ビタミンB12(認知症・アルツハイマー)

この記事は約8分で読めます。
Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

ビタミンB12/メチルコバラミン

サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です

 

メチルコバラミン、シアノコバラミン、コバラミン、5-デオキシアデノシルコバラミン(ヒドロキシB12)、アデノシルコバラミン、コバマミド、ジベンコジド、ヒドロキソコバラミン

概要

ビタミンB12は水溶性ビタミンに分類されるコバラミンの一種であり、コバルトと結合する有機金属化合物。

DNA合成、脂肪酸の合成、エネルギー産生の酵素補因子として関与する。

Vitamin B12 in health and disease. - PubMed - NCBI
Nutrients. 2010 Mar;2(3):299-316. doi: 10.3390/nu2030299. Epub 2010 Mar 5. Review

ビタミンB12は、体内で葉酸のリサイクルに利用されているため、葉酸が多く体内に存在する場合には、すべてではないがB12は葉酸によって代替される。

葉酸が十分に存在しないと、DNA合成障害を引き起こし、葉酸欠乏症状である悪性貧血や巨赤芽球性貧血を引き起こすことが知られており、これはB12欠乏によっても葉酸リサイクルが不十分になることで引き起こされる。

アルツハイマー病

低いビタミンB12レベルは、アルツハイマー病リスク増加と関連するかどうかについては矛盾する証拠がある。

Genetic determinants of low vitamin B12 levels in Alzheimer's disease risk
There is observational evidence that low circulating levels of vitamin B12 are associated with an increased risk of Alzheimer's diseaseWe used a two-sample summ...

神経変性疾患における役割・効果

ビタミンB12であるコバラミンは造血作用における役割として知られるようになったが、神経系の健康と維持、そして回復など多くの生化学的プロセスにおいて補酵素の役割ももつ。

ミエリン形成

ミエリン産生、オリゴデンドロサイトのDNA合成において機能を果たす。

Cognitive Decline: A Vitamin B Perspective - PubMed
Cognitive decline is one of the major causes of disability in older people. A high level of homocysteine, a byproduct of vitamin B, has been linked to brain atr...
Nutritional Factors and Aging in Demyelinating Diseases - PubMed
Demyelination is a pathological process characterized by the loss of myelin around axons. In the central nervous system, oligodendroglial damage and demyelinati...
神経再生

超高用量のメチルコバラミンは、ラットの神経再生を促進する

Ultra-high dose methylcobalamin promotes nerve regeneration in experimental acrylamide neuropathy.

メチルコバラミンは、メチル化サイクルを通して、Erk1 / 2およびAkt活性を増加させ、ラット坐骨神経損傷モデルにおいて神経再生を促進する。

Methylcobalamin increases Erk1/2 and Akt activities through the methylation cycle and promotes nerve regeneration in a rat sciatic nerve injury model.
ホモシステイン

コバラミンが細胞内で不足すると、ビタミンB12欠乏症のマーカーとして知られるメチルマロン酸とホモシステインの血漿濃度が上昇する。

Causes and Early Diagnosis of Vitamin B12 Deficiency - PubMed
Total serum vitamin B(12) is a late, relatively insensitive and unspecific biomarker of deficiency. Holotranscobalamin (holoTC), also known as active B(12), is ...
グルタチオンの維持

コバラミンレベルは赤血球と肝臓の抗酸化機能を持つ還元型グルタチオンの量にも影響を与えるため、コバラミン欠乏症は、還元型グルタチオンの利用可能性の低下により細胞が酸化ストレスの増加にさらされる可能性がある。

Influence of Selected Dietary Components on the Functioning of the Human Nervous System - PubMed
The diet is directly connected not only with the physical status but also with the functioning of the brain and the mental status. The potentially beneficial nu...
BDNF発現の増加

高用量のビタミンB12は、C型肝炎によるウイスル複製を用量依存的に阻害することができる。

デキサメタゾンおよびビタミンB12が、ラットの有髄神経線維の再生、シュワン細胞の増殖を促進。損傷した坐骨神経におけるBDNF発現をアップレギュレートした。

Dexamethasone and vitamin B(12) synergistically promote peripheral nerve regeneration in rats by upregulating the expression of brain-derived neurotrophic factor.

血清ビタミンB12の信頼性

血清B12の検査精度はあまり高くない。感度は13~75%、特異度は45~100%の範囲

症例の約9%が潜在的に可逆的な認知症であり、0.6%の症例が実際に逆転した。

ビタミンB12欠乏症は、ビタミンB12試験結果と感覚異常などの臨床症状の両方に基づいて決定されるべき。Stabler博士

Vitamin B12 and Cognitive Function: An Evidence-Based Analysis
More than 2.9 million serum vitamin B12 tests were performed in 2010 in Ontario at a cost of million. Vitamin B12 deficiency has been associated with a few ...

ビタミンB12の血清マーカーは、B12の欠乏症のバイオマーカーとしては信頼性が低い。(ビタミンB12が血中に運ばれるには輸送体であるハプトコリン、トランスコバラミンIIを必要とするため)

ビタミンb12の欠乏によって上昇するホモシステインは、認知機能低下と明確な相関関係がある。

Associations between Homocysteine, Folic Acid, Vitamin B12 and Alzheimer's Disease: Insights from Meta-Analyses.

※ホモシステインを下げるだけでは認知症の改善には結びつかないことも、研究で明らかになっている。

高いB12レベル

過剰なB12は肝臓に保存されるか、悪影響なく血液中に存在するか、排泄される。

一般に、B12の上昇によって引き起こされる既知の有害作用はないため、高レベルのB12の潜在的な臨床効果を調査する研究はない。したがって、おそらく臨床結果に基づく高いB12レベルのカットオフ値は存在しない。

肝機能と疾患を調整した後では、高いB12レベルはICU患者の死亡率の増加とは関連しない。

High vitamin B12 levels are not associated with increased mortality risk for ICU patients after adjusting for liver function: a cohort study
Recent research has suggested that high vitamin B12 levels may be associated with increased mortality after ICU admission. However, it is known that impaired li...

ビタミンB12と中枢および末梢神経機能 B12に閾値レベルはあるか?

Vitamin B12 and central and peripheral neurological function: is there a threshold level? | Request PDF
Request PDF | On Jan 1, 2012, K. Leishear and others published Vitamin B12 and central and peripheral neurological function: is there a threshold level? | Find,...
疾患によるB12の上昇

慢性骨髄性白血病、前骨髄球性白血病、真性赤血球増加症、および主に過剰産生による好酸球増加症候群などのいくつかの臨床状態において、血清B12レベルと関連する。これらは疾患の副作用として高い血清B12レベルをもたらすのであって、高いB12自体はこれらの疾患を引き起こさない。

Significance of Elevated Cobalamin (Vitamin B12) Levels in Blood - PubMed
Elevated levels of serum cobalamin may be a sign of a serious, even life-threatening, disease. Hematologic disorders like chronic myelogeneous leukemia, promyel...

急性肝炎や重度のアルコール性肝疾患では、血清ビタミンB12レベルが非常に高くなる。

Falsely Elevated Serum Vitamin B12 Levels Were Associated with the Severity and Prognosis of Chronic Viral Liver Disease
Vitamin B is stored primarily in the liver, and highly elevated serum vitamin B levels occur in acute hepatitis and severe alcoholic liver disease. We evaluat...

ビタミンB12レベルの上昇は、腫瘍性、肝性および腎疾患の患者、ならびに高齢および重病患者の死亡率の予測因子として特定されており、栄養欠乏患者の死亡率を予測できる。

Elevated Plasma Vitamin B12 Concentrations Are Independent Predictors of In-Hospital Mortality in Adult Patients at Nutritional Risk
Background: Elevated plasma vitamin B12 concentrations were identified as predictors of mortality in patients with oncologic, hepatic and renal diseases, and in...

ビタミンB12が不足しやすい人

  • 肉や魚を食べない厳格なベジタリアン
  • 高齢者、(悪性貧血、萎縮性胃炎(10~30%の高齢者が該当)、胃の酸性度が低下、腸に疾患をもつなど)
  • 胃の切除、セリアック病、肝疾患、クローン病など、B12の取り込み能力に問題がある人
  • うつ病、疲労症状のあるラクナ脳卒中患者
  • メトホルミン、ACE高血圧薬、コレステロール低下薬、エストロゲン、ホルモン補充剤を摂取している
  • 酒飲み、薬剤を多量に摂取している。(薬物の分解にB12を消費する)

摂取用量

  • 中用量  150~250mcg 健康な人の補給
  • 中高用量 300~500mcg 高齢者、ベジタリアン、B12の吸収に問題がある人
  • 高用量  1000~3000mcg(1~3mg) 治療用量、高齢者、貧血患者
  • 超高用量 5000~10000mcg(5~10mg) 特殊な治療用途、短期限定

B12は半減期が長いため、一週間に一回、高用量摂取(2mg)を推奨する医師もいる。

欠乏症に該当する人には必須、ほとんどの人は一日500mcg(0.5mg)で欠乏症は対応できる。

超大容量摂取(5mg超)は、短期間であれば、神経疾患治療としての利益があるかもしれない。

相乗効果

・卵(卵黄コリン)の組み合わせで数倍の相乗効果。

・ビタミンC2000mg超の摂取でB12を破壊

・他のビタミンB(特にB6、葉酸)と併用して摂取すること。

ビタミンB12の副作用
Common Vitamin b12 side effects (a study from FDA data) - eHealthMe
We studied 57,163 people who take Vitamin b12 from FDA. Side effects are found. See what they are, when they happen and for whom.

ビタミンB12 コバラミンの比較

メチルコバラミン

食品 チーズ

効果を及ぼす部位 細胞質、神経、脳

効能 神経伝達物質、遺伝子調節、神経組織と脳の再生と保護、血液の形成、視力

認知機能改善目的のビタミンB12のタイプはメチルコバラミン、(ただし水銀をメチル化することで、水銀がより危険なメチル水銀に変換される可能性もあるため、水銀チェックとキレートを先に行っておくこと)

メチルコバラミン B12 1000 mcg 60錠剤

アデノシルコバラミン

食品 肉、乳製品

効果を及ぼす部位 ミトコンドリア

効能 細胞エネルギー、脳発達、水分補給、成長、筋肉発達

次点でアデノシルコバラミン、おそらくミックスがベスト。

アデノシルコバラミン B12 1000mcg 90錠剤

ヒドロキシコバラミン

食品 すべての食品

他のタイプのビタミンB12よりも持続性、徐放性がある。シアン化合物を捕獲するため、喫煙などへのデトックス効果がある。NOラジカルもブロックする。値段は高価。

喫煙者は一般的なシアノコバラミンは避けておく。

ビタミンB12 ミックス

メチルコバラミンとアデノシルコバラミンのミックス

メチルコバラミン&アデノシルコバラミン 2000mcg

ビタミンBコンプレックス

ビタミンBコンプレックス(活性型)#12(推奨)

一日1カプセル 朝食後

タイトルとURLをコピーしました