グローバルリサーチワクチンワクチン免疫・感染免疫

ワクチン接種の多い国の死亡率・罹患率の推移 | 21の証明された事実
非常に高いワクチン接種率でも、集団免疫を達成することはできない

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.globalresearch.ca/trends-in-mortality-and-morbidity-in-the-most-vaccinated-countries-twenty-one-proven-facts/5761773

Gérard Delépine

グローバルリサーチ、2022年8月20日

Mondialisation.ca

.

1年半以上も前から、政府やメディアは私たちにこう伝えてきた。

「ワクチンのおかげで普通の生活に戻れる。」

「予防接種で自由を手に入れよう」

「ワクチン未接種者は、流行の継続に責任がある」。

しかし、現実の研究では、このワクチン注射のマーケティング・プロパガンダを支持するわずかな証拠も得られていない。

そして、WHOの公式データ(WHO covid dashboardで閲覧可能)の分析が非常に気になるところである。

ワクチン接種の擁護者の中で、ウイルスを排除し、流行の強い再来を避けることに成功した者はいない。また、その効果の科学的証明なしに課せられた健康解放のはずの措置から被接種者を完全に解放した者はほとんどいない。

英国はアストラゼネカ社製注射剤のチャンピオン

しかし、その高い「ワクチン接種」のレベルも、4カ月間持続している、毎日平均4万人の患者が発生する強力な流行の再開から守ることはできなかった。

21年8月10日、英国国会議員の前で証言したオックスフォード・ワクチン・グループ代表のアンドリュー・ポラード卿は、「ワクチンがコビッドの蔓延を止められなかったということは 、「現在のデルタ変種では、これは不可能だ」と付け加えている。

イスラエルはファイザー注射の王者

デルタ変種が出現する前の2021年春、イスラエルは世界で初めてファイザー社の注射で集団免疫を達成したと信じていた。

しかし、その非常に高い接種率は、1日の汚染量の絶対的な新記録(11000/Dまたはフランスの70000ケース/Dに相当)の確立という新しい波を回避することを許さなかった。

そして、3回目の注射にもかかわらず、連日の死亡事故が続いた。この病気の再発により、厚生大臣は注射の有効率が39%を超えず、数カ月しかもたないことを認識した。

2021年8月5日、チャンネル13テレビニュースの取材に応じたエルサレムのヘルツォーク病院医長 コビ・ハビブ医師は、「入院の85-90%は完全なワクチン接種者“「重症患者の95%はワクチン接種者」と述べた。」 ワクチンが重症型を防ぐと主張するワクチン・プロパガンダを破壊している。

オランダは人口の75%以上がワクチン接種を受けている。

しかし、この疑似ワクチン販売の大成功は、現在、毎日1万2千件という絶対的な汚染記録によって特徴づけられており、新たな制限措置を検討する必要がある。

ここでもまた、ワクチン接種では国民を守れないことが証明された。

11月13日、集中治療の専門医であるKuipers医師が宣言した[1]。

集団免疫」という言葉がある。忘れよう!

「私たちは今、いくつかのシナリオを考えている。1つは、コロナ患者が常に多数存在することだ。相当数の患者がいるため、長期的には本当に別のケアを組織する必要がある。COVID-19と通常のケアの患者をすべて収容できるように、病院のキャパシティを増やすことだ。」

シンガポールは人口の約90%が接種を受けたアジアの擬似コビッドワクチン接種のチャンピオン

しかし、この注射の成功は、注射前のピークの4倍もの数のコンタミネーションの津波を防ぐことができなかった。

2021年8月19日(木)、同省のタスクフォースのマルチカンファレンスで、ローレンス・ウォン財務大臣が警告を発した。

「シンガポールはCOVID-19の接種率が高いにもかかわらず、パンデミック時に集団免疫を達成できないだろう[2]」

「COVIDに強い国」への道のりは長く困難なものである。接種率が非常に高くても、集団免疫を獲得することはできない。」

21年9月8日、シンガポールのNUS Yong Loo Lin School of Medicineの客員教授で感染症専門家のTikki E. Pangestuは次のように述べた。

「デルタに対する95%の集団免疫を達成することは神話である。デルタの変種がほとんどの国で優勢になっている現在、代わりに目標とすべきは病気に対する免疫、あるいはウイルスによる重症化と死亡の予防である。」

韓国、ワクチン接種率80%超

6月、韓国メディアは「集団免疫が手の届くところにある」と喜んだ。

11月までに実現する[5]」とまで主張した。保健省のソン・ヨンレ報道官はこう警告した。

「11月に集団免疫が獲得された後も、マスクなどの安全対策は必要だ。

しかし、10月以降、彼らの蜃気楼は消え、疫病は爆発的に増え、死亡率も上がっている。

10月には、1日の感染者数がワクチン接種前の流行のピーク時の2.5倍(2600人対1000人)にまで増え、死亡率もそれに続いた。

これは、ワクチンがコビッド問題や健康制限の問題を解決しないことを示している。

ドイツは人口の70%を接種している

しかし、この疑似ワクチン販売の成功は、7月の流行の強い再開を避けられず、9月以降は1日の汚染数(36000人)が「ワクチン接種」前の記録を大きく上回り、急激に増加した。

ベルリンの官庁街の住民たちは、声明も発表もなく、政治家たちが年初から追い求めてきた幻想、すなわち集団的免責に、ゆっくりと静かに別れを告げているのだ。

中道左派の社会民主党 (SPD)の保健専門家であるK・ラウターバッハ氏[6]は、「残念ながら、現時点では集団免疫を獲得できるとは到底思えない」と述べている。

ワクチンへの陶酔は明らかにワクチン疲れに変わり、国民の一部は、ワクチンによる保護が宣伝よりもはるかに弱く短いこと、ワクチン接種後の事故が多いことを知り、いまだにワクチン接種を望んでいない。この国は、パンデミックと共存することを徐々に学びつつあるが、すべての結果が判明しておらず、依然として予測不可能であることもあり、苦戦している。

デンマークの人口は75%以上がワクチン接種を受けている。

しかし、この高い「ワクチン接種」率も、突然の流行の再来を防ぐことはできず、さらなる閉じ込めの危機を迎えている。

デンマーク感染症庁SSIは、もはやワクチン接種による集団免疫が国内で達成できるとは考えていないと表明しており[7]、sars CoV 2は何年にもわたって循環し続ける可能性があることを意味している。

「もし、ワクチンが現在流行している変異型に対して100%有効で、12歳以上の人々のワクチン接種率が100%であれば、デルタ変異型に対する真の群衆免疫の達成について話すことができる」とKrauseは言った。「しかし、残念ながら現実はそうではなく、われわれはそれを達成することはできない。

「これは、COVID-19を季節性インフルエンザと同じように扱い、感染の波に対して厳しい制限で対応しないことが理にかなっていることを意味する。」”以前よりもインフルエンザを連想させるようになるだろう。」と付け加えている。

アイスランドはヨーロッパで最もワクチンを接種している国

しかし、残念ながら、このワクチン接種の範囲では、流行の大きな再発を防ぐことはできなかった。

2021年6月、アイスランドの主任疫学者であるÞórólfur Guðnasonは、ワクチンの免疫が順調に進行していると述べた。

しかし、ニューウェーブ以降、彼は公共ラジオのインタビューで認めざるを得なくなり、:

「ワクチン接種は専門家が期待した集団免疫には至らず、現実にはワクチン接種によって集団免疫を達成することはできなかった」[9]と述べている。

アイスランド、集団免疫は伝染によって到達する必要があると発表

ラジオの公開インタビューで、主任疫学者は、集団免疫はワクチン接種ではなく、感染によって達成されなければならないと述べている。[読む]

オーガニックライフスタイルマガジン 0Comments

何か良い方法はないかと、ブースター(3回目の投与)を勧めて実現する最後の試みをした[10]。

アイルランドもワクチン接種率が高かった(人口の75%以上が完全なワクチン接種を受けていた)

6月にヴェリンガ博士は次のように述べている[11]。

「このままいけば、年末にはかなり正常な状態になるはずだ」。

しかし、2021年7月上旬に感染症の大きな再発が起こり、ここ1カ月は増加傾向にある。

ウォーターフォード市は、18歳以上の成人の99.7%が完全接種しており、アイルランドで最もCOVID-19の接種率が高い地域の一つであるが、国内で最もCOVID-19の感染率が高い場所となっている。

14日間の発症率は人口10万人あたり1,486件に達し、全国平均の人口10万人あたり493件の3倍となった。Health Service Executive’s Health Protection Surveillance Centreが発表した最新の週間数値によると、隣接するTramore-Waterford City West選挙区では、14日間の発症率が10万人あたり1,121人となっている。

指導者たちが聖杯とした「集団免疫」についてはどうだろうか。

欧州委員会のワクチン担当委員であるティエリー・ブルトン氏は、2021年7月14日に欧州連合で集団免疫が可能であると判断していた。上院の前で、彼はワクチン証明書の原理を次のように説明した。

「何も義務化しない!」。
「パスポート」という言葉は絶対に使わない。強制的であるかのような印象を与える。そうではない。任意だ。

どうしてまだ彼を信じられるのでしょう?

WHOは当初から警告を発していた。

「公衆衛生の歴史において、集団免疫が流行に対応する戦略として用いられたことは一度もない」[12]。

2021年12月11日、CDCのCOVID-19疫学ワークグループの医師であるJefferson Jones博士が、この会議で結論を出した。

「これ閾値に達することができると考えるのは、無理かもしれない」。

それ以来、CDCは、一度達成すればパンデミックの終焉を予感させるような特定のワクチン接種の目標から、焦点を移してきた。

ワクチンによって群衆免疫が期待できるのは、ワクチンを接種した個体が十分な期間、完全に保護され、病気の感染を防いだ場合のみである。天然痘や黄熱病に対するワクチンがそうである。

しかし、証明された事実は、この2つの条件のどちらも抗コビッドス疑似ワクチンでは満たさないことを示している。ワクチン接種を受けた人は、40%しか守られず、数カ月も守られない。感染した場合、彼らのウイルス量はワクチン接種を受けていない感染者と同等であり、病気を完全に感染させることができる。これが、現在の疑似ワクチンで集団免疫が達成できない理由だ。

結論

WHOのデータとジョン・ホプキンス大学の曲線から、これらのワクチンチャンピオン国での流行の推移を概観すると、

  • コビッド擬似ワクチンは、流行の再発から人々を守るものではないこと。
  • ワクチン接種による集団免疫の希望を保健機関が捨てたこと 。今ではそれを信じていたほぼすべての機関によって神話と認定された。
  • この失敗は、病気を防ぐことも、病気の感染を防ぐこともできない現在の疑似ワクチンの不十分な効率とあまりにも短い期間[13]の結果であること。
  • 多くの専門家が、季節性インフルエンザと同じように、コビッドとの付き合い方を学ぶ時期に来ていると考えていること。

我が国の厚生大臣は、 事実と外国機関の結論を 考慮 し、幻の危険なワクチンの実のない探求を止めるべき時が来た。

WHOが発表したデータを見ると、インドだけでなくアフリカ(ナイジェリア、マダガスカル)でも安価な早期治療が安全かつ有効であることが証明されており、疑似ワクチンの失敗がより明らかになったと言えるだろう。

インドでは、ヒドロキシクロロキンやイベルメクチンによる早期予防治療が支持され、成功を収めている。

ナイジェリアは抗マラリア薬による毎日の治療の恩恵を受けている。

マダガスカルはアルテミシンの勝利の覇者

ジェラール・ドゥレピーヌ博士

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました