ロバート・マローン情報戦・5GW抵抗戦略・抵抗運動

2023年、被害者か真実について戦う人か? 短期的な行動項目
あなたは無力ではない

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

rwmalonemd.substack.com/p/victim-or-truth-warrior-during-2023

Victim or Truth Warrior during 2023?

Short term action items. You are not helpless.

先週末、この本に焦点を当てたポッドキャストを終えたとき、思いがけない質問が飛び出した。それは、次のようなものだった。

多くの人々が、起こったこと、されたことに圧倒され、起こっていることを止めるために、できることは何もないと感じ始めています。あなたは彼らにどんなアドバイスができますか?

それ以来、この1週間、私はさまざまな質問者からこの質問を受けた。答えは簡単で、「政府が私に言った嘘」の最終章にある、具体的な行動項目を挙げることだ。

  1. 米国保健福祉省のような問題をどうするか?(パート1)(パート2)
  2. グループシンクと行政国家
  3. 脳死にならないために、自分の頭で考えるということ
  4. 主権を守る
  5. 人と人が助け合うこと
  6. ビクトリー・ガーデン
  7. 強要された母への手紙

もう一つは、1年前にリンカーン記念館の階段で行われた「Stop the Mandates」集会で私がスピーチの核とした3つの言葉に焦点を当てることである。Integrity(誠実さ)、Dignity(尊厳)、Community(コミュニティである。そして、ローマ・カトリック教会の博士とも呼ばれる聖アウグスティヌスの有名な言葉「真実はライオンのようなものだ」というアドバイスがいつも心に残っている。

真実はライオンのようなもので、守る必要はない。放っておけばいい。それは自分自身を守るだろう

私たち、皆さんは被害者になる必要はない。私たちは皆、「真実のライオン」になれる。第五世代戦の戦士たち。

簡単に書ける言葉、具体的な行動項目はないかというと、そうでもない。まずは、この2,3カ月の間に誰もが達成できることを3つだけ挙げてみる。

最初の課題 – 第5世代戦争について学ぶ

新しい用語に怯える必要はない。これは、あなたがすでによく知っていることだと分かるだろう。インターネットやソーシャルメディアで活動している人なら、群衆心理、トロール、ボット、群衆意思決定、インフルエンサーの力など、私たちが世界をどう見ているか、私たちに向かって飛んでくる大量の情報をどう解釈するかの枠組みを作るために、すでに多くのことを理解しているはずだ。

これは、マディソン街の広告代理店が、加工食品を食べたり、甘い飲み物を飲んだりするように、あなた(とあなたの子供)をどのように操るかについて学ぶのと同じだと考えてほしい。彼らの広告のトリックを見破ることができるように、学んでほしい。広告は通常、企業メディアで展開される。なぜなら、それが企業メディアのビジネスモデルの中心だからだ。

政府や製薬業界(そして軍や諜報機関)が私たちにしてきたことは、この3年間、世界史上最も強力な広告キャンペーンを私たち全員に展開してきたようなものである。企業メディア、ソーシャルメディアの「インフルエンサー」、アーティスト、ミュージシャンにお金を払って、承認されたストーリーやこれらの(通常は未認可で比較的未試験の)医療製品を密かに宣伝することも含まれている。そして、これらの「広告」技術があなたの心、あなたの考え、あなたの感情に影響を与える能力と戦うための出発点は、これらの技術の仕組みを学び、その技術に遭遇したときにそれを見分けることを学ぶことである。

敵を知り、その戦略と戦術を知る。彼の使命と目標は、あなたが考え、信じ、感じることを支配することである。基本的にあなたの魂を支配することである。

第5世代の戦争は、あなたの政府によって、あなたに展開されたものである。

この3年間、あなたやあなたの周りの人たちは、軍事級の心理戦争技術にさらされていた。国家や非国家の戦闘員やその中の文化の考えや心に影響を与えるために、海上での戦闘のために開発されたが、自国の政府によって、ほぼすべての西洋諸国の国民に配備されたのである。もちろん、すべては私たちのためである。安全でもなければ目的に適ってもいない、未認可の実験的医療製品(例えば、RNA呼吸器コロナウイルスの感染、複製、拡散を防ぐ)を強制的に受け入れさせ、それによって私たちを保護するためである。

基礎となる文化全体が断片化された世界において、人々が慢性的な自由奔放な不安と、何も意味をなさないという感覚、自由奔放な怒り-どちらも心理的緊張と認知的不協和を解消するために外敵を必要とした-大衆形成、集団催眠、集団精神病、大衆形成精神病(どの言葉を選ぶかはあなた次第)が人口の大部分で発達したことは不思議ではない。私たちは皆、政府によって意図的に、心理的に操られていたのである。ある人は、何らかの理由で、操作や心理作戦から抜け出すことができたが、他の人の心は丸ごと飲み込まれてしまった。

米国の場合、この不幸な事実は、DHS、FBI、CIA、その他無数の機関の関与を含め、非常に多くの方法で記録されているが、最近では「Twitter Files」によって記録されている。

カナダの場合、この不都合な真実を証明する注目すべきエッセイが次々と発表されている。

Murray Brewster,Ashley Burke – CBC News – 投稿。2021年06月24日 19時16分(米国東部時間)|最終更新日:2021年6月25日(リンク先はこちら)

COVID-19パンデミック時にカナダ国民に影響を与えることを目的とした軍事情報キャンペーンの一部が、当時の国防参謀長が2020年春に停止を命じた後も、数カ月にわたって運用されていたことが、CBCニュースの取材により明らかになった。

カナダ軍は最近、議論を呼んだ取り組みについて4つのレビューを実施した。そのうちの1つのレビューのコピーが、情報公開法に基づきCBCニュースによって入手された。

そのレビューによると、2020年4月に当時の国防参謀長ジョナサン・バンスが口頭で全体の影響力キャンペーンを中止した後も、カナダ人を対象としたいくつかの影響力活動は、バンスが2020年11月に文書による命令を出すまで、さらに6カ月間続けられたことが明らかになっている。

特に「中央統合任務部隊」内で行われていた広報活動、(民軍協力)、影響力行使は止まらなかった」と、影響力行使の起源を調べたレビュー文書には書かれている。

カナダ統合作戦司令部が考案した計画は、アフガニスタン戦争で採用されたのと同様のプロパガンダ手法に依拠したものであった。

David Pugliese– Ottawa Citizen

2021年9月27日発行

この活動に関する調査の結果、ルールが守られていなかっただけでなく、シニアリーダーにはこのような取り組みを行う権限がないことが判明した。

記事の著者

David Pugliese– Ottawa Citizen

2021年6月24日発行 

記事の著者

エマ・ブリアン、シチズン特派

2021年10月11日発行

カナダ国内でのプロパガンダと影響力行使に関するカナダ軍のいくつかの調査が最近終了 し、その結果、カナダ国民と他の民主主義国の国民の両方が懸念すべき結果が指摘された。これらの調査は、カナダ人を対象とした軍の「影響力」活動に関して、一連の監督と政策の失敗に焦点を当てたものである。

疑わしい活動の中には、ブラック・ライブズ・マターの主催者とその平和的な抗議活動の監視があった。また、カナダ軍はオンタリオ州の一般市民のソーシャルメディアアカウントのデータマイニングを行い、ダグ・フォード政権に対する見解を探ろうとした。

いずれも、パンデミック時に介護施設にいる高齢者を助けるという軍のミッションを支援するための活動だとされているが、これらの取り組みがそうしたミッションとどのように結びついているのか、なかなか見えてこない。

今日の軍事作戦は、デジタル技術によって国家主体が虚偽、恐怖、または部分的な情報を宣伝する作戦を容易に不明瞭にし、その意図について聴衆を混乱させ、隠れた意図を推し進めることができる世界に生息している。このような環境では、担当官に対する国民の信頼と、その信頼を確保するための透明で明確なコミュニケーションが不可欠である。

国防省が調査したすべての活動は、もちろん表面上はカナダ人をより安全にするために導入されたものである。しかし、民主主義政府が適切な指導や監視を怠り、急速に「革新」を進めると、市民の権利を侵害する危険があるだけでなく、対抗することを目的とした危険なプロパガンダに拍車がかかる。この失態は、市民と率直にコミュニケーションをとり、批判を許容し、新しい戦術をめぐって有意義な対話を促進することがいかに重要であるかを、NATO全体の教訓として受け止めるべきだろう。

「悪い知らせ」や批判に直面したとき、軍隊はしばしば、自分たちの失態を暴露するジャーナリズムを問題視する否定的な報道は、しばしば指揮官の目標を損なうものとみなされ、すぐに強引な解決策につながる。英国は現在そのような間違いを犯している。政府は批判的な報道に対して、ジャーナリストのプロファイリング、情報公開請求の拒否、情報統制のための法案提出などの対応を行っている。このような措置は、偏執的な陰謀論が武器となっている現在、国民の信頼をさらに損なうことになる。

さて、私たち全員に何が行われたかが分かったところで、第5世代の戦争戦略や戦術が自分に展開されたときに、それを見分ける方法を学ぶにはどうしたらよいだろうか。幸いなことに、資料がある。

ここでは、サブスタックの入門的なエッセイをいくつか紹介する。

ツイッターは武器であり、ビジネスではない
ツイッターはビジネスではなく武器である ロバート・マローン

情報戦では、何もかもが見かけ通りではなく、あなたの心が戦場となる。

第五世代(情報)戦へようこそ
第五世代(情報)戦へようこそ

戦場は群れの総意と自分の心

これでスタートできるはずだ。

ここでは、より詳細なテキストをお勧めする。

5GWのハンドブック:第五世代の戦争?
5GWハンドブック | 第5世代の戦争?
第五世代戦争への市民の手引き

第二の課題 – 催眠術をかけられた周りの人たちを許す方法を見つけること

私の知る限り、復讐しようとする者はまず2つの墓穴を掘るべきだ。私は、真実と和解のための委員会を設置し、このようなことをした人たちをただ許し、忘れるべきだとは絶対に言わない。ダマー・ハムリンの不幸な事件によって引き起こされた最近の企業メディアの全面的なプロパガンダが示すように、彼らは許しや和解を口にするかもしれないが、政府に協力してこれらの思想兵器を私たちに配備した人々は、私たちが彼らを止める方法を見つけない限り、今後もそうし続けるだろう。

あなたの兄弟、姉妹、母親、叔父、祖父、そしてあなたの仲間について言っているのである。あなたほど情報戦の霧を突き抜けられなかった人たちである。もしあなたが、自分の真実のバージョンで彼らの頭を殴りたいだけなら、彼らを助けることも、真実を説得することもできない。あるいは大きな棒では、うまくいかない。カルトにどっぷり浸かっている人のプログラムを解除するには、かなりの時間と忍耐が必要である。なので、まだ「目覚めて」いない人と関わるときには、怒りを抑えることを学んでほしい。

このような情報戦における私の秘密兵器は、概して冷静で、冷静で、合理的で、データに基づいた人物であると思われることである。もし、私が自分を苦しめた人たちを忘れる準備ができていると考えているなら、考え直したほうがいい。私は、私たち全員、特に罪のない子供たちに加えられた暴力について、今でも地獄のように怒っている。しかし、私はそれに蓋をしている。どうか、私の武器を盗み、使い、そして改良してほしい。あなたの行動を通して、私がどうすればより良くなるかを教えてほしい。

第三の課題 – 第五世代の戦争戦略を展開することを学び、そしてそれを実行する 何度も何度も、練習すれば完璧になる

ここからが一番のポイントである。第五世代戦争では、識別可能なリーダーは存在せず、目標は、それが行われていることに気づかれることなく、相手の精神空間に入り込むことである。これは、分散型非対称戦争の最大限の具体化である。第5世代戦争では、最小限のエネルギーで最大の効果を発揮することが目標である。つまり、必要なのは、自分が知っている真実について議論し、他人を説得する能力だけなのだ。スーパーで並んでいるとき。職場で同僚とおしゃべりしているとき。ソーシャルメディア上でも! 私たち一人ひとりが、第五世代の情報戦士になれるのである。

この3つの言葉を胸に刻み、新しい方法をマスターしてみよう。

  • 誠実な行動へのコミットメント
  • 人間の尊厳の尊重
  • 常にヒューマン・コミュニティーの構築を目指す

あなたは無力ではない。実際、情報戦の戦術を学ぶことは、武術を学ぶようなものである。あなたは強力な武器になることができるのである。だから、その武器を賢く使うのだ。

しかし、自分が犠牲になることを許してはならない。それが彼らの勝ち方である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました