「ウイルス・マニア」感染症の歴史

「ウイルス・マニア」第2章 微生物ハンターが権力を握る

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Chapter 2 The Microbe Hunters Seize Power

「未来の医者は、薬を与えるのではなく、人間の体の手入れや食事、病気の原因や予防について患者に関心を持たせるだろう」236。

トーマス・エジソン(1847-1931)、発明家伝説

結論は避けられない。パスツールは意図的に大衆を、特に彼の発表した研究に最も精通している科学者を含めて、欺いたのである “237。

ジェラルド・ガイソン(医学史家)

「PCRのような現代の検出方法は)ウイルスがどのように増殖し、どの動物がそれを運び、どのように人々を病気にするのかについて、ほとんど何も教えてくれない。[それは、誰かの指紋を見て、口臭があるかどうかを言おうとするようなものだ」238。

「オールドガード」と呼ばれる14人のトップウイルス学者から新しい生物医学研究世代へのアピール(2001年7月6日、Science誌上にて)

生物学は無限であり、我々の実験は、波が打ち寄せるたびに形を変える海から滴り落ちてきたものにすぎない。

エルヴィン・シャルガフ、生化学研究の共同創設者 “The Heraclitean Fire” (1978)

パスツールとコッホ 科学上の不正行為の2人

ルイ・パスツールの生前の地位の高さは、パスツールが亡くなる8年前の1887年に医師のオーギュスト・ルタウトが残した言葉に表れている。フランスでは、アナキスト、コミュニスト、ニヒリストになることはできても、反パスツール主義者になることはできない」239。しかし実際には、パスツールは神のように純粋な白紙の状態の模範ではなく、名声に溺れて誤った仮定に基づいて行動する研究者であり、「彼の最も有名な2つの実験の背後にある研究について、世界と彼の仲間の科学者を欺いた」と『ランセット』誌が2004年に述べている240。

狂信的なまでに微生物を憎んだパスツールは、実は「健康(組織)=無菌(細菌のいない)環境」というおかしな方程式を持っていた241。健康な体には細菌は存在しない242し、空気中の塵に乗って飛んでいる微生物があらゆる病気の原因であると真剣に信じていた243。細菌学者のポール・デ・クルイフが著書『微生物ハンター』で書いているように、彼は45歳のときに「名声に浴し」、「『寄生虫(微生物)に起因するすべての病気を地球上からなくすことは、人間の力の及ぶところであるはずだ』という希望を世界に向けて叫んだ」244。

パスツールの理論の欠陥は、20世紀前半に、動物を完全に無菌状態にする実験で明らかになっていた。245 無菌状態で飼育されたラットでは、虫垂が異常に肥大し、本来なら微生物によって分解されるはずの粘液が充満していた。

1960年代初頭、科学者たちは初めて、無菌マウスを数日以上、すなわち数週間にわたって生存させることに成功した。この無菌マウスの研究は、インディアナ州ノートルダムのモリス・ポラードによって行われた。しかし、このことは、細菌が生命にとって不可欠であるという事実を損なうものではない。自然環境下でのマウスの寿命は3年であり、これらの無菌実験動物の平均寿命よりもはるかに長い。

マウスやラットのような無菌状態の動物をより長く生かすためには、自然界には存在しないビタミン剤や余分なカロリーを合成的に摂取させるという、高度に人工的な実験環境が必要となる。通常の飼育条件では、動物は消化管内に微生物を保有しているため、このような特別な流動食が必要となる。249

これらの微生物は、水溶性の各種ビタミンやアミノ酸など、さまざまな有機栄養素を代謝の産物や副産物として生成する。ラットやマウスでは、微生物の活動のほとんどが大腸で行われており、微生物が生成する栄養素の多くは無菌動物では利用できない。そのため、微生物による栄養素の合成が変化し、それが食事の必要量に影響を与える。無菌環境や特定の微生物がいない環境で飼育されている実験動物のために食事を作る際には、栄養素の濃度、原材料の種類、調理法などの調整を考慮しなければならない250 251。

これらの人工飼料を投与する際の重要な目的の一つは、大腸内での代謝産物の蓄積を避けることである。250 251 これらの人工飼料を投与する重要な目的は、大腸内に代謝産物を蓄積させないことであるが、無菌状態で飼育したネズミの盲腸は、しばらくするとすでに重量が増加し、最終的には異常に肥大化して、通常は微生物によって分解される粘液で満たされることが観察されている252。いずれにしても、無菌マウスは、研究者が人工的に再現することができない現実的な条件では、健康を維持しながら生存・繁殖することができないことを示している。

さらに、これらの無菌動物が本当に100%無菌であったかどうかも明らかではない。もちろん、すべての組織、すべての細胞の細菌検査ができたわけではない。特に、クラミジア・トラコマティスのような細菌は、ペニシリンで治療しても細胞の中に深く潜んでいる可能性があることを考えれば、これらの動物が絶対に無菌であるとは誰にもわからない254。

また、無菌動物と呼ばれる動物の標本を最適な条件で維持しても、その組織は時間の経過とともに腐敗し、「自然発生的な」細菌が形成される。では、この「自然発生的な」バクテリアをどのように説明すればよいのだろうか。何もないところから生まれることはありえないので、論理的には、いわゆる「無菌マウス」の中にすでに細菌が存在していたという結論しかない。

自然がバクテリアフリーを望むのであれば、自然はバクテリアフリーの人間を作ったはずである。無菌動物といっても、実際には無菌ではなく、実験室内の人工的な環境下でのみ存在するもので、自然界には存在しない。げっ歯類にしても、人間にしても、自然の中で生きている動物の生態系は、バクテリアの活動に大きく依存しており、この仕組みには目的があるはずなのである。

しかし、「トリッキー・ルイ」255に話を戻すと、彼は予防接種の実験でも意図的に嘘をつき、それによって研究の神々のオリンパス山の席を得たのである。1881年、パスツールは羊に炭疽菌のワクチンを接種することに成功したと主張した。しかし、パリの門外で行われたパスツールの野外実験が実際にどのように行われたかは誰も知らないだけでなく、後に「偉大なる国家」の国民的英雄と呼ばれるパスツールは、実は同僚の研究者であるジャン=ジョセフ・トゥーサン256から密かにワクチンの混合物を持ち出していたのである。

1885年、パスツールは狂犬病ワクチンの実験に成功したとされているが、実際はどうだったのだろうか。1885年にパスツールが行った狂犬病ワクチンの実験は、科学的な基準を全く満たしておらず、彼の混合ワクチンに対する賞賛の声を裏付けるものではなかったことが、研究者たちに知らされたのはずっと後のことだった。科学史家のホレス・ジャドソンは、パスツールのスーパーワクチンは「狂犬病を予防したというより、むしろ引き起こしたかもしれない」と書いている258。

これらの実験が何十年も議論されなかったのは、有名なフランス人の潔癖な秘密主義によるところが大きい。パスツールは生前、自分のノートを見ることを、親しい同僚にさえも許さなかった。259 20世紀後半、プリンストン大学の医学史家ジェラルド・ガイソンは、パスツールの記録を綿密に調べる機会を初めて得て、1995年にその不正を公表した260。

健全な科学は、他の研究者がその結論を検証できるような透明性のある環境で発展するものだからだ261。

秘密主義には、独立した監視や検証を締め出すという相反する目的がある。もちろん、このような透明性の欠如は、政治、国際サッカー協会FIFAのような組織、さらにはジャドソンによれば「公的資金を得ることは彼らの権利であるが、公的管理からの自由も同様であると信じている科学界」など、あらゆるところで観察される。

このような体制では、重要なチェック・アンド・バランスが欠如しているため、最終的に研究者の仕事を精査し、研究が誠実に行われているかどうかを確認する立場にある人はいない。264 しかし、科学者によるアンケート調査が2005年の『ネイチャー』誌に掲載されたところ、研究者の3分の1が、欺瞞的な行為を避けることはできず、目的に合わないデータは横に置いておくと答えていた265。

このような品質チェックは時間とお金の無駄であると見なされ、そのために資金も提供されない。その代わり、医学研究者は次の高収益の大発見を追いかけることで頭がいっぱい。また、今日の実験の多くは、再構成して正確に検証することができないほど複雑に構成されている266。このため、研究者は結果を恐れることなく、「なぜ不正をしてはいけないのか?

スタンフォード大学のジョン・イオアニダス教授は、2005年に発表した論文「Why most published research findings are false」の中で、発表された研究のほとんどが、科学的な証拠の基準を満たしていないと述べている。また、イオアニダスは、多くの科学的研究が、再現することが難しい、あるいは不可能であることを説明している。そして、「科学分野における金銭的その他の利害関係や偏見が大きければ大きいほど、研究結果が真実である可能性は低くなります」と述べている267。

いわゆる査読システムが不正をほぼ排除していることを期待したいところである。しかし、何十年にもわたって行われてきた査読の慣行は、根底から腐っている269 270 査読の仕組みは、匿名の専門家(「ピア」)が、科学上の競争相手から提出された研究提案や雑誌論文を審査(レビュー)するというものである。

匿名の専門家(ピア)が、競合他社から提出された研究提案や論文を審査(レビュー)し、その提案を承認するか、論文を科学出版物に掲載するかを決定する。このような査読付きの出版物は約5万件あると言われており271、「Nature」、「Science」、「New England Journal of Medicine」、「British Medical Journal」、「The Lancet」などの有名な雑誌はすべて査読付きである。

しかし、根本的な問題がある。それは、現在の形の査読には危険な欠陥があるということである。もし、他の分野の研究者がこのプロセスで研究を行い、結果を発表したら、どうなるであろうか。例えば、現在の方法が自動車業界で一般的になったとしたら、BMWが新型車を開発して市場に出すことが許されるかどうかを、競合他社が匿名のプロセスで決めてしまうことになる。これでは、イノベーションが阻害され、利益相反や不正行為を招くことは明らかである。

272 科学史家のジャドソンが2004年に出版した『The Great Betrayal(偉大なる背信)』という本の中で紹介している不正のケースがすべて摘発されなかったのも、不思議ではない。パスツールの隣には、ジークムント・フロイトや、ノーベル医学賞を受賞したことで知られるデビッド・ボルチモアなどの著名人がいる274(ボルチモアについては本章で後ほど詳しく説明する)。

近代医学のもう一人の光であるドイツ人医師、ロバート・コッホ(1843-1910)もまた、詐欺師として活躍していた。1890年にベルリンで開催された「第10回国際医学会議」で、「特大の自我を持つ」微生物ハンター275は、結核に対する奇跡の物質を開発したと宣言した276。

さらにコッホは、ドイツの週刊医学雑誌(Deutsche Medizinische Wochenzeitschrift)で、モルモットを使った実験で、「他の方法で体にダメージを与えることなく、病気を完全に停止させることができる」ことを証明したと主張した277。

この奇跡の薬と言われた「ツベルクリン」に対する世界中の人々の反応は、最初は圧倒的で、コッホの領地であるベルリンでは、キノコのように療養所が作られた278 世界中の病人がドイツの首都を巡礼地のようにした279。長期的な治療法は現れず、代わりに霊柩車が次々と療養所に乗り込んできた。そして、風刺的な「Der wahre Jakob(本物のマッコイ)」の新年号のような新聞が嫉妬した。「コッホ教授。コッホ教授、めまい菌の治療法を教えてほしい!」と揶揄した。

パスツールのように、コッホも最初は奇跡の物質と言われるものの内容を極秘にしていた。しかし、死亡率が急増したため、薬の性質をよく調べてみると、ツベルクリンは熱で死滅した菌の培養物に過ぎず、いくら善意であっても、重症の結核患者に効くとは誰も思わなかった。それどころか、実験患者であれ、後に治療薬として投与された患者であれ、すべての人が、悪寒、高熱、死といった劇的な副作用を経験したのである281。

最後に、当時の医学界の権威であるルドルフ・ヴィルヒョウを含むコッホの批判者たちは、ツベルクリンが結核を止めることはできないことを証明することに成功した。むしろ、後の痛烈な批判によれば、結核の進行をさらに悪化させることが懸念されていたのである。当局は、コッホに有名なモルモット実験の証拠を提示するよう要求したが、コッホはできなかった282。

歴史学者のクリストフ・グラッドマンは、コッホがツベルクリンの発売を「巧妙に演出した」と述べている。すべてが前もって計画されていたようだ。1890年10月下旬、ツベルクリンの最初の高揚感の中、コッホは衛生学の教授職を辞していた。コッホ教授は、パリのパスツール研究所をモデルにした自分の研究所をプロイセン政府に要請し、チューブルクリンを広範囲に研究できるようにすることを秘密の手紙で要求した。

コッホ教授は、「1日に500個のツベルクリンを生産し、年間450万マルクの利益を得る」と計算していた。コッホ教授は自分の予言の信頼性について、こう辛口に語っている。「100万人の人口のうち、肺結核にかかる人は平均して6,000人から8,000人と考えられる。人口3,000万人の国では、少なくとも18万人のファイシス(結核患者)がいることになります。」コッホがドイツの週刊医学雑誌(Deutsche Medizinische Wochenzeitschrift)に発表したことは、コッホの腹心が行った過度に肯定的な現場報告と同時に掲載され、Gradmannによれば、「ツベルクリンの宣伝と同様に、その検証にも役立った」283。

壊血病、脚気、ペラグラ:微生物ハンターの数々の敗北

19世紀末、パスツールとコッホが詐欺にもかかわらず有名人になったとき、一般の人々は微生物のプロパガンダに対抗する機会がほとんどなかった。「微生物=死の敵」という医学界の権威と、台頭してきた製薬業界が、すでに権力と世論を掌握していたからだ。そこで、特定の病気に効く(とされる)特効薬を開発するために、実験動物を使った臨床試験が行われるようになったのだ。

この計画は非常に効果的で、ツベルクリンのような致命的な災害を引き起こした物質でも、高い利益を得ることができた。コッホはツベルクリンの失敗を認めることさえなかった。そして、医薬品の研究に安価に参入しようと考えていた染料工場のヘキスト社が、ツベルクリンの製造に乗り出した。コッホの弟子であるアーノルド・リベルツが、コッホの研究所の密接な協力を得て製造を監督することになり、勃興する製薬業界に決定的な拍車がかかった284。

これ以降、科学者たちは「1つの病気、1つの原因(病原体)、1つの奇跡の治療法」というモデルにほぼすべてのものを押し込めようとしたが、そのために失敗が相次いだ。例えば、壊血病(船員病)、ペラグラ(肌荒れ)、脚気(鉱夫・囚人病)などの病気は細菌が原因だと、長い間、医学界の主流は主張していた。正統派は歯を食いしばって、ビタミンの欠乏が真の原因であることをようやく認めた。

例えば脚気の場合、変性神経疾患の原因をめぐる論争が決定的になったのは、1911年に白米などの精製食品には含まれていないビタミンB1(チアミン)が分離されてからである。チアミンの発見者の一人であるロバート・R・ウィリアムズは、コッホとパスツールの研究を通して、「若い医師たちは皆、病気の原因は感染症であるという考えに染まり、病気の原因は(微生物以外には)あり得ないということが、ほとんど公理のように受け入れられるようになった」と述べている。「病気の原因としての感染に医師たちが夢中になっていたことが、脚気の原因としての食物への注意から多くの脱線の原因となったのは間違いない」285。

ヒポクラテス、フォン・ペッテンコーファー、ビルチャー・ベナー 身体の叡智

菌類、バクテリア、ウイルスをはじめとする特定の微生物は、我々の戦いの大敵であり、特定の病気を引き起こし、特殊な化学爆弾で戦わなければならないという考えは、人々の良心の奥深くに埋もれている。しかし、歴史を紐解けば、西欧諸国が「一病一因、奇跡の薬」という医学的ドグマに支配されてきたのは、19世紀末に製薬産業が出現してからのことである。それ以前は、全く異なる意識を持っており、現在でもその痕跡がいたるところに残っている286。

「古代ギリシャの時代から、人は病気に「かかる」(Catch)のではなく、「入り込む」ものであった。『かかる』ということは、『かかるべきもの』があるということで、細菌説が認められるまでは、『かかるべきもの』はなかった」と、前出の生物学教授、エドワード・ゴルブは著書『The Limits of Medicine』の中で書いている。 287  紀元前400年頃に生きていたと言われるヒポクラテスや、紀元130年に生まれた当時の最も偉大な医師の一人であるガレンは、健康を維持するためには、適切な行動やライフスタイルを選択することで、ほとんどの場合、個人が操縦可能な運転席に座ることができるという見解を示した。

「(古代の哲学では)ほとんどの病気は、良い生活から逸脱したことに起因している」とゴルブは言う。「ヒポクラテスから1500年、ガレノスから950年後の19世紀になっても、健康と病気の概念、そしてヨーロッパの医薬品がいかに変わっていなかったかがよくわかる」288。

1850年代になっても、病気は伝染するという考えは医学界や科学界ではほとんど支持されていなかった。当時の代表的な医学者の一人であるドイツ人のマックス・フォン・ペッテンコーファー(1818-1901)は、物事を全体として理解しようとしたため、病気の発症について、個人の行動や社会的状況など様々な要素を取り入れて考察した。フォン・ペッテンコーファーは、微生物理論家の単純化された単因性の仮説を甘く見て、正しい「反コンタギオニスト」になったのである289。

後にミュンヘン大学学長に就任したこの科学者は、当時、医学が多くの専門分野に分かれ始めていたことを考慮して、こう言った。「細菌学者は、蒸気ボイラー、培養器、顕微鏡以外には目を向けない人たちだ」290。

結局、この時、19世紀の新興工業国に典型的な病気であるコレラの治療に関する議論をリードしたのはフォン・ペッテンコーファーであった。フォン・ペッテンコーファーは、名医フランソワ・マガンディ(1783~1855)が1831年にフランス科学アカデミーで報告した「コレラは輸入されたものではなく、伝染するものでもなく、破滅的な生活環境による過度の汚れが原因です」という見解と同じであった291。

フォン・ペッテンコーファーは、飲料水が主な原因であると考えた。292  当時は処理施設がなく、水は工業化学物質や人間の排泄物で目に見えてひどく汚染されていることが多く、人々はその悪臭や変色を訴えた。フォン・ペッテンコーファーは、この掃き溜めに微生物がいることを否定してはいなかったが、これらの生物が病気の進行に寄与するのは、生物学的な環境が整っている場合に限られると主張していた294。

残念なことに、フォン・ペッテンコーファーの権威は、微生物説の信奉者たちが自分たちの手で問題を解決するのを妨げることはできなかった。19世紀末には、彼らはコレラも狭い説明概念に押し込めた。つまり、微生物(この場合はビブリオ・コレラ菌とその排泄物)が唯一の犯人であると烙印を押され、パスツールの微生物説はコレラを撃退したと偽りの勲章を与えられたのである。ゴルブは虚空に向かって叫んだ。「衛生運動や公衆衛生に大きな責任があるのに、なぜパスツールが評価されるのか」295。

健康と病気を総合的に考える1500年の歴史は、人生やその途方もない複雑さと密接に関係しており、ふとしたきっかけで完全に消えてしまうことはなかった。しかし、それは事実上、人々の良心から消えてしまったのである。遺伝学者であるバーバラ・マクリントックは、現在の科学の概念では、自然界のあらゆる生命体の巨大で複雑な構造とその秘密を十分に説明できないと考えていた。ノーベル医学賞を受賞した彼によれば、生物はそれぞれの人生を歩み、科学では部分的にしか理解できない秩序に従っているという。「生物が自らの生存を確保するための方法や手段を見つけ出す驚異的な能力は、我々が考えたモデルでは初歩的にも表現できない」296。

1970年代初頭、ノーベル医学賞を受賞したフランク・マクファーレン・バーネット卿も、 分子生物学の『有用性』については懐疑的になってた。なぜなら、生物の構造、特に細胞の 情報伝達装置にはありえないほどの複雑さがあるからである。[確かに、分子生物学者は自分たちの業績を誇りに思っているし、研究を続ける権利を得たと感じているのも同様である。しかし、彼らの資金の出所は政治家や銀行家、財団であり、彼らは科学者の科学に対する態度の本質を認識することができず、30年前に私が感じたように、医学研究は人間の病気を予防したり治療したりすることだけに関係しているといまだに感じている。そのため、科学者たちは期待されていることを口にし、助成金は更新され、双方ともに不正な芝居であったことを不安に感じている。

もちろん、すべての医師が医療産業の舞台での役割を求めていたわけではなく、ホリスティック・ヘルスの視点を維持するために重要な役割を果たした医師もいた。スイス人医師のマクシミリアン・ビルヒャー・ベナー(1867-1939)は、自分の黄疸を生食で治療したり、重度の胃腸障害の患者を治療したりしたことから、栄養の利点に注目した。1891年、ビタミンや食物繊維が人体にとって重要であることが認識される前に、ビルヒャー・ベナーはチューリッヒの小さな街の診療所を引き継ぎ、そこで生食に基づいた栄養療法を展開した。

わずか数年後の1897年には、診療所は小さな個人クリニックに成長し、そこで一般患者の治療も行うようになっていた。彼の菜食主義的なローフード食には、世界中から強い関心が寄せられていたので、ビルヒャー・ベナーは1904年に「Lebendige Kraft(生きる力)」という4階建ての私設療養所を建立したのである。ビルヒャー・ベナー(彼の名前は「ビルヒャー・ミューズリー」に不朽の名を残している)は、ローフードの食事以外にも、日光浴、純水、運動、心理的健康などの自然治癒力を促進した298。

ハーバード大学の生理学教授であるウォルター・キャノンも、1932年に発表した『The Wisdom of the Body』で、ホリスティック・ヘルスをテーマにしている。300 「”身体の知恵 “は生物の属性です」と、イスラエルの医学研究者ゲルショム・ザジセックは、1999年に発行された雑誌『Medical Hypothes』で述べている。「成長する植物を太陽の光に導き、アメーバを有害なものから遠ざけ、高等動物の行動を決定する。体の知恵の主な仕事は、健康を維持し、その質を高めることである。身体の知恵には独自の言語があり、患者を診察する際にはそれを考慮しなければならない」301。

生物学者グレゴリー・ベイトソンの1970年の言葉は、確かに今日でも有効である。

「しかし、誰も医学の知恵についての本を書いていない。なぜなら、それこそが医学に欠けているからだ」302。

クラスタリング 一人の感染者から流行を生み出す方法

第二次世界大戦後、結核、麻疹、ジフテリア、肺炎などの病気は、豊かなアメリカのような先進国では大量の死者を出すことはなくなった。実際、1949年には、CDCを完全に廃止することが多数決で決定された304。それは、「クラスタリング 」である。

これは、病院、保育園、地元のバーなど、周囲の環境を素早くスキャンして、同じまたは似た症状の人を1人、2人、または数人見つけるというものだ。ウィルスハンターにとっては、これだけで流行の兆しが見えてくる。これらの人たちがこれまでに一度も接触したことがなくても、あるいは数週間から数ヶ月の間隔で病気になっていても、問題はない。つまり、クラスターは、微生物の流行が存在する、あるいは差し迫っていることを示す重要な手がかりや実際の証拠を提供することはできないのである。

同じ症状の人が数人いるからといって、必ずしもウイルスの仕業であるとは限らない。同じような不健康な食事をしていたとか、同じような不健康な環境条件(化学的毒素など)と闘わなければならなかったとか、いろいろな意味がある。感染性の細菌が働いていると仮定しても、特定のグループの人々はある病気にかかりやすいが、同じようにその微生物にさらされた他の多くの人々は健康であることを示すことができる306。

このような理由から、豊かな社会では疫病はほとんど発生しない。豊かな社会では、十分な栄養、清潔な飲料水などの条件が整っているため、多くの人々が免疫システムを維持しており、微生物が異常に増殖する機会がないからである(ただし、細菌に対しては抗生物質も大量に投入されており、抗生物質や免疫システムに影響を与える他の薬剤を過剰に使用する人はさらにリスクが高い)。

クラスタリングがどれほど疫病の発見に効果がないかは、さらに、クラスタリングが(切迫した)疫病を嗅ぎつけるためのツールとして使われたケースを詳しく見てみると明らかになる。これは、20世紀初頭の壊血病、脚気、ペラグラの原因究明の際に起こったことである。しかし、例に漏れず、これらが流行の可能性のある感染症であると仮定することは無意味であることが判明した。

最近の最も重要な例は、HIV=AIDSのドグマであり、コロナ/COVID-19の狂気をも現実のものとする基礎を築いたからである。1980年代の初め、数人の医師が、免疫系を破壊するような薬物摂取のライフスタイルを培ってきた数人の患者から、純粋にウイルス性の流行を構築しようとした。ウイルス当局がどのようにしてこの伝染病を製造したかについては、第3章で説明する。ここでは、CDCの役員であるブルース・エバット氏の発言を引用する。エバット氏は、CDCが「ほとんど何の証拠もない」発言を公にしたことを認めている。伝染性物質であるという証拠はなかった」307。

残念ながら、世間ではこのようなあらゆる発言が無視されている。そのため、「エイズ・ウイルス」の話はその後も世界を恐怖に陥れ、ウイルス・ハンターが医療の場を支配するようになった。風邪でも季節性インフルエンザでも、肝炎でも、その他の病気でも、流行病ハンターがクラスタリング法を駆使して、世界に脅威を与える新たな流行病を宣言するための無尽蔵の情報源となっている。

1995年には、「地獄の微生物がイギリスにやってきた」と言われている。当時、イギリスで活動していたメディア科学者のマイケル・トレーシーは、”Killer Bug Ate My Face”, “Flesh Bug Ate My Brother in 18 Hours”, “Flesh Eating Bug Killed My Mother in 20 Minutes “といったメディアの見出しを集めてた。トレーシーは、「スター紙は、”喉の痛みから始まるが、24時間以内に死ぬこともある “という補助的な見出しが特に微妙だった」と書いている。しかし、医学界ではStreptococcus Aとして知られているこの細菌は、決して新しいものではなかった。「通常、この病気で亡くなる人は年に数人しかいません」とトレーシーは言う。「この年、イングランドとウェールズでは11人しか亡くならなかった。感染する可能性は限りなく低いのであるが、メディアはそれを全く気にしなかった。悪いジャーナリズムがパニックを引き起こした典型的な例です」308。

同年、米国CDCは、エボラウイルスのパンデミックが差し迫っていることを強く警告し、警鐘を鳴らした。コンゴ民主共和国のキクウィットでは、クラスター法を用いていくつかの熱病患者を分離し、エボラ出血熱の発生と宣言した。センセーションを求めるメディアは、致命的な殺人ウイルスがジャングルの隠れ家を出て、ヨーロッパやアメリカに降りてこようとしていることを世界中に報じた309。

タイム誌は、細菌を通さない宇宙服を着たCDCの「刑事」たちの壮観な写真や、危険な病原体を表向きに見ることができるカラフルな写真を掲載した310。国連エイズ計画の責任者は、「キクウィットの感染者が首都キンシャサまで行き、ニューヨーク行きの飛行機に乗り込んで病気になり、アメリカにリスクをもたらすことは理論的には可能です」と想像することで、その恐ろしさを具体化した。しかし、1ヶ月も経たないうちに、エボラ出血熱はアフリカでは問題にならなくなり、ヨーロッパや北米では一人の患者も報告されなかった。311 そして、エボラウイルスがきちんと証明された出版物は、いまだにどこにも存在していない。

ポリオ DDTなどの農薬 と重金属の疑惑

第二次世界大戦前の数十年間に先進国の人々を苦しめた病気(結核など)は、1945年以降、ほとんどすべてが問題にならなくなった。ただし、数年前からポリオ(小児麻痺)は例外となり、今でも感染症と呼ばれている。1950年代に入ると、先進国ではポリオの患者数が激減し、予防接種が功を奏したと言われている。しかし、統計を見ると、予防接種を開始した時点で、すでにポリオ患者数は激減していたことがわかる(図2)。

乳児麻痺(ポリオ)の原因はウイルスではないという疑惑を裏付ける証拠は数多くある。アメリカの医師ベンジャミン・サンドラーのように、グラニュー糖などの精製食品の多量摂取が決定的な要因であると考える専門家も多い312。また、集団予防接種を挙げる人もいる。また、1940年代にジフテリアや百日咳のワクチンを大量に接種した後、ポリオの患者数が急激に増加したことが『ランセット』誌などに報告されている。

ポリオは、他の病気と同様に、様々な要因で条件付けされている可能性がある。しかし、この神経系の病気が19世紀の工業化の過程で初めて出現した理由を説明するためには、産業公害や農業公害による中毒を考慮することが特に意味を持つ。20世紀前半の欧米先進国では燎原の火のように広がったが、発展途上国では発生しなかった。

19世紀には、この病気はポリオに典型的な脊柱神経の変性(脊髄炎は脊髄の病気)を意味する「ポリオミエリス」と呼ばれていた。317 正統派の医学文献を見ても、1887年にスウェーデンで最初のポリオの流行が起こるまで、ポリオウイルスが良性であることを示す証拠はない。ドイツでDDTが発明されてから13年後(1874年)、水、灯油、石鹸、ヒ素を調合して散布する機械式作物散布機が初めて発明されてから14年後のことである。

ポリオと農薬について幅広く研究しているニューヨークのジム・ウエスト氏は、「この流行は、かつてないほど農薬の革新が盛んに行われた直後に起こったものでもある」と言う。「これは、DDTが第一次ポリオ流行の実際の原因であるということではなく、当時はヒ素が広く使用されており、DDTは単にポリオの予防に役立ったに過ぎないと言われている。

図2 ポリオの死亡率が減少し始めたのは、大規模なポリオの死亡率は、大規模な予防接種が行われる前から低下していた

1950年代半ばに大規模なポリオワクチンの接種が開始されるずっと前の1923年から1953年にかけて、ポリオによる死亡率はすでに大幅に減少していた。アメリカでは47%、イギリスでは55%、その他のヨーロッパ諸国でも同様の統計がある。この図は、以下の書籍からの許可を得て掲載している。ワクチン。Are They Really Safe and Effective? © Neil Z. Miller. 学術的な演習である。しかし、DDTやすでに発見されている神経毒の有機塩素化合物が農薬として実験的に使用されていたならば、最初のポリオの流行を引き起こしていたかもしれない。初期の文献にDDTが載っていないからといって、使われていなかったという保証にはならない」318。

その約10年前の1878年には、神経学者のアルフレッド・ヴァルピアンが、鉛で中毒になった犬に人間のポリオ患者と同じ症状が出ることを発見し、中毒説の実験的証拠を示していた。また、1883年にはロシアのミエゼイスキ・ポポーが、ヒ素でも同じ症状が出ることを示した。1870年以降、毛虫などの「害虫」を駆除するために、ヒ素を主成分とする農薬「パリ・グリーン」が農業分野で広く使用されていたことを考えると、これらの研究は科学界を刺激するものであったはずだ319。

しかし、1892年にマサチューセッツ州では、殺虫剤パリスグリーンを禁止する代わりに、さらに毒性の強い重金属を含むヒ酸鉛の殺虫剤に変更した」と、イギリスの雑誌「The Ecologist」に2004年に掲載された記事は伝えている320。検査を担当したチャールズ・カバリー博士は、ウイルスよりも毒素が原因である可能性が高いと主張し、「我々は伝染病を扱っているわけではない」と力説していた。

しかし、ヒ酸鉛は短期間のうちに、先進国の果物栽培において最も重要な農薬となった。例えば、1907年にマサチューセッツ州でヒ酸カルシウムが導入され322、綿花畑や工場で使用された。その数ヵ月後、3つの綿花工場の下流に住んでいた69人の子どもたちが突然病気になり、麻痺を起こした。その一方で、庭の果樹にもヒ酸鉛が散布されていた323。しかし、微生物ハンターたちは、こうした正当な「クラスター」要因を無視して、「原因」となるウイルスを探し続けた324。

325 326 世界保健機関(WHO)は、この二人の実験を「ポリオ撲滅のマイルストーン」の一つと呼んでいる。しかし、驚くべきことに、医学者たちはこの証拠を追うことなく、農薬を宿敵である微生物と戦うための武器と考えていたのである。1951年、アーウィン・エスクウィスは、ヒ素や鉛などの重金属と結合する解毒物質であるジメルカプロールを用いて、ポリオ329の中でも特に重度の脳神経障害である手足の麻痺に苦しむ子供を治療することに成功している。

ランドシュタイナーとポッパーは、代わりに、足の悪い9歳の少年から病気の髄を取り出し、それを切り刻んで水に溶かし、それを2匹の実験用のサルの腹腔内にカップ1~2杯分注入したところ、1匹は死に、もう1匹は永久に麻痺した。サルやモルモットに「ウイルススープ」を飲ませても、四肢に注射しても麻痺は起こらなかったからである335。

その直後、サイモン・フレクスナーとポール・ルイスは、同じような混合物をサルの脳に注射する実験を行った336。このサルは確かに病気になった。1911年、フレクスナーはプレスリリースの中で、ポリオを予防する方法をすでに発見したと自慢し、もちろん治療法の開発にも近づいていると付け加えている337。

しかし、この実験では、ウイルス感染の証拠はない。337 しかし、この実験では、ウイルスの感染を証明するものではない。使用されたグロップは、世界中の意志をもってしても、孤立したウイルスとは呼べない。電子顕微鏡が発明されたのは1931年だから、誰もウイルスを見ることはできない。また、フレクスナーとルイスは、”注射用スープ “の成分を公表しなかった。1948年にニューヨークで開催された国際ポリオ会議で、エール大学の専門家ジョン・ポールが述べたように、「ポリオウイルスがどのようにして人間に侵入するのか」はまだ不明であった338。

それはさておき、サルの頭蓋内に異物を注入したことが、ポリオのような症状の引き金になった可能性は非常に高い(第5章BSE参照)。また、注入された物質の量を考えれば、動物が病気になったとしても不思議ではない。また、対照実験も行われていない。つまり、健康な脊髄組織を注入した対照群のサルを放置していた。339 340 これらの要因により、この実験は事実上無意味なものとなった。

ポリオがウイルス性の感染症である可能性を否定する多くの科学的要因があったにもかかわらず、341これらの研究は、架空のポリオウイルスにのみ焦点を当てた10年に及ぶ戦いの出発点となった。後には、インドの荒野でサルを大量に捕獲し、海外の実験室に運んで、麻痺を起こさせるという目的もあった。ウイルスハンターが働いているところには、ワクチンメーカーも遠く及ばなかった。

1930年代の終わりには、ワクチン研究者たちは、あらゆる種類のウイルスを発見したと言われている。しかし、これらは本当の分離株ではなかったはずである。1953年に電子顕微鏡で初めてポリオウイルスを撮影したと言われている写真も同様である。しかし、その写真には白い点しか写っていない。この点をポリオウイルスと呼ぶためには、この粒子を精製し、分離し、電子顕微鏡で撮影し、生化学的に正確に特徴づけなければならないはずだ。しかし、20世紀初頭のポリオ研究のパイオニアと呼ばれたカール・ランドシュタイナー、アーウィン・ポッパー、サイモン・フレクスナー、ポール・ルイスや、その数十年後のレナート・ダルベッコ、ギルバート・ダルドルフ、グレース・シックルズ、ノーベル賞受賞者のジョン・エンダース、トーマス・ウェラー、フレデリック・ロビンスなどの科学者でさえ、このような作業を行った者はいない。

研究者たちは、ウイルスを「分離」したと豪語していたが、実際には、ポリオに罹患した人や動物の脊髄組織や糞便を採取し、それを混ぜたもの(いろいろなものが混ざっている可能性がある)を実験動物の脳に注射しただけであった。その結果、動物が病気になったとしても、研究者はウイルスのせいだと考えた。しかし、何が病気になったとしても、それがウイルスのせいであるという証拠はない。

さらに、猿に「グロップ」を経口投与しても病気にならないという問題も発生した。344 1941年、科学雑誌『Archives of Pediatrics』で専門家が「ヒトの小児麻痺は伝染病であることが決定的には示されていない」と報告したことで、ポリオウイルスの研究者たちは苦い挫折を味わうことになった。いわゆる小児麻痺ウイルスが作り出す実験動物の病気も、伝染性があるとは示されていない。1921年、ローゼナウは「サルは感染したサルと密接な関係で飼育されているにもかかわらず、”自然に “この病気に感染することは今のところ知られていない」と述べている345。 つまり、これが感染症でないならば、原因となるウイルスは存在しないので、ワクチンの探索は余計なお世話だったのである。

しかし、ウイルスハンターは、ウイルスへの執着以外の要因を考慮することすらしなかった。ポリオウイルスと呼ばれるものが実際に人間にポリオを引き起こすことを証明できなくても、彼は何とかしてそのウイルスからワクチンを作ることができると信じていたのである。

ソークは、研究が最も熱を帯びていた時期に、ワクチン研究のために17,000匹の実験用のサル(ソークの同僚の一人は「英雄」と呼んだ)を犠牲にしたと言われている348。しかし、ソークがポリオウイルスと呼んだものは、単なる「実験室の人工的な産物」であると批判された350。 その結果、今日に至るまで、患者の神経細胞が損傷を受けた場所、つまり脊髄組織からポリオウイルスと呼ばれるものを見つけることは、非常に困難なこととなっている351。

1954年、当時アメリカ政府のワクチン安全性テストを担当していたバーニス・エディも、ソークのワクチンが実験用のサルに重度の麻痺を引き起こしたことを報告した。エディは、麻痺症状を引き起こした原因が何なのか、ウイルスなのか、他の細胞の残骸なのか、化学的な毒素なのか、よく分からなかった。ウイルスか、細胞の破片か、化学的な毒素か。猿の写真を撮って上司に提出したが、上司は彼女の心配を一蹴し、「パニックを起こしている」と批判した。むしろ、彼女の不安な気持ちを汲み取って、徹底的に調べるべきだったのだ。しかし、エディは微生物の権威に止められ、彼女の警告が正当であることが証明される直前に、ポリオの研究を断念しなければならなかった352。

1955年4月12日、ソークのワクチンは、ポリオの発生を完全に防ぐ物質として、全米で祝福された。ドワイト・アイゼンハワー大統領は、ソークに議会金メダルを授与した。アメリカとカナダのテレビもこの祝賀会に参加した。4月16日には、マンチェスター・ガーディアン紙もこのパーティーに参加し、「先週の火曜日に発表された、166年間にわたる麻痺性小児麻痺との戦いがほぼ確実に終結したという歴史的な発表ほど、ソ連の共産主義体制の転覆をもってしても、アメリカの人々の心と家庭に喜びをもたらすものはないだろう」と述べている353。

しかし、この勝利は長くは続かなかった。医学史家のベドー・ベイリー氏は、「ワクチンがアメリカの新聞やラジオで、今世紀最大の医学的発見の一つとして絶賛され、イギリスの厚生大臣がワクチンの製造を進めると発表してからわずか13日後に、最初の災難のニュースが入ってきた」と書いている。ある銘柄のワクチンを接種した子供たちが、小児麻痺を発症したというのである。続いて、他の銘柄のワクチンを接種した後に発症したケースが次々と報告された。」

ベイリーによれば、「その後、全く見過ごされていた別の合併症が発生した。デンバーの医務官フロリオ博士は、”衛星 “ポリオと呼ばれるものが発生したことを発表した。つまり、予防接種を受けて数日間入院した後、帰宅した子供の両親や身近な人が、自分は発症していないにもかかわらず、他の人に病気をうつしてしまうというものである。

355 1955年5月6日、ニュース・クロニクル紙は、米国政府のウイルスに関する最高権威であるカール・エクランド氏の言葉を引用し、国内ではワクチンを接種した子供だけがポリオに罹患していると述べている。それも、1年のうち4分の3以上もポリオの発症が報告されていない地域で、である。また、10人中9人が注射した腕に麻痺が現れた。

これを機にホワイトハウスはパニックに陥った。356 ホワイトハウスはパニックに陥り、5月8日、アメリカ政府はワクチンの生産を全面的に中止した357。予防接種を受けた」ニューヨークでは感染者数が2倍に、ロードアイランド州とウィスコンシン州では500%に跳ね上がった。そしてここでも、多くの子供たちの接種した腕に跛行が現れたのである358。

それはさておき、統計を客観的に見れば、ソークのワクチンを疑惑のポリオウイルスの偉大な征服者として祝福する理由はないことがわかるだろう。「国際的な死亡率の統計によると、ソークの殺ウイルスワクチンが導入される前の1923年から1953年の間に、アメリカではポリオの死亡率がすでに47%、イギリスでは55%も自力で減少していました」と科学ジャーナリストのニール・ミラー氏は書いている(図2参照)359。

第二次世界大戦末期、フィリピンに駐留していた米軍は、ハエを駆除するために毎日大量のDDTを散布していたが、そのわずか数年後に、熱帯地方で初のポリオ流行が自然発生した。そのわずか2年後、有名な『Journal of the American Medical Association』誌は、フィリピン駐留軍兵士の跛行はポリオと区別がつかず、死因の第2位にまで進行していたと報告している。犠牲者の数が多いのは戦闘訓練だけだという。一方で、毒物が散布されていない近隣の地域では、麻痺の問題は発生していない。

先進国の若者はDDTをほとんど知らなくなった。ジクロロジフェニルトリクロロエタンの略で、1874年にオーストリアの化学者オスマー・ツァイドラーが初めて合成した毒性の強い物質である。1939年にスイスのポール・ヘルマン・ミュラーがDDTの殺虫効果を発見し、1948年にノーベル医学賞を受賞した363。帯状疱疹の発症、麻痺、発がん、死亡などの関連性があり、重度の神経毒であらゆる生物にとって危険であるという強い証拠がすでにあったにもかかわらず、害虫駆除のために広く使用されることになった364 365 366。

また、DDTは自然界での生分解が非常に遅く、半減期が10~20年と言われていることも問題である。さらに、食物連鎖によって、人間や動物の脂肪組織に濃縮されてしまうこともある。しかし、この有害物質が非合法化されたのは、アメリカでは1972年、豊かな北半球の他のほとんどの国ではさらに遅かった。現在では、世界の大部分の地域で使用が禁止されており、2001年5月22日のストックホルム条約で世界的に禁止された「ダーティダース」と呼ばれる有機毒物の一つである367。

DDTの工業生産は1940年代の初めに始まった。367 DDTの工業生産が始まったのは1940年代初頭で、最初はマラリア対策に使われたが、後にあらゆる昆虫に対する「万能薬」のようになった。「例えば、40年代半ば、アメリカ国立衛生研究所は、DDTがポリオと同じように脊髄を損傷することを明らかにした」と、ニューヨークの研究者ジム・ウェストは書いている370 371 372

内分泌学者のモートン・ビスキンドは、ポリオの病理に似たDDT中毒の生理学的証拠を記述した研究論文の中で、同じ結論に達している373。「この問題の最近の側面に特に関連するのは、1944年と1947年にそれぞれ発表された国立衛生研究所のリリーとその共同研究者による無視された研究であり、DDTが動物の脊髄の前角細胞の変性を引き起こす可能性があることを示している。これらの変化は、人間の場合と同様に、被曝した動物に定期的に起こるものではないが、重要な意味を持つほど頻繁に現れる」374。

ビスキンドはこう結論づけている。「1945年にDDTがアメリカやその他の国で一般に使用されるようになったとき、これまでの膨大な毒物学的調査により、この化合物が昆虫から哺乳類までのすべての動物に危険であることが疑いなく示されていた。1945年には、DDTが哺乳類の体脂肪に蓄積され、ミルクに含まれることもわかっていた。このような予見があったからこそ、人類史上最も集中的な大量毒殺作戦の後に起こった一連の大惨事は、専門家を驚かせるものではなかったはずです」375。

DDTはあらゆる動物に対して猛毒であるにもかかわらず、非常に大量に使用しても無害であるという神話が広まった。ビスキンドは、第二次世界大戦後のポリオの蔓延は、「人類の歴史上、最も集中的に行われた大量毒殺キャンペーンによって引き起こされた」と考えている377。

アメリカでは、DDTのほかに、より毒性の強いDDEも使用されていた。どちらの毒物も、脳を毒物や有害物質から守る血液脳関門を突破することが知られている。それにもかかわらず、主婦たちはポリオの出現を防ぐためにDDTとDDEの両方を散布するように促された。子供部屋の壁紙も、DDTを染み込ませてから糊付けしていた378。

今から見れば全盲のように見えることも、当時はアメリカに限らず日常的に行われていた。1945年以降、ドイツでは発疹チフスを媒介するといわれるシラミの駆除にDDTの粉末が使用された379。また、果物や野菜の栽培をはじめとする農業でも、いわゆる植物保護のためにDDTが大量に散布された。そして、果物や野菜などの農業分野でも、いわゆる植物保護のためにDDTが大量に散布され、それまでの重金属を含む農薬であるヒ酸鉛に代わってDDTが使われるようになった380。

統計を見ると、アメリカでのポリオの流行は1952年にピークを迎え、その後は急速に減少している。これは、1955年に初めて導入された「サルク接種」では説明できないことがわかった。ポリオの発生と、重度の神経毒であるDDTや、分解が遅くDDTよりも毒性の強いγ-HCH(リンデン)などの農薬の使用との間には、非常に顕著な類似点がある。DDTは、その有害性が認められたため、最終的には使用量が大幅に削減されたが、リンデンは、食品の味を悪くするという理由で使用が抑制された381(図3、4参照)。

ジム・ウエスト氏は「1954年以降、アメリカでDDTの生産量が飛躍的に増加したことは注目に値する」とし、「これは主にDDTが第三世界に輸出され、主にマラリア対策や農業に使用されるようになったことと関係している」と述べている。ウエスト氏が指摘するように、アメリカでの使用パターンの変化には次のような要因があった。

  1. 法律の改正により、警告ラベルが使用されるようになり、DDTの毒物としての認識が高まったこと。
  2. 最終的に、酪農場でのDDTの使用が禁止された。それ以前にも、オズワルド・ジマーマンら科学者は、5%のDDT溶液を毎日、牛や豚、その飼料、飲み水、休息場所に直接散布することを勧告していた382。1950年には、アメリカの農家に対して、DDTで牛を洗わないように公式に勧告されたが、当初はこの勧告はほとんど無視された。同年、牛のミルクには、人間に重篤な病気(疾患)を引き起こすのに必要な量の2倍ものDDTが含まれていた383。
  3. 広告やプレスリリースでは、DDTはもはや「体に良い」、「無害」、「奇跡の物質」と称されていた384。
  4. 1954年以降、濃縮DDTは、食糧生産に役立たない作物(例えば綿花)にのみ使用された。
  5.  DDTはより慎重に使用されるようになり、その結果、食品からの毒物の摂取が減少した。
  6. .DDTの使用は、国が主催する森林計画にまで拡大され、例えば、森林全体に飛行機でDDTを散布した。
  7. DDTは、マラチオンなどの有機リン酸塩の形で、徐々に「安全」とされる農薬に取って代わられたが、その毒物学的効果は不確かであり、新しい農薬法は、神経障害の種類を急性麻痺から、定義が難しい慢性的でゆっくりと発症する病気などの麻痺性でないものに変えただけであった。このため、これらの農薬が問題となっている病気の原因となったことを訴訟や研究で証明することは特に困難であった(第5章のセクションも参照)。有機リン剤のホスメットについては、第5章「化学物質中毒の影響としてのBSE」を参照してほしい。)

1962年には、米国の生物学者レイチェル・カーソンが『沈黙の春』を出版した。この本では、植物毒の大量散布が昆虫、特に鳥類に致命的な影響を与えることを克明に記述し、「沈黙の春」(鳴き鳥のいない春)の到来を予言している。これにより、DDTの危険性が世間に知られることになった。

しかし、カーソンの著書に800社の化学会社がヒステリックに反応し、農家が農薬を一切使わなくなれば飢餓と破壊が起こると予言したため、世間の反応は鈍かった。殺虫剤の歴史に詳しいピート・ダニエルは、2005年に出版された著書『Toxic Drift』の中で、「パニックを起こして農家を化学産業に引き込むことが目的だったのは明らかだ」と書いている385。

1964年、ノースカロライナ州の七面鳥飼育者であるケネス・リンチが保健省に手紙を出した。1957年以来、彼の住むサマービルの町では、毎年夏になると蚊を殺すためにDDTやマラチオン(幅広い神経毒性や致死効果を持つ殺虫剤)386の霧に包まれていたという。ここ数年、彼の飼っている七面鳥は、「多かれ少なかれ突然、進行性の麻痺を起こし、もともと元気だったのに、2〜3日で死んでしまう」ようになっていた。

それと同時に、卵の受胎率が75%から10%に低下していた。「殺虫剤の霧が原因であることが明らかになった」とリンチは書いている。リンチは、化学の教授の助けを借りて、公衆衛生局(PHS)に相談し、対応する研究を行うことを提案した。しかし、国の当局は全く関心を示さなかった。全米野生生物連合から自然保護者として表彰されている生物学者のクラレンス・コッタムは、「私には(同省の行動は)、官僚が過去の過ちに目を奪われているとしか思えない」と述べている387 388

2009年2月15日、アメリカの非営利オンラインマガジン「Grist」は、”Even 40 years after exposure, DDT linked to breast cancer. “という記事を掲載した。記事の冒頭には、ピックアップトラックの写真が掲載されており、そこから子供たちが遊んでいる海岸にDDTが散布されていることがわかる。ピックアップトラックの看板にはこう書かれている。「DDT-強力な殺虫剤、人間には無害」。記事にはこうある。「DDTは1940年代から1970年代にかけてアメリカで広く使用されたため、当時のほとんどの人が何らかの形で暴露されていた。DDTの健康への影響についてはあまり理解されておらず(見過ごされていたとも言われている)、遊んでいる子供たちに直接散布されていた。作家で科学者のレイチェル・カーソンは、1962年に出版した代表的な著書『沈黙の春』で、この化学物質に対する懸念の高まりに注目した。しかし、米国でDDTが禁止されるまでには、さらに10年を要した。今週、Journal of the National Cancer Instituteで発表された新しい研究によると、農薬DDTにさらされた女性は、40年後にも乳がんを発症するリスクがあるという。この研究結果は、15,000人以上の妊婦を対象とした50年間の縦断的コホートに基づいており、その多くは1970年代に禁止される前にこの農薬にさらされていた。 ヘイズは、囚人を対象とした実験で、1日に35ミリグラムのDDTを摂取してもまったく無害であることを示すことを目的としていた391が、コッタムのような評論家は、被験者は誰でもいつでも実験から抜け出すことができると反論した。実際、「ちょっとした病気で辞退した人もかなりいた」という。

囚人実験の患者が何人も脱落したために、副作用のデータがほとんどなくなってしまい、研究結果が無意味になってしまったのだ。コッタムは、ヘイズが当初の農薬に関する見解を実証するために、研究者バイアスをかけた可能性が高いと指摘する。「おそらく彼は、批判にさらされると最初の立場を維持するためにますます独断的になる多くの人間のようなものだ。」ペスティ

図3 アメリカにおけるポリオ患者数とDDT生産量(1940年~1970年

統計を見ると、アメリカでのポリオの流行は1952年にピークを迎え、その後急速に減少している。これは、1955年に初めて導入された「白亜の予防接種」では説明できないことがわかった。ポリオの開発と殺虫剤の利用との間には、非常に顕著な類似点がある。歴史家のピート・ダニエル氏は、さらに一歩進んで、「(担当者は)よく分かっていたが、農薬を保護するという官僚的な必要性から、部門を正直さとは無縁の領域に導いてしまった」と述べている392。

アメリカ政府がDDTについて公聴会を開き、1972年にDDTを禁止するまでには、さらに長い年月がかかった。残念ながら、政府の議論はあまり報道されなかったので、一般の人々はポリオ(人間の場合!)と農薬、あるいはその他の非ウイルス性の要因との関連性を知らないままであった。そのためには、カーソンの「沈黙の春」の10年前、1950年代の初めに、DDT(やその他の毒物)の人間への影響を書いたベストセラーが必要であったと思われる。しかし、残念ながらそのような本は出版されていない。

図4 アメリカのポリオ患者数と農薬生産量(1940~1970年)

「カーソンの本は良かったが、動物への被害に限定されていたのに対し、統計的な傾向や分析の記述を作品の中で無駄に探してしまう。」とジム・ウェストは言う。1952年に発表した研究書『ポリオの毒原因とその調査への障害』393で、DDTが人間に与える被害を明確に記述していた研究者のビスキンドやスコビーでさえ、カーソンはほとんど言及していない。彼女の本が出版されるまでに、どのような編集上の検閲を受けたかは、今となっては誰にもわからない。 ウェスト氏は、このような検閲がその後のウイルス研究の常識になったと指摘する。2017年8月19日、thebetterindia.comは、1962年に出版され、化学農薬、特にDDTの使用について新たな世間の認識を示したレイチェル・カーソンの画期的な著書の一つである『沈黙の春』に記事を捧げた。その記事には、「カーソンは嘲笑され、屈辱を受けた。『沈黙の春』がケネディ大統領の目に留まったのは1963年のことで、ケネディ大統領は農薬の使用を調査・規制するための公聴会の開催を呼びかけた。体調を崩していたレイチェルは、原稿を読んで承認してくれた著名な科学者のリストを添えて、55ページに及ぶノートを作成した。彼女の正当性と証拠は、ケネディ大統領の科学諮問委員会でも強く支持された。沈黙の春」は環境保護運動の始まりとなり、1972年には米国でのDDTの農業使用が禁止された。しかし、残念ながらレイチェルはその日を迎えるまで生き延びることはできなかった。彼女は死後、大統領自由勲章を授与された。

1956年、アメリカへの入国手続きの一環としてDDTで燻蒸されるブラセロ労働者。

DDTの粉塵「野菜、果物、花、家庭用。」©ウィスコンシン歴史博物館所蔵、カタログ番号1999.143.20

米国ウィスコンシン州ミルウォーキーのノーザンインダストリーズ社の殺虫剤パッケージ「ブリッツ・フォグ」

(1%のDDTに加え、発がん性が疑われるクロルデンとリンデンを含む)。庭園では、モーター駆動の芝刈り機の排気口に取り付けた噴霧器(「ブリッツ・フォグ」熱式殺虫剤ディスペンサー)で殺虫剤を散布した。

 

フェラー財団。ロックフェラー財団は、HIV = AIDSの研究や数々のワクチン接種プログラムなど、正統派の重要な疫病対策プログラムを支援してきたからだ。これには腰を抜かす。

また、ウィリアム・A・ロックフェラー上院議員(1810-1906)は、蛇毒や純粋な鉱油を抗がん剤として販売して財を成していたのである。カーソンの著書が世間の反響を呼び、DDTは最終的に禁止されることになった。しかし、これは、民主的な規制メカニズムがまだ有効に機能しているという世間の信頼を確保するための欺瞞的な勝利であった。実際には、化学工業界は、「毒の悪魔は退治された」と世間に思わせておいて、同じように毒性の強い有機リン剤を問題なく市場に投入することができたのである。そして、致命的なことに、その有機リン酸塩はー

この写真は1955年4月13日に撮影されたもので、人工呼吸器につながれたポリオ患者に新聞の見出しを見せて喜ぶ看護師の姿が写っている。キャプションにはこう書かれている。”Vaccine ‘Triumph’ End Polio Threat”(ワクチンの勝利がポリオの脅威を終わらせる)。しかし、この看護婦は、この見出しが重症の患者に与える心理的影響を全く考慮していない。この医学的勝利(と称されるもの)を手にするには遅すぎたので、彼は下半身不随のまま人生を歩み続けなければならなかったのである。もちろん、このようなワクチンの勝利はなかった。というのも、最終的に大量の予防接種が行われる前に、「ポリオの恐怖」はほとんど過ぎ去っていたからである。© March of Dimes Canada. マーチ・オブ・ダイムス カナダ

1956年には、大スターのエルビスがポリオ・ワクチンを推進するために参加した。オブザーバー紙は2016年にそのことを報じている。「それは、エルビス・プレスリーの中でも最も変わった事業の一つであった。ロックンロールの王様は、『ハートブレイク・ホテル』などのシングル曲で初めて成功を収め、1956年のエド・サリバン・ショーに出演しようとしていたが、予期せぬ医療上の課題を与えられた。1956年、エド・サリバン・ショーに出演しようとしていた彼に、予期せぬ医療上の課題が与えられた。彼は承諾した。その結果、撮影された写真が全米の新聞に掲載された。この宣伝は、より多くのティーンエイジャーにポリオの予防接種を受けさせるための「入札」の一環であった。残念なことに、オブザーバー紙は、ポリオワクチンがポリオ患者の減少とは無関係であることを黙っていただけでなく、ワクチンを接種した実験用の猿や子供たちがポリオを発症していたという事実も知っていた。出典 theguardian.comのスクリーンショット

bodyは、DDTのような毒物がポリオのような深刻な被害をもたらすという、その重要な中心テーマについて議論した。”

ガジュドゥセックの「スロー・ウイルス」 釈明の余地は無限大

ウィルス・ハンターたちは、まだ多くの武器を持っていた。例えば、「スロー・ウイルス」という概念である。これは、ウイルスが細胞の中で何年も「眠って」から病原性や致死性を発揮するというものである。ある病気が「発症」するまでに非常に長い時間(数十年)を要するという主張は、1960年代に人気を博した。ウイルスハンターたちが、ウイルスの概念を癌にも適用できると医学界を説得したからである394 395 つまり、一般的に数年から数十年後に発症する病気である396。

しかし、非常に困難な調査にもかかわらず、研究者たちは腫瘍の中に活性のあるウイルスを見つけることができなかった。しかし、すぐに新しい理論が生まれた。それは、ウイルスが感染を引き起こし、細胞内で好きなだけ眠っていて、ある時、ウイルスがいなくなっても、がんを誘発するというものだった。先のポリオと同様に、いわゆるスローウイルスのゲノムは一度も分離されたことがなく、(スロー)ウイルスと称される粒子も電子顕微鏡で撮影されたことがない398が、ウイルスハンターたちはこの疑わしい理論を受け入れ、現代の多くの病気に適応させていった。

科学者のカールトン・ガジュデックは、HIV/AIDSの説明モデルとしてだけでなく、スローウイルスの概念を推進した。この病気は「クル」と呼ばれ、2つの氏族にのみ見られた。彼らはしばしば結婚し、Gajdusekによると、亡くなった人の脳を食べるという死者崇拝の儀式を行っていた(これは後に神話であることが明らかになった)。

これらの伝達性海綿状脳症(脳の軟化)は、散発的に発生し、5年以内にほとんどが致命的な症状で終わる。一般的には、100万人に1人の割合で発生する非常に稀な疾患であるが、50人に1人の割合で発生する家系もあり、遺伝的な性質を示唆していると考えられている。しかし、ガジュドゥセックは、1976年にスローウイルスの概念でノーベル賞を受賞し、脳組織の海綿状の変化は伝染性の病原体によって引き起こされるという彼の考えは、事実として広く受け入れられた。

伝達性を証明するためにガジュデッセクが行った類人猿を使った実験は、科学界に衝撃を与えたはずである。しかし、科学者たちは、これらの論文を伝染性の証明として認め、類人猿に脳味噌を食べさせても、注射しても、チンパンジーには何の影響もないという事実を無視した。そこで、ガジュデックは、最終的に実験動物に神経症状を起こさせるために、奇妙な実験を行った。彼は、クル病患者の脳を粉砕して、タンパク質やその他の物質を含んだ粥状にし、これを生きている猿の頭蓋骨に穴を開けて流し込んだ。403 ガジュドゥセックのカニバリズム仮説の証明になるとは思えない。403 ガジュドゥセックのカニバリズム仮説を証明することはできないだろう。特に、この仮説は、感染した脳を摂取することで人間にこの病気が現れるとしており、外科的に脳に直接挿入することではない。

さらに言えば、ガジュデックはパプアニューギニアでのカニバリズムの唯一の生き証人である。彼は1976年にノーベル賞を受賞した講演の中で、これらの食人儀式について報告し、その時の写真も見せている。しかし、1980年代半ばになって、ガジュデッセクが食人の様子を記録するために撮影した写真には、人肉ではなく豚の肉が写っていたことが判明した。人類学のチームがこの主張を調査したところ、カニバリズムの話は見つかったが、本物のケースはなかった404。

生化学・細胞生物学のローランド・ショルツ教授(2011年死去)は、この事実を受けて、「科学界は神話に取り込まれてしまったようだ」と述べている406。

第二次世界大戦後。ウイルスの目に見える証拠? そんなものは必要ない!

現代のウイルス研究は、ビッグフット狩りに似ている。この伝説の猿のような獣(サスカッチや雪男とも呼ばれる)の追跡者は、時折、怪しげなブレた写真や足跡の跡を持ち出して、ビッグフットの存在を証明すると主張する。407 ウイルスハンターも怪しげなデータを集めて、ウイルスの証拠を持っていると主張する。ウイルスの電子顕微鏡写真と、その完全な遺伝物質とウイルスシェルの分析が、ウイルスの存在を証明する唯一の方法であるにもかかわらず、である。

ビッグフット・ハンティングは、ウイルス・ハンティングと同様、見事な金儲けである。カリフォルニア州のハイウェイ101沿いには、ビッグフットのお土産を売る店が多数あり408、ビッグフットは発明品であると一般に認められているにもかかわらず、観光客に人気がある409。

ここで強調しておきたいのは、ウイルスの同定には電子顕微鏡が欠かせないということである。長い間、ウイルスの明確な証拠を確立することは、細菌や真菌の場合と同様に、見ることは信じることを意味した。しかし、細菌や真菌は光学顕微鏡で見ることができるが、ウイルスは非常に小さいため、電子顕微鏡(1931年に初めて特許を取得)でなければ、十分に詳細な画像を得ることができないという違いがある。

しかし、まず何を見ているのかを正確に特定しなければならない。したがって、ウイルス粒子とウイルス様粒子を区別できるようにするためには、これらの粒子(ウイルスの可能性)が純粋または精製された形で存在しなければならない。1950年代初頭、ウイルス学者たちは、特定の条件下では、健康な細胞でも、いわゆる腫瘍ウイルス(オンコウイルス)のように見える可能性のある粒子を全般的に生成するため、この必要性に同意していた。

このプロセスの重要性は、1972年に開催されたパスツール研究所の国際会議で確認され、412 413 オーストラリアの研究チーム「パース・グループ」のメンバーである医師のヴァル・ターナーによれば、「1980年代初頭にも存続していた」とのことである。ウイルスは、RNA(またはDNA)の裸の断片ではなく、特定の大きさや形などの特徴を持った粒子であり、生きている細胞の要求に応じて複製する義務を負っている。バクテリアのように死んだ肉の中では増殖しないのである。というわけで、これで完成である。これは、粒子がウイルスであることを証明するための実験を前提としており、それは1000年前から、そして90年代から変わっていない。

ターナーは、この科学をわかりやすい言葉で説明している。「DNAの証拠が使われ、被告人がHIVで子供が人間である父子訴訟のようなものだと考えてほしい。この訴訟の要点は、人間の中に見つかったDNAが、被告人の中に見つかったDNAと同じであることを証明することである。後者の場合は、そのDNAが被告人のものであるという確固たる証拠が必要である。細胞培養では様々な種類の粒子が現れるが、その中にはウイルスも含まれているので、(a)ある粒子がウイルスであること、(b)あなたのDNAがその粒子に由来することを証明しなければならない。電子顕微鏡を使わず(多くの理由から)、精製もしないで、どうやって(a)を証明することができるであろうか?あなたは私にこう言った。

「率直に言って、我々パースグループは、「古いデータ」や「科学の進歩」にこだわることが理解できない。液体に浸かっている物体は、移動した液体の重量に等しい力で浮き上がるというアルキメデスの原理は「進化」したのであろうか。この原理は、浮いている物体にも沈んでいる物体にも、また液体や気体などすべての流体に適用される。固形物は、もはや自分の体積分の液体を追い出すことはできないのであろうか?すべてのものが「最新」でなければならないとしたら、10年後には今最新のものは何もなくなっていることになる。つまり、時間が経過する限り、何も正しくないということだ」415 これは、他の正統派理論にも言えることだ。

ウイルスの構造をしっかりと解明すること(ウイルスの精製)によって、理論的には、ウイルスそのものとウイルスのような粒子とを明確に区別することができる。しかし、現代のウイルス研究では、このような手順はほとんど行われていない。人類を滅ぼすと言われているウイルス(H5N1、SARSウイルスなど)は、明らかに誰も見たことがない417。

電子顕微鏡とウイルス学のパイオニアである病理学教授のエティエンヌ・ドゥ・ハーヴェンは、「現代の分子生物学が生まれる前の1960年頃、細胞培養中のウイルスを同定するには、電子顕微鏡が最適であると考えられていた」と書いている。デ・ハーヴェンは、1945年に設立された民間のがん研究所であるニューヨークのスローン・ケタリング研究所に25年間在籍し、その研究キャリアは瞬く間にアメリカ最大のものとなった418 。「このため、この時期、世界中の研究室が、改良を重ねた電子顕微鏡法でがん細胞内の粒子を観察することに力を注いでいた。」

1962年には、有名なコールド・スプリング・ハーバー会議でも、電子顕微鏡の中心的役割が認められた。3年後にノーベル医学賞を受賞したアンドレ・ルオフは、電子顕微鏡がウイルスの存在を証明する最も効率的な方法であると指摘し、この方法でウイルスを調査し、クラス分けすることを提案した。

当時も今も、医学の中心は「がん」である。がん研究者は、ウイルスは間違いなくがんの引き金になるという固定観念を持っていたため420、電子顕微鏡を使って人間のがん細胞の中にウイルスが存在することを証明しようと多くの時間を費やしていた。しかし、その努力は実を結ばなかった。「時折、ウイルスのような粒子が見つかるだけで、特定の種類のウイルスは説得力をもって見ることができなかった」とデ・ハーヴェンは報告している421。

この科学的なニュースに、ウイルスハンターたちはまたしても絶句してしまった。しかし、科学の世界では、科学用語で「出版バイアス」と呼ばれるように、否定的な結果は可能な限り公表しない傾向がある422。しかし、証拠として宣伝される研究主張が、既存の(安価な)医薬品よりも優れているとされる特許取得済みの新薬であろうと、病気の遺伝子マーカー(「リスク」要因と解釈される)であろうと、統計的関係であろうと、その主張が偽りであるか、臨床試験によって確認されたものであるかを見分けるには、対照研究の全容を公開するしかない。

医学においては、これができないと、治療法の安全性と有効性に疑問が生じ、科学文献の整合性が損なわれる。科学雑誌は科学の健全性を守るべきものであるが、そうではない。医学研究や実践における欠陥の多くがそうであるように、そこには知られざる金銭的動機があるのである。では、なぜ科学者は否定的なデータの公表をためらうのだろうか?「ジョンズ・ホプキンス大学のScott Kern氏は、オンラインのJournal of Negative Observations in Genetic Oncologyの編集者であるが、「場合によっては、データを公表しないことで、ライバルたちが誤った前提のもとで研究を行うことを防ぎ、例えば、遺伝子Aが実際にはBの病気を引き起こさないことを知っているチームのために、フィールドを確保することができる」と言うのである。

1960年代の時点では、既存の科学界は否定的なデータを公表することを控えていたが、がんウイルスハンターの失敗はあまりにも普遍的なものであったため、いずれかの記事が医学出版物に漏れることは必然であった。1959年、研究者のハゲナウスは、雑誌『Etude du Cancer』に、さまざまな乳がんサンプルの中から典型的なウイルス粒子を特定することが困難であることを報告した425。1964年、科学者のベルンハルトとレプラスは、電子顕微鏡の助けを借りても、ホジキンリンパ腫(リンパ系がん)、リンパ性白血病、転移(腫瘍が体のさまざまな場所に広がること)の発症に関与していると推定されるウイルス粒子を見つけることができなかった426。

しかし、これらの科学的研究は、ウイルスハンターたちを一瞬たりとも止めなかった。しかし、これらの科学的研究にもかかわらず、ウイルスハンターたちは、ウイルスのトンネルから抜け出すことができず、ウイルス判定の方法論について不満を漏らした。薄切片の効果は数え切れないほど証明されていたし、マウスでも完璧に機能していた。427 しかし、ウイルスハンターたちはスケープゴートを必要としていたので、がんを発生させるウイルスモデルを疑う代わりに、薄切片について不満を抱き始めた。薄切片を作るのは、手間と時間がかかりすぎると考えたからだ。製薬会社が即効性のある治療法を提供するようになってからは、そんなことをしている暇はない。

そこで科学者たちは、よりシンプルで迅速な色素法に目を向けた。サンプルの特定の粒子(例えばDNAやRNA)に色を付け、電子顕微鏡で撮影するのである。しかし、純粋に科学的な観点から見ると、染料法の結果は最悪である。染色に必要な空気乾燥の過程で、粒子は完全に変形してしまい、長い尾を持つ粒子のようになってしまった。これは実験室で作られた完全な人工物であり、他の多くの非ウイルス性細胞成分とそっくりであった。そのため、論理的には、ウイルスか非ウイルスかを判断することはできないであった。

少数の科学者は、色素法が疑わしいことを認めてた。しかし、彼らは敗北を認めて薄切片法に戻るのではなく、電子顕微鏡技術をバッシングし始めたのである。他の研究者は、がんウイルスの発見に夢中になっていたので、色素法の結果が役に立たないことを平気で見過ごし、「尾」のついた粒子はある種のウイルスであると考えていた。論理的に考えれば馬鹿げた話だが、ウイルスハンターには、この行為に対して多額の研究費が支払われていたのである。

430 有名な分子生物学者ソル・スピーゲルマンは、1971年10月に母乳を与えないように警告し、そのメッセージは多くのメディアに掲載された431。これらの科学者と呼ばれる人々は、今日まで乳がん組織(おそらく人間の腫瘍組織や血漿一般からも)からレトロウイルスが1つも分離されていないという事実を無視した。

しかし、主流のウイルス研究は、確立されたウイルス証明モデルから意図的に遠ざかっていった。彼らは、1970年にハワード・テミン434とデビッド・ボルチモア435が癌ウイルスに関連して逆転写酵素の活性を発表したことに注目した。彼らの研究は医学界にとって非常に重要なものであり、2人は1975年にノーベル賞を受賞した436。

酵素という、生化学的な反応を可能にする触媒のような物質のどこに意義があったのか。それは、1960年代、いくつかのウイルスがDNA(完全な遺伝情報)を持たず、RNA遺伝子だけを持っていることがわかったと考えられていたからである。これは、DNAを持たない(RNAしか持たない)ウイルスは増殖できないと考えていた研究者たちを困惑させた。しかし、テミンとボルチモアは、逆転写酵素という酵素を使って説明した。逆転写酵素は、RNAウイルス(このことから後にレトロウイルスと呼ばれる)のRNAをDNAに変換することができ、それによってウイルスは増殖することができるというのである(RNAだけだと複製の条件が揃わない)437。

しかし、逆転写酵素の発見に熱狂したウイルスハンターたちは、逆転写酵素がいかにもレトロウイルスらしいものだと軽率に考えていた。しかし、逆転写酵素が(間接的に検出された)存在するだけで、レトロウイルスの存在、さらには試験管内の細胞へのウイルス感染を証明するのに十分であると考えられていた。

このドグマは、主流の研究者の頭の中に定着し、間接的なウイルス検出法(サロゲートマーカーと呼ばれる)が、直接検出法(ウイルスの精製と特性評価、電子顕微鏡写真)に取って代わるきっかけとなった439。

1983年、後にHIVの発見者として名を馳せるパリのパスツール研究所の研究者、リュック・モンタニエは、「サイエンス」誌に掲載された論文で、自分の研究チームが新しいレトロウイルス(後にHIVと命名される)を発見したと主張した。しかし、この結論には科学的根拠がなかったのである。

その11年前の1972年、TeminとBaltimoreは「逆転写酵素はすべての細胞に生まれつき備わっている性質であり、レトロウイルスに限定されるものではない」と述べていた441。また、Montagnierが1983年に発表した「Science」論文の最も重要な共著者であるFrançoise Barré-SinoussiとJean Claude Chermannも1973年に「逆転写酵素はレトロウイルスに特異的なものではなく、すべての細胞に存在する」と結論づけている442。つまり、実験室の培養液に酵素(代用マーカー)である逆転写酵素が見つかっても、リュック・モンタニエのように、レトロウイルスはもちろん、特定の系統のレトロウイルスが見つかったと結論づけることはできないのである。

逆転写酵素は、もはや最も重要なサロゲートマーカーではないのである。現在、ウイルスハンターたちは、抗体検査、PCRウイルス負荷検査、ヘルパー細胞数に固執している。しかし、これらの検査には顕著な弱点があり、新たな疑問が生じている(第3章「HIV抗体検査、PCRウイルス負荷検査、CD4数」参照)。第3章「HIV抗体検査、PCRウイルス負荷検査、CD4カウント:コインを投げて得られるような情報」参照)。そこで、「オールドガード」と呼ばれる14人の著名なウイルス学者たちが、ハイテクノロジーを重視する若い世代の研究者たちに向けて訴えかけ、2001年に『Science』誌に掲載されたのである。

「PCRのように、小さな遺伝子配列を増殖させて検出する近代的な方法は素晴らしいが、ウイルスがどのように増殖し、どのような動物がそれを保有し、どのように人々を病気にするかについては、ほとんど何も教えてくれない。それは、誰かの指紋を見て、その人が口臭を持っているかどうかを判断しようとするようなものだ」443。

この文脈で注目すべきは、2006年初めにドイツの医学雑誌(Deutsches Ärzteblatt)に掲載された、PCRの助けを借りて新しい「エキゾチック」なバクテリアを発見したと考えている研究者の研究に関する記事である。この記事では、「(PCR法では)病原体の遺伝子の痕跡しか検出されない」という正しい指摘がなされている。このことから、完全なバクテリアが存在すると自動的に結論づけることはできない」444 445

1970年代のウイルス災害とHIV 1980年代の救世主としてのHIV

しかし、ウイルス・マニアの間では、このような批判的な考えはすぐに消えてしまった。70年代には、政府からの多額の援助を受けて、ウイルスとガンの関連性を研究することで精一杯だった。1971年12月23日、アメリカのリチャード・ニクソン大統領は、医学界の要請を受けて「癌との戦い」を宣言し、この比喩を用いて、単因性医学説の過激な伝統を極端に継承し、ウイルスを敵と見なしたのである。我々は、細胞を殺すための「武器」、「戦略」、「兵器庫」について語ることに慣れており、ニクソンのような有力者が新しい癌戦争を「国民へのクリスマスプレゼント」と呼んでも、何の違和感も感じなかった446。

1971年の時点では、1976年までに癌の治療法と予防ワクチンの開発が約束されていたが、この2つはまだ実現していない448。ちなみに、祝賀医学の伝統と、国民の良心とメディアの短期記憶への信頼から、医学界は約束を守る必要性をほとんど感じていない。コーネリアス・”ダスティ”・ローズは、1953年の時点で、「私は、今後10年かそれ以降に、細菌感染に対するペニシリンと同じように、がんに効果のある薬ができると確信している」と自慢していた。彼は、第二次世界大戦中、アメリカ陸軍の化学戦部(アメリカの化学戦部門の医療部門)のリーダーを務め、1945年に設立されたスローン・ケタリング癌研究所の所長を務めていた449。

現在、ドイツでは年間22万人、アメリカでは約60万人ががんで亡くなっている。450 現在、ドイツでは年間22万人、アメリカでは約60万人ががんで亡くなっている。これらの人口の高齢化を考慮しても、この数字は驚異的である。このため、世界で最も有名な遺伝学者の一人であるジョージ・ミクロスのような専門家は、『ネイチャー・バイオテクノロジー』誌で、主流のがん研究を「根本的に欠陥がある」と批判し、「ブードゥー・サイエンス」と同列に扱っている451。

1970年代後半になると、医学専門家たちは主流のがん研究に対して非難の声を上げた。1986年、デア・シュピーゲル誌は、「医学者たちは、がんの引き金となるあらゆる厄介事をレトロウイルスに託してきたが、常に馬鹿にされ、数え切れないほどの敗北を受け入れなければならない」と指摘した452。

がんだけでなく、他の病気についても、ウイルスが重要な原因因子であるという考え方は確立されていない。有名な例としては、1976年の豚インフルエンザ事件がある。デモ行進中にアメリカ人の新兵、デビッド・ルイスが倒れた。疫学者たちは、クラスター化という「魔法の杖」を手に急襲し、彼の肺から豚インフルエンザウイルスを分離したと主張した。医学界、特に米国疾病管理センター(CDC)の要請を受けて、ジェラルド・フォード米大統領はテレビに出演し、差し迫った致命的な豚インフルエンザの流行に備えて、すべてのアメリカ人に予防接種を受けるように促した453。

フォードは、1918年のスペイン風邪の大流行を利用して、国民を恐怖に陥れた。約5,000万人のアメリカ国民が地元の保健所に駆け込み、急遽発売された物質の注射を受けた。しかし、注射を受けた人の20〜40%に麻痺や死亡などの強い副作用が現れた。その結果、損害賠償請求額は27億ドルにのぼった。結局、CDCのデビッド・スペンサー所長は、国民やメディアの支持を得るために豚インフルエンザ対策室を設置していたが、職を失った。究極の苦い皮肉は、豚インフルエンザの報告が全くなかったか、ごく少数しか報告されなかったことである454。

その結果、1970年代末、米国国立衛生研究所(NIH)は、1980年代初めに大幅な改編が行われたCDCと同様に、政治的に不安定な状況に陥った。その結果、医療政治と生物医学に関わる最も強力な組織であるCDCとNIHでは、大いなる思索が始まった。自分たちの名誉を回復するためには、もちろん新たな「戦争」が一番である。

挫折を繰り返しながらも、世間の注目を集め、政府の懐を開くには、「感染症」が最も効果的であることに変わりはなかった。実際、赤十字のポール・カミング氏は1994年にサンフランシスコ・クロニクル紙に、80年代の初めに「CDCはその存在を正当化するために、ますます大きな流行病を必要とするようになった」と語っている455。 そして、HIV/AIDS説はアメリカの流行病当局にとって救いの手だった。

「国立がん研究所のウイルスハンターたちは、新しい看板を掲げてエイズ研究者になった。[ノーベル化学賞受賞者のカリー・マリスによれば、「アメリカのレーガン大統領は、手始めに10億ドルを寄付した。「そして、突然、医療科学者と名乗ることができ、最近あまりやることがなかった人たちが皆、完全に雇われることになった。今でもそうだ」456

癌の研究からエイズの研究に飛び火した人の中で、最も有名なのはロバート・ギャロである。モンタニエと並んで、長らく「エイズウイルス」の発見者とされていたガロは、世界的に有名になり、億万長者にもなった。457 「HIVは、熱帯雨林やハイチから突然飛び出してきたわけではない。457 「HIVは熱帯雨林やハイチから突然現れたのではなく、新しいキャリアを必要としていたボブ・ギャロの手の中に飛び込んできたのだ」とマリスは書いている。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

error: コンテンツは保護されています !
タイトルとURLをコピーしました