ピーター・マカローマティアス・デスメットロバート・マローン

TPC #653:マティアス・デスメット博士、ロバート・マローン博士、ピーター・マッカロー博士(群集心理・大衆形成精神病)

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

TPC #653: Dr. Mattias Desmet, Dr. Robert Malone, Dr. Peter McCullough (Mass Formation Psychosis)

Tommy 0:01

そして、マティアス・デスミン博士のエピソード653を収録しています。ロバート・マローン博士はmRNAワクチンの発明者であるだけでなく、大量形成精神病の発明者でもあり、マカロー博士もすぐに参加するはずです。

しかし、あなた方は、マローン博士がすべての非難を受けているので、デスミス博士はそこに座って、あなたが非難を受けるのを見ているようなもので、完璧だと言っていましたね?そうですね。

Robert Malone 0:29

Googleは膨大なデータを生成していて、マティアスと彼の大学院生は今後10年間、データマイニングを行うことができるでしょう。そうですね、基本的にはマティアス氏が考えていることを検証します。

Mattias Desmet 0:45

このデータを使って、次の20年のための研究ができます。

Tommy 0:51

私は大学で水生毒性の研究をしました興味があったからではなく医学部に入るのに役立ったからです。この研究が出版されたことで、教授がどれほど興奮していたかを覚えています。

彼女は「誰も物事の名前を認識することはないのよ」と言っていました。昨日のことですが、マティアス博士、これはまるで裏庭で野球をしている子供がグランドスラムを打っているふりをしているようなものではないでしょうか。

あなたの仮説は、今、どんな有名人よりもトレンドになっています。しかし、ミラン博士がここに登場し、Joe Roganに出演したことで、世界中の人が彼を知ることになりました。

今や全世界が彼をさらに知っています。そして、マコーラ博士が参加するとき、彼は皆が彼のことを知る前からここに登場しています。デスメット博士、自己紹介をお願いします。

Mattias Desmet 1:37

私はベルギーのゲント大学で臨床心理学の教授をしています。言うまでもなく、私は常に大学を代表して教えているのではなく、自分自身を代表して話しています。なぜ私たちが機関を代表して話すのかはわかりません。とにかく、私はベルギーのゲント大学で臨床心理学の教授をしていることをお伝えしたいと思います。また、私は統計学の修士号も持っています。

私は自分のことを統計学者とは呼んでいません。なぜなら、私にとって、統計学に携わっている人が判断した場合、最終的には、私の学問的キャリアの最初の4年間だけがそうだったからです。

その後、私は、人格構造に焦点を当て、人格構造が周囲の人々や人々が属するグループからどのように影響を受けるかを研究しました。そのため、私の研究の一部は、人格構造と対人関係のコンテクストとの相互作用に関するものでした。また、心理療法の研究も行っていましたが、大学で大衆形成についての講義を行いました。以上が、私の仕事の内容です。

私は学術的な仕事の他に、ベルギーで心理療法士として臨床活動を行っています。

Tommy 3:14

デズモンド博士はクラブに入りましたここに来るように嫌がらせされてメールや電話を送り続けていますマローン博士はよく知っているので微笑んでいます マコーリー博士からメールが来ました、10分ほどで来るそうです。

彼はテレビに出ています。今、テレビに出ています。だから彼はここに来るでしょう マローン先生、聞いている皆さんに説明してもらえますか?

あなたとマカロー博士がジョー・ローガンの番組で話していたのですが、お二人とも「3万フィートからの視点」ということで、この問題を持ち込んで、みんなを引き離し、果てしないストレスと恐怖を与えているということです。そして、まるでベッドを作ろうとしているときのように、マッチさせてしまうのです。

バッグに荷物を詰めようとしているとき、私はちょうど2日間空港にいたのですが、すべてを最後の方に持っていこうとすると、すべての空気が一箇所に集まってきて、今にも爆発しそうです。なんだかそれが仮面形成の精神病のように思えてきます。そして、リーダーとして、あるいは視聴者としてできることは、その小さな一点をとらえて、さあ、私はどうなってほしいのでしょうか?

マローン博士、このことの重要性についてお話しいただけますか?また、あなたが受けている非難の声をお聞きになりたいのであれば、マローン博士は極右の陰謀論者として、アメリカは仮面形成精神病であると主張していますが、私はこの2,3日、それを見て笑っていました。

Robert Malone 4:34

さて、まず最初に、視聴者の皆さんに明確にお伝えしておきたいことがあります。これは、知的にも学問的にも、私の作品ではありません。私はマティアス・デスメットの学生です。彼が手がけた複数のポッドキャストを注意深く聞きました。精一杯吸収しましたが、私はこのテーマの分野では、師匠の足元で学ぶ学生です。

今、あなたが私の理解をまとめてくださったように、私にもまとめてくださいということですが、このポッドキャストでさらに学ぶことを楽しみにしています。非常に謙虚な姿勢です。そして、マテウスさんから様々なポッドキャストを通して教えていただいたことにとても感謝していますし、実際に一度お話したことがあるかもしれません。

あなたは、動詞、形容詞、代名詞を使って、意図の論理構造の中で構築された言葉を使っていました。なるほど、マティアスを正しく理解していれば、私は確かに、例えばmineconではAdolf Hitlerだと理解しています。そして、ヨーゼフ・ゲッベルスも、他のコミュニケーションの中で、大衆形成や精神病という言葉は使わなかったものの、これらの様々な状況を意図的に作り出したことを説明しています。

しかし、現在の状況に対する私の理解は、マティアスの教えに基づいた、私の精神的な構築であり、私が学ぼうとしたことは、これらの条件、これらの先入観を持った条件は、広いグローバル社会の中の社会的な傾向の出現現象であるということです。その中には、社会的結合の解離も含まれています。

これは、他のものと同様に、私たちが使用している様々な電子メディア機器の結果かもしれませんが、おそらく他の社会的要因もあるでしょう。彼は、先進国における自由浮遊不安の発生について語っています。クリシュナは間違った言葉を使っていますが、集団の中での自由浮遊不安の発生現象、あるいは集団の一部が教師である必要はなく、例えば集団の30%がこの自由浮遊不安を発生させたということです。

私は「怒り」という言葉を使っていますが、これは社会との断絶や浮動不安だけでなく、怒りを含む様々な感情のスペクトラムを意味します。また、彼は確か、脱人格化の感覚を持っていると言っていたと思います。

彼は、少なくとも私の耳には、一連の先入観のある社会現象があり、それらはマヤにとって、かなり急速な社会的混乱の時期と関連していることが多いと教えています。社会的混乱や既存の社会構造の解決策の失敗は、フランス革命以前のフランス革命、ロシア革命、休戦後のドイツの状況などがあると思いますが、もう一つの例として、共産主義のブラックリストに載った頃のアメリカの出来事が考えられると思います。

私の感覚では、この話は聞いたことがありません。しかしマッカーシズムは、マティアスがより現代的だと考えていることに合致するもう一つの例だと思います。そして、私がマティアスから学んだことは、こうした状況が2019年の第4四半期まで続いていたということです。そしてその後、文字通り全世界が注目する重大な出来事がありました。

1月4日に武漢からCIAの役員から電話があり、ソーシャルメディアで活動していたので、私はその先端にいて、一人称で体験することができました。マテウスが教えている強迫観念は、まさに動く時計や螺旋状の図形など、催眠状態を引き出すために使われるさまざまなツールに個人が焦点を合わせることに類似しています。マテウスは、私が彼から学んだところによると、脱人格化や不安などの前段階の条件を備えた上で、強迫観念によって催眠状態を形成することで、4つのことができると教えています。

この4つの条件を満たすことで、この出来事に対する強迫観念を共有する集団の周りに、共通の絆が形成されます。そして、その出来事が起こると、彼らはリーダーを特定します。そして、そのリーダーが特定されると、そのリーダーは、自分の心理的なチーム、不安、自由な浮遊感を解決する源として認識されるので、そのリーダーが言うこと、できることには、何の害もなく、何の反則もありません。

私の考えでは、認知的不協和と心理的苦痛が、人間の行動の最大の動機となるでしょう。特に今回のような状況では、認知的不協和を含む様々な状況から生じる心理的苦痛を和らげるために、人は並外れたことをするのではないかと思います。マテウスが教えてくれているのは、人間の心理の基本的な側面であり、このような種類の不安事象や解離事象の痛みを和らげることに関係しているのではないかと感じています。

大衆形成という彼が教えてくれた言葉には 意味があります。本質的な意味があるのです それぞれを検証する必要があります 彼の教えを理解すると、本質的には大衆回帰は群衆から成り立っており、彼が大衆と言うのは、それは群衆と同義語のようなものです。

北米の用語では、群衆形成という言葉がありますが、精神医学の専門用語である大衆形成よりも、一般の聴衆にとっては、やや親しみやすいものです。そして、彼の言う大衆形成とは、このような一連の出来事を中心とした集団、群衆の突然の結束であり、このような出来事は、通常の世界の失敗という既存の感覚があったというコンセンサスを共有することです。

そして、ある特定の出来事や民族グループ、その他のお茶、つまり私が使っているものや、別のグループや人が注目の的になります。そして、エピソードや歴史に応じて、この代替グループの抑圧や拒絶、殺害が、リーダーや形成された群衆の焦点の一つになると認識されているのです。

私が彼の教えで最も興味をそそられるのは、この新しく形成された群衆は、コホートの3分の1程度で、コホートの30~40%は、この中間的な空間にいて、少し受動的に連れて行かれ、自分がそれに投資する必要があるとは感じありませんが、それに抵抗しようとするのは面倒だということです。そうして形成された集団は、盗みの中を移動していきます。

マテウスの素晴らしいインタビューでは、スターリンの共産党を代表する形成された集団が、敵の集団とそれを消費した後の自分自身への反目という、スターリン主義ロシアで起こったことについて語っています。ロシアの共産党全体の大部分である8,000万人がこの精神病に蝕まれ、基本的に標的がなくなってしまったので、そのことについてはあまり話していません。

私のスレッドを終わらせるために、そのことについて話しました。すみません、GSIさん、楽しみにしています、あなたは私が物事をより正確に理解するのを助けてくれています。

私はフランス革命後のジャコバン派のことを思い出しました。彼らは自分自身に向き合い、ギロチンで十分に純粋でないメンバーを切り落とし始めました。以上、彼の教えに対する私の理解をまとめてみましたが、間違っていたら直してください。

Mattias Desmet 15:25

私はあなたの言ったことにほとんどすべて同意します、ロバート、私はいくつかの小さな違いについて弱めておきます、例えとして、事実、そしていくつかのことを追加します。

例えば、私は大衆形成精神病という言葉を使いませんでしましたが、私は大衆形成という言葉の方が好きです。なぜなら、私の意見では、心理学者として、臨床心理学者として、診断用語の使用には非常に注意しなければならないからです。そして、それらは倫理的にも非倫理的にも、また実用的な観点からも問題があります。ちょっとした逆効果になるのでは?と思っています。

Robert Malone 16:09

私はちょうど30分前にBrett Weinsteinとその話をしたところです。彼もまったく同じコメントをしていました。つまり、精神病という言葉は本質的に、あなたが言っていることに対してその言葉を使うことで脅かされる可能性のある人たちに、理論の理解と受容の障壁を作っているということです。叱責と訂正、ありがとうございました。

Mattias Desmet 16:39

しかし、あなたの説明で非常に正確なのは、私が今まで説明しようとしてきたことと非常に一致していると思います。それは、あなたが複雑な動的システム理論と呼ぶように、主に創発現象であるということです。そして、それは大部分が意図しない現象なのです。

あなたがおっしゃったように、人類が存在する限り、大衆の形成や群衆の形成を見てきました。しかし、不思議なことに、この2~3世紀の間に、大衆形成がますます強くなり、長く続くようになりました。そして、大衆はどんどん大きくなり、それに関わる人も増えていきます。

そして、19世紀の終わりには 大衆形成に関する主要な学者の一人であるグスタフ・ラボーンは、もしこのような状態が続くならば、もし大衆がその力と能力を高め続けるならば、近いうちに大衆の力に基づいた新しい国家、新しいタイプの国家の出現を目撃することになるだろうとすでに考えていました。

そして、それはまさに20世紀前半に起こったことであり、大規模な大衆形成の数少ない歴史的な例であるソビエト連邦やナチスドイツで起こったことでもあります。だから、意図せずに発生した現象が強くなった、というような意見には賛成です。

社会的に孤立していると感じる人の数は、過去3世紀を通じて増加しており、この社会的孤立者の数の増加は、その国の機械化や工業化の度合いとほぼ完全に相関していたからです。つまり、工業化が進み、あなたが言うように技術的な装置を使えば使うほど、社会的に孤立していると感じる人が増えたのです。

これが、過去数世紀にわたって大衆形成がますます強くなっていった大きな理由の1つとなっています。そして今、私たちが実際に気づいたのは、コロナ危機の直前に、社会的に孤立した人々の数が非常に多かったということです。

例えば、アメリカの外科医総監は、孤独の蔓延について考えていました。イギリスでは、テレサ・メイによって孤独担当大臣が任命されました。これは、孤独が人々の健康に対する大きな脅威であると認めたからです。

このような状況下では、非常に奇妙なことが起こります。ハンナ・アーレントが言うように、孤独とは実際に社会的に孤立した、社会的に原子化された人々の数であり、それが中心的な特徴であり、それに関連して、私がすでに何度か説明した4つの条件がたくさんあるはずです。読んでみましょうか。

Robert Malone 19:51

いえいえ、そんなことはありません。あなたのポッドキャストで、アメリカでは60%だったと記憶しているのですが、その数字を教えていただけますか?

Mattias Desmet 20:00

意義のある人間関係がまったくないと答えた人が60%というのは、非常に大きいですね。その結果、2つ目の条件が重要になりますが、これらの人々はたいてい、人生の意味付けの欠如、意味の欠如を感じています、なぜなら人間は本当に社会的な存在だからです。なぜなら、人間は本当に社会的な存在だからです。

もし、社会的な結びつきが失われると、彼らは自分の人生が無意味であると感じるようになります。例えば、ギャラップ社の世論調査では、自分の仕事を本当に意味のあるものだと考えている人は13%しかいませんでした。そして65%の人が、自分の仕事はまったく意味のないものだと答えていたと思います。

この現象は、デビッド・グレイバー著の『ルシアの仕事』という本によく書かれています。3つ目の条件は、最初の2つの条件の結果でもあるのですが、「自由に浮遊する不安」がたくさんあることです。つまり、精神的な表現に結びつかない不安です。

これは非常に重要なことで、もしあなたが何に対して不安を感じているのかがわかれば、「不安に直面していますが、何に対して不安を感じているのかを知ることは、人間にとって非常に嫌なことである」というような極端な状況にはならないでしょう。4つ目の条件は、最初の3つの条件の論理的帰結でもあります。

つまり、自由に浮遊する不満や攻撃性がなければならないということです。人々は、何に対して不満や攻撃性を感じているのかわからないまま、不満や攻撃性を感じなければなりません。そして実際、このような状況下では、人々は非常に特殊な現象に敏感になります。

このような状況下で、ある物語がマスメディアを通じて配信され、不安の対象が示され、同時に不安の対象に対処するための戦略が提供されると、社会では非常に奇妙なことが起こります。自由に浮遊する不安はすべて、物語に示された不安の対象に結びつきます。そして、人々は不安の対象に対処するための戦略に参加しようとします。そのこと自体が、大衆形成の最も重要な側面につながるのです。誰もが同じ戦略に参加するからです。

そして、社会的な絆が生まれます。そして、人々は孤立感を感じなくなりますが、それは症状的なものです。なぜなら、新しい社会的な結びつきや、新しい種類の意味づけは、常に破壊的な性質を持っているからです。第4の特徴として、自由に浮遊するフラストレーションや攻撃性がありました。

そして、この自由に浮遊するフラストレーションや攻撃性はすべて、そもそも特定のグループ、つまり大衆形成に参加したくないグループに向けられるようになったのです。大衆形成には破壊的な特徴があるということは、歴史上、何度も何度も見てきたことです。敵が破壊されると、大衆形成が止まらなくなります。大衆形成が止まれば、社会的な結びつきのなさからくるフラストレーションや攻撃性など、ほとんど自由奔放な不安に再び直面することになると、人々は知っているからです。

そこで彼らが通常することは、ほとんどの場合、必ずしもそうではありませんが、ほとんどの場合、新しい敵を探すことです。だからこそ、大衆形成はいつも、自分の子供を離婚させるモンスターとして終わるのです。

これは、ハンナ・アーレントの怪物から借りた言葉ですが、「自らの子供と離婚する」という意味です。この現象の奇妙なところは、この自由に浮遊する不安はすべて、不安の対象の精神的な表現と結びついているため、あたかも現実の唯一の部分が、不安の対象とそれに対処するための戦略であるかのように見えることです。

これは非常に奇妙で、驚くべき側面です。そしてそのことが、なぜ催眠術と同じ心理的効果があるのかを説明しています。なぜなら、催眠術ではまさにそのようなことが起こるからです。誰かが誰かの注意を現実のある特定のポイントに集中させます。そして、いったんそれに成功すると、残りの現実はもう存在しないかのようになります。病院では、化学物質にアレルギーのある人が時々、このようなことが起こる程度です。

痛みに鈍感になるように催眠術をかけたり、本当に簡単な催眠術で、現実の一面に注意を集中させるのに十分で、外科医が皮膚や肉を介して骨を切り始めても、最終的には感じなくなります。極めて強力な心理的メカニズムです。大衆形成の間、指導者、全体主義の指導者が、人々に気づかれることなく、すべてを奪うことができるのも、大衆形成という現象の最も注目すべき側面の一つであることを説明しています。

また、もう一つ付け加えておきます。大衆形成の現象のもう一つの特徴は、大衆形成につながる物語が、典型的にはますます不条理になっていくことです。そして不思議なことに、人々はこのことに気づいていないようです。

しかし実際には、人々が物語を購入する理由は、そもそもその物語が正しいからとか、科学的だからとか、正確だからとかではないということを理解すれば、完璧に理解することができます。人々が物語を支持する理由は、それが新しい社会的な結びつきを生み出すからです。だからこそ、ミサ形成の際には、大衆に合わせたくない人、物語に沿わない人は、典型的には市民権や連帯感がないと声をかけられるのです。

つまり、新しい社会の創造とは何かを示しています。どちらの人も社会的孤立感を解消したいと考えており、浮遊する不安から解放されるために最適化されています。だからこそ、たとえそれがまったく不条理なものになったとしても、彼らは物語に賛同するのです。そして、さらに一歩進んで、物語が不条理であればあるほど、また、対策が不条理であればあるほど、例えば、現在の状況では、人口のある部分、つまり、大衆形成に熱心な部分にとっては、より成功するでしょう。そして、それは儀式的な行動が常にそうであったということです。儀式とは、実用的な意味や意義を持たない一種の行動です。

しかし、個人が集団に属していることを示し、集団のために重要な自分の何かを犠牲にしようとする、象徴的な行動のことです。だからこそ、どんなに不条理な施策であっても、人口のある大部分(通常は30%程度)では実質的な支持を受け続けているという奇妙な観察結果が得られるのです。

Tommy 27:59

まず最初に私のマナーですが、マカロー博士が参加してくれたので、すぐに彼に渡します。マカロー先生、デスメット先生、デズモンド先生、マカロー先生、ちょっと待ってください。

私が考えていたのは、皆さんが20年代、30年代とおっしゃっていたことです。ドイツでは、共産主義のモンスターの話をしましたよね。山火事を起こしておいて、「なぜ木だけを攻撃しないんだ?それから、マッカーシズムの話もしましたね。

しかし、あなたの話を聞いていて思ったのですが、20年前に時計を戻せば、ツインタワーが倒壊しているような気がします。私たちはアフガニスタンに行くでしょう。なぜ私たちはイラクに行くのでしょうか?無料で浮遊する不安、それはオレンジレベルでもあり、グリーンレベルでもあります。炭疽菌があって、空港に行って、TSA(運輸保安局)に行かなければならない、とか。NSAは、より大きな利益のために、あなたのすべてのメールをモニタリングし始めるでしょう。

私たちはイラクに行きます。なぜイラクに行くのか、黙れ、共産主義者。共産主義者は黙っていろ! アメリカを愛していないのか! そして我々はブルドーザーでイラクを通過します。そして、グアンタナモ湾やアブグレイブがあります。

このようなことをしているわけです。そして、20年後にようやく撤退して、「待てよ、俺たちは何をしていたんだ」となるわけですが、撤退した時にはもう次の準備ができているわけです。

しかし、マカロー博士、私はあなたを締め出したくはありません。限られた時間ではありますが、あなたの意見を聞かせてください。あなたの考えを聞かせてください。

Peter McCullough 29:12

Tommy、ショーに呼んでくれてありがとう。デスメット博士の話を聞くことができて本当に光栄です。そして、あなたの番組でマローン博士と一緒に。私はちょうどテレビで、これらの重要なコンセプトをアメリカに説明しようとしていました。

この原則を教えてくれたマティアス・デスミン博士の功績は大きいと思います。私は今、心理学の授業で言ったような気がしています。しかし、マローン博士、私たちは何か進歩しているのでしょうか?アメリカ人へのメッセージングについて考えてみてください。

Robert Malone 29:43

ありがとう、ピーター。私は再び、師匠の足元に立っています。私は彼の教えから学んでいますが、物語にはいくつかの亀裂があるように感じています。最近、イギリスのワクチン指導者チームのトップが、Great Barrington宣言という言葉を使わずに、基本的にGreat Barrington宣言を展開したという話を聞きましたが、これは正しい方向への一歩だと思います。

これは良い方向への一歩だと思います。世界が突然、大量生産に固執するようになったのは、良い兆候だと思います。驚きです。しかし、ピーター、ここであなたに話を戻します。あなたが深い信仰心を持っていることは知っています。

私はそうではありませんが、私はエピスコパリアンで育ち、すべての要素を備えています。カトリック教会に最も近い存在だと思います。この瞬間、私は衝撃を受けました。宗教や宗教団体が与える建設的で前向きなものの一つは、この種のイベントの形成を保護するものではないかと私は推測しています。マテウスの一部は、歴史の弧があることを教えてくれました。

そして、私は直感的に、彼の言う時間枠は、社会における信仰共同体の役割が徐々に失われていくのと平行していると感じました。リチャード・ウルソディールをはじめとする、このコミュニティの枠組みの中で活躍する多くの方々のリーダーシップとコミットメントのおかげで、私は、この旅の中で、私たちをこの状況から救い出そうと最前線で活躍するリーダーたちが、敬虔なコミュニティにコミットしていることに気づかされました。

しかし、私はバチカンを訪れ、タークソン枢機卿に会いました。タークソン枢機卿は、バチカンのCOVID対応というミッションを担っていた、献身的な宗教指導者で、先日バチカンを辞任しました。教皇のナンバー2だと思われていた彼が辞任し、もはやバチカンにはいません。なぜなら、教皇フランシスコのリーダーシップは、私がマティアスの教えに基づいてミサの形成を行っていると呼ぶものについて質問することを快く思わなかったからです。

Peter McCullough 33:24

これは非常に興味深い見解ですね。私は何度も言ってきましたが、COVID-19でアメリカ全土を治療しようとしている医師は約500人、傍らには約100万人の医師がいます。500人の医者の特徴は、私たちがよく知っているように、ほとんどが実践的なキリスト教徒や実践的なユダヤ人であるということです。

今はね。これは西洋社会の話です。私は他の宗教のことはわかりませんが、私の旅を通して、キリスト教のほとんどすべての主要な宗派と交流してきました。そして、上層部では、すべての人が大衆形成と同期していますが、上層部の下には、目が覚めていて、目が澄んでいて、耳が聞こえる大きなユニットがあることに気づきました。

私はパキスタンのラホールでテレビ番組に出演し、初めてヒンドゥー・ムスリムのコミュニティと交流する機会を得ましたが、以前は学業のために常に旅をしていましたが、ここ2年間は旅をしていません。

この2年間は旅をしていないので、そのような交流はありません。しかし、何が起こっているかというと、明らかに世界規模です。私が感心したのは、行動様式が同じだということです。世界の最も遠い地域では、人々でさえTwitterに接続していません。しかし、インドネシアの小さな島々や南米の深い森の中でも、ニューヨークと同じように考えているのです。

私は、デズモンド博士の考えに興味があります。「大量形成は、直接のコミュニケーションなしに、心から心へとほとんど移動することができる」というものです。それはほとんど超自然的なことのように思えます。

Mattias Desmet 34:58

いいえ、そのとおりです。このことは、大衆形成と呼ばれるものに関する初期の科学的研究から説明されています。さて、トッドが送った言葉は伝染します。大衆形成という現象が出てくると、とても不思議な感じがします。また、ケネディのような人が「群衆と権力」という本の中で説明しているような気がします。

彼はまた、マスターズがいつ、どのようにして、あるいは群衆がいつ、物理的に出現して、物理的に都市に集まってくるのかを見てみると、どのようにして合流するのか、それは非常に奇妙なことだと述べています。そして、実際にどのようにして群衆が生まれるのかを説明するのは非常に困難です。また、ムクドリでも同じような現象が見られます。ムクドリが群れを作るときの現象です。

ムクドリの群れが出現すると、不思議なことに、個々のスタイリングはすべて、群れが出現していることを感じているようで、全員が群れに加わるのです。肉体的な成長が形成されたときに群衆が形成されるときも、多かれ少なかれ同じことが起こりますが、運動レベル、精神心理レベルでも、これは何度も何度も説明されてきたことですが、不思議なことに、人々はすべての人が同じように考え始め、全員が同じように考え始め、同じ言葉を使うようにさえなります。

そして、それは非常に速く起こります。複雑な力学系の多くの側面が説明困難であるように、稲妻のような速さで非常に速く起こるのです。多かれ少なかれ普通の言葉で、実際には私にはわからないのですが、説明しようとすることはできます。

もちろん、人々はお互いを認識しています。しかし、それにしても、どのようにしてこのような現象が起こるのか、どのようにしてこのような短時間で人々が同じ信念、同じ考え、同じ言葉を共有するようになるのか、ということを説明するのは難しいのです。ええ、それはとてもよく知られた現象です。それは私が言えることのひとつです。

もちろん、ルパート・シェルドレイクのような、よりエキゾチックな思想家を参考にすることもできます。シェルドレイクは、複数の人が同じことを考え始めると、アイデアや思考が一種の形態形成フィールドに広がり、人々はみなこのフィールドに接続されると説明しています。そうすると、先ほど言ったように、非常にエキゾチックな理論的枠組みを使わなければなりません。

しかし、大衆形成の過程で起こることを説明できるのは、ほとんどこの枠組みだけだと思われることがあります。

Peter McCullough 38:08

さて、デスメット博士、大衆形成に抵抗する人々の特徴は何でしょうか?彼らには意味がありません。彼らは完全に違うと感じているようです。そのグループは、典型的にはかなり小さく発展するようです。小さいグループ、つまり少数派は、フォーメーションに参加しない人たちですが、彼らもまた、活気に満ちていて、結束力があるように見えます。あなたの視点はどうですか?

Mattias Desmet 38:32

それはとても良い質問ですね。なぜ人口の一部が群衆に逆らうのかということは、常に疑問でした。ですから、群衆に逆らうグループの中には、大衆形成につながる物語に従わないものがあり、それは常に非常に異質なものであるということは、これまでずっと指摘されてきたことです。あらゆる政治的背景、あらゆる社会的経済的地位、あらゆる職業的背景を持った人々が集まっています。

おそらく、ある人々が自慰行為のプロセスに納得しない、あるいは理解できない理由は、個人の心理レベルでしか定義できないそのような特性に基づいて説明されなければならないのでしょう。たとえば、さまざまな性格構造がありますが、これらの性格構造はすべて、心理的なレベルでの安定性を求めるさまざまなメカニズムに基づいています。

ある人は、社会に存在するある種の理想的なイメージと同一化することで安定性を見つけようとしますが、他の人は、古代ギリシャ人が「言霊」と呼んだもので安定性を見つけようとします。

このような人々は、常に合理的なスタンスを取ろうとし、皆に受け入れられている主流のナラティブや支配的なナラティブについて批判的に考えようとします。そして、常に真実として、誠実に、そして最終的にはほとんどの方法で発言しようとすることで、ある種の安定性を見出しているのです。

つまり、個人の人格構造のレベルでは、どちらかの方向に安定性を求める個人の人格を明確に区別することができるのです。そして、一般的に共有されている理想、理想像、マスターを定義する共有された物語に安定性を求めない人々がいることも事実でしょう。

しかし、もちろん、それですべてが説明できるわけではありません。グスタフ・ラボンジュ、ジグムント・フロイト・カネッティ、ハンナなど、ほとんどすべての主要な学者が何度も何度も強調していますよね。

なぜ、何が何を定義しているのかを理解することがいかに難しいか?どのような特性は、グループによって共有されていますか?誰が大衆形成のプロセスにないことを望んでいない?それを定義するのは非常に難しい。極めて異質なものです。

Robert Malone 41:40

ソクラテスは、あなたが今説明したようなサブコホートの典型的な例でしょうか?

Mattias Desmet 41:50

もう一度お願いします、ロバート、何ですか?

Robert Malone 41:53

どうでしたか?ギリシャの……ギリシャの哲学者、ソクラテス?ああ、そうですね。 説明されましたか?そうです。今、あなたがおっしゃったことは、つまり、ソクラテス方式の知的枠組みで世界を認識している人は、影響を受けにくい1つのサブコホートと一致しているということだと思いますが、あなたは以前、確か、知的で高い知性を持つ人は、平均的な人と同じかそれ以上に大衆形成の影響を受けやすいことが多いと教えていましたね。

しかし、私がこのスレッドを尋ねました。理由は、私たちの例では、ピーターのように、非常に優れた学者がいます。彼らは、なぜか、特に早期治療の最前線にいるコホートを見ると、非常によく訓練された、高度に熟練した医師であるにもかかわらず、影響を受けていないのです。

もし、この原因と結果が平行しているとしたら、これらの人たちは、性別に関係なく、一般的には、学者として成功している行動や心理のスペクトルを持っている人たちで、もしかしたら、彼らを成功に導いたものの一部は、一般的なスラングで言うところの、枠にとらわれない考え方をしていて、常に支配的な物語に疑問を持っていることなのかもしれません。

Mattias Desmet 43:44

ひとつはっきりしているのは、教育水準が高ければ高いほど、一般的に人々は大衆形成に影響を受けやすい、あるいは傷つきやすいということです。これは驚くべきことです。

しかし、心理学的な観点から説明することもできますが、Gustafのラベルにも書かれていましたし、大衆形成を研究しているほとんどの人が、教育レベルが高いほど大衆形成に対して脆弱であることに言及していません。

Robert Malone 44:19

ですから、ピーターと私は常に質問にさらされています。「あなたの医師仲間は一体どうなっているのですか?そうですね。そう、あなたは私たちにその錠前の鍵を与えてくれたのかもしれません。

Mattias Desmet 44:32

また、高い学位や何かを得ようと努力する人は、社会的地位が非常に重要だと考えている人だと思います。そしてそれが、彼らが主流の物語に合わせる傾向がある理由かもしれません。その可能性もありますね。国家もそうですが、あなたが言及しているソクラテスも非常に重要だと思います。

というのも、古代ギリシャ人にはパーレシアという言葉があったからです。パールヘジア」という言葉をご存知でしょうか。「真実を語る勇気」という意味です。

彼らは、社会が機能しないと感じていたのです。真実を語る勇気を持った人が十分にいなければ、社会は機能しないと考えたのです。それを「アレシア」と呼んでいます。

私は、真実を語ろうとする勇気というのは、まさにこの特性だと思います。これはおそらく、大衆形成の餌食になりたくなければ、重要な特性のひとつだと思います。

Robert Malone 45:43

しかし、ソクラテスに起こったことは、もちろん、ヘムロックでした ヘムロックは、大衆形成の犠牲者の初期の例の1つであり、中止された文化です

Tommy 45:55

2000年前のことです。

Mattias Desmet 45:58

もちろん、ギリシャ人は、真実を語ることが非常に危険であることをすでに知っていました。なぜなら、真実とは常に支配的な物語と対立する、あるいは対照的な知識の部分であり、それはドイツの哲学者ヘーゲルも言っていたことであり、ギリシャ人は真実を語ろうとする人、つまり主流の物語と対立する知識を明らかにしようとする人は、その人自身を危険にさらすことになると知っていました。

しかし、そのような人がいなくなってしまったら、社会は機能しません。しかし、同時に、あるレベルの人間性や社会を維持するために最も必要なことは何か、ということを考えているのかもしれません。まあね。

Tommy 47:06

ガリレオやブルーノ、最近ではジョセフ・リスターもそうですが、もしユダヤ人という言葉をワクチンを受けていないという言葉に置き換えれば、過去を知ることができるといつも話しています。つまり、イベルメクチンをフェノールやカルボン酸に置き換えれば、ジョセフ・リスターを知ることができるのです。つまり、すべて同じことなのです。Lindsey Fitzharrisの素晴らしい本があります。

しかし、彼らは彼を連れてきて、「君に来てもらいたい」と言ったことを話しています。あなたが世界で最も優れた医師の一人であることは知っています。ただ、あなたの敗血症対策のテクニックは使わないでください。細菌が実在しないことは誰でも知っています。

しかし、イベルメクチンの代わりにこれを使っても同じことです。そして、私たちはあなたの一部になりたくないのです。ガリレオやブルーノのように、リスターは実際にそれを目の当たりにして生きてきました。

しかし、彼の人生の最後の方になると、みんなが集まってきて、南北戦争のことを話してくれました。足に大きな傷があって、そこに土を詰めて、みんな死んでいくんですが、そこにリスターが来て、ああ、ちょっとアルコールを入れてみよう、みたいなことになります。

その結果、彼らは30年以上も生きることができたのです。何世紀にもわたって、振り返ったときに「自分は狂っていない」と思えるような響きがあるのです。なぜなら、彼らは皆、自分が狂っていると思っていたからです。そして、彼らはそれを続けました。そして今、私たちは彼らを振り返っています。

彼らは真実のために立ち上がったのだと。そうして社会は機能し続けているのです。それは本当に美しいことです。たった1人、たった1人がいれば、社会は前進するのです。そして、あなたはそうしなければなりません。そしてそれが、大衆形成の精神病が地球全体を曇らせるような唯一の方法なのです。

しかし、最終的には真実が伝わり、それが光のようにそこに輝き、地平線の向こうに行くと、その光がなんとなく見えてきて、自分の真実のために立ち上がるのです。そして、さらに100年が経ち、振り返ってみると小さな真実が1つあるだけで、社会が前進するのに必要なのは本当にそれだけです。一人でも立ち上がる人がいる限り、マローン博士は

Robert Malone 48:57

あなたの唇から神の耳へという言葉を思い出しました ピーターと私がヘムロックを飲むことを余儀なくされないようにという 前向きな希望を持っています

Tommy 49:12

この良い例えの他の部分はあなたやローガンのような人たちで、私はあなたたちを迎え入れたことを考えています。それが他の部分のようなものです。それが細かい点です。

あなた方は皆、死ぬんですよ。

Robert Malone 49:25

「ジョン・ガルトとは何者か」は、最近では「肩をすくめられたアトラス」の私の精神的な動物だと思っています。しかし、あと9分しかありません。Tommy TSが彼の処方箋について 話してくれてもいいでしょうか?絶対に またはここから出て?もちろん 彼の処方箋から学びたいと思います 彼はモールの焦点を変えられると言ってた我々のリスクで世界の全体主義に もし彼に時間があれば 子供たちとの関係を学びたいが… そろそろ黙ってピーターに代わってもらいたいな デザート博士?

Mattias Desmet 50:15

そうですね、大衆形成のプロセスの性質を理解すれば、それに対して何ができるかということも理解できます。しかし、だからといって簡単に何かができるというわけではありません。そして、そのような大衆形成の状態から人々を目覚めさせるのは非常に難しいというのが、ほとんどの学者の意見です。

しかし、自慰行為とは、ある声によって引き起こされる現象です。それはリーダーの声であり、人々を大衆形成のアプローチにとどめておくマスメディアを通じて何度も何度も配信された声の声です。そして、リーダー自身も把握されています。そして、彼の大衆形成のプロセスは、このプロセスに典型的なもので、催眠術師も催眠された人もそのプロセスに入り込んでいるのです。

Robert Malone 51:14

リーダーの名前を言ってください、私はリーダーの名前を言って飛び込むつもりです。

Mattias Desmet 51:18

名付けられたリーダー。そう、それが鍵なのです。このケースでは、リーダーは専門家です。このような人たちは、マスメディアで物語を何度も何度も宣告し、根底にあるイデオロギーを信じていますが、多くの場合、自分が配信した正確な物語を信じているわけではありません。

通常、彼らは自分たちのイデオロギーが世界を救うものだと熱狂的に確信しているので、少しくらい操作しても、少しくらい嘘をついても、正当化されると感じているのです。

Robert Malone 52:02

これがプラトンの「高貴な光」です。プラトンの高貴な光」と書かれています。

Mattias Desmet 52:11

そうですね。、でも、人々を催眠状態に保つのは、リーダーの声なのです。このことを理解すれば、大衆形成の深さを浅くしたいのであれば、社会の中で声を上げ続け、不協和音を発し続ける人がいることが必要不可欠であることがわかります。そして第二に、私たちは現実の世界で、少しずつ重なり合った小さな輪の中でつながり、ネットワークを形成しなければなりません。ワクチンを打った人、打っていない人。

重要なことではありませんが、現実の世界で、何かがおかしいと感じている人たちとつながることです。次のステップでは、もし私たちが人々を説得しようとするならば、もし私たちが異なる物語をもたらそうとするならば、昔の普通に戻るように人々を説得しようとしないことが非常に重要です。なぜならば、昔の普通とは、人々が大衆形成のプロセスを通して逃れようとしたものであり、昔の普通が耐え難いものであったからこそ、人々は大衆形成のプロセスに敏感になったのです。

これこそが、私たちが一緒に構築しようとすべきことであり、技術主義やトランスヒューマニズムのニューノーマルではなく、他の選択肢があることを人々に示すべきことなのです。テクノクラティックなトランスヒューマニストのニューノーマルではなく、古いノーマルから逃れるための他の選択肢があるのです。ニューノーマル。

私たちは声を上げ続けなければなりません。それが最も重要なことであり、次に、つながりを持つようにしなければなりません。そして、古い常識から逃れるための別の選択肢があることを人々に示すために、新しい常識の物語を構築しなければなりません。それがわかれば、私たちは成功を収めることができると思います。

というのも、最近よく耳にするのは、主流の物語に従うことを拒否する人たちが、実際にはいつも人々に古い普通に戻るように説得しようとしているということです。それは心理学的な観点から見た場合の話です。不条理ですね。最後に重要なことは、もし私たちが今起こっていることに抵抗しようとするならば、非暴力による抵抗の原則を貫くべきだということです。

なぜなら、いったん考え始めると、いったん攻撃的になると、たとえ話し方ひとつにしても、この不満や攻撃性をすべて不協和音に向けるべき相手を大衆に正当化することになるからです。なぜなら、大衆形成の大きな特徴のひとつは、人々が不協和音に対して極端に不寛容になることだからです。

もちろん、それは不協和音が大衆の目を覚まさせる恐れがあるからです。そしてその場合、大衆は自由に浮遊する不安などに再び直面することになります。ですから、人々は通常、反体制派の声には根本的に不寛容であり、支配者に従わないグループからの攻撃の兆候はすべて、支配者が残虐行為を行うことを正当化してしまうのです。私たちは躊躇してはいけません。

Tommy 56:04

そうですね。暴力を提供すれば、彼らにライヒスタークの火事やトンキン湾を提供することになり、彼らはハンマーを正当化することができます。あと3分ありますが、マローン博士が言ったことに触れたいと思います。ローゲンの話を聞いていると、マテウスの話を引用しているようですが、引用していないようです。それを置き換えれば、1つ上のレベルになるだけです。

同じことが起こる可能性があります。誰かが入ってきて、「世界的な乗っ取りが起こっている」と言うのです。私についてきてください。そうすると、すぐにステップ1に戻ってしまいます。つまり、オキシコンチンをスボキソンに置き換えて、それをビールに置き換えることはできないのです。薬物から薬物へと移行しているだけなのです。

私たちはシラフにならなければなりません。そして、自分の真実を語ればいいのです。Don’t 周りを見ないで、みんなが言っていることを見ないで。自分は何が真実だと思う?そしてそれに従うこと、それが唯一の方法なのです。

私たちは今、映画館の中にいます。私たちは今、映画館にいるのですから、照明をつけて、「おい、もう他の映画には行けないぞ」と言わなければなりません。映画館を出て、太陽の光を見に行かなくてはならないのです。マローン先生。

Robert Malone 57:09

今、デスメット博士から処方箋を聞いたのですが、ピーターと私には道徳的な義務があるのでしょうか?なぜなら、良くも悪くも、多くの人が私たちをこの事件の槍の穂先として認識しているようだからです。

私は求めていませんし、彼も求めていないでしょう。しかし、ここにある。マテウスが教えてくれたのは、ヘムロックを飲むことになるかもしれないというリスクを承知の上で、この道を歩み続ける道徳的義務があるということだと思う。

しかし、私たちは、この道を歩み続けなければならない、選択の余地はないのです。そして、心を開いてやらなければならないのです。つまり、基本的に私たちは、この旅で私を助けてくれた唯一のメタファーを隠しているのです。前にも言いましたが、私は教会、キリスト教会の慣習の中で育ったとはいえ、本質的にはキリスト教徒ではありません。

しかし、イエスと弟子たちの比喩は、イエスがそれを誤解しないようにするためのものではないように思えます。しかし、心を開いてリーダーシップを発揮するという考えは、つまり、イエスの物語は、終着点が何であるかを自分で認識しているものなのです。そうでしょう?ペーターは私よりもはるかに聖書に精通しています。

しかし、これは、混乱した環境でのリーダーの物語です。心を開いて別の道を指し示そうとしています最終目的が何であるかを十分に知っていますが、それでもまだ進んでいますマテウスが私たちに教えているのは、ピーターと私と同僚がこの中にロックダウンされていて、今は1つの道しかありませんここを歩かなければなりません

Tommy 59:17

その通りです。マカロー博士とマローン博士には、ジョー・ローガンにマテウスを出演させる義務がありますよね。私が思うに、それはあなたの義務でもあります。

Robert Malone 59:30

私は、彼がRogenに出演したと思っていました。

Tommy 59:33

私はバカですか?あなたは?いえいえ、そんなことはありません。マローン博士とマコーラ博士……あなた方はそれを実現しなければなりません。

Robert Malone 59:41

マテウスでは、サイドバーに載せています。もし興味があれば、来週マイアミでお会いしたいと思います。しかし、私はジャンプしなければなりません。

Tommy 59:51

あなたたちにメールで連絡しておきます Mathias Desmond博士、Robert lone博士、Peter McCall博士。ありがとうございました これからも正しいことを続けてください これを聞いている皆さん 自分の役割を果たしてください これを共有してください 暴力的にならないでください 心を開いてください 私たちは大覚醒か大リセットのどちらかです 私たちはどちらか一方を持っています あなたの心に従ってください ありがとうございました 紳士の皆さん 気をつけてください 皆さんに神の祝福がありますように

タイトルとURLをコピーしました