこれがみんなに当てはまるという確信が持てるのか。

ちょうど2020年の秋、パンデミックの半年くらい前までさかのぼると、この記事で医療機関がビタミンDの誤情報をいかに濃厚に押しているかに気づいた。その記事で 注目したのがこれだ。

「さらに、ビタミンDの摂りすぎは、実際に骨折を助長する可能性がある。JAMAに掲載された 2019年の研究では、1日に4000IUまたは10000IUを摂取した人は、400IUを摂取した人と比べて骨密度が減少したことがわかった。」

なるほど、そういうことだったのか。騙されやすい高齢者を脅して、骨が弱くなる、骨粗しょう症になると思わせ、ビタミンDの摂取量を増やすことでそのリスクをはるかに上回り、免疫システムを強くして、コビッドワクチンを注射するのを嫌がるようにしようというのだ。ビタミンDのサプリメントに使うお金が減れば、製薬会社にとっては、より多くのワクチンを配ることになり、より多くの利益を得ることになる。それでも私は怒る。なぜなら、もし政府が早い時期にすべてのアメリカ人にビタミンDの長期供給を行えば、ここ数年の恐怖と生活の激変は避けられたはずだからだ。それこそ、私が支持する「政府の手当て」であったろう。

実験的な遺伝子治療であるコロナワクチンの代わりに、政府の推奨値よりも高いビタミンDを摂取する人が増えることを望まない人たちの別の試みがここにある。

この記事にはマンソン博士も引用されているが、彼女は明らかに両極端なことを言っている。

「ビタミンDの欠乏とCOVID-19のリスクに関連がある可能性があるからといって、すべての人が血中25-ヒドロキシビタミンD濃度の検査を受けに行く必要はないし、ビタミンDを大量に摂取するよう求めるものでもない。しかし、ビタミンDの欠乏を避けるために、通常の注意を払った上で、屋外での運動や日光浴を行い、穀類や乳製品などの強化食品、脂肪分の多い魚などの食事からビタミンDを摂取するなどの、容易に達成できる方法をとるよう、注意を喚起している。ビタミンDがCOVID-19のリスクに直接影響するかどうかは別として、これらの対策は筋骨格系やその他の健康に有益であろう。屋外に出られない人や食事で十分なビタミンDを摂取できない人にとっては、特にこの大流行期には、1日1,000 IUまたは2,000 IUのビタミンDサプリメントが妥当であろう。したがって、この困難な時期に、ビタミンDの欠乏を減らすための集団ベースの対策への呼びかけが必要であると思われる」

しかし、私たちは彼らの動機に疑問を持たなければ、彼らは勝ち続けるだろう。

これを読んでいる多くの人は、なぜビタミンD3を摂取することがウイルス感染を防ぐのに「間違いない」のか、納得する必要はないだろう。私のように、特にここ数年は、亜鉛、ケルセチン、N-アセチルシステイン (NAC)などの他のサプリメントと一緒に、おそらく毎日摂取することが習慣になっている方も多いのではないだろうか。骨の健康や抗炎症 作用が最もよく知られているが、別の角度から他の知られた 効果について触れてみよう。

これらのポイントにより、私はビタミンD3に確固たる自信を持ち続けることができた。

  • ビタミンDは、人類が知る多くの病気を予防することができる
  • ビタミンDに関する政府のガイドラインは低すぎる
  • ビタミンDは、インフルエンザ予防接種よりも、A型およびB型インフルエンザウイルス感染による病気の予防に効果的であることが判明
  • ビタミンDを摂取するには、自然な日光浴、ビタミンD3が最適である。

そして忘れてはならないのが、ビタミンK2で、ビタミンD3と一緒に摂ることで、さらに健康に良い効果をもたらすことだ。「ビタミンD3」と「ビタミンK2」はどのように調和して働くのだろうか?ビタミンD3は、腸から血液にカルシウムが吸収されるのを誘導する。ビタミンK2はそれを受けて、カルシウムを骨に誘導する。カルシウムはバトンのようなもので、ビタミンD3とビタミンK2はリレーのバトンゲームのランナーのようなものだと考えてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました