3. 社会問題/ウクライナ-ロシア戦争WEF/グレート・リセットロシア、プーチン新世界秩序・多極化暗号通貨・地域通貨・CBDC

新多極化世界秩序へようこそ – 第四部
Welcome To the New Multipolar World Order – Part 4

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

iaindavis.com/multipolar-world-order-part-4/

投稿者:イアン・デイビス2022年10月18日

本連載の第1回では、世界秩序の様々なモデルについて見てきた。

第2部では、多極化する世界秩序への転換を、意外な人物がリードしてきたことを検証した。

第3部では、「バランス・オブ・パワー」、すなわち多極化した世界という思想の歴史を探った。このモデルを提唱してきた人々は、一貫してグローバル・ガバナンスという同じゴールを目指してきた。

第4部では、差し迫った多極化の秩序を支える理論、ロシアと中国の官民寡頭制のあり方、この2国の軍事力の台頭について考察していく。

ウクライナ戦争を取り巻く状況

ウクライナの戦争が、ある意味で「フェイク」であることを示す証拠はない。ウクライナの人々の間の政治的、文化的な違いは、国民国家よりも古く、現在の紛争は、長年の非常に現実的な緊張に根ざしている。人々は苦しみ、死んでいる。彼らは平和に暮らす機会を得る権利がある。

しかし、ウクライナの紛争を引き起こし、永続させた特定の要因以外にも、議論に値するより広い文脈が存在する。

西側と東側のいわゆる指導者たちには、ドンバス戦争の双方を交渉のテーブルに着かせる十分な機会と権力があった。停戦を仲介し、長年にわたるさまざまなミンスク合意を実施しようとする彼らの試みは、弱く、中途半端なものだった。両陣営は、ウクライナ人の生命をかけた政治を行うことを選んだようだ。そして、両者とも最終的には紛争を煽った。西側諸国は、状況を悪化させる以外のことはほとんどしていない。ロシア政府は、経済的に厳しい選択を迫られたとはいえ、ヨーロッパのエネルギー市場におけるその圧倒的な地位をもっと有効に活用することができたに違いない。

もし、戦争を回避することが目的であるならば。

他に何があるにせよ、ウクライナ戦争は地政学的パワーバランスの転換の支点である。その直前の疑似パンデミックと同様に、この戦争は極性の転換を加速させている。

ベン・ウォレス

英国のベン・ウォレス国防長官は、ウクライナ戦争が「NATOへの贈り物」であると観察したのは正しい。西側諸国がロシア政府の金融政策を届けたように、プーチン政権はNATOを消えゆく関連性から救ったのだ。理由は違えど、両極は強化される。

同時に、欧州連合(EU)は、この戦争と制裁を利用して、EUの軍事的統一に向けた動きを活性化させようとしている。

英国は、2016年に国民投票によってEU離脱を選択したにもかかわらず、この推進に関与している。特に、有権者の大多数が「国家主権」を連合指導部に渡したくないという理由からである。

しかし、見ての通り、国民が何に投票しようが、何に反対しようが関係ない。EUを離脱したはずなのに、英国の選挙で選ばれなかった新首相は、英国を「第三国」として、ブリュッセルの直接の軍事指揮下にある恒久的構造協力(PESCO)協定に縛り付ける契約を結んだばかりである。英国は、その独立した防衛力を部分的にEUに渡すことで、もう一つの極の出現を助ける役割を担っている。

これまで一極支配を支えてきた国際通貨金融システム(IMFS)は、そのライフサイクルが終わりを迎えようとしている今、変貌しつつある。経済成長は、西側では制裁によって意図的に抑制され、東側では促進されている。エネルギーの流れや消費パターンは東へと向けられている。同時に、効果的な軍事力の「リバランス」が行われている。

疑似パンデミックの間、私たちは世界的な協調の証拠を多く見た。最も異例なのは、ほとんどすべての政府が足並みをそろえて行動したことである。中国、米国、ロシア、ドイツ、イラン、英国、その他多くの国が、同じ偽りのシナリオに従った。すべての国が、世界のサプライチェーンを遮断し、世界貿易を制限することに参加したのだ。ほとんどの国は、世界経済フォーラムが推奨するグローバルな「地域化」の道を粛々と歩んでいた。抵抗する少数の国は、国際的な亡者とみなされた。

その後、何が起こったのだろうか。ウクライナ戦争は、私たちがよく知っている東西の対立を再び引き起こしたと言われている。しかし、他のほとんどの重要な点では、国々は不思議なほど完全に一致している。どうやらウクライナ戦争は実質的に唯一の論争..,

多極化理論

セルゲイ・グラズィーエフ

多極化した世界秩序は国民国家を擁護するものではない。私たちはすでに、多極化モデルが「グレート・リセット」(GR)アジェンダと極めて正確に合致することを論じた。したがって、多極化理論が、提案されたウェストファリアンの国民主権概念も否定することは、ほとんど驚くにはあたらないだろう。

ロシアには数多くのシンクタンクやGONGO(政府系非政府組織)がある。欧米と同様、これらは官民両セクターから資金を受け、影響を受け、連携している。スウェーデンの防衛研究所が指摘するように、ロシアのシンクタンクの資金は「一部は政府から、残りは民間のアクターやクライアント、通常は大企業から提供されている」のである。

カテホンは、クリミアやドンバスでウクライナ系ロシア人を支援したことで2014年から米国から制裁を受けているロシアのオリガルヒ、コンスタンティン・マロフィエフ(マロフィエフ)が設立した「独立系」シンクタンクである。カテホンの役員には、現在ユーラシア経済連合(EAEU)のマクロ経済統合担当委員を務める経済学者・政治家のセルゲイ・グラズィエフが含まれている。

2018年、カテホンは、これとは逆に、多極化は、あらゆる話にもかかわらず、大部分が一極化への対抗として定義されてきたと指摘した。つまり、それが何であるかよりも、何でないかという観点で表現されていた。カテホンはこれを是正しようと、多極化世界論(TWM)」を提示した。

多極化は、ウェストファリア・システムの論理に従った世界組織の国家モデルとは一致しない。このウェストファリアン・モデルは、すべての主権国家間の完全な法的平等を前提としている[…].このモデルでは、世界には主権国家の数だけ外交政策決定の極が存在し[… ]、すべての国際法はそれに基づいている。実際には、もちろん、さまざまな主権国家の間には不平等と階層的な従属関係が存在する。多極化した世界は、古典的なウェストファリア・システムとは異なり、法的にも形式的にも主権を持つ独立した国民国家が、本格的な極の地位を持つことを認めないという点で異なっている[….]。つまり、多極化した世界における極の数は、承認された(したがって、承認されていない)国民国家の数よりも大幅に少なくなるはずだ。多極化は、国民国家の法的平等を主張する国際関係システムではない[…]。

一極集中は、多極化以上に国民国家を保護しない、とカテホンは見ている。カテホンによれば、ウェストファリア・モデルは、その応用として、常に神話であった。政治指導者たちが、自分たちが作り出した政策目標を受け入れるように私たちを欺くために売りつける「思想」の一つに過ぎないと言えるかもしれない。彼らは「ナショナリズム」が有用であるとして、時折それを利用する。

ユーラシアニズム

西側主流メディア(MSM)は、ウラジーミル・プーチンをコミック本の悪役に仕立て上げようと、彼と物議を醸したロシアの政治哲学者・戦略家アレクサンドル・ドゥーギンを個人的に結び付けようとしている。彼らは、ドゥギンをプーチンのラスプーチン、あるいはプーチンの「脳」と呼び、プーチンがドゥギンを親友であり、お気に入りの哲学者であると考えていると主張している。

しかし、これらの話に根拠があったわけでは決してない。2018年に発言したドゥギンは、「私は国家機関の中で公式な地位に就いていない。プーチンと直接の関係はなく、会ったこともない」と述べた。

2022年、西側MSMの疑惑は、ドゥギンの政治的・哲学的協力者であり30年以上の友人でもあるアラン・ド・ブノワに、次のような観察をさせることになった。

プーチンの「脳みそ」!ドゥギンとプーチンが一度も直接会ったことがないという事実が、この表現を使う人たちの本気度をよく表している。[ドゥギンはプーチンの側近をよく知っているのは間違いないが、プーチンの親しい友人や「特別顧問」であったことはない。数年前に彼が書いたプーチンに関する本は、賞賛とはほど遠いものである。それどころか、ドゥギンはプーチンのどこを認め、どこを嫌っているのか、両方を説明している。

ドゥギンはクレムリンと特別な関係にあるわけではないが、彼の思想がクレムリンに影響力がないわけでもない。セルゲイ・ナリシキン国家議会議長やゲンナジー・セレズニョフ国家議会議長の顧問を務めたこともあり、政治的なコネクションを持ち、ロシアの政治家の耳に入ることは確かである。

ドゥギンは、おそらくユーラシア主義の現代的な代表的な声である。2014年のインタビューで、彼はユーラシア主義とその多極化の中での位置づけの両方について、このように解釈している。

ユーラシア主義は、多極化のビジョンと、アメリカの覇権の継続という単極化のビジョンの拒否に基づくものである。この多極化の極は、国家やイデオロギーブロックではなく、共通の文明の境界の中で戦略的に統合された大空間(Grossraum)である。典型的な大空間とは、ヨーロッパ、統一アメリカ、カナダ、メキシコ、あるいは統一ラテンアメリカ、大中華圏、大インド、そして私たちの場合はユーラシアである[…]多極化のビジョンは、共通の文明を基礎とした統合を認める。プーチンの外交政策の中心は、多極化と、真に強固な極を作るために必要なユーラシア大陸の統合である。

オリガルヒも世界の政治家も、ある政治哲学や文化的イデオロギーを単純に称賛し、それによって人類の行動や信念をコントロールできると信じるほどには、騙されてはいない。マキャベリ的な小細工は常に必要なのだ。

プーチンは頻繁にユーラシア主義的な思想を唱えている。逆に、ドゥギンはプーチンが明確なイデオロギーを持たないことを批判している一人である。

彼は個人の直感を、未来の秩序を守るためのドクトリンに変換しなければならない。ただ、彼はイデオロギーを宣言しておらず、そのことがますます問題になっている。プーチンの超個人主義が大きなリスクであることは、ロシア人の誰もが感じている。

2011年、プーチンはユーラシア連合の創設を発表し、ドゥギンやマロフィエフ、グラジェフといったユーラシア主義者を大いに喜ばせた。プーチンはそれに付随する論文を発表した。

私たちは、現代世界における一つの極となり、ヨーロッパとダイナミックなアジア太平洋地域の効率的な架け橋となることができる強力な超国家的連合を提案する。2008年の世界危機が構造的なものであったことは、今日、明らかである。私たちは、蓄積された世界的な不均衡に根ざした危機の深刻な余波をいまだに目撃している。このように、私たちの統合プロジェクトは、質的に新しいレベルに移行しつつあり、経済発展のための幅広い展望を切り開き、さらなる競争上の優位性を生み出している。このような努力の積み重ねにより、私たちは世界経済と貿易システムの中で自らを確立し、意思決定において真の役割を果たし、ルールを設定し、未来を形成することができるだろう。

アレクサンドル・ドゥーギン

プーチンは、世界的な危機を契機に、力の均衡に基づくグローバルなシステムにおいて意思決定の極となる超国家的な組織が必要だと主張するようになった。グローバル・ガバナンスを謳う人たちは皆、同じような修辞的トリックを使っている。

このパターンが今、再び繰り返されようとしている。プーチンがどのような信念を持っているかは別として、世界の政治をリセットすることにコミットしていることは明らかである。

ユーラシア主義とは、ロシア連邦をより広い連合の中の「パートナー」とするものである。現在、ユーラシア連合は経済的な意味においてのみ存在し、その中ではロシアが圧倒的に優位にある。同様に、国連安全保障理事会の常任理事国であるロシアは、国連の中で相対的に優位に立っている。

それにもかかわらず、ロシア政府は、多極化システムの中で「極」を形成し、ユーラシア主義などの思想に影響された政策を打ち出すことによって、こうした連合や協議会から利益を得たいと考えているかもしれないが、いずれロシアの「国家主権」を連合に譲り渡す計画を薄め、極に宣言しているのだ。プーチンがユーラシア主義や多極化を追求するのは、プラグマティズム以外の何ものでもない。また、ロシア国民国家の防衛を意味するものでもない。

推測に過ぎないが、プーチンがユーラシア主義や多極化を好むのは、特定のイデオロギーに根ざしたものではなさそうである。むしろ、プーチン政権とそのパートナーが「ゲーム」においてより大きな利害関係を持つという目的に適っているのだ。

Tianxia(天下)

プーチンの「ユーラシア統合」構想は、中国の「天下万物」の思想通じるものがある。中国の古代では、天下は帝国を世界の道徳的ヒエラルキーの頂点に位置づけていた。儒教の「万人配慮」は、文明国家は何よりもまず自国民を大切にするが、他国民も大切にしなければ文明国家とは言えないというものである。

他の国家は、自国民に配慮していれば文明的であり、配慮していなければ野蛮であるとみなされる。したがって、文明的な国家はすべて、野蛮な国家のニーズや欲望よりも、他の平和で文明的な国家の利益を重視しなければならない。その結果、人道的国家の間には自然に絆が生まれ、それぞれの国家が自国民を文明的関係のネットワークの中心に置くことで、一種の有機的な地政学的秩序が形成される。

「天下」では、儒教的なユニバーサルケアの実践が、国家を構成するあらゆる制度の中でも機能している。例えば、文明的な人々は、家族や身近なコミュニティを大切にするのは当然であり、それ以外の人々を大切にすることはない。しかし、どこの国であろうと、他の国民を犠牲にして利己的に行動することは許されないし、自らも野蛮に陥ることはない。これは、民族や血縁、あるいは国境に基づくのではなく、道徳の階層的なシステムによる国家のモデルである。

天下は、欧米の一部の論者によって「美しい」思想として宣伝されてきた。哲学的なマンデルブロ集合のように、天下はミクロとマクロの両スケールで完璧な道徳的対称性を示唆している。天下を中心とする多極化した世界秩序は、グローバル・ガバナンスの素晴らしい新モデルとして推奨され、しばしば、”win,win cooperation ”と表現される。

趙廷陽教授や湘蘭信教授などの学者は、天下が世界的に採用されれば「ポスト西ドイツ」の世界が確立されるだろうと述べている。これは、ウェストファリア秩序が思想的に停滞し、「力こそ正義」という都合のよいパワーバランスに過ぎないという彼らの評価からきている。

孔子

このようなTianxia教の学者たちの批判は、ウェストファリア条約が表明した道徳的教訓の公正な反映ではない。この条約は、寛容、寛容、平和的協力というキリスト教的価値を賞賛するものであった。しかし、この学者たちの評価は、ウェストファリアンの原則を尊重するふりをしているだけの西側諸国の実際の行動に対する妥当な評価である。

Lanxin教授は、中国には「存在論の伝統がない」と指摘している。つまり、哲学的な天下は、「これは何か」を問うのではなく、「これはどのような道を示唆しているか」を問うのである。もし天下が中国の戦略的外交政策に適用されるとしたら、国家主権のような考えに対して両義的なものになるだろう。

ウェストファリア国際関係の道徳的基盤のように、天下は公言されているが実践されてはいない。例えば、現在、中国はイエメンで戦争をするためにUAEとサウジアラビア政権を武装化し、イエメンの天然資源を盗んでいる。これが天下なのだろうか。中国の振る舞いのどこにイエメンの人々の「勝利」があるのだろうか。

高貴な思想の欠点は、強硬な地政学者によって、好きな政策課題を売り込むために利用されうることである。天下とユーラシアの理論は、多極化の根拠となるものである。問題はその理念ではなく、多極化するグローバル・ガバナンスの技術者がそれを利用することである。

彼らは、思想の意図など気にも留めない。彼らが気にするのは、誰かに聞かれたときに、そのイデオロギーや哲学を使って自分たちの行動を正当化する方法だけだ。哲学的思考が有用な戦略を示唆してくれるなら、それに越したことはない。

多極化システムによるグローバル・ガバナンスを目指すなら、天下はユーラシア主義と同じく確かに「美しい」のである。

周教授の言葉を考えてみよう。

天下が「パクス・シニカ(Sinica/中国)」を「パクス・アメリカーナ」に置き換えることになると懸念している人もいる。しかし、天下には王の居場所はなく、システムそのものが王なのだから、この懸念は見当違いである。その意味では、スイスのように、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロマンシュ語といった様々な言語集団とカントン(州)がほぼ等しく共存し、ベルンの中心が調整点となって、輪番制の大統領が権力を持ち、スイス国民の中には大統領の名前さえ知らない者もいるほどである。

天下は、人民の政治的な声を無関係なものとして追いやる。多極化し、政治権力をネットワーク化されたシステムと定義し、国家主権や一極的権威に制限されることなく、むしろ「制約された」権力の中心を運営するものである。地政学を秘密裏に操る人々にとって、このシステムは完璧であり、システムそのものが王なのである。

天下は穏やかな哲学かもしれないが、本当に重要なのは、その理論がどのように政策に応用されるかである。中国の王毅外相が2017年に出版した『習近平総書記の外交思想の指導の下に邁進せよ』というオーソライズド出版物からは、中国の政治家層などが言う「ウィン、ウィン協力」のようなものを垣間見ることができる。

習近平は、安全保障、発展、グローバル・ガバナンスに関する新たな命題を提示する[…]。習近平は、世界の平和と発展、国際秩序の維持に対する中国の役割と貢献を強調した。中国はアジア太平洋協力、G20の変革、経済のグローバル化の流れの中で主導的な役割を果たし、アジアインフラ投資銀行、シルクロード基金、BRICS新開発銀行の設立を推進し、海洋・極地、サイバー空間、核セキュリティ、気候変動などの新興分野を管理する規則の制定に積極的に関与している。「[一帯一路」イニシアティブは、世界の成長に弾みをつけ、経済のグローバル化に対する信頼を高めるものとして、広く評価されている。私たちは、テロ、気候変動、サイバー・セキュリティ、難民などのグローバルな課題に取り組むため、積極的に参加し、他国と協力した。私たちは、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の策定を提唱し、その実施に関する国家計画を発表した最初の国となった。

天下りの適用とされるのは、国際秩序の維持、国際金融通貨制度改革、アジェンダ2030、テロ対策、人的資本のコントロール、グローバルなサイバーセキュリティの行使、経済のグローバル化、そしてもちろんグローバルガバナンスであることが分かった。

習近平の天下布武的な「思想」は、ロックフェラー、プーチン、Klaus Schwabなど多極化営業チームのメンバーの思想と同じであるように思われる。

ロシア-官民寡頭政治の融合

極の「地域化」世界を提唱しているのは、ロシア政府とそのシンクタンク、そしてオリガルヒだけではあるまい。5つの「グループ」を持つG20という形で、多極化した世界秩序がすでに存在しているのだ。G20が世界単一の税制に熱中しているのは、より強固なグローバル・ガバナンス体制に移行しようという意図の表れである。

前回、プーチンが大統領就任後、かなり短期間に西側のオリガルヒの協力者を粛清したことを指摘した。このことは、プーチンがオリガルヒの権力に何らかの形で反対していると推測されがちである。それは全く真実ではない。

アレクセイ・ミラー

ロシア政府は、人々が巨額の資金を稼ぎ、それを使って政治的権力を行使することに何の問題もない。ただ、政治権力は、ロシア政府の願望を推進するものでなければならない。

実は、プーチンの仲間になると、とんでもなく裕福になれるという特典があるのだ。ロシアにおける富の不平等、特にオリガルヒへの富の集中については、すでに述べたとおりである。プーチンはこのエリート主義に終止符を打ったのではなく、壮大なスケールでそれを促進した。

1999年にプーチンが大統領になったとき、つまり2000年に「当選」したとき、ロシアの億万長者やオリガルヒはほんの一握りだった。フォーブス誌によれば、現在では100人以上いる。

これも偶然かもしれないが、制裁は海外に住むロシアのオリガルヒに母国への帰還を促すきっかけとなり、その流れは事実上、クレムリンとオリガルヒの「パートナー」との結びつきを強めている。

1999年、プーチンは穴だらけになったロシア経済を受け継いだ。1999年から2014年にかけて、彼は目覚ましいロシア経済の回復を監督した。生活水準は大幅に向上し、GDPは1999年の2000億ドルから2014年には2兆2000億ドルに増加した。プーチンはロシアを世界第20位の経済大国から第7位(現在は第11位)へと導いた。この明らかな経済的奇跡には、運、あるいは価格操作(price fixing)が一役買っているように思われる。ロシアのGDP成長率は、世界の原油価格と極めて正確に連動している。

ロシア国民はこの成長の恩恵を受け、消費ブームに沸いたが、同時期に富の不平等も大きく拡大した。新しいクラスのオリガルヒがロシアの国富の不釣り合いな割合を吸い上げた。2000年の大統領選挙で、あるラジオジャーナリストがプーチンに「オリガルヒの定義と、オリガルヒについてどう思うか」と尋ねたところ、プーチンはこう答えた。

権力と資本の融合-この種のオリガルヒは階級として存在しなくなる。

しかし、いったん権力を握ると、プーチン一味は「権力と資本の融合」を象徴するような縁故資本主義体制を構築した。プーチンとその側近は、資本を政治権力に転換する欧米のオリガルヒ支配のモデルを効果的に逆手に取った。ロシアでは、政治力が資本の蓄積を可能にし、ほとんど唯一のオリガルヒクラスを作り出している。

世界最大の上場ガス会社であるガスプロムは、ロシアの寡頭政治がどのように機能しているかを示すケーススタディとなる。

ドミトリー・メドベージェフとアレクセイ・ミラーは1990年代、プーチンとともにサンクトペテルブルクで働いた。メドベージェフは、後にロシア連邦憲法を共同執筆したアナトリー・ソブチャクの市長選挙キャンペーン・マネージャーを務めていた。プーチンはソブチャクの顧問、そして副官を務めていた。ミラー氏は、市長の対外関係委員会の委員を務めた。

プーチンは大統領になると、メドベージェフにロシアで最も高い公務員の地位を与え、ミラーをエネルギー省の副大臣に任命した。

一方、プーチンはガスプロムを「ナショナル・チャンピオン」、つまりロシア政府がロシア経済にとって不可欠と考える「民間」企業であるとした。ロシア政府は、様々なファンドを通じて、ガスプロムの50.2%の支配権を保持し、ガスプロムを官民一体の企業としているのだ。

プーチンは、メドベージェフとミラーをガスプロムの取締役に任命した。メドベージェフは2008年にロシア連邦の名目上の大統領に選ばれるまで会長を務め、プーチンは数年間、一時的に首相を務めていた。ミラーは2001年にガスプロムのCEOに就任し、現在もその職にある。

2006年、ガスプロムは西シベリアから中国に至るアルタイパイプラインの建設費を公表した。2006年、ガスプロムは西シベリアから中国へのパイプライン「アルタイ」の建設費を公表し、同年、「グリャゾベツ-ヴィボルグ」パイプラインの建設費も公表した。アルタイパイプラインやドイツのOPALパイプラインと比較すると、キロメートルあたりの建設費は4倍にもなっている。

2008年、ロシアのピテルガズ・エンジニアリング社は、ソチ・パイプラインの総工費を現在の為替レートで1億5500万ドルと試算していた。しかし、ガスプロムが支払ったのは、現在のレートで3億9500万ドルである。

この高騰した価格について、東欧ガス分析(EEGA)はこう指摘する。

ロシアのパイプラインエンジニアリング機関(ガスプロムの対応部門を含む)は、パイプラインの建設コストについて、欧米のプロジェクトに匹敵する現実的な見積もりを出している。しかし、ガスプロムの上層部に届くと、その見積もりは少なくとも3倍になってしまうようだ。どうやら、ガスプロムの幹部は、現実的なコストの見積もりを得た後、請負業者やブローカーに余裕を持ったマージンを加算するため、プロジェクトの総コストが3〜4倍になってしまうようなのである。

このような裏金は、ロシア経済のあらゆる分野、特に防衛、インフラ整備、医療に見られる。そして、その収益は忠実なオリガルヒに配られる。

彼らは言葉の完全な意味での「オリガルヒ」である。彼らの富は、政治的な国家とのパートナーシップに依存している。その見返りとして、彼らは国家の政策を推進するためにその富を利用する。彼らの資本は、これ以上ないほど「政治的」なのだ。

アルカディ・ローテンベルク

例えば、アレクセイ・モルダコフは鉄鋼大手サーブタールを所有し、ガスプロムの開発プロジェクトであるヤクーチア・ハバロフスク・ウラジオストク・パイプライン(別名、中国-ロシア東ルート)などにガスパイプラインを供給している。プーチンの個人的な友人で、OAO Stroytransgaz建設会社を所有するGennady Timchenkoや、ロシア最大のガスパイプラインと電力網建設会社Stroygazmontazh(S.G.M. Group)のArkady Rotenbergも、この計画で利益を得ている。

オリガルヒは、北極シルクロードの建設から利益を得ている。彼らは、ロシア政府の外交政策目標を確実に実現するために、その資源を投入している。ロシア人財閥とロシア政界は、多極化する世界秩序を構築する官民一体の共生関係にある。

そうすることで、彼らはグレート・リセットに関与し、ロックフェラーの構想を実行し、キャロル・クイグリーの英米ネットワークの夢を実現しようとしている。ロシア国家は、単なる官民パートナーシップではない。単なる契約上の取り決めや戦略的目標の共有を越えて、ロシア政府は企業と政治を融合させ、一つの官民一体の国民国家にした。

ウクライナ戦争で虐殺が行われ、すべての側が無条件に交渉を拒否しているにもかかわらず、ロシアの「国有」民間エネルギー企業ガスプロムは、ウクライナの「国有」エネルギー企業ナフトガスとの紛争を解決し、ウクライナ経由で西ヨーロッパのエネルギー市場に1日4240万立方メートルの天然ガスを送り出しているようである。

ロシア連邦はウクライナ政府に多額の通過料を支払っている。事実上、ウクライナの戦争に資金を提供しているのだ。戦争は小市民のためだけのものだ。

中国-官民寡頭政治の融合

世界の主要先進国の中で、ロシア以上に官民融和を進めているのは中国だけである。中国は、オリガルヒ王朝の指導の下、テクノクラシーとして運営されているネオ・フューダル資本主義国家である。

毛沢東革命の偉大な軍事・政治指導者で、後に毛沢東の文化大革命(1966-1976)を見事に回避した人々を総称して、”八大不死人”と呼んでいる。1970年代初頭、ロックフェラーと三極委員会がヘンリー・キッシンジャーを派遣し、ニクソン米大統領の訪中の地ならしをしたとき、不死身の7人は同じ不死身の鄧小平の経済改革に政治的に総力を挙げることを決めた。

鄧小平

中国の経済開放は、1976年の毛沢東の死後、本格的に始まった。当時の米国大統領ビル・クリントンなどの著名な三国人、グローバル投資会社、欧米に拠点を置く多国籍企業、個人投資家は、中国の経済、金融部門、軍事、工業、技術能力の近代化において中国の不死身を支援するため、海外直接投資を強化した。この近代化が、中国の寡頭政治の台頭を可能にした。

例えば、不死身の王震将軍は鄧小平の経済自由主義を支持したが、同時に中国の国有資産の大部分を切り崩し、息子の王俊に信託した。その後、王俊は鄧小平の経済顧問の栄耀仁と協力して、今は私財を投じて中信集団公司を設立し、中国の「国有」投資会社とした。

中信グループは、今日、中国の金融サービス、先端製造技術、現代素材の生産、都市開発などに大きな影響力を持つ官民パートナーシップである。

こうして仙人たちは、中国に官民一体の王朝を作り上げた。彼らの莫大な資産を持つ子孫は、現在「プリンセス」と総称される。

プリンセリングを大別すると、3つのグループに分けられ、それぞれが中国の重要な産業やセクターに影響を与えている。

  • 習近平のような政治的プリンシパルが公共部門を管理する
  • 軍事のプリンシパルは、防衛と国家安全保障の分野を管理している。
  • 企業家プリンシパルが民間企業を管理する。

彼らは集団として、中国の内政・外交に大きな影響力を持っている。

中国は一党独裁国家であるが、政治を放棄しているわけではない。2012年に習近平が最高指導者に選ばれたことで、多くの人が「エリート」の代表と考える「プリンシパル」への権力シフトが効果的に行われた。

胡錦濤前国家主席が設立した共産主義青年団を勢力基盤とする「反党」が「対抗」している。この「反党」は、労働者問題を重視する幅広い大衆主義者である。このほか、「上海閥」「清華閥」などの派閥があり、政治的な混迷を深めている。

テクノクラシーは、資源配分を通じて市民をコントロールする。中国は「グレートリセット」のテクノクラシー的側面でリードしている。世界初の運用型テクノクラシーであり、国家発展改革委員会(NDRC)が社会信用システムを通じて国民の監視と統制を監督している。

王俊

社会的信用システムの確立は、科学的発展観点を総合的に実施するための重要な基礎である。[社会的信用システムの確立を加速・前進させることは、資源の最適な配分を促進するための重要な前提条件である。

これは、市民が良い行いをすれば報酬が与えられ、悪い行いをすれば罰せられるというものである。中国の社会的信用システムの開発責任者の一人は、フランスのテレビ番組に出演した際、フランスがこのシステムを採用することで、フランスの「黄色いベスト」デモにどのような影響があったかと尋ねられた。林錦岳はこう答えている。

私は、資本主義国において、このシステムを何とか輸出したいと願っている。[フランスは、社会運動を規制するために、早く私たちの社会的信用のシステムを採用すべきだと思う。もし、社会的信用のシステムがあれば、黄色いベストは存在しなかっただろう。

奇しくも、中国に端を発した疑似パンデミックの結果、社会信用的な監視が大幅に強化された。中国国民が公共交通機関を利用したり、市民会館に入ったり、職場に入ったりするには、COVIDパスのQRコードを読み取ることが必要だ。緑色は自由に移動でき、赤色は自由に移動できない。

中国では、SIMカードの登録に顔認識スキャンによる生体認証が必要である。このバイオメトリックデータシステムにより、NDRCはすべての国民の動きを追跡することができ、バイオセキュリティが全国的に実施されるようになった。

Covid QRコードとデジタルIDの組み合わせは、中国のテクネートが国連の持続可能な開発目標(SDGs)3および16を達成する道を歩んでいることを意味する。

SDG3にはこう書かれている。

すべての国、特に開発途上国の、国内および世界的な健康リスクの早期警報、リスク低減、管理のための能力を強化する。

そして、SDG16にはこうある。

20-30年までに、出生登録など、すべての人に法的な身分を証明するものを提供する。

「Legal identity」は、デジタル・アイデンティティの国連コードである。

中国のテクノクラート・オリガーキーは、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の開発・導入でも他国に先んじている。ボー・リー氏は最近、中国銀行副総裁の職を辞して、国際通貨基金(IMF)の副専務理事に就任した。IMFの「金融包摂のための中央銀行デジタル通貨」シンポジウムで講演した。シンポジウム「Risks and Rewards」で、ボー・リー氏は、CBDCがいわゆる「金融包摂」を向上させるという主張について述べた。

CBDCは、政府機関や民間企業がスマートコントラクトを作成するためにプログラムすることを可能にし、ターゲットとする政策機能を実現することができる。例えば、生活保護費,消費税,フードスタンプなどである。プログラミングによって、CBDCのお金は、人々がどのようなものを所有することができるか、そしてこのお金をどのような用途に使うことができるかに、正確にターゲットを絞ることができる。例えば、食料のために、この潜在的なプログラム可能性によって、政府機関は支援を必要とする人々に的確にターゲットを絞ることができる。そうすることで、ファイナンシャル・インクルージョン(金融包摂)を向上させることができる。

おそらくそうだろう。しかし、この改善は「政府機関や民間企業」であるプリンシパルに従順な国民にのみ与えられるものである。「悪い」行動をとれば、CBDCはあなたを財政的な「排除」の対象にするために使うだろう。

CBDCがあれば、人々のQRコードを赤に切り替えてデモへの参加を阻止する必要はない。CBDCをプログラムするだけで、電車の切符の購入や自宅から1マイル以上離れた場所でのお金の使用を防ぐことができる。コビッド日の物理的なロックダウンは、CBDCロックアウトに置き換えられ、それははるかに容易に実施することができる。

IMFシンポジウムで講演するBo Li

多極化する軍事的側面

グローバルな経済・金融パワーは、軍事力に裏打ちされている。したがって、もし権力者たちが超大国の新しいシステムを構築することに真剣であるならば、それぞれの立場を維持するための力を持つ必要がある。結局のところ、多極化した世界秩序は、それぞれの極が他方に対して真の軍事的脅威を与えない限り、安定し、実施されることはない。

第二次世界大戦後のほとんどの期間、米国が主導する一極集中のNATO同盟は、最も進んだ軍事技術を持っていた。西側諸国は金銭的、財政的、経済的に優位に立つだけでなく、軍事的にも優位に立っていた。しかし、かつての西側の支配の他のあらゆる側面と同様に、それも消え去り、軍事力は他の場所で開花した。

突然、どこからともなくロシアが技術的な軍事的優位を主張し始めた。軍拡競争においてロシアが優位に立った。米国はロシアがウクライナで極超音速ミサイルを使用したことを確認した。ジョー・バイデンはこの事実を「結果的」と呼び、「止めることはほとんど不可能だ」と率直に認めている。

中国も極超音速ミサイルを発射した。地球を1周したらしい。その後、極超音速滑空ミサイルを発射し、中国国内の目標に命中させた。米軍高官は、この技術的進歩を「驚くべきものだ」と述べている。中国は近い将来、この優れた兵器で海軍を武装することができるかもしれないと述べている。

一方、比較的最近まで軍事的に優勢だった西側諸国の間抜けどもは、この新種のミサイルを動かすラムジェットエンジン技術(またはスクラムジェット)を理解することができないでいるだけだ。中国は世界規模の飛行実験とピンポイントの極超音速精度を確認し、ロシアは実際に戦場で使用した。しかし、ペンタゴンと米国国防高等研究計画局(DARPA)とレイセオンなどの民間パートナーは、近いうちに同じ運用能力を開発できるかもしれないと、限られたテストに手探り状態で取り組んでいるのが現状である。

もし、あなたがそれを信じられるなら!

英国は温水で機能する船を作ることができず、空母は故障せずに数海里以上航行することができない。アメリカ海軍は船をまったく航行させることができないので。西側諸国は誰も、実際に機能する戦闘機を作ることができない。しかし、ロシアは潜水艦の技術を新しいレベルに引き上げ、中国はAIによる「知能化」戦闘能力を開発したと誰もが確信している。

欧米が突然、技術競争から抜け出せなくなったことは、世界の軍事的パワーバランスに極端な変化が生じたことを意味するようだ。欧米の軍産複合体は、過去30年間、東洋に軍事技術を渡してきたことを反省しているのだろう。

今、彼らが何をしたかを見てほしい。

結論

ロシア政府や中国政府は、アメリカやイギリス、フランス政府より「悪い」わけではない。彼らは、政府がやることをやっているだけの政府だ。彼らは権力を維持し、あるいは排除することができる人々の利益を代表している。

多極化した世界秩序は、国家主権の最後の痕跡を終わらせる。それは地政学的なグレートリセットであり、すべてを支配するグローバル・ガバナンスのシステムを確立するというオリガルヒの長年の計画の頂点である。

多極化が進めば、その可能性は高いが、世界193カ国はいずれいくつかの世界の極に組み込まれることになる。その数は分からないが、おそらく半ダース以下であろう。

多極化には潜在的なメリットもある。おそらく「天下」(中国の「天下万物」の思想)が勃発し、その結果、紛争の危険性が減少するだろう。世界の両極の国家間の「力の均衡」は、侵略を制限する可能性がある。しかし、これがどのように実現され、誰がそれを主導すると考えられているのかを考えてみると、懸念すべき理由がある。

パックス・アメリカーナ、パックス・ヨーロッパ、パックス・ユーラシア、パックス・シニカ(中国)などの極が軍縮するつもりがないと仮定すれば、論理的には極超音速核兵器を含む軍備のグローバルな拡散を意味しないだろうか。これらの極は、どうやって国内の安全を維持するのだろうか。紛争が生じると、それぞれの極で戦争が勃発するのをどうやって阻止するのだろうか。他の極が介入しなければならない、あるいは介入することを選択するのだろうか。

正直に言おう。前兆はあまり楽観的ではなさそうだ。多極化に向かう世界秩序が加速しているのは、多極化の主要な推進者の一人が現在行っている戦争のせいである。同様に、もう一人の多極化推進派の活動も、例えばイエメンなどでは、ほとんど信頼感を抱かせない。ロシアや中国の行動が、以前の「秩序」の主要国の行動よりも本質的に「優れている」、あるいは「優れている」ことを示唆する証拠はない。

多極化する世界秩序の中で最も懸念されるのは、より少ない「極」がグローバル・ガバナンスに力を与えるという点である。歴史上、権力の集中化という一貫した軌跡は偶然に起こったことではない。世界人口の支配力を行使する一団を減少させるという戦略は、意図的なものである。そうでなければ、そもそも設計されることはなかっただろう。

テクノクラートたちの目標は、誰にも邪魔されない権力を手に入れることだ。私たちは、彼らがその権力を手に入れたら何をしたいのか知っている。

  • バイオセキュリティー強化
  • 人口抑制
  • 人口監視
  • デジタルID
  • 社会的信用システム
  • AIによる自動検閲
  • ユニバーサル・ベーシック・インカム
  • 食料供給、水、エネルギー、住宅、教育などの管理
  • 最終的には、中央銀行のデジタル通貨、またはそのバリエーションを通じて、人類を完全にコントロールし、奴隷にすること。

新しい多極化した世界秩序を提唱する国民国家は、こうした管理メカニズムを拒否しているわけではない。それどころか、その発展を先導している。多極化システムは、グローバルなテクノクラート的専制政治への大きな飛躍であり、彼らはこのシステムを全面的に支持しているのだ。

第1部では、米国の地政学者ブレジンスキーが「リスボンからウラジオストクまでのユーラシア大陸」を「ゲーム」の舞台としたことを指摘した。そのため、ドゥギンらユーラシア主義者は、米国の意図を次のように評価している。

アメリカは絶対にウクライナを占領しなければならない。なぜなら、ウクライナはヨーロッパにおけるロシアの力の要だからである。ウクライナがロシアから切り離されれば、ロシアはもはや脅威ではなくなる。

米国を中心とする西側勢力は、2014年のユーロマイドーン・クーデターを画策し、ウクライナの投票箱による支配権奪取に失敗して以来、手段を選ばずウクライナを西側の戦略軌道に組み入れようとする姿勢を示してきた。この時点から、何らかの紛争は避けられなくなった。その後の8年間、代理戦争がエスカレートし、それを止めようとする真剣な試みも事実上なく、この全く予想通りのウクライナ戦争に発展した。

ウクライナの人々や、ドネツク、ルハンスク、ザポロージエ、ケルソンといったロシアの新しい共和国や州に住む人々は、使い捨ての駒と見なされている。紛争は彼らにとってあまりにも現実的である。彼らは戦い、死に、暴力の永続的な脅威のない平和な暮らしを切望している。しかし、「大国」もその傀儡指導者も、戦略的価値を超えて、人々の命に関心を示さない。

ウクライナでの戦争は、致命的な戦術的策略である。ポイントは、多極化した世界秩序への移行を促進するために、必要であれば、最後のウクライナ人に至るまで戦い抜くことであり、それによって忌まわしいグレート・リセットを可能にし、最終的に本格的なグローバル・ガバナンスを実現することである。

この冬、ヨーロッパで凍死する弱い人々、彼らは数千人に上るかもしれないが、「ゲーム」の巻き添えを食ったに過ぎない。

しかし、戦争に邪魔されることなく、通常通りビジネスを行うことができる。ロシアは、ウクライナのパイプラインを通じて、量を減らし、価格を上げながらも、ヨーロッパにガスを供給し続けている。

西側も東側も、主流メディアと代替メディアの多くは、ウクライナ戦争を「自由」「主権」またはそのようなくだらないもののための戦いとして売り込んでいる。自分たちの存在のために戦うことを余儀なくされた人々の間で死者が増えるにつれ、広い国際社会では、どちらかの側に立って、同じ古い怪しげな嘘に引っかかっている。

私たちは、オンラインでもオフラインでも小さな旗を立て、それぞれの妄想について議論し、自分たちもささやかながら戦争に参加しているのだと思い込む。私たちは、自分たちの側が勝つように応援するサッカーの観客のように振る舞うのである。

グローバリストのシンクタンクは長い間、戦争が変化のための戦略的触媒であると考えてきた。この点は、1954年にリースの財団委員会のためにノーマン・ドッドが行った調査と報告から学んだはずだ。ウクライナの戦争が恐ろしい世界的な紛争につながる可能性がないと想像するならば、私たちは絶望的にナイーブである。私たちには、私たちが支配を許している狂人たちを「信頼」する理由はない。

同様に、私たちは恐怖心を生み出すように仕組まれた戦術によって操られていることを認識すべきである。核瀬戸際政策は、常に恐怖を引き起こすという文脈で見られるべきである。

世界のオリガルヒは、私たちが住む国民国家を支配する、地域化された多極化したグローバル・ガバナンス・システムを確立しようと団結しているのだ。

私たちの政治指導者たちは、彼らが主張する権威がどこにあろうと、オリガルヒのアジェンダに全面的に加担しているのである。彼らは私たち全員を売り払い、より良い席を争っている。その一方で、より良い席に座るために、卑屈なまでに私たちの腰を折っている。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました