ビタミンA・βカロテン(認知症・アルツハイマー)

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

ビタミンA・βカロテン

アルツハイマー病関連研究

アルツハイマー病患者では血清ビタミンA、カロテン濃度が有意に低い。MMSE、発症年齢、とは相関しなかった。食事による摂取欠乏と関連している可能性がある。

PubMed

レチノイドはADAM10を介し、APPのαセクレターゼ切断、アップレギュレーションに影響を及ぼす可能性がある。ビタミンA、およびレチノイドはインビボでアミロイド繊維の形成を直接阻害する。

Retinoids for treatment of Alzheimer's disease
Retinoids are Vitamin A derivatives involved in cellular regulatory processes including cell differentiation, neurite outgrowth and defense against oxidative st

ビタミンAの欠乏はADマウスのアルツハイマー病病因を促進する。ビタミンA欠乏に対しての補充がアルツハイマー病予防および治療となる可能性。

Marginal vitamin A deficiency facilitates Alzheimer’s pathogenesis
Deposition of amyloid β protein (Aβ) to form neuritic plaques in the brain is the unique pathological hallmark of Alzheimer’s disease (AD). Aβ is derived from a
Vitamin A deficiency linked to Alzheimer's disease
"Alzheimer's may begin in the womb because mums are short of crucial vitamin, scientists warn," the Daily Mirror reports. New research involving both mice and h

高濃度の血清ベータカロテンはApoE4遺伝子をもつアルツハイマー病患者の酸化ストレスを減らし、認知機能低下を遅らせる可能性。

Beta-carotene may protect certain people against Alzheimer's
High levels of the carotenoid beta-carotene may protect cognitive decline in people with a certain genotype that is said to increase the risk of Alzheimer's,

ビタミンEとβカロテンの血清レベルは、認知能力と有意に相関(ビタミンCは該当しなかった)

PubMed
A critical review of Vitamin C for the prevention of age-related cognitive decline and Alzheimer’s disease
Antioxidants in the diet have long been thought to confer some level of protection against the oxidative damage that is involved in the pathology of Alzheimer’s

アルツハイマー病とビタミンA欠乏症

NCBI - Gone

 

まとめ

・ビタミンA、βカロテン欠乏は高齢者の認知症発症リスクを高める。

・ビタミンA、βカロテン欠乏は、認知症発症患者の進行を促進する。

・食事からの摂取が難しい場合は、サプリメントでの摂取は有益であるかもしれない。

・ビタミンA、βカロテンのサプリメント摂取による治療効果は理論的にはあり得るが(単独投与では)証拠は弱い。

・ApoE4陽性の認知症患者にはビタミンAまたはβカロテン摂取による改善効果がある可能性。

 

長期摂取で確かめられている安全量は10000IUまで

臨床試験で用いられているβカロテンの摂取量は10~15mg = 約33000IU~50000IU

 

タイトルとURLをコピーしました