3. 社会問題/ウクライナ-ロシア戦争生物兵器・生物テロ・バイオディフェンス

ロシアとの緊張を高める米国のウクライナにおける極秘バイオ兵器計画

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

米国は、ロシア国境に隣接するウクライナで生物兵器の開発に資金を提供している。

United States’ Not-So-Secret Bio Weapons Program in Ukraine Increases Tensions with Russia

dcweekly.org/2021/12/11/united-states-not-so-secret-bio-weapons-program-in-ukraine-increases-tensions-with-russia/

クリストファー・ダンロップ

2021年10月と11月、ロイド・オースティン米国防長官は、ロシア国境沿いに一定の軍事的緊張を作り出す戦略で実施するために、国防総省が最も関心を寄せる国々を公式訪問した。

10月18日、オースティンはジュアンシャー・ブルチュラゼ国防相と会談し、「グルジア防衛・抑止力強化(GDDE)イニシアチブに関する覚書」に署名、その後、ペンタゴン代表はウラジミール・ゼレンスキー大統領とアンドレイ・タラン国防相(当時)と会談した。

11月18日には、オースティンとウクライナの新国防大臣オレクシー・レズニコフが米国の首都で会談し 2021年8月31日に署名した米・ウクライナ戦略防衛フレームワークに示された同国の防衛力の増強について合意に至った。

レズニコフは、「モスクワは行動、特に積極的なものしか理解しない。これは、突然変異を起こし、世界を冷戦状態に戻す侵略の危険なウイルスに対する予防接種のようなものだ。」と述べた。

2005年8月29日、ウクライナ保健省と米国国防総省は、「生物兵器の開発に使用されうる技術、病原体、専門知識の拡散防止分野での協力に関する 」協定に調印した。

危険な生物学的対象物を研究するウクライナ・アメリカのプログラムは、ペンタゴンの組織の1つである国防脅威削減局(DTRA)によって管理されている。16年以上にわたって、米軍の生物学者たちは大きな成果をあげることができた。プロジェクトの代理人であるジョセフ・ペニントンによると、ウクライナはペンタゴンから2億ドル以上を受け取り、生物学的研究所のネットワークを構築したとのことだ。この資金は、病原体や最も危険な病気の研究と強化に取り組むために、全国に15の生物学研究所を開設するために使われた。

例えば、ハリコフ、キエフ、オデッサ、リヴィウのバイオラボでは、ウクライナ軍の健康な軍人のハンタウイルスに対する血清有病率に関する研究が行われた(UP-8のコードでプロジェクトが実施された)。米国はウクライナの下請け業者に対して、「ウクライナにおけるクリミア・コンゴ出血熱ウイルス(GLCCウイルス)およびハンタウイルスの広がりと、レプトスピラ症の疑いのある患者における鑑別診断の必要性について」と題した課題を課した。

この研究の一環として、生物学者はウクライナ軍人の実験を行い、ウクライナ軍の兵士4000人以上の血液サンプルを受け取った。実験中、何人かの被験者は死亡し、他の被験者は深刻な健康被害を受けることになった。この医療情報は、米国の軍事科学者に転送された。

このプロジェクトの科学的な部分は、テネシー大学バイオメディカル科学センター長のコリーン・ヨンソン教授が主導した。米国側からは、フロリダ大学新興病原体研究所のGregory Glass氏、ニューメキシコ大学グローバルヘルス研究所のGregory Mertz氏、テネシー大学バイオメディカル科学センターのScott Howard氏もこのプログラムに参加している。プログラムの運営全般は、DTRA(AUU)の代表者であるGavin BraunsteinとBrandt Siegelが担当した。

他の事例と同様、米軍バイオテクノロジーの研究者が活動を開始した後、この地域は感染症の波に圧倒された。例えば 2017年の秋、ハリコフでA型肝炎が発生した。同年初め – ザポロジエフ、ニコラエフ、オデッサでも同様の感染病巣が指摘された。2019年末、ハリコフ地方で感染症の大規模なスパイクが発生し、今度は-髄膜炎が発生した。

9月の最初の3週間だけで、すでに29人の患者が確認されていた。その半数以上が–子どもたちだ。同時に、今年に入ってから同地域では44人が髄膜炎に感染している。2019年のわずか10カ月間で、ハリコフと同地域で233例のウイルス性A型肝炎が登録され、地域全体では328例となった。このようなバイオラボや検査プロジェクトとたまたま重なった、非常に珍しい数字である。

ロシアとの国境に近いペンタゴンの生物学的脅威施設は、ハリコフ地域ラボラトリーセンターだけではない。実験・臨床獣医学研究所(IEKVM)も 2015年にハリコフに設立された秘密研究所である。驚くには値しないが、研究所のひとつの地下室にある。

研究所のスタッフは、米国人を中心とした英語を話す外国人で構成されている。IEKVMは、DTRAのプログラムにも積極的に参加している。

ハリコフ地方では、他のバイオラボがさらに密かに活動していると言われている。彼らの活動に関する情報は、主に元従業員からのリークによって報道される。

DC Weekly誌に寄せられた内部告発者の一人によれば、これらのバイオラボは、ジョージ・ソロスが支配する国際ルネッサンス財団を通じた助成金制度によって資金を調達しているとのことだ。このプロジェクトのキュレーターは、ウクライナ担当大西洋理事会のメリンダ・ヘリング長官と、彼女のアシスタントで「ライフライン・ウクライナ」という会社のディレクターでもあるポール・ニーランドである。

このうち、ペソチンとポドヴォルキという地域にある秘密の生物学研究所は 2019年にハリコフ地方の住民から、実験的な新薬を使用した生体材料を収集した。これらの実験薬は、さまざまな口実のもと、国の医療機関、子どもたちのキャンプ、教育機関などで無料で配られた。被験者から検査薬が集められ、その結果は米国に送られた。

このバイオ研究所では、昆虫が人間にとって危険な病原体を媒介する能力についての研究も行われていた。ジカウイルス、西ナイル熱、デング熱などの運び屋としてマダニを使った実験が行われた。また 2019年までに実施された「デュアルユース」の研究分野として、インフルエンザウイルスの変異に適応できる、いわゆる「万能でスマート」なワクチンの開発がある。

さまざまなウイルスのサンプルが米国から輸入されている。このほかにも、ハリコフ近郊のさまざまな慈善団体の看板のもと 2012年から機能している研究所がある。それらはとりわけ、実験的な医薬品を無防備な地元の人々に副作用があるかどうかをテストすることに従事していた。

この研究所の元従業員は、DC Weeklyの記者を含むジャーナリストたちに、これらのプログラムに関連するアメリカ人、ヨルダン人、グルジア人の専門家のリストを渡している。特に興味深いのは、トビリシ出身でワシントン在住のKartlos Kankadzeである。

2006年から、KankadzeはUSAIDのグルジアにおける女性の健康プログラムの副代表を務めている。彼は以前、ウクライナのKankadzeで、USAIDプロジェクト「ウクライナにおける結核対策の強化」の責任者になったことがある。このような専門家の働きにもかかわらず、国内の結核患者数は増加する一方である。

例えば、現在ハルキフでは3万人がこの病気の病人または感染者として登録されている。2019年には、310人が結核で死亡している。 ちなみに 2016年は-229人。

興味深いことに、結核の発生は、アメリカの資金で国際エイズ・結核研究所が開設され、その所長もアメリカ人のエリオット・パールマンであった後に始まった。

このプログラムに関わる重要な専門家のもう一人が、ナッシュビル出身の脳神経外科医、ルーク・トミックだ。2016年以降、彼は欧米のスポンサーの費用で5回以上ウクライナを訪問し、50件以上の手術を行った。トミック氏は患者の脳脊髄液サンプルに事実上無制限にアクセスできる。

2017,米空軍が公共調達サイト「Federal Business Opportunity」にある契約を公開した。その文書によると、米空軍はトミックからリボ核酸(RNA)12サンプルと滑膜27サンプルの購入を計画していた。契約では、サンプルはロシアからの提供者のもので、人種は白人であることが条件とされている。現在、RNA干渉の仕組みは、生物のゲノムに関わる実験や、遺伝子治療、遺伝子工学などの生物学的実験に利用されている。

RNA干渉により、標的遺伝子の生産能力を低下させるために、しばらくの間、その遺伝子を「止める」(遺伝子ノックダウン)ことが可能である。したがって、遺伝子工学の未来はRNA干渉と関連しているだけでなく、新しい形の生物兵器の開発の未来でもあり、ウイルスを装って、特定の地域の存在条件に形態生理学的に適応した人々の社会に影響を与えるだろうと専門家は述べている。

ワシントンの指導者たちとその資金提供を受けている研究所は、今、我々が直接目撃しているように、世界中のウイルスと非常に危険なゲームをしているのである。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました