ワクチン発明者:「根本的に邪悪な」COVID政策が子供たちに害を及ぼす

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

ロバート・マローン博士ワクチンワクチン倫理・義務化
Vaccine inventor: ‘Fundamentally evil’ COVID policies harming children
https://www.wnd.com/2021/12/vaccine-inventor-fundamentally-evil-covid-policies-harming-children/

ロバート・マローン博士がWNDに語ったダメージは「深く、深く、何十年も続く」。

アート・ムーア

2021年12月2日21時25分掲載

ファイザー社とモデナ社の注射に使われているメッセンジャーRNA技術を発明したワクチン研究者のロバート・W・マローン博士は、WNDとの幅広いビデオインタビューの中で、COVID-19ウイルスの普遍的なワクチン接種に反対する理由と、30年以上にわたって培ってきた評判を危険にさらしてまで、政府や医療関係者の軽蔑をかいくぐってきた理由を説明した。

ロバート・マローン博士は、ワクチンに対する懸念、特に子供たちに深刻な害を与えていると信じる義務や政策についての証拠を挙げながら、世界を揺るがしたパンデミックの間の個人的な旅路についても洞察を与えてくれた。

80分のインタビューの中で、批判者も味方もほとんど知らないこととして、彼は自分が 「右翼 」ではないことを挙げた。

「妻と私は生まれも育ちもカリフォルニア州セントラルコーストで、政治的にはやや中道左派の出身です」とWNDに語っている。

TRENDING 見てください。疲弊した中小企業経営者、大統領がすべきことを問われたバイデン氏に2つの言葉をかける

「しかし、この2年間で私たちが見てきたことは、アメリカの政治に対する私たちの見方を完全に変えてしまいました。」

「そして、それを全米で目の当たりにしているのです」。

マローンは、アフリカ系アメリカ人をはじめとする伝統的な政治的左派の人々とポッドキャストで語り合ったことを紹介し、「彼らは今起きていることに全く満足していない」と述べた。

「私が見ているのは、アメリカで、そして本当に世界中で、大きな政治的再編が始まっているということです。」

この問題は、個人の権利と、国が建国されたときの基本的な言論の自由に関わるものだと彼は言った。

マローン氏はこのパンデミックについて、「これは政治を混乱させるものだ」と述べ、このような予言が自分の「コアコンピタンス」から外れていることを認めつつも、「2022年の中間選挙で大きな変化が起こる」と予測している。

人「々を傷つけている」と

マローンは、相当な個人的リスクがあるにもかかわらず、声を上げる理由は単純だという。

「それは、私がひどく腹を立てているからです。正しくありません、不公平です、人々を傷つけルールを破り、一貫性がなく、嘘をつき続け、データを操作しています」

「本当にショックです」と。

彼は、その結果は根本的なものになると考えており、「ダメージを受けた」病院や医療提供システム、政府に対する信頼の喪失などが挙げられる。

ロックダウンや学校閉鎖、ワクチンやマスクの義務化など、家庭の問題に政府が介入することで、「深く、深く、何十年も続く」ダメージを受けているという。

「悪は意図的に行われることもあれば、意図せずに行われることもありますが、今、私たちが目にしている子供たちに起きていることは、根本的に悪なのです」と彼は言う。

「私はそうでないことを願っています」。

マローン氏は、今週初めにWNDが報じたように、自分が参加している2つの大きな活動、すなわちワクチン義務化に反対する草の根のUnity Projectと、Global Covid Summitが立ち上げたInternational Alliance of Physicians and Medical Scientistsについて語っています。

Zoomのインタビューをご覧いただきたい。

https://www.wnd.com/2021/12/vaccine-inventor-fundamentally-evil-covid-policies-harming-children/

‘Rushed out the door’ (ドアから急かされて)

マローン氏の批判者の中には、彼がmRNAワクチン技術の開発において果たした役割について、嘘をついているか、誇張していると主張する人もいる。

マローンは、基本的な生体分子であるmRNAを発明したのではなく、mRNAを薬剤として使用するというアイデアと、それを可能にする「mRNAの適切な構造、製造方法、精製、これらすべての部品の組み立てを実証する一連の技術」を発明したのだと説明している。

そして、この技術が生体分子を製造するための新たな経路となり、ワクチン接種のための遺伝子治療に利用できるのではないかという「ブレーンストーム」を起こしたのである。

最終的に「発明者性」を確立するのは米国特許商標庁であり、「まだ大学を卒業していないファクトチェッカー」やジャーナリストではない、と彼は主張した。

彼が最も懸念しているのは、実験的なワクチンが、安全性と有効性を確保するために従来採用されていた対策や時間をかけずに、「急いで出荷されてしまった」ことである。

ワクチン開発の30年来のベテランである彼は、「ファイザーがやっていることは、データの操作、臨床試験データの一部に明らかな不正があります」と批判する。

「もし私がそのような手口を使ったら、将来的には臨床研究から締め出されてしまうでしょう」と述べている。

「世界の人々のために安全性と有効性を確保するという点で、それは正しく。」

彼はCOVID-19ワクチンの展開を 「人間に対して行われている最大の実験であり、臨床研究、先行開発、薬事の管理方法に関するすべての規範に違反している行き当たりばったりの方法で行われています」と言った。

誤った考え

マローン氏は、ホワイトハウスのコロナウイルスアドバイザーであるアンソニー・ファウチ博士とは30年来の付き合いであり、その間、様々な場面で彼と「対決」してきたという。

このワクチン研究者は、公衆衛生当局などからの批判を一蹴して、自分の結論や主張の多くは半年前には「異端」で「間違った考え」であったが、次第に「受け入れられたドグマ」になっていると主張している。

「かつての異端」の中には、SARS-CoV-2のスパイクタンパク質の毒性に関する彼の主張や、ファイザー社のコミナールティCOVIDワクチンのライセンスに関する「シェルゲーム」、子供に対するワクチンのリスクなどがある。

「私は、子どもたちへのワクチン接種の義務化を阻止するために全力を尽くすことを、死を迎える丘として選びました。」

彼はまた、2020年の初めに、「安全で効果的なワクチンを作る時間はなく、再利用可能な薬に焦点を当てる必要があるというリスク評価 」を行った。

彼が最初に再利用薬に注目し始めたのは、2020年1月10日、当時「武漢海鮮市場ウイルス」と呼ばれていたウイルスの配列が初めてアップロードされた時であった。

また、マローンは、ウイルスによる肺障害の炎症カスケードの根拠となるマストセル仮説を考え出した。

懸念されているのは、患者を治療して命を救う能力を抑えようとする医師たちを「追い詰める」「追い出す」ことである。

「これまでに行われてきたことは、何十年も歴史の教科書に書かれることになるでしょう」と彼は語っている。

もはやゴールドスタンダードではない?

マローンは、ポルトガルのリスボンで、政治家や医療関係者、ジャーナリストなど約50人の「オピニオンリーダー」との円卓会議に参加したときのことを思い出した。

参加者の一人が、マローンの言葉を借りれば、質疑応答の際にこう尋ねたという。「マローン博士、我々は常にCDCとFDAが健康と医薬品規制の世界的なゴールドスタンダードであると信じてきました。今回の件でわかったのは、彼らは腐敗しており、もはや頼ることはできないということです。」

マローンは、この発言を「頭の中にレンガが入ったような衝撃を受けた」と語った。

「それまでは、我々がやってきたことが、安全性も効果もないものを、すべてのルールを破って押し出すという、非常識なことだとは思っていませんでした。そして、それをあらゆる手段を使って世界中に押し付けてきたのです」と語った。

「我々がやったことは、アメリカの医薬品や生物製剤の規制システムの完全性に対する世界の信頼を損なうことでした。」

彼は、世界の製薬業界が米国から中国やインドへと移行していると考えている。

米国に対する国民の信頼は、「深く、深く傷ついている」と述べた。

マローンは、新しいオミクロンバリアントについての評価を聞かれた。

限られたデータに基づく初期の見解では、デルタ型よりも病原性(危険性)が低く、感染力が高い可能性があるとされている。

「このウイルスは、現在、我々の集団の中にしっかりと存在しており、決して根絶することはないでしょう」と彼は語った。

バイオ

マローンは、遺伝子導入、導入製剤、ワクチンの分野で数多くの特許を取得しており、Google Scholarによると、約100の査読付き出版物と公開されたアブストラクト、約12,000の査読付き出版物の引用があり、インパクトファクターは「傑出」と評価されている。また、米国国立アレルギー・感染症研究所や国防総省の研究部会に多数所属し、委員長を務めている。

ノースウェスタン・ファインバーグ医科大学で医学博士号を取得し、ハーバード・メディカル・スクールでグローバル・クリニカル・リサーチ・スカラーシップを修了した。カリフォルニア大学デービス校、カリフォルニア大学サンディエゴ校、ソーク研究所の分子生物学・ウイルス学研究室で科学的なトレーニングを受けた。マローンは、カリフォルニア大学デービス校、メリーランド大学、米軍健康科学大学の病理学および外科学の助教授および准教授を歴任している。

編集部注:

昨年、アメリカの医師、看護師、救急隊員は、恐ろしい新型パンデミックと闘う最前線のヒーローとして称えられた。今日、ジョー・バイデンの下で、何万人もの同じヒーローたちが、反逆者、陰謀論者、過激派、潜在的なテロリストとして糾弾されている。膨大な数の警察官、消防士、国境警備隊員、ネイビーシールズ、パイロット、航空管制官など、真に必要なアメリカ人が、実験的なCOVIDワクチンを接種しないという決断をしたことで、解雇に値するほど危険な存在とみなされ、仕事も私生活もひっくり返されてしまうのである。バイデン氏の専制的な命令は、法執行機関、航空会社、商業サプライチェーン、病院など、アメリカ社会を麻痺させる恐れがある。それはすでに起こっている。しかし、良いニュースは、膨大な数の「昨日のヒーロー」たちが、勇気を持って大胆に反撃していることである。WNDの月刊誌「Whistleblower」10月号のセンセーショナルな記事「THE GREAT AMERICAN REBELLION: ‘We will not comply!’」では、これまでにない壮大な対決の様子が紹介されている。COVID-19の権力掌握は、国家の反抗の大胆な新時代に火をつける」と題されている。

WNDニュースセンターが作成したコンテンツは、多くの視聴者を提供できる適格なニュース出版社であれば、無償で再出版することができる。WNDのオリジナルコンテンツのライセンスについては、licensing@wndnewscenter.org。

真実のジャーナリズムを支援する。非営利団体WNDニュースセンターへの寄付をお願いする。THANK YOU!

コメント コメント欄を設置しました!

タイトルとURLをコピーしました