WEF/グレート・リセットジョセフ・マコーラ食糧・インフラ危機

オランダの農家が食糧システムの「リセット」に反対して立ち上がる
Video: Dutch Farmers Rise Up Against Food System ‘Reset’

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

オランダは 20-30年までに窒素とアンモニアの汚染を半減させる意向だ。その目標を達成するために、財務・農業省は今、家畜の数を30%減らそうとしている。その結果、多くの農家が廃業に追い込まれることになる。現在のエネルギー不足と同様に、結果として生じる農業の縮小は、大気、土壌、水質を改善するための「グリーンアジェンダ」の「避けられない」部分であると言われている。

牛は粗タンパク質という形で窒素を摂取している。タンパク質は牛にとって必須の栄養素だが、窒素は牛が効率よく分解できないため、尿や糞の中に尿素として多く排泄される。尿と糞が混ざると、尿素はアンモニアに変換される。

アンモニアの発生量は、牛に与える粗タンパク質と関係があるため、アンモニアを減らすには、牛の飼料に含まれる粗タンパク質の量を減らすことが一つの方法として提案されている。しかし、牛にも人間と同じようにタンパク質の要求量がある。粗タンパク質を減らさなければ、牛の群れを縮小せざるを得なくなり、縮小しても経済的に不可能な場合は、完全に閉鎖せざるを得なくなる。

環境保護の名の下に畜産業を衰退させるという決定は、世界的に迫り来る食糧不足と飢饉の可能性を前にして、空しく響くものだ。彼らは意図的に、一般の人々が買えないほど肉を不足させ、高価にしようとしているように見える。そうすれば、合成肉の代替品や昆虫タンパク質を導入することができる。これらは両方とも、「グレート・リセット」の食料計画の一部である。

それは、世界の資源を富裕層が所有し、それ以外の人々はその資源の配分を通じてコントロールされるという支配システムを構築することであり、その中には食料の配分も含まれる。

オランダでは現在 20-30年までに窒素とアンモニアの汚染を半減させるために、家畜の数を30%減らすという政府の決定が騒がれている。1この「グリーン」政策の結果、多くの農家が廃業に追い込まれることになる。2現在のエネルギー不足と同様に、結果として生じる農業の縮小は、大気、土壌、水質の改善を目的とした「グリーンアジェンダ」の「避けられない」部分であると言われている。3

オランダ政府は、気候目標を監督するために、新たに自然・窒素担当大臣を任命した。4州当局は今後1年間で、排出量削減目標を達成するための方法を検討することになっている。

オランダ政府は、新たな排出量目標に関する公式声明の中で、「正直なところ。..すべての農家が事業を継続できるわけではないということだ 」と認めている5。5事業を継続する農家は、新たな排出規制をクリアするために、創造的な解決策を考えなければならない。

牛による窒素・アンモニア汚染はどのようなものか?

牛は粗タンパク質という形で窒素を摂取している。タンパク質は牛にとって必須の栄養素だが、窒素は牛が効率よく分解できないため、尿や糞の中に尿素として多く排泄される。尿と糞が混ざると、尿素はアンモニアに変化する。6,7

アンモニアの発生量は飼料に含まれる粗タンパク質と関係があるため、アンモニアを減らすには、飼料に含まれる粗タンパク質の量を減らすことが一つの方法として提案されている。(季節など他の要因もアンモニアの発生に影響するが、農家がコントロールすることはできない)。

その考え方の潜在的な問題点は、牛にも人間と同じようにタンパク質の必要量があることだ。特に、健康な発育、筋肉の成長、泌乳には欠かせない。ミシシッピ州の肉牛専門家ジェーン・パリッシュが2009年に発表した論文8には、「肉牛の飼料に十分なタンパク質を供給することは、動物の健康と生産性、そして牧場の収益性に重要である」と記されている。

責任ある酪農家は牛に適量の飼料を与えているため、粗タンパク質の削減は牛の健康と農場の生産性の両方に影響を与える可能性がある。もし、粗タンパク質を減らさなければ、牛の数を減らさなければならなくなり、もし、牛の数を減らすことが経済的に不可能であれば、牛の生産を停止せざるを得なくなる。言うまでもなく、肥料や飼料の高騰は、すでに農家の利益を減らし、消費者の物価を引き上げている。

不思議なタイミング

スウェーデンの独立系ジャーナリスト、ピーター・イマヌエルセンによる2022年7月1日のレポートにあるように、この畜産農家への大胆な攻撃のタイミングは奇妙なものであり、食糧危機を作り出すことによって我々を「グレートリセット」に追い込むための意図的戦略としか説明しようがない。9

来年はさらに高価な食料が出回り、残念ながら世界の一部では飢饉が起こるかもしれない。では、ヨーロッパの天才政治家たちは何をするのか?もちろん、気候変動のために農場を閉鎖することだ。そうすれば、必ずや解決する。牛が屁をこくからだ。

ちなみに、これは冗談ではない。ニュージーランドでは、牛のオナラやゲップに税金をかけようとしているのである。これは本当に理解できない。食糧危機に直面しているのに、気候変動の名目で農場を閉鎖しようというのだろうか。虫を食べて幸せになれということなのだろう。庶民が買えなくなるくらい肉を高くすることに取り組んでいるのである。グレート・リセットを楽しんでいるか?

窒素とアンモニアの新たな規制に対し、オランダの推定4万人の農家が抗議に集まった。輸送、建設、航空など、はるかに大量の汚染を引き起こす他の産業が同じ規制に直面していないため、農業への攻撃は不合理かつ不公平だと主張した。

トラクターで高速道路を封鎖し、Lochemの市庁舎に糞尿を撒いたこともある10。10地元警察は、農民の何人かに発砲することで対応したと伝えられている。Jimmy Doreは上のビデオで状況を確認している。

窒素の何が問題なのか?

Plant Based Newsが説明するように、11窒素は地球の大気の約78%を占め、生命維持に不可欠なものである。しかし、過剰であったり、間違った場所にあったりすると、生態系にダメージを与える可能性がある。濃厚動物飼育施設(CAFO)や合成農薬・化学肥料を使用する農場から流出する窒素は、水源に溶け込み、汚染される可能性がある。

また、流出した窒素が湖や海に流れ込むと、藻類が繁殖することがある。そうすると水中の酸素が奪われ、水生生物が生息できないデッドゾーンができてしまうのである。だから私は、化学薬品に頼って食物を育てるCAFOや従来の工業的な農場には反対だとずっと主張してきたのである。

しかし、それは家畜が生態系にとって害悪であるということではない。全くその逆だ。再生農業の原則に従って飼育された家畜は、土壌の質を癒し、大規模に改善し、気候を安定させるのに役立つ。つまり、牛そのものが問題なのではない。牧畜の産業化によって、悪影響を及ぼしているのである。つまり、食肉生産をなくすことが答えではない。再生可能なシステムへ移行することだ。

移行には数年かかり、その間利益がほとんど出ないこともあるため、多くの農家が自らこのステップに踏み出すことを躊躇している。政府は農家への補助金によって移行を促進することもできるが、そうしようとする農家はいない。なぜだろうか?それは、再生農業が「グレート・リセット」の逆を行くものだからだろうか?

オランダの気候変動規制により、EU全域で食肉の供給量が削減される

2019年、オランダの最高行政裁判所である国家評議会は、オランダ政府が窒素排出量の大幅削減を求めた欧州連合法に違反するとの判決を下した。12

この判決を受けて、約1万8000のインフラプロジェクトがEUの規制を満たすために断念された。オランダ政府はまた、高速道路での日中の最高速度を時速100キロに引き下げた。しかし、それでもまだ十分ではないので、今度は財務・農業省が家畜の数を30%減らそうとしている。

もっと読む ロックフェラー財団は未来を予言したのか?

オランダには、相当数の農家がある。肉牛だけでも年間約400万頭を飼育している。しかし、牛の数を30%減らすことは、オランダだけでなく、EU全体に影響を及ぼす。なぜなら、オランダはEU最大の食肉輸出国だからである。13

2021年9月、オランダ農務省の広報担当者であるルディ・ビュイスは、『ガーディアン』紙の取材にこう答えている。14

私たちは比較的小さな国だが、多くの住民、産業、輸送、農業があるため、自然が受け入れることのできる限界に達しつつある。窒素化合物の問題に取り組むことは、高い緊急性を持っている。つまり、近い将来、選択を迫られることになる。

どうやら、彼らが選んだ選択肢は、すべての人が飢餓と栄養不足に陥ることであるようだ。最も悲しいのは、食肉生産をなくしたところで、彼らが言うような素晴らしい影響はないだろうということだ。それは、代わりに人類を破滅させる、詐欺的なグリーンウォッシュ事業なのだ。

汚染のない世界という概念は魅力的だが、結局のところ、「グリーン・アジェンダ」は環境に関するものではない。世界の資源を富裕層が所有し、それ以外の人々はその資源の配分を通じて支配される、つまり食糧の配分も含めた支配システムを構築することなのである。

ロックフェラー財団が予言する世界的な食糧のリセット

迫り来る食糧不足は、現在では気候変動やロシア・ウクライナ紛争のせいとされているが、ロックフェラー財団は2020年7月に、来るべき食糧不足を必然として議論し、それに対処するために食糧システムの見直しを呼びかけていた。最近、真の預言者が少なくなっていることを見ると、この論文は既知の意図的な計画を描いていたと疑う方が妥当であるように思われる。

問題の文書は、「Reset the Table」と題されたものである。「Meeting the Moment to Transform the U.S. Food System」15は 2020年7月28日に発表された。そこには、COVIDの大流行が、米国で 「この国が何世代にもわたって見てきたものとは違う 」飢餓と栄養の危機を引き起こしたことが記されている。

COVIDがパンデミックと宣言されたのは2020年3月11日であるから、このロックフェラーレポートが発表された時点では、パンデミックはまだ4カ月しか存在しておらず、学校給食を主食とする子どもたちなど特定のハイリスクグループは食糧難を経験していたが、米国では棚が空になるという意味での広範囲な食糧不足は広く普及せず、特に深刻な状況でもなかったのである。

このタイトル自体も 2020年6月初旬に世界経済フォーラム(WEF)と皇太子が公式に発表した「The Great Reset」を明らかにもじったものであることがわかる。16このタイトルだけでも、ロックフェラー財団による食料システムのリセットの呼びかけが、WEFのグレート・リセットの一部であることを物語っている。同財団の論文の寄稿者の多くがWEFのメンバーであることも、このつながりをさらに強めている。

ロックフェラー財団理事長のラジーブ・シャー博士も序文で、食料システムに対処するための「包括的なプレイブック」は、「生活賃金、住宅、交通など」他の問題にも取り組む必要があり、「我々全員」つまり未来の自称デザイナーが「今後1年間で一緒にそのプレイブックを書く必要がある」と強調している。未来を予測するには、実際にそれを創り出すより他に方法があるだろうか?

賃金、住宅、交通など、これらはすべて、人工知能、ロボット、モニタリング、社会工学、トランスヒューマニズム(人間と機械の融合)が支配する「グレートリセット」の第4次産業革命のもとで劇的に変化する面である。

「リセット・ザ・テーブル」の概要テイクアウト

要約すると、「Reset the Table 」は、彼らが 「公平」、「公正」、「環境保護」を口実に、食糧供給とサプライチェーンの支配権を握ろうとする方法について述べているのだ。SubstackのThreadsIrishが指摘するように。18

この文書は、問題、反応、解決というヘーゲル弁証法の枠組みで構成されている。ここに彼らが作り出した問題(COVID)があり、今、彼らは解決策(世界の食糧供給の変革)を実行しようとしているのである。当然、これは破壊される土地、気候変動、そしてスマートシティに人々を戻そうとすることと結びついている(5ページ)。驚きだ、驚きだ。

この企業の一つの鍵は、データ収集だ。みんなの支出や食生活のデータを集め、そのデータ収集を容易にするために、教育、医療、食品の購入など、すべてをオンライン環境に移行させたいと考えている。

もう一つの成功の鍵は、「政策、慣行、規範の変更 」である。その目的は、食糧供給を一つの行政機関に集中管理させることであり、それはまさに 「一つの世界政府 」の考えと一致している。WEFのメンバーであるヘンリー・キッシンジャーがかつて言ったように、「食料供給を支配する者は国民を支配し、エネルギーを支配する者は大陸全体を支配し、金を支配する者は世界を支配することができる。」のである。

牛肉からコオロギまで

オランダの牛肉生産が縮小しているという問題に話を戻すと、世界のリーダーたちが食肉生産の減少に無頓着に見えるのは、おそらく、私たちに肉を食べて欲しくないからだろう。 彼らは、特許を取得できる実験室育ちの合成肉や、わずかな土地で簡単かつ安価に大量生産できる昆虫を、私たちが食べることを意図しているのである。

2021年7月のWEFの記事「Why We Need to Give In Insects Role They Deserve in Our Food Systems」にあるように、20種類の昆虫は「従来の品種改良よりも少ない資源で、信頼性が高く効率的な代替タンパク源」「消化性が高く特にシニアの栄養に適した健康素材」であることがわかる。

また、昆虫栽培は水などの天然資源をほとんど必要とせず、農業公害を99%近く削減できる可能性がある。記事では、昆虫バーガーを一般的なものにするための最後の障壁として、「昆虫を食料源とする先入観と、昆虫由来のタンパク質の使用・消費に関する法律 」を挙げている。

「健康的な食生活」と「持続可能な農業」の必要性を強調しながら、「オーガニック」や「グラスフェッド」という言葉は一度も登場せず、「ナチュラル」という言葉は 「自然災害」についてしか使われていないので、「リセット・ザ・テーブル」は昆虫食も推進していることがうかがえる。

つまり、彼らの言う「健康的な食事」と「持続可能な農業」には、健康的で栄養価が高く、持続可能で再生可能な食糧供給のための基本的な基準が含まれていないのである。財団が「政策、慣行、規範」の変更を求めているのも、彼らの言う「食事」が規範から外れたものを含んでいることを示している。

実験室で作られた肉も昆虫も、多くの人が口にするものの基準から外れている。したがって、何が「食べ物」であるかについての政策を変える必要があり、食品生産の慣習や、何が食べてもよくて何がだめかという社会規範も変える必要がある。

実験室で作られた肉の安全性に疑問を呈する科学者たち

ベンチャーキャピタルは、実験室育ちの代替食肉を未来の現金輸送車と見ているが、多くの科学者は警戒している。2022年6月中旬、食品安全センター(CFS)はウェビナーを開催し、専門家パネルが安全性や規制の問題など、ラボグロウンミートを取り巻く多くの疑問について言及した。21

パネリストの一人は、コンシューマー・レポート社のシニア・スタッフ・サイエンティストであるマイケル・ハンセン博士である。細胞培養肉とは、牛の胎児血液(生きたまま中絶された子牛から採取したもの)の中で、動物の生検した細胞を培養するもので、ハンセン博士はこの細胞培養肉に対する懸念を表明した。

しかし、この種の食肉の栄養成分については、まだデータがないとのことだ。The Defender誌の記事:22

ハンセンによれば、動物から生検された肉片は未分化の幹細胞である。この幹細胞を、食肉用の筋肉に分化させるために、バイオテクノロジーで作ったタンパク質を栄養液に混ぜて使う。これは、ビールを作るのと同じようなバイオリアクター桶の中で行われる。

ハンセン氏によれば、細胞培養肉に関する科学的論文はあるが、実際に完成品の栄養的特性を分析したものはなく、学術関係者もサンプルを受け取っていないという。このことは「裏の問題」を示唆しているとハンセンは言い、「この技術がうまくいくかどうか疑問だ」と付け加えた。

環境防衛基金(EDF)の化学物質政策ディレクターであるTom Neltnerも、パネルの一員として参加した。Neltnerは、持続可能なタンパク源は必要だが、実験室で育てられた肉は、全成分リストとその製造方法が企業秘密となるため、「その効果や内容はわからない 」と指摘した。ディフェンダーは、次のように付け加えている23

プロプライエタリな食品 というコンセプトから、パネリストたちは細胞培養肉の規制と、あるパネリストが 「捕獲された “機関と呼んだ米国食品医薬品局(FDA)の役割について議論した。

ネルトナー氏は、FDAのGenerally Recognized As Safeプログラムによって、細胞培養された肉が食品として供給されることを懸念している。このプログラムでは、企業はFDAに自社の製品が安全であることを、企業自身の文書に基づいて伝えるだけで、パブリックコメントのプロセスを省略することができるのだ』。

EDFで食品添加物の安全性を主に担当しているネルトナー氏は、企業がFDAに「異議申し立ての権利」を含む「食品添加物申請書」を提出することを義務付けることが望ましいと述べた。

また、パネリストからは、新素材がヒトのマイクロバイオームに与える影響についての懸念も示された。ハンセン氏は、10年前にはマイクロバイオームの構成要素を培養して研究することはできなかったと指摘した。しかし、今はそれが可能であり、その効果を知ることが重要である」と述べた。

例えば、ゲノムや遺伝子そのものが、DNAに触れることなくエピジェネティックな変化で影響を受けることが分かってきたとハンセンは言う。…..。

ハンセンによれば、細胞培養肉に使われる動物の生検された細胞には、その動物の免疫システムからの免疫作用が含まれていないので、抗生物質を使用しない限り、バイオリアクター槽はサルモネラ菌や真菌などのバクテリアに冒されやすくなる可能性があるとのことだ。細胞培養肉生産者は、抗生物質を加える必要がないかもしれないと主張しているが、アルコール蒸留器でさえ、タンクに抗生物質を加えなければならない、とハンセンは言う。

食料不足に備える

米国や欧州を含む世界の多くの地域で食糧不足と飢饉が現実のものとなることが指摘されている24。24まだ、店には必需品がかなり揃っているが、冬から2023年にかけてはそれが変わるだろう。つまり、買いだめできるのはあと半年ほどしかないかもしれない。

この前の月曜日、準備の仕方を提案する記事を公開した。その記事「Get Prepared With Shelf-Stable Foods」は、Substackで無料公開されますので、見逃した方は今すぐ復習できる。

備考

1, 4, 9, 10 サブスタック、The Freedom Corner with PeterSweden 2022年7月1日。

2 ブルームバーグ 2022年6月28日

3、 5 インディアン・エクスプレス 2022年7月3

6 科学新聞社 2016年6月29

7 ペンシルベニア州の窒素は農場から

8 ミシシッピ州の牛ビジネス 2009 年 4 月、肉牛のタンパク質要求量

11、 12、 13 プラントベースニュース 2021年9月27日号

14 ガーディアン紙 2021年9月9日

15 ロックフェラー財団 リセット・ザ・テーブル

16 ウェフォラム 2020年6月3

17 ロックフェラー財団 リセット・ザ・テーブル(PDF)まえがき

18 スレッドアイリッシュ 2022年6月18

19、 20 WEF 2021年7月12

21、 22、 23 ザ・ディフェンダー 2022年6月27

24 Substack Maajid Nawaz 2022年4月25

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました