血管作動性腸管ペプチド/VIP

リコード法 36項目 /Increase VIP (vasoactive intestinal peptide)

利用規約・免責事項 をお読みください。

関連記事

CIRS(慢性炎症反応症候群)  概要

CIRS(慢性炎症反応症候群)診断

視覚コントラスト感度試験(VCS)

CIRS HLA遺伝子によるカビ毒感受性診断

CIRS 検査指標・バイオマーカー

血管作動性腸管ペプチド/VIP

CIRS(慢性炎症反応症候群)カビ毒治療プロトコル 14ステージ

マイコトキシン 6つの治療アプローチ

概要

はじめに

血管作動性腸管ペプチド(Vasoactive intestinal peptide)、頭文字をとってVIPとも呼ばれる。

VIPは腸、膵臓、視交叉上核など、多くの組織にて産生され血管拡張作用をもつホルモン。

VIPは発見された当初、腸ホルモンとして分類されていたが、中枢神経、末梢神経系において神経伝達物質としても作用することが、過去30年間の研究によって見出されてきた。

VIPは脳の多くの領域でも発現しており、特に大脳皮質、海馬、扁桃体、視床下部において高度に発現している。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19109992/

VIPの神経保護特性

グリコーゲン代謝を促進

VIPは大脳皮質におけるグリコーゲン代謝を高め、胚の成長を調節し、ニューロンの生存を促進することが示されている。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/1334506/

神経保護タンパク質の分泌を刺激

VIPの神経保護特性は、VIPによって刺激されたアストロサイトが活性依存性神経栄養因子(ADNF)、活性依存性神経保護タンパク質(ADNP)、他、多数のサイトカインなどの神経保護作用をもつタンパク質を分泌することによる間接的な機構を含む。

炎症抑制

VIP(およびPACAP)は活性化ミクログリアにおいて、脳内の炎症メディエーター産生を阻害することもできる。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15985713/

アルツハイマー病

炎症と神経毒性

VIPは活性化ミクログリア細胞の広範囲におよぶ炎症、および神経毒性の産生を間接的に阻害することによって、アミロイドβ誘導性神経変性を阻害する。IL-1β、硝酸塩、一酸化窒素

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18442091/

cAMP経路

VIPの神経保護効果は、サイクリックAMPシグナル伝達経路の活性により起こると考えられている。

VIPの分泌 → cAMP活性 → ADNFの刺激分泌 → ADNFがβアミロイドなどの神経毒性物質を認識することでニューロンの生存が増加。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11718874/

VIPの概日リズム調整

VIPは視床下部-下垂体-副腎のHPA軸において部分的に調節されており、哺乳類の概日リズムを駆動させる上で重要な役割を果たしている。

朝にピークを迎える

VIPは午前中にもっとも上昇し、コルチゾールの上昇を直接的に刺激する。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9488231

cAMP活性

VIPはノルアドレナリンと相乗的に作用して、大脳皮質のサイクリックAMPを増加させる。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/6322012

VIPのその他の役割

VIPは体内の場所によって異なる効果をもつ。

消化器系

平滑筋を弛緩させ膵液と胆汁の分泌を刺激。

胃酸の分泌と腸への吸収抑制

腸 水分と電解液を強力に分泌させ、腸の平滑筋と血管を膨張させ、膵臓の炭酸水素塩の分泌を刺激。

ガストリンによる胃酸分泌を抑制。

グリコーゲンの分解を増強し、胃や胆嚢、気管を弛緩させる。

運動性を高め、水分から膵液や胆汁の分泌を促し、ペプシノーゲンを刺激する。

en.wikipedia.org/wiki/Vasoactive_intestinal_peptide

心機能

心臓を刺激し、血管拡張させることによって血圧を下げる。

ホルモン

成長ホルモン放出ホルモンの刺激により下垂体前葉において成長ホルモンを分泌する。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15935152


下垂体からのプロラクチン分泌を促進する。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21530304

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27065166

脳神経

ミエリン鞘の成熟、合成のプロセスに寄与し、ミエリンタンパク質の発現を調節を助ける。

その他

強力なαセクレターゼ活性化因子、ソマトスタチン遺伝子発現を増強、ネプリライシン活性をアップレギュレート、BDNF、Bcl-2発現、RAGE遺伝子のダウンレギュレーション、

VIP受容体

VPAC1

肝臓、腎臓、前立腺、乳房、脾臓、肺、胃腸管、リンパ節

アゴニスト:VIP、PACAP-27、VIP3-7、GRF8-27

VPAC2

梨状皮質、被殻、上部視神経、脈絡叢、歯状回、松果体

アゴニスト:N-ステアリル-VIP、Helodermin

PAC2

臓器や血管の平滑筋層、大脳皮質、CNS脳室周囲核、視交叉上核(SCN)、視床、視床下部、扁桃体

アゴニスト:PACAP-38、マクサディラン

画像、イラストなどを保持する外部ファイル。オブジェクト名はnihms231918f1.jpgです。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2967653/

VIPを増加させる方法

グリシン

グリシンはラットのAVPおよびVIP発現をそれぞれ4.2倍および3.2倍に増加させた。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3328957/

ニコチン

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9249245

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/2837398

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12196560

アルギニン

長期間にわたるラットへのアルギニン補給はVIP発現を増加させる。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24100601

シトラスレモン・リモネン

シトラスレモン、リモネンのエッセンシャルオイルは、ラットのHSP-70とVIP分泌の増加と関連していた。

www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0009279710005776

エクササイズ

急性的な運動はVIPを増加させるが、VIP経路は乳がんおよび前立腺がんの病院に重要な役割を果たしている。

長期的な有酸素運動、筋力トレーニングなどの身体活動は、血漿中の抗VIP自己抗体が増加させ、乳がんおよび前立腺がんの発症抑制に寄与する可能性がある。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3227651/

迷走神経刺激

雑種犬への迷走神経刺激はVIPを有意に増加させる。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9876316

断食

59時間の絶食により、若年健常者のVIP濃度を3倍にまで高めた。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/443066

VIPの鼻腔内投与

PACAPの半減期は5~10分のため、中枢神経への経口投与、静注は難しい。

天然神経ペプチドPACAP38の鼻孔への噴霧投与がアルツハイマー治療に有益である可能性。

CIRS患者、慢性炎症患者のVIP濃度は低いことが多く、CIRSでは鼻腔内VIP投与による治療法が用いられることがある。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4789584/

Translate »