3. 社会問題/ウクライナ-ロシア戦争

アムネスティ | ウクライナ人の戦闘戦術は市民を危険にさらす
Ukraine: Ukrainian fighting tactics endanger civilians

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.amnesty.org/en/latest/news/2022/08/ukraine-ukrainian-fighting-tactics-endanger-civilians/

「」

  • 学校、病院を含む住宅地に設置された軍事基地
  • 民間人居住区からの攻撃
  • このような違反行為は、無数の民間人を殺傷したロシアの無差別攻撃を正当化するものでは決してない。

アムネスティ・インターナショナルは、2月に始まったロシアの侵攻を撃退するために、学校や病院を含む人口の多い住宅地に基地を設置し、兵器システムを運用することによって、一般市民を危険にさらしている、と本日発表した。

このような戦術は国際人道法に違反し、民間のものを軍事目標にするため、民間人を危険にさらす。その結果、ロシアの人口密集地での攻撃は、民間人を殺害し、民間インフラを破壊している。

アムネスティ・インターナショナル事務局長のAgnès Callamardは、「我々は、ウクライナ軍が人口密集地で活動する際に、民間人を危険にさらし、戦争法に違反するパターンを記録している」と述べた。

「防衛的立場にあるからといって、ウクライナ軍の国際人道法遵守が免除されるわけではない」

しかし、アムネスティ・インターナショナルが記録したすべてのロシアの攻撃が、このパターンに従っていたわけではない。アムネスティ・インターナショナルがロシアが戦争犯罪を犯したと結論づけた他のいくつかの場所(ハリコフ市の一部地域を含む)では、ロシア軍が不法に標的にした民間地域にウクライナ軍がいた証拠は見つからなかった。

4月から7月にかけて、アムネスティ・インターナショナルの研究者は数週間にわたり、ハリコフ、ドンバス、ミコライフ地域におけるロシアの空爆を調査した。この組織は、攻撃現場を視察し、生存者、目撃者、攻撃の犠牲者の親族にインタビューを行い、リモートセンシングと武器分析を実施した。

これらの調査を通じて、研究者は、ウクライナ軍が地域の19の町や村の人口の多い住宅地から攻撃を開始し、民間人の建物に拠点を置いている証拠を発見した。同団体のCrisis Evidence Labは、衛星画像を分析し、これらの事件のいくつかをさらに裏付けている。

兵士が身を置く住宅地のほとんどは、前線から何キロも離れていた。民間人を危険にさらさない有効な代替手段があった。例えば、近くの軍事基地や密集した森林地帯、あるいは住宅地からさらに離れた場所にある他の建造物などである。アムネスティ・インターナショナルは、記録した事例の中で、住宅地の民間建造物に身を寄せたウクライナ軍が、民間人に近くの建物から避難するよう求めたり支援したりしたことを知らない。

民間人居住区からの攻撃開始

ドンバス、ハリコフ、ミコライフ地域におけるロシアの空爆の生存者や目撃者は、空爆の前後にウクライナ軍が自宅近くで活動し、ロシア軍からの報復射撃にその地域をさらしていたとアムネスティ・インターナショナルの研究者に語っている。アムネスティ・インターナショナルの研究者は、このような行為を多くの場所で目撃している。

国際人道法は、すべての紛争当事国に対し、人口密集地内またはその近くに軍事目標を設置することを、実行可能な最大限の範囲において回避することを求めている。その他、攻撃の影響から民間人を保護する義務として、軍事目標付近から民間人を排除することや、民間人に影響を与える可能性のある攻撃について効果的に警告を発することなどがある。

ミコライフの南にある村で6月10日にロケット弾攻撃で死亡した50歳の男性の母親は、アムネスティ・インターナショナルに次のように語った。「私たちの家の隣の家に軍が滞在していて、息子はよく兵士に食べ物を持って行ってました。私は息子の身の安全が心配で、そこから離れるように何度も懇願しました。その日の午後、空爆があったとき、息子は家の中庭におり、私は家の中にいました。彼はその場で殺された。彼の体はズタズタに引き裂かれていました。私たちの家は一部破壊されました。」アムネスティ・インターナショナルの調査員は、隣の家で軍備と制服を発見した。

リシチャンスク(ドンバス)の近隣にあるタワーマンションに住むミコラは、少なくとも1人の高齢者が死亡したロシアの攻撃を何度も受け、アムネスティ・インターナショナルにこう語った。「なぜわが軍が、現場からではなく、都市から発砲するのか理解できない」。また、別の住民(50歳男性)は、こう語った。「近隣で軍事活動が行われているのは間違いない。発砲があると、その後に着弾の音が聞こえる」。アムネスティ・インターナショナルの調査員は、年配の男性が殺害された住民が使っていた地下シェルターの入り口から20メートルほど離れた住宅地の建物を兵士が使っているのを目撃している。

5月6日、ドンバスのある町で、ロシア軍は、ウクライナ軍が大砲を使用していた、ほとんどが平屋か2階建ての家の近所で、広く禁止されている、本質的に無差別なクラスター弾を使用した。アンナさん(70歳)が息子と95歳の母親と暮らす家の壁は、破片で損傷した。

アンナは言った。「破片がドアから飛んできたんです。私は中にいました。ウクライナの大砲は私の畑の近くにありました。..兵士たちは畑の後ろ、家の後ろいました。..彼らが出入りするのを見たんです。..戦争が始まってから。..私の母は。..麻痺しているので逃げることができませんでした。..」

7月上旬、ロシア軍がミコライフ地区の農業用倉庫を空爆し、農民が負傷した。この攻撃の数時間後、アムネスティ・インターナショナルの研究者は、穀物倉庫にウクライナ軍の人員と車両がいることを目撃し、民間人が生活し働いている農場から道を隔てた場所にある倉庫を軍が使用していることを目撃者が確認した。

アムネスティ・インターナショナルの調査員がハリコフやドンバス、ミコライフの東にある村の住宅や隣接する公共施設の被害を調べていると、近くのウクライナ軍拠点から発砲音が聞こえてきた。

バフムートでは、複数の住民がアムネスティ・インターナショナルに、ウクライナ軍が住宅用高層ビルから通りを挟んでやっと20メートルほどの建物を使っていたと語った。5月18日、ロシアのミサイルが建物の正面を直撃し、アパート5棟が一部破壊され、近隣の建物にも被害が及んだ。この攻撃を生き延びた住民のカテリナさんは、こう語った。「何が起こったのか理解できませんでした。窓ガラスが割れ、家の中にはたくさんの埃がありました。..私がここに留まったのは、母がここを離れたがらなかったからです。母は健康問題を抱えています」。

住民3人がアムネスティ・インターナショナルに語ったところによると、空爆の前、ウクライナ軍は爆撃を受けた建物の向かいの建物を使っており、ミサイルが当たったときに被害を受けた別の家の前には軍のトラック2台が止まっていたという。アムネスティ・インターナショナルの調査員は、土嚢や窓を覆う黒いビニールシート、米国製の新しい外傷用救急機器など、建物の内外に軍の存在を示す痕跡を発見した。

「軍が何をしようと私たちは何も言えないが、代償を払っている」と、同じく空爆で自宅が損壊した住民はアムネスティ・インターナショナルに語っている。

病院内の軍事基地

アムネスティ・インターナショナルの研究者は、ウクライナ軍が病院を事実上の軍事基地として使っているのを5カ所で目撃した。2つの町では、数十人の兵士が病院で休んだり、うろうろしたり、食事をしたりしていた。別の町では、兵士が病院の近くから発砲していた。

4月28日のロシアの空爆で、ハリコフ郊外の医学研究所の職員2人が負傷した。ウクライナ軍が基地を構えた後だった。

病院を軍事利用することは、国際人道法に明らかに違反する。

学校における軍事基地

ウクライナ軍は、ドンバス地方の町や村、ミコライフ地域の学校に日常的に基地を設置している。紛争が始まって以来、学校は一時的に生徒の立ち入りを禁止しているが、ほとんどの場合、建物は人口の多い民間人居住区の近くに位置していた。

訪問した29校のうち22校で、アムネスティ・インターナショナルの調査員は、敷地内で兵士が使用しているのを見つけたか、現在または以前の軍事活動の証拠(軍服、廃棄された軍需品、軍の配給袋、軍用車両の存在など)を発見した。

ロシア軍は、ウクライナ軍が使用している学校の多くを攻撃した。少なくとも3つの町では、ロシア軍による学校への砲撃の後、ウクライナ兵が近くの別の学校へ移動し、周辺の地域が同様の攻撃を受ける危険性があった。

オデッサの東にある町で、アムネスティ・インターナショナルは、ウクライナ兵が民間地域を宿泊場所や中継地として利用するパターンを幅広く目撃した。例えば、純然たる住宅街の木の下に装甲車を置いたり、人口密集地の中にある2校を利用したりといったことだ。学校付近でのロシアの攻撃により、4月から6月下旬までに数人の民間人が死傷した。6月28日に自宅へのロケット弾攻撃で死亡した子供と年配の女性もその一人である。

バフムートでは、ウクライナ軍が大学の建物を拠点としていたところ、5月21日にロシアの空爆を受け、兵士7人が死亡したと伝えられている。大学は、空爆で被害を受けた高層住宅に隣接しており、約50メートル離れたところにある他の民家とともに、空爆で被害を受けた。アムネスティ・インターナショナルの研究者は、爆撃を受けた大学の建物の中庭で、軍用車両の残骸を発見した。

国際人道法は、紛争当事者が授業が行われていない学校を拠点とすることを特に禁止していない。しかし、軍隊は、やむを得ない軍事的必要性がない限り、民間人が多く住む住宅やアパートの近くにある学校を使用し、これらの人々の生命を危険にさらすことを避ける義務がある。その場合、民間人に警告を発し、必要であれば避難を支援する必要がある。アムネスティ・インターナショナルが調査したケースでは、このようなことは起こっていないようである。

武力紛争は子どもたちの教育を受ける権利を著しく損ない、学校の軍事利用は破壊を招き、戦争が終わると子どもたちのこの権利はさらに奪われることになる。ウクライナは、武力紛争下で教育を保護するための協定である「安全な学校宣言」を承認した114カ国の一つであり、当事者は実行可能な代替手段がない場合にのみ、放棄されたり避難したりした学校の利用を許可している。

ロシア軍による無差別攻撃

アムネスティ・インターナショナルがここ数カ月間に記録したロシアの攻撃の多くは、国際的に禁止されているクラスター弾を含む本質的に無差別な兵器、あるいは広範囲に効果を及ぼす他の爆発性兵器で行われた。また、様々なレベルの精度を持つ誘導兵器を使用したものもあった。場合によっては、特定の対象物を狙うのに十分な精度を持つものもあった。

ウクライナ軍が人口密集地内に軍事目標を置いていることは、ロシアの無差別攻撃を決して正当化するものではない。紛争当事者は常に、軍事目標と民間の対象物を区別し、武器の選択を含め、民間人への被害を最小限に抑えるためにあらゆる実行可能な予防措置を講じなければならない。民間人を殺傷し、または民間人の物を損傷する無差別攻撃は戦争犯罪である。

「ウクライナ政府は、軍隊を人口密集地から離れた場所に配置するか、軍隊が活動している地域から市民を避難させることを直ちに確認すべきである。軍隊は決して病院を戦争に使ってはならないし、学校や民家を使うのは、実行可能な代替手段がない場合の最後の手段でなければならない」とアニエス・カラマールは述べている。

アムネスティ・インターナショナルは 2022年7月29日、ウクライナ国防省に調査結果を連絡した。出版時点では、まだ回答はない。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました